第2次高調波発生(SHG:Second Harmonic Generation)とは何ですか?詳しく教えてください!

A 回答 (1件)

参考URLにあるのですが、これでわかりますでしょうか。



参考URL:http://mat.chem.nagoya-u.ac.jp/info/keyword/shg. …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。非常に参考になりました。

お礼日時:2002/03/11 18:30

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qsoccerとfootball

タイトルの通りsoccerとfootballって何か違うのかな?
一般的にサッカークラブの名前で○○FCとかいいますよね?
それはfootball clubの略ですよね? American footballはまた違うものだし・・・
soccerとfootballってなにが違うのおぉ~?
誰か教えてください。

Aベストアンサー

本来footballとは中世から近世にかけてのイギリスの「村対抗のお祭り」でした。野原で行われて人数の制限もなく、ボール(らしきもの)を蹴ろうが持って走ろうが投げようが構わないというルールなんてあってないようなものでしたが、「お祭り」だから早く終わっては詰まらないということでオフサイドルールが最初からありました。

それが近代に入って、パブリックスクールで紳士の教養の一つというか、紳士を作るためのスポーツとして、グラウンドで行われるようになり、ルールも整備されていくようになりました。

その中で、手を使わずに足だけを使うのがAssociation footballすなわちsoccerです。で、その他にラグビー校で始められたRugby footballがあります。これはボールを手に持って走っても良いのですが前に投げると反則ですね。また、別の方が述べているように、アメリカに渡ってボールを前に投げても良いが蹴ると攻撃権が相手に移るというAmerican football(1869年に最初の試合が行われたのでこれが一番歴史が浅いですね。)ができました。

つまりfootballには、主要なものとしてサッカー・ラグビー・アメフトの3種類があるということで、soccerはその一つにすぎません。

本来footballとは中世から近世にかけてのイギリスの「村対抗のお祭り」でした。野原で行われて人数の制限もなく、ボール(らしきもの)を蹴ろうが持って走ろうが投げようが構わないというルールなんてあってないようなものでしたが、「お祭り」だから早く終わっては詰まらないということでオフサイドルールが最初からありました。

それが近代に入って、パブリックスクールで紳士の教養の一つというか、紳士を作るためのスポーツとして、グラウンドで行われるようになり、ルールも整備されていくようになりまし...続きを読む

Q反応速度論における第一次反応と第二次反応の区別の仕方

問題によって一次、二次の指定があったり無かったりするんですが、何か条件は無いのでしょうか?
それとも、はっきりとした条件は無いのでしょうか?

もうすぐ試験なのですが不安です。誰かよろしくお願いします。

Aベストアンサー

既に回答があるように、反応式から反応次数を求めるのは一般に不可能です。反応次数や反応速度を求めるには、素反応(素過程)を知る必要があります。素過程とは、ミクロな視点で反応を観察したときに、対象となる粒子の変化を一段階ごとに反応式で示した時のひとつの反応式のことです。

わかりにくいので、例を挙げますと、
A + B → C
という化学反応式が与えられたとしても、この反応式から反応次数は求められません。
というのも、一般に化学反応は多段階で進行します。たとえば、この反応はもしかしたら、
A + A → [A-A]
D → D*
B + D* → BD
[A-A]+BD → [A2BD]
[A2BD] + BD → [A2B2D2]
[A2B2D2] → 2C + 2D
というような6段階の反応かもしれません。このときに、この6段階の化学反応式の一つ一つを素反応(素過程)と呼びます。この中のひとつの段階(もっとも遅いもの)が律速段階と呼ばれ、その律速段階における反応式によって反応速度式が決定されるからです。
たとえば、2段目の式が律速段階ならば、
A + B → C
という化学式なのに、反応はAに0次、Bに0次、Cに0次で反応式内には出てこないDに1次ということになり、
v=k[D]ということになるかも知れません。

したがって、素過程がわかっただけでも速度式を予想することはできません。素過程のうちどれが律速段階になっているのかを知る必要があるからです。まあ、実際には、これが律速段階といえるものがなく複合的に効いてきますので、複雑な微分方程式になるのですが、この先はちょっとというかかなり自信がないです。

なお、一般に与えられる化学式は、これらの素反応の式を数学の筆算のように全て(係数が合うように)足し合わせて、両辺(矢印の右側と左側)に同じ分子があればそれを省略した形です。この5つの式も全て足し合わせて両辺から同じものを引くと最初の
A + B → C
になりますよね?

