はじめまして。28歳の彼(夫)が去年、何度も繰り返し腹痛を訴え、
入退院を繰り返した結果、今年1月26日に入院いたしました。
1度目の手術は2月4日。
手術前にイリウス管と言う、細い管の先に少し膨らみのある
管を4日ほど入れて1時間ほどの剥離手術をしました。
 術後もイリウス管は入れていました。が痛くて我慢できず
途中で小腸すべてに入っていたイリウス管を少し引き抜きました。
 結局、術後の経過が悪く、レントゲンで2度検査してイリウス管による
”腸重積”が発覚し、再度の手術をしました。
 そして、2度目の手術。2月12日。緊急オペ。
腸重積の手術だから、と言われ1時間ほどで終わると告げられたものの
5時間以上に渡る手術でした。
 原因は腸重積は 壊死していなくて大丈夫だったけど小腸が1週間の間に、
また癒着していたので、と小腸の1/3を切除する手術をしていたのです。
 2度目の術後に 切除した腸を見せてもらいました。
こんなにひどいくっつき方をするのかと何箇所癒着しているかさえ
分からない程、ひどいものでした。素人でさえ、担当医を疑いました。
 その後、2月26日現在で 術後2週間が経とうとしておりますが
常にある膨満感や鈍痛に加えて、食事(まだ5分ガユ)すら
全て食べれない、少し食べると 痛みが襲ってきて
座薬などを入れないと、我慢できない状態です。
つい4日前ほどまでは、夜も眠れなかったようです。
 長くなりましたが、腸閉塞の術後の経過は 
こんなに長く、痛いものなのでしょうか?
 
 痛い、痛いと普段は言わない彼が 苦しみ、泣き、つらいと言います。
 現時点で、彼のご両親と転院も考えております。
が、それが異常な事態ではないのかが確かめたいのです。
どうか御助言、御指示等をお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

※後腹膜(こうふくまく)腫瘍


生後3ヶ月腎臓の周囲の良性腫瘍ということですから、おそらく腹部からのアプローチでしょうからイレウスの原因になっていることは一応納得です。

腸閉塞の術後はこんなに長く痛いもの・・?
に関しては『術後2週間で食餌がはじまっている』ことから考えても縫合不全などなく順調であると思えます。

最初の手術では出来るだけ温存したいと言う目的だったのだと思います(手を加えなくて済ませられればそれだけ経過は短く済むからです。しかしそれだけでは回復できなかった…結果の再手術です。ご覧になられた癒着がそんなに早く形成されるとは思えません。おそらく長年の経過によって出来上がったものでしょう。
現在に関しては先ほどあげた点から考えて少なくとも問題点は考えられません。

痛みに関しては『それを踏み越えてでも食べないと新たに癒着します』としか申し上げようがありません。主治医も、痛み止めを使うことは文句をいわないけれども『歩きなさい』『食べなさい』の一辺倒ではないかと思うのです。今ががんばりどころです。

この回答への補足

 早速のご回答、ありがとうございました。
家族でこのHPを見ましてホットいたしました。
少々バタバタとしていましてご返事が遅くなり申し訳ございません。

 彼ですが今も痛みが続いているようです。
主治医の先生も心配されたようで 検査を行いました。
結果 彼の腸管と腸管を縫った所が腫れてむくんでしまって
いるようです。出来れば自然治癒が良いけれど痛みが
引かない場合は 肛門から管を入れ その先に風船のように
なっているもので 腸管を広げるとの事でした。
 
 そして今、術後3週間が経った今も痛みが続いているのです。

 腸閉塞で入院する時の痛みが“10”だとすると
常に“2”~“3”の痛みがあり、痛くなると“6”前後の
痛みが続く様です。食事を止めようか、とも先生には言われたようです。
彼自身も食べても食べなくても痛みはくるけど
食べるとほぼ痛くなるから、3日から食べないようにしているとの事です。
徐々にこれで食べれるようになってくれると良いのですが
こういう事例と言うのはあるのでしょうか?

