「好々爺」という言葉は、お婆さんの場合でも「好々爺」と言うんでしょうか?
それとも、お婆さんの場合はまた別の言葉があるのでしょうか?
教えてください(T_T)

A 回答 (3件)

狸爺(たぬきじじい)/(狸婆 たぬきばば) は有るが、



鬼─  (鬼婆  おに ばば)  は無い。
遣手─ (遣手婆 やりて ばば) は無い。

鋸婆(のこぎり ばば)なんてのも有る...




媼  (おうな、うば)
嫗  (おみな、おむな、おうな)
老媼 (ろうおう)
老嫗 (ろうう)
媼嫗 (おうう)

などが、意味は全く同じでも、「老女」「老婆」よりも、上手く
使えば、響きは良さそう。
 
    • good
    • 6
この回答へのお礼

わぁ。何やら、小難しい漢字が…。いろいろあるんですね。
一目で「優しいお婆さん」ってわかりそうではないのが残念ですが(^_^;)
でも、参考になります。ありがとうございました。

お礼日時:2002/02/22 01:35

初めまして、miemie3131さん。



お婆さんの場合は、自分でへりくだっていいますから、「老婆心」。
「婆心」という言葉の意味は、「行き届いた親切心」という事ですから、
お婆さんも心優しいんでしょう。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

初めまして♪ 回答、ありがとうございます。
「老婆心ながら…」ってよく聞きますが、
そう言ってアドバイスしてくださるお婆さんに、悪い人はいませんよね。
そういう「老婆心」を持ってるお婆さんを第三者からみて呼ぶ時の
ふさわしい言葉があればと思ったんですが…。
やっぱり無いんでしょうか。(・_・、)

お礼日時:2002/02/22 01:42

う~~~ん!



おばあさんかわいそうですね鬼婆だなんて云われて、女性は情が深すぎるのでしょうか?

「般若」はお年を召したご婦人の美形の代表のようですが男と違って「好々婆」と言われるような年のとり方はしないようです。

男の方が子供に帰りやすいのかもしれませんね、あまり回答にはなってなくてすみません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速アドバイスいただき、ありがとうございました。
…なるほど。たしかに「お婆さん」といわれて出てくるイメージって、あんまり良いものがないですよねぇ(^_^;)
昔話に出てくるお婆さんって欲深で業突張りだったりしますものね…。
でも品のいい優しいお婆さんだっているんだから、そんな人に対する言葉もあればいいんですが…。

お礼日時:2002/02/19 22:13

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「¶」・「仝」・「⇔」・「¢」・「£」・「ゞ」・「〆」・「≒」・「∵」の名前は何という?

IMEパッドで見て気になる記号が、いくつかあったのでこの記号の名前を知ってるという方、1つでもいいですから是非教えてください。

 「¶」・「仝」・「⇔」・「¢」・「£」・「ゞ」・「〆」・「≒」・「∵」です。  
他にもいくつかあります。「Å」・「;」・「∫」・「Σ」・「∽」・「"」・「!」・・・
 教えてください。

Aベストアンサー

以下のURLに、全角記号の意味とJISコードが記載されています。

参考URL:http://wwwmac.cc.sojo-u.ac.jp/kamaga/IPB/fullchar.html

Q「捨てる」を「ふてる」というとか、「そこにおるやん」を「ほこにおるやん」というように

「すてる」を「ふてる」、「そこにいてるやん」を「ほこにいてるやん」というように、「サ行」を「ハ行」で言ってしまうのは、方言だからでしょうか。ちなみに、親の田舎は、滋賀県です。

Aベストアンサー

生まれてから14才までは横浜に住んでいましたが、小学校4年生くらいまでは、ふてる、と言っていました。
ふてる、という言い方はとてもなつかしい印象があります。親は横浜と東京です。
でも、ほこに、は全く初耳です。

