特許公表と特許公開は何が違うのでしょうか?

なぜ平成表記と西暦表記が混在しているのでしょうか?

特許電子図書館で検索結果に出てくるのは、出願したもの全てであり、
審査を通って特許や実用新案として認められたもの以外もヒットする
ということでしょうか?
http://www2.ipdl.inpit.go.jp/begin/be_search.cgi …

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

公開特許は、公開・公表・再公表の三つに分けられます。


私が理解しているのでは、この三つは特許庁へ出願されたルートによる分け方です。
日本語で特許庁へ直接出願したものが公開されると特許公開になります。あと、外国から国際出願しながら、指摘国を日本にして日本特許庁に出願されたものが公開されると公表特許になります。
最後に日本で(主に我国の人または、企業)国際出願をしながら、指定国を日本にして特許庁に出願されたものが公開されると再公表特許になります。
すなわち、我が国の特許庁にすぐ出願すると公開になり、国際出願を通じて我が国の特許庁に出願されると公表または、再公表特許になります。公表と再公表の差異は、「外国-国際出願-日本」の経路が公表であり、「日本-国際出願-また日本」の経路が再公表になるということです。
--------------------------------------------------
特許番号の年度表記には、平成だけではなく、昭和表記も使われます。
一般的に平成はH・昭和はSで区分されるが、2000年から西暦表記を使うようになりました。
私の考えでは、今後の平成は結局、昭和年度と重複されるので、2000年以後からは西暦年度に変更したのではないかと思います。
------------------------------------------
3番目については、質問に書いてあるように、検索する特許の種別によって変わってきます。
一般的に特許を検索するとき、選択するが種別は「特許」と「実用」に区分されます。
そこから、特許はまた、「公開系」と「登録系」に、実用も「公開系」と「登録系」に区分されて総四つに分けられます。
その四つの種別は次のようです。
1. 公開特許公報 (公開系) :特許出願して公開された全てのもの
2. 特許公報 (登録系) :1番のうち審査して権利が認められたもの(登録されたもの)
3. 公開実用公報 (公開系) :実用に出願して公開されたすべてのもの
4. 実用新案公報 (登録系) :3番のうち審査して権利が認められたもの(現在は存在しない制度)
www.ultra-patent.jp というサイトでは、特許種別の選択がとても簡単です。それに検索画面も使いやすくなっているので、参考にしてもいいと思います。

参考URL:http://www.ultra-patent.jp
    • good
    • 3

特許公表


http://www.furutani.co.jp/cgi-bin/term.cgi?title …
特許公開
http://www.furutani.co.jp/cgi-bin/term.cgi?title …

平成表記と西暦表記ですが、2000年から西暦表記になったように記憶しています。

>特許電子図書館で検索結果に出てくるのは、出願したもの全てであり、
>審査を通って特許や実用新案として認められたもの以外もヒットする
>ということでしょうか?
そのようです。
審査未請求のものも出てきますよね。
当然公開済みのものしか出てこないはずですが。
    • good
    • 0

>>>


特許公表と特許公開は何が違うのでしょうか?

「公表」は、国際出願の特許です。
「公開」は、国内出願の特許です。


>>>
なぜ平成表記と西暦表記が混在しているのでしょうか?

2000年(平成12年)から西暦表記に変わりました。


>>>
特許電子図書館で検索結果に出てくるのは、出願したもの全てであり、
審査を通って特許や実用新案として認められたもの以外もヒットする
ということでしょうか?

国際出願のほうはどうだったか忘れましたが、
国内出願した特許は、すべて、出願から1年半後に公開公報で公開されます。
「公開公報」を検索すれば、公開公報が出てきますし、
「特許公報」を検索すれば、登録された特許だけが出てきます。
    • good
    • 0

公表特許は、外国出願されたものですが、


公開特許は、日本国しか出願されていません。

平成表記と西暦表記ですが、西暦表記以降は、出願から公開までの時間が短くなりました。これは法改正によるものです。

検索結果に出てくるのは、出願したものすべてではありません。
まれに、出願後、公開直前に取り下げる場合があるからです。
審査を通り、認められたもの以外に、どのような技術が出願されているか(1.5年で公開されます)、その分野の一般的な技術知識を有するものが参考にして、更なる技術開発を出来るようにするため、公開だれます。

なお、実用新案は、先の法改正で、現在では無審査制度になりましたから、書類不備がないか、公序良俗に違反する内容でないかだけ検査されるだけで、技術的内容については、審査されません。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q特許の審査未請求って?

