市民税・県民税の支払いで、質問です。
(これは、同棲している彼のことなんですが)


彼の実家に市民税・県民税納税通知書が送られてきました。

これは、自分で支払うものですか?
社員になったら、給料から、
市民税・県民税も天引きされているのでは?

自分で払う事は特に問題ないんですが、
二重に支払うことになったら家計が苦しいので。。


---------------------------------------------------------
現状をご説明します。

彼は、今年(平成18年)3月から、社員として働き始め現在も継続中です。
この会社はアルバイトとして、5年間働いていた会社です。

4月に支払われた給料明細を確認しましたが、
市民税・県民税の天引きは、されていないようです。

その後、5月分からの給料明細はもらっておらず、
会社に請求をしましたが、
一向にもらえる様子がありません。

彼曰く、
「会社の引っ越しでバタバタしているから、
給料明細がもらえるか分からない」
と、意味の分からないことを言っています。
---------------------------------------------------------


まず、彼の会社に、税金についての確認をしないと
いけないのは、分かっています。

その前に予備知識をください。
何せ、給料明細も出さないようないい加減な会社ですから。


●まず、このケースの場合、
 市民税・県民税は、自分で払うものですか?
 それとも給料から天引きされるものですか?

●給料から天引きされる場合、
 こちらとしては、どのような手続きをすればいいのでしょうか?
 必要な書類等はありますか?

(●社員なのに給料明細が出ないって問題ないのでしょうか?)

●その他、注意事項等がありましたら、教えて下さい。


第一期の支払い期限が、
6月30日と書いてありまして、
正直、ちょっと焦っています。

よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

 こんちには。



○「特別徴収」と「普通徴収」

・住民税(市民税・県民税)の納付方法には、「特別徴収」と「普通徴収」があります。

・「特別徴収」とは、会社が天引きして変わって支払ってくれる方法で、「普通徴収」とは役所から来る納付書に基づき自分で支払う方法です。

・と言うことで、彼の今の会社の扱いは「普通徴収」になっていると言うことですね。理由は、ANo.2さんの書かれているとおりだと思います。

・通常、事業者は特別徴収するものですが、されないところもあります。ですから、まずは彼の会社が「特別徴収」をしているのかどうか確認された方が良いと思います。
 もしされていないようでしたらその納付書で支払うしかないですし、されているようでしたら今からでも「特別徴収」に切り替えてもらえばよいです。6月30日の納期に間に合うか心配ですが…

○注意点

・これは市町村にもよるのですが、一度でも「普通徴収」で支払うと、その年は途中で「特別徴収」に出来ない市町村があります。そういう扱いをしている市町村の場合は、納期までに切り替えが間に合わないと、その年は「普通徴収」出払わないと仕様がないです。
 もし切り替えが出来る市町村でしたら、とりあえず1期だけ「普通徴収」で支払われ、それ以降を「特別徴収」にしてもらわれれば良いかと思います。
 このあたりは、お住まいの市町村の住民税の担当部署にお聞きになってください。

○なお、二重に請求が来ることはまずないと思いますし、もし間違えて二重に来て支払われていれば、還付してくれます。
    • good
    • 0

>彼の実家に市民税・県民税納税通知書が送られてきました。


これが届いたと言うことは、彼の会社は彼について特別徴収(給与から天引きする方法)の届けを役所に出していません。

>これは、自分で支払うものですか?
そうです。

>社員になったら、給料から、市民税・県民税も天引きされているのでは?
単純にそういうものではありません。

基本的には1/1の時点で社員であれば給与支払い報告書に特別徴収の届けを出しますので、4~5月には会社の方に特別徴収の通知があり、会社が天引きすることになります。
しかし、ご諮問では1/1の時点では社員ではなかったことから、会社はあくまでアルバイトとして考えていて、特別徴収の届けは出していないのでしょう。

もし給与天引きを希望するのであれば、その納税通知書を会社の総務に提出して、特別徴収に切り替えてもらう(会社から役所に切り替えの通知を出す)ことも出来ます。
ただばたばたしているようなので、そのまま普通徴収でその納税通知書で支払ってしまった方がよいと思いますけど。

つまり今年度分は普通徴収で、会社からの天引きはなく、来年度から特別徴収ということです。
来年1/1に社員であれば、給与支払い報告書でも特別徴収の届けを出すと思いますから。
    • good
    • 0

会社によって違います。


所得税はまず100%天引きですが、住民税は一部の会社
では徴収せず各自で納税させています。
4月の明細から天引きされていないところをみると、彼の
会社では住民税の天引き(特徴)をしていないのではない
でしょうか。
一応、会社に確認のうえお支払いください。
    • good
    • 2

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q今まで来なかったのに突然市民税の請求が来た!