 治りが遅く彼自身、まだまだ不安な様です。
どのように励ませばよいでしょうか?食べれるうちに
食べて少しずつ治るからがんばれと言っておりますが。

 再三の質問でお忙しい中、大変申し訳ございません。
よろしくお願いいたします。

PS 私の言葉・説明不足の為 申し訳ございません。
彼は自分でイリウス管を抜いたのではなく きちんと
先生に抜いてもらったのですが、それが腸重積の原因になった
ようです。

補足日時:2002/03/04 21:14
    • good
    • 5
この回答へのお礼

結局転院をし、バタバタとしてしまいまして
 お礼が遅くなり、すみません。

皆様の励ましが本当に心強かったです。
心より、お礼を申し上げます。

 ありがとうございました。
また何かありましたら私に答えられる事なら、
ご助力できましたら、と思います。

 今後のご発展とご成功をお祈り申し上げます。

お礼日時:2002/04/06 18:57

消化器外科の専門では無いですし既にshu_s先生の回答で結論が出ておりますので一般人として書き込みますが少し僕にもおつきあいいただけると嬉しいのですが・・・。


先ず最初の治療でイレウス管を入れて4日でも改善せず癒着剥離術の適応となった訳ですからかなりの癒着であったのでしょう(運がよければイレウス管だけで良くなる事も多い)。イレウス管には先端にバルーンが付いていてこれを膨らませて蠕動運動で小腸の先端まで進む訳ですが御主人の場合たとえ痛かったにせよ御自分で途中まで自己抜去されたのは良く無かったですね。長期に留置すると何も無くても腸重責を起こす事はありますから引き抜いてくればなおさら危険です。管にくっついて腸がまくれ込んでしまいますから・・・。
二度目の手術は一度目からちょうど1週間ですがこの術後1週間から2週間というのは以外と曲者なのです。いろいろな癒着防止の実験や報告をみてもこの時期は組織的な炎症の度合いが最も強く開けると水っぽいようなべたべたした癒着が広汎にあって組織を同定するのが難しい時期でもあるのです。その後炎症が収まって瘢痕治癒して行く過程で固い癒着となるのですが手術のやりやすさと言う点ではむしろ2週間目位が最も嫌な時期ですね。さぞかし大変だったと思います。さらに二度目の手術でもあり三度目は許されないであろう事からイレウスの原因と思われる部分を切除しようと考えた術中の判断も理解できる物だと思います。腸重積の部分がそれほどでは無かったのは不幸中の幸いでした。
術後の経過を見ても腸切して2週間で5分粥が出ていれば上出来だと思いますよ。お年寄りなんかは1ヶ月しても食が進まない事も珍しく無いですから主治医の先生から見ると「やっぱり若い人は回復が早いな-」といった感じかただと思います。
もともと癒着が強かった訳ですからなんでもすぐには良くなってこない物だと思います。痛いからと言って離床遅くなればまた癒着する危険が増す訳ですからきちんと動くようにして下さい。
5時間の腸切の術後経過としては満足できる物のように思えます。転院を考えるより御主人を励まして退院を目指した方が早道だと思いますがいかがでしょう?
疑問点の解消の一助になれば幸いです。
御主人の回復を祈っております。
    • good
    • 8
この回答へのお礼

ありがとうございました。結局転院をいたしました。
今までいたところだと、拡張手術をまたやると言い出したので
転院にふみきりました。バタバタとしてしまい、ご返事が遅くなりまして
申し訳ございません。今回彼は二度目の手術後も癒着があったそうで
いまだに(まだ重湯ですが)食べると張るそうです。

 ただ転院して少し落ち着いた、と言うか本人の不安が取り除けたようで
少し安心いたしております。

 色々ご助言をありがとうございました。心よりお礼を申し上げます。

 また健康に留意なさって、頑張ってくださいませ。

お礼日時:2002/04/06 19:05

当初の腹痛の原因、つまり原疾患はなんでしょう?


