現在私(妻)の親が一人で住んでいる親名義の土地&家があります。
その家を取り壊し、そこに私たち子世帯の家を新しく建てる予定です。(親は親名義のマンションに引越します)
土地の名義は親のままで変更するつもりはありません。

現金で建てることが出来るほどの貯蓄はないので、一部住宅ローンを組みたいと思っています。
頭金には私の昔からの貯金も入れるので、家の名義は夫と私の共有名義になりますが、私は現在専業主婦なのでローンの方は夫単独になります。

通常、親名義の土地に子の家を建てる場合、土地の持ち主である親がローンの連帯保証人にならなければならないことがほとんどだと聞いたのですが、親は「土地は勝手に使っていいが連帯保証人にだけはどんなことがあってもなりたくない」と言います。
なので、親が連帯保証人にならずにローンが組める金融機関はないかと探しています。
でもなかなか見つかりません。

親が連帯保証人にならないとローンは組めないものなのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

> いわゆる債務の連帯保証人というのは、債務者本人が返済できなくなった場合にその分を肩代わりしなければならないのは勿論ですが、そうでなくとも、債務者本人と同等に返済の義務を負うものなので、債権者が債務者本人ではなく連帯保証人に返済を求めることも出来るのではないのでしょうか?


> また、土地の名義人が連帯保証人になった場合は、土地だけじゃなく保証人のその他の財産も取られてしまうのでは?(勿論債務の額の範囲内でですが)
> でも、土地に抵当権を設定するという場合は、その土地を債務の担保として提供しますということなので、あくまで債務者本人が返済できなくなった場合のみ、その土地を取られてしまうということで、それとも、「土地担保提供」という場合も、上記「連帯保証人」と同等に返済義務を負うものなのでしょうか?

これはおっしゃるとおりです。
#2の回答で【連帯保証人】と書きましたが、確かにより正確に言うならば【連帯保証人】は正しくないです。
用語としては【物上保証人】です。
おっしゃるとおり、個人として保証人になっていない限り、それ以上、自分の財産に影響が及ぶ心配はありません。
土地以外の財産があってもそちらには影響は及びません。
担保提供した土地を失うだけで、さらに残りの借金があっても責任は及びません。

ですが、抵当権の設定がされていれば、債務者が返済しないときに、債権者はその担保提供された「物」から【優先的】に弁済を受けることができるのです。
特に担保提供がされている「物」が「土地」である場合、建物と合わせて競売にかけます。
その方が確実に債権の回収ができますから。
その際に、担保提供者である【物上保証人】は、「本来の債務者には他に資産があるはず。先にそちらを処分してからにしてくれ。」ということが事実上不可能なのです。
一般の保証人と連帯保証人の大きな違いは、「催告の抗弁権」、「検索の抗弁権」、「分別の利益」がないことです。
「本来の債務者には他に資産があるはず。先にそちらを処分してからでなければ担保に出した土地を持っていくのは許さない。」ということを言えないということは、イコール「検索の抗弁権」がないのと同じなんですよね。
ゆえに、金融機関では、担保提供者はより連帯保証人に近いと捉え、担保提供者は連帯保証人になっていただく-という場合が多いのです。
尤も、別途、金融機関側と担保提供者間で「保証契約」を結ばなければ
、事実上の【連帯保証人】とはなりません。
事実を事実としてとらえるならば、住宅金融公庫やJAは確かに、私の知る範囲では、担保提供者はあくまでも担保提供者にとどまり、連帯保証人となることを求めませんね。

土地名義人との関係が「親子」でなく、かつ、「賃貸借」の場合には抵当権の設定をしなくてもいい場合もありますし(住宅金融公庫融資はこのパターンが設定されています)、「定期借地権」に対する「質権」の設定ですむ場合もありますが、土地名義人が「親」である以上、担保提供は必須条件となっていますね。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

ありがとうございました! とてもよく分かりました!!

