熱硬化したフェノール樹脂の簡単な除去方法を教えてください。簡単に手に入る薬品で出来るのなら、教えてください。

A 回答 (1件)

どのような状態ですか。

詳しく説明をください。

フェノール樹脂は、硬化性樹脂で薬品にも安定なので、付いた所の物質をおしえてください。

なるべく早く補足説明待ってます。

脅かすようですが、時間とともに固まります。
tukitosan でした。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q歯科医院での歯石除去の保険点数が前回と今回で異なるのですが…。

歯科医院での歯石除去の保険点数について、
前回(今月)と今回でやった事はほぼ同じ、
しかし点数、請求額が異なるのはどうしてでしょう?

本来は顎関節症で通っています。
今回が4回目の診察で、先月の初診の時に歯周ポケットの検査を
したので検査200点がついています。
2回目の診察は、マウスピースが出来上がったのでその調整のみ。
前回(2週間前・3回目)は先生が再度マウスピースの調整をし、
歯科助手が歯石除去と歯のクリーニング?と歯磨きの上手な
やり方の指導をしました。
上の歯全部でした。(普通の人より少ないので12本)
最初に機械で歯石を取り、細かい所は手でとがった器具を使って
カリカリと取り、ブラシのついた機械に歯磨き粉の様な物をつけて
歯を磨きました。

初・再診料 40点
医学管理等 190点
処置 148点
合計点数 378点
一部負担金 1,130円(3割負担)

でした。

そして昨日は、先生はまったくタッチせず、
歯科助手が下の歯全部(13本)の歯石除去とクリーニング?をしました。
前回と同じやり方で歯石除去(機械でやった後、
手でとがった器具を使ってカリカリと。)、
あとはブラシをつけた機械で歯磨き粉の様な物をつけて
下の歯全部の歯を磨きました。
やり方は、すべて前回と同じです。
しかし、

初・再診料 40点
検査 200点
処置 348点
合計点数 588点
一部負担金 1,760円(3割負担)

と、前回と点数のつけ方が違います。
検査に点数がついているのと、処置の点数が大幅に違います。
診察後疑問に思い歯科医院に連絡したら、
歯石除去の時は歯茎のポケットの深さを見ながらやるので
検査も点数がつく、と言うのですが、前回は取られていません。

あとで気付いたのですが、そういえば前歯2本だけ、
話の流れでポケットの深さを見て、
「前回よりも良くなってますよ~。」と言っていました。
もしかしてこれが検査代になってしまったのでしょうか?
でも200点は高過ぎるような…。

ちなみに昨日は受付の人が休みで、
歯科助手がピンチヒッターで受付をやっている、
と言った感じでした。
この点数のつけ方は正しいのでしょうか?

歯科医院での歯石除去の保険点数について、
前回(今月)と今回でやった事はほぼ同じ、
しかし点数、請求額が異なるのはどうしてでしょう?

本来は顎関節症で通っています。
今回が4回目の診察で、先月の初診の時に歯周ポケットの検査を
したので検査200点がついています。
2回目の診察は、マウスピースが出来上がったのでその調整のみ。
前回(2週間前・3回目)は先生が再度マウスピースの調整をし、
歯科助手が歯石除去と歯のクリーニング?と歯磨きの上手な
やり方の指導をしました。
上の歯全部で...続きを読む

Aベストアンサー

現在保険制度では、予防的に歯石除去を行う事を認めていません。
そのため、歯石除去を行うためには、歯周炎や歯肉炎などの『病名』が必ず必要になります。
この病名をつけるには歯科医師が目で見て判断という事は認められず
必ず検査が必要です。
ですので、流れとしては、歯周病の疑いがあるので、検査をした。
その結果、歯石除去が必要なので、歯石除去をした、、という流れになります。