他にも既往など関連事項があれば書き込んでください。
情報が不足です。

この回答への補足

 ご返事ありがとうございます。
彼の腸閉塞の原因は 生後3ヵ月で”こうふくまく腫瘍”←漢字がわかりません。
という腎臓の周りに良性の腫瘍があり、それを剥がす為の手術をし、
それが現在の腸閉塞(イリウス)の原因になっているとのことです。

 そして成人してから、始めは2年に一度や、3年に一度だったのが
段々回数が増えてきて、昨年は
一年に3度の入院をし
(この時は温存療法です。) 
ついに今回、入院し手術しようと言うことになりました。
しかし、術後の経過が悪く緊急手術となりました。
 
 わらにもすがる思いです。
どうかお願いいたします。

補足日時:2002/02/27 23:22
    • good
    • 7

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q腸閉塞の症状と予防法

僕は中2のときに開腹手術をしたのですが、それからというもの、およそ年に一回のペースで腸閉塞になっています。もう二度となりたくありません。自分でも、今までかかったお医者さんでいろいろ聞いて、少しは腸閉塞について知ってはいるのですが、さらに詳しく知りたいのでいくつか質問したいと思います。

1・腸閉塞の時の状態について

 腸閉塞とは、腸同士や腸が腹の壁などに癒着しその部分が閉じて起きます、症状は嘔吐や腹部激痛などです。そのほか詳しく腸がどんな状態にあるとか(例えばむくんでいるとか)初期状態ではどんな症状があるとか(自分では、閉じる前の、癒着の状態のときに、軽い痛みがあるぐらいしか、わかりません。そのほかもっと初期に気づけるような事があればぜひ)

2・その予防について

 わかっている範囲では、食べるものに注意すること、食べ方に注意すること、おなかはできるだけ冷やさない、などかな。
 注意する食べ物については、消化に良くないもの、脂っこいものなど。そのほかあれば詳しくお願いします。
 食べ方については、よく噛んで食べることとか、すごくお腹をすかせてから、いきなり腹いっぱい食べるとかはよくない気がします。その他、気をつければならないことがあれば、詳しくお願いします。
 食べること以外でも、注意することがあれば、教えてください。

3・なってしまったら

 完全になってしまったら病院にいくしかないでしょうが、初期の軽い状態に気づいたら、どのように対処すればよいでしょうか?やはり、何も口にせず、安静が一番ですかね?何か効果的なことがあれば教えてください。

以上、かなり長くなってしまいましたが、本当にもうなりたくないので、専門家の方の多数の意見を期待しております。よろしくお願いします。

僕は中2のときに開腹手術をしたのですが、それからというもの、およそ年に一回のペースで腸閉塞になっています。もう二度となりたくありません。自分でも、今までかかったお医者さんでいろいろ聞いて、少しは腸閉塞について知ってはいるのですが、さらに詳しく知りたいのでいくつか質問したいと思います。

1・腸閉塞の時の状態について

 腸閉塞とは、腸同士や腸が腹の壁などに癒着しその部分が閉じて起きます、症状は嘔吐や腹部激痛などです。そのほか詳しく腸がどんな状態にあるとか(例えばむくんでい...続きを読む

Aベストアンサー

私自身も腸閉塞もちです(いやなもの持ってますね,お互い)。

調の動きが停滞して排便に至らなくなり起こってしまうものですが、
動きが単に停滞しただけではなく癒着やねんてん(ねじれ)など
原因はさまざまです。

排便を促すのに水分をよく取り、食物繊維をよく食べましょう。
と言われますが、食物繊維には水溶性(水に溶ける)と
非水溶性(水に溶けない)ものがあります。
水に溶けないタイプ(ごぼうなど)は腸の中で膨らんで
なかなか出てこないなど、腸閉塞には都合の悪い食べ物と
言えます。おからなど水溶性食物繊維を取るようにしましょう。

それから水分も積極的に取るようにして1年を通して
1日に2~4リットル必ず飲みます。

これは状況によるかもしれませんが消化の悪いもの(貝類、
きのこ類、ナッツ・コーン類)はお腹の中にたまりやすい
ので
できるだけ食べないにこしたことはありません。

あともう一つ、食べるとお腹が緩くなるものを見つけておく。
これも排便を促す一つの方法としては有効なので何か一つでも
あるといいと思います。アホほどアイスクリームを食べて
調子を悪くして下すとかではなくて、普通に食べてお腹が
動きよくなるものです。
私の周りでは、蜜柑・インスタントではないコーヒー
(焙煎をきちんとしたブラック)・中華(香辛料)・
キシリトールなど食べると動くって人がいます。