>「本来の債務者には他に資産があるはず。先にそちらを処分してからにしてくれ。」ということが事実上不可能

なるほど!です。
確かに取り上げられる財産はその担保提供した土地だけと言う点では連帯保証人とは異なりますが、その範囲内で同等に債務を負う、場合によっては債務者に資産があっても担保提供した土地が優先的に差し押さえられるかもしれないということを考えると、より「連帯保証人に近い」というわけなのですね。

色々調べていて「借地権の譲渡」というものがあったので、同様に借地権だけの抵当設定で融資可能なところがないものかと思っていましたが、土地名義人が親である以上それは無理なのですね。
よく分かりました。

結局、あとは親の返事待ちということになりますね。

本当に詳しいお話ありがとうございました!

お礼日時:2006/06/28 00:48

金融機関に勤務しており、以前、住宅ローンも担当したことがある者です。



> 親が連帯保証人にならないとローンは組めないものなのでしょうか?
はい。
端折って簡単に言えば【抵当権を設定された土地の所有者である「親」は「連帯保証人」】なんです。
#1さんの義父さんも実は「連帯保証人」になっているんです。
#1さん同様、一般の方は、保証機関保証の「保証」と混乱されることが多いんですよ。
「連帯保証人」をたてるか、保証料を払って(フラット35は見た目では保証料も不要ですね)保証機関保証を利用するか-という場合の「連帯保証人」と混同されるのです。
「担保提供者」は「連帯保証人」です。

まず、親(配偶者の親を含む)名義の土地に子の家を建てる場合で「土地は勝手に使っていい」という場合は、土地の使用に関しては「使用貸借」という形になります。
そして、家を建てるにあたって住宅ローンを利用される場合、当該物件である「家(建物)」そのものだけでなく、その「家(建物)」が建っている「土地」にも抵当権を付けさせていただきます。
「使用貸借」の場合、「無償で借りている土地」となりますが、これに対しても抵当権は設定します。

> それはつまりローンが払えなくなったときはその土地ごと競売にかけられるということですよね?
そうです。
土地に対する権利なしには、建物の売却ができませんから。

「使用貸借」の場合、「土地」の名義人はその住宅ローンについて、土地という「担保」を提供する-ということになります。
ですから、親は「担保提供者」として「連帯保証人」になってしまうのです。

> 連帯保証人にだけはどんなことがあってもなりたくない
「土地は勝手に使っていい」ということは、家を建てること自体には問題はない訳ですね。
ですが、
> 土地を取られるのはイヤ
と言われましても、住宅ローンを借りられる以上は抵当権の設定をさせていただきます。
最終的に取られるのがイヤ-というだけのことならば、それはご質問者さまおよび旦那さまの努力次第となりますが、その可能性を一切排除したい(抵当権の設定もイヤという)のならば、残念ながらローンを組むことはできません。

ところで、
> その家を取り壊し、そこに私たち子世帯の家を新しく建てる予定
最近は、取り壊しの費用も結構かかりますよ。
廃材の処分に結構費用がかかるようになりましたから。
その費用(最低で数百万円と聞いています)も見込まれていますか?

ご質問文から、表面的なことのみ回答を差し上げましたが、もし疑問点がありましたら補足なりで追加ください。

この回答への補足

詳しい説明ありがとうございます。

本日、手当たり次第に電話して聞いてみました。
公庫やJA等では連帯保証人にはならなくても良いようですが抵当権は設定する、また銀行の方はどこも連帯保証人になる必要があるとのことでした。

抵当権についても、土地そのものではなく「借地権」に対する抵当で済むところがないかと思ったのですが…
どうもそういうローンは存在しないみたいですね。
幾つかの金融機関で「住宅ローンの場合、全て土地&建物に対して抵当権を設定することになっている」と言われてしまいました(涙)

親にはローンを組む以上は必ず土地を担保提供しないといけない旨伝えましたが、どうも納得がいっていない様子で、しばらく考えると言われました。

それから、ご指摘の解体費用については当然ながら考えております。(ご心配ありがとうございます♪)
業者によっても地域によってもかなり価格には開きがあるようなので、いくつか見積もりをとるつもりでいます。

ところで…
私の感覚では「連帯保証人」と「土地担保提供者」ではかなり大きく違うように思うのですが、そうではないのでしょうか?