今年の2月の話なのですがあの時は、納期限が迫っていたので特に考えもせずに納付してしまいましたが
昨年6月から今年5月分迄の(確かこの一年間分だったと思います)市民税・県民税と言う納付書が突然届いたのです
思い当たる事と言えば、去年10月に三年間働いていた会社を辞めてます。だから給料から
取れなかった分が、納付書として来たのかな?と思ったのですが、
去年11月から、また別の会社で働き始めたにも関わらず今年の7月ごろに又、
平成19年度の市民税・県民税の納付書が届いたんです;
しかもこれは、2月に届いた納付金額よりも倍近くの請求額でした。

市民税の事が今イチ、理解出来ないのですが、
普通、市民税と言うのは、給料から差し引かれるものなんでしょうか?
税に関する知識が全くないので教えてください・・・・

Aベストアンサー

一般には、事業所・事務所等(給与支払者)が従業員等が納めるべき住民税額を
毎月の給与の支払時に徴収し、その徴収した税金を市町村に納入しています。
この仕組みを特別徴収といいます。

会社など給与支払者は、従業員の1年間の給与支払い報告書を所轄の市区町村
に提出します。 市区町村では、毎年1月31日までに提出された前年分の給与
所得から、その市区町村の市県民税(住民税)を計算され、会社など給与支払者
に従業員等(納税義務者)の「特別徴収税額の通知書」が毎年5月31日までに
送付されます。

普通徴収の個人が支払う住民税は、納期が原則として4期であるのに対して、
会社など給与支払い者が徴収する特別徴収の住民税は12期なので、従業員等
(納税義務者)の1期あたりの負担が少なくて済みます。

上記に述べたように、住民税は所得税と違って、前年度分の給与所得から計算
されますから、住民税の納付は1年遅れで納税しなくてはなりません。

質問者様の疑問を要約しますと、

1) 18年10月・・・3年間勤務したA社を退職。
2) 18年11月・・・B社に入社、現在に至る。
3) 19年2月・・・18年の6月から19年5月分までの住民税の納付書が届き支
         払った。
4) 19年7月・・・19年度分の住民税の納付書が届いた。

1)の18年10月にA社を退職された時点で、A社はあなたの18年(実際は17年分の
住民税)の10月までの特別徴収を、11月分から普通徴収にした旨をあなたの所轄
の市区町村へ報告したもよう。
従って、17年分の残りの11月分~18年5月分の納付書が届いたと思われます。
これに付いては、3) の支払った納付書を、今一度ご確認されてみてください。

4) 今年の7月に届いた19年度分の住民税の納付書は、18年分の住民税と思われ
ます。 これに付いては、A社での18年10月までの給与所得分~B社の11月と
12月分の合計の住民税が届いたものと考えられます。
B社に入社してから、現在までB社による住民税の特別徴収(給与から天引き)
はなかったでしょう。

19年の給与所得に対する住民税は、B社によって20年の6月から特別徴収により
給与から引かれると思います。

一般には、事業所・事務所等(給与支払者)が従業員等が納めるべき住民税額を
毎月の給与の支払時に徴収し、その徴収した税金を市町村に納入しています。
この仕組みを特別徴収といいます。

会社など給与支払者は、従業員の1年間の給与支払い報告書を所轄の市区町村
に提出します。 市区町村では、毎年1月31日までに提出された前年分の給与
所得から、その市区町村の市県民税(住民税)を計算され、会社など給与支払者
に従業員等(納税義務者)の「特別徴収税額の通知書」が毎年5月31日までに
送付され...続きを読む

Qどうして給与から住民税が引かれてないのか

区民税・都民税の納付書が送られてきて給与明細を見直したら住民税が引かれていない。

引かれてなければこれが送られて来るのは分かるんですけど
最近会社を変わりましたが正社員なのに給与から住民税が
引かれてないのが何故なのか分からないんです。

以前、正社員の時は何も言わなくても給与から引かれてたので当然引かれてると思ってました。
明細書の住民税の欄が空欄で、経理の人がどうして住民税を引いてない事に触れないのか・・・。

住民税を引いてくださいって会社に頼むのが普通なんでしょうか?

