人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

高浜虚子の「流れ行く大根の葉の早さかな」の鑑賞文が欲しいです。
自分でも色々考えてみましたが、皆さんの鑑賞文が見てみたいです。
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

大内宿」に関するQ&A: 会津若松ICから大内宿

A 回答 (3件)

虚子はこの句を「六郷用水」のほとりで詠んだといわれています。


関東では大根は11月末ごろから12月一杯が収穫時です。

冷たい水が流れている六郷用水の川岸で、女性が一人大根を洗っている光景に出くわして暫く見ています。

泥をタワシで擦り落とすとき、泥と一緒に何枚かの葉っぱが落ちました。葉っぱは流れに乗って下流へと流されていきます。

さっきまで漫然と見ていた六郷の流れは、それほど速いものとは思っていなかったのに、大根の葉っぱを運んでいく川の流れは、異様とも思えるほどの速さで流れていることを知らされ、改めて驚きの気持ちを持ちつつこの句を詠んだのではないでしょうか。

何も浮かんでいないときの川の水面は、穏やかでゆったりと流れているように見えます。しかし、木片、枯葉、紙片などを流してみると、川の流れの速さが思っていたよりも速いことに気づかされることは、我々にも経験があります。

虚子も冬の六郷川の川岸でそんな体験をしたのでしょうか?

全くの素人鑑賞文です。自信度はゼロです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご丁寧にありがとうございました。

お礼日時:2006/08/19 11:38

これは宿題ですね? 違反ですよ.


虚子の解説があります.
ご自分でどの程度想像を巡らせられるか,それは創造でもあります.他人の創造を真似しないように.
鑑賞文というのはその人自身の人生経験の全てが表現されるものです.若い人は若い人なりに.

参照URLの最後です.

参考URL:http://www.haiku.jp/takahama/sakuhin.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうですね・・・・読み取ると言う事が苦手なもので。
下手でも自分なりに鑑賞すればいいんですね。

お礼日時:2006/08/19 11:40

どういう情景なんでしょうかね。


私が考えるのは、あくまで、自分だけの想像ですが。

かつて、田舎では、惣菜の大根などを洗うのは、台所ではなく、屋外の共同水路でした。今でも、そうした水路は、大内宿などに残っていますが、そんな情景が眼に浮かびます。
夏の日差しが傾いた頃、きらきらと輝く掘り割りの中を流れていく大根の葉っぱ。
淀んだ水でなく、清冽な流れを讃えた郷土を詠ったものだと思います。記憶違いだったらいけませんが、虚子は子規と同じ松山の生まれだったと思います。
思いつきで、ごめんなさい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

いえいえ、謝らないで下さい。ご丁寧にありがとうございました。

お礼日時:2006/08/19 11:41

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q阿木津英の短歌について

私は今学校の授業で短歌について調べています。
その授業で阿木津英の短歌
『産むならば世界を産めよものの芽の湧き立つ森のさみどりのなか』
という歌について調べる課題が出されたのですが、
その短歌の正確な意味がどうしてもわかりません。
もし御存知でしたら教えていただけませんか。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

この短歌の意味は、以下のとおりです。

__________________________________

今までだったら、女性は子供を産んでいればよかったけれども、これからは何かもっと新しい世界(子供を産んで育てるだけの世界ではなく、女性が主体となって別な生き方を切り開いていく新しい世界)を産みなさい(つくりだしなさい)。

木や草やさまざまなものの芽が湧き立つように芽生えている森。その若草や若葉の緑のなかで、わたしはそう言いたい。
__________________________________

以上です。


阿木津英は、「男は男らしく、女は女らしく」といった男女の差別(このことをジェンダーといいます)がきらいでした。たとえば、男は外で働いて、女は家で家事をするべきだ、といった考え方です。あるいは、男の子は外で遊んで、女の子は家の中でお人形さんで遊んでいればいい、といったことです。
つまり阿木津英は、女だって、男と同じように、あるいは男以上の「個人」として生きていくべきだと考えたのです。
だからこのような短歌をつくりました。

どうして「ものの芽の湧き立つ森のさみどりのなか」なのかというと、新しい芽が芽生えているそういう場所こそが、これから新しい世界を産み出すんだと言うのに、もっともふさわしいからです。

この短歌の意味は、以下のとおりです。

__________________________________

今までだったら、女性は子供を産んでいればよかったけれども、これからは何かもっと新しい世界(子供を産んで育てるだけの世界ではなく、女性が主体となって別な生き方を切り開いていく新しい世界)を産みなさい(つくりだしなさい)。

木や草やさまざまなものの芽が湧き立つように芽生えている森。その若草や若葉の緑のなかで、わたしはそう言いたい。
__________________________________

以上です。


阿木津英は、...続きを読む

Q中村草田男の俳句が分かりません

秋の航一大円盤の中   中村草田男

学校でこの俳句の解釈を調べることになりました。
しかし、俳句の意味どころかどこで句切るのかさえ分かりません。
どうか句の構造と意味、そして解釈を教えていただけますか?
お願いします。

Aベストアンサー

鑑賞は読み手のものということで。

秋の天高く晴れ渡った日に船で航海をした。
見渡す限りの海原。ぐるりと巡ると水平線が円を
描いている。大きな水盤の中にいるようだ。
なんという宇宙だろう、この海の上は。

Q俳句の鑑賞文・・・

高浜虚子さんの
「桐一葉日当りながら落ちにけり」
「磐石の微動している清水かな」

種田山頭火さんの
「石に腰を、墓であつたか」
「どうしようもないわたしが歩いている」

の季語・季節・切れ字・鑑賞文
を教えてください

学校の夏休みの宿題で・・・
調べてもないんです。。。

おねがいします。

Aベストアンサー

 No.1 です。
 先ほどは辛口のアドバイスだったので、ちょっとだけフォローを。

 まず、学校の授業でもならっているはずですが、

http://study-japanese.hp.infoseek.co.jp/verse/6.htm

でも見て、俳句の基本を確認してください。

 このページでは、「切れ字」について、他にもあるが、
「高校入試レベルならこの四字を覚えておけば だいたい用は足りると思います。」
として、四つの切れ字が紹介されています(初めの三つがよく用いられる)。宿題の句に、これらの四つ(三つ)の語が用いられていないか、チェックしてみてください。

 種田山頭火の俳句は、「自由律俳句」と呼ばれる、ちょっと特殊な俳句です。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%87%AA%E7%94%B1%E5%BE%8B

でも見て、どんなものか特徴を把握しておいてください。

 また、季語は辞書にも紹介されています。たとえば、yahoo辞書

http://dic.yahoo.co.jp/

で(今回の宿題の句にはないですが)「虹」を「国語辞典(『大辞泉』)で引いてみると、

にじ【×虹/×霓】
雨上がりに(中略)色の配列が逆の副虹が見えることがある。《季 夏》「―立ちて忽(たちま)ち君の在る如(ごと)し/虚子」

とあり、「《季 夏》」とあることから、「虹」は夏の季語だと分かります。

 それぞれの句のこれが季語ではないかと思う句を引いてみましょう。
※「自由律俳句」には気を付けてね。

 では、分からないことがあれば、「補足」か「お礼」に書き込んでください。
 できる限りの対応はします。(リアルタイムでは無理ですが。)

 No.1 です。
 先ほどは辛口のアドバイスだったので、ちょっとだけフォローを。

 まず、学校の授業でもならっているはずですが、

http://study-japanese.hp.infoseek.co.jp/verse/6.htm

でも見て、俳句の基本を確認してください。

 このページでは、「切れ字」について、他にもあるが、
「高校入試レベルならこの四字を覚えておけば だいたい用は足りると思います。」
として、四つの切れ字が紹介されています(初めの三つがよく用いられる)。宿題の句に、これらの四つ(三つ)の語が用いら...続きを読む

Q滝落ちて 群青世界 とどろけり

この俳句は水原秋桜子の俳句でだいたいの句意も表現技法もわかるのですが
「群青世界」って意味がよくわかりません
群青だけの意味ならわかるのですが
群青世界で何か意味は変わるものなのでしょうか?

ぜひ群青世界の意味を教えてください!


ちなみにノートに書いてあった群青の意味は
「鮮やかな青い滝を取り巻く、新緑の山」
でした。

Aベストアンサー

はじめまして。

ご質問の句を拝読して、東山魁夷の世界がぱっと視覚的に浮かびました。

ご質問1:
<「群青世界」って意味がよくわかりません>

一言で言えば「深山」のことです。

日本の山奥を想像されるとイメージが浮かぶかもしれません。杉に囲まれた深い緑の山が連なる様です。

これが広葉樹だったら群青世界に相応しくありません。濃い緑色をした杉でこそこの深山の色「群青」を連想できるのです。

緑の木以外に何もないような奥深いひっそりと連なる山々の間を、突然沈黙を破って聞える滝の音。その轟音が、激しい水しぶきが、群青の山々の隅々までとどろき響き渡り、まるで山の緑を滝の澄み切った青が染めていくような、幻想的で壮大な様子を詠った歌です。

滝が象徴する「動」の世界と、深山が象徴する「静」の世界がひとつの「群青」という色に溶け込んだ、自然の調和の妙を「群青世界」という幻想的な表現で具現しているのです。


ご質問2:
<群青だけの意味ならわかるのですが群青世界で何か意味は変わるものなのでしょうか?>

群青は「滝の澄み切った青」、「深山の杉の木々の深い青」両方の色を表しています。

「世界」を添加することで、それぞれの「青」が溶け込んでひとつの風景を作り出している様子が伝わってきます。

その溶け込むという動作の積極的・能動的な「動」の働きを象徴するのが「滝」で、轟音や水しぶきに染まっていく受動的な「静」の働きを象徴するのが「山々」になるのです。

群青世界は、こうした「動」と「静」が不思議に調和し同居してる「深山の世界」を表した比喩表現と言えます。


以上ご参考までに。

はじめまして。

ご質問の句を拝読して、東山魁夷の世界がぱっと視覚的に浮かびました。

ご質問1:
<「群青世界」って意味がよくわかりません>

一言で言えば「深山」のことです。

日本の山奥を想像されるとイメージが浮かぶかもしれません。杉に囲まれた深い緑の山が連なる様です。

これが広葉樹だったら群青世界に相応しくありません。濃い緑色をした杉でこそこの深山の色「群青」を連想できるのです。

緑の木以外に何もないような奥深いひっそりと連なる山々の間を、突然沈黙を破って聞え...続きを読む


人気Q&Aランキング