今、振動に関する卒論を書いています。私はFFTを用いて実験したのですが、教授からほかの振動解析方法も載せろといわれ困っています。
本にもFFTの使い勝手がよく、ほかのものが紹介されていません。
(この質問は理論にあたります。集計装置や器具ではありません。)
誰か知っている人がいらっしゃれば、教えてくださいますよう、お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

フリーのScilab+Xcosにフリーのウェーブレットツールボックスを追加すると良いでしょう。



計測用のビジュアル言語LabViewのクローンと言われるフリーウェアは存在するのかわかりません。
    • good
    • 0

締切が迫っているからこそ、いまさら多重解像度解析(或いはWavelet解析)だ、カルマンフィルターだ、いーや確率積分だ、って新しい勉強をいちから追加しろとは仰らないと思うんですよ。

これらは簡単に調べて序論や考察にくっつけると共に、各目的における解析法の選択、ってことでしっかりした考察を追加されてはどうでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

仰る通りです。何も意見することはございません.
少なくとも一度は目を通しておきます。
御意見、有難うございました。

お礼日時:2001/01/17 16:49

 ウェーブレット変換というのはいかがでしょうか。


 信号を時間幅有限のマザーウェーブレットの重ね合わせで表す手法です。周波数分析ではフーリエ変換が定番ですが、信号を正弦波の重ね合わせで表わすために、急激な変化点の解析には不向きですし、時間方向の情報は得られません。
 ウェーブレット変換では、周波数と時間の分析が可能です。音声信号や画像信号の分析に利用されたりします。概略は参考URLを参照してください。また成書もありますので、書店で探してください。

参考URL:http://krmctst8.tmit.ac.jp/hori/1.html
    • good
    • 0

教授の仰りたい雰囲気を察しますと...


stomachmanがそういう助言をするとすれば、意味するところは:
手段と目的が逆転なさってるのでは?つまり実践に於いて、何の目的で振動を測ったり調べたりするのか。振動といえばFFT、そんなに単純じゃない。その目的に合ったやり方でなくては駄目だということです。
たとえばとても壊れやすいものを保護するのが目的だとする。波形を周波数成分にわけたら、たとえば最大振幅、最大加速度は見えなくなってしまう。ある閾値以上のGがかかる頻度、危険率というのも分かりません。
こういう時には、波形から必要な統計を引き出して分析すれば良いわけで、技法としてはFFTよりむしろ初等的ですが、実用では重要です。だから、FFTとこれらの関係を理論的に論じればもっと良いですね。

でも「FFTだけじゃつまらん。もっと新しい多重解像度解析ぐらい勉強しろ。」そう仰っている可能性もありますね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

stomachmanさん、どうも有り難うございました。
確か貴方も、私の質問に答えてくださるのは二回目ではないでしょうか?
(間違っていたらすみません。)
貴方の言う通り、自分が何をやっているのかこんがらがっているのは確かです。
指摘されている?勉強不足も確かなことです。しかし、卒論提出まで後僅かなのであせってばかりの状況です。
頭を冷やす、よいメールをどうも有り難うございました。
感謝しています。

お礼日時:2001/01/17 13:50

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q入力の振動数と、固有振動数と、出力の振動数の関係

入力の振動数をf1
振動体の固有振動数をf0
出力の振動数をf2とすると

振動体が自由振動をするときの
この3つの振動数の関係を教えてもらえないでしょうか?お願いします

Aベストアンサー

自由振動する場合振動体は固有振動数で振動するので出力振動数は一定だと思います。すなわち常にf0=f2

先の回答者も述べていますが、問題が間違っているような気がします。それとも自由振動の意味を問う引っかけ問題なのかな?

入力振動数が関係するなら自由振動ではなく強制振動ということになりますので問題としておかしいです。

自由振動の問題ではなく強制振動の問題なら入力振動と固有振動の関係によって、振幅がどうなるかを問う問題になるのが普通ではないでしょうか?

例えば入力振動数をf1、振動体の固有振動数をf0、入力に対する出力の振幅比をf2とした場合の関係などと

参考までにこの場合、減衰がないとすると、関係がわかるのは(共振曲線などで検索すると出てきます)
f1=f0のとき出力振幅=∞
f1<<f0(f1が極めてf0に比べて小さいとき) f2=1
f1/f0=√2のときf2=1
f1/f0>√2のときf2<1

こんなことを共振曲線を説明させたかったのに、出題ミスをしてしまったような気がします。

Q一自由度系の強制振動の理論値

質量Mの物体がx1=a*sin(ωt)の運動が与えられていて、ばね定数k、減衰係数をcとしたとき、運動方程式、
.. .
Mx +cx +kx=a{k*sin(ωt)+cω*cos(ωt)
となります。この方程式から解を求めると理論振幅比が

√((k^2+(cω)^2)/((k-Mω^2)^2+(cω)^2))
となり、また理論位相差は、

Φ=tan-1(cω/(k-Mω^2))
というようになるらしいのです。
いくら値をはめてもおかしな値になります。
この式は正しいのでしょうか?

ちなみにω=2*π*f (fは振動数)
c=2√Mk
でExcelを使って計算しています。

Aベストアンサー

運動方程式の { が閉じていないですが、これは本質的でないですね。

亘理厚著「機会振動」109ページにある式と比較してみましたが、式はあっていると思います。

TAN-1はアークタンジェントです。EXCELだとATANという関数を使うものだと思いますが、これを間違っていませんか?

Q振動ストレス耐久実験

ある試料に所定の時間,所定の振動をかけての
耐久性を確認したかったのですが

振動装置への設定をミスしてしまい
かけたかった振動加速度より低い加速度で
所定時間実験してしまいました。
具体的には
振動数の設定は,正しかったのですが
加速度が15%小さかった。
(振幅も小さかったということになると思います)
これで,本来やりたかった所定時間の実験を終えました。

この15%小さい加速度設定のまま
時間を15%分だけ,このあと追加して実験すれば,
本来やりたかった負荷に対する耐久性が
見れることになりますか?

あるいは,何かよい方法はないでしょうか?
(新規試料で新たに実験するのでなく,
今からの追加的な方策で)

振動物理や耐久性などに少し知見が乏しいです。
どなたか,お知恵をください。

Aベストアンサー

15%振動の加速度が小さいということは物体にかかる最大負荷も15%小さかったということです。
確かに時間を15%伸ばせば加えた力積の大きさは等しくなりますが、それと並行して問題となるのは、やはり最大負荷が加えられたときに耐えうるかどうかでしょう。
したがって時間を15%延長させてもあまり意味がないと思います。
これだけのデータでは、あと15%大きい力を加えた時に耐久性に問題がでないかどうかは分かりません。

Q弦理論やM理論を究極的には点粒子理論に還元できないか

弦理論やM理論で紐や膜は,素となるものとして,扱われていますが,振動モードや結合や切断といったパラメータを取ることから,
究極的には,紐や膜はそれらを構成する点の集まりから成っていると捉えると
素は点粒子から成っていると考えることが出来ないだろうかと思います。
そして,この場合,理論の(唯一の)パラメータは点が他の点に及ぼす作用と考えます。
その作用の有り様から紐や膜を作るような結合力ができるようになっているのだと解釈することは出来ないでしょうか
(* これらの理論に関して,全くの素人なので,素朴な疑問として浮かびました)

それから,これも素人の勝手な想像ですが,理論物理の発展過程において,
古典論 → 相対論,量子論 → ヒモ理論 を説明する一つの考え方として,
主観時空と客観時空という概念を用いて,説明することが出来ないかと思います。

古典論 では、… 主観時空を客観視していたことにより精度の限界があった
相対論 では、… 主観時空を客観視したままになっている。
古典論と比較できるところは,主観時空の全体的構造を捉えるようになったこと
量子論 では、… 主観時空を主観視することができるようになった
ヒモ理論 では、… 客観時空を捉えるようになった

というようなことを考えることはできないでしょうか?

弦理論やM理論で紐や膜は,素となるものとして,扱われていますが,振動モードや結合や切断といったパラメータを取ることから,
究極的には,紐や膜はそれらを構成する点の集まりから成っていると捉えると
素は点粒子から成っていると考えることが出来ないだろうかと思います。
そして,この場合,理論の(唯一の)パラメータは点が他の点に及ぼす作用と考えます。
その作用の有り様から紐や膜を作るような結合力ができるようになっているのだと解釈することは出来ないでしょうか
(* これらの理論に関して,全くの素人...続きを読む

Aベストアンサー

>紐や膜が振動する以上、それらは剛体とはいえないので

結論はまだ出ていないことですが、こうゆうことです。
1)プランク長以下の世界は直接観測されておらず、
  観測にかかる範囲だと、ヒモは振動と回転を
  もった存在のように見えること。
  
 *電子のスピンが電子が実際に回転しているというのと
  は違うというのと同じです。
(発端は1968年のベネチアーノの有名な論文です。)


2)ヒモは硬い時空を背景として定義してあるだけで、
  空間とヒモや膜との繋がりがよく分かっていない。
  ヒモが振動している空間(背景)があるわけで、
  ヒモだけで空間を表現する方法が確立されていない。

  これについては、ロジャーペンローズの
  スピンネットワークという理論をベースにした
  ループ量子重力理論を応用する方法に期待が持たれて
  いる。
  スピンネットワークはスピン(回転)という
  物理量をもとにして、空間を定義する方法で、
  これをヒモの回転成分に応用できれば、ヒモから
  時空の状態が定義できる可能性がある。

  ニュートン力学のように、まず暗黙のうちに
  空間、あるいは固定した空間座標があると
  して、運動を定義していくのではなく、
  物理量がまずあって、そこから空間が決まって
  いくというもの。
  物体の運動によって空間が歪むとする相対性理論
  で、すでに運動が空間を変化させることが分かった
  が、スピンネットワークではさらに一歩進んで
  運動がなければ空間もないという考え。
  物質の間の関係だけを考えたのが、相対性理論で
  この相対性が物質と空間の間にもあるというもので、
  この考えの発端は、アインシュタインが相対性理論
  の論文の冒頭で引用した、エルンストマッハの
  回転の相対性についての考え方。

>紐や膜が振動する以上、それらは剛体とはいえないので

結論はまだ出ていないことですが、こうゆうことです。
1)プランク長以下の世界は直接観測されておらず、
  観測にかかる範囲だと、ヒモは振動と回転を
  もった存在のように見えること。
  
 *電子のスピンが電子が実際に回転しているというのと
  は違うというのと同じです。
(発端は1968年のベネチアーノの有名な論文です。)


2)ヒモは硬い時空を背景として定義してあるだけで、
  空間とヒモや膜との繋がりがよく...続きを読む

Q熱電対の特性の理論値と実験値について

クロメル-アルメル熱電対の温度を変化させ、それに対する熱起電力を測定しました。そのとき熱電対の基準接点温度を0[℃]にしようしましたが、結局そうならず約2[℃]あたりで測定しました。そして、各温度で測定した熱起電力と、基準接点温度のずれを補正したクロメル-アルメル熱電対の熱起電力:IEC規格(理論値)に差が生じました。読み取り誤差とは考えられないほど大きかったので(約-1.0[mV])、何らかの原因があると思うのですがよく分かりませんでした。どのような原因でそのようにずれたのか、どなたか教えてください。お願いいたします。

Aベストアンサー

1mVと言うと、ほぼ室温(25℃前後)
温度補償の方法に誤りがあったと思われます。
再度実験方法を確認してください。


度---クロメル--・---銅線---電圧計(+)
測---アルメル--・---銅線---電圧計(-)

(・は0度補償のポイント)

まさかとは思いますが、上のように接続せず、銅の部分を補償導線で接続していませんか?


人気Q&Aランキング

おすすめ情報