こんばんわ。福祉関係(相談業務)についていましたが、バーンアウトして仕事を退職しました。福祉・医療関係者はバーンアウトしてしまう方が多いと(本・HP)に載っていました。実際そうなのでしょうか?
 バーンアウトしてしまった方はその後は同じ職種にもどっている方が多いのでしょうか?
 どうすれば、バーンアウトの状態から復活できるでしょうか?
 転職を考えています(福祉関係)やはり福祉関係しか考えられないので・・・でも以前の事が自分の中のネックとなってしまって、一歩踏み出せずにいます。
 じっさい復活した方等の体験談など教えてくださる方がいましたら。助かります。お願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

・業界は異なりますが、似たような者です。

今は「うつ」で休職中です。
 
・理想と現実の差や、現状を打破できずストレスが溜まる、将来に夢も希望も目標すら持てない、、などで起こり易いですね。

・自分の居場所は?と自問自答しているうちに、進むべき道が見えてくるのかもしれません。

・「なまけ者のさとり方」という書籍を読みました。
 そして現職と自分の関係を考えたとき、やはり自分が戻るべき先は、現職かなと気づきました。
 ただ以前と違うのは、「自分の目標を持ち、自分で意思決定する」という点ですね。これは業界により様々でしょうから、ご質問者様には、当てはまらないかもいれませんね。
    • good
    • 0

医療関係は特に個々の仕事の具体的な目標が明確にかまっていて後回しにできない・回避できない環境で”疲労困憊”してしまうはめになることが多く、バーンアウト症候群の多発する領域です。

ストレス、忘れっぽさ、不眠、食欲の低下、風邪を引きやすい、などのサインが現れても、一生懸命やっている中ではなかなかそうだときがつきません。集中力の低下はミスにつながり、ストレス増大の原因になります。

復活の鍵
1.上にあげた問題点(サインや症状)を理解する。

2.ライフスタイルのバランスを点検する。仕事中心から、バランスのとれたライフスタイルに戻すことを考える。医療の世界で、アンバランスなライフスタイルでは、コミュニケーションにどこかひずみができて、チームワークがうまくいかなかったり、患者さんの立場をうまく理解できなかったりするかもしれない。理想主義、完璧主義になっていないか、そういう一面が、なにか摩擦の原因になっていないか点検も行う。(ライフスタイルの点検)

3.自分の周りの環境が、みなが暖かくあなたを支持する順風なのか、厳しいものか、評価してみて、ネガティブな部分を回避する。たとえば、そういう相手がいる場合できるだけ接触する時間を少なくする。だから、相手が間違っていても、ただ、避け、直しにいくとか対決は決してしない。これらは、ストレス回避につながり、あなたの精神エネルギーの消耗を防ぐ。ポジティブな相手と過ごす時間を増やす。(ポジティブな相手)

4.自分で自分をコントロールできると考えられる場所で、自分をさらにコントロールするようにつとめる。ポジティブな場所で行う。(ポジティブな場所)

5.仕事は、効率よく、しかし、長時間しない。バーンアウトには時間因子が大きく作用するから。

などなど、いくつかの基本遵守事項をまず頭に入れてください。

福祉関係(相談業務)は、激務のことが多く、実態によりますが、出張相談業務などあれば、体力的にも2年が限界とも言われます。傭兵みたいなもので、なかには、長い間”除隊”せずいる妙にタフな古参もいますが。

同じ職種に戻っても同じことを繰り返すと結果は同じです。同じ職種に戻っても、今度はポジティブな人、環境、などがあれば、仮にそのほかがあまりうまく達成できていなくても結構うまくいきます。
 しかし、なかなか、うまく環境のほうから変わってくれる保障はありません。でも、自分を変えることのほうが難しく、いい環境(ポジティブな場所)に飛び込んでから、自分を直していくほうが、楽ですし成功します。

 そのような方は大勢います。私もそうだったかもしれません。私の気の会う仲間の多くもかつてはそうでした。いいライフスタイルについていつもどうあるべきか対話します。少しうらやましいですか?

 エネルギーを充填したら、1~5のステップにふみだすようにしましょう。順番は、1、2、のあと、場、そして人、です。ポジティブな場、人は、あなたに、これから、何倍ものエネルギーをくれるでしょう。バランスの取れたライフスタイルのなかで、実践してください。
 
 ワンポイントセミナー:過労で忘れやすさが発生しますが、”うつ”の中枢は、近時記憶の中枢の近くです。反省しなければいけないようなメンタルストレスが多いと、忘れやすさも増えやすくなります。症状が強ければ詳しく見てもらうことも一助です。以前の事が自分の中のネック(トラウマ)になっているようであれば、乗り越えるために、コンサルトを受ければ、役に立ちそうに思います。
 
 精神的ななやみや苦しみなどの相談を受けて、それが、自分のこころに影響を与えるような状態がときどきあれば、メンタルクリニック・精神科の診療はとても役に立ちます。多くの種類のよい、お薬があります。気軽に利用されることをお勧めします。私も、仲間も、いまでも、眠れない時があったり、します。”週末だめだったの”とかでわかります。体と同じで、心も、疲れますから、意識して、ケアすることに慣れてください。

 あと、ポジティブな状態が続いても、疲れない程度に、引いてください。というか、引いてしまいます。でも、それは正しい判断です。失わなくて済むための。(株の極意みたいですね) 

 お役に立てれば幸いです。1~5はテキサスの学生向けカウンセリングサービスの助言の重要な最初の5つをあなたのために訳しました。英語でよければURLをあげておきます。これから仕事に就く、でも一度burn-outした大学生のためですが、あなたにあてはまると思ったからです。

 ではお休みなさい。

参考URL:http://www.scs.tamu.edu/selfhelp/elibrary/burn_o …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 お礼が遅れてしまい申し訳ございませんでした。
大変参考になりました。HP参考にさせていただきます。

お礼日時:2006/07/11 00:09

臨床心理士で,うつの経験者です.



バーンアウトしてしまった方の中には,うつ病またはうつ状態に陥ってしまった方がかなりいらっしゃるのではないかと思います.
もし,そういったうつ状態が考えられるようであれば,精神科や心療内科を受診され,専門的な立場からの診察を受け,仕事復帰への相談もされることをお勧めします.

私自身は,過労からうつ状態になってしまいましたが,専門医を受診し,しばらく仕事を休み,治療に専念したあと,主治医と相談しながら,徐々に仕事に復帰しています.
    • good
    • 0

看護の論文でバーンアウトについて読んだことがあります。

看護職の場合、治療や看護の甲斐なく亡くなられる患者さんを見送る体験が重なり「自分がどんなに努力してもどうにもならない」という積み重ねが精神的重圧になっていった、と書かれていました。
質問者の方も相談業務についておられたとのこと、相談者の希望に添った答えを出せなかったことも多かったと思います。
まずは、そのような葛藤の中、がんばってきたご自分の努力をご自分で認め、褒めてあげることから始めてみてはいかがでしょうか。
その上で、再び福祉の現場に戻りたいというのであれば、利用者の方々や同僚にとって「自分」がその場に必要とされる存在であることを認めつつ、物事には限界があって、どんなにがんばっても思うような結果にならないこともあるのだ、という認識も頭の片隅において、必要以上に自分を責めないことだと思います。いっぺんには無理だと思いますが、徐々にそういう考え方になれていけばいいと思います。
ちなみに、私はIT業界の自営業ですが、やはりバーンアウトしたことがあります。個人事務所に雇われていたとき、持病の難病が悪化し、体調が悪くなり仕事が要求通りこなせなくなったことを、上司も責めたし、自分自身も自分のせいだと責め続けた結果、もっと悪い状態に陥りました。
現在はその職場を去り、自分で独立してマイペースで仕事をするようになってからは、その当時くらい忙しくても、体調が悪くて思うように仕事が進まなくても、自分を責めたりはしませんし、うるさい上司もいませんからとても楽です(笑)。
同じ福祉関係でも、職場環境や人間関係が変わるだけで、ずいぶんと違うのではないでしょうか。まずはゆっくりご静養下さい。お大事に。

参考URL:http://www.ishikawa-nu.ac.jp/kenkyu/pdf/01_02.pdf
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aに関連する記事

