特許の申請から受理までは通常どのくらいかかるものなのでしょうか?私は1年前以上に特許事務所を経由して願いを出したことがあるのですが、1年後の今、特許庁のHPで検索しても該当するものはありません。これは、却下されたと考えても早計ではないのでしょうか?なお、私は発明者として名前を乗せているだけで、申請書類を作ることは特許事務所と打ち合わせをしながら作製をしました。実際の申請(出願人?)は、権利を持つ法人がしてくれて、その後私は何の連絡もありません。こういうことは普通なんでしょうかねぇ?なお、最初から権利はその法人に移す、と言う約束なので、異議がある、というわけではなく、ただ単に、「そういえばどうなったかなぁ?」と知りたいだけです。でも、今後の為に、もし詳しい人がいたら教えて欲しいです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

出願人の法人に問い合わせにくいのであれば、特許事務所に尋ねてみては如何でしょうか?



公開は出願後1年半ですのですので、それ以前であれば公開はされてません。

いずれにしても出願日を問い合わせては如何でしょうか?

ご参考まで。
    • good
    • 0

訂正


(概ね2万円~)→(数千円)
    • good
    • 0

タイトルだけで回答しました


下の文章を読んでいなかったので変な回答になってしまいました
あなたが権利者(出願人)でないのであればあなたには発明者としての名誉だけしかありません
ただし報奨金(概ね2万円~)が支払われたと思います
最近裁判で発明者に現実的な対価を支払えという訴訟(LED訴訟)が起きていますが今の法律の運用では企業の利益のため発明者には少額と名誉だけ与えればいいということです
質問は単なる好奇心ですね
検索したと言うことはキーワード検索ですか?
出願番号による検索ですか?
出願番号があれば受理されたということです
公開は1年半以降ですからあと半年ほど待てば受理されていれば検索に引っかかるはずです
    • good
    • 0

>特許の申請から受理までは通常どのくらいかかるものなのでしょうか?



即日です。オンラインで出願するとすぐにプルーフと共に返ってくる受領書に出願番号が書かれています。

>却下されたと考えても早計ではないのでしょうか?

早計です。様式上の不備がなければ、却下はされません。

MiJunさんが仰っているように、出願から1年半は原則として公開されませんから、特許庁のHPでの検索にはかかりません。もう少しお待ちになってみてはいかがでしょうか。

>実際の申請(出願人?)は、権利を持つ法人がしてくれて、その後私は何の連絡もありません。こういうことは普通なんでしょうかねぇ?

それはちょっとわかりかねますが、連絡がなくても仕方ないでしょうね。chan008さんの方で出願人に問い合わせてみて下さい。
    • good
    • 0

特許事務所に聞くより特許庁に直接聞いた方がいいです


基本的に届けを出して書類に不備がなければ直ちに受理されるはずです
今はオンライン出願ができますからパソコンがあればオンライン出願できます
そのときにはほぼ瞬間に受理されます
ただしオンライン出願関係の手続きをあらかじめ行っていなければなりません
オンライン出願できるようにするための環境整備の料金はパソコンを持っているならばほぼ出願ソフトの送料1000円足らずだけで済みます

特許庁:03(3581)1101

参考URL:http://www.jpo.go.jp/info/psyutugaiyou.htm
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q建築物(木造住宅2階建)の完了検査申請書の準備をしています。

建築物(木造住宅2階建)の完了検査申請書の準備をしています。
添付する図面ですが、確認申請書に添付した図面が全て必要なの
でしょうか?
又、正福2部提出するのでしょうか?教えて下さい。
初めてなのでよくわかりません。
確認申請は私が行い、現場監理も行いました。
工事監理報告書等は用意出来ています。

Aベストアンサー

完了検査申請書一式と委任状があれば図面は必要ないです。
自治体によっては、シックハウスなどの資料が必要なところもあるかもしれません。
部数も一部のみで良いですよ。
心配でしたら、確認を提出した確認検査機構に聞かれたら一番良いですね。

Q上司に却下された特許案を、個人で特許申請して売っていいか?

会社で業務として開発をしていましたが、そこで提案した特許になりそうな案を上司に”特許に出来るはずがない”とさんざん貶されて却下されました。

すでにその会社を退職後ですが、業務の中で提案して会社に拒絶された案を個人で特許として申請して他社に売る場合、提案を拒絶した会社に訴えられた時に負ける可能性はありますか?
提案は却下されましたが、資料は前記会社に残っている可能性があります。

その案を申請しても特許として認められない可能性についての回答は不要です。

できれば知的財産権に詳しい弁護士さんか、弁理士さんの回答が欲しいです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ミスミス特許登録されない国益の損害か?

