アプリ版:「スタンプのみでお礼する」機能のリリースについて

実験で,HFと硫酸を混合すると危険なので注意するように指示を受けたことがありますが,具体的には何故危険なのでしょうか? その場で聞いたには,混酸でガスが発生するから,ということでしたが,よくわかりません.なんで,また,何の,ガスが発生するのでしょうか?HFと硝酸の混合液はSiの溶解剤として使われているようですが,これは混酸なので,危険ではないのでしょうか?

かなり基本的なことかもしれず,申し訳ありませんが,お教えください.

A 回答 (6件)

濃硫酸と水分の多いものを混合すると、大きな発熱があります。


その結果、突沸することさえあります。
つまり、ふっ酸や硫酸を浴びてしまう可能性があります。

HFガスも発生するでしょう。
ふっ酸はHFガスを水に溶かしたものですから。

したがって、混ぜるときには、ふっ酸の中へ、かきまぜながら少しずつ濃硫酸を加えて行きます。

必ず、ドラフトの中で行いましょう。

間違っても濃硫酸の中にふっ酸を入れてはいけません。

硫酸の濃度がある程度薄ければ問題はありません。

ですから、水も加えるのでしたら、まず濃硫酸を水で薄めたあと、冷やし、それからふっ酸へ硫酸を加えます。
    • good
    • 0

補足します。



HFと強酸を混ぜたものは、しばしば洗浄液として使われます。硝弗酸・弗硫酸・硝弗硫酸ですね。

他の方も書いているとおり、ふっ酸はかなり危険ですから、ドラフトで、しかも手袋(液が浸透しないような)を必ずはめて扱います。
多量に扱うなら、防護服なども必要になるかもしれません。

弗酸は単独でも、HFガスは少しは発生していますが、硫酸や硝酸と混ぜても、温度が上がりすぎなければ、それほど大量のHFガスが発生するわけではありません。
そんなにHFガスが発生するなら、どんどん薄くなってしまい、洗浄液としては使いにくいですからね。
    • good
    • 0

まさか、ガラスの実験装置をつかってはいないでしょうね。

HFはガラスを溶かします。
    • good
    • 0

HFは揮発性の弱酸で、硫酸と遭うと液中のHFがなくなるまで出続けます。


そのHFガスは、非常に腐食性で、吸った場合は肺が侵され、非常に危険です。皮膚も侵されます。
    • good
    • 0

フッ化水素酸は HF の水溶液だけど, 実はあまり酸としては強くない (ハロゲン化水素の水溶液で強酸でないのはこれだけ) ので,

硫酸を混ぜると HF の気体が出ます, 多分.
    • good
    • 0

HF自体がかなり有毒な物質です。

皮膚だけでなく骨にも障害が出る様です。HFを単独で扱うときもドラフトの中で行います。
HFで調べてみて下さい。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!