今だけ人気マンガ100円レンタル特集♪

離れて暮らす私の母親の件でご相談します。
母親は現在59歳、一昨年の9月、子宮頸がん(末期の手前)と診断され、放射線治療を行いました。幸いな事にがんの数値は比較的良好なのですが、その治療の影響からなのでしょうか、膣と尿道に穴が開いたとの診断で、母は無意識のうちに尿を漏らし、おむつやパッドもすぐに許容量を超え、布団や、座布団等を濡らしてしまうと言った状況です。その臭いも、薬の影響か、尿だけなのに部屋中臭います。
母は現在傷病手当金を受給していますが、近々支給が終了します。
立ち上がることはできるのですが、自宅のトイレも和式であり、用を足すのも辛そうで、そんな状況なので働くのは無理な状況です。
私も努力しますが、決して裕福と言えない家庭状況の中、年金受給までの数ヶ月間(今年の6月で60歳)、何か公的扶助等がないものかと思います。
先日市役所の福祉課の窓口に相談に行ったところ、障害の認定についての回答で、尿道は臓器ではないので認定は無理だと言われました。
まとまらない質問で申し訳ありませんが、多方面からでも結構です、何かいいアドバイスがあれば教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

お母様ご心配ですね。


私も子宮ガンで放射治療を受け、4年後に尿漏れが始まりました。
放射線の晩期障害の「膀胱膣瘻」といい、膣と膀胱の間に穴が空いていました。
そのために泌尿器科に入院し、再度手術をしました。
当初は経膣(膣側から縫う)手術でしたが、すぐに再発。3度目で諦めて開腹手術となりました。
開腹してみた状態によっては膀胱摘出or尿路変更手術を施すと言われました。
膀胱摘出した場合は、お腹に穴を開け外に尿をためる袋(ストマー)をつけることになります。
この場合は障害者と認定されますが、袋(ストマー)の代金補助がある程度です。
尿路変更は腸の一部を膀胱の代わりにつくる新しい方法で、QOLを考慮して一部の
病院で対応しています。
私の場合は幸いにして、膀胱を縫い縮めるだけですみました。
手術の後遺症で尿意がなくなった上に、膀胱が小さくなったために、頻繁にトイレに通う
必要がありますが、仕事にも復帰できました。
お母様の場合もまずは泌尿器科を受けられて、通常の生活ができるようにされてはいかがでしょうか。
それとももう手術は無理なのでしょうか。
公的補助に関する回答でなくて申し訳ないですが、経験者としてお母さんの辛さが伝わってくる
ようで書き込みさせていただきました。

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BA%BA%E5%B7%A5% …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のご返事、大変ありがとうございます。
親族として一番気がかりなことは、母親が自身を失いかけていはいないかと言う事です。口には出しませんが、臭いの事を本人も気にしている様で、来客者に会うことすら拒んでいる状況です。
一月前の検査では様子を見ましょうという事だったのですが、今週末が健診日となっています。手術等の件も含め、先生に相談してみようと思います。ありがとうございます。

お礼日時:2007/02/12 10:50

No.1です。


調べたら、人工膀胱の場合、厚生障害年金を受けられるような気がします。
もちろん厚生年金に加入していることが条件です。
ただ、詳しくはわからないので、問い合わせしていただいた方がよいと思います。
「障害年金相談申込票」
http://www.syougai.jp/contact/contact_a1.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

わざわざお調べしていただき、御回答に感謝致します。
検査の結果により、手術等の可能性も考えられます。
参考にさせていただきます。ありがとうございます。

お礼日時:2007/02/12 11:02

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q膣から尿が出ます。

膣から尿が出ます。

自分の目で確認しました。

病院に行って、カメラを入れてもらって検査をしたのですが

気のせいだと言われました。

膣に穴も開いてないし、健康ですと言われました。

膣から尿が出ると自分の意志に関係なく漏れてしまうらしいのですが、

私は漏らしてしまう事がなく我慢する事も出来ます。

しかし病院から帰ってから自分の目で再確認したら

やっぱり膣から尿が出ていました。

見間違いではありません。

どうすればいいですか?

同じ症状がある方々、病院で勤務している先生方、

回答をお待ちしております。

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

参考にしてください。

腸子宮内膜症で子宮全摘と直腸切除の手術を受けた後に、くしゃみで尿が膣からもれるようになったとのお悩みは、医師としてかなり気がかりな状況です。
ここで重要なのは、(1)腹圧性尿失禁でもれた尿が、膣に一旦入ってから出ているのか、(2)手術の合併症で、膣と尿管ないし膀胱の間に瘻孔(ろうこう)ができた状態なのかの区別です。
手術の前から、せき、くしゃみ、走行で腹圧性尿失禁があったとのことで、外尿道口が少し奥に引っ込んでいるために、もれた尿が膣に少したまってから出ている(1)なら、尿もれの重症度に応じて、骨盤底トレーニングをするなり、手術を考慮するなりでよいと思います。中部尿道をポリプロピレンのメッシュ状テープでサポートする手術法には、TVT手術とTOT手術があります。TVT手術は恥骨の裏にテープを通す際、腸の癒着があると問題になるので、内膜症手術の既往を考えると、足のつけ根の閉鎖孔からテープを通すTOT手術にメリットがあるかもしれません。
本当に困るのは、(2)の場合です。瘻孔が尿管と膣の間にできたものを尿管膣瘻(にょうかんちつろう)、膀胱と膣の間にできたものを膀胱膣瘻(ぼうこうちつろう)と呼びます。青い色素を静脈注射して膣から青い尿が出れば前者、膀胱に注入して膣から青い尿が出れば後者が考えられます。瘻孔の尿もれは絶えずだらだらもれるといいますが、孔が小さくて膣の入り口が引き締まっていると、腹圧性尿失禁に紛らわしい症状が起きます。手術でよほどの損傷が起きた場合以外は、重度の感染や命の問題にはなりませんが、瘻孔を閉じる手術は難しく、真剣に対応する必要があります。産婦人科手術の合併症として、ある割合では起きてしまうことなのですが、尿管膣瘻、膀胱膣瘻を見つけた泌尿器科医は、患者さんと術者、双方の気持ちを考えて、胸がつぶれそうになります。癒着が強くはがしにくいことが原因になったり、止血のために行った結紮や手術後の放射線療法のために、血流が悪くなって、時間がたってから孔ができることもあります。
まずは医師に相談し、どこからもれているか根気よく確認するところから始めてください。

参考にしてください。

腸子宮内膜症で子宮全摘と直腸切除の手術を受けた後に、くしゃみで尿が膣からもれるようになったとのお悩みは、医師としてかなり気がかりな状況です。
ここで重要なのは、(1)腹圧性尿失禁でもれた尿が、膣に一旦入ってから出ているのか、(2)手術の合併症で、膣と尿管ないし膀胱の間に瘻孔(ろうこう)ができた状態なのかの区別です。
手術の前から、せき、くしゃみ、走行で腹圧性尿失禁があったとのことで、外尿道口が少し奥に引っ込んでいるために、もれた尿が膣に少したまってから出...続きを読む

Q子宮頸がんで ステージIIb 抗がん剤治療は必要か

子宮頸がんで ステージIIb 広汎子宮全摘出を7/中旬にしました。

9月には職場復帰しようと思っていた矢先、最終の病理検査の結果で、
27ヶのリンパ節を取った中の一つにプラスがありリンパ節の転移があるといわれました。

私は退院前に最終結果は1ヶ月後だけど、がんは取りきったし、転移もないと思う
と言われ、安心していた矢先の転移の結果だったので、結構な衝撃を受けました。

だから、追加治療で抗がん剤治療をしましょうと言われた。TC療法だ。(タキソール・カルボプラチン)
やりたくないと思いながら、この治療をしないと悪化してしまうんだ、
やるしかないんだという気持ちで、8月中旬6回のうちの1回目の投与を開始しました。

副作用は投与3日目にでました。腰(脊髄)と下半身の関節痛がひどく、
顆粒の痛みどめ、ロキソニンの痛みどめを使っても痛みが取れず、最後に座薬と打ち込み
何とか歩けるといった感じでした。

そして久しぶりに鏡をにてびっくり、顔が黒ずんでいました。そしてたくさんの吹き出物・・
私は「えーーーー」と思い。看護師さんに聞くと、このTCでは、なりにくいんだけどねぇ
と、看護師さん困惑気味・・・
私はショックで、人に会いたくないし、痛いし、便秘がひどくて、
もともとあった切れ痔がまた切れて、すごく辛かった。

幸いなことに吐き気はなく、食事は何とかとれた。

白血球は低かったが、好中球は40%あるから。いいでしょうということで、
8日目で退院。

退院したのはうれしいのだが、またこの治療をやらなければならないのかと思うと
憂鬱になる。

結局、私が皆さんに何を相談したいかというと、抗がん剤治療をやめることに
したということです。今回の治療で、すごく体力が落ち、顔が黒ずみ、吹き出物ができ
手足にしびれも出ました。開腹手術した傷もずきずき痛みもしました。

私は抗がん剤治療をせず、漢方や、食事療法で経過観察することに決めたのです。
もちろん血液検査はやっていきます。

みなさん、私のやっていることは寿命を縮める無謀なことでしょうか、
このような治療を受けた方、受けている方、あるいは親族、知人といった
お近くにの方が経験され、ご意見いただける方からの、メッセージを
いただけたらと思います。

長文になりすみません。よろしくお願いいたします。

子宮頸がんで ステージIIb 広汎子宮全摘出を7/中旬にしました。

9月には職場復帰しようと思っていた矢先、最終の病理検査の結果で、
27ヶのリンパ節を取った中の一つにプラスがありリンパ節の転移があるといわれました。

私は退院前に最終結果は1ヶ月後だけど、がんは取りきったし、転移もないと思う
と言われ、安心していた矢先の転移の結果だったので、結構な衝撃を受けました。

だから、追加治療で抗がん剤治療をしましょうと言われた。TC療法だ。(タキソール・カルボプラチン)
やりたくないと思...続きを読む

Aベストアンサー

私も昨年、子宮頸がん1b2期で広汎子宮全摘出とリンパ廓清を行いました。

基本的に治療は個人の自由なので、やめたいならやめれば良いと思いますが
再発した時に、今の選択を絶対後悔しない自信があるということが大前提ではないでしょうか?

もちろん、抗がん剤をやれば100%再発を防げるものではありませんから選択が難しいのですが。。。

私は患者会など様々に参加し、沢山の同じ病気をした方の話を聞いたりしましたが
癌は甘い病気ではないと感じました。
そして癌という病気の恐ろしさの真骨頂は再発にあるとも感じました。

再発さえなければツライ治療も耐えられるのですけどね。。
でも治療が出来るということは、まだまだ素晴らしい事です。

ツライ治療は本当に大変ですが、出来る治療があるうちは癌はまだ幸せな方です。
私ならつらくても治療を選択しますね。

よく抗がん剤は寿命を縮める行為だと、健康食品やら免疫療法やらやる方がいらっしゃいますよね。
まったく効かないとは言いませんが、治療としてどの程度のエビデンスがあるのかは
はっきりいって疑問だと思います。

病院に患者会はありませんか?
なければ色んな団体がありますので、調べてそちらに参加されてみては?

それも難しければ、沢山闘病ブログを書いている方がいらっしゃいますので
片っ端から読んだり、メッセージで質問を送ってみたりされてはいかがでしょうか?

命を賭けて選択する治療です。
後悔のない選択をしてくださいね。

私も昨年、子宮頸がん1b2期で広汎子宮全摘出とリンパ廓清を行いました。

基本的に治療は個人の自由なので、やめたいならやめれば良いと思いますが
再発した時に、今の選択を絶対後悔しない自信があるということが大前提ではないでしょうか?

もちろん、抗がん剤をやれば100%再発を防げるものではありませんから選択が難しいのですが。。。

私は患者会など様々に参加し、沢山の同じ病気をした方の話を聞いたりしましたが
癌は甘い病気ではないと感じました。
そして癌という病気の恐ろしさの真骨頂は再発にある...続きを読む

Q足がパンパンになる!子宮がん術後の後遺症?

子宮癌で摘出手術をして5年目です。
片足のつけね部分からつま先まで恐ろしい程パンパンに腫上がっています。
先月は熱発があり、入院しました。
熱は下がりましたが、足の腫れはひどくなり、もう片方の足も腫れてきました。
医者からはリンパの流れが悪いからと言われるだけで、何の治療もないようです。
このような方は他にもいらっしゃるのでしょうか?
又、腫れを治す治療方法はありますか?

Aベストアンサー

子宮がんの手術のときにリンパ節郭清はしましたか?
そのときに、病院側から「リンパ浮腫」についての説明は受けましたか?
リンパ節を郭清すると、リンパの流れが悪くなります。リンパは体に入ったばい菌や疲労成分を体外に放出するためのシステムですから、リンパの流れがとどこおると、むくみが起こります。それがリンパ浮腫です。
damegaさんのむくみは脚ですから、なるべく立ち仕事はしないこと、眠るときはむくみのある方の脚を高くして眠ることが第一です。
リンパの流れを良くするためのマッサージをしてくれる施設もありますし、浮腫用のテープやストッキングでバンテージをしたりします。ひどいときはリンパドレナージといって、むくみの原因であるリンパ液を体外に吸い出す治療もあります。
がんの手術症例は多くても、浮腫にはくわしくない病院もたくさんありますので、浮腫専門の病院に行かれてもいいと思いますよ。

参考URL:http://www.mukumi.com/02_01.html

Q膣から尿がでます

27歳独身の女です。
この1年ほどですが、
突然膣から尿が漏れているような気がします。
仕事をしたり、歩いていたりすると突然おりものとは違う、
サラサラした水(尿)が下着一面に出てしまいます。
それも数回に分けて出てくるため、
非常に不快な思いをしています。
尿だというのは、
色や臭いから何となくそう思ったのですが
これは何か病気なのでしょうか?
思い当たる病名などわかれば教えて頂きたいです。
もし病院に行くとすれば、どんな検査があるのでしょうか??
どうぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

まさかそんなことがあるのかな?と思い、タイトルにあった
「膣から尿」でYahoo検索してみました。

怖い結果としては子宮頸がんの可能性もあるようで…
参照URLの『症状』の一番最後に書かれているんですよ、病状が進行したときの症状として「膣と膀胱または直腸をつなぐ異常な管状の通路(痩孔)を通って、膣から尿または直腸の内容物が不随意に出る」って。

20歳過ぎたら毎年(病院によっては半年に1度とも言われます)、子宮頸がんの検査を受けた方がいいと言われていますが、moremorehaさんは受けてますか?

膣から出てるのでは?が気のせいや勘違いだといいのですが…
何はともあれ、まずは早めに婦人科で相談してみるのがいいと思います。

脅かしてしまってスミマセン。

参考URL:http://www.kirishimacho.com/HouseCall/encyc/123/163/23_0_0_0.html

Q放射線宿酔とは?

 乳癌で放射線治療していましたが、めでたく先日一通りの治療が終わりました。服薬は続けますが、病院通いはしばらくお休みです。
 ところが、放射線照射終了の翌日から言いようのない倦怠感、吐き気、胃痛、下痢症状があります。症状から言うと、放射線宿酔と言うのかと思いますが、それは照射の初期に見られるものであるとのこと。
 照射が終わってから出ることもあるのでしょうか。または、他の理由、例えば風邪を引いた可能性のほうが高いでしょうか。熱はありません。
 ちなみに放射線宿酔って、なんて読むのでしょう。

Aベストアンサー

放射線宿酔は、高線量の被ばくを受けた時や放射線治療の際の副作用として現れることのある、吐き気、食欲不振、全身倦怠感、めまいなどの一連の全身症状のことをいう
しゅくすいとよみます。
よく医療従事者が使う言葉に個人差という言葉があります。
放射線宿酔がイツおこってもおかしくないですよね。
それぞれ個人によって反応は違います。

もし風邪を引いたと思われるようでしたら
受信してみてはいかがでしょう。
放射線を浴びているのですから、
自己免疫も落ちて、風邪を引きやすくなっているかもしれません。
備えあれば憂いなし。

もし宿酔がつらければ医師に相談してもいいと思います。
胃薬等処方してくださいます。
大変な治療が終わり、本当にお疲れさまでした。
これから放射線も少しずつぬけていきます。
楽になります。もう少しの辛抱ですね。
このまま治癒になりますように。
お大事に。

Q子宮頸がんで広汎子宮全摘術後の追加治療について

先月、子宮頸がん(扁平上皮癌、深さ11mm、縦軸方向の広がり18mm)で広汎子宮全摘術を受け病理検査の結果、リンパ節転移なし、静脈侵襲なしv(-)、リンパ管侵襲がごくわずかにうかがわれますly(+)。

との結果がでました。担当医師は化学療法を念のために行っておきたい。放射線は再発に備えたいとの意見です。

私としては抗がん剤の副作用、精神的に耐えられるかどうか不安なので、避けたい選択なのですが、念のため治療を受けるべきかどうか迷っています。

家族はこれ以上体に負担をかけるのは良くないのでは?との意見です。

素人なので不安が一杯です。アドバイスをお願いいたします。

Aベストアンサー

手術後の放射線治療、化学療法は、
術後補助療法と呼ばれています。

なぜ、「補助療法」なのか?
それは、個別には効果を判定する方法がないからです。
例えば、補助療法をした人、しなかった人、
それぞれ1000人を調査すると……
再発した人が、
した人では、300人。
しなかった人では、500人。
だから、した方が良い……というのが現状です。

つまり、しなくても500人の人は再発しない。
しても300人の人は再発するのです。
つまり、統計学的には、した方が良いのですが、
個人個人では、賭けでしかないのです。

となれば、何をもって判断するか?
これは、情報しかありません。
後になってから、知らない情報がでてくることほど、
動揺する、不安になる、不信になることはありません。

例えば、主治医の先生は、化学療法と放射線療法を
別個に考えているようですが、それを別々の治療ではなく、
一つのセットとして考えている先生もいます。

となれば、これは、情報を集めるしかありませんが、
素人の個人では、限界があります。
となれば、プロの力を借りるべきです。

一つは、セカンドオピニオン。
セカンドオピニオンを誤解している人が多いのですが、
これは、主治医の先生からデータを借りて、意見書と一緒に
別の先生の意見を聞くことです。
だから、セカンドオピニオンなのです。
意見であり、診察ではないので、本人が行く必要もありません。
純粋に、データ上を見ての意見なのです。
セカンドオピニオンの先生がファースト(主治医)と意見が異なる場合、
セカンドオピニオンから主治医の先生に意見書が送られます。
主治医は、セカンドオピニオンが出た時点で、
患者と再び、治療について相談することになります。
患者の希望と治療方法が異なり、しかも、自分のところでその治療が
できない場合、主治医は紹介状を書いて、別の医師に治療を
任せることになります。

もう一つは、医療コーディネーターです。
医療コーディネーターで、検索すればヒットします。
多くは、がん専門の看護師が医療コーディネーターをしています。
なので、当然ですが、知識が豊富です。
素人が何週間もかかって手に入れる知識を1時間で教えてくれます。
相談に応じてもらえます。

順番としては、医療コーディネーターに先に連絡を取り、
相談して、場合によっては、セカンドオピニオンを……という方法が
良いでしょう。
現在の主治医に、セカンドオピニオンを言い出すための
言い方などのアドバイスももらえます。

手術後の放射線治療、化学療法は、
術後補助療法と呼ばれています。

なぜ、「補助療法」なのか?
それは、個別には効果を判定する方法がないからです。
例えば、補助療法をした人、しなかった人、
それぞれ1000人を調査すると……
再発した人が、
した人では、300人。
しなかった人では、500人。
だから、した方が良い……というのが現状です。

つまり、しなくても500人の人は再発しない。
しても300人の人は再発するのです。
つまり、統計学的には、した方が良いのですが、
個人個人では、賭けでし...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報