今だけ人気マンガ100円レンタル特集♪

キャノン製デジカメ愛用者です。

 昨今のデジイチの手振れ補正はキヤノン、ニコンはレンズに、ペンタックス、ソニーは本体についていますが、実のところこれはどちらが良いのでしょうか?
また高級レンズ(ボディ)ほど補正効果は高いのでしょうか?

 補正効果、信頼性、使い勝手が同じならレンズを多くそろえると高くついてしまうキヤノン、ニコンはNGとなり、
早めにボディ側手振れ補正のメーカーに乗り換えたくなります。

少なくとも私は以下の点が気になります。
レンズ側:1、本来あるべき光軸が若干だがずれる。
      2、多くのレンズにIS(VR)をつけると価格がべらぼうに高くなる。
ボディ側:1、重いCCDを動かすことは慣性質量が高く動きの早い手振れには追従が難しい。つまり補正効果は低い。
      2、ファインダーではぶれ補正加減が見えないので、効果が低い。

詳しくご存知の方にそれぞれの長所短所を詳しく教えていただきたいのですが、よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

ボディ内手ブレ補正の長所


 ・レンズ毎に補正光学系が不要のため、システムとして安価である
 ・光学系が不要のため一般に小型・軽量化しやすい
 ・光学系による画質劣化がない

レンズ内手ブレ補正の長所
 ・レンズ毎に適切な補正光学系を内蔵出来る
 ・ファインダーで手ブレ補正状態を確認でき、それに伴いAFも安定する

短所はお互いに逆になります。
Genzaburoさんのご理解で概ね宜しいのではないでしょうか。

特に重要なのは、ボディ内手ブレ補正は、ブレが大きく高速な追従を必要とする望遠ほど補正効果が
弱くなります。また本体内にブレ検出ジャイロを搭載するため、大きなレンズほど理想的な重心位置
からズレが生じるためブレ検出精度の面で不利に働きます。

一方、レンズ内手ブレ補正はレンズ内スペースの問題から広角レンズほど補正光学系を搭載しにくい
特性があります。
望遠に関してはレンズ内の理想的な重心位置にジャイロを搭載でき、偏芯敏感係数の高い部分に
補正光学系を搭載出来るため、動作量は意外に小さいんだそうです。

つまりボディ内手ブレ補正は広角に強く、レンズ内手ブレ補正は望遠に強いんです。
一般に望遠ほど手ブレ補正を要求されますから、そう言う意味ではボディ内手ブレ補正は逆の
特性となり、レンズ内手ブレ補正の方が圧倒的に有利となります。

原理的にはレンズ内手ブレ補正機の方が有利なのですが、大きさ・重さ、特にコストダウンが急務です。
どの程度コストダウン出来るかが、レンズ内手ブレ補正機の運命を握っているといって良いでしょう。

レンズ内に搭載する手ブレ補正ユニットの価格が無視出来るほど安価になれば、レンズ内手ブレ補正
の方が有利になるかと思います。

ただ理想は両方を搭載し、適材適所に使用することかもしれません。
以下のBBSのスレも参考になるかもしれません。
# http://www.nikon-d-slr.net/cgi-bin/forum/wforum. …
    • good
    • 3
この回答へのお礼

分かりやすい説明、どうもありがとうございます。

>望遠ほど補正効果が弱くなります。
望遠ほど必要なのに、逆に不利になるんですか。

確かにコストを何とかしてほしいです。
例えば、70-200/F2.8Lレンズの手振れ補正有り無しの価格差だけで
ボディ内手振れ補正カメラが1台買えますからね。

BBSのスレ参考になりますね。
もっと各社メーカーさんが自社製品の手振れ補正効果の原理メリットを説明してほしいですね。

お礼日時:2007/03/21 20:35

メーカー別に見ると…



(1)先発隊:銀塩カメラも作る会社は、必然的にレンズ。。。
 フィルムは動かないから、レンズを動かすしかない。
 銀塩ユーザーを無視できないから、本体には付けられない。
 その結果、センサー、ジャイロ、アクチュエーターなどを
レンズ内部に組み込むために、手振れ補正レンズは、大型で
高価なものになります。
 ただ、最近は、キャノンさんは、超音波モーター機能を削って
手振れ補正を組み込んだ廉価版レンズに取り組んでいますよね。
 一般ユーザーには、USMよりもISが魅力的に感じることが
わかったんでしょうね。

(2)後発メーカーは、ケースバイケース
 同じフォーサーズでも、松下はレンズに、オリンパスは本体に
組み込んでいますね。理由は既出ですので、省略します。

 バイクの4ストか2ストか。和食か洋食か。結局は「思想」だと
思いますよ。

 私は、近々、オリンパスのE-3を購入する予定ですが、これ
まで購入したレンズが、4~5段分手振れ補正の恩恵が受けられる
のが魅力です。(シャッター速度1/10でも1/160~1/320の効果)

Genzaburoさんが、楽しいカメラ生活を送ることを祈ってやみません。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

お礼が大変遅くなり申し訳ございませんm(_ _)m
結局は「思想」だということなんですね。
大変参考になりました。
どうも有り難うございました。

お礼日時:2010/08/10 09:03

私も質問者様と同じくキヤノンのデジタル一眼を使用しています。



手ぶれ補正、レンズかボディか。
これは使用者の撮影スタイルにも依存するのではないでしょうか?

コスト的にはボディ内蔵の方がよいでしょうが、個人的には使用するボディを選ばないレンズ内蔵タイプが好みです。
※EOS DigitalとフィルムEOSを使用しているので。

補正効果がファインダーで確認できる光学式の場合、初めてファインダーを覗いたときには目眩がするような不思議な感覚でしたが、なれると手放せませんね。
手ぶれ補正が有効か無効か一発でわかりますから。


それから、ボディ内手ぶれ補正の機種ではレンズからレンズ情報を取り入れることができないと補正効果は全く期待できません。
最近のAF対応レンズなら焦点距離、ピント距離、絞りを電子データとしてカメラ本体とやりとりしていますが、初期のレンズやMFレンズでは情報交換ができません。
したがって、それらのレンズの場合カメラボディの中にデータベースを持つことになります。
ということは、データベースに存在しないレンズやマウントアダプタを使用して中判カメラ用レンズを取り付けた場合手ぶれ補正ができないことになります。

※これはコニミノのαデジタル開発スタッフのインタビュー記事に書いてあった内容を元にしています。


どちらも一長一短があるので、自分の撮影スタイルから判断するのがベストです。
とはいえ、メーカーサイドとしてはより多くの人に買ってもらいたいわけですから、コンデジからのステップアップユーザーを対象にせざるを得ない部分もあります。
コンデジでは手ぶれ補正が当たり前になっているのでそういうユーザーをターゲットとする場合は、手ぶれ補正をアピールしやすい「ボディ内蔵」が有利でしょう。

高感度撮影を手ぶれ対策としてきたμシリーズのオリンパスもCCDシフト方式のコンデジを発売し、EシリーズもCCDシフト方式のボディを発表しました。

デジタル一眼後発メーカーとしてはコンデジからのステップアップユーザーを獲得するために必死なのでしょう。


個人的な見解としては、
「売るために開発された技術」のボディ内手ぶれ補正。
「ハイアマ、スポーツカメラマンのために開発された技術」の光学式手ぶれ補正。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

お礼が大変遅くなり申し訳ございませんm(_ _)m
ボディ内手ぶれ補正の機種ではレンズからレンズ情報を取り入れることができないと補正効果は期待できないのですね。
大変参考になりました。
どうも有り難うございました。

お礼日時:2010/08/10 09:07

レンズ側補正は、フィルムカメラに兼用できる点が優位です。


デジタルカメラに限定すれば、費用の面を除くと、個々には、一長一短ケースバイケースで設計しだいと言えるでしょう。
システムで考えれば、ボディ側が有利と思います。

動かす部分の慣性質量では、レンズ側のほうが軽いときもあれば重いときも有ります。口径が大きく焦点距離が長いものは、かなり重くなります。

光軸は、どちらもずれますが、ずれ方が違います。レンズ側補正では、レンズ系の途中で折れるのでレンズ設計の基本から違ってきますが、ボディ側の補正の場合は、イメージサークルに少し余裕があれば、設計に関わりません。

角速度センサー(振動ジャイロ)の置き場所は、光学系全体を剛体(撓まない)と見做せば、どこに付けても同じです。

レンズ内の場合で補正レンズは、主点直近につけると動きは小さくて済むのですが、動きを小さくする分、位置決めの精度を非常に高く要求されます。
ボディ内では、光軸の末端なので動きの範囲と速さを必要としますが、それをする余裕が十分取れます。

動かす部分の受けの精度(ガタなど)は、レンズを動かしてもセンサーを動かしても、どちらでもピントに関わります。

ファインダーでのブレがレンズ側の場合には補正されるので、フォーカスエリアで捕らえやすくなりますが、そのぶん安易な構え方になりやすいとも言え、ボディ側では、ファインダーのブレは止まらないのでフォールディングを確りすることを要求されます。

システムとしては、設計と使い方しだいですから、レンズ側補正は、フィルムカメラに兼用できる点が優位なので、フルムカメラが健在である間は、存続すると思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が大変遅くなり申し訳ございませんm(_ _)m
具体的で大変詳しい説明はとても参考になりました。
どうも有り難うございました。

お礼日時:2010/08/10 09:12

費用対効果で、どちらを優先させるかではないでしょうか?



レンズに手ブレ補正機能があった方が、レンズ毎に専用設計ができるので効果は高いと思います。
といっても、条件によって0.5~1段の違いが出るかどうかでしょうから、どんなレンズを使用しても手ブレ補正機能が使用できるボディ内手ブレ補正機能のコスト面でのメリットもかなり強いと思います。
Pentaxの場合は、自社・他社・新旧を問わず殆んどのレンズで手ブレ補正機能を使用できる仕組みにしてますから、マウントにさえさされば全てのレンズで手ブレ補正が使用出来ます。
DA Limitedパンケーキレンズのように、あんな小さなレンズを使用しても手ブレ補正機能が使用できます。これは他社にはなかなか真似のできない事です。

あと、手ブレ補正レンズはバッテリーの消耗も早くなります。
Pentaxの方式は、センサーが始めから磁力で浮いている状態なので、手ブレ補正機能の使用の有無でバッテリーの消耗スピードが変わる事がありません。シャッターを押す瞬間だけ補正しているので、消費している電力が少ないそうです。

耐久性が心配なら長期保証を付けて購入する事をお勧めします。
どんなカメラでも、壊れない保証はありません。
実際に使ってない人が心配しているだけかもしれません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が大変遅くなり申し訳ございませんm(_ _)m
手ブレ補正レンズはバッテリーの消耗も早くなるとは知りませんでした。
大変参考になりました。
どうも有り難うございました。

お礼日時:2010/08/10 09:09

私の知り合いのニコンのエンジニアは性能よりも耐久性を気にしてました。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

どうもありがとう。
耐久性とは比較ではなくて、自社の製品の耐久性に疑問があると言うだけことですね。

お礼日時:2007/03/21 20:27

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q望遠レンズの倍率の見方がわかりません

普通のデジカメだと、光学3倍、などという感じで大きさは大体想像が
ついたのですが、一眼レフの望遠レンズはよくわからない数字です。
できるだけ大きい倍率のが欲しいので、光学10倍くらいのものを
一眼レフの望遠レンズに直すと数値はどのくらいになるのでしょうか?
なにもわからないのでごべんたつおねがいします。

Aベストアンサー

>一眼レフの望遠レンズに直すと数値はどのくらいになるのでしょうか?

ズームレンズの倍率は、望遠側の数値÷広角側の数値=倍率 という計算式です。

28mm ~ 280mm
50mm ~ 500mm
どちらのレンズも10倍ズームになります。
でも、50mm ~ 500mm と言うレンズは存在しないでしょう・・・。
28mm ~ 280mm も無いかも知れませんね。(近いものはあるかも)

10倍の倍率があると、かなり大きなレンズになりますし、重量も重くて価格も高い物になりますので、実用的なレンズとは言えません。
ズーム全域での描写能力にも問題が出てくる(調整しきれない)ので、綺麗に写るレンズとは言えない物になる可能性もあります。

通常は3倍ズームが普通です。
欲しいカメラのレンズカタログをじっくりとごらんになって見て下さい。

QNikonの肌色再現はそんなにも酷いのですか?

質問失礼します。
以下のまとめサイトを見ていてこれはステマなんじゃ?と思ったのですが、(最終的にキャノンの宣伝だし)Nikonの肌色再現は本当にこんなにもひどいものですか?http://matome.naver.jp/m/odai/2137490225443752601

レンズや設定は同じもので撮り比べていないし、これはあまりにも酷く感じたのですが...

Nikonでもポートレートを撮られている写真家さんなどはいませんでしょうか?

Aベストアンサー

カメラマンというほどプロの仕事をしているわけではありませんが、趣味の延長と言う感じや、必要に迫られてという感じで写真をよく撮ることがあります。

使っているのはNikonです。たまにCanonも使います。

使ってみての、個人的な感想としては、
Nikonは「うんうん、ちゃんと撮れた(色が忠実)」
Canonは「思ったよりもきれいに撮れた(色補正されてるな)」
・・・という感じ。


質問者さまの挙げられたリンクの内容も、よくよく読んでみると、色の再現性が実物に忠実なNikonに対し、肌色の補正がかなり入るCanon、ということですね。
実物より肌が綺麗に写るCanonの方が、撮られた人の側にしてみれば嬉しいのかもしれません。
ただ、それは「忠実に再現された色」というわけではないので、綺麗に撮れることを良し、とするか、忠実であることを良し、とするか、どちらが良いかは個人差あるでしょう。

まあ、例えば、人物を(実物以上に)より綺麗に撮りたいのであればCanon。
これは、広告やファッションなどの現場でのモデル撮影に向いているってことかもしれません。
Nikonの場合は、実物に対して忠実な再現力が高いと言うことなので、Nikonの場合はよりナチュラルで素朴な印象のポートレートになるかもしれません。
言い換えれば、Nikonはかなり、良くも悪くも「素人っぽく」見えるポートレート、Canonは良くも悪くもプロのカメラマンが撮ったみたいな「小綺麗に」見えるポートレート。
さらにもっと下衆っぽく例えると、Nikonは忠実な証明写真機、Canonは超高性能な画像補正が自動で行われるプリクラ、という感じ。

このNikonとCanonの違いは、どちらが優れているか、ということではなく、そもそも両社のカメラに対してユーザーが求めているものが異なるので、同じ土俵にあるようでいて、実はまったく同じ土俵では比べられないでしょうね。
ですので、Canonのような一見してナチュラルに見えるが実は高度に肌色を補正されている印象を好む写真家もいれば、画像補正を嫌う、または自分の手ですべて補正を行いたいからカメラは忠実な再現力があれば良い、と考える写真家はNikonを好む・・・という感じのように、撮りたい対象に合わせて、また撮りたい雰囲気(要するにカメラマンにおける「作風」)によって、異なるのです。

Nikonは、再現性を追い求め可能な限り現実に近づこうと苦心していますが、Canonは、現実とは異なったとしても人の目が見る理想を具現化しようと苦心しているのです。
Nikonの映す現実も、Canonの映す理想も、しかしどちらも、実際の現実とは異なり、写真は必ず嘘をつきます。

カメラマンというほどプロの仕事をしているわけではありませんが、趣味の延長と言う感じや、必要に迫られてという感じで写真をよく撮ることがあります。

使っているのはNikonです。たまにCanonも使います。

使ってみての、個人的な感想としては、
Nikonは「うんうん、ちゃんと撮れた(色が忠実)」
Canonは「思ったよりもきれいに撮れた(色補正されてるな)」
・・・という感じ。


質問者さまの挙げられたリンクの内容も、よくよく読んでみると、色の再現性が実物に忠実なNikonに対し、肌色の補正がかなり入る...続きを読む

Q各メーカー 色合いの比較

こんにちは。

カメラに詳しく、質問に答えて頂ける方、よろしくお願い致します。

オート機能を使って素人が撮影する場合、各メーカーでそれぞれ撮った写真の色合いの違いについて詳しい方、教えて下さい。
例えば、このメーカーは自然な色合いが出るとか、このメーカーは青味が強いとか。。。

ミラーレス一眼カメラを買いたいと思ってます。
私は、国内や海外旅行の時に、遺跡や自然、花、風景、夜景などを撮って、プリントしてアルバムを作って、自分だけで見て楽しむタイプです。
パソコンにデータを取り込んで加工するとか、フォトコンテストに応募するとか、そんな高度なことはしません(^_^;

富士フイルムのFinePixを使ってましたが、キレイに撮れるけど、室内や暗いときはあまりキレイに撮れないような気がしてます。
ちょっとぼやけるというか。
友達がリコーのコンパクトデジカメを使ってましたが、こちらはマットな感じというかベタッとした出来上がりでした。
風景も撮りますが、かなり被写体に近づいて撮ったりすることもあるので、キレイに鮮やかに撮れるカメラがいいなと思ってます。

人それぞれ好みがあるのは重々承知です。
独断と偏見、主観的なご意見で結構です。
各メーカーの特色など、詳しく教えて頂ける方にご回答をお願いします。

こんにちは。

カメラに詳しく、質問に答えて頂ける方、よろしくお願い致します。

オート機能を使って素人が撮影する場合、各メーカーでそれぞれ撮った写真の色合いの違いについて詳しい方、教えて下さい。
例えば、このメーカーは自然な色合いが出るとか、このメーカーは青味が強いとか。。。

ミラーレス一眼カメラを買いたいと思ってます。
私は、国内や海外旅行の時に、遺跡や自然、花、風景、夜景などを撮って、プリントしてアルバムを作って、自分だけで見て楽しむタイプです。
パソコンにデータを取り込ん...続きを読む

Aベストアンサー

独断と偏見を前提に。

とにかく、バランスが取れた「一般受けをする」発色をするのが
Canon。Canonは安物コンデジから高級一眼まで、同じ傾向の
発色をする点でも安心ですね。普通に誰にでも勧められるカメラ
で、私も初心者への回答ではCanonをイチオシすることが多い
です。

でも、私はその「一般受け」を見切った設計があまり好きじゃない。
それにマニュアルで使うと、途端に発色バランスが崩れる場合が
あって(多分露出にシビアなんじゃないかと)、「おめーら、勝手に
いじるとロクなコトは無いぜ」とカメラに言われているような気が
するんですよね。娘用には買ってますし、先輩の持ってるEOS7Dと
70-200/2.8の性能はいつも羨ましいとは思いますけどね。でも、
自分用に買うかと言われると、多分買わない。

一方、癖のある、でも惚れると「それ以外なくなる」発色をするのが
FujiFilm。特に「ハニカムCCD」機の作る発色は、リバーサルでの
撮影に慣れた人には好まれる筈です。裏面照射CMOSになった今
でも、CCD時代と余り変わらない発色をするので、悪くは無いです。

ただねぇ。Fujiのカメラは安物だと個体差があってねぇ。外れ機は
発色はともかく片ボケとかがひどかったるするんだな、これがまた。
おまけにFujiって、AFもAEもそれほど頭が良くない。自分である程度
補正してやらなきゃ良い色が出ないんだな。

ま、補正が決まった時の発色が気持ちいいんでね。それで使ってる
みたいなトコがありますよ、ウチのFinePixS5Proって・・・。

同様に「自然を撮らせると上手い」のが、OLYMPUS。特に山岳や
水中など、「青」が強い写真の自然さは他を圧倒しますね。ただ、
OLYMPUSはどうも「機種ごとに発色の携行が微妙に違う」面もあり、
最近のPenは「どうもね~」って気がします。E420とかは良かったの
にねぇ。X10とかも結構いいのにさ。

それと、OLYMPUSは昔から「基本性能が良い」って所で納得して
しまい、ユーザーインターフェイスがイマイチな所があって、コンデジ
だと動作がもっさりしてるとか、AFやAEをダイナミックに外すとか、
とにかく「カメラの癖をよく呑み込んで」使わないとダメダメ写真を
量産してしまい、一般評価は余り良くなかったりするんですね。
でも、一旦あの「青」に惚れ込むと、他社に行けなくなる点なんぞ、
Fujiと似たところがあります。

「俺たちゃ色ってよくわかんない。だから皆さん頑張ってね」とユーザー
を突き放すのがNikon。実際全てAUTOにした時のJpeg撮って出しの
発色は、どう頑張ってもCanonより変です。でも、RAWデータには深い
発色のデータは残ってますし、撮影レンズも超一流(安いレンズは手を
抜くCanonより上かも)ですから、RAW現像するとCanonに負けないん
ですよね。Nikonって。

もっとも、一眼がそうだから、原則JpegのNikonコンデジの発色は、何を
考えてるかわからない微妙な発色なことが多いんですよね。あたしゃ、
Nikonのコンデジは勧めません。

一方、コンデジの世界で「判ってる人には判る」発色をするのがRICOH。
基本地味な発色なんですが、光線を考えて撮影すると、何とも言えない
自然な発色をするんですよね。先輩が使っていて、いつも懐に入れてる
んですよ>GR Digital。いやあ、いつ見てもいいんだな、これが。昔の
Rollei35とか、LeitzMinoltaとかを思いだします。

もっともRICOHのカメラも結構個体差があることと、何も考えずに撮ると
メチャメチャな発色になるので、判ってる人にしか勧められませんね。
ま、「ブラタモリ」で「タモリ」さんが使ってる、と言えば、雰囲気が判る
と思いますよ。

反対に「普通に判ればいいや」と考えてるのがPanasonic。Panaは
とにかく「人肌」の表現が上手いですね。それにさすが家電出身だけ
あって、インターフェイスが良く考えられてる。複雑なコンデジの操作を
あれだけ判りやすくしてるのは凄いと思いますよ。それに電源スイッチ
がスライド式、というのもこだわりがあって良いと思います。また、AFや
AEの頭が良く、手ぶれ補正が強力ってのも良い。個体差が余りない
ってのも安心できるかな。

もっともその分自然の風景、特に「緑」の発色がデジっぽくてね。RAW
で撮ってもどうにもならないから、そういうもんだと割り切るしかないと。
まあ、最近は皆さん「デジ色」がお好きなので、気にしなけりゃそれで
済むんですが。

こりゃ、コンデジじゃないよ。もっと別の何かだよ、というのがCASIO。
色々言ってますが、多分ここのメーカーは初めから発色とか画質とかで
他社と勝負することを諦めてるフシがあります。ベストである必要はない
グットで十分だ・・・という見切りと言うか。

でもその分、バッテリーの持ちが良いとか、連写能力が異様に高いとか
GPSの頭が良いとか、とにかく「付加機能」が充実してるだけでなく、
それが「使える」レベルになってるのが凄いですね。ある目的を持って
デジカメを使い、その目的に合っているなら、CASIO、イチオシです。


とりあえず、よく知ってるカメラメーカーはこんなもんですかね。

独断と偏見を前提に。

とにかく、バランスが取れた「一般受けをする」発色をするのが
Canon。Canonは安物コンデジから高級一眼まで、同じ傾向の
発色をする点でも安心ですね。普通に誰にでも勧められるカメラ
で、私も初心者への回答ではCanonをイチオシすることが多い
です。

でも、私はその「一般受け」を見切った設計があまり好きじゃない。
それにマニュアルで使うと、途端に発色バランスが崩れる場合が
あって(多分露出にシビアなんじゃないかと)、「おめーら、勝手に
いじるとロクなコトは無いぜ」とカ...続きを読む

Q望遠レンズF2.8が必要な撮影を教えて下さい。

使用機種はNikon D80

3コマレベル機種ですし、元々、早い被写体を撮りたいと考えていなかったので、ペットが不意に動いた時にブレるぐらいで、不自由は無いんです。
今迄、望遠自体、あまり、逼迫して必要を感じ無かったので、17-50mm一本で撮影してました。
それでも、旅行先で、撮影距離が近づけない時とか、望遠欲しいなと思う事が有ったり、木の上の花を撮影したい時に、欲しいなと思います。
欲が出てきて、中望遠での撮影や、望遠での背景のぼかしとか、どんなふうに成るのかとか気に成りだしました。
そこで、別質問で、購入の参考に、候補の望遠レンズをいくつか挙げたんですが、あまり、頻繁に使う機会の無い望遠レンズ、その中でも、高価なF2.8を必要とする根拠が知りたいなと思いました。

▲シャッタースピードが速いから?
◎背景のボケが綺麗だから?
▲明るさの乏しい撮影に有利だから?

スポーツや、速い動きや広い構内での撮影をしない私には、望遠レンズでのF2.8は、重いばかりで、背景のボケぐらいしか魅力を感じないんですが、手持ち撮影しないなら、F2.8の明るさは、必要無いのでは?とも、考えてます。
撮影初心者の為、知らない事や見落としている魅力が有るかもしれません。
それで、この際、望遠でのF2.8の魅力を教えて頂きたいと思いました。

使用機種はNikon D80

3コマレベル機種ですし、元々、早い被写体を撮りたいと考えていなかったので、ペットが不意に動いた時にブレるぐらいで、不自由は無いんです。
今迄、望遠自体、あまり、逼迫して必要を感じ無かったので、17-50mm一本で撮影してました。
それでも、旅行先で、撮影距離が近づけない時とか、望遠欲しいなと思う事が有ったり、木の上の花を撮影したい時に、欲しいなと思います。
欲が出てきて、中望遠での撮影や、望遠での背景のぼかしとか、どんなふうに成るのかとか気に成りだしました...続きを読む

Aベストアンサー

 moonriver2さん こんばんは

 焦点距離に拘らず解放F2.8と言う解放値のレンズを使う意味合いは、1.F2.8に似合う被写界深度を浅くしたい場合(つまり背景のボケを求める場合)・2.F2.8に似合う高速シャッター速度が必要な場合(例えば室内でのスポーツ撮影等)・3.レンズの最高画質で撮影したい場合です。

 1と2についてはmoonriver2さんご自身でも言われていますからお解りだと思います。ですから3について説明しますね。
 多くのレンズでは、絞りを」解放から2~3段位絞った位の絞りからレンズの最高性能で撮影出来ると言われています。つまりF2.8を2~3段位絞った絞りが4~5.6位になります。つまり多くの方が常用で使う絞り値ですよね。ですから開放F2.8のレンズでF4~5.6位~がレンズの最高性能での撮影が可能になるので、F4~5.6位の撮影目的にF2.8のレンズを使う方がいます。ただし最近のレンズは高性能ですから、たとえば昭和40年頃以前のレンズと違って開放絞りでの撮影と絞っての撮影とでの差は、科学的に調べないと解からない範囲になってきています。ですからレンズの最高性能での撮影を求めての絞っての撮影目的で、望遠レンズで値段の高価なF2.8と言うレンズを使う方は少ないと思います。それでも拘りを持っての撮影をされる方はそうします。対画質と値段を考えるとそこまでする価値があるかどうかは私は疑問です。

 以上何かの参考になれば幸いです。

 moonriver2さん こんばんは

 焦点距離に拘らず解放F2.8と言う解放値のレンズを使う意味合いは、1.F2.8に似合う被写界深度を浅くしたい場合(つまり背景のボケを求める場合)・2.F2.8に似合う高速シャッター速度が必要な場合(例えば室内でのスポーツ撮影等)・3.レンズの最高画質で撮影したい場合です。

 1と2についてはmoonriver2さんご自身でも言われていますからお解りだと思います。ですから3について説明しますね。
 多くのレンズでは、絞りを」解放から2~3段位絞った位の絞りからレンズ...続きを読む

Qミラーレスと一眼レフ、レンズは共用できますか?

いつかはデジタル一眼レフが欲しいと思い、ペンタックスのK-30の購入を決めました。
が、今すぐの購入は少々厳しいので、今はもう少し安価なミラーレスを買おうと思っています。
そこで質問なのですが、同じメーカーの一眼レフとミラーレスなら、レンズは同じものが使えるのでしょうか?
お詳しい方、教えていただけると幸いです。

Aベストアンサー

ミラーレス一眼は、ミラーが無い分、レンズとイメージセンサーの距離を近くできる=ボディをコンパクトにできるというのがメリットです。
レンズとセンサーまでの距離が変われば、そのままでは同じレンズは使えません。
なので、ミラーレス一眼は間にアダプターを入れれば一眼レフ用レンズも使えますよ、というのが一般的。

ただし、ペンタックスのK-01だけは、アダプターを使わずそのまま一眼レフ用レンズが使えます。
その代わり、同じレンズをそのまま使うということは、ミラーが無くなってもその部分を縮めることができないのでボディが一眼レフとそう変わらない大きさ。
ミラーが無いと、その部分のどっか(?)で被写体までの距離を測る位相差AFが使えないので、
オートフォーカスはコントラストAFというコンパクトデジカメと同じ方式。
これがまた遅い。レンズを大きく動かして、一番はっきり見えるところに戻すというやり方だから。
オリンパスはコントラストAFだけど技術開発によってかなりの高速AFになっているけど、
K-01のコントラストAFはドジでのろまなカメです。
のろまなだけではなく、なぜドジかというと、ピントが合わないことが多々あります。
そういうときにはマニュアルで合わしてます。
画質はミラーレス最強らしいのですが、ユーザーが欠点を理解して、受け入れてあげないと使えないカメラだと思います。

でもさ、なんでも平均点以上を取る優等生より、国語も算数もダメだけど、図工だけは学校一番の子のほうが、なんか良くないですかね。
写真を撮る道具というよりは、写真を楽しむカメラ、と思ってます。

ミラーレス一眼は、ミラーが無い分、レンズとイメージセンサーの距離を近くできる=ボディをコンパクトにできるというのがメリットです。
レンズとセンサーまでの距離が変われば、そのままでは同じレンズは使えません。
なので、ミラーレス一眼は間にアダプターを入れれば一眼レフ用レンズも使えますよ、というのが一般的。

ただし、ペンタックスのK-01だけは、アダプターを使わずそのまま一眼レフ用レンズが使えます。
その代わり、同じレンズをそのまま使うということは、ミラーが無くなってもその部分を縮める...続きを読む

QCANONとPENTAXで迷っています

今現在、コンデジを使っており「初の一眼レフ購入」の検討をしております。
で「色」で消去していった結果「CANONとPENNTAX」が残ったんですが、さて
ここからが決めかねています

ちなみに、ボディーは、重量の為「APS-C」で、将来「フルサイズ」に移行する
可能性もありますが、その際、ペンタックスが「無駄」になっても構いません

また、用途は殆どが「風景」で、後は、せいぜい「人」を撮る程度であり「動く
物」を撮るつもりは全くありません

で、一応、両社の「長所・欠点」の大体の所?は解ったつもりですが、さて
実際に使えばどちらが良いのか?

ちなみに「色」はペンタックスの方が好きです!ですが、ボディーが今一つ・
レンズが少ない、等で踏み切れません


「決めてが見付かりません、さて、どうでしょうか?」率直な所をお聞かせ願いたいです

Aベストアンサー

カメラの選び方は、自分の手で持ちファインダーを覗き しっくりくるものです
ボディースイッチ類操作性、レンズのズーミングやピント合わせ易さが良いのもが 一番シャッターチャンスを逃さず撮影できるものです。また しっくる来るカメラは、持ち歩く楽しさも出手撮影機会が増えるものです。

撮影被写体 風景・人物撮影に適したレンズバリエーションが有るかも重要です。

AF一眼や デジ一眼には、電子機能部分の特許が沢山有り
自社の特許を使わせる代わりに 他社の特許を使用させてもうなどのやり取りしています。
特許を多く持つ会社は、優位であり 最新技術は自社モデルに使用 古い機能を他社へ売るなどで
多くの利益も出ますが
特許を多く持たないメーカーは、他社から多くの特許を買う形になり 利益を多く出せない状況になります。
デジ一眼では、オリンパスがこれに相当します。ミラーレス以外は、力抜いてますよねー
ペンタックスも 同等では?

デジ一眼分野では、キヤノン・ニコンが 圧倒的主流であり 
他メーカーの今後は?です。
他メーカーでレンズバリエーションが増えるとも 考えにくく 撤退も考えられます。

APS-Cでとりあえずデジ一眼入門し 行く行くは フルサイズにステップアップをご検討なら
ペンタックス購入は、無駄になりかねません
お金の出費以外に メーカー変更すると ボディー操作慣れからくるメーカー変更の扱い難さも問題になりますので
出来るだけ 1メーカーを使い続けることをお奨めします。

キヤノンかニコンが最適化と思います。
レンズ資産は。APS-C専用レンズ以外なら長く使いまわせます。ボディーは日々進化し良い機能・性能の物が 発売されていきます。
写真の写りの好みも有るでしょう ボディーとレンズの組み合わせを確認し
ご自身に合ったものを選んで下さい

メーカー主催の 撮影会など 最新機種のデモ機を無料レンタルさせてくれますので 試し取りしてみるのも
良いかと思います。
フイルム時代 CAPA主催の撮影会で ペンタックスをレンタルしました 85mmF1.8で使用で
ミノルタより良いレンズ模写 キヤノンにはやや劣る感じでした。
メーカーによる 模写の差は大きいものです。

カメラの選び方は、自分の手で持ちファインダーを覗き しっくりくるものです
ボディースイッチ類操作性、レンズのズーミングやピント合わせ易さが良いのもが 一番シャッターチャンスを逃さず撮影できるものです。また しっくる来るカメラは、持ち歩く楽しさも出手撮影機会が増えるものです。

撮影被写体 風景・人物撮影に適したレンズバリエーションが有るかも重要です。

AF一眼や デジ一眼には、電子機能部分の特許が沢山有り
自社の特許を使わせる代わりに 他社の特許を使用させてもうなどのやり取り...続きを読む

Q測距点が数十個も必要な理由?

最新のカメラは、測距点が何十個(40個とか60個とか、いやもっと?)もあるのが不思議です。
私は、ほとんど中央一点しか使わないし、構図によってはある程度選べないと困りますが、
十個前後あれば十分と思います。

なんとなく予想しているのが、測距点の多いほうがサーボAFのときに有利なのかもってことですが、
サーボAFのときも、ほぼ真ん中一点しか使わないで良いような?

いかがでしょうか?
測距点が数十個も必要な理由、あると思うのですが教えていただけますか?

Aベストアンサー

簡単に言えば、動く被写体が、最初に合焦させたフレームを外れても、測距フレームを乗り移り、被写体を追い続ける事が出来るので、測距ポイントが多い方が有利になるのです。

ただし、多けりゃ良いかと言うと、動体予測AFのアルゴリズムが大事。
また、ユーザーが、状況に応じメニューから細かな設定を行う事が必要です。
例えば、前を別の被写体が横ぎった時のAF追従挙動などです。

勿論、静止体の場合、中央フレームが最も精度が良いのは申すまでも有りません。
が落とし穴もあります。それが、中央一点でAFロック、構図を変更するためにカメラを振ると生じるコサイン誤差です。

Qデジタル一眼レフカメラの買い替えは何年おき?

素人質問で申し訳ございません。
色々な思い出を高画質のデジタルイメージで保存したいと思うようになり、デジタルカメラの購入を検討しております。
疑問点が2点あります。

1.デジタル一眼レフカメラって高級なものを買ったら10年ぐらい現役で使用できるものでしょうか?

2.例えば、5年前のデジタル一眼レフカメラと、最新のコンパクトデジタルカメラではどちらが画質や使いやすさは上なのでしょうか?

以上2点、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

10年近く前のデジタル一眼レフ(600万画素)、4年ほど前のデジタル一眼レフ(1000万画素)、2年ほど前のコンデジ(1000万画素)を持ってます。
カメラの特性を理解して使えば10年前のデジタル一眼レフでもコンデジよりはるかに高画質です。
高ISO感度での画質は太刀打ちできませんが。
一眼レフ同士なら一般的な使用・観賞では致命的な優劣は高ISO感度で撮影されたもの以外は付けられません。
でも、新しい物ほどAFの速度や精度が良くなったり、AEやオートWBが賢くなったりと改良が重ねられるので、単に「高画質」と言う点ではカメラのランクに関係なく新しい物ほど高画質です。
カメラお任せのフルオート撮影を卒業し、適切な設定が出来るようなら画質的に極端に劣る事は数年間は無いと思います。
プロがプロ用のカメラを使って(それも多くは最新型)綺麗な写真を撮っているので、誰でも同じカメラを使えば綺麗な写真が撮れると思われるがちですが、プロは多くの経験や知識に基づいて適切な設定で撮影するからの結果であってカメラのせいではありません。
彼らは、一般的なユーザーの数十倍シャッターを切るので早く傷むので機材更新しているだけです。
中には高速AFや連写、高ISO感度の画質などに特化し、従来型では撮影できなかったものが撮影可能になった新型なんてのもありますが。
操作性は人にもよりますし、そのカメラ、メーカー、慣れなどにより異なります。
実際に店頭でデモ機を操作して確かめるのが一番です。

10年近く前のデジタル一眼レフ(600万画素)、4年ほど前のデジタル一眼レフ(1000万画素)、2年ほど前のコンデジ(1000万画素)を持ってます。
カメラの特性を理解して使えば10年前のデジタル一眼レフでもコンデジよりはるかに高画質です。
高ISO感度での画質は太刀打ちできませんが。
一眼レフ同士なら一般的な使用・観賞では致命的な優劣は高ISO感度で撮影されたもの以外は付けられません。
でも、新しい物ほどAFの速度や精度が良くなったり、AEやオートWBが賢くなったりと改良が重ねられるので、単に「高画質...続きを読む

Qマニュアルカメラでのピント合わせのコツってありますか?

マニュアルカメラでのピント合わせのコツってありますか?
カメラはペンタックスのKXです。レンズはSMCM50mmF1.4を主に使っています。
絞りを開けて撮っているせいか、なかなかピントが合いません。

メガネを使っているのですが、コンタクトにするとちょとましかな?という感じ。
ファインダーに視力補正レンズを付けたら、やり易くなるのでしょうか。
あと数センチ前にピントが来ていたら萌え死にできるのに、って猫写真が沢山できてしまいました。
MFだとある程度は仕方ないんでしょうか。
上手いやり方があったら教えてください。

Aベストアンサー

50mm/F1.4開放、撮影距離2mだと、ピントが合う範囲は前後5cmあるかないか・・・という事はご存知ですか?要は「顔をアップで撮るならば、目にピントを合わせると鼻はピンボケ」なんですね。それほど「絞り開放」のピント合わせは難しいんです。

ですので、まずは「絞ること」=「被写界深度深くすること」です。ボケ味云々の前に「ピンボケ写真の量産」じゃあ、どうしようもありません。高感度フィルムを使い、ある程度絞り込んで(F4~5.6程度)撮影するようにして下さい。レンズ開放でのボケ味云々の話は「F4~5.6程度でちゃんとピントあった写真が必ず撮れるようになってから」の話です。

ピント合わせは「行って帰る」が基本です。ピントの「山」は裾野から徐々に行ったんじゃ分かりません。峠を越えて反対側まで降りてしまえば、どの辺が頂上だったかすぐに分かります。ですので、無限遠方向からリングを回して、ピントが合ってまた合わなくなるまでの「ピントリングの回転角」を覚え、その中間(正確に言うと中間よりやや無限遠より)まで戻すようにすればピント合わせが速く・正確になります。

更に猫や赤ちゃんなど、「気配を感じで動いてしまう被写体」の場合は、ピント合わせで追いかけている間にドンドン移動してしまいます。ですので先に「同距離の別の場所」でピントを合わせて置いて、構図を合わせたら即座にシャッターを切る、という方法で撮影して下さい(この方法だとF4位に絞っていないと上手く行かない事が多いというコトもあります)。それでも相手が動いているなら、ピントが動かさず、自分自身が動いて被写体との距離を一定に保って下さい。

自分自身が動いて被写体との距離を一定に保てる技術が身につけば、その「動いている間」に更にピントをきっちり合わせる余裕が出来ます。そうして初めて「絞り開放で猫が撮れる」んですよ。

50mm/F1.4開放、撮影距離2mだと、ピントが合う範囲は前後5cmあるかないか・・・という事はご存知ですか?要は「顔をアップで撮るならば、目にピントを合わせると鼻はピンボケ」なんですね。それほど「絞り開放」のピント合わせは難しいんです。

ですので、まずは「絞ること」=「被写界深度深くすること」です。ボケ味云々の前に「ピンボケ写真の量産」じゃあ、どうしようもありません。高感度フィルムを使い、ある程度絞り込んで(F4~5.6程度)撮影するようにして下さい。レンズ開放でのボケ味云々の話は「F4~...続きを読む

Q外れのLレンズってありますか?

EOS40Dを入手しました。このクラスならLレンズも価値があるような・・・

そこで質問です。

買ってはいけないLレンズがあればお教えください。

また、こんな中古レンズに手を出すな!があればそれもお願いします

Aベストアンサー

Lレンズを買うのなら

色々なネット店も含めて発売時期を見て買いましょう。

他の方の正式型番は分かりませんが
EF100~400mmISレンズは新製品が発表されたら、新しい方が良いに決まってます。

EF24~70mmと新型EF24~70mmIIなら新しい方が良いに決まってます。
 
EF70-200mm IS F2.8
EF70-200mmII IS F2.8
この2本を比べても
何が違うのか?と言われたら写真だけでは分かりませんが・・・
ファインダーをのぞいた時の見やすさや
写真をパソコンで拡大した時のピントがピッタリ合っていると人のまゆ毛一本一本が鮮明に出ていたりしてます。

レンズの場合
約10年周期なので
新製品発売から1~2年後までの製品なら外れもありませんし、次の新製品発売後の下取りも前の製品の方が期待が出来ます。


人気Q&Aランキング