法律家の人々は、六法全書を暗記しているのでしょうか?暗記の対象なのでしょうか?
憲法くらいは暗記するのでしょうか?
一般人が法律の勉強をするときには、六法を暗記する、覚えるという方法をとるべきだと思いますか?
専門的知識のある方お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

六法全書を覚えるなんて無理です。


法律を正確に覚えることは大切ですし、必要な条文は覚えていますが、すべての条文を暗記しているわけではありません。
もちろん暗記している人もいますよ。私はできませんが…

その法律・条文が意図するところを理解し、実際にはどのように適用されるのかを理解することも大切です。
法律の参考書などでも、その条文を理解しやすくするために実際の裁判例「判例といいます」が記載されていますし、判例付きの六法「模範六法・判例六法」なども販売されています。
学生さんや受験勉強生、実務家の方も使っていることが多いですね。

何のためにどの程度勉強するのかによりますが、日常生活での実用的なものであれば、「判例・実例」中心の「実務書」がいいでしょうし、「資格試験」を受験するのであれば、その試験向けの参考書がいいでしょう。
法律学までゆくのでしたら「憲法」などそのものズバリの専門書(その先生の学説が書かれているもの)がいいでしょうね。
    • good
    • 1

法律解釈の基礎を理解している人が、もし六法全書を暗記できれば、それは大きな武器になるでしょう。


しかし、法解釈の仕方をまったく知らない人が、条文を暗記しても殆ど無意味ですし、むしろ危険です。

例えて言えば、英文法を知っている人が和英辞典を暗記すれば非常に便利でしょうが、英文法を殆ど知らない人が和英辞典を暗記しても何の英作文もできないと言うことです。
そして「むしろ危険」というのは、和英辞典のみに頼って作られた英文は凡そ実際の英語では使われないような表現である可能性がある、ということです。つまり、和英辞典で「道」を引いて"road"と書いたら、その意味では"way"で使うべきだった、あるいは、例文には"please,…"とあっても、実は"I was wondering if you'd…"とより丁寧な表現を使うべき場面だった、というようなことが起こり得るのです。

六法全書における実例を示したいのですが、一般の人にもすぐわかるような例が思いつかないので、とりあえず和英辞典の例でお許しください。

この回答への補足

Thank you for everyone!
I am writing thanks message to get in practice English.
Once ,I thout that if we learn
law ,we must get up the book of six major laws .
But reacently I think the legal mind is important more than the book of six major laws.
The cases that is not published in
the book of six major laws might be frequent .

I learned various affair from all the lot of you .

補足日時:2002/04/09 14:06
    • good
    • 0

みなさんの回答と重複するところもありますが…


以前,東大法学部教授の方で,六法の編集もされていて,民法などの専門書も多く出されている方の話を聞いたことがあります。
おおよそ,
「法学部の先生で,六法を作っているというと,法律の条文はなんでも覚えているんでしょうなどと言われることがあるが,それは間違いだ。
私が全部覚えているのはせいぜい憲法ぐらいだ。法律は単にたくさん覚えていればいいというものではない。忘れたらそれこそ六法を見ればいい。大事なのはリーガルマインド,法律をどう使うかという考え方だ」
こんな話だったと思います。大学の先生でなく,実務家であっても,基本的な考え方は一緒でしょう。

というわけで,六法の条文そのものを暗記することが目的ではなく(まあ憲法ぐらいは一般常識として知っておくべきでしょうが),むしろ法律を理解していくなかで,結果として多くの条文が頭に入るということではないでしょうか。
実務家の場合はまだ,法廷で「第何条にあるように」と言われて,弁護士が「第何条ってなんだっけ」というわけにはいかないでしょうから,条文自体の暗記も意味がないとは言えないでしょう。
しかし,
>一般人が法律の勉強をするときには、六法を暗記する、覚えるという方法をとるべきだと思いますか?
というご質問に対しては,あまりお薦めしない,とお答えしたいと思います。
法律の勉強の目的がなんであるかにもよりますが(単に頭の体操とか,脳を柔軟に保ちたいということであれば,「歩く六法」をめざして暗記するのもよいでしょう),一般には,それぞれの条文の意図を理解し,関連する過去の判例を知る中で,条文そのものも覚えていく,という道筋のほうがよいかと思います。
「おい,民法第88条第1項って知ってるか?」
「わたしは六法なら全部知っている。物ノ用方ニ従ヒ収取スル産出物ヲ天然果実トス,だろう」
「それってどういう意味?」
「知らん。天然果汁100%のジュースのことじゃないの」
なんていうのでは,あまり意味がないと思います。
    • good
    • 0