何度もされているようですから、食事や睡眠など一般的な
生活以外にも、お薬(下剤)をいくつか併用して
(下剤には腸をうごかすものと、便にある水分を腸が
吸収するのを抑える働きのものがあります)コントロール
する事も必要じゃないかなと思います。
既に処方されているなら別ですが、お薬に関しては
腸の状況にもよると思うので、お医者さんに相談
してみてください。

私は今のところこういった食生活とお薬のコントロールで
6年腸閉塞で倒れていません。

長く書きましたが、お互い、頑張りましょうね。

私自身も腸閉塞もちです(いやなもの持ってますね,お互い)。

調の動きが停滞して排便に至らなくなり起こってしまうものですが、
動きが単に停滞しただけではなく癒着やねんてん(ねじれ)など
原因はさまざまです。

排便を促すのに水分をよく取り、食物繊維をよく食べましょう。
と言われますが、食物繊維には水溶性(水に溶ける)と
非水溶性(水に溶けない)ものがあります。
水に溶けないタイプ(ごぼうなど)は腸の中で膨らんで
なかなか出てこないなど、腸閉塞には都合の悪い食べ物と
言えます...続きを読む

Q腸の癒着

よろしくお願いします。
胃腸が痛いので病院に行きました。
もともと胃腸が弱いのですが、不規則になる年末年始で一気に具合悪くなったみたいでした。
先生が胃腸科だったからか、レントゲン、CT、超音波、採血と、いきなり外来で行ってできる検査はやりまくってくださいました。
その結果、どうも腸が癒着しているようです。7年前くらいに手術をしているからか、腸が悪いのか、それとも子宮・卵巣が悪くて癒着しているのか・・・そのどれかだろうといわれました。
7年前の手術は卵巣膿種で、超音波から残った卵巣がちょっと大きくなっているようでした。
とりあえず腸の動きをよくする漢方を処方していただき、胃カメラから腸のバリウムなどの胃腸関連の精密検査をした方がよいといわれました。
それでご質問です。
1)腸の癒着で悩んだ方はいらっしゃいますか。それでどんな弊害(生活面で)がありましたか。また、直りましたか。
2)腸にバリウムを入れる検査はやっぱつらいですか。胃カメラは2回やりましたが、とにかくつらかったし、腸の内視鏡は痛みに強いはずの父が泣いたといってましたが・・・。胃のバリウムは対したことないけど。
3)お医者さんが、CTで子宮がこんな風に写るのは珍しい、石灰化して写っているのでは?とおっしゃってました。どういうことなのでしょうか。

腹風邪だと思って医者にかかって、こんな結果が出てびっくりしています。よろしくお願いします。

よろしくお願いします。
胃腸が痛いので病院に行きました。
もともと胃腸が弱いのですが、不規則になる年末年始で一気に具合悪くなったみたいでした。
先生が胃腸科だったからか、レントゲン、CT、超音波、採血と、いきなり外来で行ってできる検査はやりまくってくださいました。
その結果、どうも腸が癒着しているようです。7年前くらいに手術をしているからか、腸が悪いのか、それとも子宮・卵巣が悪くて癒着しているのか・・・そのどれかだろうといわれました。
7年前の手術は卵巣膿種で、超音波から残っ...続きを読む

Aベストアンサー

私は子宮内膜症で、以前、お医者様に腸が癒着してるかも、と言われました。癒着の仕方によっては、手術しないといけないみたいですが、私の場合は常におなかに重い痛みがあるのと、便秘になりやすいだけなので手術はしてません。
腸のバリウムは経験がないのでわかりませんが、子宮のことも含め、一度、婦人科にいらしては?
あまり役に立たなくってごめんなさい。

Q腸閉塞様症状?

