明治時代の小説に「ムいます」という表記があり、これは文面からおそらく「ございます」と読むのだろうと思われるのですが、これまで出会ったことのない書き方で興味を惹かれました。これについて何かご存知の方、おられましたら是非教えて下さい。ちなみに小説は徳富蘆花の『不如帰』です。宜しくお願いします。

A 回答 (4件)

 「難字と難解語の字典」(北海道出版センター)の異体文字の項には「厶:私、御座」となっており、北海道開拓使文書の中に使われていたことになります。



 「日本の漢語」(角川書店)によれば、「今昔物語」などでは「御座」と書いて「御(おわ)す」や「おわします」と読む書き方があったが、やがて「平家物語」ではそのまま音読して「ござ」といい、「錦帳近く御座有りて…」の例のように「御座ある」が普通に用いられ、やがて一つの語のように「あ」が省かれて「御座(ござ)る」となっていった経緯に触れています。
 そして更に、平田篤胤の文中の「七ツ八ツニモ分ルデ△」のように上部が少し開いた三角記号で表記されていることに言及し、「これは、芝居で客を案内するとき、煙草盆を貸す場合は□、ござを貸す場合は△の記号を用いたもの」という山田孝雄説を紹介しています。
 この△がやがて「厶(し/わたくし)」という文字と交差するようになったものでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

大変興味深いご回答、有難う厶います(^^)。なるほど、敷物の「ござ」からかもしれませんね。ルーツが、記号の△であれば、ビジュアル的にも説得力があるように思います。その今もある「ござ」の語源も、つまりは「御座」ということですよね。普段何気なく使っている言葉の奥深さを感じます。非常に参考になりました。

お礼日時:2006/09/18 13:38

由来はわからないのですが、現在では国字扱い(JIS漢字ではという意味)です。



読みは「ござ・る」「シ」です。

カタカナは「ム」、国字は「厶」です。微妙に違いますね^^;
IMEパッドで確認できます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうでしたか。本当ですね、確かに微妙に違いますね。ひょっとすると、現在でも使われているのかもしれません。というか、使えるかもしれません。「有難う厶います。」という風に書けば文字を省略できますよね。一文字だけですが(あと、相手に通じるという前提が必要ですが)。ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2006/09/18 13:00

「ム」じゃなくて「云」じゃないですか?


「云」なら「言う」の略字です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。私もはじめは「云」かなと思ったのですが、それではどうにも文がつながらないので、やはり「ござ」と読むのが妥当なのだろうと結論致しました。

お礼日時:2006/09/18 12:43

こちらをどうぞ



参考URL:http://www.toride.com/~yuga/moji/kana.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。たくさんあるんですね。参考にさせていただきます。

お礼日時:2006/09/18 12:46

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q漢字の略字、俗字の一覧

年輩の方が使う例が多いようですが、手書きで漢字を書くときに、
職→耳云
権→木又
曜→日玉
などの略字・俗字を見かける場合があります。
これらを一覧できるwebサイトまたは書籍はないでしょうか?
聞きかじりでは、当用漢字を決めた際に「正字」とされた略字・俗字もあるそうなので、できれば旧字に対応する略字・俗字だとありがたいです。旧字を含む画数の多い漢字を、略字を使ってなるべくカンタンに手書きしたいのです。(画数が少なくても略字があれば使いたい。)
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 こんにちは。

http://ja.wikipedia.org/wiki/略字
とか
http://hp.vector.co.jp/authors/VA000964/html/zokuji.htm
くらいしかありませんでした^^;

Q「これまでは」「これまでも」

司法試験で、「計数」とするところ、「係数」と表記してしまう、出題ミスがありました。

このミスの弁明のコメントとして、「これまでも、言葉の引っ掛け問題は出題していない。」との回答でした。

ここで、「これまでも」を「これまでは」とした場合の解釈と、「これまでも」における、これからの出題傾向が測ることができるでしょうか?

