父(70歳)が今日、眼科の検査で両眼とも白内障であるといわれ
手術を勧められました。
もともと、糖尿病だったので3ヶ月ごとに眼底検査をしていたのですが
今回、検査が半年あいてしまい、初めて言われたそうです。
子供の頃から、遠視で色盲のようです。(遠視は子と孫に遺伝しています)
この様に、もともと目の病気を持っている父にとって白内障の手術は
他のかたの手術より、リスクがありますか?

糖尿病は、もう30年近くなりますが、1日2回食後に薬を飲むだけで、
特に食事を制限したことはありません。
ウォーキングの後、毎朝の食事前の血糖値は、110から180という事です。
アドバイス、よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

眼科医です。


現在私のところでは、白内障の手術を毎週10人、年間で500人弱手がけています。
ほとんどが眼内レンズ挿入して手術時間は正味10分くらいです。
痛くなかったと言って頂いてます。

患者さんは70代を中心に50代から90代まで、また強度近視の人も遠視の人も
もちろん糖尿病の方もいらっしゃいますが、ほとんどの方に眼内レンズ挿入可能です。
ただし糖尿病で、これから光凝固療法を予定している方やその他の合併症が有る方には、眼内レンズを入れない場合もあります。
この場合は手術後は分厚い眼鏡かコンタクトレンズにして、治療終了後に二次挿入手術をすることもあります。

ご相談者のお父様が軽度の遠視やコントロール良好で網膜症の出ていない糖尿病なら、一般の患者さんとして上記の眼内レンズ挿入術を施行可能でしょう。
3日目にはもう眼帯も外しますが、そのときには裸眼で1.0前後出ているはずです。
ただし糖尿病網膜症その他の眼底の病気があると術後も視力が出ないことはあります。
これは術前の検査である程度は予想可能ですので、主治医から事前にお話があると思われます。

なお糖尿病のコントロールはヘモグロビンA1Cという血糖値の平均値が最も目安になります。
これが6.5%以下の数値のまま30年間なら合併症は出ていないと思われますが、現在の空腹時血糖だけでは何とも言えません。

白内障の手術に対する疑問は、眼科の主治医に直接よくお聞きしてみることをお勧めます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

眼科医の先生からのアドバイス、ありがとうございます。
とても、参考になりました。

半年ぶりに検査に行ったら、若い先生が担当になって、
今まで言われた事がなかったのに、今回、両眼とも白内障であるといわれ、
手術の話が出たということで、家族であせってしまいました。
以前の白内障の手術についての書き込みを読んでいきながら
手術はそれほど怖がる事はないと知りましたが、
果たして糖尿病プラス遠視の父は・・・と気になり質問させていただきました。
今までずっと検査に行っていたのだから、今までの経過はカルテにあるだろうし、
新しい若い先生が担当になっても大丈夫ですよね。
色々な疑問は、直接聞いてみることにします。
unyako先生、ありがとうございました!

お礼日時:2002/03/28 00:17

内科医です。


白内障に限らず糖尿病の患者さんが手術になる場合には、糖尿病の経過を診ている内科医に、手術が可能か否かのコンサルトが来ます。

糖尿病の患者さんが手術に臨む場合には、現在の糖尿病のコントロール状態( unyakoさんが書かれた様に、ヘモグロビンA1cと血糖で現在の糖尿病のコントロール状態がわかります )、網膜症、腎症等の微小血管障害の状態、虚血性心疾患や脳血管障害に代表される大血管障害の有無等から手術の可否、注意点を手術を担当される医師にお返事を致します。

escada39さんのお父様が、30年来の糖尿病で、経口血糖降下剤を服用されている様ですので、ある程度の合併症が存在する可能性は否定できません。
そのあたりの事を内科と眼科の主治医の先生にお聞きになっていただければ安心して手術を受けられる事と思います。

食事療法と運動療法は糖尿病治療の大原則ですので、これは必ず内科の主治医及び栄養士の方にお聞きになってください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

内科の先生からのアドバイスありがとうございます。

毎日調べる血糖値を基準にしているようで、
高ければ歩き、低ければ安心して、お酒の量が増える。
お酒は止めるつもりがないようですが、
眼の事を考えると本人も少しは反省するでしょう。
内科の主治医の先生にも相談する様伝えます。
大変参考になりました。ありがとうございました。