心配なので質問させて頂きます。
少し汚い表現が下にあります、ご了承下さい。

最近体調が芳しくなく、あまり食欲がありません。
空腹時にも吐き気があり、嘔吐こそしませんがその状態が数時間続く事もしばしばです。
なので食事は朝のみ・の場合もしばしばです。
ですが腹痛は全くと言っていい程ありません。
便通も2日に1回程度ですが緩い便が出ます。
排ガスもあるのですが、まだガスがたまっているせいか下腹に違和感を感じます。

先程、横になって起きる時にカラカラと聞こえる程の金属音が鳴りました。
これが今回質問させて頂いた原因なのですが…
腸閉塞時には金属音が鳴る・と他人から聞いた事があったので、少し心配しております。
ちなみに、手術等は経験ありません。
お手数かけますが、ご回答宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

こんにちは。
おっしゃる音は腸閉塞で顕著なものですが、他では出ないという性格の物ではありません。

腸の内容停滞や異常発酵でガスが大量に出る場合等にも見られます。

排便・排ガスのある腸閉塞は有り得ないので、腹痛がない所からも大変考えにくいかと思います。

腹痛とともにお腹が張り嘔吐という症状が出たら病院に行った方がいいでしょう。
特に緊急を要する腸重積や腸捻転では激痛を伴いますので、すぐ救急車になるでしょう。

ただ、それとは別に、吐き気がひどいようならやはり病院に行った方が楽かもしれませんよ。

Q腸の癒着について

私は14年前に帝王切開をした事があります。
それ以降腸の調子が度々悪くなって内科に通院したりします。
具体的には腸捻転を起こしたようなひどい腹痛から、便秘のような腸の張りなどです。
内科に行った時、何度か「帝王切開をしているので、腸が癒着しやすい」って言われました。
その時詳しく聞けばよかったのですが、腸が癒着するってどう言う事なのでしょうか。
腸と腸がくっついて通りをふさいでしまうのですか?
お腹を切開すると腸が癒着しやすいと言う事ですが、よくイメージがつかめません。
帝王切開など腹部を切開するって言うのは腸も切っているのですか?
教えて下さい。

Aベストアンサー

帝王切開は下腹部で行って基本的に腹膜外に位置する子宮を開いて赤ん坊を取り上げる処置ですので直接腸を触ることはありません。しかしながら腸を包んでいる腹膜は外界に現れますし作業の都合で多少はキズがつきます。帝王切開に伴う腸管の癒着、その後のイレウスはたぶんにこれが原因と考えられています。

『腸が癒着する』とはどういうことかを考える前に、腸がいつもどのように動いているかを理解しなければなりません。腸は小腸・大腸あわせて10m弱ありますがこれが整然と腹部に納められています。結構狭い空間に押し込められている割に『蠕動』といって動くことができるのは数箇所の固定部分を除きほとんどがフリーな状態にされているのと摩擦部分にあたる箇所には腸間膜やら腹膜といった緩衝材が配置されているからです。この緩衝材は表面がゼラチンコーティングされている潤滑面だと考えるとわかりやすいです。たとえるならば和服での着物と長じゅばんの関係のようです。着物をピシっと着込んでいても間にあるじゅばんのおかげでズレるゆとりが生まれ着崩れすることなく着物が動くことができる…そんなイメージです。

さて手術をして、あるいは疾患の都合(癌の浸潤など)で潤滑面である腹膜や腸間膜が傷つきますと、キズの部分からゼラチン面が失われさらにキズを修復するために細胞成分が膜の内面に増生したりします。また膜そのものが無くなれば腸同士が触れ合うこととなり表面が傷つき同じように細胞成分が内空に増生することとなります。
こうして増生した細胞成分や失われた潤滑能によって腸の自由な動きが障害されたとき『癒着』という病態が起こります。症状については「イレウス」という単語でお調べください(割愛します)。

ですからおなかを開ける手術では大なり小なり術後の腸管の癒着は起こります。またおなかの中の操作が複雑なほど腹膜・腸間膜や腸管自体をいためる機会も増えますので症状は強くなります。さらに下腹部(腹膜外)の手術よりも腹部(上腹部)の消化器の手術のほうがより一層顕著に障害を来たすのは理解できると思います。

帝王切開は下腹部で行って基本的に腹膜外に位置する子宮を開いて赤ん坊を取り上げる処置ですので直接腸を触ることはありません。しかしながら腸を包んでいる腹膜は外界に現れますし作業の都合で多少はキズがつきます。帝王切開に伴う腸管の癒着、その後のイレウスはたぶんにこれが原因と考えられています。

『腸が癒着する』とはどういうことかを考える前に、腸がいつもどのように動いているかを理解しなければなりません。腸は小腸・大腸あわせて10m弱ありますがこれが整然と腹部に納められています。結構...続きを読む

