植物のクロロフィルをアルカリ処理してクロロフィリンにする処理がよく行われていますが、クロロフィリンの方がクロロフィルよりも体によいのでしょうか?

A 回答 (3件)

追加情報です。


1.http://www.chloro.co.jp/suppliqa.htm#010
(鉄クロロフィリンナトリウムと銅クロロフィリンナトリウムの違いは? )
2.http://www.adams-jp.com/faq.htm
(クロレッツに入っている銅クロロフィリンって何?)
これは、benjaminさんの回答にありますね。
3.http://www.nabelin.co.jp/Hfoods/hsub4e/hsub4e.htm
(主要食品添加物使用基準)
4.http://www2.nsknet.or.jp/~koyasu/iyaku/OTC/ityou …
(含有成分の薬理作用、副作用など)
5.http://www.pharm.okayama-u.ac.jp/doc/lab/hinka/t …
(抗変異原物質の検索と抑制機構研究)
6.http://www.tiaraonline.com/backnumber/m100826/00 …
(ササヘルスで治す)
7.http://wwwinfo.ncc.go.jp/NCC-CIS/pub/events/0sj/ …
(日常生活におけるがん予防の現実性)
国立がんセンターのHPです。

ご参考まで。
    • good
    • 0

以下のサイトは参考になりますでしょうか?


1.http://www.mhlw.go.jp/search/mhlwj/mhw/shingi/s0 …
(ダイオキシン類健康影響評価特別部会議事録)
=============================
銅クロロフィリンという物質がダイオキシン類の排泄を促進する効果もつことが以前に報告されておりましたが
============================
2.http://www.mhlw.go.jp/search/mhlwj/mhw/other/top …
(粘膜微小循環改善作用;粘膜保護効果 +制酸効果;抗コリン+粘膜増強+粘液分泌+粘膜修復+酸中和作用)

ご参考まで。
    • good
    • 0

クロロフィルは葉緑素ですが、これは緑色の植物(たとえばホウレン草)から抽出されるのはよく知られている通りです。

ただこれをそのまま使用すると、色が暗く、経時的にも不安定なので、クロロフィル分子中の金属(マグネシウム)を化学的に銅に置換して、安定した鮮やかな緑色にします。また、この銅クロロフィリンは、悪臭を吸着する効果があり、消臭に関する研究も多数報告されているようです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

的確ですばらしいお答えありがとうございました。

お礼日時:2001/01/19 10:13

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