いわゆる債務の連帯保証人というのは、債務者本人が返済できなくなった場合にその分を肩代わりしなければならないのは勿論ですが、そうでなくとも、債務者本人と同等に返済の義務を負うものなので、債権者が債務者本人ではなく連帯保証人に返済を求めることも出来るのではないのでしょうか?
また、土地の名義人が連帯保証人になった場合は、土地だけじゃなく保証人のその他の財産も取られてしまうのでは?(勿論債務の額の範囲内でですが)

でも、土地に抵当権を設定するという場合は、その土地を債務の担保として提供しますということなので、あくまで債務者本人が返済できなくなった場合のみ、その土地を取られてしまうということで、土地以外の財産があってもそれには影響は及ばないのではないのでしょうか?
それとも、「土地担保提供」という場合も、上記「連帯保証人」と同等に返済義務を負うものなのでしょうか?

とても重大なことなので、良かったら教えてください。

補足日時:2006/06/26 22:25
    • good
    • 6

我が家は昨年旦那の父親名義の土地に新築しました。


ローンはフラット35です。
いろいろある選択理由のうちのひとつが土地の持ち主である親に連帯保証人になってもらう必要がなく、抵当権の設定だけですむことでした。
ただ、最近は利率が上がってきてますし、利率が決まるのが融資実行時なので、そこらへんがちょっと…なんですよね。
ご参考になれば…。

参考URL:http://www.flat35.com/guide/outline/index.html
    • good
    • 2
この回答へのお礼

早速のお返事ありがとうございます。
抵当権ですか…。

それはつまりローンが払えなくなったときはその土地ごと競売にかけられるということですよね?
うちの親は「土地を取られるのはイヤ」という言い方をしていたので、それすらダメということかな。

もう一度親に「抵当権」についても確認してみないといけないですね。

お礼日時:2006/06/26 01:55

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q更正図が、先祖から伝わる土地の境界と違っている

自分が生まれる前になくなった祖々父が植えた柿の木があり、そこがうちの土地だと幼い頃から言われてきました。

しかし、最近になって、「そこはうちの土地だ」と近所の人に言われ更正図を見せてもらったら、境界線がうちの土地の方向にえぐっている感じでした。

祖父が更正図の承認をしたとのことを聞いたのですが、図面を確認しなかったのか、言われるままにはんこを押してしまったのか、祖父が亡くなる直前まで言っていた境界とは別ものです。

祖母曰く、代々我が家は町内でうとんじられてきて、
すぐ裏に川が引かれる時に用地買収をしてもらえなかったそうです。

また、「土地」について言ってきた近所の人は、
役場関係の親、親戚があり、境界線を自由にいじってきたとのうわさがあります。

そんな人に、
「勝手に土地を使っておいて」
と最近、因縁をつけられ始めています。
最悪「賠償」を求められかねません。

先祖代々の土地を取り戻すことはできるでしょうか?

Aベストアンサー

>・・・・はんこを押してしまったのか・・・・・
柿の木を植えたのは祖々父であっても、はんこを押したのが祖父だって事ですね?
更正図にはんこを押したって事ですか?
更正図にはんこを押すのは、作成に責任を持つ地域の有力者達連名のはずです
祖父はそれほどの有力者だったって事ですか?   大前提としてこの意味は判りますよね?


それはさておき、更正図を管理するのは3者います
1.登記所(法務局)
2.市町村役場の税務課
3.地域の大字(町内会)長

登記所と役場の図面は随時更新されるので、ほぼ同じ形状のハズです
それに対し、地域の大字(町内会)長が管理する更正図は明治時代の作成当初から更新されていないと思います
いずれの図面も外部へ持ち出し禁止なので、コピーするとか鉛筆でトレースをして見比べる事になります
その際は必ず明治時代の和紙図と現在のマイラー図の両方を見て下さい
質問者さん個人にとって難しい作業ならばお近くの土地家屋調査士に相談して下さい  用地測量に明るい測量事務所でもかまいません
過去に更正図の筆界線をいじった事があれば、原図上でその痕跡が判るはずです