ある特許を調べていた所、既にある人が出願しており、その後公開となっておりました。しかし、審査について未請求と書いてあります。これって特許として審査していないから特許じゃないってことですか?出願から3年以内に審査を請求=未請求の場合みなし取り下げと特許庁のウェブにものっていますがどういう意味ですか?詳しい人教えてください。

Aベストアンサー

基本的な部分の説明が抜けているようですので補足しますが、公開公報は原則として出願から1年半経過後に発行されます。現行法における審査請求期限は3年ですから、審査請求の期限が来る前に公開公報を作成しなければならないんです。従って、No.2の方が仰る通り、公開公報作成時点では審査請求されていないという出願はたくさんあります。公開公報の情報は鵜呑みにしない方がいいです。

さらに言えば、審査請求期限が3年になったのは平成13年10月1日の出願からであり、それ以前の出願については、審査請求期限は7年です。つまり、7年前の今日から平成13年9月30日までの出願については、まだ審査請求期限になっていないんです。

なお、審査請求されていないからと言って先行技術として無効というわけではなく、公開されて文献公知になっていれば、同一発明又は容易に想到し得た発明は特許されません。

質問文から推測するとttoru01さんはご自分で特許出願をするために先願調査をされているようにも取れるのでついでに言うと、現時点では文献公知になっていなくても、まだ出願から1年半経っていないから公開されていないというものだってありますし、さらには、国内優先権主張出願ができる期間を経過後に実施例の追加等を含めた補正をしたいような状況になった場合には、その出願については審査請求をせずに、実施例の追加を伴った分割出願をし、まだ公開されていないので検索でヒットしないというような場合だって、可能性として考えられないことではありません。(そういう出願が認められるか否かはまた別問題ですので、誤解のなきように。)

加えて、特許出願はされていなくても、文献に発表されていたり商品として販売されていたりすれば、特許にはなりません。

何が言いたいのかというと、先願調査を完璧に行うことは誰にもできないということです。特許明細書を含めた文献で類似発明が見つからなかったとしても、絶対に特許になるとは言えないんです。もしもそんなことを言う人がいたら、疑ってかかってください。

基本的な部分の説明が抜けているようですので補足しますが、公開公報は原則として出願から1年半経過後に発行されます。現行法における審査請求期限は3年ですから、審査請求の期限が来る前に公開公報を作成しなければならないんです。従って、No.2の方が仰る通り、公開公報作成時点では審査請求されていないという出願はたくさんあります。公開公報の情報は鵜呑みにしない方がいいです。

さらに言えば、審査請求期限が3年になったのは平成13年10月1日の出願からであり、それ以前の出願については、審査...続きを読む

Q特許取得と特許公開の違い

皆様お世話になっております。
本日も宜しくお願いいたします。

会社でを代理店契約しようと考えておりますが、
その会社に「特許は公開のみで取得申請はしない」と
言われました。

特許は取得しなくても他社にマネされた場合は、特許侵害になるのでしょうか?

取得しないほうが良い場合と、悪い場合をお教えください。

※私個人的には、取得した場合独占権が20年なのでなのかと考えていますが良くわかりません。

宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

特許出願後、原則として18ヶ月経過後に、特許公開公報が発行されます。これは、その特許が出願されていることを公に知らしめるものであり、この公開日の後に、他社が仮に全く同じ特許を出願しても、その他社の特許出願は新規性がないために拒絶理由となります。

一方で、出願後に審査請求をして、審査官が審査をして、特許査定となった場合に、特許料を払い込んだあとに特許として登録されます。この時点で「特許取得」といえます。

公開しただけでは特許権を得ることはできません。登録されてはじめて特許権です。よって、独占実施権を得るためには、公開だけでは不十分で、審査請求~登録までの手順を行なう必要があります。

sytkinouさんは、独占権を得て、他者に真似されないようにしたいようですので、そのためには特許権を得る必要があります。

その代理店契約しようとしている相手の会社が「特許は公開のみで取得申請はしない」と言っているということは、費用を節約したいのだと思います。

特許を受ける権利は元々どちらの会社が持っておられるのでしょうか? 自社が持っているならば、自社で特許を取得されれば良いと思います。あるいは、必要かつ合意可能ならば、他社から特許を受ける権利を買い取るなどして自社で特許取得するという可能性もあります。

