「察する」には読むときも、書くときも正誤に迷います。
WEB上では「”察さない”(158件)」「”察しない”(736件)」「”察せない”(2,540件)」「”察せる”(597件)」「”察せられる”(73,500件)」「”察しられる”(615件)」の使用例が見られます(Google、( )内はヒットの概数)。
なお、1から6の出自は全て「察する」であって「察す」とも「察しる」とも無関係とします。

1 あの人は相手の気持ちを「察さない」人だ。
2 あの人は相手の気持ちを「察しない」人だ。
3 あの人は相手の気持ちを「察せない」人だ。
4 あの人は相手の気持ちを「察せる」人だ。
5 あの人は相手の気持ちを「察せられる」人だ。
6 あの人は相手の気持ちを「察しられる」人だ。

質問1
正しいのは2、5だと判断してよいですか。この判断に誤りがあるときは解説の上、質問2以降を無視して下さいませ。

質問2
素人の直感として正しい筈の「察しない」が736件しかないのに、誤りの「察せない」が2,540件もあるのは異状に思えます。
「察せない」の2,540件は
1)「察しない」と記すべき所で誤ったケースと、
2)「察せられない」と記すべき所で誤ったケースと、さらに
3)文語の「察す」+「ず」=「察せず」と口語の「察する」+「ない」=「察しない」が捩れて「察せない」になり、これらが合流したものと推測します。
大半は3)のケースだと思うのですが、この考えが妥当であるや否や専門知識を所有する方々には、何か分かっていることがありますか。

質問3
これほど誤りが複合するのは「察する」特有の現象なのですか。サ変動詞全体に言えることなのですか。それとも、他の、ある種の動詞にも共通した現象なのですか。

質問4
私見では「”察せる”(597件)」の相当数は「”察せられる”(73,500件)」の積もりで使っているのではないかと推測します。「察し得る」から可能動詞「察せる」が誕生しつつあって今後とも増加の一途を辿るであろうと思います。この考えは間違っていますか。仮に可能動詞「察せる」を認めると何か不都合が生じますか。

なお、質問文の1行目を検証される方は” “付きで検索して下さいませ。
(参 http://www001.upp.so-net.ne.jp/google/howto2.htm )
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

>なお、1から6の出自は全て「察する」であって「察す」とも「察しる」とも無関係とします。



この点に関して一言。
古い本ですが、現在の”学校文法(これは曖昧で問題点を含む概念ですが、取りあえず、中高校で教える文法の意味にとらえてください。)”の基本図書として大きな影響を与えてきた「学校文法概説」(永野賢 朝倉書店 初版昭和33年)の「ゆれている語形」という項目には、次のようにあります。
>>「察する」と「察しる」
サ変「察する」の方が標準的である。上一「察しる」も使われなくはないが、前述(※)の「信じる」ほどには強くない。ただ、未然形に「察させる」「察される」の形がなく、「察しられる」が普通であるところからすれば、やはり、純然たるサ変でなく、一段化の道を歩みはじめていると見るべきである。<<
このように、学校文法の枠内でも「察しる」を認めようとする動きがある(あった)のは事実です。「察しる」を認めると、今回のご質問も以下の拙論も根底から変わってくるはずですが、取りあえず、「察しる」という上一は無視して(というより正しくない言い方ということにして)進めましょう。実際に、今の教科書や学参では「察しる」を認めてはいないのですから。
ただし、サ変が時に五段化したり(愛す)、上一化したり(信じる)するという点は踏まえておいてください。

1 あの人は相手の気持ちを「察さない」人だ。
2 あの人は相手の気持ちを「察しない」人だ。
3 あの人は相手の気持ちを「察せない」人だ。
4 あの人は相手の気持ちを「察せる」人だ。
5 あの人は相手の気持ちを「察せられる」人だ。
6 あの人は相手の気持ちを「察しられる」人だ。