なので国が歯石除去だけの点数を請求する事を認めていません。

もし、請求した場合は、これは予防的な除去だと考えられるので
保険適応は認められない、なので全額患者から徴収しなさいと国から言われます。

現実問題として、予防的に患者さんの歯石除去を保険でやってあげる事がありますが
その場合は上記の理由から例え検査をしようと、しまいと(本当はしないといけないけれど)

検査料を一回ないし、二回は必ず徴収することになります。

嫌なら、保険適応はできないので
自費となりそうなると5000円~30000円が相場です。
あくまで患者さんのためを思った措置なのでご理解ください

現在保険制度では、予防的に歯石除去を行う事を認めていません。
そのため、歯石除去を行うためには、歯周炎や歯肉炎などの『病名』が必ず必要になります。
この病名をつけるには歯科医師が目で見て判断という事は認められず
必ず検査が必要です。
ですので、流れとしては、歯周病の疑いがあるので、検査をした。
その結果、歯石除去が必要なので、歯石除去をした、、という流れになります。

なので国が歯石除去だけの点数を請求する事を認めていません。

もし、請求した場合は、これは予防的な除去だ...続きを読む

Q化学II 熱可塑性樹脂と熱硬化性樹脂

熱可塑性樹脂と熱硬化性樹脂はどのように見分けるのでしょうか。
例 次のうち熱可塑性樹脂を選べ。(答235)
 1尿素樹脂 2ポリエチレンテレフタラート 3ポリスチレン
 4フェノール樹脂 5メタクリル樹脂

Aベストアンサー

付加重合による樹脂は直線的につながっていきます。
この繊維と隣の繊維が化学的な結合ではなく水素結合や分子間力のみで
接触している樹脂は熱によってその結合が離れてしまいます。

フェノール樹脂(2,4,6位で結合可)や尿素樹脂のように、3個以上の
結合ができる物質では、立体的な結合になっています。このような樹脂を
熱硬化性といいます。

熱硬化性樹脂として、フェノール樹脂、尿素樹脂、メラミン樹脂を覚えて
おけばいいでしょう。 

Q爪甲除去の点数加算について

足親指の爪が剥がれ、近所のIクリニックへ通院しました。
完全に爪が無い状態なので、処置は消毒のみでした。
トゲや異物除去もありません。

ところが、請求証では爪甲除去(麻酔を要しない)の点数が加算されていました。
爪が剥がれた傷なので、加点するのが常識でしょうか?

回答よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

こんばんは。

診療報酬明細を貰ったと思いますが、「爪甲除去」は、

(1)手術の項目に640点算定されてますか?
  (参考URL 第10部 手術⇒第2款 筋骨格系・四肢・体幹⇒K089)
(2)処置の項目に45点算定されてますか?
  (参考URL 第9部 処置⇒J001-7)
完全に爪がない状態の処置を、(1)で算定されてれば、おかしいと思います。(2)でも爪甲除去で算定してるのはおかしいです。

処置の項目の創傷処置45点で算定すべきだと思います。
  (参考URL 第9部 処置⇒J000)

あなたの傷病名は、「足母指爪剥離」ではないかと思いますが、通院されたクリニックでは、傷病名で
爪甲除去術を算定しています。

参考URL:http://shirobon.net/22/ika_2_10/i_m_2_10.htm

Q熱硬化性樹脂と熱可塑性樹脂の金型構造の違い

熱硬化性樹脂と熱可塑性樹脂の金型構造の違いを教えてください。

Aベストアンサー

特に違いはありませんが・・

Q保険適用外診療に、保険点数が付くのか??

