参考書を調べてみると超音波センサの検出距離や分解能は出力、感度特性、周波数、環境条件などによって微妙に変わってくるが、一般的には使用周波数40[kHz]でその検出距離は10[cm]から5[m]程度、分解能は1[cm]程度となっていますがこれは何かの公式から求めた検出距離でしょうか?それとも、実験に基づいた検出距離でしょうか?
 公式から求めた検出距離でしたら教えてもらえませんか?また、実験に基づいた検出距離でしたらグラフを見たいので、もしどこかのサイトに掲載されていたら教えていただけませんか?
お願いします。

A 回答 (1件)

興味ある質問なので調べて見て、私なりの回答ですが参考にして下さい。


検出距離は10[cm]から5[m]程度というのは、誤差範囲内の実験データだと思います。
分解能は1[cm]程度とは、測定できる最小単位のことだと思いますが。
これは、計算から出せると思います。
使用周波数40[kHz]の波長を計算すると、
331.5m(音速)÷40000Hz=約8mmwで1cmということじゃないですか。
それで、周波数をあげると分解能も短くなる。
下記HPに製品仕様があるので参考に、
http://www.murakamigiken.co.jp/nice.htm
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q音速について

下記の件についてお願いします。わかる所のみでもかまいません。
・水中(純水)における音速の式(大気圧、0℃~40℃)←できる限り正確な式 お願いします
・数mの高さの水柱の底面より音波を発した場合、圧力など変化して音速が変わっ てくると思うのですが、そんな要因を考慮した音速の式
・水道水中における音速の式、または純水中との音速の差(0℃~40℃)   (水柱の場合についての式がわかればなお嬉しいのですが・・・)
・音速の測定方法または装置の詳細(高精度、液中)

以前水中の音速についての質問があったと思うのですが、結構急ぎなのでなるべく詳しく教えていただけると大変ありがたいです。

Aベストアンサー

水道水,イオン交換水,脱気水(沸騰させて空気を抜いた物),いずれも測定してみると1/100000程度の差しかありません.
淡水であれば池の水でも同じと考えて良いと思います.

Q鑑賞後爽やかな気分になれる [絵画][詩][俳句][短歌]をお教えください

※[絵画]はタイトル・画家の名前をご開示ください。
※[俳句][短歌]は<空白>を入れない表記でお願いします。
空白を入れたい場合は(空白を入れずに)
[俳句]は3行書き、[短歌]は5行書きにしてください。
※[詩]は、長い作品はタイトル・詩人の名前をご開示ください。

Aベストアンサー

いはばしる
垂水の上の
早蕨の
萌え出づる春に
なりにけるかも

「志貴皇子」(万葉集)

Q細長い管路に空気を通した場合の、圧力損失と流速の関係

お世話になっております。

はせこう、と申します。
現在、ある空気圧制御機械を設計しておりまして、流量の計算のために
流体力学を勉強しております。

現在、下記のような実験モデルを考え、空気の流れ方を計算しています。

(1)ある容量V[m^3]の金属製の容器に、長さ L[m] 内径 2d[mm](だいたい、直径3mm) の
 内部がなめらかで内径が一定な管路がまっすぐ、地面と水平に接続されています。
(2)いま、容器内の圧力が P [kPa] のときに管路の末端を開放すると、
 空気が流出します。
(3)このときの、管路内の空気の圧力と流速の関係を求める。

といった場合に、

考察A:
 ア) 管路内のある位置 x での圧力は、容器から遠ざかるにつれて下がっていく
  →圧力損失(ワイズバッハの式より)
 イ) 管路内のある位置 x での流速は、容器から遠ざかるにつれて上がっていく(質量保存の法則より。圧力が下がると密度も下がるので、質量流量を保とうとすると、速度が上がる。)

といった理解をしているのですが、これは正しいでしょうか。
また、上記"考察A"が正しい場合、

考察B:
 ア) 管路内の空気の流速は、音速を超えられないので、管路がいくら長くなったとしても、流速が音速を超えることがない。
 イ) 流速が音速を超えた後は、流速が変わらないので、密度が変わらない。(質量流量保存則より)
 ウ) 密度が変わらないので、圧力も変わらない。

 即ち、管路内のあるところで流速が音速と同じになったあとは、その後いくら管路が長くても圧力損失は起きない

という理解は正しいでしょうか。

考察Bに関しては自分としても、何か腑に落ちない理解です。
たぶん、圧力損失は生じるのだと思いますが、
質量保存則を考慮に入れると、どうも圧力が一定になるような気がしています。

