ウォーターサーバーとコーヒーマシンが一体化した画期的マシン >>

映画や小説などのストーリーで語られる、巨大隕石衝突による人類・地球滅亡の危機。テーマとしては食傷気味ですが、実際に起こり得るだけになかなか興味深いです。

さて、もし巨大隕石でなく、巨大彗星が、何の痛痒も感じずダイレクトにインパクトしてきたとしたら、その後の地球はどんな世界になってしまうのでしょうか? 
映画『アルマゲドン』ではどのような大きさだったかよく覚えていませんが、隕石でいうと確実に全人類が滅亡すると言われているチチュブクラス(直径10KM)のサイズだと仮定します。こんな巨大な代物が太陽系にあればの話ですが……もしなかったら、外から持ってきちゃいましょうね。

●隕石との違いは何なのか?
 ◎氷の塊である彗星は、燃えて落っこちてくる過程で衝撃に影響が出るほど小さくなる?
 ◎氷なので、衝突時には石(鉄)の隕石よりも広範囲に砕け散る?
 ◎恐竜の絶滅説が隕石のものであった場合、彗星の場合も長い氷河期が訪れる? また、彗星の氷が氷河期を過ぎた後も残り、北極、南極に次ぐ第三の氷大陸ができる?

いかがでしょう? 煩雑さを避けるために、地球上の全生命体は滅亡しているということにしましょう。安定期に入るまでの地球への影響を予想していただきたいと思います。
では、よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

 


  彗星の特質は、水などが成分だという以外に、コアに、そんな巨大な質量の小天体がないというのもあったはずです。彗星は、ごく小さな粒子の集合体で、歴史的に確か彗星の尾が地球に触れた事件がありましたが、何も大したことは起こっていません。
 
  問題は彗星の核に、大きな質量の天体がある場合です。コアに直径1kmもの天体があれば、比重が違うとは言え、実質的には、それより少し小さい隕石・小惑星が衝突したのと同じ結果になります。問題は、衝突天体の質量です。天体の構成がもろくて落下乃至衝突途上、幾つにも分割しても、それほど効果に違いはありません。
 
  >◎氷の塊である彗星は、燃えて落っこちてくる過程で衝撃に影響が
  出るほど小さくなる?
 
  落下途上燃えるというか溶けるのは、表面のごくごく一部です。大部分の質量はそのまま地球と衝突します。
 
  >◎氷なので、衝突時には石(鉄)の隕石よりも広範囲に砕け散る?
 
  衝突前に分裂すると、幾分か影響が小さくなるかも知れませんが、衝突後、分裂しても関係ありません。
 
  氷の塊でも石の塊でも、岩の塊でも、或る質量以上のものが衝突すると、衝突の瞬間大地震が起こり、大津波が起こり、衝突した地点の物質を爆発同様ばらまき、大気中にもの凄い衝撃波をおこし、シベリアの小型彗星(多分、氷型の隕石の落下と考えられます)の衝突同様、もの凄い範囲で、樹木その他を倒します。また、衝突衝撃でばらまいた物質は、大気の上層で、塵の厚い層となり、太陽光を遮り、地球大気温度が低下し、場合によっては氷河期が訪れます。
 
  氷だからというのは関係ありません。問題は、衝突する天体の「質量」です。
 
  (なお、彗星の氷が残るような、そんな大規模な水の量の場合、途轍もない質量になります。直径10kmの彗星の質量は、比重を1とすると、直径 10^4 m ですから、(4/3)πr^3 の式だと、大体 4*10^12 m^3 で、1m^3は1トンですから、これぐらいの質量ですが、体積だと、10km四方で分けると、10^8 m^2 ですから、高さ4万メートル、すごい高さですが、溶けると、10km四方どころでないので、100km四方にしても、高さ400メートルで、地球の海洋全体に広がると、わずかに海面上昇が起こる程度です。数cmも上昇しないでしょう。表面4πr^2なので、rを6000kmとしても、r=6*10^6 m で、面積=4*10^14平方メートルぐらいで、この三分の二ぐらいが海洋ですから、3*10^14 m^2 で、これで先の体積を割ると、1cmになります。彗星の氷は残りません。溶けてしまいます。また南極などに落ちて残っても、大陸などというものではありません。非常に大きな氷山ぐらいです。……なお、直径100kmとかだと、氷河期どころの話ではありません。地殻を吹き飛ばし、マントルを露呈させ、地球全体が変形します。生物は全部滅亡します)。
 