Q転移性全身癌で腸閉塞他、重篤な症状に何か方法は…

初めて質問します。
困っています。昨年5月に子宮ガンの全摘出手術を受けその後6回の抗ガン剤治療を受けたものの、この5月にはいり全身に転移している事が判明。まず転移性大腸、s状結腸ガンによる腸閉塞に始まり、肺や膣にも転移、もう治療の方法はないとの事。現在はイレウスチューブと静脈からの栄養剤をながしているが、お腹の表面にも手の平大の腫れ物もでき、またこの2~3日イレウスチューブより赤い血のようなものが出てきている。内臓からの出血のようで、輸血も開始するとの。
本人もあまり長くないと自覚をしているようで、いま入院している病院は大阪市内でも一番も癌治療の専門のような病院ですが、ホスピスを希望しつつも、ひょっとして腸の手術をしてもらえる病院はないものか…とも考えているようです。
いま入院している病院は大阪市内でも一番も癌治療の専門のような病院です。姉は現在53歳です。
脈略のない質問になってしまいましたが、どなたかこんなケースでも手術経験のある方や、もしくはご家族がホスピスへおられた方、教えて頂けませんか。

Aベストアンサー

お話を聞く限り厳しい状態のようですね。
癌が全身に転移している状態なら、局所の手術は意味がないと考えるのが普通です。全身のがん細胞を取り除くのは無理(血液に混じってがん細胞が体中をめぐっている状態だから)です。
手術はかなり体に負担をかけるので、やはり、手術をすることが生存期間を長くさせるという確率が高くないと、無理な負担を患者さんに強いるだけ、という最悪の結果になります。
癌専門病院なら、なおさら、できる限りの治療を行っていると思います。
ただ、一番大切なのは患者さん自身の意思です。
だめもとでもできる限りの治療をしたい(ただ、治療がかえって余命を短くするかもしれないということをわかった上で)と思われているのなら、その旨を主治医に話せば、良い方法を提示してくれるかもしれません。
非科学的で、効果があるのかわかりませんが(私自身お勧めはできませんが)、もし患者さんの希望があれば、民間療法なども試してみる価値があるかもしれません。気持ちは免疫能に反映するといわれていますので、延命の効果はあるかもしれません。
ただ、私の肉親であれば、ホスピスを勧めると思います。ホスピスは至れりつくせりで、癌専門病院のようなあわただしさはなく、ゆっくりと療養ができます。考えておられるなら、いちど見学にいかれるといいと思います。

お話を聞く限り厳しい状態のようですね。
癌が全身に転移している状態なら、局所の手術は意味がないと考えるのが普通です。全身のがん細胞を取り除くのは無理(血液に混じってがん細胞が体中をめぐっている状態だから)です。
手術はかなり体に負担をかけるので、やはり、手術をすることが生存期間を長くさせるという確率が高くないと、無理な負担を患者さんに強いるだけ、という最悪の結果になります。
癌専門病院なら、なおさら、できる限りの治療を行っていると思います。
ただ、一番大切なのは患者さん自...続きを読む

Q肘部管管症候群と言われましたが、 ここまでひどくなってるのなら、いつ手術しても同じと言われました。

肘部管管症候群と言われましたが、
ここまでひどくなってるのなら、いつ手術しても同じと言われました。
福島市で、肘部管症候群の手術の専門病院があったら、誰か教えて下さい。
今は、箸が持てず、フォークで食べてるし、シャンプーも、右指先全部力がはいらなくなり、今の時期、3日もシャンプーしない日が続いてます。
右手のひらの肉が盛り上がってる所が痛いです。
相変わらず、右小指、右薬指は、曲がったままです。右手は、親指以外、物凄くしびれが酷いです。
手術したかた、手術後の痛みは、どうでしたでしょうか?
手術後お酒飲んでも大丈夫でしょうか?
誰か教えて下さい。
とっても不安です。
病院からは、手術は、進行を食い止めるだけで、治らない。今の症状を食い止めるだけの手術です。と言われました。
誰か福島市に在籍のかた、この病状に詳しい方大至急返信頂けたらありがたいです。
善きアドバイス宜しくお願いします。