お礼日時:2002/03/29 08:17

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q糖尿神経障害について。糖尿歴三年。31才です。今日病院行ったら神経障害が、かなり進んでると言われまし

糖尿神経障害について。糖尿歴三年。31才です。今日病院行ったら神経障害が、かなり進んでると言われました。今痛くて仕方ありません。リリカ飲んだけど効きません。あと、重た、だるい痛いとゆう症状です。教育入院して血糖値は170くらいです。空腹時が。

Aベストアンサー

https://medicalnote.jp/contents/151125-000049-YKVZYI

こちらのサイトをご覧ください。
自覚症状はないので、定期検査での尿検査でしか判断できません。

Q糖尿からの白内障は放置すると悪くなりますか。

白内障の手術をしたいのですが順番待ちで5ヵ月後になります。
糖尿からで現在毎日インシュリンを打って血糖値を抑えています。
先日ヘモグロビン測定の結果6.5でした。血糖値のコントロールは
していますが白内障が進行しているようで気になります。
早く手術をして頂ける病院を探すべきでしょうか?

Aベストアンサー

大学病院の眼科医です。

白内障は加齢によるものと糖尿病性のものがあります
加齢性白内障は水晶体の周辺部から濁ってきます、
それに対し糖尿病性の白内障は水晶体の中心部から濁ってきます。
その為に、糖尿病性白内障は早く進行するようにみえますが、
半年くらい置いても、影響はありません。
血糖のコントロールは白内障よりも他に影響するものです
是非、良好なコントロールを続けてください。

Q糖尿から腎臓病

私の母のことなのですが、以前から糖尿病で病院に通院して、食事療法を
行なっておりました。
最近になって、腎臓が悪いと言われたと聞いたのですが、糸球体濾過量(GFR)が10で
透析か移植しか無いという、腎臓病で最後のステージまで進んでいるということでした。
それまでに、ずっと通院していたので検査はしょっちゅうしていたはずです。
それなのに、ここまで悪くなる前に食事療法とかができなかったのでしょうか?
急に数字がそこまで下がるものなんでしょうか?

もっと早くから、対処していればもう少し、透析とかを遅らせることができたのでは?
私たちは医者では無いのでわかりませんが、もっと早く気付けたのでは
ないかと、医者に対して不信感をもっております。

母は現在、一日1600kcal、タンパク質40gの食事になっています。

医療関係の方からご意見をいただければありがたいと思っております。
食事のメニューが大変なので、何か参考になること等も教えていただければ
ありがたいと思います。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

No.3の者です。

「漢方が効く」との事ですが、GFRが10まで下がっていると言う事は、早急に透析の準備が必要です。

私の知る限りでは、透析の最中に、足が攣ったりするのを防ぐ為に漢方を飲むことはありますが、「腎臓の機能をこれ以上悪くさせない」と言うような漢方はないと思います。

あったとしても、お母様には、時既に遅しでしょう。


ただ、透析になったら死んだも同然、と言う事は全くありません。

現に、私は、色々な施設、色々な患者さんを見てきていますが、最年少は10歳、最高齢の方は94歳です。

この方々も含め、患者様との交流を深める為に、お花見、お食事会などを催しています。

それぞれの方、多少控えめながらも、大いに食べ、飲んでいます。

その後の透析では、皆さん体重の増加が多いし、検査結果も良くないですが、それぐらいの楽しみを医療者側から与えてあげないと、なんとも寂しい人生になってしまいますし、透析導入後間もない方でも、
「たまにはこう言う事をしていいんだ」
と思わせてあげることで、ガッチガチの食事制限ではなく、人生を楽しみながら、たまには食べ過ぎたっていいじゃない、と言う雰囲気を作っています。


お母様が「死んだも同然」と言うならば、その10歳の子は、5歳から死んでいることになりますが、生き生きと、ヤンチャに育っていますよ。

また、94歳の方は、今年で透析導入30周年を迎えます。

「100歳まで生きる」と笑顔です。


透析技術は日々進歩しており、透析導入後30年以上生きている方も珍しくなくなってきました。

これは、「30年経ったら亡くなる」と言う意味ではなく、透析技術と言うものが生まれてから30年経った、その初期に透析導入になった方が今でも生きていらっしゃる、と言う事です。