六法(憲法・民法・商法・刑法・民事訴訟法・刑事訴訟法)を覚えている専門家も少ないです。



ご質問の方がどのようなことを想定しておられるのかわかりにくいのですが、典型的な事例として、司法試験についてふれておきます。

司法試験は、(2次試験で)六法について短答式・論文式・口述式の出題がされます。
その際、短答式については、過去の重要判例の穴埋め問題があります。これについては、判例を覚えている方が有利です。
また、論述式や口述式の試験では、「○○の判例」や「○○法○○条」について問われることもありますので、覚えている方が有利です。
しかし、司法試験の会場では(司法試験用)六法を貸してくれます。
つまり、司法試験では、六法を暗記しても合格に直結するものではありません。
---
法律の学習は、法律の考え方というものを学習し、現実社会との関係を知ることが重要です。
ですから、教養として、又は具体的な(個別の)問題を解決するために法律を学習するのであれば、法律の考え方をまず頭に入れるべきであると思います。
    • good
    • 1

 「六法」全書と謳うからには、


最低でも日本国憲法・刑法・刑事訴訟法・民法・民事訴訟法・商法の
6つの法が収録されていることになります。

 しかし、司法試験で弁護士や裁判官などの法曹界を目指すのであれば
単に法律を暗記するだけでははっきり言って不十分であり、
他に刑事および民事裁判などで長年に渡って培われてきた、
膨大な数の判例も丸暗記する必要があります。

 司法試験の問題や刑事・民事の裁判、弁護士の法律相談においても
過去の判例を元に論を展開する傾向が多いです。

 特に「憲法の番人」とも謳われる最高裁判所が出す判例ともなれば、
後発の裁判においても非常に重要な影響力を及ぼすことになるため、
一般に「最高裁の判例は重要な法規範」とも呼ばれています。
 これは、成文化した法律の条文でないが、ある意味では実質的に
法律の条文に近い位置づけとほぼ同様に扱われることになります。

 下記の参考URL(愛大判例)で
日本国憲法・刑法・刑事訴訟法・民法・民事訴訟法・商法に
まつわる判例が多数掲載されていますので、そちらの判例も
参考にされた方がよろしいかと思います。

(どの判例もあまりの長文で、しかも難解な文章ばかりですので、
 読みふけるには相当の専門知識と忍耐力が要求されます(苦笑))

参考URL:http://roppou.aichi-u.ac.jp/hanrei/
    • good
    • 0

重要な条文については、暗記していると思います。

何回も出て来るので自然に覚えるからです。

最初は、条文を理解することから始めて、そのうちに基礎理論というか理論的なことに関心が移りやすくなります。

でも、専門の学者でも、条文を六法を見ないで覚えているというのは、尊敬されます。民法の有名な先生で、「あの先生は、すごかった。条文をみんな覚えていた。」という具合です。

普通の勉強では、やはり重要な条文については、何を意味しているのか、具体的には、何を差すのか、適用の範囲は、どこまでか、等を考えていくと自然に重要な条文は覚えられます。最初から、覚えようとするといやになり、とても覚えられないと思います。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q六法全書の見方

こんにちは、六法全書についてお尋ねしたいことがあります。
雑学程度で法律を勉強したいのですが、仮に六法全書(ポケット六法、小六法など)を買ったとしてもどこをどう見ればいいのでしょう?例えば殺人罪について調べたいときは国語辞典みたいに五十音順に「さ」から探せるわけでもないみたいですし。第○○条とか全ては覚えていないと思います。六法全書を使っている人はどのようにして調べたい法律を調べているのでしょうか?ご回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

他の方もおっしゃってますが、六法全書はある程度の法知識がないと読めないと思います。
日常的な意味と全く別の意味で用いられている概念も少なくありませんので、普通に読むと誤った理解をしてしまう可能性が高いです。

オススメの入門書は、
「法律の使い方」勁草書房
「S式生講義 入門民法(1)・(2)」自由国民社
「S式生講義 入門刑法」自由国民社
辺りが良いと思います。
いずれも柴田孝之という司法試験予備校講師の著作で、ゼロからの知識で読める内容になっています。講義調なので読みやすいです。