なお、上記は一般論ですので、個別ケースについて具体的には弁理士等の専門家に相談されることをお勧めします。

特許出願後、原則として18ヶ月経過後に、特許公開公報が発行されます。これは、その特許が出願されていることを公に知らしめるものであり、この公開日の後に、他社が仮に全く同じ特許を出願しても、その他社の特許出願は新規性がないために拒絶理由となります。

一方で、出願後に審査請求をして、審査官が審査をして、特許査定となった場合に、特許料を払い込んだあとに特許として登録されます。この時点で「特許取得」といえます。

公開しただけでは特許権を得ることはできません。登録されてはじめて特...続きを読む

QNをkgに換算するには?

ある試験片に40kgの重りをつけた時の荷重は何Nをかけてあげると、重り40kgをつけたときの荷重と同等になるのでしょうか?一応断面積は40mm^2です。
1N=9.8kgfなので、「40kg=N×0.98」でいいのでしょうか?
ただ、式の意味がイマイチ理解できないので解説付きでご回答頂けると幸いです。
どなたか、わかる方よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。

kgfはSI単位ではないですが、質量の数値をそのまま重さとして考えることができるのがメリットですね。


>>>
ある試験片に40kgの重りをつけた時の荷重は何Nをかけてあげると、重り40kgをつけたときの荷重と同等になるのでしょうか?

なんか、日本語が変ですね。
「ある試験片に40kgの重りをつけた時の引っ張りの力は何Nの力で引っ張るのと同じですか?」
ということですか?

・・・であるとして、回答します。

40kgのおもりなので、「おもりにかかる重力」は40kgfです。

重力は万有引力の一種ですから、おもりにも試験片にも、地球からの重力はかかります。
しかし、試験片の片方が固定されているため、見かけ、無重力で、試験片だけに40kgfの力だけがかかっているのと同じ状況になります。

試験片にかかる引っ張り力は、

40kgf = 40kg×重力加速度
 = 40kg×9.8m/s^2
 = だいたい400N

あるいは、
102グラム(0.102kg)の物体にかかる重力が1Nなので、
40kg ÷ 0.102kg/N = だいたい400N


>>>1N=9.8kgfなので、「40kg=N×0.98」でいいのでしょうか?

いえ。
1kgf = 9.8N
ですね。


>>>一応断面積は40mm^2です。

力だけでなく、引っ張り応力を求めたいのでしょうか。
そうであれば、400Nを断面積で割るだけです。
400N/40mm^2 = 10N/mm^2 = 10^7 N/m^2
1N/m^2 の応力、圧力を1Pa(パスカル)と言いますから、
10^7 Pa (1千万パスカル) ですね。

こんにちは。

kgfはSI単位ではないですが、質量の数値をそのまま重さとして考えることができるのがメリットですね。


>>>
ある試験片に40kgの重りをつけた時の荷重は何Nをかけてあげると、重り40kgをつけたときの荷重と同等になるのでしょうか?

なんか、日本語が変ですね。
「ある試験片に40kgの重りをつけた時の引っ張りの力は何Nの力で引っ張るのと同じですか?」
ということですか?

・・・であるとして、回答します。

40kgのおもりなので、「おもりにかかる重力」は40kg...続きを読む

Qエクセル STDEVとSTDEVPの違い

エクセルの統計関数で標準偏差を求める時、STDEVとSTDEVPがあります。両者の違いが良くわかりません。
宜しかったら、恐縮ですが、以下の具体例で、『噛み砕いて』教えて下さい。
(例)
セルA1~A13に1~13の数字を入力、平均値=7、STDEVでは3.89444、STDEVPでは3.741657となります。
また、平均値7と各数字の差を取り、それを2乗し、総和を取る(182)、これをデータの個数13で割る(14)、この平方根を取ると3.741657となります。
では、STDEVとSTDEVPの違いは何なのでしょうか?統計のことは疎く、お手数ですが、サルにもわかるようご教授頂きたく、お願い致します。