Aベストアンサー

「は」は強調の助詞。
これまで、を強調する内容になるため、これまでのことについては、こうだった。と述べている。逆に言うと、これまで[は]そうだったが、これからのことについては、どうなるかわからないというニュアンスを含む。

(4)叙述を強める。
(ア)〔格助詞・副詞などに付いて〕意味や語勢を強める。
「たいてい―、そのまま帰る」「君と―もう会わない」
http://jiten.www.infoseek.co.jp/Kokugo?col=KO&pg=result_k.html&qt=%A4%CF&sm=1&lc=13&lp=0&svp=SEEK&item=MAIN,NODE,307742


「も」は並立の助詞。複数の事象を並べる時に用いるため、これまで[も]そうだし、これから[も]そうである。というニュアンスが含まれる。

(1)類似した事物を幾つか取り出し並べて提示する。「…も…も」の形をとることが多い。
http://jiten.www.infoseek.co.jp/Kokugo?col=KO&pg=result_k.html&qt=%A4%E2&sm=1&lc=7&lp=0&svp=SEEK&item=MAIN,NODE,385890

「は」は強調の助詞。
これまで、を強調する内容になるため、これまでのことについては、こうだった。と述べている。逆に言うと、これまで[は]そうだったが、これからのことについては、どうなるかわからないというニュアンスを含む。

(4)叙述を強める。
(ア)〔格助詞・副詞などに付いて〕意味や語勢を強める。
「たいてい―、そのまま帰る」「君と―もう会わない」
http://jiten.www.infoseek.co.jp/Kokugo?col=KO&pg=result_k.html&qt=%A4%CF&sm=1&lc=13&lp=0&svp=SEEK&item=MAIN,NODE,307742


「も」...続きを読む

Q略字

曜→日玉
権→木叉
機→木キ
など略字をパソコンで使いたいのですが、方法をご存知の方、ご教授下さい。
また、略字一覧などのホームページがございましたら、あわせてお願い致します。

Aベストアンサー

文字(漢字)には、正字(本字)、略字、異体字、俗字などがあります。正字/略字の関連は、多くは旧字体/新字体の関連と共通します。澤や國に対応する沢や国です。これらはそのほとんどをパソコンで表示可能です。

異体字も多くを表示できます。このサイトでは表示できたりできなかったりしますが、高に対応するいわゆる「はしご高」、埼の右上が「立」になった形です。「吉」の上が「士」でなく「土」になった字も異体字ですが、これはパソコンでは表示できません。

できない、と言っても、汎用性がないということであって、ご自分で「外字」として作字したり、外字用ソフトを購入してこれをインストールすることで、そのパソコンでは使用可能です。一部の年賀状ソフトには、これらのソフトも同梱されています。

さて、俗字ですが、これは、全くパソコンで使えないと思ったほうがいいでしょう。俗字といっても、全く別字を俗字に当てるケースもあって、千歳に対応する千才などが思いつきます。表示は可能ですが、正確には『誤用』ですので、使わないほうがいいでしょう。

さてご質問。「木叉」は『全角で』「U6748」(表示は「う6748」)と入力し、「F5」を押したうえ、選択(左クリック)してEnterすれば、表示できます。

「木キ」と「日玉」は、俗字ですので表示不可能です。もちろん「旺」字は表示できます。「おう盛」の「旺」です。

似たような「時」に対応の「日寸」は「U65F6」です。

「第」に対応する「`オ」のような文字は、

http://odn.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=1173966

の私の過去回答と、#2のご回答と同要領で表示できます。「U3427」です。同様に、「喜」に対応する「七3つ」は「U3402」です。

これら入力できる文字は、日本や中国などで「異体字」として認定といいますか、社会的に認められた(あるいは認められつつある)文字です。

それ以外は、外字としてご自分で作成する以外に方法はありません。「魔」の中が「マ」となった文字なども同様です。

参考URL:http://odn.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=1173966

文字(漢字)には、正字(本字)、略字、異体字、俗字などがあります。正字/略字の関連は、多くは旧字体/新字体の関連と共通します。澤や國に対応する沢や国です。これらはそのほとんどをパソコンで表示可能です。

異体字も多くを表示できます。このサイトでは表示できたりできなかったりしますが、高に対応するいわゆる「はしご高」、埼の右上が「立」になった形です。「吉」の上が「士」でなく「土」になった字も異体字ですが、これはパソコンでは表示できません。

できない、と言っても、汎用性がないとい...続きを読む

Q「これまで読んだ本」、「これまで読んだ本の履歴」

「これまで読んだ本」、「これまで読んだ本の履歴」のようなことを
意味する単語があった記憶があるのですが、わすれてしまいました。
漢字2文字くらいだったと思うのですがなんと言うんでしたっけ?