>質問1 正しいのは2、5だと判断してよいですか。
2,5が正しい言い方であり、それ以外は間違い、あるいは問題を含む言い方であるということはいえると思います。(上一「察しる」を認めれば上記のように話は違ってきますが。)

>質問2
素人の直感として正しい筈の「察しない」が736件しかないのに、誤りの「察せない」が2,540件もあるのは異状に思えます。
「察せない」の2,540件は
1)「察しない」と記すべき所で誤ったケースと、
2)「察せられない」と記すべき所で誤ったケースと、さらに
3)文語の「察す」+「ず」=「察せず」と口語の「察する」+「ない」=「察しない」が捩れて「察せない」になり、これらが合流したものと推測します。
大半は3)のケースだと思うのですが、この考えが妥当であるや否や専門知識を所有する方々には、何か分かっていることがありますか。

1)~3)も考えられますが、次のようなこともあるのではないでしょうか。
「察する」と似た形の「愛する」は五段化して「愛す」となります。これは五段なので、そこから更に下一化して「愛せる」という可能動詞になります。その未然形に「ない」を付ければ「愛せない」です。
「察する」は「察す」と五段化したとはいえないので「察せる」という可能動詞は作れないはずですが、上記の「愛す」や「解す」「託す」など、同じ「漢語一字+する」という語形でサ変から五段化した動詞が数多くあるので、それと混同して「察せる」という可能動詞を作ってしまい、その結果「察せない」という形が多く見られる、ということではないでしょうか。
文脈から「察することができない」の意味で「察せない」が使われている場合は、その私の考えが妥当すると思います。単に「察することがない」という意味の場合は、お考えのいずれかが原因でしょう。

>質問3
これほど誤りが複合するのは「察する」特有の現象なのですか。サ変動詞全体に言えることなのですか。それとも、他の、ある種の動詞にも共通した現象なのですか。

実際に調べたわけではないので何とも言えません。ただ、サ変の場合、上記のように、同じ「漢語一字+する」という語形でありながら、五段化した(しつつある)ものと、五段化しないものがあるので、両者の境目はかなり曖昧で、混同が見られるのではないでしょうか。また、五段化した(しつつある)といっても、終止形・連体形・仮定形に限ってサ変の方が自然な動詞もあり(「愛す」は、終止形・連体形「愛する」、仮定形「愛すれ」の方が、「秘す」は、仮定形「秘すれ」の方が自然)、また「信ずる・信じる」のように、昭和中葉まではサ変の方が主流であったのに、現在では上一の方がより一般的になっている(上記「学校文法概説」ではサ変主流説を唱えていて、当時は公用文もサ変を採用していたようですが、今では上一の方がやや優勢のようです。現在の公用文がどうかはわかりません。)「サ変動詞全体が文字どおり「ゆれている語形」「ゆれている動詞」といえそうです。
また、「公用文作成の要領」(http://www.bunka.go.jp/kokugo/frame.asp?tm=20070 …)では、「文体について」という項目で次のように書いています。
>>漢語につづく,「せられる,せさせる,せぬ」の形は,「される,させる,しない」とする。「せない,せなければ」を用いないで,「しない,しなければ」の形を用いる。
なお、上記「学校文法概説」の「ゆれている語形」には、次のような語(動詞)が挙げられています。以下は抜粋および要約。( )内は私の補注です。
●「足りる」と「足る」/「借りる」と「足る」…どちらも使う。未然形・終止形は五段が根強いが、将来は上一に統一されるであろう。
●「滅びる」と「滅ぶ」…五段は「滅んだ」ぐらいで他活用形ではあまり用いられない。他の活用形では上一が主流でこちらが標準。(現在では「滅ばない」「滅べば」というように、五段の方が優勢に思える。時代の変化によるのか、個人の語感によるのか、客観的にはどちらとも言えないが。)
●「合わせる・任せる」と「合わす・任す」…下一、五段、どちらも使う。標準は下一である。
●「済ます」と「済ませる」…どちらも使う。下一、五段、勢力は伯仲している。
●「こまい」と「きまい」と「くるまい」…助動詞「まい」は、五段動詞以外は未然形に続くのが元来の用法であるが、「くる(来る)」には「こまい・きまい・くるまい」と三つの続き方がある。「こまい」が標準とされている。似た例で(サ変のこと)、「せまい」「しまい」「すまい」「するまい」は、「しまい」が普通である。(現在では、「きまい」は使われず、「くるまい」が最も多く使われ、「こまい」がそれに続いていると感じる。また、「する」の場合は、現在、「せまい」は使われず、他の三つはほぼ拮抗していると感じる。)

