一時帰休により給料が6割しか支給されない状態が続き
やむなく退職した場合の失業保険の支給額の計算方法はどうするのですか
失業保険の支給額は退職前の6ヶ月の賃金を基準に計算されるのですが
その直前に一時帰休や賃金カットが有った場合
支給額が極端に減額され一時帰休に入った場合すぐに退職した方が
得なのでしょうか(就職口が有りそうな場合)
教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

はじめまして



一時帰休が発生した場合の離職時賃金計算方法ですが、
簡単に言うと、その日は除外されて、きちんと出勤した日においての
給料を元に計算されます。
つまり、全く損することは無いと言う事で把握されておいてください。

実際、離職されて、「離職票-2」をもらったら分かりますが、
金額記載がされてある右の「備考欄」に「休業日数○日******円」
となっていて、担当者はこれを除外して算定するようになっています
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました
大変参考になります

お礼日時:2002/02/19 12:52

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q失業保険の支給額は・・。

今月、主人が5年勤めていた会社を退職します。 今までの収入が1500万を越えていた場合の失業手当ては、どのくらい支給されるのでしょうか。  もちろん、次の職を探さなければ、生活も出来ませんので直ぐに探すと思うのですが、今までの収入からすると生活も一変するでしょうし…。 私としては、心配が尽きません。  このような、場合をご存知なお方がいらっしゃいましたらどうぞアドバイスをお願い致します。   また、検索するにはどうすればよいでしょうか。 かなり深刻です・・・宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

1日いくらという単位で支払われます。(基本手当日額)
基本手当日額は、離職前の直前6ヶ月に支払われた賃金の1日当たりの金額の約45~80%ですが、年齢により最高額が決まっています。

29歳以下:6370円、30~44歳:7075円、45~59歳:7780円です。

詳細はハローワークの頁で確認してください。

参考URL:http://www.hellowork.go.jp/html/info_1_h3a.html

Q失業保険の支給額について

失業保険の支給額を決める時に
毎月きまって支払われた賃金(つまり、賞与等は除きます。)とありますが
残業代などはどうなるのでしょうか?
社会保険料、住民税…その他諸々の解釈が良く判りません。
どれとどれを計算に入れるのですか?

Aベストアンサー

離職前6ヶ月の賃金の総額(ボーナスは除く)を180日で割ったものが、賃金日額となり、その6割~8割が支給日額になります。

この6ケ月前の賃金の額は、14日以上の出勤日数がある月の給与の額を計算しますが、残業代も含めた支給総額で、通勤交通費も含まれます。

社会保険料や住民税は関係ありません。

Q年金支給期間と支給額について

国民年金の加入義務期間は20才~60才までの40年で、もし加入期間が40年に満たない場合は60才から追加で国民年金に加入を続け65歳まで満額になるまで任意加入ができることになっています。
また、60才からの年金支給も受けられますが満額から早期年数に応じて減額されてしまいます。

早期支給で且つ満額支給される条件はないのでしょうか?
例えば加入年数が42年(高卒)、45年(中卒)だった場合には満額早期支給が考えられるということはないのでしょうか?

Aベストアンサー

早期年金支給には満額は有りえません。そのようなことが許されるのであれば、

誰しも65歳まで待つことをしなくなりますよね。昔は60歳から満額受給できていましたが

今は最低でも65歳ですね。

Q自己都合退職の場合の失業保険

お世話になります。

会社を退職して失業保険をもらうとき、自己都合退職の場合はそうでない場合(会社倒産による離職等)と比べ、失業保険をもらえる時期が遅れると聞きました。
自分でネットで調べましたが、大よそ次のような理解であっているでしょうか?

前提:1月9日に退職、翌10日にハローワークに行き手続きをしたとする。

・待期期間(失業保険をもらえない期間):1月11日~17日(7日間)
・給付制限期間(自己都合退職により失業保険をもらえない期間):1月18日~4月17日(3ヶ月間)
・第1回目の失業保険認定日(即ち、第1回目の失業保険支給日):5月15日(4月18日から4週間後)

(これが正しい場合、1月に退職しても最初に失業保険がもらえる日は約4ヵ月後となってしまいます・・・・。)

Aベストアンサー

多少違ってますので、補足します。

・退職後は、会社より離職票を受け取ってからハローワークの手続きを行います。
(離職票は早くても数日程度かかるようです。具体的な日数は総務に確認して下さい。)

・第1回目の失業保険認定日(即ち、第1回目の失業保険支給日):1月18日から3ヶ月目の4月18日以降で 直近の失業認定日(失業認定日は1月18日を基準に4週間毎に設定されます。)、つまり1月18日から16 週後となります。支給金額は4月18日から認定日までの分となります。

Q約束していた退職予定日より早く退職させられた場合、その月の給料は保障さ

約束していた退職予定日より早く退職させられた場合、その月の給料は保障させるのですか?

1月に会社の方を辞めたい言いましたら「2月一杯まで働いてほしい」と言われました。
ですから、自分は2月28日一杯で辞表を出しました。
そしたら、2月19日で「明日で終わり」と言われ、2月20日で退職させられました。
その場合は、2月28日まで給料のほうは保証してくれるのでしょうか?

Aベストアンサー

解雇予告手当として請求可能です。
会社へ支払い請求してください。

差し当たり出来る事として、トラブルの経緯の内容、日時、場所、担当者の部署、役職、氏名など、ガッツリ記録しておいてください。

通常であれば、そういう状況での相談先としては、まずは職場の労働組合へ。
組合が無い、機能していない状況でしたら、社外の労働者支援団体へ相談する事をお勧めします。

Yahoo!トップ>ビジネスと経済>労働>労働組合
http://dir.yahoo.co.jp/Business_and_Economy/Labor/Unions/

の、
全国労働組合総連合(全労連)
全国労働組合連絡協議会(全労協)
など。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報