8年落ちくらいの中古の軽自動車を買いました。

古い割には走行距離が少なく、実際走りも良く、調子良いです。
ただ、気になるのは、、、
エンジンを止めた後も惰性でしばらく(2-3秒?)エンジンが回って
いるようなのです。結構、ゴゴゴンと回転が不規則だったりしま
す。
これって問題あるでしょうか? 教えてください。

よろしくお願い致します。

A 回答 (4件)

以前「燃焼室内のカーボンが火種になりランオンの原因になる」


というのを何かで見た事が有ります。

エンジン内部が汚れているのではないでしょうか。

オイル交換をまめにしてみる(オイルには洗浄効果が有る)
洗浄効果の有るガソリン添加剤を使ってみる(カーボンバスター等)

というような事でエンジン内のクリーンアップをされてみては。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
エンジンが汚れているということですね。

まずは、簡単なガソリン添加剤から使ってみて様子を見たいと思います。

お礼日時:2002/02/09 14:58

他の方の補足です


ランオン(プレイグニッシションともいう)
の原因はカーボンの堆積等のほかに
キャブのスローカットソレノイドバルブが作動していない
事が挙げられます
イグニッションキーのON-OFFで
キャブからカチャカチャ聞こえないか確認してみましょう

当然の事ながらイグニッションキーのOFF時に
燃料の供給が停止するインジェクション車は
この現象は起きません
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
イグニッションキーのOFF時には燃料供給は停止していると
思います。確認します。

お礼日時:2002/02/09 15:06

それは、ディーゼリング、又はライオンという現象です、


これはガソリンエンジンに特有の現象で、燃焼室内のホットスポット、(以前に回答されているようなカーボンの堆積)によって起こったり、、エンジンの負荷が大きく過熱状態の時に起こったり、又はキャブレーターの調整不良によって起こります。
対処法としては、簡単なものから、
1,プラグの熱容量を上げる。
2,キャブレーターを調整し、低速時の燃料を薄くする。
3,冷却系統を点検して、冷却水を交換する。
4,エンジンをオーバーホールして、ホットスポットの原因であるカーボンを除去する。
れぐらいだと思われます。
まず、一番お金の掛からない方法で、プラグをはずしてみて、白くなっていないかを確認します。白くなっていれば、燃焼室の熱容量に対して、プラグが容量不足なので、プラグを、熱容量の大きなものに交換します(1本400円~800円ぐらいです)
逆に黒くなっている特は、キャブレーターを疑ってみます。
もし、きつね色でいい焼け色の時は、冷却系統、又はエンジン本体を疑います・・・。これで如何でしょうか?
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
gatorにとってはハイレベルのご回答です。
メカをいじったことがありませんので、まずは勉強からしたいと思います。

お礼日時:2002/02/09 15:01

こんばんは♪



たぶん「ランオン」という現象だと思います。
でも2~3秒程度なら症状は軽い方だと思うんですよ。
10秒とかそれ以上エンジン切ってもボコボゴいいながら回っていることありますから。
対策についてはちょっと・・・
詳しい方回答を待ちましょう^-^;

http://www.honda.co.jp/news/1996/296102.html
http://www.dab.hi-ho.ne.jp/mekachanpresents/shoo …
http://www.kt.rim.or.jp/~ssaijo/850/rep/rep00/re …
http://member.nifty.ne.jp/fujitagroup/Nobuo/n_ca …
http://www.alpha-net.ne.jp/users2/cardamom/a112d …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
ご紹介いただいたページ、大変参考になりました。

まずは、簡単なところから対策してみたいと思います。

お礼日時:2002/02/09 14:56

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QOS 25F ABCエンジンのコンロッドの向きについて

ベアリング交換のため解体したのですがコンロッドに向きがある事にきずきました。潤滑穴が前寄りなのか後ろ寄りなのか解りません。
ご存知の方は、宜しくお願いします。

Aベストアンサー

コンロッドのクランクピン側に圧入してあるブッシュの穴の内側の角が片側だけ面取りしてあると思います。
面取りしていない面をバックプレート側に組みます。

Q給油口が左だったり、右だったり…

こんばんは。
仕事で会社所有のクルマ(数種類)に乗ることが多いのですが、
ガソリンスタンドに入った時に「このクルマって右だっけ?」
などと、毎回のように給油口が、
左右どちらかにあるか迷ってしまいます。

そもそも、どうして各社共通で「左なら左」って
しないんでしょうか?
あと「このメーカーなら、たいがい右」とかっていう
覚え方とかありますでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

共通にしないのは「安全性」のためらしいです。
ガソリンは簡単に火がつく危険なものなので、なるべくマフラーなどの熱を持つものからから遠ざけたい、でもメーカーとしては広い室内を作りたい、そうなると構造的に右や左車種やメーカーによって変わってくるのです。

メーカーはなるべく余った空間を室内に使いたいので、機械的な部分は最低限の隙間だけを残して作ります。
そうすると給油口がバラバラになってしまうのです。

ちなみに外からはわかりませんが、インパネのガソリンの残量メーターのところにどちら側に給油口が付いているか目印が付いてますよ。

私の家の車だと給油口側にネジのようなポッチが付いています。(アナログメーターです)
最近の車はわかりませんが。
(最近の車は無いのかな?)