Aベストアンサー

福島在住ではないですが、福島にいる「手外科専門医」の名簿が見れますので確認してみました。

福島県ですと、以下の病院に先生がいらっしゃるようです。
総合病院が多いですが、整形外科クリニックの方が症例を多く診ていると思いますので近ければよこむら整形外科クリニックがよさそうですね。

一般財団法人竹田健康財団 竹田綜合病院 中島医師
http://www.takeda.or.jp/

会津中央病院 サッキャ医師
http://www.onchikai.jp/

松村総合病院 田山医師

いわき市立総合磐城共立病院 江尻医師
http://www.iwaki-kyoritsu.iwaki.fukushima.jp/

桑野協立病院 坂本医師
http://www.koriyama-h-coop.or.jp/

医療法人 よこむら整形外科クリニック 横村医師
http://www.yokomura-seikei.com/

福島県立医科大学 上田医師
http://www.fmu.ac.jp/

お酒は手術の方法や麻酔の内容によっても変わると思いますが、1週間ぐらい我慢する必要が出て来るかもしれません。

福島在住ではないですが、福島にいる「手外科専門医」の名簿が見れますので確認してみました。

福島県ですと、以下の病院に先生がいらっしゃるようです。
総合病院が多いですが、整形外科クリニックの方が症例を多く診ていると思いますので近ければよこむら整形外科クリニックがよさそうですね。

一般財団法人竹田健康財団 竹田綜合病院 中島医師
http://www.takeda.or.jp/

会津中央病院 サッキャ医師
http://www.onchikai.jp/

松村総合病院 田山医師

いわき市立総合磐城共立病院 江尻医師
http://www.iw...続きを読む

Q犬の腸閉塞について。 最近1日2回していたうんちが1日1回や2日に1回になっています。 お留守番中ペ

犬の腸閉塞について。
最近1日2回していたうんちが1日1回や2日に1回になっています。
お留守番中ペットシートがグチャグチャになっている時がよくあるので食べているかもしれません。

腸閉塞の症状の元気がなくなる、お腹を触ると痛がるや嘔吐などはなく、むしろ元気に走り回ったり、食欲もあります。
ただ、うんちが細くなっているのですが、腸閉塞の可能性はあるのでしょうか??
それともただの便秘でしょうか

Aベストアンサー

うんちがでていたら、腸閉塞の可能性はありません。閉塞ってのは完全に詰まることですので。

Q大腸 小腸 外科手術

大腸 小腸 外科手術について 小腸を部分切除する手術は危険な手術なのでしょうか? ネットでみたら腸閉塞を起こす人もいて敗血症で死亡する事もあるとありました。

小腸を部分切除した場合はリスク大で難しい手術と言う事なのでしょうか?

また大腸の部分切除と小腸の部分切除ではどちらが合併症を起こしやすいのでしょうか?

Aベストアンサー

まあ、簡単ではない。
小腸

Q腸閉塞で入院

母が1週間前より「便が全く出ない。お腹が張る」と言い食物も
受け付けない状態になってきたので先週の土曜日近所の内科へ行って
来た所、腸が全く動いてないと言われ専門病院に行く事になりました。
そこでの診断結果は、「腸閉塞」。そのまま入院。
母は今70歳で今まで何の病気もしておらず手術もした事がないのですが
急に腸閉塞になる事はあるのでしょうか?
(出産は5回経験、帝王切開ナシ)
腸閉塞になるまで腹痛も全くなく嘔吐もない、血便もない、便通も前日まで普通でした。
入院してからも嘔吐は全くない様です。
近所の内科で触診した所、大腸癌ではないようだと言われた様ですが
高齢者が急に腸閉塞になる症状として大腸癌が多く取り上げられており
不安です。
でも大腸癌が理由で腸閉塞になるには末期状態だと見かけたのですが
今まで一切その兆候がないのでどう考えればよいか分からない状態です。
またもし大腸癌によりの腸閉塞だとしたら緊急に何か処置するものなの
でしょうか?
入院して3日ですがまだお腹が張っておりやっとその原因を探すために
内視鏡を入れるみたいです。内視鏡を入れるという事は重病なのか?
それとも結構時間がかかっているのでそんな大病ではないのかなぁとか
色々な情報を目にするので不安で不安でどうしようもないです。
文章が長くすみません。ご家族の方や周りの方で同じような経験された
方がいらっしゃったら宜しくお願い致します。