Aベストアンサー

データが母集団そのものからとったか、標本データかで違います。また母集団そのものだったとしても(例えばクラス全員というような)、その背景にさらならる母集団(例えば学年全体)を想定して比較するような時もありますので、その場合は標本となります。
で標本データの時はSTDEVを使って、母集団の時はSTDEVPをつかうことになります。
公式の違いは分母がn-1(STDEV)かn(STDEVP)かの違いしかありません。まぁ感覚的に理解するなら、分母がn-1になるということはそれだけ結果が大きくなるわけで、つまりそれだけのりしろを多くもって推測に当たるというようなことになります。
AとBの違いがあるかないかという推測をする時、通常は標本同士の検証になるわけですので、偏差を余裕をもってわざとちょっと大きめに見るということで、それだけ確証の度合いを上げるというわけです。

Q公開特許は何のためですか

公開特許というのがあって、特許申請して1年半するとその内容が公開されると聞いたのですが、なぜ公開するのでしょうか。

特許権の設定までには4~5年もかかるそうですから、公開するとその内容を見てそれを用いて生産をする者が現れて特許申請者が損をするのではないかと思うのですが。

Aベストアンサー

建前論に近いものですが、特許出願に係る発明を公開することを代償として、独占排他的にその発明を実施する権利が出願人に付与されるわけです。つまり、公開することにより社会にその発明を知らせて産業の発達に寄与するんだから、一定期間はその発明を独占的に実施する権利をあげよう、ということです。

もちろん出願公開即産業の発達に寄与、となるのではありません。出願人以外の者からすると、公開公報を目にして、その出願に係る発明に対して更になにか技術的に優れているもの、面白いものを思いつくかもしれません。出願公開制度は、このように社会に技術的なインセンティヴを与え、技術を更に改良させるきっかけとなるという考えもあり、それが産業の発達に寄与することに繋がるわけです。

特許法1条にも、「発明の保護及び利用を図ることにより、発明を奨励し、もって産業の発達に寄与することを目的とする。」と書いてあります。

次に、権利化前の公開公報を見て第三者がマネをすることに危惧されておりますが、特許法65条にその第三者に補償金を請求できる旨が規定されています。以下の3つが、補償金請求権の発生要件となります。

1. 出願公開があったこと
2. 出願に係る発明の内容を記載した書面を提示して警告をしたこと
3. 警告~特許の設定登録の間に業として出願に係る発明を実施していること

ただし、補償金請求権の発生要件には「特許の設定登録」が含まれているため、特許査定となる特許出願でなければ補償金を請求することはできません。例えば、警告をしたけれども、拒絶査定が出て権利化できなかった、という出願については、特許法65条に基づく補償金を請求できないことになります(特許法65条4項)。公開損とも言えるかもしれないですね。

建前論に近いものですが、特許出願に係る発明を公開することを代償として、独占排他的にその発明を実施する権利が出願人に付与されるわけです。つまり、公開することにより社会にその発明を知らせて産業の発達に寄与するんだから、一定期間はその発明を独占的に実施する権利をあげよう、ということです。

もちろん出願公開即産業の発達に寄与、となるのではありません。出願人以外の者からすると、公開公報を目にして、その出願に係る発明に対して更になにか技術的に優れているもの、面白いものを思いつくかも...続きを読む

Q国際特許出願の審査請求期間について

日本における優先権を伴う国際商標出願(PCTルート)において、日本での審査請求期間はいつから3年なのでしょうか?(優先日か、国際出願日か)
優先権を主張しているという事は、日本において基礎出願をしていると考えているのですが、この考え方は誤解なのでしょうか?
優先権を主張した特許=国際出願した特許と考えております。

優先権主張番号で検索を掛けても、元の特許に行き着けません。
優先権主張番号からもとの特許出願に辿り着けるのでしょうか?
特許公報DBで調べても、全く関係の無い特許か、未備蓄という結果になります・・・

Aベストアンサー

補足に対する回答です。

国際公報の指定国の欄に、「JP」が入っているかどうかを確認してください。
JPが入っていれば、基礎出願は公開されないので、検索することはできません。
どうしても内容を知りたければ、国際公開後は、おそらく包袋を取り寄せすることができるはずです。

審査請求期限は、国際出願日から3年です。優先権主張を行なっているかどうかは関係ありません。

Q優先権主張出願の審査請求期間

国内で基礎となる出願を元に、優先権主張して新たに特許出願をしましたが、その場合審査請求の期限は基礎となる出願日から3年だと思っていたのですが、あとから出願した特許の出願日より3年と電話で特許庁の人に言われました。これは本当でしょうか?だとしたらどんどん伸ばせるように思えますが何故でしょうか?

