住宅金融公庫より融資を受けていますが、頑張って定期的に繰上げ返済をして、元本部分を減らしていこうと思っています。で、ローンシュミレーションをしたいのですが、2回目以降の繰上げ返済についてもシュミレーションが可能なサイトが見つかりません。
●2回目以降もシュミレーションが出きるサイトを探しています。
 または、ローンの計算の仕方を教えてください。

よろしくお願いします

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

繰上げ返済では『月々の支払い金額』はかわりません。


1回繰上げ返済するごとにその時点での残金がローン総額になり、利率はそこで決めるはずなので、
繰上げ返済の計算機能ではなく、月々の支払い金額とローン残高、利率で残りの支払い年限を調べられるタイプの計算URLを探せばいいと思いますよ。もしボーナス併用であれば年毎の支払い金額/12でいいと思います。
繰上げの時期によって、多少の差は出ますが大まかな時期の選定はこれで十分です。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q住宅ローン繰上げ返済シュミレーション

住宅ローンの返済シュミレーションで教えて下さい。

例えば2000万を30年(固定金利3%、元利金等)で借りた場合。

返済額は月々¥85000ですが、毎年¥100万を5年間繰り上げ返済した場合、返済期間の短縮はどのくらいになりますでしょうか?

また、この様なシュミレーションが出来るサイトなどもありますでしょうか?

Aベストアンサー

こんにちは!

私はこのサイトを参考にしています。
【借入返済額シミュレーション】
https://www.saveinfo.or.jp/tool/sikin/menu/s_kariire.html
【繰上げ返済シミュレーション】
https://www.saveinfo.or.jp/tool/sikin/menu/s_kuriage.html
などあります。
一度のぞいてみてはいかがでしょうか?

ご参考になれば…

Q3回目の繰上げ返済のシミュレーション

今回で3回目の繰上げ返済になります。
1回目はシミュレーションソフトのサイトで検討できたのですが、
2回目、3回目になると、やり方がわかりません。
どなたか、やり方をご存知でしたら、また、そういうサイトをご存知でしたら
教えてください。
繰上げは不定期に、余裕のできた金額だけを返済するやり方です。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

1.当初借入額の欄に現在の債務残高を入力する。
2.当初借入期間に現在の返済完了期日までの年数を入れる。
3.今回可能な繰り上げ返済額を入力する。
4.期間短縮か返済額軽減かを選択する。

上記1~4.で初回と同じように、繰り上げ返済後の債務残高と返済完了日(あるはいは、減額された返済月額)が表示されると思います。

ご参考に三井住友銀行のサイトのURLを張っておきますね。

参考URL:http://www.smbc.co.jp/sim/servlet/sim.IchikuriSimServlet

Q繰上げ返済手数料無料の住宅ローン

こんにちは。
北陸で新築一戸建てを検討中です。

1500万円くらいを20年ローンで借りようと思っています。
返済はボーナス無しで。
現在の賃貸の住宅費(家賃等)は7.5万円。
会社からの家賃補助無し。
この状態で4年間生活し、
毎年250万くらい貯金できていたので、
返済では余裕が出来たら、
繰上げ返済をどんどんしていこうと思っています。
気持ち的には毎年100万くらい。

北陸で利用できる住宅ローンで、
繰上げ返済の費用が無料、あるいはお得なのは
どの金融機関のものでしょうか?
また、東京スター銀行のような預金残高連動型の
ローンを取り扱っているところはありますでしょうか?

