ジメジメする梅雨のお悩み、一挙解決! >>

夫34歳が、健康診断で肝機能GPTが60で【経過観察】と書かれて結果表が戻ってきました。
肝機能GPTの基準範囲は7~45と記してあり、高めの結果なので心配しています。

経過観察という結果が出たのは今回が初めてで、昨年の数値は42で異常なしだった為、
昨年まで良かったのに、どうしたことかと心配しています。

夫の飲酒は、自宅では週に2回程で、1回当たり缶ビールを一本飲む程度です。
飲み会などがあれば、その場の雰囲気で、もう少し飲む量も増えるでしょうが・・。
体重はそうですね・・、昨年より2~3Kg増えたと思います。

夫に私から、病院で精密的な検査を受けるように勧めたのですが、
経過観察なのだから病院に行く必要は無いんじゃないかとか、
昨年まで良かったのだから、今回だけ、たまたま高い数値が出てしまっただけのことかもしれないだとか、
来年も高い数値が出るようなことがあれば病院に行くようにするなどと言って、
口実を並べ立てて病院に行こうとしません。

昨年より飲酒量が増えたわけではないのに、肝機能GPTが60に上がったのは、
どのような理由が考えられるでしょうか?

また経過観察とのことですが、病院に行かないとなると、何ら治療を施すわけでは無い為、
結果として放置になってしまうのですが、それでも良いものなのでしょうか?

それとも無理にでも夫を説得して病院で受診させるべきでしょうか?

また日常生活や食生活において留意する点などございましたらアドバイス下さいませ。
経過観察と言えども、少しでも改善していきたいと思っています。
どうぞ宜しくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

GPTの数値を単独で判断するにはどんな名医でも不可能です。

ましてや基準値やや上程度ですと検査結果としてまさに「経過観察」としか申し上げられません。
ちなみに去年の42にしても決して低値という訳ではありませんのでもしかしたらここ数年来で徐々に上昇傾向にあるのかもしれません。そうでしたら体質もしくは食生活の改善が必要かもしれません。
ご存じのようにこの検査は肝機能の指標となっていますので肥満による脂肪肝、アルコール肝なども対象となっております。(肝炎ばかりではないということです)
検診では機械的にコメントをつけていますので基準値をはずれると何かしらのコメントが自動的につきます。一種のアラームです。
これにより、医者が瞬時に異常に反応できるのです。
また、基準値はあくまでも統計処理をしていますので20人に1人くらいは異常値がでても不思議ではありません。
安心するようなことばかり書きましたが、一応人命に関わる性急なことではないのでこの様に判断しましたが、今後、値に一定の傾向(上昇)が見られるようでしたら精密検査も必要と思われます。

この回答への補足

ご回答ありがとうございます。
>今後、値に一定の傾向(上昇)が見られるようでしたら精密検査も必要と思われますとのことですが、
来年の定期検診まで一年ありますが、その間、病院に行かずに「経過観察」という形をとっていて大丈夫でしょうか?
一年後の検診で数値が上昇していて「再検査」となった場合に精密検査を受ければ良いのでしょうか?
今の時点で血液精密検査を受けなくても、差し支えは無いのでしょうか?

補足日時:2002/03/19 11:43
    • good
    • 41

GPT 60というのは、正常よりもやや高い程度です。

肝機能を調べる項目は、ビリルビン、AST(GOT)、ALT(GPT)、γGTPなどがあり、これらのうち複数に異常が出ている場合には、より詳しい検査が必要になりますが、1つだけ正常から若干外れている場合には、大きな問題はないことがほとんどです。お酒を飲みすぎないようにして、規則正しい日常生活を送るように心がけ、年1回程度の健康診断で経過をみていくのが良いかと思います。
    • good
    • 23