先日 病院に掛かり 保険の明細で疑問が有りました。
顔のイボとかホクロの除去手術を受けましたが、これは美容整形の
部類に入るので、 全額が自腹になりますと言われお金を払いました。
皮膚の再生も含め 2ヶ月通いました。
後日になり、健康保険組合から医療費の案内の葉書が届き、
明細を見ると かなり色々と、受けたことが無い保険点数が
付いており、オカシイと感じて保険組合に、病院から貰った
医療費の請求書をコピーして渡しました。

保険適用外診療(自由診療)に 保険点数が付くのは可笑しくないですかね??  私の無知ですか??
病院が保険診療で ピンハネされたのかな??
保険組合の方は、??みたいで 病院に実際の治療内容の書類を
見て 正当かどうか判断すると言ってました。
 
誰か教えて下さい。

Aベストアンサー

医学的にはほくろと血管腫は別物ですが、ほくろの一種として扱って治療することはあると思います。ほくろは厳密には単純性黒子や母斑細胞母斑のことを言いますが、腫瘤を形成するものをふくめ、色のついたあざのことを含め母斑といいます。母斑のことをわかりやすくほくろと言ったりはする可能性は高いです。また母斑の中に血管腫があります。
私は形成や皮膚科ではなく眼科なので(私は目の周りのほくろを切るときは保険のきく病名で手術してます)細かい点数は残念ながら知りません。しかし、請求書をコピーしてあなたに渡しているのであれば、2重請求などはしていないと思いますよ。リスクが高すぎますし、今後の評判にもかかわります。もしも2重請求しているとしたらえらいことです。ただ、あまり騒ぎ立てて勘違いであった場合は少し恥ずかしいので、回答書をまって、冷静に判断してください。

Q樹脂の熱硬化性と熱可塑性

樹脂には熱硬化性のものと熱可塑性のものとがあり、分子の立体構造云々という箇所については多少は勉強しています。
私の勉強の仕方がいけなかったのかもしれませんが、このことについて学校での勉強ではあまり意識していなかったのに
仕事で樹脂に携わっているような人と話をすると、まず決まって熱硬化性か熱可塑性かという話題になります。
この違いがなぜそんなに重要なのか教えていただけないでしょうか?

Aベストアンサー

「熱可塑性」「熱硬化性」という言葉にも難しい面があります。性質そのものから付けられた名前ではないのです。その性質の結果を利用して成形していくときの方法の違いから付けた名前なのです。ちょっとギャップがあります。

結合が網の目状に発達している樹脂は加熱しても軟らかくならないということはわかると思います。軟らかくならずに焦げていくだけなんです。ポリエチレンやポリスチレンはすぐに燃えます。溶けてぽたぽたたれていきます。燃えるのと溶けるのとが一緒に起こります。

出来上がった製品の性質で言うと「熱軟化性」があるかどうかです。
「熱可塑性」という名前は「熱軟化性」を利用して成形していくことが出来る、熱を加えて必要な形にしていくことが出来るということから付けられた名前です。融かして型に入れれば欲しい形のものを作ることが出来ます。この樹脂の場合、固まるというのは温度が下がった場合に実現します。温度を上げればまた軟らかくなります。射出成形が可能です。射出装置を暖めておけば固まることはないわけです。
「熱硬化性」の樹脂には出来上がったもので言うと「熱軟化性」はありません。一度型に入れて形を作ってしまうともう熱を加えても軟らかくならないのです。この段階では結合が網目状に発達しています。ところがはじめから結合が網目状に発達していれば型に入れて成形することも出来ないはずです。だからこのタイプの樹脂は反応を二段階で起こさせていることになります。型に入れる前の樹脂は結合がそれほども発達していないのです。熱を加えると軟らかくなります。熱可塑性に近い状態です。型に入れて熱を加えると第2段階の反応が起こります。これで網の目状の結合が出来ます。全体がガッチリと結びついたものになりますのでもう熱を加えても軟らかくなりません。「熱硬化性」という名前は成形の時に熱を加えて結合を発達させて固くするということから付いた名前です。射出成形できないのは射出のパイプの途中で硬化が始まってしまうとどうしようもなくなるからです。

長く書きましたがこれが全て鎖状の結合か網目状の結合かの違いから出てくるのです。

二重結合への付加が起こる重合では鎖が出来ますので全て熱可塑性の樹脂になります。ナイロンのようなアミド繊維、ペットのようなポリエステルも鎖になりますから熱可塑性です。フェノール樹脂や尿素樹脂では結合する場所が3つ以上ありますので網の目状の結合が出来ます。熱硬化性の樹脂です。フェノール樹脂や尿素樹脂は縮合重合です。アミドもエステルも縮合ですので縮合重合による樹脂が全て熱硬化性であるとは限りません。
フェノール樹脂の場合、フェノールとホルマリンでまず鎖状のものを作っておいて出荷します。それを型に入れて加熱して網の目を発達させます。(新たに反応物質を追加してやる必要もあるかもしれませんが私には分かりません。)

でも素朴に考えて、「熱に強いか、弱いか」は重要な分かりやすい性質ではないでしょうか。それが用途、成型方法、コスト、リサイクルの全てに関係してくるとなればなおさらです。結合を知らなくても熱可塑性という分類が分かればそれでかなりの対応が決まります。
かつてはプラスティックスは安物の代用品というイメージでした。繊維でも化繊といえば安物というイメージでした。今の衣料はほとんどが合成繊維です。家の中にあるものもどんどんプラスティックスに変わってきています。以前から使われているものを越えるものが多くなっています。全て性質と用途なんです。新しい性質を持ったものが開発されて新しい用途が開ける、またはある用途にあった性質を持つ新しいものが開発されるという流れになっています。素材は同じなのに繊維の太さを変えるだけで全く別のものという印象のものもあります。
熱硬化性、熱可塑性の他にもいろんな性質があります。それはもう、手に負えないという感じです。でもそれはもう、個性のようなものです。個々の用途に応じて選んでいくことになります。

「二重結合が残っていると酸化されやすい」というのは確かです。でも二重結合が残っている樹脂にはどんなものがあるのでしょう。ゴムには残っていますが普通の付加重合性の樹脂には残っていません。ベンゼン環の付いたものもありますが鎖式の二重結合とは違います。
スーパーのレジ袋を日向に置いておくとぽろぼろになります。光で結合が切れていくわけですから耐光性に関係があります。耐候性に近いです。レジ袋はポリエチレンですから2重結合は残っていません。色によっても違いがありそうです。色は着色剤によるものです。柔軟剤も入っているでしょう。難しいと思います。

「熱可塑性」「熱硬化性」という言葉にも難しい面があります。性質そのものから付けられた名前ではないのです。その性質の結果を利用して成形していくときの方法の違いから付けた名前なのです。ちょっとギャップがあります。

結合が網の目状に発達している樹脂は加熱しても軟らかくならないということはわかると思います。軟らかくならずに焦げていくだけなんです。ポリエチレンやポリスチレンはすぐに燃えます。溶けてぽたぽたたれていきます。燃えるのと溶けるのとが一緒に起こります。

出来上がった製品...続きを読む

Q鉄粉除去シャンプーと粘土について

ワックスをかける前の下処理段階で鉄粉除去しますよね。
順序としては水洗い→鉄粉除去シャンプー→粘土→ワックスでしょうか。
上記ですとシャンプーと粘土が同じ作業をしているのではないかと思います。
鉄粉除去シャンプーすれば粘土は必要ないのでしょうか。それともシャンプーを削って粘土のみの方が良いのでしょうか。

というか鉄粉除去シャンプーで塗膜に刺さった鉄粉をホントに除去できているのでしょうか。

Aベストアンサー

鉄粉除去シャンプーは 化学薬品ですので あまり回数使わないようにすべきだと 考えます。
刺さった部分の鉄粉を外す効果は薄いと考えます。
擦り取る粘土に吸着させる 粘土が優位でしょう
何でも擦り取るという行為が 除去という面で優位ではと思います。