分かりづらかったら申し訳ありません。

Qエンジンルームに余計なものがあると、車検上問題になりますでしょうか

エンジンルームに余計なものがあると、車検上問題になりますでしょうか。

オイルクーラーのコアが右フェンダー内に設置済みなのですが、
ホースとブロックはオイルブロックに取り付けず、
エンジンルーム内の適当な場所に固定してあります。
※詳細は画像を参照願います。

やはり『コアのみ残し、ホース以降は一時的に外す』などの対策が必要になりますでしょうか。

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

車検自体は、エンジン関係で言えば排気ガスを悪化させない改造、オイル漏れなどの問題がなければ まず通ります。
不正改造でなく オイル漏れや水漏れ 排気ガスが規定内なら エンジン関係の検査は、まず通りますよ。

ただし 写真を拝見して 気になったのは、固定されていない点。
また 干渉部分を軍手らしき可燃物で覆っている点。
もし 振動等で、保護しているものが破れ マスターバック(制動倍力装置)につながる太い負圧ホースやその他のホース類 燃料系のパイプ ホース等に当たってしまったら非常に危険ですから ボルト等で確りと固定することをお勧めします。

位置からして その危険が今後考えられますから、是非この機会に固定して置いて下さい。

Q熱い走りってどういう走りですか

スポーツカーで熱い走りをしたとか言いますが、それはいったいどういう走りのことをいうのですか。

表向きは体裁良くて格好いい言い方ですが実は制限速度違反して飛ばしたり無謀な速度でコーナー回ったりする暴走行為なんじゃないのですか。
暴走運転という言葉をそのまま使うと問題有るので熱い走りと言い換えればなんとなく合法的に使えるので違反走行を隠蔽するために都合の良い騙し言葉ってことなんじゃないのですか。

Aベストアンサー

ものすごーーーく勝手な私の解釈(+MT党故の偏見)ですが、
・感じること(エンジン回転、周囲の道路環境etc)
・意識する事(周囲の道路環境)
・メリハリのある運転をする事(周囲の道路環境、シフトチェンジやブレーキ操作のタイミングetc)
以上だと思います。個々にではないですよ。3つまとめてです。

あくまで『制限速度内での公道』という条件なら、
軽自動車でしかもNA、MTでしか条件に当てはまりませんね。

普通車以上や軽自動車でもターボ車では、制限速度という壁にすぐにブチ当たってしまいます。
ミラやアルトなどの、車重の軽い軽のNAであり、上記車種よりも『使いきれるパワーとミッション』だからこそ、
低い限界で公道内において熱い走りができるのではないでしょうか。

再起しますが、上記3点が重要です。決して誤解の無いように。。。
現実的には、ミラやアルトのNA+MTでも公道内でパワーを使いきれるものではありませんが、
漫然と運転するのではなく、

『道路状況や周囲の車・歩行者などをよく観察しながら危険の無い範囲で、自身の車の性能を引き出しながら、メリハリのある運転を心掛ける』

ということです(長っ!)。これが公道内でできる唯一(というか近い)の『熱い走り』なのではないでしょうか?
これができるのは、今は本当に軽のNA+MTしかないですね。

質問に対する回答としてはズレますが、これまでのお礼などを拝見したうえで、真面目に回答してみました。

ちょっと自信有りの回答です(*^^)v

ものすごーーーく勝手な私の解釈(+MT党故の偏見)ですが、
・感じること(エンジン回転、周囲の道路環境etc)
・意識する事(周囲の道路環境)
・メリハリのある運転をする事(周囲の道路環境、シフトチェンジやブレーキ操作のタイミングetc)
以上だと思います。個々にではないですよ。3つまとめてです。

あくまで『制限速度内での公道』という条件なら、
軽自動車でしかもNA、MTでしか条件に当てはまりませんね。

普通車以上や軽自動車でもターボ車では、制限速度という壁にすぐにブチ当たってしまいます。
...続きを読む

Qカブのエンジンの50→110ボアアップについて

カブの49ccのエンジンにうちにある107ccのカブ系エンジンのヘッドを載せれるか検討しています。
そのまま、ヘッドとピストン周りだけで載せ代え可能でしょうか?
腰下もコンロッド等、総交換になるでしょうか?
載せ代えした事のある方、または検討した事ある方いらっしゃいましたらよろしくお願いします。

Aベストアンサー

75ccにしておくのが無難だよ~。

Qどちらの走りが正しい走りですか。

よく、クルマは周りの流れに乗って運転する。といわれますが、例えば制限速度50キロの道路で周りの交通の流れが65キロだったとしたら自分もそれに合わせてスピード違反してでも65キロで走るのと周りの交通の流れを無視して50キロで軽自動車で走るのとではどちらが正しい走り方ですか。

Aベストアンサー

制限速度は、国が決めた速度。
これを守らないのは、非国民です。
お上に逆らうのは最低の国民です。

昔なら即静粛。

流れは関係ないです、周りがみんな万引きしたら、自分も万引きしてもいいのか??