母が1週間前より「便が全く出ない。お腹が張る」と言い食物も
受け付けない状態になってきたので先週の土曜日近所の内科へ行って
来た所、腸が全く動いてないと言われ専門病院に行く事になりました。
そこでの診断結果は、「腸閉塞」。そのまま入院。
母は今70歳で今まで何の病気もしておらず手術もした事がないのですが
急に腸閉塞になる事はあるのでしょうか?
(出産は5回経験、帝王切開ナシ)
腸閉塞になるまで腹痛も全くなく嘔吐もない、血便もない、便通も前日まで普通でした。
入院してからも...続きを読む

Aベストアンサー

お母様の突然のことでびっくりされましたね。

腸閉塞ですが、要するに大腸や小腸のどこかに大きなデキモノがあって腸管内が閉塞していたり、腸管が腹腔内のどこかと癒着していてねじれてしまって通りが悪くなっていたりすることにより起こります。
前者は、おっしゃるように大腸癌やポリープなどが原因となり、後者は術後に起こりやすいです。

腸閉塞が起これば、その先から便が通過できずたまるいっぽうで、最終的には胃までパンパンになってしまって食事もできない、食べようとすれば吐いてしまうという状態になります。
応急処置としては、鼻から胃まで細いチューブを通して、内容物を吸引したりして、減圧をはかります。これだけでも症状はだいぶ楽だと思います。

次にすることはなぜ腸閉塞が起こったのか、原因を調べることです。何もないのに腸が詰まったりはしませんから。ご高齢ということであれば、やはり大腸癌などの腫瘤性病変を疑って検査すると思います。
そのために手っ取り早いのは大腸カメラですね。腸の中にデキモノができていれば、カメラですぐわかりますので。

また大腸癌の末期かどうかというのは、腫瘍の大きさだけでなく他の臓器への転移があるか、腸管の外に腫瘍が浸潤していってるかなどで決まります。

デキモノによる腸閉塞であれば、その症状を改善しようと思えば手術になることが多いです。仮に癌で、非常に進行していて手術で癌を取りきることが不可能でも、症状改善のために手術を行うことが多いと思います。
癒着による腸閉塞であれば、鼻からの管を通しておくことでしばらくして改善することもあれば、やはり手術で癒着部分を外して閉塞を解除する必要があることもあります。

これから検査なのでしょうか、ご心配だとは思いますがお大事になさってください。

お母様の突然のことでびっくりされましたね。

腸閉塞ですが、要するに大腸や小腸のどこかに大きなデキモノがあって腸管内が閉塞していたり、腸管が腹腔内のどこかと癒着していてねじれてしまって通りが悪くなっていたりすることにより起こります。
前者は、おっしゃるように大腸癌やポリープなどが原因となり、後者は術後に起こりやすいです。

腸閉塞が起これば、その先から便が通過できずたまるいっぽうで、最終的には胃までパンパンになってしまって食事もできない、食べようとすれば吐いてしまうという...続きを読む

Q盲腸 小腸 手術

盲腸の手術と小腸の切除手術では術後の癒着などのリスクは同じでしょうか?
腸閉塞を起こすような癒着は普通は余り起こらないと考えてよいのですか?

今度、小腸の腫瘍を取る為の切除手術を行う予定なのですが腹を切るのも少ししか切らないから先ず癒着の心配はしなくて大丈夫と言われましたので安心しているのですがネットで見ると腹を切ると100%癒着が起こると書いてあります。

癒着と言うのは100%起こるものなんでしょうか?
時々、癒着が起こる人もいる程度なのでしょうか?

Aベストアンサー

半年前に直腸がん摘出手術を受けたものです。

>今度、小腸の腫瘍を取る為の切除手術を行う予定なのですが

腸閉塞を極端に恐れているように感じますが
その手術の目的の方が重要であれば、腸閉塞を恐る事はないでしょう
どんな手術にもリスクはあります。

私も術後5日目に腸閉塞を起こしましたが命に関わる程ではありませんでした。
まずは、小腸の切除手術をしましょう。
手術の成功をお祈りします。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報