    • good
    • 1
この回答へのお礼

なるほど、考えてみればたかが10KMの彗星で「大陸」なるものは考えられませんでしたね。ならば、同じ大きさの隕石が落ちてきた時とほぼ同じか、それより少し小さいくらいの結果となるんですね。これは意外でした。
隕石の衝突跡はクレーターとなりますが、彗星が氷の塊すると、跡にはスッキリなにも無くなるのでしょうか。これだけ環境によって左右される変災は、大まかなことしか予測できませんが、なるべく多くのご意見をお聞かせ願いたいと思います。

starfloraさん、早速お答えいただき、どうもありがとうございました。

お礼日時:2002/03/14 18:32

hatukanekoです。



たびたびすみません。

>彗星、隕石、小惑星なんかは明確な区別は出来ないんです。
ちょっと言葉が足りませんでした。

「これらは地球に突っ込んで、落ちてきたら、明確な区別は出来ない」です。
どれも隕石です。

shinsさん、starfloraさんすみません。
starfloraさんが説明されている通りです。

また、彗星が惑星や小惑星と全く別ものとは言えません。
なぜなら彗星は太陽系形成期に半径数キロ程度の小天体(微惑星)の生き残りであり、
この微惑星が衝突しあって大きな塊になったものが惑星、
そのときの破片が小惑星と考えられているからです。

彗星の核が主に氷というのは正しいです。

ちなみに流星は彗星起源と考えています。
    • good
    • 0

 


  どうでもよいことなのですが、一応追加のコメントを書きます。
 
  >彗星、隕石、小惑星なんかは明確な区別は出来ないんです。
 
  「隕石」は、宇宙空間に自然にある小天体や塵などが、地球の引力に引かれて落下して来た場合、途中、大気摩擦で燃え尽きなかった場合、残る実体を、普通隕石と呼びます。隕石は、成分により隕鉄ということがあります。また、成分的に、氷が主体である隕石もあり、この場合、地表まで燃え尽きずに落下した場合、落下の衝突後は残りますが、本体は水に溶けて大部分消えます。
 
  なお、隕石が落下途上、大気との摩擦で高熱になり光るのが、「流星」です。燃え尽きてしまえば、隕石の実体は地上に届きません。また、宇宙空間にある流星や隕石の元の実体は、隕石とは普通呼びません。宇宙塵とか、宇宙空間の微小天体とでもいいます。
 
  小惑星は、「惑星の小さいもの」という意味ではなく、(広義には、そういう使い方もするでしょう)、火星と木星の中間辺りに軌道を持つ小型の惑星で、火星と木星の中間あたりにあった惑星が破壊されて、その断片が残ったという説と、惑星形成はなされず、惑星形成に失敗した残骸が小惑星となったという説があったはずです。人間が打ち上げている人工天体のなかには、「人工惑星」と呼ぶべきものがありますが、これを、「人工小惑星」とは呼びません(呼ぶこともあります)。
 
  彗星は、惑星軌道を取るので、広い意味の太陽系の惑星でしょうが、他の惑星や小惑星と較べ、相当な差があり、例えば、その軌道が非常に長く延びた長楕円軌道であることや、彗星の実体は、コアに単一か複数か多数か、とまれ或る質量天体があり、その周りを微小な塵が非常に多数囲んでいるという構造をしていることです。コアはあまり大きくなく、塵の無数の集積だとも云えます。
 
  火星とか小惑星とかが、幾らか太陽に近寄っても、彗星の「尾」と呼ばれている、華麗に発光する現象は起こらないでしょう。仮に、火星などが、相当に太陽に近づいたとしても、ああいう「尾」はできません。彗星の「尾」は、彗星を構成している微小な塵のうちイオン化したものが、夥しく太陽風によって、運動させられ、彗星本体から離脱するため起こる現象で、彗星のコアが、わずかな太陽風の圧力でも、その被っている塵の集合を重力的に維持できないことを示していると同時に、現在の惑星や小惑星と構造が違うことを示しているのです。彗星の尾は、太陽風の反対向きに延びます。
 