Qエンジンコンディショナーでウォーターハンマー的現象

お世話になります。

予測・予想でも結構ですのでご回答いただけると助かります。

週末にマイカーのエンジンのプラグを抜き、プラグホールから
エンジンコンディショナーを5秒ほど全4気筒に吹き込みました。

その後5分ほど経過してから、プラグホールを開放したまま
セルによるクランキングを軽くやりました(近所迷惑を考えて1秒もしなかったと思います)。
そしてさらに数分置いてから、また1秒に満たないクランキング実施。

プラグなどを取り付けエンジン始動しようとしたところ、
エンジンはかかりづらいとは思っていましたが、
いつものセルが回る軽快な「チチチチ」という音ではなく、
「ドゥルン、ドゥルン」という感じで軽い上下振動を伴い
低い回転数で鈍く回転したのち、エンジンがかかりました。
セルがとまることはありませんでした。

これはエンジンコンディショナー排出不十分で起きた
ウォーターハンマー的な現象だと思うのですが、
車の状態は、距離にして50kmほどアイドリング回転数(600rpm程度)から
5000rpm程度(レッドは7000rpm)まで実走行してみましたが、
どの回転数でも異常振動など感じられず、吹け上がりもスムーズです。
アイドリングの不安定さも見られません。

気になるのは、今回のことでコンロッドがゆがんでしまったのではとか、
コンロッドの最弱部にダメージがのこり、数年のうちにエンジンブローにつながるのでは
と心配が残ってしまいました。

エンジン再始動時のクランキング時には、
音から判断して各気筒とも燃焼はしていなかったと思います。

今回の現象からエンジンダメージの程度予想をいただきたいのですが、
よろしくお願いします。
(気になるのはセルの力だけでエンジン各所にダメージをきたすことはあるのでしょうか。)

お世話になります。

予測・予想でも結構ですのでご回答いただけると助かります。

週末にマイカーのエンジンのプラグを抜き、プラグホールから
エンジンコンディショナーを5秒ほど全4気筒に吹き込みました。

その後5分ほど経過してから、プラグホールを開放したまま
セルによるクランキングを軽くやりました(近所迷惑を考えて1秒もしなかったと思います)。
そしてさらに数分置いてから、また1秒に満たないクランキング実施。

プラグなどを取り付けエンジン始動しようとしたところ、
エンジンはかかりづらいと...続きを読む

Aベストアンサー

全く心配ありません。スターターモーターのトルク程度でコンロッドやクランクシャフトに損傷を与えることはありません。いわゆるウォータハンマーでのエンジン破壊は、運転中のエンジンに水などの液体が吸い込まれることで起こる現象で、運転中のエンジンの回転よるフライホイールマスが破壊のエネルギーとなります。スターターモーターにはそのような大きなエネルギーは有りません。また、始動直後の燃焼状態の変化はエンジン内部に残ったエンジンコンディショナーよるものと考えて問題ないでしょうけれど、これはガソリン以外の燃料(もしくは不燃物)を含んだ状態の混合気に点火するために正常な燃焼とならずフィードバック機能も想定外の物質を含んでいるために正しく動作しなかった可能性があるため、一時的な異常な燃焼状態となったためでしょう。

実際にウォーターハンマーでエンジンが破損する場合は、ほぼ瞬間的に起こります。またガソリンエンジンでは比較的おきにくい現象です。これはガソリンエンジンは破壊を起こすフライホイールマス自体がそれほど大きくないこと、もともとの圧縮比がそれほど大きくないこと、燃焼室内や吸気管ないぶに水などの液体の進入が有ると点火ができなくなりエンジンの運転自体ができなくなるからです。そのためガソリン車は管水路に突っ込んだ場合などでもウォーターハンマーによるエンジンの破損は意外と起きないのです。一方ディーゼルエンジンではフライホイールマス自体が大きい上に圧縮費も高く、液体が混入しても断熱圧縮による温度が十分に上昇しある程度の空気が有れば燃焼を続けられるので、エンジン運転中に液体を吸い込むなどするとかなりの確率でコンロッドの折損やクランクシャフトの捩れなどの大きな損傷を受けます。