専門家紹介

ドクターズミー医師

職業:医者

医師、歯科医師、栄養士、薬剤師、獣医師、カウンセラー等に直接相談できる、
メディカル・ヘルスケアQ&Aサービス「Doctors Me(ドクターズミー)」に所属する医師が回答。
※教えて!goo内での回答は終了致しました。
▼ Doctors Meとは?⇒ https://doctors-me.com/about

詳しくはこちら

専門家

 GPT(やGOT)は肝細胞に含まれる酵素です。

肝細胞が破壊されると血液中に出てきます。その血液を採って観察しているわけです。
 GPTが高いのは、肝細胞の破壊を意味しています。その原因としては、ウイルス性肝炎、薬物性肝炎、脂肪肝、アルコール性肝炎などがあり得ます。これらのうち、どれが原因であるかは詳しい検査をしないと分かりません。
 前回の健康診断時と値が違うのは、身体には波があり、常に揺らいでいるからです。また、検査の器械にも変動があります。
 詳しくは「成人健康診断の結果をよむマニュアル(東山書房刊)」が、一般の人には分かりやすいです。
    • good
    • 61
この回答へのお礼

アドバイス有難うございました。

お礼日時:2002/03/20 11:21

肝機能障害で治療中です。


私はGOTが前年の5倍(100弱)、GPTが前年の10倍(200弱)に跳ね上がりました。
私の場合は、体重増加と別の病気で服用していた薬の副作用が重なったことが原因だったようで、服用を止め、漢方薬+ビタミン剤の服用で回復に向かっています。

GPTは、飲酒や薬、脂肪肝、ウイルスなどによって肝細胞が破壊される量が多いとあがります。
何が原因かはわかりませんが、ストレスが続いている(肝臓の働きが低下する)ような状況で継続的に飲酒したり、体重が増加することで脂肪肝になって更に機能が低下・・・とか複合的な要素で低下したのかもしれません。

専門家ではないので医師に相談して欲しいのですが、放置するのは良くないので、2ヶ月に1度なり、血液検査を受けた方がよいと思います。
それで下がっていくようなら問題ないと思いますし、逆にあがっていくなら、早い内に手を打った方が良いでしょう。
放っておくと、慢性肝炎等で苦しむことになるかもしれませんし、数値が低い内に治療をすれば、問題ない数値に戻るのも早いですから。
#42でも少しだけ標準値より高いと思うが。。。

経過観察ということであれば、日頃から飲酒を避け、肝臓に良いものを摂取するのがよいと思います。
私の場合は、緩やかにGOT、GPTが下がっていたのですが、ウコン茶とウコンの錠剤を飲むようにしてから、下がり方が早くなりました。
私の場合は、ですが、ウコンが効いたようです。
ウコン関係は薬局なら大抵置いてあると思います。
参考まで。
    • good
    • 45
この回答へのお礼

>数値が低い内に治療をすれば、問題ない数値に戻るのも早いですから。
ごもっともだと思います。夫が血液検査をしてくれれば良いのですが、「再検査」と出ない限り、「経過観察」の段階では病院に行こうとしないので困ります。
なので、i am alive さんお奨めのウコン作戦で頑張ります!i am alive さんのように数値が下がっていくといいな・・。

お礼日時:2002/03/19 11:30

こんにちは。


私は現在40歳・男です。私もここ数年間、会社の健康診断でGPTが50台となっていて、毎年「経過観察」となっています。(最高57)ちなみにGOTは25から30位です。
私もお酒は自分からは進んで飲む方でなく、晩酌はほとんどしません。たまーに飲む程度です。でもちょっと太りぎみ・・・170cmで67kg・・・
2年続いて50台の時(4年前かな)、他の病気で病院へ行った時に先生に聞いてみました。
先生いわく、
1.この程度なら今すぐどうのということは無い。もし、ウイルスとかに感染して
  いたら、もっと急激に数値が上がる。例えば数百とかそれ以上。
2.脂肪肝でも数値が上がるから、念のため食生活に気をつけるように。
  (エコーやってみてもいいけど、どうする?と言われたのですが、やりません   でした)
3.体調とか、ストレスも関係するから、もう少し様子を見ましょう。
こんな感じでした。
そんな訳で、昨年までずっと50台のままです。
とりあえず今の所、特に問題もなく生活しています。
あくまでこれは私の場合なので、自信があるなんてとても言えるものではありませが、ちょっと似たところがありましたので、書かせていただきました。
本当は病院で精密検査をご主人が受けてくれれば、心配が無いのでしょうが。
ではまた。
    • good
    • 26
この回答へのお礼

pokopekoさんは、毎年「経過観察」なのですね。
pokopekoさんが先生にお聞きしたお話、参考にさせて頂きます。
有難うございました。

お礼日時:2002/03/19 11:18

私の場合は、お酒を飲まないが、肝機能でGPTがあがったケースがありました。

半分以上はストレスの可能性があります。そのときは、食事について、油分の多い食事をしていたかと聞かれましたが、特に食生活がかわったことはなかったので、いろいろなカウンセリングで「ストレス」ということになりました。肝機能の場合、健康診断のあと、再診断を言われる可能性があるのですが、いかがですか?肝臓は沈黙の臓器といわれているので(有名)お酒や、暴飲暴食でなければ、だいたいはストレスによるものがあります。私の場合は、肝臓と、歯にストレスがきたので、歯はほとんどぼろぼろになってしましました。現代の社会においてストレスが無いということはないでの大変でしょうが規則正しい生活を心かければいいと思います。すべてがストレスが原因というわけではないので、再度、検診を受けたほうがいいと思います。
    • good
    • 32
この回答へのお礼

>肝機能の場合、健康診断のあと、再診断を言われる可能性があるのですが、いかがですか?
夫の場合は「経過観察」ということで、再検査を受けるようにと迄は書かれていませんでした。
もう少し数値が上昇してしまうと再検査を受けるようにと指示されると思いますが。

お酒を飲まなくても、ストレスで肝機能でGPTが上昇することがあるのですね。
なるべく体を休まさてあげるよう、心掛けたいと思います。
有難うございました。

お礼日時:2002/03/19 11:09

僕の経験をお話します。


30歳のとき、37度程度の微熱が数日続きだるくて医者に行きました。
1ヶ月程度変化がなく、一度血液検査をしてみると言われ、行いました。
GPT55でした、他の肝機能値も少し高かったです。

1ヶ月後再度血液検査し同じぐらいの値でした。
医者が経過を見るのもいいが、この値は気になると言われ精密血液検査(肝臓に関して特に)行い、HCVが見つかりました。
過去に輸液・輸血・抗止血剤はしたことがありませんでした。
多分小さい頃から、かかりつけの医者が長い間ディスポではなくガラスのシリンジを使っていたからと思っています。(うちの家族は、私のことが解ってから検査をしたら全員HCVでした)

現在特にこれといった治療法は実行していませんが、病気を持っている事が自覚できているので無理はしないようにしています。
できれば血液検査等原因の特定をお勧めします。
その上で原因が特定できなければ疲れていた等と考えられますもんね。
お大事に。
    • good
    • 24
この回答へのお礼

ご経験に基づいたお話、有難うございました。
肝臓に関しての精密検査をされてPesukoさんはHCVが発見できたのですね。
血液検査等原因の特定は大切なことだと感じました。
うちの主人も精密検査を受けてくれれば良いのですが拒んでいて困ったものです。
Pesukoさんも、どうぞお体を大事になさって下さい。

お礼日時:2002/03/19 10:59

このQ&Aに関連する人気のQ&A

  • 薬物性肝障害<肝臓・胆嚢・膵臓の病気>の症状や原因・診断と治療方法

     いろいろな病気を治すために薬は使われます。しかし、薬はのんだ人の体質によっては、薬として期待する作用以外の好ましくない作用を体に及ぼすことがあり、これを副作用といいます。過去に報告された副作用の原因となる薬では抗生剤が最も多く、鎮痛薬などを含む中枢神経作用薬や細菌などを排除する抗生物質などがこれに続きます。  薬物が原因で起こる肝障害を薬物性肝障害と呼び、大きく分けて中毒性のものとアレルギー性...続きを読む

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QALT(GPT)が異常に高いのですが…

先日、献血を受け、その結果がハガキで送られてきました。見てみるとALT(GPT)が92IU/Lで、「医療機関での受診をおすすめします。」とのことでした。説明書きを見ると急性肝炎・慢性肝炎や脂肪肝などで数値が上がります。とあります。そこで質問なんですが、
1.肝炎でまず考えたのが、B型・C型肝炎等のウイルス性肝炎なんですが、献血結果で送られており、「献血にご協力頂きありがとうございました」以外に特にコメントがないということはその可能性はないと考えてよいのでしょうか?
2.ALTの92という数値は検査に急を要するレベルなのでしょうか?ちなみに前回(H17.9月は26IU/L、H16.4は67IU/Lでした。)
3.肝炎・脂肪肝の症状はどのようなものでしょうか?
ちなみに他の項目の数値は
AST(GOT)が48IU/L
γ-GTPが78IU/L
総蛋白が7.1g/dL
ALBが5.0g/dL
コレステロールが223mg/dLです。宜しくおねがいします。

Aベストアンサー

こんばんは。NO.1です。

最近太ったということで、原因として一番怪しいと思います。
肥満体型ではないようですが・・・

時間をみつけて病院へ行くとのこと。
用心に越したことはありません。
手遅れになってからでは悲しいですからね。

今更なんですけど、病院へ行くときは献血の葉書を持って「ちょっと数値が高いみたいなんだけど・・・」というと担当の医師もなぜ病院へ来たのかというのが明確になって検査・治療の流れがスムーズになると思います。

ちなみに脂肪肝について・・・
脂肪は主に肝臓で分解されるんですが、処理をし切れずに肝臓にたまってしまったものを脂肪肝といいます。
例えるならば、脂肪という借金を肝臓(消費者)がためてしまうわけです。
ある程度まで消費者は借金を借金で返す、つまり自転車操業してでも生活できます。
このときは破滅への道を辿っていることに気付かないそうです。
しかし借金が雪だるま式に膨らむとついには破綻してしまいます。
この状態が肝臓で言うと肝硬変や肝癌という状態です。

脂肪肝は薬など使わなくても高タンパク低脂肪な食生活である程度改善できます。
脂肪肝と診断されても悲観なさらずに「重篤な病ではなく脂肪肝でよかった」位に思ってくださいね!

こんばんは。NO.1です。

最近太ったということで、原因として一番怪しいと思います。
肥満体型ではないようですが・・・

時間をみつけて病院へ行くとのこと。
用心に越したことはありません。
手遅れになってからでは悲しいですからね。

今更なんですけど、病院へ行くときは献血の葉書を持って「ちょっと数値が高いみたいなんだけど・・・」というと担当の医師もなぜ病院へ来たのかというのが明確になって検査・治療の流れがスムーズになると思います。

ちなみに脂肪肝について・・・
脂肪は主に...続きを読む

Q健康診断にて肝機能検査のALT(GPT)が…

先日の健康診断での肝機能の項目で、ALT(GPT)が70(正常値は40以下)と出てしまいました。そのため、D2(要精密検査)とされてしまったのですが、どの程度の規模の病院に行けばいいのでしょうか?また、精密検査の際は、再度血液検査をするのでしょうか?

Aベストアンサー

No.3です。
お礼ありがとうございました。
もう少し補足をすると例えばC肝、B肝のようなウィルス感染はALTが1000を越えます。

桁が違うので異常値とは言え心配するほどでもありません。
過労、睡眠不足、飲酒、軽度肥満、激しい運動後などでも上がる数値です。
沈黙の臓器である肝臓が苦しんでるという事ですね。
ただ、ALTは肝臓特有の酵素ではないため肝臓の確定診断にはなりません。
心筋などにもあるので、そちらが原因の場合もあり精密検査は念のためサボらずいかれてください。
いずれにせよ軽度ですし、ASTが上がっていなければまず肝臓だと思いますが。
確定診断ではないため、例えば脂肪肝が原因として疑われるときはエコー検査をします。
妊婦さんがやるような感じです。
そこで肝臓が白く見えたら、「あっ脂肪肝だね」って確定診断になります。

Q肝臓病について(GOTとGPTが高いとき)

健康診断ではじめてGOTとGPTが高い結果がでました。
飲酒も喫煙もしないので、どうしたものかと思っています。
投薬しかないのでしょうか?
何かできる生活習慣や食事など教えて下さい。

Aベストアンサー

GOTとGPTだけが高いのでしょうか?まあ、集団検診の項目ですから、全体的にみてますので、今回のトランスアミナーゼ値の上昇は、肝細胞が何らかの原因で壊れている可能性が高いと理解できます。脂質の検査、コレステロールとか中性脂肪が高く、ウイルス性が否定されるなら脂肪肝が濃厚ですが、(エコーをとればほぼ確定できるでしょう)。他に薬や健康食品?などによる薬剤性肝障害、自己免疫性・・・などいくらか想像はされますが、情報が少なすぎますし、仮にここで、○×△とわかっても自分で治療はできませんので、まずは検診結果を持参して、病院の内科を受診してください。

QGOT、GPTの値が短期間に上がることはありますか?

7月30日の健康診断を受けたときの肝機能を表すGOT、GPTの数値がそれぞれ、18、27でした。
 それが9月になって血液検査をしたところ、GOT、GPTの値がそれぞれ、55、97に跳ね上がっていました。
 GOT、GPTの値というのはこんなに短期間に変化するものでしょうか?

 長年健康を保ち、過去の健康診断で要注意とされた項目はありません。
 酒飲の習慣はありませんし、最近体調がすぐれないとかいうこともありません。
 検査当日に熱があったということもありません。ただ寝不足でした。
 前日に食べた食事が大きく影響するということがあるのでしょうか?
 よろしくお願いします。
 ちなみに男性です。

Aベストアンサー

決して珍しいことではありません。

GOT・GPTは筋肉の中にも含まれているので、激しい運動をした時には上昇する場合もあります。

次回の検査で下がっていれば、特に問題ないと思います。1ヶ月後ぐらいに再検査してみましょう。

が、続けて高い場合は、ウィルス性肝炎のチェックなどをしておく方がいいと思います。必要以上に不安に考える必要は無いと思いますが、放置はいけません。

Q肝機能検査の数値が突然異常値になりました。

毎年、健康診断を秋に受けています。その際、特に異常はありません。
この12月に献血をしました。その結果がGOT,GPTが100と125に急上昇しています。お酒も飲まないし、この2,3ヶ月間に特に大きな病気や怪我はしていません。
身体も疲れやすいこともなく、肌の色も特に変わりません。
普通に生活してます。食欲もあるし、ビリーのDVDをしても平気です。
何が原因なのでしょうか?
少し不安になってます。

Aベストアンサー

一月程度期間を開けもう一度検査してもらってください。
一時的に増減することは良くあります。
参考までに
http://www.newton-doctor.com/kensa/kensa02a.html

Q激しい運動をする、もしくは激しい運動をしたあとは肝機能のAST(GOT)とALT(GPT)の数値があがるということはあるのでしょうか?

先日(:4/26)、に健康診断を受け、肝機能のAST(GOT)とALT(GPT)の数値が平均値よりも高いことがわかりました。以下のとおりです。

平均値      質問者の数値
AST(GOT) (35以下)   →48
ALT(GPT) (35以下)   →41

過去、3年間、検診を受けています(。過去の両者の平均値はGOT:25.5、GPT:31です)が、今回、初めて、上記のような高い数値が出てしまいました。“原因ではないか?”と思い当たるふしとして、検診の前日に、激しい運動をおこない、検診当日も疲れが残っていました。

激しい運動をする、もしくは激しい運動をしたあとは肝機能のAST(GOT)とALT(GPT)の数値があがるということはあるのでしょうか?

(※先の類似の質問に回答してくださった皆様がた。ありがとうございました。)

Aベストアンサー

◆よくお気づきになりました。

◆激しい運動の翌日などに筋肉痛や筋肉のだるさが残っている状態では、運動によって筋肉細胞が多少壊れてその修復が行われていることを示します。AST(GOT)やALT(GPT)は肝臓の細胞に含まれているので、肝臓の細胞が壊れた時に上昇し、肝機能障害の指標となります。

◆けれどもこのASTやALTは筋肉細胞にも含まれています。ですから、激しい運動によって筋肉の細胞が壊れると血液の中にASTやALTが出てきて数値が高くなります。壊れた細胞が肝臓か筋肉かを区別するためにはCKという物質を測定すればわかります(CKは筋肉細胞が壊れて上昇します)。ところが、CKは健康診断では測定しませんし、一般の内科診療でも測らないことが多いのです。

◆そのため、筋肉の障害(激しい運動、筋炎、筋肉の病気、筋肉の打撲、肉離れ)が「肝機能障害」と判断されてしまうことがしょっちゅうあります。

◆健康診断の前には激しい運動は厳禁です。異常値についてはもう一度、医療機関でCKとともに再検査してもらえばよいでしょう。

Q実際に肝機能の数値(GOT、GPT)実際に下げた方

私はGOTは正常範囲ですが、GPTが73と高く、月1で血液検査等を行っています。
(適度なスポーツもしているし、アルコール、たばこ類は飲みません)
「GPT」「肝臓」をキーワードに検索をし、過去の質問・回答を一通り読み、レバーやしじみ汁、うこんや不知火菊など肝機能を高める(?)食品を知りました。

実際に、これらの食品でGPTなど数値が下がったという方いませんか。
体験談をお聞かせいただきたいのですが。
成功例でも失敗談でもかまいません。教えてください。

Aベストアンサー

うちの旦那さんは脂っこい物が好きで痩せているんだけど脂肪肝だったので肝臓の値が悪かったのです。
うちの旦那さんもお酒、たばこはやってませんでした。

で、毎日大豆ヨーグルトを食べて1年目なのですが下がっていましたよ。大豆パワーに感動しました。

もちろんシジミのお汁は頻繁に出していました。

Q飲酒しないのに、γ-GTPとGPTが・・・

半年ほど前に健康診断で調べたときにはGOT、GPT、γGPT
全て異常なしだったのですが・・・
2ヶ月ほど前に検査したところ、GPTが59に・・そして総ビリルビンも1.2 GOTは35くらいでした。

で、また今日検査の結果を聞いてきたのですが、GPTは66、GOTが35、ビリルビンが1.1でγGPTはなんと100でした。。

私は28歳男性でお酒はほとんど飲みません。。
飲酒をする方のばあいはこのくらいの数字がでるのかも
しれませんが、飲酒しないのにこんな値でちょっとパニックです。
1ヶ月後に超音波検査をすることになったのですが、怖くて怖くて。
ガン、脂肪肝、、、なんだろう、、、と。
どうなんでしょうか。やばいですか?アドバイスください。御願いします。

Aベストアンサー

こんばんは!28歳会社員です。
飲酒・喫煙します。
仕事は忙しく、毎晩深夜に帰宅するという状況でした。
私も去年春、会社の健康診断でγGPTが128という結果が出ました。正直びっくりしました。
最初は脂肪肝ではないかと判断されました。
1ヶ月間節酒をし、血液検査に挑みました。しかし、結果は126・・・
そこで、主治医との約束で2ヶ月間の禁酒生活をしました。
しかし、仕事はハードでした。
2ヵ月後の結果は98。
本来ならばもっと下がるはずだそうです。
そこで肝臓のエコーを取ったところ、脂肪肝ではありませんでした。
結局主治医は「仕事によるストレス性疾患」であろうといっておりました。
それまでは「小柴胡湯」というお薬を飲んでいましたが、今は「ウルソ」というお薬を服用してまいます。
おかげさまで先月末の診察で70まで下がりました。
結局仕事がハードだったり、睡眠不足だったりすると数値が上昇することもあるみたいです。
No1の方もおっしゃってますがあまり考えすぎると「ストレス」が溜まってしまうと思いますので、精密検査の結果を踏まえてお医者様とよく話し合いながらゆっくり直していくのがいいのではないでしょうか?
「病気と上手にお付き合いしながら治そう」という前向きな考え方で治療されると良いと思います。

お互い、早く良くなるといいですね!
長くなってすいませんでした。

こんばんは!28歳会社員です。
飲酒・喫煙します。
仕事は忙しく、毎晩深夜に帰宅するという状況でした。
私も去年春、会社の健康診断でγGPTが128という結果が出ました。正直びっくりしました。
最初は脂肪肝ではないかと判断されました。
1ヶ月間節酒をし、血液検査に挑みました。しかし、結果は126・・・
そこで、主治医との約束で2ヶ月間の禁酒生活をしました。
しかし、仕事はハードでした。
2ヵ月後の結果は98。
本来ならばもっと下がるはずだそうです。
そこで肝臓のエコーを取ったところ、脂肪肝...続きを読む

Q健康診断で「肝機能障害の疑い」という結果が出てしまいました。

先月、会社で健康診断が実施され先日、結果が出たのですが「肝機能
障害の疑い」ということで二次検査になってしまいました。30代の
男性ですが中学生の頃から尿糖の検査で必ずひっかかてしまい、これに
関しては肥満が原因ということで自分でも自覚しています。今回、尿糖
では問題なかったのですが「肝機能障害の疑い」という診断は初めて
でとても不安になっています。標準値よりAST(GOT)がプラス6
ALT(GPT)がプラス33、r-GTPとALPは標準値になって
いるのですが何のことだかわかりません。二次検査をすればわかること
なのですが、専門知識をもった方がいらっしゃいましたら教えて
いただけますか。あと数年前から扁桃腺をやられてしまって風邪を
ひくと扁桃腺が白く化膿して熱が出てしまうということが毎年の
ようにあります。以前に耳鼻科で診察していただいた時に「あまり
続くと菌が肝臓に入ってしまい肝臓をやられてしまう可能性がある」
と言われたことがあります。やはりこれも原因となっているので
しょうか。また、6年前に肺炎になったことがありそれから扁桃腺
がやられてしまっています。肺炎と扁桃腺の関連性はあるので
しょうか。何の知識もなく変な質問になってしまっているかも
しれませんが回答、アドバイスなどお願いいたします。
ちなみに年齢30代半ば・身長177・体重82です。お酒は
集まりがあった時にコップ2、3杯飲む程度でほとんど飲みません。
タバコは一切、吸いません。

先月、会社で健康診断が実施され先日、結果が出たのですが「肝機能
障害の疑い」ということで二次検査になってしまいました。30代の
男性ですが中学生の頃から尿糖の検査で必ずひっかかてしまい、これに
関しては肥満が原因ということで自分でも自覚しています。今回、尿糖
では問題なかったのですが「肝機能障害の疑い」という診断は初めて
でとても不安になっています。標準値よりAST(GOT)がプラス6
ALT(GPT)がプラス33、r-GTPとALPは標準値になって
いるのですが何のこと...続きを読む