皆様お忙しいとは存じますが、教えていただければ幸いです。

以上、よろしくお願い申し上げます。

お世話になっております。

はせこう、と申します。
現在、ある空気圧制御機械を設計しておりまして、流量の計算のために
流体力学を勉強しております。

現在、下記のような実験モデルを考え、空気の流れ方を計算しています。

(1)ある容量V[m^3]の金属製の容器に、長さ L[m] 内径 2d[mm](だいたい、直径3mm) の
 内部がなめらかで内径が一定な管路がまっすぐ、地面と水平に接続されています。
(2)いま、容器内の圧力が P [kPa] のときに管路の末端を開放すると、
 空気が流出します。
(3)このと...続きを読む

Aベストアンサー

管径・管長が決まっていれば、
管内を流れる流体(定常流)に関する変数は3つです。
(1)入口圧力、(2)出口圧力、(3)流量
上記の内、2つを決めれば残り一つは計算できます。

質問の場合は(1)入口圧力(2)出口圧力から
(3)流量を計算することになるでしょう。

ワイズバッハの式を利用するのであれば、
摩擦損失係数の決定に関連して繰り返し計算が必要になります。
解析的な解法はありません。

Q500[J]は500[N・m]である。

500[J]は500[N・m]である。
これは正しいでしょうか?

Aベストアンサー

こんばんは。

次元としては正しいです。
計算の途中式でも、N×m=J のようになります。

しかし、国際単位や法令(計量法、計量単位令、計量単位規則)では、
「ニュートンメートル」は力のモーメント(トルク)の単位としてしか使えないことと決まっています。

Q音速前後の空気圧迫について

流体力学に関しては素人なのでおかしな文かもしれませんが、ご理解ください。

物体が音速に達すると衝撃波と共に大きな音がしますよね?

ちなみに、ここで聞きたいのは音速の時ではなく、その前後の速度です。

例えばですが、音速が340m/sであったときに、物体が300m/sであったならば、
衝撃波は出ないと思います。しかし、音速に近いので、空気の圧迫は当然大きくなるわけで、
音速でなくとも音(風を切る音?)が大きくなると思うのですが、
その時の空気の圧迫による音の大きさはどのように変わるのでしょうか?

音や圧力に関しての公式ってあるのでしょうか?
あったなら教えていただけると幸いです。

Aベストアンサー

 衝撃波は一般にはちょっと誤解されているところがあります。それは物体が音速を超えるときに衝撃波が出るという誤解です。正しくは物体が音速を超えると衝撃波を引き摺って進み続けるということです。これを地上にいる人が観測すると、その衝撃波が通過するときにバーンと大きな音が聞こえるのです。船が舳先から後方へ筋のような並みを両舷から引き摺って走ります。これが衝撃波なのです。衝撃波が止まっている船を通過するときには大きく揺れますよね。これがバーンという音に匹敵するわけです。

 但し物体が音速に達すると前方の気体が強く圧縮され、理想気体だとその圧力は無限大になってしまいますが、これは方程式がこのような臨界状態では成立しなくなり、確かに音速を超えるときには物体に大きな力がかかりますが、無限大というわけではないのです。

圧力に関係する法則はボイルシャールの法則というのががあり  PV/T=一定 という式で表わされます。ただし超音速の波の場合には熱の伝達が間に合わないので熱力学によって上式から PV^γ=一定という式が適用されます。 ポアソンの法則と呼ばれています。

 衝撃波は一般にはちょっと誤解されているところがあります。それは物体が音速を超えるときに衝撃波が出るという誤解です。正しくは物体が音速を超えると衝撃波を引き摺って進み続けるということです。これを地上にいる人が観測すると、その衝撃波が通過するときにバーンと大きな音が聞こえるのです。船が舳先から後方へ筋のような並みを両舷から引き摺って走ります。これが衝撃波なのです。衝撃波が止まっている船を通過するときには大きく揺れますよね。これがバーンという音に匹敵するわけです。

 但し物体...続きを読む

Q[ReRIZON]世界言語マニュアル[仮]←これってどこまでが著作権ですか?