Aベストアンサー

審査請求の期限は、実際の(後の)出願日から3年で正しいです。

質問者さんは下記の点で誤解をされているようです。
>勿論、Aの記載内容の新規性はAの出願日を元に審査されるのですから、
→skiplawさんの回答の通り、優先権は累積して主張することができません。
 つまり、出願Bについては、新規性・進歩性の判断基準は出願Aのときになりますが、
 出願Cとなると、判断基準は出願Cのときになってしまいます。

したがって、優先権主張を重ねていけば、審査請求期限も特許権の存続期間も
どんどん延ばせることは確かなのですが、新規性・進歩性の判断基準時も
後ろへどんどんずれ込んでいくことになるので、デメリットが大なのです。

Q有無、要否、賛否、是非、可否、当否…これらの言葉について

<A>
有無=あるかないか
要否=必要か否か
賛否=賛成と反対
是非=よいことと悪いこと
可否=よいことと悪いこと
当否=正しいか正しくないか。適切かどうか。


1.上記Aのような種類の言葉について、もっと知りたいので
他に何かあれば教えて下さい。

2.Aのような種類の言葉の事を何と呼ぶんでしょうか??

3.Aのような言葉を、どういう風に使えばいいのですか?
例文を示して頂けないでしょうか。

4.「是非」「可否」「当否」の意味は、全部同じですか?
違うとすれば、どのように違うのでしょうか?

Aベストアンサー

使用例

要否=要否を問う

賛否=賛否両論、賛否を問う
是非=是非(良し悪し)を論ずる。 副詞としての用法、是非参加ください。
可否= 可否(良し悪し)を論ずる。可否(賛否)を問う。
当否=ことの当否(よしあし、あたりはずれ)は別として、

是非と可否は同じ意味です。
当否も上の二つと同じ意味があるものの、それが当てはまっているかどうかという意味もあるので全く同じようには使えないでしょう。
二文字で相反する意味を表す漢語独特の表現法ですが、特に名前があるかどうかわかりません。類語として、否応(いやおう)があります。意味は断ることと承知すること。使用例、否応なしに買わされた(無理やりに買わされた)

Q発明の実施の形態と実施例の違い

特許を書いているのですが、発明の実施の形態と実施例の違いがわからず、どういう風に書けばよいのか困っています。どなたか教えてください。

Aベストアンサー

出願される分野がわかりませんので的はずれになるかもしれませんが、化学特許の場合を例にしますと、
「実施の形態」 
一般的に出願の内容を実施する場合の必要要件をいいます。
特許出願内容を必要要件全てを示す箇所です。 従って最も重要な箇所といえましょう。

「実施例」
具体的な数値、条件、順序、原料などを記述した例を示す箇所で、そのとうり実施すれば特許出願の内容が再現出来る例を示す箇所です。
従ってだれでも再現出来る必要があり、不明確な表現や解りつらい表現はゆるされません。
従って「実施の形態」で「高温に加熱」で許される表現でも「実施例」では数値で示さなければなりません。

Q「PHR」という単位について

 樹脂の配合などにおいて添加剤の添加量を示すのに「PHR」や「phr」という単位を見かけるのですが、正式にはどういう意味なんでしょうか?

 自分としては「%」のつもりで解釈しているのですが、少し不安になってます。

 何かの略称とは思うのですが、それも判別がつきません。

 よろしくお願いします。

Aベストアンサー

日本語で「重量部」と言います。
樹脂の場合は P= per、H= hundred 、R = resin を表し、ゴムなら最後が R= rubber となります。

主の樹脂やゴムの重量を100として、その他配合、添加する物の重量を数字で表示します。
100分率の%と似ていますが、結果としてはその比率は違いますので、要注意です。

例えば、配合する物の合計が10であれば10÷110=約9%となりますが、仮に副樹脂を40として、
その他を代えなければ、10÷(100+40+10)=約6.6%となり、場合によっては、
大きく性質が変わる可能性があります。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報