質問者さんの事例の地域の詳細が判らないので、こんな事例もあるって程度で読んで下さい
1.【更正図】、その字のように更に正しい図面となります
  数回にわたり書き換えられて、明治24年~28年頃に完成されたとされます
  たとえ筆界形状や位置が間違っていたとしても、公的には正しいものであるとされます
  それゆえ、間違いを正す為に、過去に一定地域全体を書き直した事例もあります、珍しくはありません
  しかしながら今の時代に更正図無効の主張は無理でしょう
2.地すべり地域では、斜面上部にあった樹も土砂と一緒にゆっくり滑り落ちます
  つまり、植えたときは自分の土地だったけれど、今は他人の土地に移動してしまったのです
3.お互いの先祖の時代に、口頭のみで土地のやりとりをし、登記をしなかった  それを孫子に伝えなかった
  田舎ならこんな事は当たり前のようにあります  または借金のかたに土地を取り上げたとか・・・

時効取得もご近所さんが認めない以上はかなり難しいでしょう
今後、ご近所さんに執拗に責められるようであれば、地域の実情に詳しい土地家屋調査士に相談、それでもダメなら弁護士に相談ですね  近所の年寄りにアレコレ聞いて回るのも良いです
土地を時効取得できたとしても、更正図の筆界線を現状に合うように直すには測量と分筆登記が必要となりますよ  安い金額ではできません

ところで、そのご近所さんは老人でしょうか?
歳をとると異常なまでに執着する事がよくあります
若い方と同居しているようならば、老人抜きで話し合うのも事を穏便に且つスムーズに進める手ですよ
必要とあれば、間に世話人を入れることも良いでしょう

>・・・・はんこを押してしまったのか・・・・・
柿の木を植えたのは祖々父であっても、はんこを押したのが祖父だって事ですね?
更正図にはんこを押したって事ですか?
更正図にはんこを押すのは、作成に責任を持つ地域の有力者達連名のはずです
祖父はそれほどの有力者だったって事ですか?   大前提としてこの意味は判りますよね?


それはさておき、更正図を管理するのは3者います
1.登記所(法務局)
2.市町村役場の税務課
3.地域の大字(町内会)長

登記所と役場の図面は随時更新さ...続きを読む

Q住宅の名義は息子(息子名義で住宅ローン返済中)土地名義は父。家を売りたいのですが・・

5年前に築24年の家(実家)白蟻の影響や外壁が剥がれてきたため、1,300万円でリフォームする事にしました。父(当時53歳は)低所得の自営業者(自転車操業で、バカボンのお父さんみたいな働きっぷり)で、銀行から融資を受けることが出来ないので、会社員の私(長男当時24歳)の名義で20年の住宅ローン(頭金100万、月払4万8千円、ボーナス払20万円)を組むことにしました。(当初、親に名前だけ貸すと言っていたが、ローンの支払いは、頭金とボーナス払いは私が払い、月の支払いは親と子で折半)リフォームしてから1年後、私は結婚することになり、家を出て行くことにしました。親に同居を求められましたが、家が狭いのと、母(当時50歳無職)が四六時中家に居るので、妻が(結婚しても仕事で家に居ないため、手癖の悪い母が掃除しながら私達の部屋を荒らす危険が高いので)嫌がるのと、親が(蓄えが無いから)老後(下手したらすぐに)資金面や全てを面倒見て欲しいと言ってきたので家を出ました。家を出てからすぐ、彼氏と同棲していた妹(フリーター)が彼氏と別れて家に帰ってきました。今は父、母(内職を始めました)、妹3人でお金をかき集めてローンを返済している状態です。将来、私はぐうたらな親と同居したくないので、子供が産まれたら実家とは別の場所に新しい家が欲しいのですが、将来の事をよく考えずに住宅ローンを組んでしまったため、今すぐに家が欲しくても買えません。私は家が欲しいので、親に名義を変更するか、家を売って、売ったお金で安いマンション買うとかして、私の勝手なんですがローンを完済して欲しいとお願いしているのですが、聞き入れてはもらえず、お前が実家に帰ってこないなら、父は残りのローン(15年)は、働き続けて払っていくし、働く事が出来なくなれば、年金で払っていくからお前には迷惑掛けないから黙れと言われます。でも、年金は生活をしていくためのものであり、父と母の年金を合わせたとしても、ローンを返済したら生活が苦しくなるだろうし、フリーターの妹は男が出来ればすぐ飛んで行きあてにならないし、リフォームしてまだ5年だから、高く売れるうちに(先日見積してもらったら2千万円でした)家を売って、売ったお金で安い中古マンションを購入し、残ったお金を老後の資金にしてもらいたいのですが・・。教えて欲しいことなんですが、土地は父の名義なので、家(私の名義なので)、だけでも売ることは出来るのですか?因みに嫁は働いていてそこそこ収入あるので、嫁の名義で住宅ローンを組めるとは思うのですが、それを嫁に言うと、雷が落ちるので(お前の親がローンを返済出来なくなりこっちにしわ寄せが着たらどうするんだ!そんな事より、お前の親はまだ若くて元気で口も達者だからそのパワーで夫婦で働きに行けば、今より稼げるから繰り上げ返済するよう努力し、老後のための貯金をするようにさせろと怒鳴られる。嫁の機嫌が悪いと何故か家の話になりヒートアップし、物が飛んでくるときも、たまに平手も。)恐ろしくて言えません。名義を何とかする良い方法無いでしょうか?だれか助けてください(ToT)

