Apple IDログイン機能メンテナンスのお知らせ

年末になると、「今年も残すところ、あと・・日」という言葉がよく使われますが、私はこれまで「今年も余すところ・・」という言い方をしてきました。ただ、これまで毎年TVで見てきた限りでは、「残すところ・・」と言う方ばかりでしたが、先日一人だけ「余すところ、あと・・日」と言っている方がいました。
「余すところ」というのは古い表現なのでしょうか。

A 回答 (2件)

余すには、「限度に達するまでの余地を残す」の意味も当然ありますから、「今年も余すすところあと三日」はおかしくも、古くもありませんよ。

普通の言葉です。

http://dic.yahoo.co.jp/dsearch?enc=UTF-8&p=%E4%B …
    • good
    • 3
この回答へのお礼

早速の回答ありがとうございます。普通の言葉だったんですね。

お礼日時:2006/12/16 10:46

推測ですが、


30余歳とか30余3歳といった表現もありますが、
現代語の「余る」の意味が余分なものという悪い印象を持つので、
残すところと表現すると、そういう印象を受けないのではないでしょうか。
私は余すところのほう雅やかな言い方で好きですが。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

「残すところ」の方が直接的な表現ということになるのでしょうね。ありがとうございました。

お礼日時:2006/12/20 23:36

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!