Aベストアンサー

東京スター銀行の預金連動型はビジネスモデル特許出願中のため、当面、他銀行がまねることはできないはずです。
また、ご存知なのでしょうが、現状は北陸地方も対象外となっているため、残念ながら利用できないですね。
そうなると、他の方もいわれてますが、グッドローンか、20年くらいだとJAの住宅ローンがとんでもなく安いときがありますよ。

Q住宅ローンの繰上げ返済

住宅ローンを2000万円20年で借りようと思います。
実際は、多分200万ほどあまる予定なので
1800万円でいいのですが余分に借りる予定です。

ところで、シュミレーションしてみると
1800万円を20年で借りる場合と
2000万円を20年で借り、200万円を5ヶ月後に繰上げ返済
(返済額軽減型)したとすると
総利息額は、繰上げ返済した方が少なくなるのですが
これってホントですか?
こちらの方が、お得なのですか?
でも、5ヶ月で繰上げ返済は出来るのですか?
どうしたらいいのでしょうか?

どなたか教えて下さい。

Aベストアンサー

繰上げ返済のほうが総利息額が少なくなる事はありえます。
 まず、繰上げ返済は返済期間短縮型、途中据え置き型、賦金減額型の3つの方法があります。そのうち総利息額が少なくなるのは返済期間短縮型です。しかし返済期間が短くなるので毎月の返済額は安くなりません。そうなると返済する期間が短い(借り入れ期間が短い)のと、毎月の返済額が安くならない(早く残高が減る)ので総利息額は小さくなるのです。でも毎月の負担が大きくなるというのがネックで、利用できる(応じてくれる)金融機関も少ないようです(最終返済日が変わるということも金融機関は嫌がりますが)。
 ちなみに残りの二つの方法ですが、途中据え置き型は、据え置き期間は利息だけの支払いで元金返済はしないで据え置く方法(その期間は負担が軽い)。賦金減額は毎月の返済金額を少なくする繰り上げの仕方です(繰り上げ後の返済負担は以前より軽い)。これらの方法を利用できる金融機関はあります。しかし、これらの方法の繰上げ返済は総利息額を減らす事は少ししかできません。
 また、いずれの繰上げ返済も普通は手数料がでます。これらの点を確認の上で申し込みを考えるのは言うまでもありません。
 しかし忘れていけないのは返済に困った時にどれだけ顧客のニーズに応えられるかです。例えば「毎月の負担を軽くしたい(返済期間を延長したい)。」「金利を考えてほしい。」 これらは延滞してからでは応じてくれません。繰上げ返済はデフレの現在、有効な節約の方法ですがそれはお金の余っている人たちの言う言葉です。今は金融機関も余裕のある時でないので返済に窮したときは法的手続きも早いと思ったほうがいいです。金融機関を選ぶ時はこれらの事を申し込み時に確認して選んで下さい。
 住宅ローンと教育ローンは利息が他の借り入れより安いので、別の目的で何度も借りるよりはこれらのローン一本で借りるというのも一つの手です。

繰上げ返済のほうが総利息額が少なくなる事はありえます。
 まず、繰上げ返済は返済期間短縮型、途中据え置き型、賦金減額型の3つの方法があります。そのうち総利息額が少なくなるのは返済期間短縮型です。しかし返済期間が短くなるので毎月の返済額は安くなりません。そうなると返済する期間が短い(借り入れ期間が短い)のと、毎月の返済額が安くならない(早く残高が減る)ので総利息額は小さくなるのです。でも毎月の負担が大きくなるというのがネックで、利用できる(応じてくれる)金融機関も少ないようで...続きを読む

Q住宅ローン 繰上げ返済について

住宅ローンの繰上げ返済で質問されました。
35年住宅ローン2000万円で2年経過(33年残) 金利2.5パーセント、
残1916万ほどの方がいます。
期間短縮型で、繰上げ返済したいとおもっているそうです、
すぐに100万円返済し、2年ごとに一回100万円ずつ計3回 300万円返済すると
4年後に300万円返済するのとでは、総支払額はどちらが少なくなるのでしょうか?
ただし前者は1回手数料21000円(計63000円)かかります。
これでも100万ずつ返済した方が、総支払い期間は前者の方が短くなるものと考えてよろしいのでしょうか?詳しい方お教え願います。

Aベストアンサー

100万円で年2万5千円の利子が出るのなら早く返した方が得でしょう。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報