  彗星は実体は、細かい塵の集合体で、惑星や小惑星とは別のものです。また、その構成成分に、かなりな大きさの天体があるとしても、それが、地球引力に引き寄せられて、地上に落下した時、初めて隕石となるので、彗星のなかに、隕石が含まれるとは普通言わないはずです。
 
  彗星が太陽系のメンバーなのかどうか、疑問な部分もあるのです。彗星には、二つの型があり、かなり太陽系を離れた恒星間空間からやってくると考えられる長周期型のものと、太陽系の大型惑星に重力的に補足されたと思える、短周期型で、後者が、黄道面に軌道を持つに対し、前者は、特定の方向の軌道を持つ訳ではないようです。これは、恒星間空間の塵の集合が、太陽系に引かれて入ってきて、その一部が重力的に補足されて、太陽系のメンバーとなるのであり、元々は、恒星間の天体だと考えられます。
 
  また彗星のコアは、直径1キロメートルかその前後の大きさであることが多く、水つまり、氷がその成分の主体で、他にも色々混じっていますが、この点でも小惑星などとは別の天体です。20世紀の初頭にシベリアに落下したと考えられる天体は、衝突の衝撃や、衝突して地上を抉った後があるにも拘わらず、実体が見つからないので、彗星のコア的部分が落下して来たもので、氷であったので、落下後、実体は溶けて、分からなくなったのだと考えられています。
 
  以上は1980年頃の天文学での通説のはずですが、それから20年、彗星と小惑星は同じものだとかいう証拠が出たのでしょうか。また、彗星のコアは主として氷であるという当時の観測や研究の結果は覆ったのでしょうか。無論、純粋な氷でないのは自明ですが、主として、水が彗星のコアを構成していたはずです。
  
    • good
    • 0

こんばんわ。


またも出てきてしまいました。

彗星、隕石、小惑星なんかは明確な区別は出来ないんです。

でもって小惑星は割りと地球に接近してたりしますよ。
その記事のアドレスを貼り付けます。(1)

「巨大衝突説」の計算実験が行われていてその結果に関する記事を見つけましたので貼り付けます。
(2) (最近の研究結果とピンクの文字で示してあります。)

ま、なにはともあれ彗星が地球に衝突しないことを祈ります。(笑)

参考URL:http://www.astroarts.co.jp/news/2001/12/13nao504 …
    • good
    • 0

おはようございます。


流星を研究している学生です。

>隕石との違いは何なのか?
ずばり!ありません。
彗星、流星、隕石の違い(区別)ははっきり言って、適当です。
ま、大きさによってだいたい区別してるみたいですが。

強いて言えば彗星は太陽系をまわっていて、隕石や流星は地球の引力に捕まえられたぐらいです。

彗星は必ずしも氷の塊ではないです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

これは寝耳に水! 国語辞典で確認してみると、正におっしゃる通り、どこにも氷などと言う定義はされていませんでした。楕円軌道を描いえ尾を引きゃ彗星、となっておりました。氷の移動天体が、特に粒子なんたらで尾を引きやすいという意味合いで、広く彗星=氷と認識されたんでしょうね。うーむ勘違い。

太陽系を回るのが彗星ということですがでは地球の引力に引かれた「彗星」は隕石や流星となり、つまり彗星の地表落下ということはありえない? ここは一つ語感的に「コメット・インパクト!」とカッコよくいきたいところなんですが、なんとか彗星のままでいて欲しい……メテオ・ストライクに対抗して。まあ、氷の意味の彗星が落下ということでできますけども。

hatukanekoさん、ご回答どうもありがとうございました。

お礼日時:2002/03/14 18:45

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q小惑星衝突・・・

映画などの世界で小惑星が地球に衝突とかよくありますが、現実に起こる可能性もゼロではないですよね?
今の技術ですから予測はある程度できるかとおもいますが、防御や回避は可能なのでしょうか?
それとも、なすすべもなく最期のときを待つしかないのですか?
つまらない質問ですみません。

Aベストアンサー

こんにちは。

>映画などの世界で小惑星が地球に衝突とかよくありますが、現実に起こる可能性もゼロではないですよね?

太陽系には小惑星が推定で10億個以上あります。大きさは直径数百mから数mまで様々ですが、当然小さいものの締める数の割合の方が大きくなりますので、それによって地球に衝突する確率も変わって来ます。
とは言っても、これがみんな地球に向かって落ちて来るというわけではありませんよね。これらはたいてい火星と木星の間の小惑星帯という所にあり、遥か火星軌道の外側を回っています。ですが、その軌道は込み合っている上に意外に不安定で、小惑星同士の接触や太陽や木星など、天体重力の影響を受けてそこから迷い出てしまい、彗星のような長い楕円軌道を取っているものがたくさんあります。その内、太陽に近付いたり離れたりする近日点と遠日点を行き来する際、地球に接近したり地球軌道を横切ったりするものを、彗星も含めてNEO(地球近傍惑星)と言い、これらはもしかしたら将来地球に衝突する可能性があります。現在直径500m以上のNEOは400個ほど確認されていますが、実際には2000個近くあるだろうと考えられています。

映画の「ディープ・インパクト」や「アルマゲドン」などのような、直径10kmクラスの惑星衝突が地球で起こるのはだいたい1億年に1回くらいの確率だと言われています。今から6500万年前、恐竜が絶滅するときに実際に起こったらしいという有力な痕跡が残ってますから、それが人類にとっても現実となる可能性は充分あり得ると思います。

NEOのような天体が地球に接近した場合の危険度を衝突する天体の大きさで分類した「トリノスケール」という指標があります。それによれば、直径1km以上の天体衝突であれば地球全土に深刻な被害の及ぶ事態とされていますし、直径500mでも全面核戦争並の惨事になるそうです。
これらの衝突が発生する確率はそれぞれ、数十万年に1回、数万年に1回となっていますから、返ってこの辺りが一番怖いんじゃないでしょうか。

それ以下になりますと局地的な災害に分類されます。1908年にシベリアの森林で起きた大爆発は直径60mの彗星だったのではないかと言われています。このような衝突であれば数百年に1回ですから、人類の歴史の中に目撃が記録されても別に不思議ではありませんね。
地球に落ちて来る隕石は年間1000個ほどあり、総量にして200tになるそうです。そのほか地表に到達しない流れ星や宇宙塵などを含めると、宇宙からは1日25tもの物質が地球に降り注いでいることになるのだそうです。直径10m程度の小惑星であれば、年に2~3個はぶつかっているみたいです。ですが、その辺りは大気に衝突して燃えたり分解されたりしてしまいますから、他の隕石と同じように、人知れず海かなんかに没しているんじゃないでしょうかねえ。

注)この数万年に1回などの確率は発生頻度で、任意の天体の衝突確率ではありません。それから、各資料によっても結構まちまちでした。

>今の技術ですから予測はある程度できるかとおもいますが、防御や回避は可能なのでしょうか?

発見されたNEOが実際に地球と衝突するかどうかを見極めるのは大変難しいことだと思います。
小惑星の軌道を太陽の重力と一対一で計算するのであればニュートン力学で求めることができますが、実際には火星や木星など、他の天体の影響を複雑に受けています。これを「三体問題」もしくは「多体問題」と言い、力学的に正確な軌道を計算することはできません。ですから、衝突する可能性のある天体であっても、それが確実に起きるかどうかは判りませんし、衝突するはずのなかったものが突然危険になることも当然あります。現在の所、まず、正確な予測はできません。

このような天体が発見された場合、衝突を阻止しようと思うのであれば、現時点では核攻撃くらいしかありません。ですが、それで確実に目標を破壊したり、軌道を変えたりできるかどうかは疑問です。

核攻撃以外では、小惑星にロケットエンジンをドッキングさせるとか、何か重たい物をぶつけて軌道を変えるといった手があります。
例えば、直径500mのNEOが衝突の100年前に発見されたとするならば、質量34tの物体を衝突させることによって安全な軌道にずらすことができるという計算結果があります。34tの人工衛星となれば結構大型ですが、スペース・シャトルのオービダーが70t以上あることを思えばたいしたことはありません。もちろん、シャトルが到達できるのは衛星軌道までですから、打ち上げたとしても、小惑星に到達させるためには更に燃料が要ります。もし、目標の小惑星が火星軌道の外側にあるとするならば、34tの衛星をそれにぶつけてやるためにはあと100tから200tくらいの燃料を打ち上げて給油してやらなければなりませんが、現在の技術であればやってできないことはありません。
ですが、問題なのは、上記で申し上げた理由により、100年後にそれが衝突するかどうかを見極めることはまず不可能です。ですから、如何に危機といえどもその範疇は大幅に越えてしまうような気がします。
では、この直径500mの発見が1年前だったらどうなるでしょうか。その場合には、軌道を反らすために必要な質量は3,430tとなるそうです。打ち上げのための燃料を考えたら、1年以内ではとても人類の手に負える仕事ではありませんね。

>それとも、なすすべもなく最期のときを待つしかないのですか?

やや悲観的ですが、ぶつからないように祈るだけです。

将来、人類が小惑星の軌道を自由にコントロールすることのできる技術を獲得すれば、小惑星の資源利用という点からも一挙両得なんですがねえ。

こんにちは。

>映画などの世界で小惑星が地球に衝突とかよくありますが、現実に起こる可能性もゼロではないですよね?

太陽系には小惑星が推定で10億個以上あります。大きさは直径数百mから数mまで様々ですが、当然小さいものの締める数の割合の方が大きくなりますので、それによって地球に衝突する確率も変わって来ます。
とは言っても、これがみんな地球に向かって落ちて来るというわけではありませんよね。これらはたいてい火星と木星の間の小惑星帯という所にあり、遥か火星軌道の外側を回ってい...続きを読む

Q太陽も公転してるの?

ものには重力があり、地球は太陽に、月は地球に引き尽きられているということはよく聞きます。

では太陽も公転しているのでしょうか?何かの重力によって決まった軌道があるんでしょうか?
まさか宇宙の中を浮遊しているわけじゃあないでしょうし。(もしそうなら太陽のそばを離れられない地球も、漂流してることになるし)
どの星もどこかの星の重力を受けているとは思うのですが、太陽系自体もどこかの星の周りをまわっているのですか?それともじっとしてるのでしょうか?
恒星は、重力同士がつりあってバランスよくいつも同じような配置になっているのでしょうか?

考えてるとわけがわからなくなってしまいます。

また、彗星ってありますが、あればどうして独自の決まった軌道なのですか?

wかりやすく教えていただくとありがたいです。

Aベストアンサー

太陽は直径10万光年の銀河系の中心から約28,000光年の位置で、一周
約2億2600万年で公転してます。決まった軌道かというとバルジといわれる
中心部だけでなく広く恒星が分布しており、引力の計算が膨大で観測も
百万分の一周もしてないので、一周で同じ位置になるかはわかりません。
周りの星も動いており、数万年単位では星座も形が変わります。
(参考URL に10万年後の北斗七星などあります。)
銀河系同士も近づくものがあったり遠ざかるものがあります。

彗星の軌道は、独自の決まった軌道というより、太陽に近いものは、太陽系
誕生の時か誕生から今までに構成物質がほとんど大きな惑星に吸収されたの
ではないでしょうか。太陽系のはずれにあるものが重力のバランスを崩し太陽に
落ちてきたものでしょう。その中ではずれに戻るときに木星や海王星に捕まり
数十年の周期の軌道になったものがよく知られています。有名なハレー彗星は、
ニュートンに教えられたハレーが軌道計算して、周期76年とわかった海王星族
です。

参考URL:http://www2.synapse.ne.jp/haya/cosmsurf/

太陽は直径10万光年の銀河系の中心から約28,000光年の位置で、一周
約2億2600万年で公転してます。決まった軌道かというとバルジといわれる
中心部だけでなく広く恒星が分布しており、引力の計算が膨大で観測も
百万分の一周もしてないので、一周で同じ位置になるかはわかりません。
周りの星も動いており、数万年単位では星座も形が変わります。
(参考URL に10万年後の北斗七星などあります。)
銀河系同士も近づくものがあったり遠ざかるものがあります。

彗星の軌道は、独自の決まった軌道というより...続きを読む


人気Q&Aランキング