今後、40年、50年と生きる方も増えていくと思います。


また、透析をしながら働いている人だって大勢います。

その方々の為に、午後6時ごろから始める「夜間透析」と言うのを行っているのです。


私自身も腎臓を患っており、あと数年で透析導入になりますが、仕事は辞めるつもりは全くありません。


お母様が悲観的になるのも無理はないと思いますが、現在、透析を受けている方は日本に30万人います。

街行く人、1000人に2人は透析を行っているのです。


透析を受け入れるには時間がかかるとは思いますが、このように、透析は、ごく身近なところにある、と言う現実を知っていただきたいと思います。

No.3の者です。

「漢方が効く」との事ですが、GFRが10まで下がっていると言う事は、早急に透析の準備が必要です。

私の知る限りでは、透析の最中に、足が攣ったりするのを防ぐ為に漢方を飲むことはありますが、「腎臓の機能をこれ以上悪くさせない」と言うような漢方はないと思います。

あったとしても、お母様には、時既に遅しでしょう。


ただ、透析になったら死んだも同然、と言う事は全くありません。

現に、私は、色々な施設、色々な患者さんを見てきていますが、最年少は10歳、最高齢の方は94歳です。
...続きを読む

Q糖尿について

父親65歳、身長175cm弱 体重55キロほどで痩せてます。
しかし空腹時血糖値が上限ぎりぎり110前後です。
これはインスリンがあまり出てない糖尿病でしょうか?
ちょっと甘い食べ物や飲み物を出すと「甘いなぁ」と言って口を進めません。

血液検査も定期的にしてるしもっと高くなればまた対策を考えれば良いしちょっと神経質すぎだと思いませんか?

Aベストアンサー

#1です

実は家族が同じ状態ですが
慣れてくる部分があってこれで良いと思うんでしょうね
それと食べちゃいけないという気持ちがどうしてもあるようです

なので家では1500キロカロリーまでなら食べていいという線を引く
特に朝ならお腹一杯食べさせる(これから動きますから)
果物も多少甘いものも食べていますよ

その代わり飲み物とかは甘いものはほぼ100%飲みません
薄味と食物繊維を含むものを食べさせること
お米は五穀米などの雑穀米にしています
気持ちの問題ですが黒酢も飲んでいます
運動も気をつけてするようにしています
このぐらいかな

あとは上手くストレス発散できるように
注意していますね

Q糖尿について

お世話になります。
メタボとは無縁の中年です。
ただ、アルコールが人と比べて多いと思います。
外に飲みに行くのは飽きたので、もっぱら家飲みですが、365日飲みます。
通常、1日にビール1本(350)、焼酎2杯(ロック)、チューハイ2本(350)はノルマのように飲みます。(この順番で)
メニューによって焼酎が日本酒だったり、ワインだったりしますし、起きている間中飲み続ける習慣なので、最後のチューハイなんかはもっと本数が多いこともあります。
昔は会社で健康診断を受けに行っていたのですが、景気が悪くなってからやめてしまって、何年も受けていません。
この調子だと糖尿病やばいでしょうか?
ちなみに体脂肪率9.5%平均です。
皮下脂肪率はいつも体脂肪率よりも低いです。

Aベストアンサー

>アルコール自体が分解される時に糖を出すので
メチルアルコール→アセトアルデヒド→酢酸→acetyl CoA→水+CO2+エネルギーとなります。どこにも糖はでてきませんし、グリコーゲンの形で貯蔵する事もできません。エンプティカロリーと呼ばれる由縁です。

ただ、多量の飲酒歴のある人では、慢性膵炎などで膵臓の内分泌機能の低下をもたらしインスリン分泌能が低下して糖尿病になる方もいらっしゃいます。また、アルコールは善玉ホルモン?のアディポネクチン値を下げます。そんな理由や酒の肴で比較的脂質や蛋白が多い食事のせいなのか、人間ドックなどで、BMI22以下と痩せているのに空腹時血糖が高い人は、飲酒をしている人が多いです。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報