業務のなかで開発したものなので、
帰属は会社になります。
ただ、法改正の影響が
時期によりありますので注意です。

Q建築に関して木造住宅の中間・完了検査申請書(第四面)の記入例を探してお

建築に関して木造住宅の中間・完了検査申請書(第四面)の記入例を探しております。どこかにありませんか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

新日本法規の
建築申請手続マニュアル

第一法規の
建築法規PRO
建築確認申請マニュアル

には載ってましたよー

Aベストアンサー

> あたしがじぶんでやったら、漫画になってしまうと思います。(笑)
> それでも大丈夫でしょうか?

それで大丈夫です。特許図面は、アートではないので、発明の説明に必要なことが伝われば十分です。
みてくれが良いかどうかなんて特許図面としてよいかどうかには無関係です。
もし最終的に誰かに清書してもらう(例えば、弁理士さんなんと打ち合わせしているうちに絵を清書させましょう、ってなることはあるかも)
としても、絶対に元絵は発明者本人が描いたほうがいいですよ。
結局の所、他人には発明者の頭の中身はわかりませんから、いくら専門家と言えども発明者の本当の意図通りの絵は絶対に描けません。

特許というのは、クレームで明確に言及されているもの以外にも、
発明者本人がきちんと認識していなかったor重要だと思っていなかった(当然だと思っていた等)の隠れた発明がひそんでいて、
実はそっちのほうが重要だった、なんてことはよくあるんですが、
この場合でも明細書や図面にその隠れた発明が表現されていれば、後から分割出願して権利を主張できます。
で、図面には、文の10倍くらいの情報がつまっています。
また、文は書いた人が書いた時点で重要だと思っている部分しか書かれないのにたいして、図には頭の中で当然視している事柄も含めて図示されますから、
基本的には、発明の本質は図面に表れることになります。

> あたしがじぶんでやったら、漫画になってしまうと思います。(笑)
> それでも大丈夫でしょうか?

それで大丈夫です。特許図面は、アートではないので、発明の説明に必要なことが伝われば十分です。
みてくれが良いかどうかなんて特許図面としてよいかどうかには無関係です。
もし最終的に誰かに清書してもらう(例えば、弁理士さんなんと打ち合わせしているうちに絵を清書させましょう、ってなることはあるかも)
としても、絶対に元絵は発明者本人が描いたほうがいいですよ。
結局の所、他人には発明者の頭の...続きを読む

Q会社設立登記の申請期間「設立時取締役等の調査が完了した日から二週間以内

会社設立登記の申請期間「設立時取締役等の調査が完了した日から二週間以内」とありますが、「調査が完了」とは発起設立の手続き終了した日のことですか?

Aベストアンサー

発起人から取締役が選ばれるのが普通なので、手続き終了=調査報告書作成日

Q特許の疑問です。例えば、スプーンの特許の権利が第三者にあるとします。そ

特許の疑問です。例えば、スプーンの特許の権利が第三者にあるとします。そして、フォークの特許の権利も第三者にあるとします。二つとも権利期限がまだ有効のときに、スプーンとフォークが合体した物を自分が発明したとします。そのときに自分の発明品としての特許を取ることができるのでしょうか?

Aベストアンサー

特許権があるスプーンと特許権があるフォークを「単に合体した」物を発明しても、特許を取得ことは出来ません。

スプーン、フォークに現在特許権があるから(権利が有効だから)特許が取れないのではありません。スプーン、フォークの特許権が切れた後であっても特許をとることができません。

特許権があるということは、その技術は既に世間に知られている(公知)ですから、既に世間に知られている技術であるスプーンとフォークを「単に合体する」ことは、当業者であれば容易に考え付くことですから(進歩性が無いとして)拒絶されます。
つまり、「ナイフとフォークを単に合体するというアイデア」は発明ではない(発明をしていない)、ですから特許をとることができないということです。

特許権のあるスプーンと特許権のあるフォークを合体した物を作って販売等すると特許権の侵害になります。スプーンの特許権者、フォークの特許権者の双方の許諾を得なければなりませんから注意して下さい。
特許権が切れた後(有効期限が過ぎた)であれば、許諾を受ける必要はありません。だからといって、特許権が取得できるものではありません。

特許権があるスプーンと特許権があるフォークを「単に合体した」物を発明しても、特許を取得ことは出来ません。

スプーン、フォークに現在特許権があるから(権利が有効だから)特許が取れないのではありません。スプーン、フォークの特許権が切れた後であっても特許をとることができません。

特許権があるということは、その技術は既に世間に知られている(公知)ですから、既に世間に知られている技術であるスプーンとフォークを「単に合体する」ことは、当業者であれば容易に考え付くことですから(進歩性が...続きを読む

Q登記申請から完了までの間の経費の仕訳は?