[ReRIZON]世界言語@マニュアル[仮]


[=] = 前節の意味がおよそ後節になる意味で使う記号
    [A=B] =[A]の内容は[B] である~
    =[私輩 = 百合 //]=[私輩はガチレズだ]


[//] =文章を内容により区切りたいときに使う記号
    [私輩 = ゆるゆり3期/わりと好き / /] ~
  =[私輩はゆるゆり3期がわりと好きだ]


[+]= 単語や文節などのあいだにはさんで使う記号
    [A+B]=[A]の内容に[B]を加える
    [私輩 = ネコ+フェムフェム //]~
    =[私輩はネコでフェムフェムだ]
     

[-]=[+]とは逆に内容から要素を省くときの記号
    [A-B] =[A]の内容から[B]の要素を省く~
    [私輩 = ロリ - ペド //]~
    =[私輩はロリコンだがペドフェリアではない]


[*]= 単語や文法の示す範囲を拡大するための記号
     [A]の意味の範囲を[B]まで拡大する
     [~!] = 2番 * ロリコン]~
     =[だがロリコンじゃあ2番だ]

[/] = 単語や単語や文法の示す範囲を拡大するための記号
     [A]の意味の範囲を[B]まで拡大する
     [私輩 = 2番 / ロリコン]~
     =[私輩はロリコンで2番だ]
     [//]= と繰り返すと[。]と同じ意味になる

[~] = 文脈が続くことを意味する記号
     [A~] = 文節ラストにくれば[改行]の意味になる


[?] = [疑問符]もっとも近い単語や文章が疑問系になる
     [?]=ロリ/人生]~
     =[ロリは人生か?]

[!] = [否定符]もっとも近い単語や文章が否定される
     [これ=ロリ?=[!]ペド]~
     =[これはロリですか? いいえペドフェリアです]

[<>]= 単語や文章を比較するための記号
     [ロリ>ペド]歳
     =[ロリはペドより年上だ]

[$] = 普通に[ドル]だし[A]につければ値段になる
     他の単位も[%][k][メートル]ぽく

[uronly]=半角文字は[ ]で囲うとわかりやすい気がする

[[]] = 文章を意味として囲いたいときつかう記号
     ]と[の差はべつに現段階では気にしてない
     [結婚=[仮]
     [セリフ]もこうして囲っとけ

[↑↓]= 文章中にない単語などから引用するための記号
     [↑]草生えるw

[初質問です」よろしく☆とりあえずココまで作ってみたけど

言語自体に[著作権]はなさそう故~何処までが権利でしょうか?

[ReRIZON]世界言語@マニュアル[仮]


[=] = 前節の意味がおよそ後節になる意味で使う記号
    [A=B] =[A]の内容は[B] である~
    =[私輩 = 百合 //]=[私輩はガチレズだ]


[//] =文章を内容により区切りたいときに使う記号
    [私輩 = ゆるゆり3期/わりと好き / /] ~
  =[私輩はゆるゆり3期がわりと好きだ]


[+]= 単語や文節などのあいだにはさんで使う記号
    [A+B]=[A]の内容に[B]を加える
    [私輩 = ネコ+フェムフェム //]~
 ...続きを読む

Aベストアンサー

そもそも著作物ではない。ことばの羅列でしょ?そこに独創的な原作な物語があれば著作権があると言える。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%91%97%E4%BD%9C%E7%89%A9

Q媒質による音速の違い

1
窒素気体中の音速と酸素気体中の音速

2
空気中の音速と水中の音速

それぞれ、どちらの音速が大きいか教えてください。

Aベストアンサー

1.
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9F%B3%E9%80%9F

音速 = √(κRT/M)
(つまり、音速の2乗は、分子量Mの平方根に反比例)
 ⇒ 窒素分子は酸素分子より軽いので、窒素中の音速の方が大きい。

2.
これは、知識として「水中の方が速い」と覚えてください。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9F%B3
(「音速」の章を参照)

Q受験の為の勉強か、将来高校教師になるの為の勉強か [化学] [物理]

この春より浪人中のものです。
将来は高校の理科(化学)の教師になりたいと思っています。

僕の志望校(教育学部)の二次試験では物理IIは必要ありません。
必要なのは物理Iのみです。
滑り止めとして考えている大学では物理は必要ありません。
しかし将来、大学で化学を学ぶ上で物理の知識は必須だと聞いています。

大学に入学する為なら物理IIを勉強する必要はありませんが
将来のことを考えると勉強しておくべきだと思います。
ですが、志望校との距離は今年1年必死で頑張ってやっと、というところです。


そこで質問です。
大学の化学の勉強はそこまで物理とリンクしているのしょうか?
また、僕は上記の状況で物理IIを学ぶべきでなのでしょうか?

アドバイスお願いします!

