BUNの値が高いことで、いくつか考えられる疾患はあるのですが、BUNが高いことに続発して起こる疾患はどのようなものがあるのでしょうか?
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

一般的に尿素窒素は腎機能の指標として臨床的に用いられます。



正常値は本や病院によって異なると思いますが8~18mg/dlぐらいとお考えください。


尿素窒素異常増加を示す疾患と病態。

著増(100mg/dl以上)
慢性腎不全、慢性腎炎、尿毒症、腎結石、急性腎不全
など

中等度増加(80mg/dl)
ショック、腹腔内手術後、消化管出血、火傷など

軽度増加(50~20mg/dl)
脱水症、アシドーシス、心不全、動脈硬化症、加齢など

だいたいこのような症状が現れると思います。もちろんすべてではありませんが・・・。

なぜnekomimidanyanさんは尿素窒素の値だけを質問するのですか?おそらく血液検査で10~20項目ほど検査していると思いますが、尿素窒素値だけが異常あるいは高めにでていたため質問したのではありませんか?

nekomimidanyanさんだけではなく多くの患者さんにいえることですが、医者や医療従事者はそのときだけの検査結果や、ある一項目の検査の異常だけを取り上げて判断し、診断しているわけではありません。

前回の検査結果との変動の有無、異常項目と関連の深いその他検査項目の結果、問診による患者本人の自覚症状、顔色等々挙げていったらきりがないほどです。

たとえば
尿素窒素のほかにアルブミン、電解質がおかしいときは広汎な火傷や手術後を疑います。

検便、血色素、プロトロンビンが尿素窒素のほかにおかしければ消化管大出血を疑います。

血糖、眼底、糖負荷試験などでは糖尿病性腎症を、尿量や血圧、尿チンサがおかしければ急性腎炎などを疑います。

これらからわかるように、異常があった一検査項目だけで判断していません。
そんなに病気を特定することは簡単なことではありません。

これからはほかの検査項目も継続して見ていってください。
また、以後質問するときはできるだけ多くの情報を記載したほうがいいと思いますよ。

わからないことがありましたら、主治医に納得がいくまでインフォームドコンセントをしてもらったほうがいいでしょうね。

この回答への補足

詳しく回答していていただきありがとうございます。

今学校でグループ学習をしていまして、BUNが高いことで様々な疾患を考えられることを話し合ったのですが、話し合いの中で、「BUNが高いことが原因で」起こるような疾患はないだろうか、という内容が出てきました。

からだの中にはほぼ一定の尿素量がありますが、それが増加した場合どんなことが起こるのだろうと疑問に思い、ここで尿素窒素の値だけに関して質問させていただきました。

質問が言葉足らずですみませんでした。

補足日時:2006/06/22 00:40
    • good
    • 2

医者ではないので回答は出来ませんが参考に


http://www.yobouigaku-kanagawa.or.jp/kensa/kensa …
    • good
    • 2

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q何も食べなくても血糖値は上がる?

糖尿病で、今現在血糖値のコントロールは良好ですが
自宅でも血糖値をはかっています。
夕食後2時間の血糖値をはかり、
翌朝食前に空腹時の血糖値をはかるのですが、
うっかりすると、朝の血糖値の方が高いことがあります。
たとえば、「寝る前に牛乳を飲んだ」とか、
何か食べてしまったとしたら、血糖値が上がっているのも
わかるのですが、何も食べていなくても、寝ている間に
血糖値が上がるということがあるのでしょうか?
ストレスは血糖値が上がると聞きますが、
何も食べなくても、血糖値があがることが、あるのでしょうか?
教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

「暁現象」というものがあります。
私が主治医から聞いた話では、朝目覚めた時に身体がちゃんと動くように、夜明け頃に血糖値を上げるという生理現象が起こる、とのことでした。
またこの現象は普通の人にも起きます。インスリン依存型の人は#4さんが言っている通り、インスリンが切れかかっているのでその血糖値上昇が顕著に表れるとのことです。

Q母が高血圧による心筋疾患

母が不整脈で苦しくなった為、病院に行きました。
すると、血圧が高く(普段は普通くらいで、たまにビックリするくらい高くなるそうです。)、心臓が肥大しており、心筋疾患と言われたそうです。
血がドロドロな為そういう症状が出たと聞き、毎日玉葱のスライスを食べているのですが、他に、どのような物を食べたら良いのでしょうか?
運動不足も原因でしょうか?
全く分からないので教えてください。

