ミュータンス菌を口腔内に持つ人でも殺菌してゼロにすれば虫歯を撲滅することは可能なのでしょうか?
またそういった努力に近いことはすでになされてきたのでしょうか?

A 回答 (2件)

たまにミュータンス菌に感染しない人がいます。


そのような人はやはり虫歯にならないそうです。
感染した後に除菌する方法については良く解らないのですが
除菌が可能であればそれ以降虫歯にはならないのかもしれま
せんね。生まれてから3歳だったか6歳だかまでに口腔内に定
着できなかった場合、以後ミュータンス菌が口腔内に安定的
に入り込む余地が無いそうですが、もし仮に安定後に除菌す
る事が出来たとするとどうなっちゃうんでしょうね?
再定着可能なのかな?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。参考にさせていただきます。

お礼日時:2001/01/07 18:31

過去に似た質問がありましたので参照してください。

    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。
そちらをみてみようとおもいます

お礼日時:2001/01/07 18:32

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q口内の虫歯菌、歯周病菌を絶滅させる治療法について

口内の虫歯菌や歯周病菌を絶滅させる治療法はありますか。
また、その治療法で、副作用はありますか。

Aベストアンサー

当方、歯科医ではありませんが・・・

3DSの事でしょうかね?
特別な副作用は無いと思いますが、口腔内細菌叢(良い菌と悪さをする菌それぞれでバランスを取っている状態)を崩してしまうので、極論的に言えばミュータンス菌やジンジバリス菌など一般的悪玉よりも更に「強い悪者」に感染するリスクは高くなります。

あと、マウスピースを結構長時間付けるので、それに因る制限があります。

もっと簡単なところでは、「ピンキー頂戴!」のCMで知られている会社(フレンテ・インターナショナル)が東海大学の先生と共同で商品化した「乳酸菌LS1の含まれるお菓子」をガンガン摂取する という手もあります。
こちらの場合は食べ過ぎると、便が緩くなる場合があります。

参考URL:http://frente-int.co.jp/news/detail/18.html

Qまちがっていないか ピロリ菌撲滅思想

まちがっていないか ピロリ菌撲滅思想

先ず、りんごの無農薬・無肥料栽培に成功した青森の木村さんの体験から。
農薬散布のたびに炎症をおこす妻をみて、無農薬・無肥料栽培を決意した木村さん。
悪戦苦闘の末、絶望して登った岩木山、そこで見たいっぱいに実をつけたドングリの木。
その秘密が、土にあることを知る。柔らかい ふかふかの土は微生物でいっぱいだった。
これをヒントに取り組んだ土づくり。ようやく8年目にいっぱいに花が咲いた。

この木村さんの体験はNHKなどのマスコミでも取り上げられています。
http://www.nhk.or.jp/professional/backnumber/061207/index.html

この樹木と土との関係は、人間と腸内細菌との関係ではないでしょうか。
土の中の微生物が腸内細菌に相当し、健全な腸内環境が人の健康の源ではないのか。

腸内細菌は、「種類は300、数は100兆個、重さ約1kg」存在するとか。
大きく分けると、善玉菌、悪玉菌、ひよりみ菌の3種類あって、
悪玉菌の大腸菌などは、悪者の代表のようにいわれますが、
摂取した食物を腐敗させたり分解させたりする作用もあるようです。

善玉菌といえば、発酵食品に含まれる乳酸菌。
冷蔵庫が普及するまでは、日本人の食卓は発酵食品でいっぱいだった。
みそ、しょうゆ、漬け物、納豆、こぬかいわし、酒類。最近では、チーズやヨーグルトなど。

食品の腐敗を防ぐ冷凍・冷蔵庫が発達して、最近では発酵食品の摂取は激減した。
このような食事の大変化は、長い人類の歴史ではなかったことです。

食生活が大きく変わり、腸内環境も大きく変わったという根本的な背景を考えず、
医療関係者や企業は、一つ一つの悪玉菌の働きが解明されたといって宣伝しだした。

最近では、ピロリ菌が移ると言って人を警戒する若者まで出てきました。
シュッシュ、シュッシュと消毒液を撒き散らす生活があたりまえになってきました。

質問
1. 人類は大自然から生まれ共生しているのに、人間だけを隔離するような思想は間違っていませんか。
2.悪玉菌を撲滅するより、善玉菌を増やすなどして腸内環境を整えることが先ではありませんか。
3.「ピロリ菌撲滅」の風潮の背景には研究者の独善や企業の欲望があるのではありませんか。
4. ピロリ菌研究者は、冷蔵庫のない時代と現在を比較するなど、歴史的検証をしてきましたか。
5.「なんでも除菌」の世相はゼロリスク願望の強迫観念であり、これこそが病気の根源ではないのですか。
6.このような「ピロリ菌の除菌」に税金を投入するのは、間違っていませんか。