5年前に築24年の家(実家)白蟻の影響や外壁が剥がれてきたため、1,300万円でリフォームする事にしました。父(当時53歳は)低所得の自営業者(自転車操業で、バカボンのお父さんみたいな働きっぷり)で、銀行から融資を受けることが出来ないので、会社員の私(長男当時24歳)の名義で20年の住宅ローン(頭金100万、月払4万8千円、ボーナス払20万円)を組むことにしました。(当初、親に名前だけ貸すと言っていたが、ローンの支払いは、頭金とボーナス払いは私が払い、月の支払いは親と子で折半)リフォームしてか...続きを読む

Aベストアンサー

>土地は父の名義なので、家(私の名義なので)、だけでも売ることは出来るのですか?

#1の回答にあるように、売却可能性で判断すると売却可能です。

然しながら、現状では第三者の購入者はいないでしよう。
売買契約が成立しても、二束三文です。
原因としては。
1.土地・建物の名義が異なる事。
2.家に住居人が住んでいる事。
3.ローン(根抵当権)が残っている事。
通常、不動産屋として一番担当したくない物件です。

対応方法としては、建物を親子間で売買を行って下さい。
正式な契約書を作成(公正証書化)すれば、税務署も認めます。
親から確実に返済がある旨の証明(通帳記録)が必要ですがね。

Q土地の境界立会(道路・水路に隣接)について

私の勤める会社で所有する土地を造成することを検討しています。
先日、造成計画について役所に相談に行ったところ「土地境界立会願」を出すように言われました。
会社は建設業を営んでいるため測量等は可能ですが、「土地境界立会願」に添付する『現況平面図』『横断図』等は特段の資格のない者が作成しても良いのでしょうか?
それとも土地家屋調査士に依頼して作成させなければならないのでしょうか?
自分(会社)で作成することが可能な場合、地積測量の基になる測点座標はどこで教えてもらえるのでしょうか?
よろしくご教授ください。

Aベストアンサー

>「土地境界立会願」に添付する『現況平面図』『横断図』等は特段の資格のない者が作成しても良いのでしょうか?

 地籍測量図を作成されるのなら、法務局に提出することになるので、土地家屋調査士(測量士も認めてもらえる?)に依頼すべきでしょう。
 役所の境界立会の担当も結果の提出を求めると思いますので、少なくとも測量士の資格は必要ではないでしょうか。役所により、対応が異なるかもしれませんので、役所の担当課に聞いてください。

>地積測量の基になる測点座標はどこで教えてもらえるのでしょうか?