最後に、素反応と素過程の違いは、素反応は化学反応のみに注目した素過程のことで、素過程にはこのほかに、拡散過程とか、吸着過程とかの物理的な段階も含めたものです。

既に回答があるように、反応式から反応次数を求めるのは一般に不可能です。反応次数や反応速度を求めるには、素反応(素過程)を知る必要があります。素過程とは、ミクロな視点で反応を観察したときに、対象となる粒子の変化を一段階ごとに反応式で示した時のひとつの反応式のことです。

わかりにくいので、例を挙げますと、
A + B → C
という化学反応式が与えられたとしても、この反応式から反応次数は求められません。
というのも、一般に化学反応は多段階で進行します。たとえば、この反応はもしかしたら...続きを読む

QSHGとは何ですか?

第2次高調波発生(SHG:Second Harmonic Generation)とは何ですか?詳しく教えてください!

Aベストアンサー

参考URLにあるのですが、これでわかりますでしょうか。

参考URL:http://mat.chem.nagoya-u.ac.jp/info/keyword/shg.html

Q次の物質を反応させた場合に、水素が発生しないものはどれか。

1.ナトリウムと水  2.炭酸ナトリウムと希塩酸
3.亜鉛と希硫酸   4.亜鉛と水酸化ナトリウム水溶液
5.ナトリウムとメタノール
 解説:この問題は難しため、要点のみ解説する・・
    まー要点が書いてあるだけです。
 2が正解です。
 以上の問題で、私の現在のレベルの素人からして1.と4.は水がついてるので水素が発生する気がします。また、5.もメタノールは、たしか、化学式”H”があったような気がしますのでそれも消去します。 あと残りは、2.3.dすが、絞り込みに見当もつきませんし解説の内容すら理解できません。
 皆様の解説をお待ちしております^^ その解説を読み理解を深めたいと思います。
 いじょよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

こんな問題は一瞬で解けなきゃ・・。化学を学んでいるものにとってはボーナス的な問題です。
1.ナトリウムと水
  アルカリ金属、アルカリ土類元素は・・
2.炭酸ナトリウムと希塩酸
  溶けておしまい。中和反応
3.亜鉛と希硫酸
  イオン化傾向が水素より左にある金属はH⁺を還元してしまう
4.亜鉛と水酸化ナトリウム水溶液
  ああすんなり-Al,Zn,Sn,Pbは両性金属なのでアルカリとも反応する。
5.ナトリウムとメタノール
  メタノールは水と同じ-OH基をもつ

 常識的な問題で、私はすべて(5.はメタノールではなくエタノール--無水アルコールを作る場合の必須工程)経験があります。子供の頃水素ガスがほしくてアルミホイルと、たまたま家にあった苛性ソーダで風船を膨らませたなぁ--(^^)。容器が熱くなって驚いた・・。

>この問題は難しため、要点のみ解説する・・
 化学を学んでいないと解けない問題です。覚えるしかない問題ですね。

★ここからが重要
 危険物取扱者の資格は、危険物--消防法--で火災を未然に防ぐために可燃物や酸化物を取り扱う者の資格です。現場では、こんな問題集レベルではなく--じゃ、「金属カリウムや、セシウムは?」と、「金属カリウムとブタノールは」なんてのに沢山遭遇します。なぜ原子炉に水が入ったら水素爆発してしまったか・・

 単に資格を取るためでしたら、暗記するしかありません。そのほうが効率的で、現実的です。
 ゆとり世代でしたら、中学校の理科では太刀打ちできません。現行の中学生でしたら60点は簡単に取れる。

