痔になりやすい生活習慣とは?

桜の木の樹液は「赤い」とききましたが、これは花をつける時期に限ってのことでしょうか?

であるなら、梅の樹液も色がついていたり、黄色い花の木には黄色い樹液、青い花の木には青い樹液がなれているのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

No.1です。

私は桜の専門家ではないので、詳細は不明ですが、

二つの情報元がネットであることが怪しいですが、
私は、違うと思います。ネットの情報はニセ科学が多いですから。
ちなみに、桜以外の花は花の色と樹液の色の関係はないです。


ネットの情報を解説すると、
冬に寒さに耐えるために、幹などに赤い物質を作る。とありますが、
これはアントシアニン系の物質であると考えられます。
紫色のブドウの皮、紅葉の葉の赤、トマトの赤
と同じ物質です。
高濃度で作られるために、どす黒い赤に幹が見えるのかも?知れません。

ちなみに、紅葉のように、冬の間休息状態になる木は
アントシアニン系の物質を作ることが多いです。


で、これが春になると樹液中に溶け出して花を赤くすると言うわけですね。
と言うことは、桜の本当の花の色は白となりますね。
桜には数百種類以上種類ありますが、白色花もおおいですね。


このネットの情報に疑問があるのが、
桜の花は、つぼみ状態では花びらは濃い色ですが、次第にうすくなります。

↑これが、樹液説では説明できません。

つまり、一斉(厳密に同時)に桜の花が咲けば問題がないのですが、
桜といえども1週間程度かけて徐々に咲いていきますよね?
時間差があるにもかかわらず全ての個々の花が、はじめは濃いピンクで、だんだんうすくなる・・・
花の色が樹液で決まっているのであれば、こういうことは起こらないはず?


と言うことから、俗説では?と思うのですが、
詳しいことは、学術的に研究されている方でないとわからないかも・・・
中途半端な答えですません。

この回答への補足

鄭重なご教示に感謝します。

俗説なんでしょうか、なんとなく魅力的な話なので、つい……

補足日時:2007/08/01 18:00
    • good
    • 0

サクラ樹皮による染物ですが、これはタンニンを銅やアルミニウムや鉄などの金属イオンで媒染して染めるもので、花の色とは関係ありません。

サクラの花を押し花にしてもすぐに色あせてしまうことからわかるとおり、これでは染色には使えない訳です。アントシアン系の色素で染めている訳ではないのです。

植物による染色では思いもよらない色に染まることが多いのです。カエデの葉を用い銅媒染で染色すると美しい金茶色に染めることができますし、ソヨゴというモチノキの仲間の葉を用いて染めると淡い赤系の染色ができます。葉の色自体は濃緑色(常緑のこの木は中国語では冬青と呼ばれます)なのに、煮出した染液は真っ赤です。

ただし、見た目の色通りに染色できる植物が存在することも事実です。「青は藍より出て藍より青し」の藍などはその例でしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうごさいます。

専門的なことはよくわかりませんのでコメントはできませんが、
勉強になりました。

お礼日時:2007/08/03 11:34

そんなことはありません。


花の色は、専門的に言うと、花びらの細胞の中にある液胞という部分に
存在しています。
おもには、アントシアニン系の物質が液胞内のpHに依存して色を変えます。
http://www.suntory.co.jp/company/research/highte …


決して、樹液(導管液)の色がそのままついている物ではありません。
そうだったら、仮にあじさいを思い出してください。
あじさいは花の色を変えますが、樹液が赤や青になることはないでしょう?

ただ、たとえば白い花に、赤いインクで色をつけた水に浸しておくと、
数時間後には赤になります。青なら、青い花になります。
この実験と混同しているのでは?