私の手がけた限りガソリンエンジンでのウォーターハンマーが原因でエンジン破損にいたった実例はガソリン車では、インテークマニホールドのガスケットが破損(組み付け不良)により、高速道路走行中に冷却水がシリンダー内部に流れ込み、コンロッドの折損およびシリンダーブロックの破損を招いた一例だけです。


まぁ、スターターで回せる程度であれば液体が残っていても何の問題も無いということです。

全く心配ありません。スターターモーターのトルク程度でコンロッドやクランクシャフトに損傷を与えることはありません。いわゆるウォータハンマーでのエンジン破壊は、運転中のエンジンに水などの液体が吸い込まれることで起こる現象で、運転中のエンジンの回転よるフライホイールマスが破壊のエネルギーとなります。スターターモーターにはそのような大きなエネルギーは有りません。また、始動直後の燃焼状態の変化はエンジン内部に残ったエンジンコンディショナーよるものと考えて問題ないでしょうけれど、これ...続きを読む

Q【ガソリンスタンド】ガソリンを給油中に車のエンジンをかけっぱなしで良いのでしょうか?エンジンを切

【ガソリンスタンド】ガソリンを給油中に車のエンジンをかけっぱなしで良いのでしょうか?

エンジンを切らずにエアコンを付けっ放しでセルフで給油する人が増えてますよね。。。

大丈夫なんですかね

Aベストアンサー

現代であれば事故につながる可能性は低いとは思いますが、常識的に考えれば有り得ない行為です。
カセットコンロのガスを交換する時に火をつけたままのじょうたいでガス交換しますか?
何年か前におきた花火大会での事故をお忘れですか?
あれはガソリンの扱いを適当にしたためにおきてしまった事故なんですよ!
だとしたらわかりますよね!GSで給油中にどうすべきかは。
周りの人まで注意しろと私は言いません、でも自分が加害者になってしまう可能性のある事は
すこしでもさけた方が良いと思います。・・・ご参考になれば幸いです。

Q水平対向エンジンはどうやって

一度も購入したことも、いじったことも、整備書見た事もありませんが水平対向
エンジンはどうやってメインベアリングキャップを締めるんでしょうか?
組み立て順もクランクにコンロッド・ピストン

着けてから両シリンダーを合わせる?感じ?結構なぞです。詳しい方御願いします。

Aベストアンサー

モナカ
http://minkara.carview.co.jp/userid/271921/car/165727/395405/note.aspx

Q惰性走行で燃料軽減なるか

重量1tに満たないマニュアルのボロなカローラを使っています。

高速道路にて、

(1) 5速で100km/hで走りつづける
(2) 110km/hになったら、クラッチで惰性走行、90km/hまで落ちたら5速で再加速して、平均100km/hぐらいになるようにする

(2)のように走ると、燃料の軽減はできるでしょうか。
速度を保ちつづけるときと、加速しているときの燃料の消費の差(比?)についてよくわからないので、質問しました。

原理的にはできそうですよね。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ガス欠の恐怖と戦いながら高速道路を走った経験のあるものですが、給油ランプが点灯した時点で10リットルくらいの残料がある、というのを信じてギリギリOKと思っていたところ、目的のインターの20キロも手前でエンジンに異常が出てくるようになりました。あきらかにガス欠、からっぽ寸前の状態だったと思います。
この時、haporunさんと同じ事を考え、加速してはアイドリング(ニュートラル)という事を繰り返してなんとか数キロ持たせる事が出来て、ひとつ手前でしたがインターからおりる事が出来ました。出口にあったスタンドの直前でガス欠して、惰性で到着、というヒヤヒヤ体験でした。
もっとも燃費が良いのは2500回転前後ではないでしょうか。アイドリング状態であれば1000回転以下ですから、単純に燃料消費量は惰性走行時には節約できると思います。ただそれも加速に移る時にアクセルを大きく踏み込む事で帳消しになるように思えましたので、クラッチをミートした時にエンジンブレーキがあまりかからない程度までしか速度を落とさず、少し加速したらその惰力を大切に使わせてもらう、といった感覚でやってましたよ。普通に定速走行するよりは距離を走れたと思うのですが、気のせいでしょうか。

ガス欠の恐怖と戦いながら高速道路を走った経験のあるものですが、給油ランプが点灯した時点で10リットルくらいの残料がある、というのを信じてギリギリOKと思っていたところ、目的のインターの20キロも手前でエンジンに異常が出てくるようになりました。あきらかにガス欠、からっぽ寸前の状態だったと思います。
この時、haporunさんと同じ事を考え、加速してはアイドリング(ニュートラル)という事を繰り返してなんとか数キロ持たせる事が出来て、ひとつ手前でしたがインターからおりる事が出来ました。...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング