グッドデザイン賞を受賞したウォーターサーバー >>

波動関数の確率密度は、波動関数が実数なら常に0になります。ということは
実数の波動関数(たとえば1次元のポテンシャル無限大の井戸型ポテンシャルなど)は必ず定常波を作ると解釈してもよいのでしょうか。どなたかアドバイスお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

>束縛状態に縮退がないことと波動関数が実数であることのつながり



  ψが固有値EのSchrödinger方程式の解であるとき、その複素共役ψ*も固有値Eの解になります。つまり波動関数が複素数の場合にはψとψ*は縮退していることになります。従って縮退がないなら波動関数は実数でなければなりません。

>1次元以外でも波動関数が実数になることはあるのでしょうか。

  これはいろいろあります。
  要するに縮退がなければ波動関数は実数です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

解答ありがとうございます。たしかにそうですね、よくわかりました。

お礼日時:2007/06/05 18:31

>波動関数の確率密度は、波動関数が実数なら常に0になります。



質問文から察するに、
「確率密度の"流れ"が零になる」
ということだと思うので、それについてお答えします。

仰るとおり、必ず定常波を作ることになります。
一般に

 一次元の束縛状態は縮退が無い
→波動関数は実数
→確率密度流(フラックス)は零

ということが言えます。
そもそも一次元の束縛状態においては"流れ"を作り出すことは出来ませんので、(一次元の箱の中に流れを作り出せるかどうか想像してみて下さい)この結果は当然なものです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

解答ありがとうございます。ところで束縛状態に縮退がないことと波動関数が
実数であることのつながりがわかりません。また1次元以外でも波動関数が実数になることはあるのでしょうか。

お礼日時:2007/06/03 19:46

このQ&Aに関連する人気のQ&A

確率 関数」に関するQ&A: FP3級を独学で

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q確率の流れ密度について

透過率や反射率を考える際、確率の流れ密度をいちいち計算せず、波動関数の係数部分で求められるので、確率の流れ密度を導入する意義がいまいちよくわかりません。どなたかご教授願います。

Aベストアンサー

波動関数がe^{±ikx}のときにたまたまそうなるということですね。
トンネル効果を扱う箱型ポテンシャルの箱の中を一度計算してみるといいですよ。
波動関数(あるいは確率密度)はほぼ指数関数で減衰していきますが、
流れの密度は一定で透過側に等しいという結果になります。

Q平面波について

初歩的な質問ですみません。
何故平面波は
       → →
   exp(-i k・x) で表せるのでしょうか??
      
平面の方程式から
   
     → →
     k・x=kx_0+ky_0+kz_0

と表せるのは分かります。
              →
このkx_0+ky_0+kz_0は波数とr_0の内積ですが、この値は一体何を表すのでしょうか??
    →
ここでr_0=(x_0,y_0,z_0)とし、平面上にある一点と原点を結ぶベクトルを表します。

Aベストアンサー

式から分かるとおり、k・xはその波の位相を表します。

位相が同じ値をもつ点を集めればそれが等位相面になります。このケースの位相はk・xですので、

k・x=一定

という平面の方程式を解くことになりますが、その解はベクトルkと直交する平面です。したがって、exp(-i k・x) は等位相面が平面である波、平面波を表します。

Q無限に長い円筒の側面上に電荷が一様な面密度

半径Rの無限に長い円筒の側面上に電荷が一様な面密度σで分布しているとき、ガウスの法則を用いて生じた電場を求めよ。

以下参考書の解説
 閉曲面Sとして、電荷の分布する円筒と同軸の半径r、長さLの円筒面を選ぶ。Sについての電場Eの面積分はE2πrL
 Sの内部に含まれる電荷はr<Rのとき0、r >Rのときσ2πRL
 よって、ガウスの法則より、E=0(r<R)、σR/εr(r >R)

なぜ、Sの内部に含まれる電荷はr >Rのときσ2πRLなんですか?
なぜ、E=σR/εr(r >R)なんですか?

詳しい解説お願いします。

Aベストアンサー

>Sの内部に含まれる電荷はr >Rのときσ2πRLなんですか?

問題の定義どおりです。

面密度 x 円筒の表面積 = σ x 2πRL

>なぜ、E=σR/εr(r >R)なんですか?

ガウスの法則から

電場=電荷量/(ε局面Sの側面積) = σ x 2πRL/(ε2πrL)=σR/(εr)

Qexcelの近似曲線について

近似曲線がデータプロット上を通る場合、そのデータプロットの上を近似曲線が通ってしまうんですが・・・・意味通じるでしょうか・・。データプロットの上を近似曲線が通る場合、団子にささった串のようになかの棒が見えないようにしたいのです。マーカーの色を色々変えてみたりしたのですが、駄目でした。 説明が足りないかもしれませんが、指摘してもらえれば補足しますので、わかる人がいましたらよろしくお願いします。

Aベストアンサー

手間がかかりますが、これでできるようです。

(1)データーをマーカーで入力して
自動で近似曲線とその式を書かせる
(2)式を利用してその近似曲線と同じ線を描くような
データをワークシートに作る。
(3)近似曲線を消して(2)で作ったデータを線として
グラフにプロットする。

曲線で近似した場合は(2)で点を多く取らないと
カクカクしてしまうと思います。

Qフェロセンの合成

こんにちは。
この前、化学実験でフェロセンの昇華精製の実験をしました。
そして課題が出されたのですが、調べてもわからないことがあったので質問させてください。
その課題というのは・・・
フェロセンの合成について反応式を使って説明せよ、とのことでした。
フェロセンの合成の手順は資料に明記してあったのですが、反応式がわかりませんでした。
一応その合成の手順を書いておきます。
(1)dicyclopentadieneを熱分解しながら常温で液体のcyclopentadieneを集める。
(2)1,2-dimethoxyethaneを溶媒として、cyclopentadieneと水酸化カリウムを反応させる。
(3)無水塩化鉄(II)のDMSO溶液を調整する。
(4)(2)と(3)の溶液を混合する。
(5)水を添加し、析出したフェロセンの黄色微結晶をとる。
(6)昇華精製する。
わからなかったところは(2)以降です。
できれば教えていただきたいのですが、もしこの合成法が載っている本やサイトがありましたら、教えてください。
よろしくお願いします。

こんにちは。
この前、化学実験でフェロセンの昇華精製の実験をしました。
そして課題が出されたのですが、調べてもわからないことがあったので質問させてください。
その課題というのは・・・
フェロセンの合成について反応式を使って説明せよ、とのことでした。
フェロセンの合成の手順は資料に明記してあったのですが、反応式がわかりませんでした。
一応その合成の手順を書いておきます。
(1)dicyclopentadieneを熱分解しながら常温で液体のcyclopentadieneを集める。
(2)1,2-dimethoxyethaneを溶媒と...続きを読む

Aベストアンサー

あまり自信はないですが式は
(2)C5H6+KOH→[C5H5]^- K^+ +H2O
(4)2[C5H5]^-K^+ +FeCl2→Fe(C5H5)2+2KCl
かと思われます
ポイントとしては
(2)で塩基がシクロペンタジエニンの水素を引き抜き
[cyclopentadienyl]^- K^+ と H2Oになり、
(このとき五員環炭素上には孤立電子対が存在し、共鳴しているようなアニオンをつくるはずです)
(3)無水塩化鉄(II)のDMSO溶液を調整
これはとりあえず非溶媒を用いて反応に水が入らない溶液にしているだけかと思われます
(多分実験自体も空気中ではやらなかったのではないかと思いますが)
(4)でシクロペンタジエニル基のπ軌道と鉄の間に結合が生成
(5)フェロセンは水に不溶なので水を加えて析出
(6)常圧では融点よりもかなり低い温度で昇華するので昇華により精製

と言ったところかと思います
以前やった実験を思い返しながら書きましたが
違うところがありましたらスイマセン

Q確率密度

波動関数をΨ(r)として、確率密度が|Ψ(r)|^2としてあらわせるのはなぜなんでしょうか。

また、確率密度とは確率を面積で表したものと書いてあったのですが、なぜなんでしょうか。解答よろしくお願いします。

(少し前に似たような質問を投稿させていただいたんですが、聞きたいことを書き忘れてしまい再度投稿させてもらいました。すみません。)

Aベストアンサー

> 波動関数をΨ(r)として、確率密度が|Ψ(r)|^2としてあらわせるのはなぜなんでしょうか。

波動関数というものを考えたら,そうなっていたというだけ.
なぜも何もなく,そういう性質があったというだけのこと.
なぜそうなのかは,自然がそうなっているという以上の答はない.

> 確率密度とは確率を面積で表したものと書いてあったのですが、なぜなんでしょうか。

その説明はおかしい.
3次元空間における確率密度とは,微小体積素片中に見出す確率.
これは定義.
有限の範囲に見出す確率は,確率密度をその空間内で積分することによって得られる.


人気Q&Aランキング