Aベストアンサー

AST・ALTは、肝機能障害の指標です。肝細胞が破壊されると、肝細胞中にあるASTやALTといった酵素が血液中に出てくるので、数値が高くなります。プラス33というのは、検査値が標準値より33高いということでしょうか?(標準値は検査施設によって多少違いますが、35程度が一般的で、プラス33であればALTが68ということかな?)
ALTが60~70程度であれば軽度の肝障害で、自覚症状が出ることはあまり考えられません。
肝機能障害の原因でまず考えられるのは、B型やC型肝炎などのウイルス性肝炎、アルコール性肝障害、薬剤性肝障害などですが、肥満があるとのことでしたら、脂肪肝が一番疑わしいですね。
内科を受診してください。まず血液検査でウイルス性肝炎がないかどうかの検査をされると思います。ウイルス性肝炎が無く、お酒もほとんど飲まない、常用薬(健康食品を含む)や最近飲んだ薬は特に無い場合は、まず脂肪肝を疑います。脂肪肝は、腹部エコーという検査ですぐに診断がつきます。
エコーで脂肪肝も無い場合は、血液検査でもう少し特殊な肝疾患が無いかどうかの検査をします。
脂肪肝の治療法は、食事・運動療法です。アルコール性ではない脂肪肝は、脂肪肝で肝硬変になることはありませんし、症状もありません。血液検査上肝機能障害があるというだけです。ただし、脂肪肝が出てくるような肥満があるということは、高血圧や心筋梗塞・脳梗塞などのリスクが高いと言えます。肝機能障害という形で、それらの病気になりやすいんだよと警告が出ていると思ってください。(最近、メタボリックシンドロームが話題になってますよね)
ただし、単純な脂肪肝とちがって、肝臓の炎症を伴うNASHという特殊な脂肪肝があります。この場合、肝硬変へと進行する可能性があります。いずれにせよ、ダイエット・エクササイズが治療の基本です。

まずは、内科受診。

AST・ALTは、肝機能障害の指標です。肝細胞が破壊されると、肝細胞中にあるASTやALTといった酵素が血液中に出てくるので、数値が高くなります。プラス33というのは、検査値が標準値より33高いということでしょうか?(標準値は検査施設によって多少違いますが、35程度が一般的で、プラス33であればALTが68ということかな?)
ALTが60~70程度であれば軽度の肝障害で、自覚症状が出ることはあまり考えられません。
肝機能障害の原因でまず考えられるのは、B型やC型肝炎などのウイルス性肝炎、アルコール性肝障...続きを読む

Q風邪とGOT、GPTの上昇

3週間ほど、37~38度の微熱が続いています。
1週間前に病院で血液検査したところ、白血球やCRPは
問題ないが、GOT、GPTの数値が60ぐらいあると言われ
ました。病院に行くまでに、市販の総合風邪薬を飲ん
でいたので、そのせいかもしれないと薬を1週間止めた
のですが、今日の血液検査では、他の項目に異常はないが
GOT、GPTの数値が1週間前よりも悪化していると言われ
ました(数値は教えてくれませんでした)
熱以外の症状は、はじめの1週間ぐらいは頭痛がひどく、
ここ1週間は身体全体がだるくて3日前からカラ咳が
出るようになりました。お医者さんからは、風邪ウィルス
の中に肝機能を悪くするモノがあるという説明を受け、
咳止めと抗生物質を頂き、来週また検査です。
いかんせん、熱が出ている状態が長いので体力的にも
きつく、何か悪い病気じゃないのかと不安です。
この症状で考えられる病気、今後のアドバイス等が
ありましたら、ご回答して頂きたいと思います。

Aベストアンサー

こんにちは。ご心配ですね。私の場合、以前入院中に投与された抗生剤でGOT、GPTが上昇し正常範囲を超えた経験があります。入院中でもあり、血液検査を週2回実施していたので、抗生剤が原因であることがすぐにわかったため、他の抗生剤へ変更したことにより、正常範囲に戻りました。確かに風邪ウィルスで肝機能数値が上昇する物もあるようですが、抗生剤でも上昇する事があると言うことです。
ちなみに私はかかりつけの内科、歯科、整形外科全てにその抗生剤(ク○ビ○ト)があわないことを伝えました。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報