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q社会福祉士と精神保健福祉士の資格取得について

こんにちは31歳、女性です。

最近結婚しましたが将来的な事を考えて社会福祉士か精神保健福祉士
のどちらかを勉強して仕事に就きたいと真剣に考えて日本福祉大学の資料も取り寄せました。
私は高卒なので4年間びっちり勉強になりますが…子供も欲しいと思って
います。学費は働きながらと貯金があるのでなんとか…ですが
両方の両立はやはり難しいでしょか?
今は31歳なので先々の事を考えて遅いとかは考えてはないですが
通信教育は途中で断念する人が多いとも聞きます。
分からない事だらけですが社会福祉士と精神保健福祉士はどちらが働きやすく求人が多いでしょうか?子供が好きなので児童相談所や障害をもった子供に対応する仕事に就きたいと思っています。以前病院に勤めていて
そのような仕事で働きたいと思った事がきっかけです。

まとまりのない文章ですが経験されている方、 今、勉強している方
の意見等聞いてみたいので宜しくお願いします。

Aベストアンサー

知人が働きながら通信の大学(日本福祉大ではなかったですが)を卒業し、精神保健福祉士を取得しました。
確かに通信教育は途中で断念する人が多いそうですが、とにかくやり抜く!という気持ちがあれば、断念する人が多いという事実は関係ないのでは?
通信教育で大変なのは、スクーリングと呼ばれる授業を受ける時間を作ることだそうです。
知人は、仕事の都合とスクーリングの日程がなかなか合わず、最短の在籍期間での卒業はできなかったそうです。
また、資格を取るとなると、実習の時間も必要になります。
実習前後の指導も含めると2ヶ月くらい時間を取られたそうです。

なので、「両立は難しいか」と言われれば、
「働きながら卒業は可能だけれども、現在の仕事との兼ね合いに
よっては最短の4年間で卒業できるとは限らない」と私は答えます。
また、ご結婚されているのであれば旦那様の協力なしではできないと思います。
授業、テスト、実習等で数日家を空けることになる可能性もゼロではないので、その点はあらかじめお願いしておかなければですね。
お子さんも欲しいとのことですが、最短で4年間子供を我慢するのか・もし在学中に妊娠したらどうするのかも話し合ってください。
現在のお勤めを続けながら勉強をするのであれば、勤め先の理解を
得ることも必要です。
まったく休みを取ることなく卒業することはできないと思います。

就職については、この2つは持っていると格別に有利になる!という類の資格ではないです。
幅が広い仕事ができるのは社会福祉士、精神障害専門に特化したいなら精神保健福祉士ですね。
子供に対応する仕事ですと、社会福祉士・精神保健福祉士を要件に挙げる求人もありますが、保育士を要件に挙げる求人もあるかと思います。
具体的な就職・求人情報については、お近くのハローワークや福祉人材センターでお尋ねになると、
お住まいの地域の実情に即した情報が手に入るのではないでしょうか。
また、病院に勤められていた経験があるとのことですが、その時のお知り合いで福祉関係に詳しい人はいませんでしたか?

知人は元々福祉関係に勤めている人で、スキルアップとして
資格を取ったため、就職については参考にならないのですが、
「卒業した時はものすごく満足感があった。30近くになってから、
こんなに勉強に熱中できるとは思わなかった。自分で自分をほめてあげたいってこういう状態かもしれない」と言っていました。
やる気さえあれば、資格以上の大きなものが得られるようです。

是非とも頑張ってみてほしいと思いますが、途中で断念することになるのももったいないので、少々厳しめのことを書いてしまいました。
ごめんなさい。
参考になる部分があれば幸いです。

知人が働きながら通信の大学(日本福祉大ではなかったですが)を卒業し、精神保健福祉士を取得しました。
確かに通信教育は途中で断念する人が多いそうですが、とにかくやり抜く!という気持ちがあれば、断念する人が多いという事実は関係ないのでは?
通信教育で大変なのは、スクーリングと呼ばれる授業を受ける時間を作ることだそうです。
知人は、仕事の都合とスクーリングの日程がなかなか合わず、最短の在籍期間での卒業はできなかったそうです。
また、資格を取るとなると、実習の時間も必要になります...続きを読む