>質問4
私見では「”察せる”(597件)」の相当数は「”察せられる”(73,500件)」の積もりで使っているのではないかと推測します。「察し得る」から可能動詞「察せる」が誕生しつつあって今後とも増加の一途を辿るであろうと思います。この考えは間違っていますか。仮に可能動詞「察せる」を認めると何か不都合が生じますか。

質問2で答えたとおりです。文法的には、上で述べたように「五段→可能(下一)」と「サ変→可能」の混同と説明されるわけで、「察し得る」から可能動詞「察せる」が生まれるというわけではありません(意味的にはそういうことですが。)。繰り返しになりますが、可能動詞は五段動詞から転成するというのが鉄板の法則(例外なし!)ですから、「察せる」が存在するということは、その前提として「察す」という五段動詞の存在が不可欠です。規範的(保守的)立場に立てば、それはとうてい認められませんが、上記の通り、サ変動詞自体がかなり揺れている動詞であり、既述のように「愛する→愛す→愛せる」からの類推で「察せる」が生まれ、実際に使われていると考えれば、ある意味、全くの誤りとはいえないかもしれません。
「五段→可能動詞」が認められるのならば(これは室町期に、「四段+る」(口語でいえば「五段+れる」)から生まれ、江戸期に発達し、明治以降爆発的に増えた(厳密にいえば爆発的に多くの五段動詞に適用された)とされます。)、他の活用の動詞からも可能動詞(いわゆる「ら抜き」。「来れる」は江戸期に表れ、「出れる」のような「一音節+れる」は明治期に生まれ、戦中から戦後にかけて一般に広まった(共通語の場合。方言としては、もっと以前から深く広く使われてきた。)とされています。)ができてもいいはずだ、という意見や流れに近いものが、この「察せる」にもあると考えます。

蛇足が多く、また、とりとめのない話に終始してしまいました。申し訳ありません。主に「学校文法」の立場から書きました。

なお、上記図書以外に、「日本文法大辞典」(明治書院 昭和46年)「日本語文法大辞典」(明治書院 平成13年)「日本文法事典」(有精堂 昭和56年)などを参考にしました。

この回答への補足

事実上は、お礼なのですが字数を削れということですので2の末尾が問い合わせになっていると解釈してこちらに記します。

1 質問文は「察しる」を認める場合にも読めるようにと意識して書きました。見出し語に「察しる」を採っている辞典と採っていない辞典とが混在しているのは承知しています。「察しる」を認めない方がおられるのも承知しています。学校教育では認めていないのを今、始めて知りました。となると「察しる」を認める立場の文章は教育関係者にとって好ましくないのかもしれませんが、といって尻馬に乗って辞典編集者に対して「察しる」は認めないぞ、と言うわけにもいきません。並の人間は両説あるのだなと思っておくしか、ありません。

2 質問2、質問4への回答としては、無意識裏の5段動詞化経由、可能動詞の造語という訳ですね(不可思議な日本語ですが)。今考えると質問4を改造して質問2の4)として追加して置く方がよかったと反省しています。多分質問2、質問4のためにお答え下さったことと質問文の質問4の前半は8割方(10割か?)同じことを述べているのだと思います。

>>「愛する」は五段化して「愛す」となります。これは五段なので、そこから更に下一化して「愛せる」という可能動詞になります。
>>「察し得る」から可能動詞「察せる」が生まれるというわけではありません。

「愛する」が五段化して「愛す」となった後、どういう手続きで下一段の「愛せる」になるのですか。「愛す」の連用形「愛し」+「得る」=「愛せる」で下一段の可能動詞が誕生するのではないですか。だとすれば間違える人の場合は五段であろうと、サ変であろうと何であろうと連用形がありさえすれば可能動詞を作れてしまうのではないですか。
誤用「”察せる”(597件)」を用いる人は、多分、何も意識せずに耳目が覚えた、会える・買える・行ける・書ける・泳げる・・・を機械的に適用して可能動詞「察せる」としているだけではないでしょうか。だとすれば、これは無意識のうちに、連用形「察し」+「得る」=「察せる」を生み出していることになりませんか。
この項はhttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8F%AF%E8%83%BD% … を拠り所としましたが、何せ生兵法ですから適否は不明です。看過できない大きな考え違いがあれば解説して下さいませ。

3 正しいか否か心配ですが、何かと誤りの生じる原因はサ変動詞一般が抱える問題なのだと受け取りました。さらに同じサ変でも5段化し易さの程度などによって「揺らぎ」の度合いが異なるということのようだと受け取りました。頼りなくて済みません。

4 話が収束しないうちに拡散させてしまいますが、薄々音韻とも関係している気がします。サ変動詞の語幹にサ行の音を含むか否か、含む場合もサ、シ、ス、セ、ソのどの音なのか。語順が発音し易いか否か、これらによって誤用の(変化の)起き易すさが微妙に違ってはいまいか。直感で色々調べたいことは思い浮かびますが、何一つ実行が伴いません。

言葉は誤解が生じない限り、単純な方へ変化するのが当然だと思います。

有り難うございました。またの機会にもよろしくお願いします。

補足日時:2007/07/01 01:49
    • good
    • 0
この回答へのお礼

本日は9日(月)です。締め切るタイミングとして早すぎるか遅すぎるか判りませんが土日を2回挟みましたので、これ以上のご寄稿はどちら様からも期待できないものと判断し締め切ることとします。
お二方とも有り難うございました。またの機会にもよろしくお願いします。

お礼日時:2007/07/09 00:08

初めまして。

参考にはならないかも知れませんが、私なりの
意見を書きます。

先ず各問に就いてですが、
お尋ねの1番は、私も2と5とが正しいと判断します。
4はラ抜き言葉か、その亜種のような印象です。

2番目の誤りの原因に就いて。
専門家ではないので根拠がある訳ではないのですが、
文語の知識が邪魔したと言うよりは、単に「察せられない」に
引きずられて「察せない」と書いてしまったものと考えられ
ます。

3番目に就いては、直截の答えではないですが、「察する」
と言う動詞は、文語的でありながら口語としても使いやすい
点で、他の同類の動詞
(例えば、滅する、決する、欲する等)
と立ち位置が少々違う感じがします。
つまり、話し言葉でも使われやすいのに、他に同類の動詞が
少ないため、活用を類推する事が出来ず、妙な活用が広まって
しまったのでは無いでしょうか。

4番目は、「察せる」が増えるかも知れませんが、それに
よる不都合は思い付きませんでした。

漢字一文字で音読みの動詞は、基本的に口語としては簡潔に
過ぎて余り使われず、特定の文句の中にしか生き残れない
かも知れませんね。
今回の「察する」も書き言葉としての問題で、話し言葉で
「察する」を使うのは稀ではないでしょうか。
私の場合、口頭では「思い遣る」や「解る」を代わりに使う
ことが多いです。

以上、私見を書いてみました。
文中、「話し言葉」や「口語」等の語句が出て来ますが、
明確な定義の下で書いている訳ではありませんので、文意を
察してお読み下されば幸いに存じます。

この回答への補足

質問文が長くなるので記しませんでしたが質問2で3)が多いであろうと推測した理由を述べます。
・1)のケースは如何に何でも736件よりは、ずっと少ないであろう。
・「察せる(597件)」が「察せられる(73,500件)」の誤りだとすれば、その比率は0.8:100である。この比率は「察せない」によって「察せられない」の代用とする人の比率と一致するであろう。
「”察せられない”」は6,850件あったので2)のケースは55件と推定される。0.8:100=55:6,850。
・1)、2)だけでは2,540件に遠く及ばない。よって3)が大半であろう。

質問4で「察せる」が今後とも増加の一途を辿ると推理した理由を述べます。
可能動詞が五段活用限定であるよりは、サ変の動詞にもある方が(方向として全ての動詞にある方が)文法として例外がなく美しい。つまり誤用というより合理的変化である。但し、不合理が生じれば話は別である。

補足日時:2007/06/30 11:40
    • good
    • 0
この回答へのお礼

1 サ変には本当に困ります。サ変の活用、ない、られる、察する、察す、察しる、ず、これらを全部調べてやっと2、5に辿り着きました。今また、「枝に小鳥を止まらしたい」に出合って?と思っているところです。

2 >>2番目の誤りの原因に就いて。
単に「察せられない」に引きずられて「察せない」と書いてしまったものと考えられ

こういう説も十分納得できます。この場合、益々可能動詞「察せる」が増加する理屈になりそうです。

3 >>3番目に就いては、

「察する」特有の現象との説ですね。そうかもしれません。何せ鑑識眼がないもので張り合いのない返事しか出来なくてすみません。

>>4番目は、「察せる」が増えるかも知れませんが、それによる不都合は思い付きませんでした。

不都合がなければ「察せる」は便利で普及すると思います。私は今でも無意識だと使ってしまいそうです。

有り難うございました。他の識者の見解も広く聞かせて欲しく思います。またの機会にもよろしくお願いします。

お礼日時:2007/06/30 11:47

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q動詞「察しる」の存在理由は?

「察しる」、「察しられる」は「察する」、「察せられる」に比して不自然さを感じます。WEB上でも後者の使用例が多数です。
不自然さを感じるとは言っても、「察しる(上一)」は辞典によっては見出し語にあるので単語として認めるのに異存はありません。「察する(サ変)」の上一段化だそうですから「察する」より歴史が浅いのでしょう。一般に言葉が変化するのは、誤用であるとの非難を克服するだけの要因があるからだと思います。「察する」から「察しる」が生まれたことによる利点は何でしょうか。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

この問題は「察する」という単語の問題というより、サ変の上一段化という問題ではないかと感じました。

上一段化がほぼ完了しているもの:
案ずる/案じる、感ずる/感じる、高ずる/高じる、生ずる/生じる、信ずる/信じる、断ずる/断じる、通ずる/通じる、命ずる/命じる

定着したとはいいがたいもの:
察する/察しる、接する/接しる、達する/達しる、発する/発しる、欲する/欲しる、

どうやら、-ンずる、-イずる、-ウずるのものが上一段化し、-ッするのものが一時期において上一段化したもののその後定着しなかったものだといえそうです。
ただし、今回google検索してみたところ、「愛しる」といった例も少なからず見つかることから、「定着しなかった」というのは早計で「未だ上一段化過程上のもの」というのが正解かもしれません。

さて、問題は上一段化の利点ということですね。
推測ですが、近代における口語化の気運というようなものの働きだったのではないでしょうか。
「-ずる」の上一段化が足早で、「-する」のほうは遅かったり、スタートもしていなかったりです。直感的には「-する」より「-ずる」のほうがより文語的な感じがします。近代の黎明期には「-する」も文語的な臭いがしたものの「-ずる」よりは足が遅く、のろのろしているうちに、だんだんと文語臭がなくなっていった、とは考えられないでしょうか。