自分なら 水洗い⇒シャンプー洗車⇒粘土⇒水拭き取り⇒ 乾拭き⇒ WAXですね

#1さんを否定する訳では有りませんが コンパウンドで磨かなくても 乾拭きで 粘土の曇りは取れます
コンパウントは 研磨剤ですので やたらには使いません しいて使うなら シュアラスターのスピリットという WAX成分を溶かし落とす物を使います。

鉄粉除去も WAXごとにやる必要が有るのか?
WAXは月1~2回行いますが
鉄粉除去は2~3ヶ月に1回位で良いのでは?
粘土に吸着され練りこまれた鉄粉で 傷付かないかも心配で つい早めに粘土を捨ててしまいます。 

Q熱硬化性樹脂2

不可解な現象が起きて困っています。

熱硬化性樹脂を硬化させた後、常温に戻し、その後
熱処理という作業を繰り返すと線膨張係数は
変化しますか?

Aベストアンサー

No1です。
熱の本質は分子の振動です(それはいいですね?)。
外部から熱を与えられると、分子は激しく運動するようになり、分子1個が占有する体積が増加します。これを巨視的に見ると、「熱膨張」という挙動になります。

さて、気体の場合、与えた熱はほとんどそのまま分子の運動になりますので、非常に大きな熱膨張を示します。液体は分子間の相互作用を受けるため、気体ほどは膨張しません。固体は分子同士が強い相互作用(各種の結合)を受けているので、分子の運動が抑制され、巨視的な熱膨張が起こりにくくなります。

架橋密度が高くなると、分子の運動は抑制される方向に寄与しますので、熱を加えても膨張しにくくなります。

Q入れ墨除去とレーザー脱毛機について

私は足首に数センチの入れ墨が入っているのですが除去しようと考えています。

入れ墨除去は高額なのでできるなら自分で除去できないものか考えています。

病院での除去方法にヤグレーザーがありますがこれが皮膚の中の色素を取り除いていくものらしいです。

脱毛機イーモを持っているのですがこれは何レーザーだかはわからないのですが用途は違いますが色素に働きかけるようなので、入れ墨除去に使えないかと考えています。

全く知識がないので、レーザー等に詳しい方がいましたらおしえて
もらえませんか?


また、入れ墨除去の経験がある方の意見等、何か役立ちそうなことがありましたらご意見 お願いします。


22

Aベストアンサー

表面0.数ミリしか届かないレーザーで 皮膚第3層までしみこんだ色素を焼ききれるはずがありません。

あなたのやろうとしてることは、爪楊枝1本で10数メートルの穴を掘れますか?と聞いているのと同じです。

Q熱硬化性樹脂の特性

熱硬化性樹脂(高分子)を規定の温度、時間を掛け硬化させた後
オーブンから樹脂を取り出し、冷まします。
その後、再度オーブンの中へ入れると(温度はガラス転移点以下)樹脂は結晶化するものですか?
樹脂の物性はどのように変化するんですか?
それとも、変化しませんか?

Aベストアンサー

熱硬化性樹脂は結晶化しません。
ナイロンなどの結晶性高分子は、分子が鎖状であるため、ある部分で配列が規則的にそろい、結晶化します。

しかし、熱硬化性樹脂は分子が立体網目状(ジャングルジム状)になっていますので、結晶化することはありません。結晶化は、熱可塑性プラスチックに限られます。

で、一度硬化した熱硬化性樹脂をTg付近まで加熱すると、以下のことが起こります。
○柔らかくなる。
○柔らかくなったため、最初の硬化反応のときの局部的な残留応力が除去される(アニーリングと言います)。
○残留硬化剤や残留モノマーの反応が進み、架橋密度が増加する。

で、これを室温にもどすと、冷えて固くなります。すると、元よりも架橋密度が高くなっているので、1次硬化直後よりも固さや弾性率が増加しています。

そんなわけで、分子構造が変わりますので、物性も少しずつ変化しますね。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報