Aベストアンサー

「読書録」です。

Q略字を使ってはいけない場面。

略字を使ってはいけないときというのは具体的にどんなばめんでしょうか??

Aベストアンサー

(1) 公認されていない略字は、メモ以外では使わない。(例:「歳」の代わりに「才」、「個」の代わりに「ケ」など)
(2) 名前の場合は、本人が使っている文字を使うのが礼儀(本人が「渡辺寿夫」ならそれでよいが「渡邊壽夫」にこだわる人なら、そのとおりにする)。
(3) 役所に出す書類(その他公的な書類を含む)は、戸籍や住民票と同じ文字を使う(「祐」は「示すヘン」でないと却下されることがある)。

Qありがとう・・・ございます?ございました?

このカテにははじめて質問させて頂きます。
このOKwebを使っているとよく感謝の言葉を使いますよね。
で、僕はお礼をするときに時々迷います。
「ありがとうございます」「ありがとうございました」
どちらでお礼をしたらよいのでしょうか?
僕が思うに「ございます」の場合は、こちらが先に物を頼みこれから相手からしてもらう時に使い、
「ございました」の場合は、相手から「感謝すること」をされた後にこちらがお礼する時に使うんじゃないかと思っています。
ですからOKwebでは「ございました」を使うようにしています。
皆さんはどのように使い分けていますか?
または正しい使い分けなんてのはあるのでしょうか?

Aベストアンサー

 故古今亭志ん朝師匠でしたか、「"ありがとうございました"は正しくない使い方だ。あれは"ありがとうございます"でなきゃならない」といって、「ありがとうございます」しか使わなかったという噺家がいらしたということを聞いたことがあります。
 タは完了や過去をあらわす助動詞ですが、もともとは確認、つまりここにこれがあるということをはっきりとさししめすニュアンスを持っているので、それがかすかにおしつけがましい感じを与えると思われる方がいても、それは決して不思議ではありません。
 加えて感動詞(挨拶もこれに含まれる)は時制を持たない、というのが文法の基本ですので、「ありがとうございます」を過去時制「ありがとうございました」に活用させるのは文法的におかしい、ということもいえるかもしれまえん。「いただきます」の未来時制「いただきましょう」が挨拶(感動詞)ではなく、「食べましょう」という意思をあらわす表現になってしまうのと同様、という考えかたです。
 すでに日常生活のなかで「ありがとうございました」も定着している表現ですのでそこまできびしく考える必要もないとは思いますが、「ありがとうございます」から「ございました」のかたちが発生したであろうことはおそらく疑うことのない事実でしょうから、このような意見にも一理あるとはいえます。

 故古今亭志ん朝師匠でしたか、「"ありがとうございました"は正しくない使い方だ。あれは"ありがとうございます"でなきゃならない」といって、「ありがとうございます」しか使わなかったという噺家がいらしたということを聞いたことがあります。
 タは完了や過去をあらわす助動詞ですが、もともとは確認、つまりここにこれがあるということをはっきりとさししめすニュアンスを持っているので、それがかすかにおしつけがましい感じを与えると思われる方がいても、それは決して不思議ではありません。
 加えて...続きを読む

Q確定申告書に略字を使ってもいいの?