この問題は「察する」という単語の問題というより、サ変の上一段化という問題ではないかと感じました。

上一段化がほぼ完了しているもの:
案ずる/案じる、感ずる/感じる、高ずる/高じる、生ずる/生じる、信ずる/信じる、断ずる/断じる、通ずる/通じる、命ずる/命じる

定着したとはいいがたいもの:
察する/察しる、接する/接しる、達する/達しる、発する/発しる、欲する/欲しる、

どうやら、-ンずる、-イずる、-ウずるのものが上一段化し、-ッするのものが一時期において上一段化し...続きを読む

Q「です・ます体」と「である体」の説明に誤りが…

「いますぐ本を書こう!」(ハイブロー武蔵・著) に「おやっ?」と思う記述がありました。
私はおかしいと思うのですが、皆さんはどう思われますか。

私は、

(誤) 「です・ます体」によって増幅されないからという理由からだ。
(正) 「である体」では増幅されないからだ。

ではないかと思います。皆さんのお考えをお聞かせください。

問題の部分(93~94ページ)は以下の通りです。

「です・ます体」で名文エッセイを書かれる木村治美氏は、評論や論説に「です・ます体」を使えば、読者がカチンとこなくて、やわらかく自己表現できるのではないかと述べておられる。

他方、女性が日常生活や花鳥風月をテーマにエッセイと書くときには、「である体」が無難ではないかという。

なぜなら、ただでさえ甘く感傷的に自分本位になりがちなトーンが「です・ます体」によって増幅されないからという理由からだ。

Aベストアンサー

#31です。

>正 解 (←「エッセイを書きたいあなたに」)
ただでさえ甘く感傷的に自分本位になりがちなトーンが「です・ます体」によって増幅されかねないからです。

ありがとうございます。
なるほどですね。
興味深く拝見いたしました。
結局、木村氏は、
エッセイを書く際の手法として、「である体」が無難であることの直接的な理由を述べたかったのではなく、「です・ます体」を使うことによる危険性のほうを強調したかったのでしょうね。

>「ただでさえ」という文章においては、その後に続く言い回しは限定されます。

「ただでさえ・・・である(肯定)」とくれば、その後は「・・・である(肯定)」と続きます。
「ただでさえ・・・でない(否定)」とくれば、その後は「・・・でない(否定)」と続きます。

この点に関しては異論があります。
たとえば、
『他方、女性が日常生活や花鳥風月をテーマにエッセイと書くときには、「である体」が無難ではないかという。
なぜなら、ただでさえ甘く感傷的に自分本位になりがちなトーンが増幅されることがないからだ』
であれば、特に違和感は生じないでしょう。
または、前回も述べましたが、(「です・ます体」によって)のように()を付けるだけで十分自然な文になると思います。
仮に木村氏が、「である体」が無難であることの理由を直接的に述べたかったとすれば、このような文になったことでしょう。
いずれにせよ、一段落を迎えたようで喜ばしいことです。
muimusakuさんの粘りが功を奏したのでしょう。
こちらは却って勉強させていただきました。
ありがとうございます。
  
    

#31です。

>正 解 (←「エッセイを書きたいあなたに」)
ただでさえ甘く感傷的に自分本位になりがちなトーンが「です・ます体」によって増幅されかねないからです。

ありがとうございます。
なるほどですね。
興味深く拝見いたしました。
結局、木村氏は、
エッセイを書く際の手法として、「である体」が無難であることの直接的な理由を述べたかったのではなく、「です・ます体」を使うことによる危険性のほうを強調したかったのでしょうね。

>「ただでさえ」という文章においては、その後に続く言い回...続きを読む

Q形容動詞「大きな」や「小さな」の語源について仮説をたててみました。

「大きな」や「小さな」など形容動詞の語源が知りたいのです。「大きい」や「小さい」と比較してより情緒的なニュアンスが私には感じられます。あなたにとってはいかがですか?もしそう感じられるのが皆さんにとっても真なら、その理由が知りたいです。考えてみたのですが、「大きな」や「小さな」はもしかしたら「大きなる」や「小さなる」の語尾の落ちた形が定着したのではないか、と仮説を立ててみました。いかがでしょうか?

もしそうであるならば、たとえば古文に、名詞を修飾する用法としてではなく、述部に表れていた例はございますでしょうか?現代の形容動詞の用法としては、述部にくることは不可能です。*今日の魚は大きな。 この文は誤りです。しかし古文では、たとえば、 けふのうをは大きなる。 といったような使い方は見つかりますか?

Aベストアンサー

【大きな】について、広辞苑によれば……

「室町以後の語。文語オホキナリの連体形から」とあります。
これを信頼するなら、「大きなり」の連体形は「大きなる」ですから、質問者様の考えは正しいことになります。

ただ、「連体形」ですので、この形で文末に来ることは通常ありません。
終止形の「大きなり」が普通の形になります。
係助詞「ぞ・なむ・や・か」が先に来るか、文末に省略された名詞があると考えられる場合だけ「大きなる」が文末に置かれ得ます。

Q「彼女は美人だ」の「だ」は断定の助動詞 (補助動詞) だそうですが

「彼女は美人だ」の「だ」は断定の助動詞 (補助動詞) だそうですが、助動詞 (補助動詞) というからには助けられる (補助される) 動詞があるはずだと思うのですがどれが動詞ですか。

「だ」は断定の動詞だというと何か問題があるのですか。

Aベストアンサー

皆さんのご回答によって、「助動詞」「補助動詞」がそれぞれ違うものであることが、お分かりになったと思います。
 >「だ」は断定の動詞だというと何か問題があるのですか。

 に答えておきたいと思います。文の最後は普通「述語」で終わるのですが、述語について、次のように説明されています。
 『日本語の述語』
日本語において述語に使われるのは、動詞、形容詞、形容動詞、名詞 + コピュラである。これらをそれぞれ動詞文・形容詞文・形容動詞文・名詞文(コピュラ文)と称する。
 (wikipediaの記事より)
 一方、「日本語文法」では「動詞文」「形容詞文」「名詞文」の3種類に分類し、述語はそれぞれ「動詞」であり、「形容詞」(この場合、形容詞と形容動詞を含んでいる)であり、「名詞+だ(です・である)」であります。
 「だ」は「断定」の助動詞とされ、「(これは)…だ」と判断したことを表しますが、述語として使われる時は、上の記事にあるように「繋辞(けいじ=コピュラorコプラ)」の働きをします。英語で言えば「be動詞」に似ています。「(彼女は)美人だ」「(人間は)動物だ」のような文(名詞文)が述語になり得るのには、この「だ」が重要な働きをしています。

皆さんのご回答によって、「助動詞」「補助動詞」がそれぞれ違うものであることが、お分かりになったと思います。
 >「だ」は断定の動詞だというと何か問題があるのですか。

 に答えておきたいと思います。文の最後は普通「述語」で終わるのですが、述語について、次のように説明されています。
 『日本語の述語』
日本語において述語に使われるのは、動詞、形容詞、形容動詞、名詞 + コピュラである。これらをそれぞれ動詞文・形容詞文・形容動詞文・名詞文(コピュラ文)と称する。
 (wikipediaの記事よ...続きを読む

Q自発動詞・可能動詞・受け身動詞と自発・可能・受け身の意味の助動詞

日本語の文法には、自発動詞・可能動詞・受け身動詞、また自発・可能・受け身の意味の助動詞がありますが、それらの見分け方と使い方に混乱しています。
「その問題に対しては、さまざまな答えがあると考えられる」という文の「考えられる」は、どんな文法でどんな意味でしょうか。
また「その場面は、昨日のことのように思い出された」という文の「思い出された」は、どんな文法でどんな意味でしょうか。

