どうなってるんだろう?壁があるわけないし、永遠に続いてるのかな。天文学は無知ですが、興味はあります。誰か教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

初めましてnetminaraiさん <(  )>ペコリ☆



回答自信は一応「無し」にしておきましたが、実は「有りと無しの間」だと思って頂ければ幸いです(^^;)。

さて宇宙の果ての事ですが、研究者発表&NHK特集(爆)を拝見した結果、単純明快に答えれば『無い』という事です。

そもそも宇宙の始まりは「ビッグ・バン」と呼ばれる大爆発で、それ以前の「その場所」には何も無い「無」が広がっていたと言われています。
そして或る時突然「ビッグ・バン」が起こり、地球が存在する「銀河系」も、肉眼で確認できる「マゼラン星雲」など『宇宙』は、その時創られたそうです。

ですから今現在『宇宙』は、何も無い空間に向かって「膨張」し続けているのだそうです。
判り易かったNHK(爆)の説明ではお風呂場で泡遊びして、空気を孕んだ泡の一つ一つが『銀河』であり、『外』に向かって広がり続けている。

つまり今現在の答としては『果て』は今現在も休むこと無く広がり続けている。と言うことになります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

宇宙は広がっているんですか。本当に不思議ですね。

お礼日時:2002/04/09 16:30

宇宙の果て・・興味深いですね。


私も、自信なしで書かせていただきます。

宇宙空間は曲がっていて果てなどないという見解もあるようです。
紙テープの端と端を半回転してくっつけた状態で表面をなぞると、一本の線でテープの両面を結ぶことが出来ます。
これを『メビウスの輪』といいます。(←シャープのノートパソコンのマーク)
このメビウスの輪のように、空間が全体に曲がっていてどこまで行っても果てのない状態になっているのではないか? と唱える研究者がいるのです。

具体的には「リッチの曲率」とか「ワイルの曲率」というモノが関係してくるようですが、興味があれば一般向けの宇宙の本でその概念を調べることができるかと思います。

平坦だと思っていた地球を、東へ東へと進むと一週して元の場所に戻る・・そんな感じで、果てがない(無限)というところでしょうか。

また、厚みのない平面世界があると仮定すると、その2次元(時間を入れて3次元)空間にいる人にはタテヨコ=x軸y軸(そして時間)の概念しか持たないことになります。
この平面世界をあなたの机の上の紙におきかえると、紙の中の住人にとってはその世界全体(宇宙全体)を理解するのが難しくても、その紙を見ているあなたには容易に理解できるはずです。
このように考えると、私達の住んでいる宇宙全体を理解するためには、3次元空間+時間という4次元的な考え方では難しいかもしれません。

研究者には失礼かもしれませんが、雑学として宇宙のことを勉強するのは楽しいことです。 しっかりハマッテください。 では。。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。シャープのマークのような形、という説もあるんですね。勉強になりました。

お礼日時:2002/04/09 16:36

こちらが参考になるのではないでしょうか?



参考URL:http://www.hitachi-hitec.com/sapiens/014/ajsa014 …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。参考になりました。

お礼日時:2002/04/09 16:34

聞きかじりもいいとこな回答です。

そこのところよろしく^^;

宇宙の端っこは、常に広がっているそうですね。
そして、極限まで膨張した後は緩慢に収束し、
いずれは空間すらも無い、完全な無になるとか。

では端っこの向こうはどうなっているのか。
これまた聞きかじりなのですが。
やはりここにも、空間そのものが無いらしいです。
そして、その無の空間(空間が無いのに空間とは奇妙な^^;)には、
宇宙が無数にあるそうです。
どの宇宙も、同じように膨張したり収束したり、
新たな宇宙が生まれたりしているとか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。空間すらもない無っていったいどうなってるんでしょうね。無も永遠に広がってるのかな。

お礼日時:2002/04/09 16:28

どっかの本で読んだことがあったんですけど、「宇宙の果て」「宇宙の端っこ」というのはなく、永遠に続いているそうです。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。本当に不思議ですね。

お礼日時:2002/04/09 16:23

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q【天文学・宇宙は無重力ではない】宇宙が無重力(0G)と言っている人は無知だと言われました。重力の

【天文学・宇宙は無重力ではない】宇宙が無重力(0G)と言っている人は無知だと言われました。

重力の始まりは宇宙であり、地球上に重力があって、重力の起源である宇宙に重力がないというのは普通に考えるとおかしいと気付くはずだ。と言われて、ああ、なるほど。と思いましたが、宇宙は無重力。宇宙で無重力を体験しようとテレビとかで言ってますよね。まさかテレビが専門家の助言を得て制作している番組が嘘を言うとは思えません。それも60年くらいずっと宇宙=無重力というデマを流し続けて気付かないわけがない。

宇宙は無重力と言っているやつは無知だ。とはどういうことでしょうか?

Aベストアンサー

重力の始まりが宇宙なのではありません
宇宙が始まって重力が発生したのです

まあ、それは横に置いて
宇宙が無重力だというのは確かに間違ってます
もの凄く小さいですが、重力はあります
それと同じくらい、真空というものは存在しません
ある一定範囲を見れば、必ず原子が漂っています

厳密な科学計算をする訳でもないのに、そこまで細かい数値を上げて
真空ではない、無重力ではない、と言う事に何の意味があるのでしょうか?
「宇宙は無重力と言っているやつは無知だ。」というのは単なる中二病で、現実問題を知らないってだけです

Q天文学に興味があり、勉強をしたいのですが。

高校生の時理数系でしたが、得に天文学を勉強をした事がなく、
でも興味があります。
何か良い勉強の仕方があれば教えて下さい。
(学校へ通う以外で・・・趣味程度で勉強が出来ればいいなと思ってます)

ついでに
天文学が関係してる資格があれば教えていただけたらと思います。
(取るのは無理だと思うけど、一応あれば教えて下さい)
よろしくお願いします

Aベストアンサー

天文学系の資格と言うのは聞いたことないです。
理系なら学校に通う以外で勉強をするとなると、どうしても
本格的にはやれませんよ。

一応、「天文ガイド」や「Newton」という本が出てますから
それらを読んで望遠鏡などを買ってみては如何でしょうか。

「天文ガイド」は天文学者や教授の報告や惑星・月観測用の望遠鏡の
本格的な販売も行われており、天文ファンの必携アイテムです。

また、「ニュ-トン」は科学的な事象を抜粋した分かり易い理系の本です。
内容は刊号によって違いますがブラックホ-ルやアインシュタイン方程式の構造、
相対性理論の説明やスティ-ブン・ホ-キング博士の特集など、天体物理学的な
天文学の内容その他を分かりやすくまとめてあります。

この二冊を毎月読むだけでも教養・趣味としては十分過ぎるほどの知識が身につきます。また、時に新聞社やテレビ局などで天文学講座や天体観測会などが催される場合もありますよ。

本格的にやるのなら月・惑星研究家とか、大学に行くとかした方が良いですけどね。少しでも参考になればいいんですけど。

天文学系の資格と言うのは聞いたことないです。
理系なら学校に通う以外で勉強をするとなると、どうしても
本格的にはやれませんよ。

一応、「天文ガイド」や「Newton」という本が出てますから
それらを読んで望遠鏡などを買ってみては如何でしょうか。

「天文ガイド」は天文学者や教授の報告や惑星・月観測用の望遠鏡の
本格的な販売も行われており、天文ファンの必携アイテムです。

また、「ニュ-トン」は科学的な事象を抜粋した分かり易い理系の本です。
内容は刊号によって違いますがブラック...続きを読む

QこのNASAの飛行機は「遠赤外線天文学成層圏天文台(SOFIA)」ですが、何をしているのでしょうか?

たまたま、「フライトレーダー24」というサイトでアメリカ西海岸付近を見ていたら、ボーイング747の機体(登録記号N747NA)の飛行機を発見しました。
NASAの飛行機(ジャンボ)です。

パームデール・リージョナル空港を飛び立ち、カリフォルニア沖の太平洋で不思議な動きをしていました。
私が見えている間は高度は3万8千フィートを維持していました。

機体を調べてみると、遠赤外線天文学成層圏天文台(SOFIA)だと思われます。

しかしながら、つい先ほど、とつぜん飛行の姿が消えてしまいました。

消えた理由は分かりませんが、これは天体観測をしていたと考えてよいでしょうか?
どういう天体観測をしているのでしょうか?

Aベストアンサー

憶測ですが、多分エックス線の天体望遠鏡を積んで飛んでるやつじゃないかなと思います。

Q宇宙はどこまで続いてるんだろう。 と、ふと考える時があります。 他の知らない惑星にも人類?は絶対存在

宇宙はどこまで続いてるんだろう。
と、ふと考える時があります。
他の知らない惑星にも人類?は絶対存在するはず。
考えれば考える程、宇宙がわかりません。

ちょっと、つぶやいてみました。

Aベストアンサー

「ビッグバン」から始まったとされる「宇宙」。その始まりの点が存在するための「空間」とは?

膨張する「ビッグバン宇宙」を収める「空間」とは?

「ビッグバン宇宙」はひとつしかないのか?

・・・謎です。
(それより、明日の生活が心配です。)

Q天文台

天文台に勤めようとするにはどのような知識が必要なんでしょうか?

Aベストアンサー

 天文台にも色々あります。国立天文台、各大学の付属天文台、公共天文台、その他、科学館の付属天文台など。また、それらのそれぞれに、様々な職種があります。天文学者(研究者)、エンジニア、教育者、学芸員、事務職員、指導員などあると思います。どのような天文台で、どのような仕事をされたいかを明確にする必要があると思います。
 次に、その仕事に就くには、どうするかを考えます。どのような仕事をされたいですか?それによって必要な知識が違ってくると思います。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報