この回答への補足

ありがとうございます。
ネットを見ていたら、以下を見つけたものですから、真偽を確かめたかったわけです。

<ネット情報1>
桜の木は、その季節、樹液がピンクなわけで、その樹液が通っている幹も皮も枝も、全身がピンク色に色づいているのだそうです。つまり、一年の、ほんのつかの間、花が咲くために、桜色の小さな先端の花の色のために、木全体が、全身全霊をかけて、桜色に揺らめいている。


<ネット情報2>
中学の国語の教科書にあった「桜染め」の話だ。著者が薄桃色の桜染めに出会い、これは桜の花びらから染めたものだろうと思っていると、実は、春になる寸前の桜の木の皮を剥いで染めたものであったという話だ。桜は冬の厳しい寒さの中で、幹から枝いっぱいに薄桃色の樹液を作り出し、それらが花に色を付けるのだという。

補足日時:2007/08/01 15:46
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q桜の幹から出る蜂蜜のような液は?

こんばんは。

桜などの樹木の幹から蜂蜜のような茶色いクリアな液体が出ているのを見かけますが、あれは何なのでしょうか?
ずっと気になっています。

ご存知の方よろしくお願いしますm(__)m

Aベストアンサー

#1さんに捕捉です。
おそらく樹液で間違いないと思います。
樹液は、樹体が傷ついたときに、樹の表面を保護するために樹が自ら分泌するもので、糖、アミノ酸、各種ミネラル等が溶け込んでいます。

>人にとっては毒になりますか?
人間にとって害となるものではないと思います。
例えば「メープルシロップ」はカエデの樹液を濃縮したものです。
また、漆塗りの漆も、「うるし」の樹液です。
まあ、手や服につくとべたべたして困ったり、ものによってはかぶれたりするので、そういった注意は必要かと思います。

>ヤニの使い道などはあるのでしょうか?
樹液の活用方法としては、上記のほか、抽出成分を化粧品や健康食品等の素材にしているケースがあるようです。
民間レベルでの活用方法は詳しくは知りませんが…

>クワガタやカブトムシが舐めるのはこれですか?
そう考えて差し支えないと思います。クヌギやコナラなどの広葉樹の樹液が代表的な「えさ」ですが、サクラの樹液ももしかしたらなめるかもしれません。

Q園芸用農薬(?)スミチオンの使用方法及び注意点

以前ここの質問で、蚊を撃退するのにホームセンターで売っているスミチオンをじょうろに薄めて庭にまくと蚊が居なくなる・・・ってのがあって、早速スミチオンを購入したのですが、説明を見てみると

☆1000倍から2000倍に薄める
☆農薬
☆サングラス&手袋着用
と書いてあり、なんだか恐くて使用できずにいます。

☆じょうろで薄める場合、1000倍から2000倍薄めるには1摘程度スミチオンを入れれば良いのか
☆農薬なのに庭にまいて体に害は無いのか
☆庭に咲いている花等には影響は無いのか
☆使用する上での注意点

などを教えてください。

Aベストアンサー

 蚊とスミチオンの関係はわかりませんが、使用用途外と思いますよ。
 農薬のスミチオンについてだけ解答します。園芸用というよりは農業用の殺虫剤です。 昔よく利用しましたが結構きつい薬です。 
 どちらにしても農薬散布する場合には手袋云々は当然です。スミチオンに限ったことではありません。 それさえ守ればなんら危険性はありません。

*長袖・長ズボン・防止・メガネ・マスク・手袋
*散布終了後は全て手・顔を荒い、うがいをしてから
 すべての服を着替える。

<濃度について>
1000倍というのは農薬の量(CC)*・・・倍ということです。一滴という適当ではなく計れ!。

 スミチオン1ccx1000cc水=1000倍

<体に対する害>
 散布日当日はその場所に立ち入らないこと。
 散布箇所には素手で触ったりしない。何らかの作業 をして農薬に触れた場合にはよく水道水で洗う。
<花についての影響>
 あります。したがって開花時期や咲いている花には養生する。(当然)

<使用上の注意>
  *風の強い日にはやらない。
  *適正濃度で散布する。
  *散布後は他の種類の農薬を使用しない。
  *散布したことはあなた個人だけではなく家族に   も伝えること。

  以上、ちょっと怖くなって使えないような回答していますが、その位注意すれば大丈夫ということです。 よく農薬で被害を蒙る人はよっぽどの素人さんかセミプロです。 ようく注意書きを読みましょうね。 
 この時期草むしりをすると、晴れた日はすぐ蚊がよってくるので事前に周りの草むらに蚊専用の殺虫剤をまいてから、防虫スプレーを手足にふってから作業しています。 藪蚊はかゆい、痒い。
 

 蚊とスミチオンの関係はわかりませんが、使用用途外と思いますよ。
 農薬のスミチオンについてだけ解答します。園芸用というよりは農業用の殺虫剤です。 昔よく利用しましたが結構きつい薬です。 
 どちらにしても農薬散布する場合には手袋云々は当然です。スミチオンに限ったことではありません。 それさえ守ればなんら危険性はありません。

*長袖・長ズボン・防止・メガネ・マスク・手袋
*散布終了後は全て手・顔を荒い、うがいをしてから
 すべての服を着替える。

<濃度について>
10...続きを読む

Q米ぬかを肥料として使用できますか?またその使い方は?

家の近所に米ぬか自由にお持ち帰りくださいとしてその軒下にたくさん置かれているのを今日少し頂いて帰りました。そこで質問です。

米ぬかは肥料として使えますか?直接畑に撒くなどするのは適切ではないのでしょうか?いったん腐植土にするのでしょうか?

もし肥料に出来る場合はその使い方を教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

家庭菜園にて肥料として使っています。


キャベツの場合

ウネ幅80cmで2列に間隔を30cmあけて植える場合、ウネの中心に深さ30cmくらいの溝を掘ります。
その溝に米ぬかを300g/m位入れ、その上に鶏糞を300g/m、過リン酸石灰を1にぎり/m入れます。
過リン酸石灰は入れたほうがおいしくなります。
あとは土をかぶせて苗を植えて、水をかけたらそのままほったらかしに近い状態で(夏の暑いとき以外は水遣りもしません)収穫を待ちます。
仕事が忙しいので、なるべく手間をかけないようにと・・・、こうしています。

ほかにも同様のやり方で育つものとして、

トマト(ウネ幅1mはほしい)、ピーマン、イチゴ、ナス、きゅうり、白菜、大根などがあります。


土と混ぜて育てるものとして、ほうれん草、小松菜などがあります。
もちろん米ぬかだけではなく、鶏糞、過リン酸石灰も入れます。

Qサクラの木(幹・枝)が真っ白に

桜の木の幹、枝・・・地面からすぐ上の太い幹、それに伸びる太い枝が真っ白になりました。最初、部分的なものだったため、放置していました。現在では、ほぼ全体に広がってしまいました。木の高さは、4m弱か?そばに、柿、もみじ、きんもくせいがあり、若干、風通しが悪いかもしれません。白い部分は、若干、手に粘っとした感じで、繊維状、綿状(菌糸か?)のものが、全面についています。「葉」には異常はありません。近くには洗濯干し場(お隣さまと我が家)もあり、伐採する方が良いでしょうか。木が大きすぎて、薬剤散布は無理と考えます。もし、伐採しか方法がなければ、どこに依頼をすれば良いでしょうか。厳しい年金生活。費用が心配です。

Aベストアンサー

膏薬病(こうやく病)です。
カビ菌の一種ですが、樹から直接栄養を摂っておらず、カイガラムシの排泄物を栄養分として寄生します。
http://www.afftis.or.jp/kaigara/iroiro.htm(吸汁性害虫で種類が多いです。)
手に粘っとした感じなのは、このカイガラムシの排泄物と思われます。
風通しが悪いのも、カイガラムシが好んで寄生する条件です。

伐採するのも樹そのものがやられている訳ではないので、もったいない様な気がしますが、カイガラムシそのものの駆除が先決でしょう。
成虫は足を落としてもう動けないので掻き落としてしまえば死んでしまいますが、幼虫は発生期においては次々と孵化し、樹をよじ登って来て場所を決めると足を落として成虫となります。大量にカイガラムシに寄生されると樹が弱り、終いに枯れ死に至ります。