はじめて確定申告(還付申告)をするのですが
普段、自分の名字は略字を使っています。
源泉徴収書も銀行の口座も大沢(仮名)です。
でも、免許証や住民票などのちゃんとした書類などは大澤となっています。
銀行の口座が大沢なので申告書も略字で書きたいのですが、なにか問題ありますか?
教えてください。

Aベストアンサー

ペンネームで著作物のある作家など、戸籍名(をもとにした公的書類)と源泉徴収票の氏名が異なることもあります。
でも、戸籍名や住民票の表示と、源泉徴収票の氏名が違うからといって、別々に申告するわけじゃなし。

略字で問題ないと思いますが、どうしても気になる場合は、屋号やペンネームなどを書く欄に、略字による氏名を記入しておくというのは、どうでしょうか。

Q★外人に日本語の説明。(有難うございますVS有難うございました)

友達の中、日本語を勉強中のアメリカ人がいますけど、英語でThank youの言葉が、日本語では「ありがとうございます。」、たまには「ありがとうございました(文法的には過去形)」になるのが理解できないそうです。
(何故「ございました」になるのか、いつ「ありがとうございました」を使うのか・・など)。

やっぱこれは文化的な問題じゃないかと思うんですけど、できれば日本人として説明したいんです。どうやって説明すれば良いでしょうかね・・・

日本語でもOKです。ご意見お待ちします。

Aベストアンサー

普通に考えれば、相手にしてもらった行為の直後に言うお礼は「ありがとうございます」。過去にしてもらった行為に対するお礼が「ありがとうございました」だと思います。

ただこの「過去」と説明すると、外人には基準が曖昧と受け取られるかもしれません。5分前なら? 一時間前なら? と悩まれても困ります。英語の「過去形」とも違う感覚ですね。

日本人の感覚には合致しているとは言えませんが、
「お礼を言う対象の(相手の)行為があってから、現時点の間に、別の行動(会話、食事etc)をはさんだら『さっきはありがとうございました』になる」というのが、外人向けには理解しやすいのではないでしょうか。

Q同じ略字でも、全然意味が違う例・・・

以前のアンケートへのお答えで、「NHK」は、日本放送協会よりも日本発条の方が先につけていたというものがありました。
同じ略字でも、放送とバネの会社では、全然違いますよね。

そう言われて思い出したんですが、「SSK」といえばスポーツ用品の会社が有名ですが、静岡出身の私としては、清水食品の缶詰の方がピンとくるんです。
スポーツと缶詰では、全然違う・・・

これらは会社の略称ですけど、それに限らず、同じ略字でも全然意味が違うという例を、教えて下さい。

もちろん、アルファベットでの略字だけでなく、日本語でも結構ですし、固有名詞でない例も歓迎します。

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

以前、何かの番組で話題の女社長の会社を紹介していて、
その社長の経営する会社名は「IBM」でした。

「えっ!IBM??」

聞いた瞬間、ビックリしましたよ。

米国ニューヨーク州に所在する世界最大のコンピューター会社かと思いましたよ。
というか、誰が聞いてもIBMってコンピューター会社のことでしょう。

しかし、当然ですが冒頭の女社長の会社はコンピューター会社ではありませんでした。
(残念ながら業種は忘れましたが)


「よくもまあ、堂々とIBMなんて命名したなぁ!」

すごく強烈に印象に残ってます。
 

Q白鳥入蘆花

 無いだろうと思った検索がいくつもヒットしました。【白鳥入蘆花】です。下村湖人はこの言葉をどこから、得てこられたのか、ご存じないでしょうか? 臨済宗の偈なのでしょうか。とうかお教えください。
 
 参考:http://www.citydo.com/prf/saga/area_kanzaki/kenbun/rekishi/chiyoda001.html

Aベストアンサー

この国立国会図書館のホームページによると下村湖人という小説家が、『碧巌録』の「白馬入蘆花(芦花)」の馬を鳥に勝手に言い換えて作った言葉のようです。(蘆も芦も植物のアシのこと)
http://crd.ndl.go.jp/GENERAL/servlet/detail.reference?id=1000039102


碧巌録の白馬入蘆花は掛け軸によくつかわれる言葉です。
http://zengo.bungaku1.com/01/hakubaroka.html


人気Q&Aランキング

おすすめ情報