いつもお世話になっています。

今月株式会社を作りました。
法務局への登記申請から完了するまで何故か2週間近くかかりました。
登記申請の日が設立日になるということなので、
申請後に事務用品や消耗品等を購入し領収書をとりました。
このお金は個人での立て替えということになります。

しかし、登記完了までは法人名義での口座も開設できないですよね。
完了後口座を開いて、まず資本金の仕訳をしました。

資本金が入った後ならば、個人の立て替えは実際の買い物をした日に「仮受け金」や「未払い金」で仕訳しておいて、精算の時点で現金を支払って仕訳すればいいと思うのですが
いくら設立日より後とは言え、「仮受け金」や「未払い金」を資本金の仕訳の前に発生させるのはおかしいように感じます。
かといって、資本金以前の支払いを全額「創立費用」(開業費)というのも違和感があります。

どうするのが一番良いのでしょうか?

Aベストアンサー

業務のための支出です。創立費用で何ら問題はありません。

Q特許庁で特許申請(自分で考案したもの)

まず、おはずかしながら・・・特許申請と実用新案とあまり違いが分かっていません。

教えていただきたいのは、自分で発明したものを特許取得の目的で申請したいのですが、このときに自分で作った試作品も一緒に持参しなくてはならないのでしょうか?
それとも、設計図のようなものを申請書と一緒に申請するのでしょうか?

ご存知の方がいらっしゃいましたら、手順などを教えていただけないでしょうか?
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

う~ん・・・いまだにNo.1の方が紹介されているサイトが存在してるんですね。
ちょっと驚きました。
そのサイトのことについては、下記質問で論じられています。
是非参考にしてください。
http://okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=545503

また、特許と実用新案の違いについては、下記質問のANo.3のご説明が秀逸ですので、そちらも参考にしてください。
http://okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=155222

>教えていただきたいのは、自分で発明したものを特許取得の目的で申請したいのですが、このときに自分で作った試作品も一緒に持参しなくてはならないのでしょうか?

試作品は要りませんが、当業者が発明の構成を理解できる程度に詳しく説明した書類を特許庁に提出することが必須です。
また、それで足りない場合には図面を添付します。

その辺の基本的なことは、特許庁のHPにも解説があるでしょうし、発明協会及び弁理士会の無料相談も有効です。
是非下記URLをご覧ください。

http://www.jpo.go.jp/indexj.htm
http://www.jpo.go.jp/tetuzuki/index.htm
http://www.jpo.go.jp/tetuzuki/t_gaiyou/tokkyo1.htm
http://www.jiii.or.jp/
http://www.jpaa.or.jp/?05291100

参考URL:http://okweb.jp/kotaeru.php3?q=1278615

う~ん・・・いまだにNo.1の方が紹介されているサイトが存在してるんですね。
ちょっと驚きました。
そのサイトのことについては、下記質問で論じられています。
是非参考にしてください。
http://okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=545503

また、特許と実用新案の違いについては、下記質問のANo.3のご説明が秀逸ですので、そちらも参考にしてください。
http://okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=155222

>教えていただきたいのは、自分で発明したものを特許取得の目的で申請したいのですが、このときに自分で作っ...続きを読む

Q楽オクの取引開始を経て入金完了、商品発送後の返金申請するかもとのメッセ

楽オクの取引開始を経て入金完了、商品発送後の返金申請するかもとのメッセージについて

楽オクにてバックの落札での取引でチェーンがついてない(その説明がなかった)とか偽物では?落札する気持ちで入札はするものだと思うのですがこんな説明不足で高値で落札してしまったから納得がいかないなどと入金後にメッセージが届き商品を発送したものの状態をみて返金申請するかもと言われて困っています。オークションというものはまず入札する思いがあって責任をもって入札し画像をみて疑問点があればオークション中に質問をしてきてその回答によって落札するかの意思を決めてするものだと思うのですがまずオークションの基本ルールが私の考えは間違っているのでしょうか?
その方は質問もなく競って落札し自分の意思で取引開始、入金し私が発送手続きをしてからあーだこーだと
いちゃもんをつけてきて挙句の果てには偽物ではないか?説明不足、画像では判断できなかった部分の指摘をされ届いて状態をみて返品、返金申請をするか判断するとの一点張りです。
オークション中の質問もなくオークション後の取引開始前の質問もなく入金手続きまでされた後で返品、返金申請するかもと言われるのは納得がいきません。
通常発送(郵パック)での発送なのですがそういった経緯で返金、返品申請をされたら受理しなくてはならないのでしょうか?
取引開始ではよろしくお願いします。とメッセージがありその翌日に入金手続きが完了しましたとメッセージがありました。それで発送してからの質問攻め、誹謗中傷のようなメッセージが届くのは納得がいきません。返金、返品申請を受理しなくてもすむ方法はありますか。至急のご回答をお願いしたくよろしくお願い致します。