Aベストアンサー

住民税(区民税・都民税)は前年課税と言って、その年の収入に対して翌年の6月から翌々年の5月までに掛けて支払うようになります。
つまり平成21年の収入に対して平成22年の6月から平成23年の5月までに掛けて支払うようになります。
そして今度は平成22年の収入に対して平成23年の6月から平成24年の5月までに掛けて支払うようになります

>区民税・都民税の納付書が送られてきて

これが来たということです。

>最近会社を変わりましたが正社員なのに給与から住民税が
引かれてないのが何故なのか分からないんです。

また住民税と言うのは1年が終わると会社が給与支払報告書と言うものをそれぞれの市区町村の役所に送ります、それを基に役所は住民税を計算して会社に返送してそれに従って6月から天引きをするようになるのです。
ですから質問者の方の前職の会社も平成22年が終わった時点で給与支払報告書を質問者の方の住んでいる市区町村の役所に送り、役所は住民税を計算して前職の会社に返送してそれに従って6月から天引きをするようになるはずだったのですが、質問者の方は退職してしまったので会社へは送れないわけです。
また誰でも一々どこへ転職したかを役所に届けたりしません、ですから納税通知書と言う形で自宅に送られてきたと言うことです。

>以前、正社員の時は何も言わなくても給与から引かれてたので当然引かれてると思ってました。
明細書の住民税の欄が空欄で、経理の人がどうして住民税を引いてない事に触れないのか・・・。

これを今までのように天引きにするためにはその納税通知書を会社に持っていって担当者の人に天引きにするよう頼んでください、そうすれば会社は「給与支払報告に係る給与所得者異動届出書」というものを役所に提出して天引きに切り替えることが出来るのです。

住民税(区民税・都民税)は前年課税と言って、その年の収入に対して翌年の6月から翌々年の5月までに掛けて支払うようになります。
つまり平成21年の収入に対して平成22年の6月から平成23年の5月までに掛けて支払うようになります。
そして今度は平成22年の収入に対して平成23年の6月から平成24年の5月までに掛けて支払うようになります

>区民税・都民税の納付書が送られてきて

これが来たということです。

>最近会社を変わりましたが正社員なのに給与から住民税が
引かれてないのが何故な...続きを読む

Q再就職して、住民税の納付書が送られてきました

4月20日付けで前職を退職し、先月の5/27日から今の職場に勤務しています。

前職を退職する時に、四月分の給料から、4月と5月の住民税を二ヶ月天引きさせてもらう、というお話があり、とりあえず、5月までは支払い済みです。

そして、今日、区役所の方から、冊子の住民税の納付書が届きました。

住民税は、給料から天引きされると思うのですが、送られた納付書はどうしたらいいのでしょうか?

Aベストアンサー

>住民税は、給料から天引きされると思うのですが、送られた納付書はどうしたらいいのでしょうか?
 ・再就職先の給与からは住民税は天引きされません、天引きがされる様になるのは来年の6月からになります
 ・市役所は前職を退職された事は知っています(前職の会社から連絡が行っているので)が、再就職した事は知りませんので
  貴方宛に住民税の納付書を送付しました
・対応は
  そのまま納付書で支払う
  会社のその納付書を提出して、給与天引きの手続きをして貰う
  (会社が対応してくれれば給与天引きになりますし、してくれなければそのまま納付書で支払う事になります)

Q市民税・県民税申告書が初めて来ました

教えてgoo内でも検索してみたのですが、税金のことをまったくわかってないため、難しくて理解できなかったので、どうか簡単に説明お願いしますm(__)m

私は、ずっとフリーターで、今もフリーターなのですが、社員と同じくらいの時間で働いています。
今月から会社のほうでアルバイトでも雇用保険・社会保険などに入ることになり、所得税も取られるようになりました。(今までは月10万を超えても取られていませんでした)そしたら今日の郵便で市役所から”平成15年度市民税・県民税申告書”というのが届いたんです。