六法は小六法などの中型以上の六法は法学部の学生でもあまり使っていません。ポケット六法などの小型六法でまずは十分かと思います。
六法は五十音順ではありませんが目次におおよその内容は書いてあります。
実務家の方や勉強が進んだ学生だったら何条に何が書いてあるかは主要な条文しか覚えていなくても、主要な法律についてはだいたい六法のどの辺りを引けば調べたい条文が載っているかは分かっているみたいです。

法律は解釈する事によって用いられますし、法を解釈するのがまさに法学(法解釈学)であり実務ですから、六法全書に目を通すだけではあまり意味がないかもしれません。

参考にならなくてすみません。

他の方もおっしゃってますが、六法全書はある程度の法知識がないと読めないと思います。
日常的な意味と全く別の意味で用いられている概念も少なくありませんので、普通に読むと誤った理解をしてしまう可能性が高いです。

オススメの入門書は、
「法律の使い方」勁草書房
「S式生講義 入門民法(1)・(2)」自由国民社
「S式生講義 入門刑法」自由国民社
辺りが良いと思います。
いずれも柴田孝之という司法試験予備校講師の著作で、ゼロからの知識で読める内容になっています。講義調なので読みやす...続きを読む

Q刑訴法475条について、六法全書オタクの小学六年生の父親への疑問・質問、教えて下さい。

このオッサン左官です。
たまたま立ち飲み屋で隣にいたので、この親父と話す機会がありました。
色々との話題に盛り上がりながら、コンな話になりました。

この親父の息子は小学六年生で、六法全書を読むのが大好きだそうです。
で、この息子が訊いてきたそうです。

「おっとう、何で法務大臣は刑事訴訟法第475条違反で罰せられないの❓」

この左官の親父、当然に何のことか訳が解りません。
これ聞いて、自分も一瞬は何のことか解りませんでした。

よくよく聞くと、法相は死刑判決確定日から6ヶ月以内に死刑執行を命じナケレバナラナイ、と六法全書の刑事訴訟法の第475条に書いてあるとのことです。
自分も後で調べたら、確かにそう書いてありました。

で、教えて下さい。

(1)このガキの疑問というか質問、「何故どうして法務大臣は刑事訴訟法第475条に明らかに違反しているにもかかわらず、でも全然ナーンにも罰せられないのですか❓」

(2)死刑確定した犯罪人が確定後から6ヶ月経った以後の食費等含めて諸々の生かす為に関する全経費=国民の税金、この費用=金額を刑訴法違反として法相=国=政府…に請求する訴訟…、これ何故どうして誰も提訴しないのか❓それとも、過去には提訴したことあるのか❓もしあったなら、その結果って…❓

たまたま立ち飲み屋でのシーンの会話ですが、教えてくれれば有難いです。
よろしくお願いいたします。

ちなみに、この左官の親父の娘は、算盤に夢中で、信じられない暗算ができるそうです。
まぁ、それはどうでもいいですが、この息子の疑問・質問について、教えて下さい。

質問者のみ

このオッサン左官です。
たまたま立ち飲み屋で隣にいたので、この親父と話す機会がありました。
色々との話題に盛り上がりながら、コンな話になりました。

この親父の息子は小学六年生で、六法全書を読むのが大好きだそうです。
で、この息子が訊いてきたそうです。

「おっとう、何で法務大臣は刑事訴訟法第475条違反で罰せられないの❓」

この左官の親父、当然に何のことか訳が解りません。
これ聞いて、自分も一瞬は何のことか解りませんでした。

よくよく聞くと、法相は死刑判決確定日から6ヶ月...続きを読む

Aベストアンサー

(1)このガキの疑問というか質問、「何故どうして法務大臣は刑事訴訟法第475条に明らかに違反しているにもかかわらず、でも全然ナーンにも罰せられないのですか❓」
  ↑
罰則が無いからです。
罪刑法定主義というのがありまして、罰則が規定されて
いなければ、何をやっても罰せられることはありません。

どうして罰則を設けなかったのか、といえば
罰則で強制するのはためらわれる、
と立法者が判断したからです。




(2)死刑確定した犯罪人が確定後から6ヶ月経った以後の食費等含めて諸々の生かす為に関する全経費=国民の税金、この費用=金額を刑訴法違反として法相=国=政府…に請求する訴訟…、
 ↑
収監者には年300万の経費が掛かっていると
言われています。


これ何故どうして誰も提訴しないのか❓
    ↑
やって出来ないことは無いでしょうが、
世間の非難を怖れているからかもしれません。
それに裁判をやるためには、訴えの利益が
必要で、単なる納税者が当事者として提訴
資格があるか、疑問もあります。