楽オクの取引開始を経て入金完了、商品発送後の返金申請するかもとのメッセージについて

楽オクにてバックの落札での取引でチェーンがついてない(その説明がなかった)とか偽物では?落札する気持ちで入札はするものだと思うのですがこんな説明不足で高値で落札してしまったから納得がいかないなどと入金後にメッセージが届き商品を発送したものの状態をみて返金申請するかもと言われて困っています。オークションというものはまず入札する思いがあって責任をもって入札し画像をみて疑問点があればオークション中...続きを読む

Aベストアンサー

>オークションの基本ルールが私の考えは間違っているのでしょうか?

間違っていません。
自分にとって「不十分な説明」と感じるのであれば(実際の説明状況は不明ですが)
納得いくまで質問すればよいことで、それでもなお「どうもなぁ」と思うのであれば
わざわざその人から落札しなければ良いだけのこと。
そういう人はたいてい「お客様」と勘違いしているような人が多いです。

さて、
>通常発送(郵パック)での発送なのですがそういった経緯で返金、返品申請をされたら受理しなくてはならないのでしょうか?

間違いなく本物なのでしょう?本物だということを前提に回答しますが
そういう場合は返金申請されても応じなければいいだけで、必ずしも返金の対応をしなければいけないものではありません。

>発送してからの質問攻め、誹謗中傷のようなメッセージが届くのは納得がいきません。

他で少し安く見つけたか、単に欲しくなくなったかじゃないの?
(勢いで入札・落札しちゃったけどやっぱいらないかも・・ってな感じで。まぁそんなの知ったこっちゃないですが)

>返金、返品申請を受理しなくてもすむ方法はありますか

だから。放っておけばいいんです。システム上は。
ただメッセージ上ではそういうわけにはいかないでしょうから、あなたが商品に自信をお持ちなら
毅然とした態度で「返品を受ける理由はない」として断りのメッセージを入れるなりすることでしょうね。
さっきも言いましたがシステム上は申請されても無視すれば済む話です。

商品・対応・説明いずれをとっても気に病むことがないのであれば
毅然とした対応を取ることです。

>オークションの基本ルールが私の考えは間違っているのでしょうか?

間違っていません。
自分にとって「不十分な説明」と感じるのであれば(実際の説明状況は不明ですが)
納得いくまで質問すればよいことで、それでもなお「どうもなぁ」と思うのであれば
わざわざその人から落札しなければ良いだけのこと。
そういう人はたいてい「お客様」と勘違いしているような人が多いです。

さて、
>通常発送(郵パック)での発送なのですがそういった経緯で返金、返品申請をされたら受理しなくてはならないのでしょうか?...続きを読む

Q特許申請について先日質問させていただき、未婚の未成年者は、特許法7条の

特許申請について先日質問させていただき、未婚の未成年者は、特許法7条の「独立して法律行為をすることができるとき」を満たしておらず、特許に関する手続きができないとわかりました。

回答の中に、未婚の未成年者と成年被後見人は、特許申請ができないと書かれていたのですが、そこで疑問に思った事があります。

市役所の非課税の人の記述の中に、障害者、未成年者、老年者で前年の合計所得が125万以下という記述がありました。

身体障害者や精神障害者や老年者は成年被後見人となり、特許申請できないとなるのでしょうか?

この考え方だと、障害者や老年者が全て、成年被後見人となってしまうのですが…。
どう考えたらよいのでしょうか?

知っている方いらっしゃいましたら教えてください。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

法定代理人によらなければ手続(特許出願も手続の一つ:特許法3条)できないということは、逆に言えば、法定代理人を通して手続できる、という意味になります。
具体的に、願書では、【特許出願人】未成年者A、【法定代理人】Aの親等(法定代理人)、となります。
弁理士や弁護士を代理人(委任代理人)にする場合には、法定代理人(未成年者ではなく)から弁理士・弁護士への委任する、ということになります。
このまま特許になれば、未成年者Aが特許権者になります。
ただ、他人にライセンスしたり権利を譲渡する際は、法定代理人が契約書に署名・捺印することになります。
出願段階の出願人の変更も同様です。
なお、出願に際して特許庁から委任状は要求されません。
出願の取り下げ、審判請求などの特定の手続を行うときだけ要求されます。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報