それには氏名・住所などの基本情報&所得、控除などの項目が書き入れるようになっていて、何月何日の何時に市役所まで持ってきてくださいというふうに書いてあります。
今までこんなハガキは来たことなかったので、たぶん社会保険やなんかに入ったことに関係してるのだと思うのですが・・社会保険のことなどについては会社が全部やってくれましたが、この市民税・県民税の手続きは自分でやらなくてはいけないものなのでしょうか?
もし自分でやるなら”所得”の欄にはいつからいつまでの収入を記入すればいいのか、控除の欄でも書き込めるところがあるのか・・とにかく書き方もわからないのです。
どうすればいいのか教えて下さい。お願いします。

教えてgoo内でも検索してみたのですが、税金のことをまったくわかってないため、難しくて理解できなかったので、どうか簡単に説明お願いしますm(__)m

私は、ずっとフリーターで、今もフリーターなのですが、社員と同じくらいの時間で働いています。
今月から会社のほうでアルバイトでも雇用保険・社会保険などに入ることになり、所得税も取られるようになりました。(今までは月10万を超えても取られていませんでした)そしたら今日の郵便で市役所から”平成15年度市民税・県民税申告書”というのが届い...続きを読む

Aベストアンサー

市県民税(住民税)は、前年の所得に対して課税されます。
従って、平成15年度市民税・県民税申告書に記入するのは、平成14年の1月から12月までの収入です。
この収入を基に所得や市県民税の計算をします。

通常、給与所得者の場合は、勤務先の会社で1年間の給料の額を、翌年の1月に市に報告をして、市で税額を計算して、会社へ通知が来て、毎月の給料から控除する特別徴収という方法で納税します。

会社から報告をしない場合は、本人が自分で翌年の3月15日までに申告をする必要が有ります。
この申告をしてなかったために、申告書の用紙が送られて来たのです。

市役所へ、前年の収入が判る書類(給与明細や源泉徴収票)と申告書の用紙・印鑑を持参すれば、市の係員から書き方を教えてもらえます。
給与明細や源泉徴収票がない場合は、会社に云えば発行してもらえます。

なお、今回社会保険(健康保険と厚生年金)に加入したために、申告書の用紙が送られて来たわけではありません。
たまたま、時期が同じになっただけです。

なお、今まで国民健康保険に加入している場合は、社会保険に加入して健康保険証を貰ったら、健康保険証を市の国保の窓口へ持参して、国保の脱退の手続きをすれば、国保の保険料の支払の必要がありません。
国民年金についても、今後は支払う必要がありません。

市県民税(住民税)は、前年の所得に対して課税されます。
従って、平成15年度市民税・県民税申告書に記入するのは、平成14年の1月から12月までの収入です。
この収入を基に所得や市県民税の計算をします。

通常、給与所得者の場合は、勤務先の会社で1年間の給料の額を、翌年の1月に市に報告をして、市で税額を計算して、会社へ通知が来て、毎月の給料から控除する特別徴収という方法で納税します。

会社から報告をしない場合は、本人が自分で翌年の3月15日までに申告をする必要が有ります。
...続きを読む

Q住民税は、およそでいいのでいくらなのか教えて下さい

閲覧ありがとうございます。

住民税について質問があります。

私は今まで住民税払ったことがないです。30代後半まで。

今まで親の扶養に入っていたから?だと思うのですが、
世帯分離して国民健康保険に加入したのですが

住民税は発生するのでしょうか?

最近、国保に加入して、どれくらい出費があるのか、考えていたら

年金と健康保険とあと住民税かな?と思いまして
ですが住民税っていくらなのかパッとしないので、
ネットであちらこちらと閲覧してみたところ、
個人差があり年間10万払ってる人と30万払ってる人がいるようです。

国民年金が全国一律15240円だったと思います、年間約18万円
国民健康保険が私の市だと、月16000円くらいで、年間約19万円

この2つだけで年間37万円も払わなければならないです。

住民税というのが、いくらかかるのか全くわからず
ネット上では年間10万以上は払うように書かれているのですが

ということは、年金、健康保険、住民税を合計すると年間50万以上
必要のように思えてしまうのですが、これは本当なのでしょうか?

私は年収200~230万位で 
年金は銀行引き落とし、健康保険は払い込み用紙で毎月払う形
住民税は毎月払うのでしょうか?