まちがっていないか ピロリ菌撲滅思想

先ず、りんごの無農薬・無肥料栽培に成功した青森の木村さんの体験から。
農薬散布のたびに炎症をおこす妻をみて、無農薬・無肥料栽培を決意した木村さん。
悪戦苦闘の末、絶望して登った岩木山、そこで見たいっぱいに実をつけたドングリの木。
その秘密が、土にあることを知る。柔らかい ふかふかの土は微生物でいっぱいだった。
これをヒントに取り組んだ土づくり。ようやく8年目にいっぱいに花が咲いた。

この木村さんの体験はNHKなどのマスコミでも取り上げられて...続きを読む

Aベストアンサー

消化器内科医です。
ピロリ菌に関する初歩的な理解が間違っているようです。
ピロリ菌は胃の粘膜に住む菌で腸内細菌ではありません。
日本人では約半数が胃粘膜にピロリ菌陽性で 残りは陰性です。

1.人類の歴史では結核が蔓延した時代のほうが長いのですが、そのほうが良いといえるでしょうか。
2,ピロリ菌は腸内細菌とは無関係です。ピロリ菌がいてよいことは何もない。(多少食欲が減るの良いという珍説がある。)
3.これはないです。ピロリ菌の薬はそんなに高価でもないのでメーカーとしても儲かりません。肝炎のインターフェロン治療推進のうらには明らかにメーカーと学界の癒着がありますが、ピロリ菌関係はそういう生臭いはなしとは無縁です。
4.5.質問の意味がわかりません。
6.別に税金は投入されていません。税金が投与されても胃癌などが減れば十分割はあうでしょう。

ピロリ菌といいかたは本来正しくないのですが ここでは通例に従いました。

Q親が結核菌保菌だと子供のBCGはどうなりますか?

先日、生後4ヶ月の子供のBCGの予防接種に出かけました。
その問診で、私が4~5年前に勤めていた会社のツベルクリン検査で保菌していると言われたことを伝えると、大きな病院の小児科で子供を見てもらって、BCGを打ってもいいか確認してください、と言われました。
私は、子供の頃の集団検診の時から、ツベルクリンを打っても、BCGは打ったことはありません。
これって、昔から菌を持っていたということですか?
また、妊娠前に数年勤めていた会社ではレントゲン検査が年に2回ありましたが、そこでは何も言われませんでした。
うろ覚えなのですが、以前の勤め先での産業医(?)さんが、予防のお薬を飲みますか?と聞かれたのですが、予防のためなので、どちらでもいいと言われ、半年も飲むと聞いたので、断った記憶があります。
もし、本当に保菌しているなら、排菌してなくても子供にうつったりすることはあるのですか?
また、そうなら、今からお薬を飲んでも子供へうつさない効果はありますか?
病院には近々連れて行く予定ですが、ご存知の方がいらっしゃれば、教えていただけませんでしょうか。

先日、生後4ヶ月の子供のBCGの予防接種に出かけました。
その問診で、私が4~5年前に勤めていた会社のツベルクリン検査で保菌していると言われたことを伝えると、大きな病院の小児科で子供を見てもらって、BCGを打ってもいいか確認してください、と言われました。
私は、子供の頃の集団検診の時から、ツベルクリンを打っても、BCGは打ったことはありません。
これって、昔から菌を持っていたということですか?
また、妊娠前に数年勤めていた会社ではレントゲン検査が年に2回ありましたが、そこで...続きを読む