Aベストアンサー

最初に、ウィキより要点のみ抜粋してみます。
『自発の助動詞』
⇒【動詞の未然形に助動詞「(ら)れる」をつける方法は、特に主観的な考え・感覚などを示す動詞に用いられる。】
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%87%AA%E7%99%BA_(%E6%96%87%E6%B3%95)#.E8.87.AA.E7.99.BA.E5.8B.95.E8.A9.9E
『自発動詞』
⇒【動作主は重要でなく(もしくは不明で)、それよりも被動者を強調したい場合に、活用形式を変えて自動詞化(脱使役化)したものが用いられる。】
例:
建てる→建つ
掛ける→掛かる
置く→置ける(「気が置けない」)
沸かす→沸く(「風呂が沸く」)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%87%AA%E7%99%BA_%28%E6%96%87%E6%B3%95%29
『可能動詞』
⇒【現代日本語(共通語)において五段活用の動詞を下一段活用の動詞に変化させたもので、可能(行為をすることができること)の意味を表現する。「書く」に対する「書ける」、「打つ」に対する「打てる」の類をいう。】
例:
会う・買う・扱う→ 会える・買える・扱える
行く・書く・歩く→ 行ける・書ける・歩ける
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8F%AF%E8%83%BD%E5%8B%95%E8%A9%9E
--------------------------------------------------------------------------

1.「その問題に対しては、さまざまな答えがあると考えられる」
:
上にお示ししたウィキの定義から考えるに、「考える」は五段動詞ではないので可能動詞ではない。
また、「主観的な考え・感覚などを示す動詞」と言えるから、下一段動詞の未然形「考え」+助動詞「られる」 の組み合わせと考えて良さそう。
むろん、五段活用動詞であれば 未然形+助動詞は「れる」。
以上は、動詞か助動詞かの見分け方のひとつに(とりあえずは)なるように思います。
次に問題になるのは使い方(用法)ですが、これは、シチュエーション次第ですべての可能性があると言わざるを得ません。
我々が実際に遭遇する頻度の高い(と私が思う)順にならべてみました。(厳密な区別ではありませんが())
・可能⇒「その問題に対しては、(可能性として)さまざまな答えがあると考えられる」
・自発⇒「(誰もが知っていることだが、)その問題に対しては、(自ずと)さまざまな答えがあると考えられる」
・受身⇒「その問題に対しては、(大勢の人々から)さまざまな答えがあると考えられる」
・尊敬⇒「(専務はひとつの答えしかないと考えるようですが、社長は、)その問題に対しては、さまざまな答えがあると考えられる」
受身の場合は、「その問題は」とするほうが文として違和感がなくなるでしょう。
尊敬の場合は、「考えられている」「考えておられる」などとするほうが自然な文になるかと思います。

2.「その場面は、昨日のことのように思い出された」

こちらも助動詞で、理屈は1とほぼ同じです。
頻度の高い(と思う)順に並べてみます。
・自発⇒「その場面は、昨日のことのように(自然に)思い出された」
・受身⇒「その場面は、昨日のことのように(わたしの頭の中で)思い出された」
・可能⇒「その場面は、昨日のことのように思い出せた」と可能動詞を使うのが自然でしょう。
助動詞で可能を表わす場合、「その場面は、昨日のことのように思い出される」と現在形にする必要があると思います。むろん、「思い出せる」とすることもできる。
・尊敬⇒「あの場面はなかなか思い出せないようでしたが、その場面は、昨日のことのように思い出された」

最初に、ウィキより要点のみ抜粋してみます。
『自発の助動詞』
⇒【動詞の未然形に助動詞「(ら)れる」をつける方法は、特に主観的な考え・感覚などを示す動詞に用いられる。】
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%87%AA%E7%99%BA_(%E6%96%87%E6%B3%95)#.E8.87.AA.E7.99.BA.E5.8B.95.E8.A9.9E
『自発動詞』
⇒【動作主は重要でなく(もしくは不明で)、それよりも被動者を強調したい場合に、活用形式を変えて自動詞化(脱使役化)したものが用いられる。】
例:
建てる→建つ
掛ける→掛かる
置く→置ける(...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報