毎月払えれは、楽なのかと思いきや、年収200万くらいで
年間10万~30万 高い人は50万くらいだそうなんですけど

自由になるお金減りすぎますよね。

あと40歳になると、介護保険料 というのが発生するみたいなんですが・・

年収からこれらを全部引いてしまうと、手取り150万くらいになってしまうのですが
こんなんで、ひとり暮らしは可能なのでしょうか?

月の収入で見ると

月給 180,000円
年金  -15,000円くらい
健康保険-16,000円くらい
所得税 -7000円くらい
住民税 -???円(仮に10,000円として)
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄手取り 132,000円 

醜い数値が出ました。

ひとり暮らしをしたら

知人の話では家賃4万円で光熱費いれるとトータル6万円くらいだそうです。
食費が、節約を常に考えても、1日1000円でも月3万円
この時点ですでに9万円です。 
残りは42000円、これで生活できるのでしょうか・・

閲覧ありがとうございます。

住民税について質問があります。

私は今まで住民税払ったことがないです。30代後半まで。

今まで親の扶養に入っていたから?だと思うのですが、
世帯分離して国民健康保険に加入したのですが

住民税は発生するのでしょうか?

最近、国保に加入して、どれくらい出費があるのか、考えていたら

年金と健康保険とあと住民税かな?と思いまして
ですが住民税っていくらなのかパッとしないので、
ネットであちらこちらと閲覧してみたところ、
個人差があり年間10万払ってる人と30万払...続きを読む

Aベストアンサー

年収210万円とした場合の住民税
住民税は「所得割」と「均等割」の2つの課税があります。
所得割
1360000円(所得)-370000円(社会保険料控除)-330000円(基礎控除)=660000円(課税所得)
660000円(課税所得)×10%(税率)=66000円
これに、均等割5000円がプラスされ71000円が税額です。
なお、給与所得の場合、「収入」から「給与所得控除(年収によってきまります)」を引いた額を「所得」といいます。

71000円÷12=5900円/月
が、毎月の給料から天引きされます。

なお、所得税は7000円も引かれません。
4000円くらいですし、最終的には引かれた所得税の一部が年末調整で還付されます。
年末調整のとき、1年間に払った年金と国保の保険料申告することを忘れないですることです。

Q県民税・市民税について

税金に対して全く無知なので、教えてください。

私は今まで正社員で働いていて、その間は県民税・市民税は自分で振り込みしていました。
(お給料からの天引きではなかったので)
去年仕事を辞め、今年の1月1日から旦那の扶養に入っています。

旦那の扶養に入っている場合でも、県民税・市民税は自分で払うのでしょうか?
こないだ振込み用紙がきました。
旦那のお給料から、県民税・市民税が天引きされているので、私の分も一緒に天引きされてると思っていました。
扶養に入っていても、一緒に天引きはされないものなんでしょうか?

また、県民税・市民税はその人の所得で計算されてるのでしょうか?
所得が全く無い人でも払わなきゃいけないものなのでしょうか?
私は現在働いてないので、収入はゼロです。
なのに払わなきゃいけないんだー…って感じなのですが。

無知すぎて恥ずかしいのですが、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

住民税は、その年の1月~12月の収入に対する税額を、翌年6月から翌々年5月までの期間に、支払います。

現在の例で考えると、平成19年の収入に対する住民税を、今年(平成20年)6月から来年(平成21年)5月までの期間に、支払います。
ただし、納付書による支払いの場合は、通常は「最初に一括払い」か「4回払い」で、4回目の支払い期限はだいたい1月末なので、5月まではかかりませんが。

つまり、今月から、平成19年の収入に対する住民税の支払い期間が始まったわけです。
くどいようですが、あくまでも「平成19年の収入に対する住民税」なので、現状が無収入かどうかは関係ありません。平成19年に、住民税が課税される収入があった人は、現在は所得が全くない人でも、払わなきゃいけないのです。

また、税金というのは、1人1人に対して計算され、1人1人に対して請求するので、扶養に入っている(=税金上、配偶者控除の対象になっているとか、健康保険で扶養家族欄に名前が書いてあるとか、国民年金の種別が第3号になっているとか)という状態でも、だからと言って夫に請求が行って、夫の給与から天引きされることはありません。
ちなみに、健康保険や国民年金は、払っていないと思われますが、これは「夫の給与から、自分の分も天引きされている」のではなく、質問者さんの保険料が0円なので、自己負担額が無いだけです。