これも、役所の担当課にお尋ね下さい。
役所が管理している基準点もありますので、申請すれば利用できるはずです。

Q自己破産 夫名義の家と妻名義の土地

自己破産を考えております。

はじめは個人再生を考えていたのですが、弁護士に相談すると自己破産がよいと進められました。

現在妻の実家の土地を借り、自営しているのですが、その土地の名義は2年前になくなった
つまの父の名義になったままです、義母、兄弟はそのとちを妻が相続することを、納得しています。

家は私の名義です。

弁護士さんがゆうにはまづ、妻が自己破産をして、半年ぐらいして、家の名義を妻の移してから
私が自己破産するのがいいとおっしゃっていますが

この場合うまくいく確立はどのぐらいあるのでしょうか。

どうしても商売だけは続けたいので、家(店)と土地だけな守りたいのですが。

Aベストアンサー

>半年ぐらいして、家の名義を
2年以内の名義変更は「資産隠し」と判断されると思いますので
ご主人の資産として清算されることになるでしょう。
その弁護士の方、自己破産の取扱い実績が少ないのでしょうか。

奥さんの相続分を割り出し、家と合わせて兄弟の方に適切な価格で売却すれば良いかと。

Q袋地の、図の左の土地に建物は、建てられますか?

袋地の、図の左の土地に建物は、建てられますか?
右の土地と地番は違いますが、事実上は境界はなく庭となっています。
建築基準法によると2m以上接していない土地には建物を建てられないとのことですが、図のような場合は右の土地と厳密に分けて考えるのでしょうか。
ちなみに、右の土地も左の土地も、隣地は畑です。

Aベストアンサー

2mの通路が道路の場合で、市街化地域であれば、隣地の一部といっしょに敷地を区分けして申請すれば大丈夫です。
市街化調整ですと右の敷地を分けるのに分筆が必要になります。

どちらにしろ、左の土地のみでは建てられません。

Q100%自分名義の土地(ローン無し)にローンを組んで家を建てました。土

100%自分名義の土地(ローン無し)にローンを組んで家を建てました。土地・建物とも、ローンを組んだ金融機関の担保対象となっています。
ローンは25年ローンでまだ3年しか経っていません。毎月きっちり返済していっています。
一方で、事業を興し信用保証協会から無担保でお金を借りました。事業が好転せず、こちらの方の返済が滞っています。
自分の財産はローンが残っているこの家とその担保対象になっている土地だけです。
質問は、信用保証協会への支払いがこのまま滞った場合、住宅ローンを組んでいる金融機関の担保に入っている家や土地を売却するように強制する法的権限が信用保証協会にあるかどうかが知りたいです。

Aベストアンサー

> 住宅ローンに入っているので、そこと信用保証協会の力関係
この部分について追記。

その土地と家の換価価値と、ローン残高によります。

ローンが5000万円で、換価価値が1000万円なら、ローンの金融機関が絶対的に強いです。
ローンが1000万円で、換価価値が5000万円なら、信用保証協会が競売申し立てをしてもローンの金融機関は何もできません。

Q購入予定の土地の境界ブロックにある控壁について

来週購入予定の土地の内側に境界ブロックの控壁があることに先日気付きました。
その土地は背丈ほどの草がぎっしり茂っていて気付かなかったのですが設計士が土地をみて気付きました。
土地を販売している業者に問い合わせてみると境界線が境界ブロックの真ん中で、控壁をのけると建築確認申請の時に通らない可能性があると言われました。
初めは土地を買う業者で一緒に家も建ててもらう予定だったのですが、作成していただいた設計図は控壁があったら無理な設計図でした。控壁があるとゆう認識は土地販売業者にはありませんでした。
土地が小さいのでその控壁があると設計してもらった家は建たないし駐車場も十分に取れないかもしれません。
これは土地をしっかりすみずみまで確認しなかったこちらのミスなのでしょうか・・・
業者や売主は販売する土地の中にのけることができない土地が狭くなるような壁があっても買主に伝える義務はないのでしょうか?

Aベストアンサー

その塀の所有権と共有であった場合の管理についての説明は受けてますか?