それと、病院行った後から頭痛がするそうです。(昼くらいから)それを病院に行って聞くと、薬のせいかな?と辞典みたいなのをみながら言われたそうです。普通、副作用で頭痛とかは、起こるものでしょうか?
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

血圧を下げる作用を有する薬の中に、全身の血管の緊張をとって拡張させるタイプのものがあります。このタイプのは、頭の血管にも作用するため、頭痛の副作用が出ることがたまにあります。降圧剤に関してはたくさんの種類の薬がありますので副作用の少なく、有効な薬を時間をかけて決められたらよいと思います。
 食事に関しては、減塩と肥満があればカロリー制限が必要です。

Q健康な人の血糖値について

健康な人の血糖値は食後140mg/dlを越えないと伺いました。
仮に、食後の最高血糖値が120mg/dlの場合、その時点で再び食事をとったら血糖値はどれくらい上がりますか?摂取する食事は血糖値を上げやすいチョコレートと仮定してください。

また、糖尿病の方で食後のみならず空腹時の血糖値も高い方は睡眠時も高血糖のままなのですか?


回答ください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>食後の最高血糖値が120mg/dlの場合、その時点で再び食事をとったら血糖値はどれくらい上がりますか?
最高血糖値が120mg/dlなので120mg/dl止まりです。
血糖値は食後の1時間~2時間でピークとなり、その後は徐々に下がっていきます。
ちなみにチョコレートは血糖値を上げません。チョコレートに入っている砂糖で血糖値が上がります。
血糖値を即座に上げたいのなら、氷砂糖が一番上がりやすいです。
イスシュリンを注射している人などが血糖値が下がり過ぎた時に氷砂糖をなめるそうです。

>糖尿病の方で食後のみならず空腹時の血糖値も高い方は睡眠時も高血糖のままなのですか?
その通りです。ず~と高血糖状態が続くので糖尿病と言われるのです。

私も高いときは200mg/dl超えしてました。薬を服用してますが、それでも150mg/dl位です。www

Q血液検査で肝機能の値が高!疑われる病気は?

気管支炎で血液検査を受けたところ、気管支炎より肝臓が心配な値が出たと医師より告げられました。
AST:252、ALT:436、ALP:230、γ-GTP:109、LDH:354、CRP1.67でした。38'4℃~40'5℃の熱が3日間続いた後で、ほとんど胃に何も入っていない状態での採血でした。
気管支炎で頂いていた抗生物質の錠剤の服薬を止め、他の抗生物質に変え3日後、肝機能・超音波等の検査をすることに。
私は身長153.6cm体重47kgと小柄な50歳です。各種アレルギーがあり、お酒も蕁麻疹が出たり動悸が高まり、息苦しくなるので飲みません。
昨年から人間ドック時に内臓脂肪がうっすらと付きはじめていると言われ、できるだけ歩くようにしています。
ちなみに実父は肝硬変から肝臓がんへ移行し死亡しました。がんの可能性も考えられるのでしょうか?検査前に心の準備を少ししておきたいです。

Aベストアンサー

遺伝性疾患ならば、昨年の人間ドックでなにもでないという事はないので、遺伝性疾患は否定的です。
考えられるのは、

1)気管支炎症状と肝障害をおこす疾患に罹患した。
例えば、オーム病などのクラミジア疾患など
2)気管支炎と関係なく肝障害がおきている
ウイルス性肝炎、脂肪肝、胆石症など
3)発熱と肝障害をおこす疾患に罹患している
肝膿瘍など
4)薬の副作用

などが考えられます。調べないと分かりません。

Q血糖値とは

血糖値とは血液中のブドウ糖の量だと聞きました。
食事をすると血糖値が上がると聞きますが、血糖値が上がったら何が良くて悪いのか、血糖値が下がったら何が良くて悪いのかが判りません。
教えてください。
また、献血に行ったら採決の直前にハンバーガーを食べされられました。これは血糖値とどう関係があるのでしょうか?

Aベストアンサー

おっしゃる通り、血糖値とは、血液中のブドウ糖の量です。
カンタンに言えば、ブドウ糖は栄養分です。細胞が必要とする栄養分です。
(栄養分はタンパク質も脂肪も含まれます。そのため三者を合わせて三大栄養素と呼ばれます)


「それなら血液中に栄養分がたくさん流れていたほうがいいのでは?」
しかし血液中にブドウ糖がたくさんあっても、
すい臓から分泌されるインスリン(ホルモンの一種)がなければ、細胞に取り込まれません。


<通常の場合>
食後、胃腸で消化吸収されて血液中にブドウ糖が流れてきたら、
血液中のブドウ糖が増えるので、もちろん血糖値は上がります。
結果、すい臓からインスリンが分泌されて、細胞にブドウ糖が取り込まれます。
そして少しずつ血液中のブドウ糖の量が減っていくので、血糖値は下がります。

<血糖値が高い場合>
毎日過剰に食事をしていたり、運動してなかったりしたら、
いくらすい臓が頑張ってインスリンを出しても、間に合いません。
その結果、細胞にブドウ糖が取り込まれず、血液中にブドウ糖が溢れてしまいます。
さらに慢性的にこの状態が続くと、疲れてすい臓はインスリンを出さなくなります。
カンタンに言えば、糖尿病です。

「まぁ、インスリンを打てばいいだけでしょ?何の問題があるの?」
まず糖は水を引き連れますから、たくさんのおしっこが出て、体内の水不足が起きます。
結果、のどが渇いたりします。

細胞はブドウ糖が取り込めないので、
仕方ないから筋肉などから脂肪やたんぱく質を取り込もうとします。
(ブドウ糖じゃないので、インスリンは不要です)
だから、糖尿病が進んでくると、太っていたのに痩せてきます。

さらに糖は多くあると血管や毛細血管を傷つけてしまいます。
網膜の血管が傷つけて失明なったり、
腎臓の血管を傷つけて、尿がでなくなって体の中に貯まり、人工透析とか。
もちろん動脈硬化などもそうですね。
___________

血糖値が下がるのは、自然な事です。
細胞がブドウ糖を取り込んだ後、血液の中のブドウ糖の量は減りますから。
ただ、急激に下がるのが怖いのです。

白砂糖はもっとも吸収されやすい形の小さな糖です。
だからお菓子を食べると、急激に腸に吸収されます。
一瞬、血糖値はあがりますが、
すぐにすい臓がインスリンを大量に分泌します。
その結果、すぐに細胞の中にブドウ糖が取り込まれ、
血液中にはブドウ糖はなくなります。

イメージとしては血糖値が上がる前に、ぐんと血糖値が下がるといった感じです。

脳はブドウ糖しか取り込めません。
ブドウ糖が運ばれてくると期待していたのに、運ばれて来なくて期待はずれでがっくりくるわけです。
結果、精神が不安定になったりします。キレたりもするかもしれません。

その不安定を防止するために、甘いもの依存症に陥ることもあります。
_________

ハンバーガーはブドウ糖も含まれているでしょうから、
献血前に食べると血糖値が上がるでしょうね。

おっしゃる通り、血糖値とは、血液中のブドウ糖の量です。
カンタンに言えば、ブドウ糖は栄養分です。細胞が必要とする栄養分です。
(栄養分はタンパク質も脂肪も含まれます。そのため三者を合わせて三大栄養素と呼ばれます)


「それなら血液中に栄養分がたくさん流れていたほうがいいのでは?」
しかし血液中にブドウ糖がたくさんあっても、
すい臓から分泌されるインスリン(ホルモンの一種)がなければ、細胞に取り込まれません。


<通常の場合>
食後、胃腸で消化吸収されて血液中にブドウ糖...続きを読む

Q血中CEAの数値について

癌性腹膜炎の治療で、免疫細胞治療を3回目を実施したが、
血中CEAの数値が317あった。
2回目の注入の時は、270であった。

免疫細胞治療の効果がないのでしょうか?
詳しい方おられましたら、教えてください。

Aベストアンサー

効果があるからそれだけの増加で済んでいるのか、効果がないのかはよくわからない。
残念ながら、劇的に効果があり、がん細胞の消滅に向かっているという感じではなさそう。
医療的なアドバイスは、医師法の問題もありますので医療機関で医師に求めてください。

Q血糖値

1ヶ月前糖尿病と診断されました。ヘモグロビンA1Cが高く入院し、血糖値の測定器をもらい毎日測定していますが、食後2時間の血糖値より3時間後のほうが高くなったり、就寝前の血糖値より翌朝の空腹時血糖値が高くなるのはなぜでしょうか? 