Q交通信号を守らない車が多い。あまりにも明らかに悪質な信号無視車両も多い

交通信号を守らない車が多い。あまりにも明らかに悪質な信号無視車両も多い現状には目にあまるものがあります。
交差点をビデオ等で撮影しものを証拠として検挙取り締まってもらえるものでしょうか。
また、手続きはどのようにすれば良いのでしょうか。
専門的とは思いますが宜しくお願いします。

Aベストアンサー

医療のカテゴリーですが、信号無視車両に衝突されて怪我したのですか?
信号無視車両を個人的にビデオ撮影しても被害者不在では警察は動きません。
警察は、1市民の指示で取り締まりを強化する事もしませんが、意見は聞いてくれるでしょう。
ビデオ撮影は、交差点全体の様子と違反車両ナンバー及び運転手が特定出来るもので、尚且つ日時が信頼出来るものでなければ証拠になりません。

QRULEOUT(ルールアウト)の使い方

教えて下さい。

ルールアウト(訳:除外する)という言葉を耳にしました。
このルールアウト(ルールアウト否定も)とは一体どのような時に使用するものなのか教えて頂きたいと思います。
あるプロブレム(診断病名)に対して使用するものであるとは思うのですが、詳細な使い方が不明(ルールアウト否定についても)です。

例)病名Aに対して病名Bをルールアウトする。
という場合、
BはAの原因として疑い、検査結果などで「Bが原因ではない。」と判明した段階でルールアウト否定するものなのでしょうか。
Aの併発として疑われる為、ルールアウトしておいて、後の検査結果などで「Bは関係ない」と判明した段階でルールアウト否定するものなのでしょうか。
それとも上記とは全く違った使い方をするものなのでしょうか。

なにな具体例も併せて教えて頂きたいと思います。
・ルールアウトの使い方
・ルールアウトを否定するとはどうゆうことなのか。

Aベストアンサー

お礼の前段はその通りでいいと思います。

#1良性疾患(R/O悪性疾患)
という書き方でしょうか。

後段(ルールアウト否定)については、あまり一般的な使用法ではないように思います。私は見たことも使った事もありません。あえて考えれば後者が正しい(ルールアウト自体が疾患名を指すので、胃癌が否定されたと考えていいのでは?)のではないでしょうか。おそらく、その病院や大学系、講座の慣用的使い方だと思いますが、、、。その医局関係の方に聞かれた方が良いですよ。全く逆の文章を書いてたら大変な事になりますからね。

Q精神保健福祉士 国家試験 受験予定

来年 1月の受験に向けて 準備しています。11月の模擬試験&受験対策ゼミ 費用があまりに高かったから 申し込みませんでした。だから あとは 独力だけですが 仕事をしながらの 年を食ってからの(56歳)受験勉強 不安です。今年1月の 社会福祉士には なんとか 合格できましが、昨年は模擬試験 直前対策ゼミ と 費用も安かったので 万全で望みました。 模擬試験 なしでの受験 を経験された方、高齢で 働きながらの受験を経験された方 どういう学習の仕方をされたのか 教えて下さい。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

焦点を絞って、集中です。

合格体験記を参考に、
過去問を実践して突破しましょう。

http://www.caresapo.jp/shikaku/seishin/goukaku/
http://合格体験記.com/524/

http://kakomon-quiz.com/seishin/

Q精神保健福祉士になるためには?

私は精神保健福祉士をいずれは取得したいと思っています。
平成13年11月から現在まで3年9ヶ月の勤務年数が過ぎました。勤めているのは支援センターで、指導員として相談等の業務を行っています。
今後、通信の養成施設へ通いたいと思っています。私が行こうと考えている養成施設は今年10月に願書受付で、授業自体は来年の4月からとなります。
ところが受験資格取得は4年以上の実務経験者で、精神保健福祉士一般養成施設(1年以上)を卒業した者とありますが、私の場合はこの「4年以上」に当てはまるのですか?願書の時点では4年未満ですが、授業が始まる頃には4年以上になります。

Aベストアンサー

一般的に実務経験を問われる場合は、資格取得時点での実務経験を言う場合が多いから大丈夫だと思います。
もし問題があれば、願書提出時にチェックされて受理されないと思います。
ただし、「実務経験」の内容に問題がないか、下記サイトを参考に再確認して置かれると良いと思います。

参考URL:http://www.sssc.or.jp/seishin/se02-04.htm


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報