Aベストアンサー

ツ反の径はどのくらいだったのでしょうか?
今まで、ツ反をしてからBCGを打っていたので、ツ反陽性でBCGをうたなかった学童が3.6%程度います。しかし、実際にはこんなに結核に感染している訳ではなく偽陽性者であったとされ、BCG接種が必要だったにもかかわらず、BCG接種する機会を逃してしまったという反省があり、よって、最近のツ反なしのBCG接種となりました。
よって、BCGを打っていないから結核に感染していたというのは正しくはありません(していないともいえませんが、これまで発病していないのなら感染していなかった可能性が高いと思います)。
また、60歳以上の人は5割以上が既感染ですが、これらの人が孫に接触して感染させていたら大変な事になりますがそうはなっていません。この事から分かるように既感染だからといって感染性がある訳ではありません。定期的なレントゲン検診で十分かと思います。QFTという採血検査もありますが、当初、森先生が発表されたよりも感度、特異度が低いと分かってきたのであまりあてにならないと感じています。

また、万が一、赤ちゃんが感染していたとしてもBCGを打つことでコッホ現象がおこるだけでコッホ現象は普通は重症化しませんからBCG禁忌でないと思います。むしろ、感染が早期に分かったという事で発病を抑えるチャンスかと思います。もちろん、ツベルクリンをしてからBCGという選択もあるとは思います。

ツ反の径はどのくらいだったのでしょうか?
今まで、ツ反をしてからBCGを打っていたので、ツ反陽性でBCGをうたなかった学童が3.6%程度います。しかし、実際にはこんなに結核に感染している訳ではなく偽陽性者であったとされ、BCG接種が必要だったにもかかわらず、BCG接種する機会を逃してしまったという反省があり、よって、最近のツ反なしのBCG接種となりました。
よって、BCGを打っていないから結核に感染していたというのは正しくはありません(していないともいえませんが、これまで発病...続きを読む

Q薬害エイズと非加熱製剤の殺菌方法について

薬害エイズは非加熱製剤が原因だったという事ですが、私などは、素人ですから、例え非加熱製剤でも、ビーカーに60℃のお湯を入れて、その中に非加熱製剤のアンプルを放り込むだけで、加熱製剤が出来上がり、エイズやC型肝炎のウイルスの心配はなくなるのに、なぜ、たったそれだけの手間を惜しんだのだろう?と思ってしまうのですが、そんな簡単なものではないのでしょうか?

Aベストアンサー

No.4です。
>具体的にはどうやるのでしょうか?

とのことですが、「具体的」の意味がはっきりしませんが、
http://www.the-convention.co.jp/jsbt05/cyber/virtual/baxter/baxter_illust/step3/
http://www.the-convention.co.jp/jsbt05/cyber/virtual/baxter/baxter_qanda/page13_14.html
http://www.the-convention.co.jp/jsbt05/cyber/virtual/baxter/baxter_qanda/page17.html#q34
を参照して頂くのは、如何でしょう?
『60℃,144時間乾燥加熱処理』の具体的な方法となると、製剤用のそういった特別な条件を満たす装置・機械が必要ですね。
とても、ビーカーにポンでは出来ないと思いますし、条件に詳しい人でも装置がなければ、実験は可能でも治療用としては使用できないレベルです。
病院でも無理です。想像して頂けると思いますが、鍋の中に水があるとして、その全体の水を60℃に保つだけでも大変ですが、更にそれが固形・パウダー状の物を撹拌しながら全体の温度に偏りなく144時間、雑菌等の混入がないように等々、専用の装置がなければ無理です。

もっと、お伝えできることもありますが、「具体的」には何をお知りになりたいのでしょうか?

No.4です。
>具体的にはどうやるのでしょうか?

とのことですが、「具体的」の意味がはっきりしませんが、
http://www.the-convention.co.jp/jsbt05/cyber/virtual/baxter/baxter_illust/step3/
http://www.the-convention.co.jp/jsbt05/cyber/virtual/baxter/baxter_qanda/page13_14.html
http://www.the-convention.co.jp/jsbt05/cyber/virtual/baxter/baxter_qanda/page17.html#q34
を参照して頂くのは、如何でしょう?
『60℃,144時間乾燥加熱処理』の具体的な方法となると、製剤用のそういった特別...続きを読む

QWHOが撲滅しようとしている感染症について

WHOが撲滅しようとしている病気もしくは感染症は3つあったとおもうのですがマラリア以外分かりません。あと2つ知っていらっしゃるなら教えてください

Aベストアンサー

エイズ、マラリア、結核の3つです。
これらは「三大殺人病」と呼ばれ、WHOと国連が提携して取り組むプロジェクトにもなっています。

参考URL:http://www.jaclap.org/worldnews.html#WHO-141


人気Q&Aランキング

おすすめ情報