首切りにざえもん←漢字がわかりません・・が昔いたと言う事を
聞いたのですが、知っている方教えてください。
 弁慶がいた時代だそうですが・・・。

A 回答 (3件)

仁左衛門と言えば、雲切仁左衛門が


真っ先に思い出されますが、
こちらは大岡越前の時代だそうです。

「首切り」というのは、他の方も
おっしゃられるように、
斬首刑を行う人物に付けられる通り名
ですから、弁慶や義経の時代と言うのも
考えづらいと思います。

勘違いということもあり得ると思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2002/04/07 11:46

首切り仁左衛門という名には心当たりはないのですが、


山田長政(山田仁左衛門・17世紀にタイに渡り、地方の王族にまでのし上がった人物)と、首斬り朝右衛門(山田朝右衛門・江戸時代、代々朝右衛門を名乗り罪人の首を斬る役を請け負った家)を混同しているということはありませんか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2002/04/07 11:47

仁左衛門

    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2002/04/07 11:47

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q旧石器時代から飛鳥、奈良時代などを経て現代まで、日本列島の人々には大まかにどのような変化が起きたので

旧石器時代から飛鳥、奈良時代などを経て現代まで、日本列島の人々には大まかにどのような変化が起きたのでしょう?使用する道具の素材の変化や、稲作の発展、食文化の変化など、とても興味があります。自分でも調べていますが、他の人の知恵をお借りしたいです。

Aベストアンサー

今から3~2万年前のヴュルム氷期、日本列島も大陸とつながっていた時代にスンダランドからやってきた人々(縄文人の祖先)は、約1万2500年前の間氷期に日本列島が海によって大陸と分断された後、島国となった日本で縄文時代を形成していきます。縄文時代前期から集住した人々は、中期には大規模集落を形成し……
というところから説明すると、例え大雑把であっても旧石器時代から現代までの変遷をここで説明することはできないと思います。ましてや概要だけでなく、道具や食文化にまで触れると、膨大な文字量になります。
かと言って、あまりに簡略化した説明では、a2588様が調べられていることと大差ない答えにしかならないのでは?
もう少しテーマを絞ってお題をいただけると助かります。

Q昔の漢字

この漢字が読める方 何という漢字か教えてください
よろしくお願いします

Aベストアンサー

全く読めませんねえ ・・・。  難解すぎる

Q昔の漢字

先程、同じ質問をしたのですが、写真を載せ忘れていたので、もう一度投稿します
この漢字が読める方、何お言う漢字か
教えてください
よろしくお願いします

Aベストアンサー

「槑」(バイ):今で言う「梅」かな。

Q古墳時代~江戸時代で

古墳時代~江戸時代で

古墳が人為的に壊された
または風水害などで古墳が壊れたという記録はありますか。

Aベストアンサー

一般論ですけど、古代においては戦に敗れれば次の政権によって前政権を否定するために意図的に破壊された古墳はあると思います。
天皇家は万世一系と言われますが、実際には征服された王朝もあったと思いますし、豪族クラスなら珍しい話でもない。
時代が下ればそもそも古墳の意義など忘れ去られ開発で破壊されたものも多い、武士の世になれば古墳を壊して城になった例もあるし、豊臣秀吉が土木工事の都合で壊した、大阪城の部材に使うために壊した、砦を築くために壊したという話はいくつか残っています。
信長も墓石を石垣にしているので、戦国武将は平気だったんでしょうね。

Q四隅突出型墳丘墓が弥生時代のものだとされる理由

四隅突出型墳丘墓が弥生時代のものだとされる理由は
どういったものでしょうか。

Aベストアンサー

基本的には,NO.1 さんのご回答を支持します。
今少し掘り下げると,四隅突出型墳丘墓は古代出雲氏の勢力範囲にのみ分布していること,前方後円墳など『古墳』と呼ばれるものは,明らかに大和政権の影響下に築造され,且つより広く分布していることなどが,出土品その他の年代測定や各種考証,出雲地方にも四隅突出型墳丘墓よりも新しい墳墓形態として発掘されていることなどによると思います。
かっては四隅突出型墳丘墓も古墳の一形態と見なされ,時代区分も不明瞭でしたが,発掘と研究が進むにつれ,両者に時代区分が認められました。また,単なる竪穴式墳墓や横穴群集墓までが,『古墳』と見なされた向きもありました。
統治氏族や統治システムの交代と進展,つまり政治史的にも区分されますが,古墳時代の始まりは弥生式土器・石器・青銅器などが土師器や鉄器に置き換わった時代とも概ね合致します。
弥生時代を稲作の普及期と捉えれば,四隅突出型墳丘墓はその時代に相当し,古墳は明らかに統治システムと文明の急速な転換期に相当し,大和統一政権の誕生から律令制の導入に至る特筆すべき歴史時代として,『古墳時代』の呼称さえ持つようになりました。
文化・文明と政治史とは,深く関わり合いながら進捗してきたであろうことに思い至ります。

基本的には,NO.1 さんのご回答を支持します。
今少し掘り下げると,四隅突出型墳丘墓は古代出雲氏の勢力範囲にのみ分布していること,前方後円墳など『古墳』と呼ばれるものは,明らかに大和政権の影響下に築造され,且つより広く分布していることなどが,出土品その他の年代測定や各種考証,出雲地方にも四隅突出型墳丘墓よりも新しい墳墓形態として発掘されていることなどによると思います。
かっては四隅突出型墳丘墓も古墳の一形態と見なされ,時代区分も不明瞭でしたが,発掘と研究が進むにつれ,両者に時...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報