それとも、過去には提訴したことあるのか❓
もしあったなら、その結果って…❓
   ↑
ワタシの知る限りではありません。

(1)このガキの疑問というか質問、「何故どうして法務大臣は刑事訴訟法第475条に明らかに違反しているにもかかわらず、でも全然ナーンにも罰せられないのですか❓」
  ↑
罰則が無いからです。
罪刑法定主義というのがありまして、罰則が規定されて
いなければ、何をやっても罰せられることはありません。

どうして罰則を設けなかったのか、といえば
罰則で強制するのはためらわれる、
と立法者が判断したからです。




(2)死刑確定した犯罪人が確定後から6ヶ月経った以後の食費等含めて諸々の生かす為に関...続きを読む

Q米国または英国の六法全書(英文原書)って、入手可能でしょうか。

米国または英国の六法全書(英文原書)が欲しくなりました。
東京都内の洋書屋さんで店頭に置いてあるところがあったら教えて下さい。
または、六法全書の書名および出版社名を教えて下さい。
日本のポケット六法くらいの価格で、2千円前後のものがあれば有難いです。
ご存じの方、ありましたら教えていただきたくお願いいたします。

Aベストアンサー

この質問をみて気がついたのですが、少なくとも米国には、日本のポケット六法のような本は無いですね。

米国は、民法分野は判例法であって法律がなく、学生も、判例は調べても、法律の条文を調べるというような勉強はほとんどしないことと、刑法・民法・商法などは州によって内容が異なるためあまり需要がないというのが理由でしょうか。

アメリカの連邦法を集めた「United States Code」や、各州ごとの法律を集めた書籍は、印刷物として販売されていますが、 個人で気軽に購入できるようなものではありません。

ちなみに、USC は、米国下院のサイトなどで見られます。
http://uscode.house.gov/
各州の法律も、各州の公式ページでたいてい見られます。

なお、民法については、学者が判例を分析し、条文の形にまとめた「リステートメント」というものもあります。(これ自体は、法律ではありません。)

Q六法全書の標題

六法全書に「 岩波六法全書 昭和44-51年版」という標題のものがあります。

昭和44年版とか昭和51年版とかならその年に出版されたという意味だと分かるのですが、「昭和44-51年版」ってどういう意味でしょうか。(1)又は(2)の意味でしょうか、それとも別の意味でしょうか。

(1)「昭和44-51年」の間使う目的で出版した版である(つまり、この本は次は昭和52年まで出版しない)。
(2)「昭和44-51年」の間に制定又は改正された法律のみ収録してある。

Aベストアンサー

国会図書館などの蔵書検索でしょうか?
各年の8冊セットです。

Q裁判所の法廷に置いてある六法全書は開く時があるのか

ニュースで裁判前の法廷の中の様子を伝える映像がありますが、裁判官の机の上などに六法全書が置いてあります。
この六法全書は実際に開いて何かすることはあるのでしょうか?
よく、ドラマなどでは弁護士が「民法○条にしっかりと書いてありますよね?!」みたいな感じで持ち上げているのは目にするのですが、実際の裁判で弁護士や裁判官が六法全書を開いてなにかすることはあるのでしょうか?

Aベストアンサー

実務では、よくあることです。
弁護士は法廷に六法全書まで持って行きませんが、
裁判官席には備え付けられているので
裁判官は見ていることがあります。
それは、条文だけでは判らず、その場で調べたいからです。
見れば、見た瞬間に内容が理解できるので。

Q六法全書、どれを勉強したらよいですか?

今から10年かけてもいい、目標は司法試験合格で、個人で勉強しようと思います。
書店に行ったのですが、いまいちどれを買えばよいのか分りません。
どこの出版社の、どの本が、分りやすいでしょうか?
まずは、民法から覚えたい(生活に直結)と思ったのですが、どうしたらいいでしょうか?
基本の内容が書いて有って、例題で解説して有るような、そんな本・教材が欲しいのですが、おすすめはあるでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

色々と書きたいことがあるのですが・・・

>どこの出版社の、どの本が、分りやすいでしょうか?