Aベストアンサー

空腹になってくると初めのうちはイライラしたり怒りっぽくなることがありませんか。次第に低血糖になっていくのですが、それがあまりにも急激になるといわゆる”切れる”状態になることがあります。人間にとっては空腹というのはそれほどストレスになるのです。
しかし、生体というのは非常に良くできてるもので、何も食べず(空腹でもすぐに食べられない状況もあるでしょう)に空腹をしばらく我慢してるといつの間にか空腹感が消えていきます。それは空腹のストレスを乗り切るために身体が自ら血糖値を上げるからです。ものを食べたのと同じ状態が生まれます。
身体がストレスを浴びて興奮するとストレスを乗り切るためにまず副腎皮質ホルモンが出ます。副腎皮質ホルモンであるステロイド(コルチゾール)は肝臓で蛋白質の糖化を促進して血中に糖を放出しますので血糖値が上昇しますし、グルカゴンという血糖値を上昇させる興奮系のホルモンも出ます。

つまり血糖値の上昇はストレスに左右されるわけです。別に食べ過ぎたり甘いものを好んで食べることのない痩せた人でも血糖値が高かったり、糖尿病になるのは無理して働き過ぎたり、辛い心の悩みを抱えることが過剰なストレスとなっているからです。
さらにストレスは分泌、排泄能力を抑制しますのでインスリンの分泌が悪くなりますし、膵臓の細胞をも壊していきます。ストレスは血管を収縮させますのでそれが慢性化すると次第に身体は低体温になります。

原因のストレスを減らさないと薬でいくら抑えても糖尿病は治ることはありません。はじめは薬は血糖値を見事に下げますますが、次第に効かなくなります。コントロールどころか悪化の一途です。薬そのものもストレスとなって自前のインシュリンを分泌する能力がどんどん失われていくからです。

糖尿病を食事、運動など一面的な見方をするとその本質を見誤ってしまいます。

空腹になってくると初めのうちはイライラしたり怒りっぽくなることがありませんか。次第に低血糖になっていくのですが、それがあまりにも急激になるといわゆる”切れる”状態になることがあります。人間にとっては空腹というのはそれほどストレスになるのです。
しかし、生体というのは非常に良くできてるもので、何も食べず(空腹でもすぐに食べられない状況もあるでしょう)に空腹をしばらく我慢してるといつの間にか空腹感が消えていきます。それは空腹のストレスを乗り切るために身体が自ら血糖値を上げるから...続きを読む

Q高血圧以外で心臓肥大は何が考えれますか

高血圧以外で心臓肥大は何が考えれますか
47歳男性です。
高血圧を指摘されたのは、毎年職場でしている
健康診断で何年か前に一度あっただけです。
それ以降は、デジタル血圧計を購入し、毎日
朝・夕・寝る前に計測してますが、正常だと思います。

下が60~70、上が110~120


今年の6月、8月と胸部レントゲンは取っていますが、
心臓肥大は言われませんでした。

今年の6月に胸腺腫(経過観察も必要ない早期)を言われています、
気になる症状(易疲労感、複視、眼瞼下垂)が出だしたので、
かかりつけ医で血液検査、レントゲン撮影。
レントゲンで胸腺腫は写ってないが、心臓が肥大していると言われました。

血圧を測っても血圧は正常でした。

血液検査で抗アセチルコリン受容体抗体を調べて貰ってますので、
その結果により胸腺種摘出か、心臓肥大の原因を調べると
言われました。

高血圧以外に、心臓肥大になる原因は何があるのでしょうか?
それって心臓病?

胸腺種が落ちてきて心臓を押し出して大きく見えてるとかは
ないでしょうか?

まだまだ、結果が先なので不安です。

高血圧以外で心臓肥大は何が考えれますか
47歳男性です。
高血圧を指摘されたのは、毎年職場でしている
健康診断で何年か前に一度あっただけです。
それ以降は、デジタル血圧計を購入し、毎日
朝・夕・寝る前に計測してますが、正常だと思います。

下が60~70、上が110~120


今年の6月、8月と胸部レントゲンは取っていますが、
心臓肥大は言われませんでした。

今年の6月に胸腺腫(経過観察も必要ない早期)を言われています、
気になる症状(易疲労感、複視、眼瞼下垂)が出だしたので、
かかりつけ医で血...続きを読む

Aベストアンサー

心臓肥大かどうかは心エコーをとらないと分かりません。心臓肥大の原因は心エコーでかなり絞れます。

Q運動すると血糖値は上がりますか?下がりますか?

運動すると血糖値は上がりますか?下がりますか?
どちらも聞いたことがあるのですが
例えば
ストレスを感じている時はノルアドレナリンが分泌され血糖値が上がるとか
空腹時運動するとグリコーゲンの分解で糖新生により血糖値が上がるとか
聞いたんですが
ストレスには運動がいいともよく聞きます。でもそれだと
ストレスと運動のダブルパンチで更に血糖値が上がり過ぎてしまうのではないでしょうか?

また血糖値コントロールには食後一時間後の運動が良い言われていますが
もし運動すると血糖値が上がるなら
食事で血糖値が上がっている状態で運動したら更に上がってしまって
糖尿病の方には良くないのでは?とも思います。

あるいは血糖値の低い時に運動すると血糖値は上がって
高い時に運動すると下がるのでしょうか?

そのへんの仕組みがどうなっているのかよろしくお願いします。
それほど知識がないので簡単な言葉で教えていただければ有り難いです。

Aベストアンサー

糖尿病の本質は高血糖と低体温です。ご存知だと思いますが、肥満でなく、痩せてるのにもかかわらず、高血糖や糖尿病になってる人がいます。原因は食べ物ではなくストレスです。

ストレスや興奮で最初に出るのが副腎皮質ホルモンです。このホルモンのステロイド(糖質コルチコイド=コルチゾール)が肝臓での蛋白質の糖化を促進して血中に糖を放出しますので血糖値が上昇します。他に興奮系のホルモンに血糖値を上昇させるグルカゴンがあります。

では、なぜストレスで糖が必要になるのでしょう。体は興奮したり活動的になるとそれがストレスとなって交感神経が緊張します。交感神経が緊張する体調は例え運動していなくても運動してるのと同じ体調です。どんどんエネルギーを消費する体調なのでそのために糖が必要になります。
活発に体を動かす運動だけでなく、長時間労働、過重労働など何かにつけて無理し過ぎたり、頑張り過ぎがストレスとなってるのです。もちろんステロイドなど薬剤の飲み過ぎもストレスとなります。
ストレスは交感神経を緊張させますが、ストレスを乗り切るために血糖値を上昇させるだけでなく、他の興奮系ホルモンのアドレナリンやノルアドレナリンを分泌して血管を収縮させ、血圧を上げたり、脈拍を増やしたり、いろんな働きをします。すると高血糖だけでなく、血流が悪くなって体温が低下してきます。
それだけではありません。この交感神経の緊張はもう一方の分泌、排泄、消化を司る副交感神経を抑制するので、インシュリンの分泌も抑制されてしまいます。

心や体のストレスで破綻し糖尿や高血糖になってる人はすでに体が疲弊しています。こういう人が無茶な食事制限や運動するとそれ自体がストレスとなります。交感神経の緊張がさらに高まり、糖はどんどん放出されるは、インシュリンは出ないは、で高血糖が続きます。体温も低下して代謝力も落ちてきます。

体重そのものがストレスとなって糖尿になってる肥満の人は運動、食事制限などでうまく減量すると重さというストレスが減るのですからインシュリンも増えて、体調は良くなってきます。

糖尿病の本質は高血糖と低体温です。ご存知だと思いますが、肥満でなく、痩せてるのにもかかわらず、高血糖や糖尿病になってる人がいます。原因は食べ物ではなくストレスです。

ストレスや興奮で最初に出るのが副腎皮質ホルモンです。このホルモンのステロイド(糖質コルチコイド=コルチゾール)が肝臓での蛋白質の糖化を促進して血中に糖を放出しますので血糖値が上昇します。他に興奮系のホルモンに血糖値を上昇させるグルカゴンがあります。

では、なぜストレスで糖が必要になるのでしょう。体は興奮したり...続きを読む

Q基準値を上回る値のヨウ素、抜歯

抜歯の予定があります。緊急ではなく、忙しくない時にという程度で、先月に3月下旬の予約を入れました。

歯科があるところは「基準値を上回るヨウ素」が検出されているところで、少々気になります。乳児以外、飲用は問題ないとのことですが、抜歯直後の大きな傷をすすいでも問題ないものなのでしょうか。報道ではヨウ素だけしか取り上げられていませんが、その他の物質も検出されているかもしれず、ちょっとためらっています。

「放射性物質をとりこまないためには傷口はなるべくさらさない」と書いてありました。
飲用は問題ないが傷口からの摂取は問題あるなど、体内被曝の程度が異なるのでしょうか。
特に急いているわけではなく、歯根がダメになっているのでいずれ抜きましょう程度ならやめておいた方が無難かなと思っているのですが、もし詳しい方がいらっしゃればご意見お願いします。

Aベストアンサー

横から失礼します。

(Q)放射性物質を含んだ水で血管が露出した傷口を洗った場合はどうなのか
(A)飲む場合よりも、危険は少ないです。

例えば、細菌感染の場合には、傷口があるとそこから感染するということが
ありますが、放射性物質は細菌でも、ウィルスでもありませんから、
傷口から入り込んで「増殖」しません。
従って、体内に取り込む総量が重要です。
なので、飲む方が危険性が高いです。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報