 もし、危険物を扱う業務に関わろうというのでしたら、資格以前に化学をきちんと学ばれることを強く勧めます。自分や他人に危害を及ぼしうるからの資格なのですから・・

こんな問題は一瞬で解けなきゃ・・。化学を学んでいるものにとってはボーナス的な問題です。
1.ナトリウムと水
  アルカリ金属、アルカリ土類元素は・・
2.炭酸ナトリウムと希塩酸
  溶けておしまい。中和反応
3.亜鉛と希硫酸
  イオン化傾向が水素より左にある金属はH⁺を還元してしまう
4.亜鉛と水酸化ナトリウム水溶液
  ああすんなり-Al,Zn,Sn,Pbは両性金属なのでアルカリとも反応する。
5.ナトリウムとメタノール
  メタノールは水と同じ-OH基をもつ

 常識的な問題で、私はすべて(5.は...続きを読む

Qサッカー=FOOTBALL ?

ワールドカップ開幕直前!なのに、FIFAとJFAのFが気になっています。
FIFAは、 FOUNDATION OF INTERNATIONAL FOOTBALL ASSOCIATION?(国際サッカー協会財団か?)でいいの? JFAは、JAPAN FOOTBALL ASSOCIATION?(日本サッカー協会でいいのかな)
サッカーSOCCERなのにSがないし、と思って辞書で調べたら、
footballの単語だけ引くと和訳はフットボール、ところが、
Football Association で【英】サッカー協会(略FA)とある!
フットボール=サッカーなの??フットボールというと、別のスポーツを思い浮かべてしまうけど、foot(足)でballボールを蹴るわけだからそのほうが世界共通判りやすいかも。
でも、なぜsoccerの単語を使わずfootball なのか?私たちは中学でサッカー=soccerと教わったはず。
その疑問にお答えくださる方!・・

Aベストアンサー

競技が出来た頃はサッカーという単語はなく、Footballがサッカーのことでした。
それが後にラグビー、アメリカンフットボールという新しい競技が出来て、混乱する為
AssociationFootballという名称になり、それから略称でasoccer⇒soccer
となったようです

↓参照してください

参考URL:http://www.mext.go.jp/worldcup/dokuhon/2_1_3.htm

Q安定性が第三級>第二級>第一級になるのは何故?

学校の課題で、安定性がこのようになるのは何故なのか説明しなければいけないのですが、教科書(「パイン有機化学I」p202)を読んでもよくわかりません。

超共役や誘起効果が関わると思うのですが、それをどのように理解したら「第三級>第二級>第一級」と安定性が説明できるんでしょうか??

わかりやすいHPなどでも結構です。
急ですが、明日中にお願いします。

Aベストアンサー

カルボカチオンの安定性の話ですね。
単純化すれば、アルキル基が電子供与性の誘起効果を示すために、それが正電荷を持つ炭素に多く結合しているほどカルボカチオンの正電荷を中和されるために、安定化されるということです。
そのために、アルキル基の数が多いほどカルボカチオンが安定であり、それを言い換えると「カルボカチオンの安定性は、第三級>第二級>第一級である」ということになるわけです。

アルキル基が電子供与性を示す理由として用いられるのが超共役の考え方です。
すなわち、通常の共鳴においては、単結合が切れたような構造は考えませんが、超共役というのは、C-H結合の切れた構造を含む共鳴のようなものと考えればわかりやすいと思います。
図はパインの教科書にも書かれていると思いますが、C-H結合が切れた構造においては、形式的に、その結合に使われていた電子対が、正電荷を持っていた炭素原子に移動して、その正電荷を中和しています。その結果、正電荷は、切れたC-H結合を有していた炭素上に移動します。このことは、共鳴の考え方によれば、超共役によって、正電荷が分散した(非局在化した)ということになり、安定化要因になります。