良く推薦されるのは、判例等がしっかりのっていることから、
「模範六法」(三省堂)
「六法全書」 (有斐閣)
のどちらかだと思います

法学部の学生などは、大学への持ち運び易さ(上の二つは非常に重い)から、
判例などが省略されている、ポケット六法などを持っていたりしますが、
司法試験などを目指す人は大抵、上記の六法全書を必要な部分を切り取って
持ち歩きます

(背表紙からカッターを入れて、民法、憲法・・・
などに分解して、硬めの紙で表紙をつけたりする。
分解するのに非常に力がいるし、分解を請け負う業者も存在する)

なのですが・・・
>今から10年かけてもいい、目標は司法試験合格

2011年に旧司法試験は廃止され、以降はロースクール卒業生のみが、
受験資格を持つ新司法試験に一本化されます(現在は、移行期間として両方が存在)

なので、本当に司法試験を合格をめざすなら、
ロースクールに行くしかありません

Q六法全書

六法全書の「六法」って何ですか?6っの法って事ですか?そういうことなら6って何があるんですか????

Aベストアンサー

憲法・民法・商法・民事訴訟法・刑法・刑事訴訟法です。

Q六法全書の価格について

六法全書を購入したいのですが、ネットで調べてみると様々な価格の物があります。
一万円もする物があれば、二千円ほどで買えてしまう物もあります。
この値段の違いはどこからくるのでしょう?
内容に差はあるのでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

値段の差は法令の収録数などで違ってきます。

だいたい小型六法(ポケット六法など)・中型六法(小六法・模範六法など)・大型六法(有斐閣の六法全書)などに分けられます。
あと値段の違いではないですが、判例付き六法と判例のついてない六法があります。

弁護士などの実務家は「模範六法」などを使用しているみたいですが、法学部生なら「ポケット六法」でほぼ間に合います。
今は参考URLの電子政府のサイトでネットで簡単に法令検索できますから、実務などで頻繁に使用する人でもなければ、メジャーな法律しか載っていませんが一般の方が使用する分にはポケット六法あたりで良いんじゃないでしょうか。中型・大型は卓上型で持ち運びには向きません。
あと1つ大事なポイントとしてここ数年は毎年の様に主要な法律の大改正が行われています。法律は生ものなのでほぼ毎年買い換えないと数年前の六法全書ではあまり使い物にならなくなります。

「教育六法」や「自治六法」の様にその分野に特化した六法もあります。

参考にならなくてすみません。

参考URL:http://law.e-gov.go.jp/cgi-bin/idxsearch.cgi

値段の差は法令の収録数などで違ってきます。

だいたい小型六法(ポケット六法など)・中型六法(小六法・模範六法など)・大型六法(有斐閣の六法全書)などに分けられます。
あと値段の違いではないですが、判例付き六法と判例のついてない六法があります。

弁護士などの実務家は「模範六法」などを使用しているみたいですが、法学部生なら「ポケット六法」でほぼ間に合います。
今は参考URLの電子政府のサイトでネットで簡単に法令検索できますから、実務などで頻繁に使用する人でもなければ、メジャーな...続きを読む

Q六法全書を食べたらどうなるでしょうか?

比喩ではありません。六法全書を食べたらどうなるでしょうか?

奇行ではないつもりです。説得力に欠けますが。

暗記した後で食べればより自信がつくと思うのですかどうなるでしょうか?

Aベストアンサー

大昔の羊皮紙だの和紙だのなら、「お腹を壊した」で済みそうですが、今の紙やインクは化学物質や薬品も多数使われています。
深刻な病気になってもおかしくありませんよ。

食物でないものを、意図的に摂取するのは、ご本人に奇行のつもりがなくても奇行です。

余談になりますが、法律なんて改正されるものですから、暗記しても意味がないと思います。
六法全書は使うものです。

Q六法全書の覚え方

どうすればあんなに分厚い本を覚えられるのですか?
何かの方法を実践して、覚えて司法試験に合格した人、もしくは覚えられている人教えてください

Aベストアンサー

こんばんは
 さて、僕の知っている限りで六法全書を暗記している人(裁判官・検察官・弁護士・修習生)はいません。
 普通に考えて、あんなものを覚えている人は、もはや人間ではありません。

 司法試験は、法解釈学を学ぶ試験です。一応知らない法律でも本を見れば理解できる能力を身につける試験といってもいいでしょう。

 したがって、基本六法(憲・民・刑・商・民訴・刑訴くらいは、勉強をしているうちにどの条文にどんなことが書いてあるかくらいはわかってきますが、それでも条文の文言を暗記するような非効率的なことはしません。だって、六法は試験の間見れるんですからね)。

 そういうわけで、暗記しているひとはこの世にいないというのが答えになります。


人気Q&Aランキング