境界が塀の中心である場合は、その塀の所有権が共有の場合が多いと思います。

例え控壁が貴方の土地に合ったとしても勝手に取り除くことはできませんし、隣家に断りも無く塀を壊す事もできません。

販売業者にそれを確認して、できるならば取り壊した状態で引き渡してもらうと良いですね。

壊した後の塀については、隣家と話し合って今までの位置にフェンスを立てても良いですが、費用をどうするか等揉める可能性も有ります。

一番良いのは貴方の土地に貴方の費用で新しいフェンスと境界杭を設置することだと思います。

その辺りの交渉についても販売業者にしてもらう事は可能だと思います。

隣家と揉めたり、境界のフェンスが新たにできないようなら買わない事です。

Q三井住友銀行カードローン増枠について 主人の家が家が競売で売れました。 今は、私名義の持ち家ローン

三井住友銀行カードローン増枠について

主人の家が家が競売で売れました。
今は、私名義の持ち家ローンなしに一緒に住んでます。

それで住まない家のローンと固定資産がキツいのでわざとローンを滞納して(固定資産は払ってます)任意売却を頼んでいたのですがなかなか売れずに競売にかかり売れました。

家のローンの滞納は一年です。

三井住友銀行カードローンで50万借り入れしたのが一年半前です。

後、マジカルクラブカードも同じ時期に作りました。
キャッシングが次々と増枠されました。
家のローンを滞納している時期に99万までになりました。

お恥ずかしい話、77万借り入れあります。

そのマジカルクラブカードが競売で売れた同時くらいに止められました。
それで三井住友銀行も同じく止められているかと見に行ったら増枠出来ます。とATMの画面に出ました。

もし増枠出来るならマジカルクラブカードの分を借り入れして一括返済をして解約したいと考えましたが…

家のローン一年滞納後競売にかかったような人に貸してはくれませんよね?
増枠申請したら出金停止になる可能性の方が大きいですよね?

年収480万勤続10年ですが…

後、私の連れ子なのですが19歳で社員で就職しましたが通勤に車が必要で今は、姉の車を借りてますが姉が車を手放したい状況でローンで車の購入を考えていますが主人が保証人になるのは難しいですか?

20歳になるまで待つほうがいいでしょうか?

長くなりましたが回答宜しくお願い致します。

三井住友銀行カードローン増枠について

主人の家が家が競売で売れました。
今は、私名義の持ち家ローンなしに一緒に住んでます。

それで住まない家のローンと固定資産がキツいのでわざとローンを滞納して(固定資産は払ってます)任意売却を頼んでいたのですがなかなか売れずに競売にかかり売れました。

家のローンの滞納は一年です。

三井住友銀行カードローンで50万借り入れしたのが一年半前です。

後、マジカルクラブカードも同じ時期に作りました。
キャッシングが次々と増枠されました。
家のローンを滞納...続きを読む

Aベストアンサー

ひとつひとつの質問を個別にし直す事をお勧めします。

Q土地の境界紛争

土地の境界に争いが生じた場合、裁判ではどのように境界を認定するのですか?ちなみに境界杭、境界壁、測量図はありません。また認定にはどれくらい時間がかかりますか?よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>少しご説明いただ
都立図書館
http://catalog.library.metro.tokyo.jp:80/

公図の研究
と検索

ISBN 4-17-192909-1
全国書誌番号 20265198
TRC MARC番号 02004533
Gコード 30933499

以下略

Q自宅の土地建物の所有権が自分名義100%で住宅ローンも自分名義です。今

自宅の土地建物の所有権が自分名義100%で住宅ローンも自分名義です。今度会社を興します。事業に伴う借入れや保証をすることになると思うので、事業を始める前に、土地建物の所有権を妻に100%移したいのですが(住宅ローンは自分名義の借入れのままで)可能ですか? 真剣に事業を行いますが、万が一失敗して負債を負って自己破産した場合に自宅が妻名義なら守れますか?(自宅は妻名義で、事業借入れ等の担保には入れない前提です)

Aベストアンサー

債務者を質問者さんのまま、奥さん名義に登記は可能です。が借り入れをしている銀行にバレレバ一括返済や再度の登記名義人の回復等求められるでしょう。
また、事業資金の貸しつけでも、自宅の登記情報等貸しつけ側は審査のため取得します。
債務者が質問者さんで、名義が最近奥さんへ変更になっていた場合、良い印象を与える事はありません。
失礼な表現ですが浅知恵の財産移転と見なすでしょう。
また名義はどうあれ、債務者(住宅ローンの借り入れ人)が破産した時点で、住宅ローンも一方的に契約解除となり一括返済を求められます。現実的には、銀行は保証会社へ保証依頼し代位弁済、保証会社は一括返済しか求めませんから、任意売却で返済か競売となります。
そのような事を考えられるより、新しい事業を全力でやりぬいてください。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング