人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

社員がサークルを作り、そこに会社から補助金を出すことになりました。
まだスタートしたばかりなので、今のところサークルは1つしかなく、
参加者も全社員の5分の1程度です。
今後サークル活動を盛んにしていきたいという狙いがあるようで、
いずれは半分~3分の2以上の社員が何らかのサークルに入るものと思われます。

ここで困ってしまったのがサークルに対して払う補助費の仕訳です。
現在はまだ社員の5分の1程度しか参加していないので、
福利厚生にするのはまずいだろうし、どのように処理したらよいか分かりません。

是非教えていただきたいと思います。
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

内部監査業務では、以下の点にて、福利厚生費の管理状況の確認を求めております。


同費用の支出は、従業員の福祉制度に対する会社としての適正な確認を求めているかのチェックを行い、また不正支出の改善を求めております。

「 従業員の福利厚生のための費用 」

法定福利費

 健康保険や厚生年金保険などにかかる費用で、労働基準法、健康保険法などの 社会立法に基づいた会社負担の社会保険料

法定外福利厚生費

 会社が独自に実施している以下の費用

1.厚生施設にかかる費用 
(社員食堂、社宅、独身寮、運動場、テニスコート、病院など会社所有施設の維持にかかる諸経費)

2.医療・保健費 
(健康診断または保養所などを利用する費用)

3.消耗品費 
(洗剤、ごみ袋、トイレットペーパー、制服などの購入費用)

4.社内の行事にかかる費用 
(運動会、社内旅行、忘年会、新年会、創立記念日式典、新社屋落成式などにかかる諸費用)

5.飲食代 
(お茶、コーヒー、砂糖、残業夕食代などにかかる費用)

6.社内の慶弔・禍福にかかる費用 
(従業員とその親族への香典、弔電、祝電、結婚祝、出産祝い、病気見舞いなどの慶弔・禍福にかかる費用)

7.その他 
(各種研修会費、ハイキング、ボーリング大会、またはクラブ活動の補助費用など)

お問い合わせの事項については、7のその他、各種研修会費用に該当します。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
福利厚生費の概念がとてもよく分かりました。
勉強になりました。ありがとうございました。

お礼日時:2007/03/28 11:46

製造業の会社で経理関係の仕事しております。



私の考え方では、福利厚生費でも大丈夫だと思いますよ。
会則か何かで、入会資格が一部の社員に限定されていては、
まずいですが、誰もが参加可能のサークルで、結果的に現在の
参加者が5分の1程度だと言うことであるならば、問題ない
のではないでしょうか?

会社によっては、福利厚生の為の施設を持っているところも
ありますが、そういう施設も実際、社員全員が利用している
とは限りませんよね。社員誰もが利用OKならば、その利用
に伴って発生する費用は施設の減価償却費除けば、原則、
福利厚生費で処理できますから、同じ理屈だと思いますよ。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
そうですね…そう言われると納得です。
助かりました。ありがとうございました。

お礼日時:2007/03/28 11:40

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q同好会規約つくりの手引き

 職場内でのリフレッシュを目的としたパークゴルフ同好会を立ち上げたいと考えています。今年中に規約等体制つくりをして来年雪解けを待って第一回のプレーをしたいと思っております。
 規約つくりのご指導よろしくお願いいたします。
 

Aベストアンサー

http://awaji-jc.sakura.ne.jp/2007/teikan_golf.html
淡路青年会議所ゴルフ同好会競技規約

http://www.kimitsu-lionsclub.org/golf.html
君津LCゴルフ同好会規約


上のサイトにある規約を参考にされてはいかがですか。
とても分かりやすくしっかりしています。

Qライセンス取得の経理処理について

市販ソフトと高額なCADソフトのライセンス取得について、経理処理が同じというのに疑問を感じたのでご相談します。

現在、市販のソフト及びCADソフトのライセンス料を支払手数料で処理されています。その根拠は、どちらもソフト代(物品)と見ているのではなくて、使用できる権利を買ったと考えておられるそうです。

しかし、CADソフトのライセンスは確かにものはなくインターネットで登録するだけのものなので、これから使用するのに掛かった登録手数料として、支払手数料でもいいと思います。
その反面、市販ソフトはパッケージの箱(CAD-ROM)が存在し、キット自体は数百円のものぐらいだと思いますが、それに数万のライセンス料(使用できる権利)が含まれていて、十数万の物品と見るべきかライセンスという権利手数料と見るべきか判断に悩んでいます。私は、事務消耗品費か雑費か少額資産あたりに該当するのではないかと思います。

みなさんは、どう経理処理されていますか?
また、基本的な考え方が記されているHPや税法が存在すれば、教えて下さい。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

ソフトウェアのライセンスは会計上、無形固定資産に分類されます。

この無形固定資産の言葉の意味の説明ですが、
固定資産とは、長期間にわたって使用または利用される資産のことをいいます。
そして無形は、文字どおり姿かたちがないものを意味します。

無形固定資産とされるものの具体例として、特許権や商標権、営業権などのいわゆる法的な権利(ライセンス)が無形固定資産として処理されます。

これらと同様に、ソフトウェアのライセンスは、長期間にわたって使用される権利(ライセンス)であり、かつ、かたちがないものであるので、当然、無形固定資産として処理されます。

したがって、税務上は1つのライセンスあたりの単価が10万円までなら支払手数料でも消耗品費でも雑費でもかまいません。勘定科目はその会社の判断で行うのが基本です。支払手数料で処理されているのならそのやり方を変えてはいけません。

10万円を超えるものは無形固定資産のソフトウェアとして処理することになります。中小企業であれば、30万円未満であれば少額減価償却資産の特例を使うことができます。

ソフトウェアのライセンスは会計上、無形固定資産に分類されます。

この無形固定資産の言葉の意味の説明ですが、
固定資産とは、長期間にわたって使用または利用される資産のことをいいます。
そして無形は、文字どおり姿かたちがないものを意味します。

無形固定資産とされるものの具体例として、特許権や商標権、営業権などのいわゆる法的な権利(ライセンス)が無形固定資産として処理されます。

これらと同様に、ソフトウェアのライセンスは、長期間にわたって使用される権利(ライセンス)であり...続きを読む

Q部活動の会計

部活動の会計をしているのですが、科目をどう設定していいのかわかりません。
簿記に出てくる科目を使用するのでしょうか?
それとも独自のわかりやすい科目を作っていいものなんでしょうか?
また参考になる文書があれば、どうか教えてください!

Aベストアンサー

何かのサークルの会計でしょうか。
簿記の勘定科目は全く必要ありません。
収入なら、会費、補助金、預金利子、雑収入、前年度繰越金などが主なものでしょう。
支出は、消耗品費、会議費、活動費、予備費など実態に合わせたわかりやすい名称をつけたらよいです。

Q親睦会補助金について

税金カテかこちらか迷ったのですが
経理に携わる方のご意見を伺いたく、投稿しました。

私の会社には親睦補助金というものがあります。
飲み会等の会費を会社が一部負担するというものです。
(上限2000円なのですが)
それについての質問です。

6月に会費5000円の新入社員歓迎会がありました。
いったん全額自己負担し後日、稟議書にて補助金の請求
という形になっています。

その、今回戻ってきた補助金の2000円ですが
7月分の給料に収入として加算されているのです。
(明細書には「その他調整」と書かれています)
経理の方も収入として加算したと言っています。

私としては、給料とは関係無く戻ってくるものと思っていたのですが。
収入として計算されると、年収もその分上がりますし
しかもその2000円には、6月・7月と税金が2度かかっている事に
なりませんか?
小額ですが、どうも腑に落ちないので質問させていただきました。
ご存知の方いらっしゃいましたら回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>飲み会等の会費を会社が一部負担するというものです…

そういう経済的利益は、給与と同等の扱いを受けます。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/gensen/2508.htm#a-2

>しかもその2000円には、6月・7月と税金が2度かかっている事に…

もらったのは 7月の一度だけでしょう。
なんで二重払いとお考えですか。

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm

Q社内行事に イベント補助金として 現金を支給しました。

社内行事に イベント補助金として 現金を支給しました。
勘定科目は福利厚生費で問題ないと思いますが 課税でしょうか? 非課税でしょうか?

Aベストアンサー

#1です。

ピントはずれの回答だったので書き直します。

社員に現金を渡す場合は、所得税法基本通達に、
(1)香典や見舞金は、社会通念上相当と認められるものについては、政令第30条の規定により課税しないものとする。(所得税法基本通達9-23)
(2)会社の規則に基づいて支給される結婚、出産の祝金で、社会通念上相当と認められるものについては、課税しなくて良い。(所得税法基本通達28-5)
とあります。

しかし、社員の慰安目的で行われるイベントやリクレーションのために現金を渡す場合は、社員の給与として課税されます。

Q住民票の発行手数料に消費税は課税?不課税?

住民票の発行手数料に消費税は課税でしょうか、それとも不課税でしょうか?また、印鑑証明書は同じくどちらでしょうか?教えてください。

Aベストアンサー

 こんにちは。

・税金の課税と言うのは、個人の財産を制限する最大の物ですから、すべて法令などで定めがあります(租税法令主義)。

・消費税法基本通達
 ご質問の件につきましては「消費税法基本通達」に、非課税の範囲として、次のとおり定めがあります。

(非課税となる行政手数料等の範囲等)
6 -5-1 国、地方公共団体、法別表第三に掲げる法人その他法令に基づき国若しくは地方公共団体の委託又は指定を受けた者が徴収する手数料等で法別表第一第5号イ及びロ《国、地方公共団体等が行う役務の提供》の規定により非課税となるのは、次のものであるから留意する。
(1)  法令(法律、政令、省令又は大臣告示のほか条例及び規則を含み、業務方法書又は定款等は含まない。以下6-5-2までにおいて同じ。)に基づいて行われる次に掲げる事務の手数料、特許料、申立料その他の料金(以下6-5-1において「手数料等」という。)で、その徴収について法令に根拠となる規定があるもの。
イ  登記、登録、特許、免許、許可、認可、承認、認定、確認及び指定
ロ  検査、検定、試験、審査及び講習(令第12条第1項第1号イからニまで《非課税となる国、地方公共団体等の役務の提供》に掲げる事務のいずれにも該当しないものを除く。)
ハ  証明(令第12条第1項第2号《非課税となる国、地方公共団体等の役務の提供》に掲げるものを除く。)
 (以下略)

・住民票は「ハ」に該当しますから、非課税ですね。

http://www.nta.go.jp/category/tutatu/kihon/kansetu/syouhi/06/05.htm

参考URL:http://www.nta.go.jp/category/tutatu/kihon/kansetu/syouhi/06/05.htm

 こんにちは。

・税金の課税と言うのは、個人の財産を制限する最大の物ですから、すべて法令などで定めがあります(租税法令主義)。

・消費税法基本通達
 ご質問の件につきましては「消費税法基本通達」に、非課税の範囲として、次のとおり定めがあります。

(非課税となる行政手数料等の範囲等)
6 -5-1 国、地方公共団体、法別表第三に掲げる法人その他法令に基づき国若しくは地方公共団体の委託又は指定を受けた者が徴収する手数料等で法別表第一第5号イ及びロ《国、地方公共団体等が行う役務...続きを読む

Q入社式の司会者用の台本

会社で、4月1日に入社式を行うため、
当日用に台本を作らなければなりません。
小さな会社なので毎年入社式を行っているわけではないので、
数年前の前任者(既に退職)が作成したものを参考にしているのですが、
「これでいいのか??」と思う部分があり、
詳しい方にご意見お伺いしたいです。
参加者は、新入社員と会社幹部、全従業員、新入社員の父兄で、
全員で40名程度です。

(1)開式・・開始時間になればみんな着席しているように
     段取りしていますが、いきなりはじめるのではなく、
     クッション的に何か言葉を挟みたいのですが、
     どういった言葉がいいのでしょうか?
     例えば、「お時間になりましたのではじめたいと思います」
     とか、変でしょうか?

(2)社長訓示・・社長に壇上から訓示をいただくのですが、
     司会者は、「社長訓示 代表取締役 ○○」とだけ
     言えばいいのですか?
     前任者のマニュアルには「社長、お願いします」と
     書いてありましたが、これはおかしいですよね?

(3)会社幹部の紹介・・司会者が「会社幹部の紹介を行います」と
     言った後、幹部の社員に向けて「幹部の皆様は
     恐れ入りますが、お名前を申し上げますので
     その場でご起立ください」と言うと
     マニュアルに書いてありました。
     新入社員の父兄も同席される中で、幹部とはいえ
     同じ会社の人間にそのような言葉遣いをするが
     正しいのでしょうか??
     間違っている場合、どのように言ったら良いですか?

(4)閉式の辞・・「以上をもちまして、平成21年度××会社入社式を
     終了いたします。」
     ⇒閉式の辞は『終了いたします』で正しいですか?

沢山ですみませんが、よろしくお願いします。

     

会社で、4月1日に入社式を行うため、
当日用に台本を作らなければなりません。
小さな会社なので毎年入社式を行っているわけではないので、
数年前の前任者(既に退職)が作成したものを参考にしているのですが、
「これでいいのか??」と思う部分があり、
詳しい方にご意見お伺いしたいです。
参加者は、新入社員と会社幹部、全従業員、新入社員の父兄で、
全員で40名程度です。

(1)開式・・開始時間になればみんな着席しているように
     段取りしていますが、いきなりはじめるのではなく、
...続きを読む

Aベストアンサー

(1)ひと声いれるといいですね。
(2)全体に向けて「社長訓示 代表取締役 ○○」
社長に向けて「社長、お願いします」です。
挨拶は義務ではなくお願いしてやってもらう形ですから。
(3)幹部を来賓と見るか、父兄を来賓と見るかによりますよね。
両方の顔を立てなければいけないので
「会社幹部の紹介を行います。名前を読み上げますので、呼ばれた方はご起立下さい。」
位にしておきましょうか。
(4)終了でもいいですし「閉式」「閉会」でもいいと思います。

形式上は社内の人間に敬称をつけるのは厳密に言えばおかしいですが
質問者様も社員である以上、先輩や上司の方への敬意も忘れないでくださいね。

Qシステム購入時の仕訳について

下記ような請求書からシステム購入の仕訳をしたいと思っています。
===================================
  ハードウェア        500万
  ソフトウェア         300万
  システム導入費用     200万
  ハードウェア保守パック 100万
  値引             100万
  請求額           1千万
====================================
  ハードウェアは[器具備品]、ソフトウェアは[ソフトウェア]の科目になると思うのですが、
  導入費用と保守パックはどういう扱いにすればよいのでしょうか?また値引の100万
  は器具備品、ソフトウェアの金額にどう反映すればよいのでしょうか?

  御教授お願いします。
  

Aベストアンサー

このうちでハードウェア保守パックは費用の前払的性格のもので他とは少し性格が違うように思います。

また全体で100万の値引きがありますがこれはそれぞれの元の金額から金額比で配分して値引きがあったものと考えます。

システム導入費用はその実際の作業の内容により判断し、ハードウェアとソフトウェアに配賦します。

たとえば見積もり工数などが出ているのならば、その工数比でハードとソフトに配分するなどです。それが出ていない場合は実際の作業記録をもらうなどをして、客観的な配分をされるのが良いと思います。

以上で値引きとシステム導入費用の配分をした後で、ハードウェアとソフトウェア、ハードウェア保守パックの3種類に分類して仕訳をします。
勘定科目はハードウェアは器具備品、ソフトウェアは無形固定資産に該当します。

この2つはどちらも適正な期間で減価償却をします。

ハードウェア保守パックは長期前払費用として、その保守の期間内で費用に振り替えていきます。

Q勤続年数の平均を求めたい時の関数

エクセルで会社の従業員の勤続年数とその平均を求めたいです。
勤続年数のセルに
=DATEDIF(A1,TODAY(),"y")&"年"&DATEDIF(A1,TODAY(),"ym")&"ケ月"
といれて勤続年数を出してます。
それで次に従業員の勤続年数の平均を出したいのですが、AVERAGEを使うとエラー#DIV/0!が出ます。
どうすれば勤続年数とその平均が求められますか?
どんな方法でも良いので教えて下さい!!非常に困ってます(ー_ー)!!

Aベストアンサー

そりゃそうでしょう。計算対象が文字列扱いのデータなんですから、
エラーが出てアタリマエ、平均値が計算できワケがないです。

ですので、勤続年数の「数値」を持つセルを別に作る必要があります。
当然年/月のままじゃダメで勤続延べ何ヶ月という「月」の値にする
必要があります。ということで、上記のセルとは別に、

=DATEDIF(A1,TODAY(),"y")*12+DATEDIF(A1,TODAY(),"ym")

こうすれば、勤続延べ何ヶ月の数字が出てきます。この式を含むセル
についてAVARAGE関数で平均を取ってください。

で、出てくるのは勤続延べ何ヶ月ですから、こいつを12で割って「年」
余りを「月」にする必要があります。平均月が出たセルをB1として、

="平均"&INT(B1/12)&"年"&(B1-INT(B1/12)*12)&"ケ月"

こんな感じで表示できるはずです。
キモは「計算に使うセルと表示するセルを分ける」ということです。

計算に使うセルが表示上邪魔な場合は「書式」「列」「表示しない」
などで表示上隠す方法と、AA1~などの極端に離れたセルに記入して
おく方法などがあります。

そりゃそうでしょう。計算対象が文字列扱いのデータなんですから、
エラーが出てアタリマエ、平均値が計算できワケがないです。

ですので、勤続年数の「数値」を持つセルを別に作る必要があります。
当然年/月のままじゃダメで勤続延べ何ヶ月という「月」の値にする
必要があります。ということで、上記のセルとは別に、

=DATEDIF(A1,TODAY(),"y")*12+DATEDIF(A1,TODAY(),"ym")

こうすれば、勤続延べ何ヶ月の数字が出てきます。この式を含むセル
についてAVARAGE関数で平均を取ってください。

で...続きを読む

Q異業種交流会やビジネス交流会 参加費の勘定科目

異業種交流会やビジネス交流会に参加したときに発生する参加費は、会計上どのような勘定科目にするのがよいのでしょうか?
交流会の中身は、名刺交換や事業発表、時にはセミナーなどもあります。

会議費でしょうか?
採用教育費でしょうか?
広告宣伝費でしょうか?
販売促進費でしょうか?
それとも、それ以外の科目でしょうか?

他の方がどのように処理をしているのかが知りたいと思っています。
絶対的な正解はないのかもしれませんが、いろいろなご意見も聞ければと思っています。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>絶対的な正解はないのかもしれませんが、

記載された内容から、税法上の損金であろうと思われますので、会計上の基準
だけの問題ですから、御社にとって(質問者さんにとって)管理の都合の良い
勘定で計上してください。
しかし、これでは参考になりませんので下記を参考にしてください。

 会費
  何らかの”会”が主催する場合は、会費を支払って出席する事になります。
  (当社であれば、この勘定を使用します。業界団体や親睦会もこの勘定で
   処理しています)
 広告宣伝費
  御社を宣伝するために出席されるのが主たる目的であればこの勘定が妥当
  だと思われます。
 販売促進費
  御社の特定商品の販売の為に出席されるのであれば、この勘定が妥当だと
  思われます。
 会議費
  会議の体裁をとっているのであれば問題ないと思います。しかし社内の会
  議費用と一緒になってしまいますので、注意が必要です。
 交際費
  税法上損金とならないものは、内容に関わらずこの勘定を使用すると、
  申告時に便利です。
 雑費
  この費用の金額的重要性が低く、頻度も極めて低いのであれば、あえて管
  理する必要はありません。管理する必然性のない勘定は雑費で処理します。

>絶対的な正解はないのかもしれませんが、

記載された内容から、税法上の損金であろうと思われますので、会計上の基準
だけの問題ですから、御社にとって(質問者さんにとって)管理の都合の良い
勘定で計上してください。
しかし、これでは参考になりませんので下記を参考にしてください。

 会費
  何らかの”会”が主催する場合は、会費を支払って出席する事になります。
  (当社であれば、この勘定を使用します。業界団体や親睦会もこの勘定で
   処理しています)
 広告宣伝費
  御社...続きを読む


人気Q&Aランキング