従いまして、ふてる、は幼児言葉の延長で、ほこに、は方言のような印象です。
 す、よりも"ふ"の方が言いやすい(舌を使って歯と舌の隙間加減をマスターする必要がない)ので、どちらも幼児言葉のような気もします。

Q「便宜上分かりやすいから」「便利だから」という言葉で説明する授業について

ある試験合格のためのスクールの講師を行っています。
最終的に、生徒さんにスクールのプロセスや概念を通して試験に合格をしてもらいます。

個人的な経験から、その試験に合格すれば、ある意味スクールで行っていたプロセスや説明に使う概念は不要になったり無意味になるように思っています。この点から私のスタンスとして、「一度合格すれば、もはやプロセスや概念は不要で、自分の方法で実践をしていただければOK」として授業を行っています。
つまり、スクールでのプロセスや概念は絶対的なものでは無いし、最終的には不要になると思っていますが、そのプロセスや説明方法はとても便利ですし、早道であるとも思っています。

このようなスタンスで、生徒さんと接する上で、例えば「この概念は試験合格のために便宜上分かりやすいから」とか「このプロセスは便利だから」というような表現で生徒さんに説明することは問題ないでしょうか?

少々、変な質問かもしれませんがご意見お聞かせいただければうれしいです。

Aベストアンサー

結論から言えば、問題ないと思います。

 具体的に、どのような内容かはわかりませんが、例えば物理現象を説明するときに、「便宜上分かりやすくするために、空気の抵抗はないものと考える」といったことは、どの分野でもやることだと思います。
 逆に、正確さや厳密さを重視するあまり、大事なことと枝葉末節なことを同列で説明されると、教わる側にはポイントが分からなくなることも多々あります。

 世の中、厳密さよりも「大局観」「大づかみ」が大事なことはたくさんあります。
 そういったことは、教える側のノウハウ、テクニックですので、全然問題ないと思います。

 もし必要なら、「現実にはこういうことも考慮しないといけない」「正確に言えばこうなる」ということを、念のために伝えておけばよいのかと思います。

Q言葉の問題 「しまう」 と 「片付ける」

主人が、「ココにベルトしまったんだけど知らないか?」と私に聞きましたが、主人が指すココというのはたんすの上でした。
私は、物を片付けるという意味でどこかに置いたとしても、”しまう”とはいわないのではないかと言いましたが、主人は片付ける=しまうだといいきります。
”しまう”というのは、たとえば引き出しの中とかクローゼットの中とかに入れ納める場合に使い、物を何かのうえに置くという行為(主人いわくしまう、片付けたとき)は”しまう”を使わないのではと思い辞書を引いてみましたが、答えがいまひとつわかりません。

どなたかわかりやすく教えていただけませんか?

Aベストアンサー

 どちらが正しい日本語かというと、質問者さんに軍配が上がるかと思いますが、旦那さんの言う意味合いも分からないではありません。(私も、しっかり認識しないで、旦那さんの言うような意味合いで使ってしまっているかもしれません。)


 二つの言葉には、次のような違いがありますので、「片付ける」≠「しまう」だと思います。
 「片付ける」・・・(乱れた状態のものを)整理する。(次の機会に取り出しやすい状態にする)
 「しまう」・・・・(~の中に)入れる、隠す。(しまった結果、中のものが乱れて入れも構わない)

 例を挙げますと、次のようになります。
 「部屋を片付ける」・・・・(散乱した)部屋の中のものを整理・整頓する。
 「部屋にしまう」・・・・・(あるものを)部屋のなかに移す。

 「引き出しを片付ける」・・・(ぐちゃぐちゃになった)引き出しの中のものを整理・整頓する。
 「引き出しにしまう」・・・・(あるものを)引き出しの中に入れる。

 「(人から頂戴した)小遣いを片付けておきなさい」・・・用例として不成立。
 「(人から頂戴した)小遣いをしまっておきなさい」・・・懐やポケットなどの中に入れておけ、という意味で、用例として成立。