発生期間が長いので厄介な害虫ですが、幼虫はスミチオン乳剤等、一般的な有機リン系殺虫剤の散布でも効果がありますが、定期的に散布する必要があります。
成虫は殻で覆われていますから、それらの殺虫剤では効果が期待できません。
落葉している冬期に、マシン油乳剤の20倍希釈液を噴霧器で散布します。(越冬します。)
http://www.engei.net/Browse.asp?ID=14037(ホームセンターあたりでも販売しています。11月あたりになれば大量に仕入れるでしょう。)
http://www.afftis.or.jp/kaigara/bouzyo.htm#4
油分が殻の中まで浸透し、カイガラムシの成虫を窒息死させます。
(ボルンというスプレー剤もありますが、期待薄でしょう。それに不経済です。)

膏薬病については被害部分を削り取り、殺菌剤を散布しておきます。
http://heboen.hp.infoseek.co.jp/byouki/kabi_ka3.html

カイガラムシの駆除が重要ですね。今いる成虫を掻き落とし、定期的な薬剤散布(春~秋、9月いっぱいまで。)をし、冬期におけるマシン油乳剤の散布を行います。
来年は初夏までにカイガラムシの発生がなければ、定期的散布は不要かも知れません。
薬剤散布は噴霧器を使います。脚立も必要でしょう。ご自分で無理だと思えば植木屋あたりでもやるでしょう。あるいはシルバー人材センターあたりでも安くやってくれるかも知れません。

膏薬病(こうやく病)です。
カビ菌の一種ですが、樹から直接栄養を摂っておらず、カイガラムシの排泄物を栄養分として寄生します。
http://www.afftis.or.jp/kaigara/iroiro.htm(吸汁性害虫で種類が多いです。)
手に粘っとした感じなのは、このカイガラムシの排泄物と思われます。
風通しが悪いのも、カイガラムシが好んで寄生する条件です。

伐採するのも樹そのものがやられている訳ではないので、もったいない様な気がしますが、カイガラムシそのものの駆除が先決でしょう。
成虫は足を落としてもう...続きを読む

Q枯れた桜の木を復活させる方法はありますか?

枯れた桜の木を復活させる方法はありますか?

雨続きで
根腐れしてしまったみたいなんです…

手のひら大の鉢に一本植えてあるのを春に購入して
今は青い葉があるはずなんですが
みんな茶色になってしまいました…

どうにかならないでしょうか(;0;)?

Aベストアンサー

完全に枯れていないなら。
軽度 1.根づまり、水のやりすぎ、土の不良などによる根腐れは比較的軽微なことが多いので、植え替えれば元気になります。
2.腐った根と黒くなった部分と土を多めに落としてメネデール等の発根剤をつけて鉢植えしてあげると良くなるそうです。
▲ ▼重度 1.肥料やけの場合は、腐った根を完全に取り除いてできるだけ土を落とし、地上部を適宜切り詰める。
http://grass.jpn.cx/grow/index.php?%C9%C2%B3%B2%C3%EE

もうダメそうなら、
・根を接ぐ。
・枝がまだ生きているなら、別な桜に接ぎ木する。
・同じく、枝を挿し木する。
が有りますが、素人には難しいかも。

完全に枯れてしまったら、花咲じいさんでないと無理です。
枯れたかどうかは、枝を曲げてやるとわかります。
しなれば生きている、折れれば枯れている。

Q八重桜 コスカシバ?の被害

お世話になります...<(_ _)>

樹齢が20年以上 幹の直径30cmほどの八重桜です
根元から 樹液を含んだおがくずみたいな物が出ていたので
虫食いだと思い 放水しながら掘ってみました
幼虫らしき白い虫を3匹ほど見つけましたが
今まで気付かなかったのですが 初めてではないようで
古そうな穴が何カ所か空いていました

今後 この穴などは どのように処置したらいいのでしょうか?
アドバイスをお願い致します

Aベストアンサー

古くてすでに虫がいないと確認できたら、トップジンM等の殺菌剤入りの融合剤を穴に詰めて、枯れが入るのを防ぐ。
虫が居る可能性があるなら、アースジェットなどの家庭用殺虫剤を穴に吹き掛けて、数日様子を見て、虫がいない(おが屑を出さなくなったら)のを確認したら同様に融合剤で塞ぐ。
代用品としてコーキング剤でもOK。
これから入られなくするには、トラサイドやガットサイド等のコスカシバ予防剤を表皮に塗っておく。


人気Q&Aランキング