要するに、超共役というのは、単結合の切れたような構造を含む共鳴のようなものであり、その構造がカルボカチオンの正電荷を非局在化させ、安定化に寄与するということです。正電荷を持つ炭素に結合しているアルキル基の数が多いほど、上述の超共役が起こりやすくなり、カルボカチオンが安定化されるということです。

カルボカチオンの安定性の話ですね。
単純化すれば、アルキル基が電子供与性の誘起効果を示すために、それが正電荷を持つ炭素に多く結合しているほどカルボカチオンの正電荷を中和されるために、安定化されるということです。
そのために、アルキル基の数が多いほどカルボカチオンが安定であり、それを言い換えると「カルボカチオンの安定性は、第三級>第二級>第一級である」ということになるわけです。

アルキル基が電子供与性を示す理由として用いられるのが超共役の考え方です。
すなわち、通常の共鳴...続きを読む

Qfootball? soccer?

世界で一番人気があるあのスポーツ、英語を話す時はどう言いますか?
僕はfootballと呼んでいます。
アメリカ人には、footballと言い掛けて、soccerと言い直します(笑)

Aベストアンサー

ヨーロッパだと、footballが定番です。

Q有機溶剤第1種、第2種、第3種の違いについて(性質、毒性)

ISO14001業務で、環境関連業務を行っている者です。
業務で上司から以下の課題を与えられたのですが、
どのようにして良いか悩んでいます。
ぜひアドバイスをお願いします。

有機溶剤中毒予防規則 第4章 第25条にて
「事業者は…色分け及び色分け以外の方法により、
 見やすい場所に表示しなければならない。

 第1種…赤
 第2種…黄
 第3種…青」

と定められています。
この色分け表示を私が作成することになったのですが、上司より1種~3種の違いによりどのような注意が必要か併せて表示するよう指示を受けました。
よって、それぞれの性質や毒性、使用・保管上の注意点などを簡潔に記載したいと思います。
こういった情報を取り扱っているHP等が有りましたら教えてください。

Aベストアンサー

第1種ひとつとっても、ケトン、アルコール、エーテル、エステルと様々ですので、注意すべき事柄は違います。この点はあなたの上司も理解していないようなので、説明した上であらためて指示を仰いでください。中には過酸化物を生じて爆発の可能性がある危険な薬品も含まれています。詳しくは各試薬のMSDSをご覧ください。

参考URL:http://www.j-shiyaku.or.jp/home/msds/

Q1、2年前のNIKE FOOTBALLのCMの曲で...

1、2年前のNIKE FOOTBALLのCMで(ロナウジーニョとSTICKMAN(棒人間)がでてるやつ)流れている曲の曲名とアーティスト名を教えて下さい!
 知っている方、お願いします。
ちなみに
   NIKE FOOTBALLのHP
  →Downloads
  →Ads
        で観れます!!

Aベストアンサー

maldiさん、わかりましたよ~!

こんにちは。♯1&♯3です。
エルビスのは(VXLではなくてJXLでした。)やはり、違いましたね。STICKMANのCM曲は、NIKEジャパンのオリジナル曲で、「ネプチューンズ」というアーティストがプロデュースしたそうな。
気になっちゃって、気になっちゃって、NIKEジャパンに電話しちゃいましたよ~。
電話のおねぇさんも、とっても親切に教えてくれました!  スッキリしました~♪

QC5H12Oのアルコールの構造式を教えてください!第1級アルコールが4つ第2級アルコールが3つ第3級

C5H12Oのアルコールの構造式を教えてください!第1級アルコールが4つ第2級アルコールが3つ第3級アルコールは1つあるそうです!

Aベストアンサー

構造式は自分でCを並べて練習するしかありません。
名前の付け方もついでに覚えると良いと思います。
1級アルコールは
1-ペンタノール
2-メチル-1-ブタノール
3-メチル-1-ブタノール
2,2ジメチル-1-プロパノール

2級アルコールは
2-ペンタノール
3-ペンタノール
3-メチル-2-ブタノール

3級アルコール
2-メチル-2-ブタノール


人気Q&Aランキング