 また、質問者さんの旦那さんの使い方は、「しまう」にしても「片付ける」にしても本来の用例ではありませんので、いずれの場合も正しい使い方ではないように思います。
 ただ、(私も含めて)うっかり使ってしまった場合には、次のようなニュアンスがあるかと思われます。

 「タンスの上に片付ける」・・・「タンスの上《を》片付ける」が本来の用法ですが、整理・整頓したというニュアンスで「タンスの上に置いた」といったものか。
 「タンスの上にしまう」・・・・本来は使えない用法でしょうが、タンスの上は普段目に付かない場所(?)であり、定位置に戻したというニュアンスで「タンスに置いた」といったものか。

 どちらが正しい日本語かというと、質問者さんに軍配が上がるかと思いますが、旦那さんの言う意味合いも分からないではありません。(私も、しっかり認識しないで、旦那さんの言うような意味合いで使ってしまっているかもしれません。)


 二つの言葉には、次のような違いがありますので、「片付ける」≠「しまう」だと思います。
 「片付ける」・・・(乱れた状態のものを)整理する。(次の機会に取り出しやすい状態にする)
 「しまう」・・・・(~の中に)入れる、隠す。(しまった結果、中のものが乱...続きを読む

Q「ひだり」が「ひらり」、「しゅくだい」が「しゅくらい」になってしまう

こんにちは。

小学1年生の娘さんのいる方から相談されました。
話すときも書くときも「だぢづでど」が「らりるれろ」になってしまうらしく、
「宿題できたよ」と書くつもりが「しゅくらい れきたよ」となるそうです。

どのようにしたら正しく発音したり書いたりできるようになるのでしょうか。

教育、言語学、ご自身の体験など、どのような視点からでもいいのでアドバイスよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

たぶん気にしなくても大丈夫だと思いますよ。自然に正しくなるはずです。

ダ行とラ行は、発音のときの口や舌の動かし方が似ているため、発育時の子供は混同して発音してしまいがちです。ジローシャ、とか、ダジオ、とか。
文字は当然似ていないわけですが、おそらく発音に引きづられて自分が発音しているとおりに書いているためにまちがいを起こしているのでしょう。

つまり、発音が正確になれば文字も同時に正しくなっていくと思います。
どのくらいの年齢までこの発音まちがいが起こるのが標準的なのかは調べていませんが、小学一年生が大人と同じように正確な発音でしゃべっていた記憶はあまりないので、わざわざ矯正する時期ではないと思います。

さりげなく訂正してあげれば、大人の言葉を聞いて、自分で学習するはずですよ。たとえば、「しゅくらい れきたよー」と言って話しかけてきたら、「そう。もう宿題できたの。えらいねー」と返事をしてあげるような。子供は音の違いを聞き分けて自分で訂正する能力を持っています。母国語というのはこの繰り返しで習得されます。子供全員が生まれつき備えている能力と言ってもいいでしょう。
無理やり言い直させたり、まちがえをきつく叱ったりすれば、自分から話したがらなくなる可能性もありますし、そうなると大人の正しい発音を聞くことも、自分の発音を耳からフィードバックして訂正していくこともなくなりますので、かえって学習の機会を奪うことになるのではないかと思います。
やさしく、さりげなく、訂正してあげてください。

たぶん気にしなくても大丈夫だと思いますよ。自然に正しくなるはずです。

ダ行とラ行は、発音のときの口や舌の動かし方が似ているため、発育時の子供は混同して発音してしまいがちです。ジローシャ、とか、ダジオ、とか。
文字は当然似ていないわけですが、おそらく発音に引きづられて自分が発音しているとおりに書いているためにまちがいを起こしているのでしょう。

つまり、発音が正確になれば文字も同時に正しくなっていくと思います。
どのくらいの年齢までこの発音まちがいが起こるのが標準的なのか...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報