【アプリ版】サポートOS変更のお知らせ

EDXスペクトルの横軸が何のエネルギーを示しているのかがあいまいなのでどなたか解説していただけないでしょうか。

EDXを使用して鉄のスペクトルを取ったところ、Kaのピークが6keVのところに出ました。EDXはX線ではじき出されたK殻の電子位置にL殻の電子が落ちる際発生する特性X線のエネルギーを測っているのですよね。ということはL殻とK殻のエネルギー差が6keVもあるということなのでしょうか。原子のエネルギー準位は数eV程度ではないかと思うのですが、何か勘違いしてるのでしょうか。

ちなみに入射電子線のエネルギーは15keVで、検出素子はSi(Li)です。

gooドクター

A 回答 (1件)

>ということはL殻とK殻のエネルギー差が6keVもあるということなのでしょうか。


そういうことです。

本当かどうかは、K殻とL殻のエネルギー準位を求めればすぐに分かります。
今考えているのは内側の電子ですので遮蔽の効果は小さいと考えて、原子番号Zの原子核+電子1個の系で近似してもそう大きくは変わらないはずですよね。(水素原子の場合と本質的には同じですので、エネルギー準位は直ぐに求まります)
なお、具体的な計算の時には、水素原子の第1イオン化エネルギー=13.6eVを使うと楽です。

>原子のエネルギー準位は数eV程度ではないかと思うのですが、何か勘違いしてるのでしょうか。
数eV程度というのは化学反応とかに関係する電子、つまり、外側の軌道の電子の話のはずです。今考えているのは、内側の軌道の電子ですから、考えている電子が違いますよね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。数eVというのは最外殻電子のことだったんですね。参考になりました。

お礼日時:2007/01/06 15:35

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

gooドクター

人気Q&Aランキング