今だけ人気マンガ100円レンタル特集♪

私は今カナダの大学に留学しています。専攻はファイナンスです。
来年卒業予定で、学校でCFPの資格を取得できるのでCFP取得に向けて勉強しようと思っているのですが、海外で取得したCFPは日本で役立つのでしょうか?というのは、やはり国が違うため日本とは税金の計算やretirement plan の内容なども少し違うので、日本で受け入れてくれるか心配です。もし、CFPの資格をこちらでとっても評価が高くないようならCFAの資格を目指そうと思ってるのですが。。私としてはCFAも興味ありますがCFPの方が興味あるので 今とても迷っています。。どうかアドバイスよろしくお願いします。(ちなみに、ファイナンスエリアでも経験はありません)

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

CFPはCFPBORDという認定機関が認定しています。

日本の場合はAFPを取得してからCFPを取ることが多いのでFP協会を抜けると資格を喪失しますが海外で取るなら日本でも使えます。資格の評価なんて頼りに
ならないからね。実力の世界なので、どちらをとっても業務経験を積むことを考えることです。
    • good
    • 0

日本におけるCFP(R)認定者です。


日本でのCFP資格はNPO法人 日本ファイナンシャルプランナー協会(以下、日本FP協会)が認定しており、
資格条件などは同協会が定めるところとなっており、日本FP協会の資格認定者以外が日本国内でCFPと名乗ることはできないかと思われます。

日本FP協会の資格認定などについては関連サイトをご覧いただき
ご不明な点などがあれば協会にお問い合わせになってみてはいかがでしょうか?

諸外国でのCFP資格が役に立つのか?というご質問については、
何人かの方がお答えになっている通り、
税法、社会保険法、商法、民法などの規定が国独自のものとなっているため、
海外で取得された資格や知識がそのまま日本で通用させることは
少々難しいかもしれませんが、その知識を活かされれば日本での資格取得も初学者よりは簡単かもしれません。

がんばってください。

参考URL:http://www.jafp.or.jp/index2.htm
    • good
    • 2

はじめまして。

CFP・CFAは気になる資格ですので、ご質問、興味深く読ませていただきました。

CFP資格は、資格試験合格前か後5年以内で、最低2年間の実地経験が求められています。他の回答者の方が言っておられるよに、日本のCFP団体に訊いてみて、海外で取得について互換性がなければ、日本で取得された方が効率がよいと思います。もうすぐファイナンスのdegreeを取得されるほどですから、質問者様にとっては難しくないと思います。

CFAは、Economics や Quantitative Method に長けた、MBAと同じくらい高度な資格のようです。今年から、正式な資格取得登録には、Investment 関係のdecision making についての実地経験が4年以上、仕事量の半分以上はその業務に専念していること、と前年度よりも厳しい要求になっています。

私もカナダにおり、accounting を勉強しているので、つい、返信したくなりました(笑)。どちらの資格も実地経験が要るので、日本で働かれるのであれば、日本の制度に合った資格をお取りになるのはいい手だと思います。ご自分のやりたいこと実現のために頑張っていらっしゃること、応援してます!
    • good
    • 0

証券会社のバックグラウンドがあり、現在アメリカのビジネススクールでファイナンスとアカウンティングのダブルメジャーをしているものです。



もし質問者様が日本の証券会社に勤めて、日本で個人の富裕層相手にPrivate banking業務をされるのであれば、日本でCFPをとられた方がいいと思います。アメリカ・カナダと日本の税制が違いますし、海外のCFPで学んだ知識をそのまま日本の税制や会計制度(Pension plan/Post retirementなどの)に当てはめるよりは、効率的であると思います。

CFAも同様で、日本にも日本証券業協会が主催している証券アナリスト試験がありますので、日本国内の企業に勤めるのならば、アメリカのCFAをとられるよりもそちらをまずは取得された方がいいと思います。実践面で言えば、CAPM、Black-scholesモデルの意味や使い方、B/SにおけるDulation gapなどが役に立つと思います。ちなみに、EXCELのマクロやSolver機能も使いこなせた方がいいと思います。

会計士も同様で、USGAAP基準に精通していれば、より付加価値が高いというだけで、根本は日本の会計制度を知らないと駄目だと思います。いずれにせよ、卒業後のキャリアパス・キャリアゴール(日本?海外?PB業務?リサーチアナリスト?商品開発?)を綿密に練り、それに見合った国の資格を取られるのが妥当かと思います。
    • good
    • 0

僕はカナダのカレッジで今月ファイナンシャル・プランニング専攻で卒業したものです。

僕もすべてを知っているわけではないですが、知っていることはお答えします。

CFPは個人や家庭の家計を対象にしたもので、CFAは枠が大きく投資のプロフェッショナルであり、証券会社や銀行なので投資に関する調査、審査などの専門家です。

CFPは英語圏ないなら互換性があると聞いていますが、日本に対してはどうなのでしょうか。日本のCFPを統括している団体に聴いてみる必要があります。またカナダでのCFP取得には試験合格だけではなく、2年間のファイナンス関係での労働経験が必要です。ただ僕の意見ですが、カナダでファイナンスを専攻しているのであれば、日本でのAFP、CFPの取得は初学者に比べると大変ではないと思います。

CFAは大学卒業が条件のひとつにあるのでRyokochkaさんは大学を卒業すれば受験資格はあります。難易度もCFAの方がずっと難しいのではないでしょうか。また日本にはCFAを統括する団体がないのでカナダで取得すれば、それがそのまま資格として日本で使えると思います。正式な資格取得には3年の労働経験が必要です。

どちらがいいのかというのはRyokochkaさんの意思によると思います。(日本もしくはカナダで)個人単位の顧客を相手にするのがいいのか、それとも投資の専門家として世界の株式市場で活躍するか。それは業務や、規模、収入も全く違います。

この意見が参考になれば幸いです。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QFP技能士、AFP、CFPの難易度とレベルを教えてください。

FP技能士、AFP、CFPの難易度とレベルを教えてください。

今年の受験で合格し、経済学部(経済学科)に進学できたら、FPの資格を取ろうかと考えています。
大学のパンフレットを見ると「ファイナンシャル・プランニング技能士」と記載されていたのですが、
AFPやCFPとFP技能士とでは、やはりFP技能士がレベル的には一番低いのでしょうか。
経済学科の紹介にはFP技能士と記載されており、経営学科の紹介にはFPとだけ記載されていました。

できれば就職に有利なものを取得したいのですが、どうでしょうか。

Aベストアンサー

◎説明をする前に、日本におけるFPと言う資格の簡単な歴史
 当初は民間資格として存在し、私がこの資格を知った時点では「日本FP協会」「金融財政事情研究会」と、社名は忘れましたがもう1社を含むた3社が夫々独自に試験を行い、資格付与していた。
 その後、「日本FP協会」「金融財政事情研究会」の2団体だけとなり、厚生労働省が『技能士』資格の1つに認めたことで、実施団体が2団体のまま引き継がれる。
 この『技能士』に移行するに際し、後述しますがCFPは国際資格であることから、「日本FP協会」が従前から認定したAFPは2級FP技能士となった

◎各名称の説明
FP技能士
 労働安全衛生法に定められた『技能士』の1つ
 実施団体は「日本FP協会」と「金融財政事情研究会」の2団体であり、実施している分野[資産設計提案業務、個人資産相談業務など]は異なるが、合格すれば『FP技能士』
 平成23年1月以降は、両団体共に1級~3級の試験を実施予定。
 [この文章を書いている時点では、日本FP協会は1級と2級のみ実施]
 1級の試験を受験する際に、CFP登録者(常に)又はCFP全科目合格者(全科目合格から一定期限内に)は「学科試験」が免除される。

AFP
 日本FP協会が独自に認定している民間資格の名称。
 同協会が認定するプログラム修了者にして、FP2級試験に合格した者が、同協会に登録する事で名乗る事ができる。AFPの登録をしなくても2級に合格した事実は消滅し無いので、『2級FP技能士』は名乗れる。
 AFP登録をした者は、2年間毎にAFP登録資格の更新手続きを要求され、その際に協会の定める単位を15単位取得しておく必要がある。

CFP
 日本に於いては日本FP協会が認定している国際資格の名称。元々はアメリカ発祥の資格であり、アメリカの他にもカナダ・フランス・イギリスなどにも存在する。
 受験資格はAFP登録をしていること。試験は6つのカテゴリーに分かれており、科目合格もある[科目合格したという実績は無期限で認められる]
 登録する為には6つのカテゴリー全てに合格した上に、合格した年を含む前後一定の期間内に実務経験3年(相談・執筆・講演など)を有するか、実務経験に代わる講習を受けて3年分に換算される単位を取得している事を要する。
 AFPのときとは異なり、CFPに合格しても『1級FP技能士』は名乗れない
 CFP登録をした者は、2年間毎にCFP登録資格の更新手続きを要求され、その際に協会の定める単位を30単位取得しておく必要がある。

◎難易度は・・・
 [難]1級FP>CFP>AFP≒2級FP>3級FP[易]

◎就職に有利なのは
有利な者は判りかねますが、この資格を自動車免許に例えると、私はこんなイメージを持っています。
 1 級:大型免許
 CFP:国際自動車免許[普通自動車]
 AFP:普通自動車免許
 2 級:普通自動車免許[AT限定]
 3 級:原付免許

参考先
 金融財政事情研究会
 http://www.kinzai.or.jp/ginou/fp/index.html
 日本FP協会
 http://www.jafp.or.jp/index.shtml


因みに私はAFP登録者であり、『技能士』の制度発足時には特例講習を受けて2級合格者の認定を受けております。
2年間で「15単位」(AFP)「30単位」(CFP)取得は困難・面倒と心配している方も居ますが、協会の冊子に2ヶ月毎に『誌上テスト』(1回10問で、たしか受験料が1回800円)が載っており、このテストに合格すると1回毎に3単位取得できます。テストの回答期限の関係で2年間に14回分のテストを受ける事が可能⇒全部に合格すると52単位
この「誌上テスト」は協会HPから受験もできるのですが、協会HPには「誌上テスト」の他にもテストが用意されており、この文章を書いている時点では「コンプライアンス テスト」(「誌上テスト」と同じ問題数・受験料)が有ります。⇒タイミングは誌上テストと同じなので、全部に合格すると52単位
更に、色々な企業・団体が認定講習[通学、通信]を開いたり、都道府県毎にFP支部が講習会を開いているので、単位取得の機会は多いです。

◎説明をする前に、日本におけるFPと言う資格の簡単な歴史
 当初は民間資格として存在し、私がこの資格を知った時点では「日本FP協会」「金融財政事情研究会」と、社名は忘れましたがもう1社を含むた3社が夫々独自に試験を行い、資格付与していた。
 その後、「日本FP協会」「金融財政事情研究会」の2団体だけとなり、厚生労働省が『技能士』資格の1つに認めたことで、実施団体が2団体のまま引き継がれる。
 この『技能士』に移行するに際し、後述しますがCFPは国際資格であることから、「日本FP...続きを読む

QCFP取得後の現実と転職について

36歳離職中の女性です。
CFP取得への勉強を前に相談です。

前職は、流通系クレジットカード会社と卸問屋での総合事務です。

先月2級FP技能士に合格し現在AFP申請中。
年齢を考慮して、就職活動を今すぐ始めるべきか、6月のCFP一発合格を目指して無職のまま勉強を開始するかを迷ってます。

行きたい業界は、FP業務をされている税理士法人やFP関連の会社等です。(日商簿記2級は取得済)
例えCFP取得後で在っても独立は全く考えておらず、FPとして事務方で働きたいのですが難しいでしょうか?

実務経験が無いので、あまりにも無理があるなら前職の経験を活かして就活をするしかないのかなと、やや弱音気味です。
現実問題として、CFP(業界未経験者)が就職活動にどれだけ活かせるのか不安でもあります。

助言をいただけないでしょうか。宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

えっと、、転職サイトで検索したことないでしょうか。

CFPもAFPもあくまでも、保険代理店や不動産投資会社の営業職が箔付けで取る資格です。

> FP業務をされている税理士法人
はこちらの保険の方が節税になりますよって言っているところです。
つまり、実態は保険代理店も業務として行っているだけです。

> FP関連の会社等です。

こちらも実態は保険代理店も業務として行っているだけです。

> FPとして事務方で働きたいのですが難しいでしょうか?

なので、FPだけでは事務方はほとんどあり得ません。

CFPの転職・求人情報一覧[1件-11件]> ファイナンシャルプランナーの求人情報サイト・転職サイト ジョブダイレクトファイナンシャルプランナー
http://fp.jobdirect.jp/word/%EF%BC%A3%EF%BC%A6%EF%BC%B0/1

Qフィナンシャルプランナー資格は役立つ?

フィナンシャルプランナー資格は役立ちますか?

証券会社や保険会社に勤めているわけでもなければ、会社の経理もやっていません。「自分の資産運用のため」みたいな理由で資格取得される方もいらっしゃいますが、実際に役立つものなのでしょうか?

Aベストアンサー

FP資格は取ったからといってそれを看板にするところまではまだ行ってませんが、相談件数が増大している事から21世紀の有望な資格の一つとされています。ですから将来的に役立つ資格と言えるでしょう。

人生における生活の必須知識としても十分に役立ちます。勉強している間に預貯金の利回りや住宅ロ-ン住宅金融公庫融資など色んな知識が自然に身につきますので仕事にしか役立たない資格試験が多い中、生活やお子様がおられるなら将来的なアドバイスも出来ますしFPに関する知識を持っているか否かで長い年月の間、生活に大きな違いが生まれる事は間違いないです。取得を考えておられるなら取っておく事をお勧めします。

Qなぜ日本では独立FPが成り立たないか

一応FP資格(まだAFPですが)を持つ者です。
FP、FPと叫ばれつつも、一般論としては、日本で独立FP(保険の代理店ではなく)としてビジネス的に成功するのは困難だと聞きます。
一方アメリカでは、独立FPは人気業種で、年収も平均で10万ドル以上などと言われます。(どこで利益を上げているか不明ですが。)

皆さん、(特にFP関連業務をされている方)、はこの差は一体なんだとお考えですか?

よく、「日本人はコンサルティングにはお金を払う習慣・文化がないから」、「確定申告をしていないのでお金に対し探究心がないから」、「まだ貯蓄比率が高いのでさほどニーズがないから」、「米より時間的に遅れているだけなのでそのうち盛り上がる」、などと言われているかと思います。

あくまで憶測になるかと思いますが、ご意見拝聴したく思います。

Aベストアンサー

あげられた理由の他に、存在が知られていないことがあります。街を歩けば「税理士事務所」「司法書士」「行政書士」などのカンバンを見ますが、FPさんのカンバンは見たことがないです。また、家を買えばほとんどの人が司法書士にお世話になるというようなことも、FPさんにはありません。
何をやっているのか、どこにいるのかすらわかりません。ですので、もっと存在をアピールしないと、FPと言う人は保険か投資信託を売る人に過ぎなくなってしまいます。また、テレビに出てくるFPという人も、大したこと言いませんよね。専門家として、尊敬される必要があります。

法律上、独占的な業務が何もないというのも原因でしょう。

最大の理由は、お金のことは他人に話をしないという行動様式だと思います。これは、世代により、意識が変ってきていると思います。

このマネーカテゴリーで、FPと名乗って回答している方がいますが、なるほど専門家だというような回答にあったことがありません。プロはタダ働きしないのでしょうけど。

Q相性の良い資格、悪い資格。FPと社労士

今、どんな資格を勉強すればいいのか迷っているのですが、
社会保険労務士という資格に興味が湧きました。

でも実はAFP(ファイナンシャルプランナー)という資格にも興味があるのです。
できれば努力して、2つとも勉強したいなと思っているわけなんですが、
友人に話してみると、資格にも相性があると教えてもらいました。

この社会保険労務士と、AFPは相性がいいのでしょうか?
2つの資格の中身を見る限り、なかなかいい組み合わせのような気もするのですが、
なにぶん私は素人なので、どなたか詳しい方がおいでになりましたらアドバイスをお
願いします。

他にも、ビジネス関連の資格で、
この資格とこの資格の組み合わせは強力!などの意見もお願いします。

Aベストアンサー

確かに、社会保険労務士とAFPは愛称がいいです。ファイナンシャルプランナーには下記の業界団体のホームページ上の名簿を見れば分かるように、社会保険労務士を持っている方は多いです。
しかし、これは既に取得した資格で得た経験の結果として複数資格を得ることができたに過ぎないもののはずです。
cat200xさんが関心もたれている社会保険労務士もAFPも二足のわらじをはいたような勉強方法ではうからないと思います。試験はかなり難しいですよ・・。
まずは、勉強しようとする資格を一つにねらいを定め、資格取得してから考えても、遅くないと思います。

それはそれとして、その他にも複数資格をとっている業界とかはありますけど・・・。例えば司法書士と土地家屋調査士とか。これも試験は難しいです。

それでは、資格取得の勉強、がんばってください

参考URL:http://www.calley.co.jp/ogawa/kfpcoop/

Qアメリカでも日本でも働ける資格。

最終的にアメリカで働きたいです。
その為に日本で資格を取り、そのスキルを使って働いてから渡米できればいいなと思ってます。
(こんな考え自体が甘すぎると思いますが・・)

日本でもアメリカでも働くのに重宝されてる資格はあるものでしょうか??今イメージ出来てるのがパソコン関係が頭の中に浮かんでます。
そしてそのパソコン関係もどのような職種でどのような資格・・・?

漠然とした質問で申し訳ないです。
どなたかヒントやアドバイスを頂けると幸いです。

Aベストアンサー

北京在住です。以前はカリフォルニアに住んでいました。
アメリカ国内のコンピューター関係の仕事では、日本で取れる資格で役に立つものがあるとすれば、コンピュータ関連で世界的に有名なの大学の学位だけです。パソコン検定などの資格を持っていたとしても、まったく有利にはなりません。
なにせアメリカにはインドや中国の超一流のIT技術者が群れをなしてやってくるのですから、一般的な資格ではまったく話になりません。ほかの人よりも、技術的な点で優れたところがないとまったく相手にしてくれないでしょう。
私は、まさにコンピュータ関連の技術者です。残念ながら学位は持っていませんが、国内にいたときから海外に関係のある仕事をしていたこともあり、現地駐在の研究者として2年半ほどアメリカで仕事をしました。
個人でこのような経験をするのはなかなか大変なことですが、最近の動きで可能性が高いのは、オープンソースソフトウェアの技術者として海外のコミュニティと交流を深めることです。Linuxなど、オープンソースソフトウェアに関連した仕事がきちんとできる技術者は、現在かなり不足しており、アメリカ系の大手の会社がかなりの数の採用をしているようです。まずは、Sourceforgeなどでどのようなことが行われていて、貴方がどんなことができるのかをじっくり考えてみてはどうでしょう?
参考: http://sourceforge.net/index.php
海外で仕事をするのは難しいので、かなり技術を磨かないと個人で渡米して働く事はできないと思います。

北京在住です。以前はカリフォルニアに住んでいました。
アメリカ国内のコンピューター関係の仕事では、日本で取れる資格で役に立つものがあるとすれば、コンピュータ関連で世界的に有名なの大学の学位だけです。パソコン検定などの資格を持っていたとしても、まったく有利にはなりません。
なにせアメリカにはインドや中国の超一流のIT技術者が群れをなしてやってくるのですから、一般的な資格ではまったく話になりません。ほかの人よりも、技術的な点で優れたところがないとまったく相手にしてくれないでしょ...続きを読む

Q中小企業診断士とFP1級で悩んでます

今FP2級を持ってるのですが(他は何もなし)、次にFP1級を取るべきか中小企業診断士を取ろうか悩んでます。

現時点では仕事としてはFPの方が興味があるのですが、経済学をもっと深く学びたくて中小企業診断士も気になってます。

FP1級の受験資格である実務経験を積むためにFP事務所なりで働けたらとも思うのですがFP2級取り立ての新人がFP事務所で働きながら中小企業診断士も取るなんてさすがに時間的に難しいでしょうか?

FPと中小企業診断士で勉強が被るところというのはありますか?

もしわかる方がいれば実務的にはFPと中小企業診断士はコンビネーションとしてはあまりよくないのでしょうか?

税理士とFP とか 社会保険労務士とFP とか 宅建とFPとかはよく聞くのですが
FPと中小企業診断士はあまり聞きません。

質問は多くてすみません。

お知恵を貸してください

よろしくお願いします

Aベストアンサー

FP1級(資産相談業務)と宅建の資格をもっています。また、中小企業診断士は1次試験を科目合格を目指しましたが財務・会計のみ不合格で断念しました。
私自身も、FP1級と中小企業診断士の両方の同時合格を目指した経験がありますが、両方の合格は難しくFP1級に絞ったので、FP1級に合格できました。
中小企業診断士の1次試験は7科目あり、3年間で全ての科目を合格すれば1次試験が合格となりますが、最終的に難易度が比較的高いといわれている「財務・会計」のみが合格できずに断念しました。
中小企業診断士の1次試験は6割で合格でしが、科目数も7科目あり勉強しないといけない量が圧倒的に多いので、勉強時間が相当とられます。
中小企業診断士の勉強時間は概ね1000時間は必要と思われますので、1年間で両方の合格を目指すとしても、FP1級の勉強をする時間は殆ど無いと思われます。
しかし、中小企業診断士の科目合格を利用して3年間で7科目を計画的に合格を目指せばFP1級の勉強時間も確保できると思われます。

ご質問の「FP事務所で働きながら中小企業診断士も取るなんてさすがに時間的に難しいでしょうか?」ですが、中小企業診断士の勉強は可能と思われます。

ご質問の「FPと中小企業診断士で勉強が被るところというのはありますか?」ですが、不動産関連・財務指標(企業分析・企業評価)が被ります。しかし、FP1級の範囲も広いですし、それにも増して中小企業診断士の範囲をもっと広いので、分野が被るメリットはそんなに多くはないと思われます。

FP1級も中小企業診断士も独占業務が認められている訳ではないのですが、2つの資格があれば、世間的には信用できて、FP事務所や経営コンサルタント事務所を開業して、自分の得意分野(強み)を磨き、それを発揮すれば独立も可能ではないでしょうか。

もし、中小企業診断士の勉強を始めれば1年で仮に合格できなくとも、科目合格制度を利用も可能ですので、そのことを視野に入れると、継続して勉強した方が合格する確率が高いと思われます。

また、FP1級は難易度が高いので経済学の理解度も問われます。
せっかくFP2級を合格されたのであれば、FP事務所での仕事もお考えのようですし、FP1級をまずは受験されたらと思います。
なお、参考までに、時間をかけずにFP1級に合格出来るサイトを紹介させていただきます。

参考URL:http://fp1.jimdo.com/

FP1級(資産相談業務)と宅建の資格をもっています。また、中小企業診断士は1次試験を科目合格を目指しましたが財務・会計のみ不合格で断念しました。
私自身も、FP1級と中小企業診断士の両方の同時合格を目指した経験がありますが、両方の合格は難しくFP1級に絞ったので、FP1級に合格できました。
中小企業診断士の1次試験は7科目あり、3年間で全ての科目を合格すれば1次試験が合格となりますが、最終的に難易度が比較的高いといわれている「財務・会計」のみが合格できずに断念しました。
中小...続きを読む

Q金融マンが志す資格一覧(難易度)

銀行・証券・保険分野で活躍する金融マンが持っておくとよい資格の難易度について教えてください。

具体的には難易度順の一覧なんかがわかるとありがたいです。
(FPの資格でもCFPとか生保FPとかいろいろあってよくわかりません)


公認会計士
税理士
中小企業診断士
証券アナリスト
CFP
FP1級

って感じ?

Aベストアンサー

司法書士      50
公認会計士     40
税理士       30
中小企業診断士   20
日商簿記1      13
FP1    9
CFP    8
証券アナリスト      7
宅地建物取引主任者  7
銀行業務税務2級   4

どの資格も年単位で集中して挑戦すれば合格できます。
しかし、いろいろと誘惑が多いのが世の常です。
意思を堅固に頑張ってください。

Q士業の資格難易度を格付けしてください。

士業の資格難易度を格付けしてください。

世の中にたくさんある資格の中で士業(●●士)の資格
の難易度をランキング付けしていただきたいと思います。

対象は下記です。

司法書士・行政書士・不動産鑑定士・土地家屋調査士・FP
公認会計士・弁理士・宅建・海事代理士・社会保険労務士
中小企業診断士

※宅建・FPは士業とは言い難いですが、参考までに入れてみました。
※司法試験・税理士は受験資格自体狭き門の為省いています。

もちろん、それぞれ専門分野が違う為、全く普通の人間(理系・文系等全て平均知識)
が受験する感覚で一般的なランキングを付けていただければと思います。

2位タイ、3位タイとかでもOKです!!

もしよろしければその理由を付けていただければ幸いです。

よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

うーん、受験者の属性や試験の形式にも因るので、単純な順位付けは
難しいですが・・・

(1)この中では「司法書士」「公認会計士」「不動産鑑定士」「弁理士」は
 国家資格中、最難関グループに属します。特に、司法書士は「科目免除」
 や「科目合格」が全く無い「一発勝負」で(口述だけは1回、リトライ
 できますが・・)合格率が約2~3%程度になるよう、調整も事実上入
 る、書式試験は実務の能力が試される、等、著しい難易度です。他は科
 目合格や一部免除が申請できるので、条件に当てはまれば、幾らかは難
 易度が下がります。とはいえ、受験生は一流の大学や大学院を出ている
 人が多数なので、元々の受験者の母集団のレベルが高く、そんな中での
 10%前後の合格率ですから、厳しいことには変わりありません。反面、
 司法書士には「受験要件」が無いため、誰でも受験できます。これらは、
 いわゆる「才能」と「運」が「努力」と共に必要な資格と言えると思い
 ます。

(2)次に「土地家屋調査士」も「2次試験」が測量士などの既得資格で免除
 になれば、大分ハードルは下がるものの、それでも司法書士と同じく実
 務形式の「書式」試験、口述試験がありますし、免除なしで全受験する
 なら、(1)に匹敵する難易度になります。

(3)「診断士」「社労士」「行政書士」は、(1)よりは「努力」でカバーでき
 る資格なので、現実、普通のサラリーマンや学生の合格者も多いですが、
 それでも、時間をこなすだけの学習では合格は困難です。情報収集して、
 的確かつ効果的なやり方が求められます。

(4)「海事代理士」は合格率的には難関とは言えませんが、受験者の多くは
 関連業務で既に法知識のある「司法書士」「行政書士」開業者が、業域
 の拡大を狙って受けるためです。また、試験内容が特殊で教材が少ない
 事から、二次の口述試験など、むしろ「勉強の仕方」が分らなくて苦労
 します。

(5)「宅建」「FP」はこの中では、受験要件も無く、最も容易な「エント
 リー」クラスの資格ですが、さりとて合格率は20%を切る(FPは2
 級技能士以上)国家資格であり、安易な気持ちで挑戦すると、何度受け
 ても受かりません。特に宅建は何度も不合格で、結局、諦めてしまう人
 が意外といます。ただ、キチンと努力出来れば、運などに左右されず、
 必ず合格できる資格だと思います。

 (結論)
 
 司法書士≒会計士・不動産鑑定士、弁理士>調査士>診断士>社労士≒行政書士>海事代理士>
 宅建・FP(2級以上)

 ※正直、最難関資格は個人の属性や得意・不得意分野などで主観が入り、一概にはいえない。
 ※「診断士」は二次で実務講習or専門教育が必要なため社労士以上の難易度とした。
 ※社労士と行政書士は年度で難易度にバラつきがあり、どちらが上かは一概に言えない。ただ、
  専門性や出題の深さ、細かさでいえば、「社労士」がやや難しいという意見も多い。

うーん、受験者の属性や試験の形式にも因るので、単純な順位付けは
難しいですが・・・

(1)この中では「司法書士」「公認会計士」「不動産鑑定士」「弁理士」は
 国家資格中、最難関グループに属します。特に、司法書士は「科目免除」
 や「科目合格」が全く無い「一発勝負」で(口述だけは1回、リトライ
 できますが・・)合格率が約2~3%程度になるよう、調整も事実上入
 る、書式試験は実務の能力が試される、等、著しい難易度です。他は科
 目合格や一部免除が申請できるので、条件に当てはまれば、...続きを読む

Q商業簿記やFPは本当に転職に効果あり?

商業簿記やFPは本当に転職に効果あり?

私は25歳男で現在福祉関係の仕事に就いていますが、
将来を考えると福祉業界では不安なので、何か資格を取って転職をしたいと考えています。
資格の本には商業簿記とファイナンシャルプランナーが良い資格だと書かれていましたが
これらは具体的にどのような効果があって転職に有利なのでしょうか?

どちらかだけの情報でも構いません。体験談があれば助かります。
ご回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

挙げられている両方の資格を持っています。

・簿記[私は日商簿記2級と全商簿記1級を所持]
簿記は3つの団体が主催していますが、日本商工会議所の簿記(以降「日簿」)が一般的です。
  日簿4級
   ⇒ 馬鹿にされるだけ。
  日簿3級
   ⇒ 「少しは知っているのね」と思われるだけ。
     『素人よりはマシか』と思ってくれる企業だったら採用するかもしれない。
  日簿2級
   ⇒ 求人において要求されている標準レベルと考えられる。
  日簿1級
   ⇒ 経理部門の現場責任者等を募集する際に要求されるレベル。
且つ、経理部門に於いて中途採用募集を行なう場合、大抵は所持している級とは別に実務経験年数が要求される。

・ファイナンシャルプランナー[私は2級FP技能士(AFP)を所持]
ファイナンシャルプランナー(FP)は、国の定めた『技能士』試験であり、試験実施団体は2つ[日本FP協会、金融財政事情研究会]存在いたします。どちらで試験を受けても試験問題の内容は同一であり、認定される内容も同一です。
尚、私は日本FP協会の登録会員なので、金融財政事情研究会の任意登録会員に対するサービスは判りませんが、協会から送られて来る月刊誌には求人の広告が数件載っている事があります。
 3級
  ⇒ 「少しは知っているのね」と思われるだけ。
    なるべくお金を掛けずに2級の受験資格を取得する為に取得する人が多いのでは?
 2級
  ⇒ 求人において要求される最低限のレベルと考える。
 2級(AFP)
  ⇒ 私が知っている金融機関の職員の話しだと、入社後に6箇月~1年以内にこのレベルに達している事が要求される。
 CFP
  ⇒ 持っていて有利となるレベルと考える
 1級
  ⇒ このレベルであれば、寧ろ独立開業した方が良いのでは?

> 転職に有利なのでしょうか?
思うところがあって、2年ほど前に日経の転職サービスに登録して、今でも登録は継続しております。
簿記やFP以外にも資格を幾つか持っているので、どの資格に対して求人情報が届いているのかは余り確認しておりませんが、生保や損保系の求人データが多いですね

挙げられている両方の資格を持っています。

・簿記[私は日商簿記2級と全商簿記1級を所持]
簿記は3つの団体が主催していますが、日本商工会議所の簿記(以降「日簿」)が一般的です。
  日簿4級
   ⇒ 馬鹿にされるだけ。
  日簿3級
   ⇒ 「少しは知っているのね」と思われるだけ。
     『素人よりはマシか』と思ってくれる企業だったら採用するかもしれない。
  日簿2級
   ⇒ 求人において要求されている標準レベルと考えられる。
  日簿1級
   ⇒ 経理部門の現場責任者等...続きを読む


人気Q&Aランキング