尚予備校のテキストの関係上できるだけ早く回答を頂きたいので困り度???とさせてもらいます。

Aベストアンサー

 こんばんは。
 私も、今は大学に入ることを最優先で考えた方がよいのではないかと思います。
 
 高校の教科「理科」の下にはさらに科目「化学I」や「物理I」さらには、「生物I」「地学I」「理科基礎」「理科総合」などというものがあります。化学を専門とする教員でも、時間割の関係上でどうしても生物や地学を担当しなければならない場合も出てきます。
 日本史や世界史などの担当の「地理歴史科」教員と、政経や倫理などの担当の「公民科」教員とで分かれている社会科系の教科との一番の違いです。

 少し、ややこしいお話をさせていただきます。ただ、教職志望の方なら知っておいて損はないと思います。
 学校において何を教えるか(「教育課程」といいます)は、高校の場合「各教科」「特別活動」「総合的な学習の時間」の3つの分野から作られます。このうち、質問者さんが問題としていらっしゃる「物理の知識」については、「各教科」の内容となります。しかし、それ以外にも修学旅行や文化祭、卒業式といった「特別活動」、さらには各教科や特別活動の枠を超えた「総合学習」も教えていかねばなりません。また、高校は学校ごとにカラーがまったく違いますので、「文化祭をいかに盛り上げるか」という学校から「生徒たちをいかに文化祭に参加させるか」ということを重視して考えなければならない学校から、色々あります。
 それらは、質問者さんがかつて児童・生徒だった頃の経験も多分に生きてくるものと思われます。こういう分野もあるので、今は各教科の知識についてばかり過剰に心配する必要は、私は無いように思います。
 
 こういう部分からも、今化学および物理というある科目だけに集中してしまうのは早いと思います。
 ですから、今は大学入試を乗り越えることに集中した学びを進めましょう。実は、私も教職志望者です。しかし、今こうして教育学を専攻する学部に入学して思うのは、入試の時の教科の勉強と、教職に就く上で必要な知識や技術はあまりリンクしないものだということです(まったくリンクしないとは言いません)。教員は研究者とは違うということを、お世話になった高校の先生がおっしゃっていましたが、今それを実感しています。

 質問者さんの幸福な将来を願っています。

 こんばんは。
 私も、今は大学に入ることを最優先で考えた方がよいのではないかと思います。
 
 高校の教科「理科」の下にはさらに科目「化学I」や「物理I」さらには、「生物I」「地学I」「理科基礎」「理科総合」などというものがあります。化学を専門とする教員でも、時間割の関係上でどうしても生物や地学を担当しなければならない場合も出てきます。
 日本史や世界史などの担当の「地理歴史科」教員と、政経や倫理などの担当の「公民科」教員とで分かれている社会科系の教科との一番の違いです。

...続きを読む

Qプロペラ機は音速を超えられるか

昔、飛行機は音速を超えられないと言われていたそうですが、急降下などはなしで、プロペラの力だけで音速を超えることは不可能なのでしょうか。音速は光速のように「超えられない壁」なのでしょうか?

Aベストアンサー

No.2の方の(横からの)疑問に対してですが、エンジンの中で燃焼し高温ガスを生成していることがミソです。気体中の音速は「(比熱比×圧力/密度)の平方根≒熱速度∝温度」です<密度には無関係です>。つまり、機体が常温大気に対して超音速になってもエンジンの中の局所音速は常温(300K)での音速より大きな値になるのでタービンブレードの周りが超音速にならずに済んでいるのです。高空では気温が低いので音速が小さくなります。
このことは、No.1の方が示している3番目のサイトに書いてあります。

なお、ご存知とは思いますが、
圧力は密度と温度の積です。
音速つまり圧力波の伝播速度は最初の分子が一定距離にある分子に情報を伝える速度つまり分子の平均移動速度に等しいのです。一定距離の間に多くの中継点(分子)があろうと、つまり密度が高くても音速には影響を与えません。

Q桑野 隆訳[マルクス主義と言語哲学] 北岡誠司訳[言語と文化の記号論]の英題は何というのか教えてください。

私は現在イギリスに住む者です。「言語論の観点からミハイル・バフチンの本を読むなら桑野 隆訳[マルクス主義と言語哲学] 北岡誠司訳[言語と文化の記号論]がいい。」と他の書物から知りました。イギリスでこれらの英訳版を探したいと思っていますが、どれが上の本に当たるのかがわかりません。もし上記のいずれかを持っておられる方いましたら、原題もしくは英題を教えていただけないでしょうか?よろしく御願い致します。

Aベストアンサー

この本はV. N. Volosinov の著作です。
ヴォロシノフ名義だが、バフチンの著作であるとされてきたので、日本ではバフチンの名前で翻訳されました。
英訳タイトルは
Marxism and the Philosophy of Language
Amazonなら、£18.00ですね。


#念のため。
北岡誠司訳『言語と文化の記号論:マルクス主義と言語の哲学』(「ミハイル・バフチン著作集」第4巻)

桑野隆訳『マルクス主義と言語哲学:言語学における社会学的方法の基本的問題』
は、原文は同じです。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報