ちょっと変わったマニアな作品が集結

教えてください!
dBμV/mとdBμVはどういう関連があるのでしょうか?
また、数値的に換算できるのでしょうか?
dBμV/mをdBmに換算するにはどのように計算すればよいのでしょうか?
仕事上知りたいのですが理系ではない自分は理解できません・・・
どなたかお教えください!!!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

DB 変換」に関するQ&A: dB dBuV変換

A 回答 (4件)

dBμV/mは電界強度です 空間の電波の強さを示します /m 1mあたりを意味します



dBμVは電圧です 1μVを基準にしたときの電圧です
20dBμV であれば 10μV になります

dBμV/m と dBμV は 他の条件を仮定しないと換算できません

なお dBm は1mWの電力を基準にした電力を示します 負荷抵抗・インピーダンスを仮定すれば 電圧としても求められます
    • good
    • 1
この回答へのお礼

御礼が遅くなって申し訳ありません。
大変参考になりました。おかげで仕事も無事に済みました。
どうもありがとうございました。

お礼日時:2007/06/12 08:30

皆さんの回答でいいのですが,補足を


dBμV/mは電界強度でありdBμVは電圧です.
高周波で一般的な伝送路の特性インピーダンスを50Ωとすると,dBm=>dBμVは終端値の場合107dBを加えれば求まります.(開放値では113dBを加える.また特性インピーダンスが50Ωで無い場合は,電圧と電力の関係から求めなおす必要があります.)
dBμV/mからdBμVに変換する場合はアンテナの実効長を掛けて変換をします.この値は周波数とアンテナの特性によって決まる値です.
    • good
    • 1
この回答へのお礼

御礼が遅くなって申し訳ありません。
大変参考になりました。おかげで仕事も無事に済みました。
どうもありがとうございました。

お礼日時:2007/06/12 08:29

電波関係の仕事なら同じ様な業種かと思いますが・・・


dBμV/mとdBμVについては前者は電界強度の単位、後者は1μVを基準とした単位という違いが有りますが、しばしば前者の省略形として後者が使われる事があります。

換算についても現場では混同して使われることが多いのですが#1さんの参考サイトにも出てきます107とか113の数字を使用します。
この変換が必要なのは送信電力dBmが減衰dBを受けて受信側で何dBμVに成るかという場合であるとすると
受信側が50Ω解放の場合 dBm+113=dBμV
50Ω終端の場合 dBm+107=dBμV

同じ様な計算をしている事例が有ればそれと上記の数字107、113を参考にしてみて下さい。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

御礼が遅くなって申し訳ありません。
大変参考になりました。おかげで仕事も無事に済みました。
どうもありがとうございました。

お礼日時:2007/06/12 08:30

ベル (B) は二つの量(電力 P1 と P2)の相対比に対応する値を指示します。


 Log(P2/P1) = Log(10) = 1 B =10 dB

実用上、相対値の基準(P1)を明示したいときに使われるのが dBm などです。たとえば、
 10 dBm
と表示することにより、基準(P1)= 1 mW とし、それより 10 dB = 10 倍に相当する 10 mW であることを明示できます。

dB のあとにつける基準が省略記号なので、門外漢にはとっつきにくいのが難点。
 m : mW (ミリワット)
といったあんばいで、使う機会のない限り覚えきれません。
下記ページにいくつか例示されてますけど、ほかにも乱造されてるようです。

絶対値の算定は「定義からの逆算」になります。

----------------------------------------------
 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%87%E3%82%B7% …
>絶対値としてのデシベル
    • good
    • 0
この回答へのお礼

御礼が遅くなって申し訳ありません。
大変参考になりました。おかげで仕事も無事に済みました。
どうもありがとうございました。

お礼日時:2007/06/12 08:30

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QdBm→dBμV/mの換算について

-54dBmをdBμV/mに換算するといくつになるのでしょうか?
89.2dBμV/m=250μW と教えられました。
これから上記値(-54dBm)をdBμV/mに換算したいのですがやり方がわかりません(><)
すでに投稿されている質問に対する回答も参考にしようとしたのですが、頭が悪いため良く分からず、重複した質問になってしまうかも知れませんが、改めて質問させていただきました。
分かる方、ご教授お願いいたします。

Aベストアンサー

89.2dBuV/mが250uWなら、-54dBmは41.22dBuV/mですね。
-54dBm=3.98nW=0.00398uW で、10*log10(0.00398/250)=-47.98dB
よって、89.2dBuV/m - 47.98dB = 41.22dBuV/m

-54dBmという数字に妙に見覚えがあるのですが、もしかして副次発射規定ですか?
いや、気になったもので。
これは無線工学の話ですので、科学あたりでの質問が適切でしょうね。

Q56.84dBuVをuVに変換したいのです。

お疲れさまです。

電波について初心者です。ご指導頂けないでしょうか
微弱電波の基準に、3mで500uVと言う基準があるのですが、
機械で測定した結果、56.84dBuVと言う結果がでました。この
数値は、何uVになるのでしょうか?

計算式を教えて頂けないでしょうか

Aベストアンサー

電界強度(電圧)ですので
20log10X=56.84

log10X=56.84/20=2.842

X=10^2.842=695.0243μV

最後の部分はwindowsのアクセサリーの関数電卓で

10 x^y 2.842 = と打てば出ます。

なお蛇足ですが法規は500μV/m となっています。

QdBm → V の変換方法

dBmをVに変換したいのですが、
以下の方法で正しいかどうかを見ていただけませんでしょうか?
もし間違っていたらご指摘の方をどうかよろしくお願いします。。。

※ちなみに50Ω系です。
(例)
「6.50dBm」→「?V」の場合

10log( P / 1mW )= 6.50
よって P=4.467mW
V^2=PR から、
V^2 =4.467*((10)^-3)*50
V ≒ 0.4726 

これは正しい計算方法ですか?

また、2つめの質問になってしまうのですが、
出てきた0.4726Vという値は0 to Peakなのでしょうか?
それともPeak to Peakになるのでしょうか。

皆様からのご回答をお待ちしております。。。

Aベストアンサー

計算は正しいです。
電力が1mWから6.5dBm(4.47mW)になる、つまり4.47倍の時
電圧は√(4.47)倍になります。つまり0.224V×√(4.47)=0.47V

Q電界強度の変換方法

電界強度の変換についてお伺い致します。
dBuV/m → dBm への変換方法を分かり易く教えて下さい。
例えば 114dBuV は 何dBm でしょうか?

あと、V/m → dBuV/m の変換は可能でしょうか?
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

先のURLのdBuV/m の項目に載っております計算式から

 500mV/m=113.9794dBuV/m
 1.6mV/m=64.0824dBuV/m

dBの部分はあくまでも比率を表します dBuは1uV/mを基準に何倍あるかです 且つ電界(V/m)のみ扱います

/mを取れば電圧になります この場合はdBuV で受信機等で使われます これは1uVを基準に何倍あるか?です

dBm は電界又は電圧ではなく 1mW(パワー)を基準に何倍あるかです インピーダンスが定義されておれば電圧が求められます 送受信機等では定義されており 50Ωか75Ωが標準です
従いましてV/m → dBuV/m の換算は出来ませんが dBuV → dBmに換算可能です

インピーダンスが何Ωで電圧が何uVなら何mWと計算出来ますので換算出来る訳です
例えば50Ωで 0dbuV=-117dbm だったかな? この位です

QdB dBuV変換

すいません。
dBとdBuVの変換式を教えていただけないでしょうか?
例えば、6.0dBuVは何dBになるでしょうか??

Aベストアンサー

dB は、比率を表す場合が多いのですが、
例えば、ADSLの契約で「お宅は40dBをこえてますから、ちょっと、、、」
という言い方をします。
-40dBは、1/10000 です。
しかし、電界強度の1dBは、1mV/m です。
また、単に 1mV を 1dB ということもあります。
(と、記憶しています)
で、mVとμVの比は、1000=10^3=30dB です。
したがって、1mV を 1dB とすれば、1μVは、-30dB です。

QμV/mへの変換につきましてご教授お願い申し上げます。

μV/mへの変換につきましてご教授お願い申し上げます。
ある無線装置のμV/mを尋ねたところμV/mではない回答がありました
(3mの距離での値とのことです)
これはμV/mに変換できますでしょうか
なにとぞよろしくお願い申し上げます。
Frequency Reading Level (dBuV) Antenna Polarization Correction Factor (dB)
433.85       -23.89             V           2.45
434.05       -15.94             H           2.59

Emission Level    Limit (mW)     Margin (mW)
(dBm)  (mW)
-21.44  0.00718     10         -9.99282
-13.35  0.04624     10         -9.95376

なにとぞよろしくお願い申し上げます。

Aベストアンサー

3m法でのエミッションレベルの換算ですね。可能ですが・・・・・・
以下前提条件を書き出すと、
アンテナは公称;50Ω のインピーダンスであるので、以下50Ω終端で計算する。
μV/m は電界強度の単位なので、アンテナ端での電圧レベル(μV)のことである。
0(dBuV)は 1(μV)at50Ωで計算しアンテナ端の測定レベルをdBμV/mとします。

*転記ミスでしょうか?数値と単位が異なっていますね。
エミッションレベルを(dBm)、(mW)で表すのも異常ですね。
VCCIやIEC/CISPR規格とは異なる、こんな読み取りにくい素人じみた単位で表記するのは初めてですね。
まるで、「電源端子雑音」の係数を誤変換した様な数値・係数です。
マージンも(mW)で表すのは無意味な数値です。
許容値は1μVを0 dBμ とすると下記になります。

換算の前に基本的な事項をあげると、
1mWは 0(dBm)at50Ωで⇒ P=IxE → P=E^2/Rであるで、E=√(PxR)から約0.224Vrmsである。
10mWは 10(dBm)at50Ωで⇒約0.707Vrmsである。⇒116.98dBμ ←異常値です。**
0.00718(mW)は E=√(PxR)から0.0189V 18900μV⇒20LOG***で 85.5dBμ
0.04624(mW)は E=√(PxR)から0.0481V 48100μV⇒20LOG***で 93.6dBμ

-21.44(dBm)・・・同上となります。
-13.35(dBm)・・・

-----------------------------
Reading Level (dBuV) + Correction Factor (dB) ⇒Emission Level(dBm)、(mW)
 ↑↑(dBuV)は誤りで (dBm)ですよ。**(dBm)を使うのも異常ですが。
Emission Level    Limit (mW)     Margin (mW)
(dBm)  (mW)  
-21.44  0.00718   ・・・(1)
-13.35  0.04624   ・・・(2)
-----------------------------
CLASS Aの規格では、
周波数範囲 1~3GHz 平均値許容値 56dB(μV/m) 尖頭値許容値 76dB(μV/m)でしたっけ。。

デシベル のdBm dBμ を参照してください。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%87%E3%82%B7%E3%83%99%E3%83%AB

VCCI規格集 9、10ページ参照
http://www.vcci.jp/activity/regulation/hikaku2009.pdf

3m法でのエミッションレベルの換算ですね。可能ですが・・・・・・
以下前提条件を書き出すと、
アンテナは公称;50Ω のインピーダンスであるので、以下50Ω終端で計算する。
μV/m は電界強度の単位なので、アンテナ端での電圧レベル(μV)のことである。
0(dBuV)は 1(μV)at50Ωで計算しアンテナ端の測定レベルをdBμV/mとします。

*転記ミスでしょうか?数値と単位が異なっていますね。
エミッションレベルを(dBm)、(mW)で表すのも異常ですね。
VCCIやIEC/CISPR規格とは異なる、こんな読み取りにくい素人じみた...続きを読む

Qデシベル

dbμA から mA に変換する公式を教えて下さい。
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

想像ですが、 1uA=0dBとした時の電流値だと思います。

つまり、
0dBuA=0.001mA
20dBuA=0.01mA
40dBuA=0.1mA
60dBuA=1mA
80dBuA=10mA
だと思います。 

数式は自分で考えて下さい。ヒントは1uAに対するmAの比の常用対数(20log imA/1uA)です。おっと、数式を言ってしまったかな?

でもdBuAなんて普通にはつかいませんが、、、。 なぜdBで表す必要があるのか(別にdBで表現しても異常とは思えませんが。)不可思議です。

QVSWRとリターンロスの計算式

電波に関して上の両項目の意味や計算方法、因果関係を教えてください。両者が表裏の関係であることはわかりますが具体的にどのようなものかイメージがわきません。たとえばVSWRが1.5のときにリターンロスが15dBということ(対比表でみて)ですが具体的にはどういう意味でしょうか?

Aベストアンサー

式の関係は回答が既にありますので、感覚的な話をします。

VSWRもリターンロスも原点は反射係数Γです。アンテナ端子から入力した電力の何割が反射されて戻って来るかを示すものです。反射係数が大きい程、電力をきちんと伝達出来てないので、無線機器としては性能が悪いと言えます。VSWRもリターンロスも表示方法の一種に過ぎません。

リターンロス10dBというのは、入射した電力のうち、0.1倍(10%)が反射されて戻ってくるという事です。20dBなら0.01倍(1%)です。電気の世界では「何倍」で表示すると計算が感覚で分からないため、デシベル表示にします。どの程度判りやすいかはここでは説明を省きますが、この表示方法には欠点があります。

リターンロス20dBと30dB、この数字を見てどう思いますか?うわっ10dBも違うじゃないか、10倍違うじゃんか!!と思いますよね。ところが、「何倍」で計算すると、20dB→0.01倍(1%)、30dB→0.001倍(0.1%)、そりゃ確かに10倍違うけど、、、実際の無線機器で入射電力の99%がきちんと伝達されて残りの1%が反射されて戻って来たとしても、全然OKですよ。1%(20dB)の反射が0.1%(30dB)の反射になったからといって大した違いはありません。どちらにしても入射電力の大部分はきちんと伝達されてますので、20dBが30dBになっても無意味です。もちろん0dBが10dBになったらエライ違いです。0dBと言ったら入力電力の全部が反射されて戻って来ることを示しますから。

つまり反射係数のデシベル表示においては始めの0~20dBあたりまでは重要でも、それ以上数字が大きくなってもどうでもいい数値なのです。ボク、頑張って改良しました、リターンロス20dBを改善して30dBにしました、などと言ったらシバキ倒されます(笑)。

これがVSWRになると話が変わって来ます。
物理的には電力が反射される時に生じる定在波の比で反射の大きさを表現したものです。反射ゼロつまり入力電力の全部が効率良く伝達される時、リターンロス∞、VSWR=1です。VSWRは常に1より大きな数値で、1に近い程反射が少ないです。20dBとか40dBなどの場合、1.02と1.0002なるので「ふんふん、性能いいのね、どっちでも大差ないけど」と言えます。

リターンロスで20、30dBが必要な分野ってあるだろうか?私は知りませんが、もしあったら当然デシベル表示です。VSWR=1.02が1.002になったとか言っても、実用的な表示とは言い難いです。

以上、感覚的なというか概念的な説明です。
なお、反射係数と言っても電圧反射係数、電力反射係数の2種類あります。通常は電圧反射係数ですが、上記の説明では概念的説明のため混在しており数値は少し違ってます。

式の関係は回答が既にありますので、感覚的な話をします。

VSWRもリターンロスも原点は反射係数Γです。アンテナ端子から入力した電力の何割が反射されて戻って来るかを示すものです。反射係数が大きい程、電力をきちんと伝達出来てないので、無線機器としては性能が悪いと言えます。VSWRもリターンロスも表示方法の一種に過ぎません。

リターンロス10dBというのは、入射した電力のうち、0.1倍(10%)が反射されて戻ってくるという事です。20dBなら0.01倍(1%)です。電気の世界では「何倍」で...続きを読む

QdBmの読み方は何と読みますか?

たまにdBmという単位を見かけるのですがこれって何と読むのでしょうか?
デシベルエム?
ディービーエム?

そもそもmって何の頭文字なのでしょうか?

Aベストアンサー

多分、業種によって違うのではないでしょうか?

#1様は、
SHF帯域を利用する
かなり特殊な通信業務に携わる方ではないでしょうか?

この場合は例外とも言えます。

20dBm以内の業務の場合、
でーびーみり、#1様のでデシベルミリであながち間違いは無いと思います。

理由は、出力(W)自体がミリの範疇を出ないからです。

音響/通信では30dBm(1W)を超えてしまうのでエムが妥当です。

Q受信感度と「受信電力」「電界強度」の関係

物理学は素人でよくわからないのですが、電波の受信感度が「受信電力」と「電界強度」のどちらと関係しているのかを教えてもらえませんか。「受信電力」は距離の2乗に反比例し、「電界強度」は距離そのものに反比例するそうですが、受信感度はどちらと関係しているのでしょうか。つまり、受信感度は距離の2乗に反比例するのか、距離そのものに反比例するのか、どちらでしょうか。

Aベストアンサー

ご質問の趣旨は電波の受信について、距離との関係がどうかということだと思います。

電界強度との関係で、このことを理解しようとすると、アンテナの利得とかインピーダンスのことも考慮しなければならないので、説明が複雑にならざるを得ません。
もっと、直観的には、送信電力と受信電力の関係だけで理解するとよいと思います。

例えば、送信電力1kW(1000W)の電波を受信したとき、受信電力が1mW(0.001W)だったとします。 送信電力、アンテナなどの条件はそのままにして、距離を2倍すると、受信電力は距離の二乗に反比例し、1/4の0.25mWになるというのが理論です。

テレビなどで放送が受信できる範囲をサービスエリアといいますが、もし、周囲に障害物などが無く、無指向性の送信アンテナを用いると、サービスエリアは円形となります。 その半径を2倍にしたいのであれば、送信電力は4倍にしなければなりません。サービスエリアの面積は送信電力に比例することになります。

ちなみに「受信感度」という用語は本来、受信機の性能を示すもので、受信した電波の強さを示すものではありません。

ご質問の趣旨は電波の受信について、距離との関係がどうかということだと思います。

電界強度との関係で、このことを理解しようとすると、アンテナの利得とかインピーダンスのことも考慮しなければならないので、説明が複雑にならざるを得ません。
もっと、直観的には、送信電力と受信電力の関係だけで理解するとよいと思います。

例えば、送信電力1kW(1000W)の電波を受信したとき、受信電力が1mW(0.001W)だったとします。 送信電力、アンテナなどの条件はそのままにして、距離を2倍すると、受信電力は距離の二...続きを読む


人気Q&Aランキング