ということで。
送られた納付書の通りに、住民税を支払いましょう。
ご主人の給与から天引きしてもらうのは、不可能です。(ただし、ご主人にお金を出してもらうのは、もちろん問題ありません)
平成20年に所得がなければ、来年の6月に納付書が送付されることはありません。また、もし再就職した場合も、住民税の負担が発生する程度の所得を得た年の、次の5月までは、住民税の給与天引き/納付書の送付はありません。

住民税は、その年の1月~12月の収入に対する税額を、翌年6月から翌々年5月までの期間に、支払います。

現在の例で考えると、平成19年の収入に対する住民税を、今年(平成20年)6月から来年(平成21年)5月までの期間に、支払います。
ただし、納付書による支払いの場合は、通常は「最初に一括払い」か「4回払い」で、4回目の支払い期限はだいたい1月末なので、5月まではかかりませんが。

つまり、今月から、平成19年の収入に対する住民税の支払い期間が始まったわけです。
くどいよう...続きを読む

Q市民税・県民税納税通知書が届きました

今年の3月で退職し、4月の下旬から働いています。(共に派遣)

市民税・県民税納税通知書が届きました。
しかも、10万円ぐらいの額です。
昨年は会社の方で住民税が毎月引かれていました。(4千円ぐらい)

税金について無知でお恥ずかしいのですが、住民税と市民税・県民税
は別な物なのでしょうか?
今回来たものはやはり払わなくてはいけないのでしょうか?
宜しくおねがいします。

Aベストアンサー

お礼部分読みました。
すでに方法は出ていますが、こういうことです(来年の5月までに払う)
http://www.jinzai-bank.net/edit/info.cfm/av/031/

新しい仕事先に相談すれば適切に対処してくれるでしょう。分割払い(天引き)は可能です。

Q納付書が送られてこない

都民税、区民税についてお聞きします。
税金の納付書が自宅に送られてきません。
どのような事が考えられますか????
社会保険に加入済みです。

昨年3月、新しい派遣先に変わりました。
その前のほぼ一年は未収入です。
都民税の納付書が送られてこないので、納付していません。

今、同じ派遣先で一年間働き続けています。
まだ、税金の納付書が送られてきません。

同じ派遣の人は都民ではありませんが、市民税の納付書が届いたと言っていました。

昨年分を払っていない事に不安を感じているのですが、このままで良いのでしょうか?
もう少し待てば、納付書は送られてくるのでしょうか?

Aベストアンサー

 こんにちは。

 住民税の納付方法には,「特別徴収」と「普通徴収」があります。「特別徴収」とは給与天引き,「普通徴収」とは納付書による納付です。
 納付書が来るのを待っておられるようですので,「普通徴収」の対象になっておられるものとして,以下,書かせて頂きます。

---------------
>税金の納付書が自宅に送られてきません。どのような事が考えられますか????

・前年の収入が少ないため非課税である。
・前年に課税されるだけの収入はあったが,会社が自治体に給与支払い報告をしておらず,またkoike333さんも確定申告をしておられない。つまり,どこからも申告していないので課税できない。
・5月末が住民税の当初課税の期限ですから,もうすぐ来る。(自治体によって納付書の来る時期が多少違います。)

などが考えられます。

>社会保険に加入済みです。

これは,特に関係はないです。

>昨年3月、新しい派遣先に変わりました。その前のほぼ一年は未収入です。都民税の納付書が送られてこないので、納付していません。

・住民税は,前年の収入に課税されますので,一昨年に課税されるだけの収入がなかった場合は,昨年は非課税であったものと思われます。

>今、同じ派遣先で一年間働き続けています。まだ、税金の納付書が送られてきません。同じ派遣の人は都民ではありませんが、市民税の納付書が届いたと言っていました。

・一概には言えませんが,人口の少ない自治体ほど早く処理(住民税の計算)ができますから,早く納付書が来ます。

>昨年分を払っていない事に不安を感じているのですが、このままで良いのでしょうか?

・上記のとおり,一昨年は収入が少なかったようですので,昨年は住民税が非課税だったのではないでしょうか。

・具体的には,自治体によりますが,年収100万円(もう少し基準額が低い自治体もあります)以下ですと,多くの自治体では住民税は非課税です。平成18年1月1日から平成18年12月31日の収入が100万円以下ですと,平成19年度は住民税は非課税です。

>もう少し待てば、納付書は送られてくるのでしょうか?

・平成19年1月1日から平成19年12月31日の収入が100万円以上ですと課税されますから,そろそろ来ると思います。

---------------
 念のためなのですが,派遣先は給与支払い時にkoike333さんのお住まいの自治体に給与支払い報告はしてくれているんですよね?
 してくれない場合は,koike333さん自身で確定申告をしないと住民税が計算できません…

 補足が必要でしたらどうぞ。

 こんにちは。

 住民税の納付方法には,「特別徴収」と「普通徴収」があります。「特別徴収」とは給与天引き,「普通徴収」とは納付書による納付です。
 納付書が来るのを待っておられるようですので,「普通徴収」の対象になっておられるものとして,以下,書かせて頂きます。

---------------
>税金の納付書が自宅に送られてきません。どのような事が考えられますか????

・前年の収入が少ないため非課税である。
・前年に課税されるだけの収入はあったが,会社が自治体に給与支払い報告をし...続きを読む

Q住民税の納税通知書が届かない。

住民税の納税通知書が6月27日現在届きません。
区役所に確認したところ、「支払に該当していません。」との事。
非課税の場合は前年度の収入が35万と聞きましたが、源泉徴収表を確認したところ給与収入が233万円程でした。
明らかに違っていますよね?

会社が報告していないのかどうか、聞きづらいので自分で調べて出来ればと思います。
もし、このままほっておくとどうなるのでしょうか?

ちなみに給与から天引きはされていません。

Aベストアンサー

まさか3人も扶養に入れているなどというオチは無いでしょうね?

Q正社員も住民税を払うんですか?

平成16年3月~平成17年3月まで正社員として働いていました。
平成17年3月~転職し、そこでも正社員として働いています。平成17年6月に引越しをし、(それまで実家暮らしで扶養からは外れていたかと思います)前の住所の管轄役所から、区民税納付書が送られてきました。一番早い納付期限は8月末で、12月まで払うようです。
役所に問い合わせ、無職の期間がなかったことを伝えたら、8月末が期限のものだけ払えば良いと言われました。
後日、役所から電話がきて、その案内は間違えで、全て払わなければいけないと言われました。
何が何だか分かりません。無職の期間がないのに、何で??住民税って、会社から引き落とされるものじゃないんですか。会社によって違うのでしょうか。
役所の対応も信用できないし、教えてください!!

Aベストアンサー

会社によって違うのではなく、個人の事情によって違います。
会社員が全員、「自動的に」給与天引きになるわけではありません。

まず住民税の支払い時期ですが、平成16年1月~12月までの所得に対する住民税を、平成17年6月~平成18年5月までの期間に支払います。
支払い先は、平成17年1月1日現在の所在地です。

ですから、平成17年6月に引っ越したのなら、1月1日現在は転居前(ご実家?)から住民税の納付書が来ることになります。

さて、無職の期間が無いのに、なぜ給与天引きになってないのか。
平成16年12月までの所得は、転職前の会社が年末調整して、しかるべき部署に報告されていると思われます。
ところが、住民税の金額をその会社に通知しようとしたら、もう辞めていたので、本人に通知したということです。
(転職先に自動的に通知するわけではない)

また、確定申告をすると、住民税の支払い方って、「普通徴収」「特別徴収」のどちらかを選ぶことになってます。
会社員が、給与天引きで住民税を支払うのは、特別徴収なんです。会社員にとっては、給与天引きで住民税を支払うのが普通って気になっちゃうと、給与天引きしてもらいたい場合「普通徴収」に丸つけたくなるけど、違うんです。

会社から給与天引きで支払いたい場合は、会社にその納付書を持って行って手続きすると、可能です。

会社によって違うのではなく、個人の事情によって違います。
会社員が全員、「自動的に」給与天引きになるわけではありません。

まず住民税の支払い時期ですが、平成16年1月~12月までの所得に対する住民税を、平成17年6月~平成18年5月までの期間に支払います。
支払い先は、平成17年1月1日現在の所在地です。

ですから、平成17年6月に引っ越したのなら、1月1日現在は転居前(ご実家?)から住民税の納付書が来ることになります。

さて、無職の期間が無いのに、なぜ給与天引きに...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報