通貨制度が整備されてきた近世で、銀貨は重さで、金貨は額面で取引するというシステムを作ったのは、どういう理由なのでしょうか?金のほうは、悪貨発行の余地を残すということでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

銀本位制度では、外国への支払いは、銀貨で行うのが普通だったからです。

実際には、おっしゃる通り、金銀複本位制です。

また、通貨は重さで交換されるのが慣例でしたので、
1ドル銀貨=一分銀程度の長崎貿易は、
1ドル銀貨の重さ=一分銀3枚へと変わります。

>金貨は額面で取引
日本では、金貨を本位貨幣と決定します。
金1.5gを1円と定めます。
金本位制度(兌換制度)であったらしいです。

一分銀は実質の価値の1/3程度の重さであったらしいです。

1両小判とは、小判の中に1両分の金がある。
こう言う意味なのですが、
金貨は慶長小判の金の含有率は84%です。
幕末の小判では重さは慶長小判の1/5。含有率50%程度になります。
実質は、経済崩壊寸前であったようです。
明治政府が大きな銀貨を作成したのは対外貿易の為です。
銀(金)本位制度→管理通貨制度へと移行します。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
銀本位制から、金本位制には外国勢力がかかわっていました。

お礼日時:2007/08/14 10:13

●荻原重秀・田沼意次・幕末の金貨流出●


日本で、金銀銅の三貨制度が確立したのは江戸時代です。江戸時代には初期から、幕末まで多くの出来事がありました。ポイントは、(1)荻原重秀の貨幣改鋳、(2)田沼意次の明和南鐐二朱判の発行、(3)幕末の金貨流出、だと考えます。これらに関して短くまとめるのはとても時間がかかりそうなので、参考になるリンク先を書きます。
日本銀行金融研究所 貨幣博物館 わが国の貨幣史 http://www.imes.boj.or.jp/cm/htmls/history.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

どうもありがとうございます。
金融博物館は勉強になりますよ。

お礼日時:2007/08/14 10:14

なかなか鋭い問題提起ですね。



私見ですが、幕府は確かに「金貨は額面で取引するというシステム」を官主導で作りました。なお、江戸時代後期には「南瞭ニ朱銀」など、「額面金貨に擬装した銀貨」が発行され、ごく普通に流通していました。幕府の通貨通用力の意外な強さが分かります。

一方、大坂を中心とする銀遣いのシステムは市場によって江戸時代以前の経済システムからの連続性の中で作り出されたのではないでしょうか。銀を受け渡しする際はいちいち重さを測り、純度も様々な方法で調べて遺漏なきを期したようです。ただ、さすがに煩わしいので、品位の確かな銀貨を公的機関(銀座)や両替商が検査して紙で包んで封印し、封印の信用力で包んだものが流通する「包銀」のしくみが成立したようです。

金遣いの経済圏では幕府の権威が強いため官製システムが機能し、それ以外の銀遣いの経済圏ではそうは行かなかった、日本全体としては銀図解の経済圏の方が優位だった、ということになるように思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

江戸時代に、通過システム的には、まだ全国統一がなされたとはいえないということが、なんとも意外なことです。両替商の繁盛です。幕府権力は限界性がありましたね。

お礼日時:2007/08/14 10:16

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q江戸時代は、金貨・銀貨・銭貨の3種類が併用して流通しており、幕府は、なぜ、3者を一本化しなかったので

江戸時代は、金貨・銀貨・銭貨の3種類が併用して流通していたのですね。円・ドル・ユーロが、国内で使われていたようなものです。短期間には、相互の勘算レ―トが決められたようですが。
質問は、なぜ、幕府は3者を一本化しなかったのですか?
(私は、次のように思っています。1.江戸では主に金貨が、大阪では主に銀貨が流通しており、統合が容易でなかった。2.上級の武士は金貨を、庶民は銭貨を使うように、階級・職種・物により、使う貨幣が異なっていたので、一本化する必要が薄かった、などを考えていますが、なぜ統合しなかったのでしょうか?)

Aベストアンサー

「江戸時代 どうして三貨を統一しなかったのか」で

検索すると回答が出てきますよ。

数年前も、同じ質問が出されています。

Q金貨銀貨銅貨

外国のお話の絵本や物語で
「○○を銀貨1枚と交換しました」とか出てきたのを
覚えているのですが、
アンデルセンやグリムのような童話にでてくる
国では昔では本当にお金は
金貨銀貨銅貨という区分だったのでしょうか?
だったとしたら、その3種類で品物を買っていたことになり
かなりアバウトな価値のつけ方ですよね?
それともちゃんとしたお金の単位があったのでしょうか?
お馬鹿な質問ですがよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

こんばんは。

童話の世界が現実のヨーロッパ世界にのっとった度量衡が存在するとして考えます。そうすると、だいたい中世~近代のヨーロッパの貨幣制度をみてみれば、答えがでますかね?

ヨーロッパ各国での通貨は、金貨・銀貨・銅貨の3種類で作られているのが共通しています(銀や銅のなかでも劣化銀などが作られた時代があり、細分化はあったようです)。しかし国ごと年代ごとに単位はバラバラです。さらに、国ごと、そして同じ国でも発行される通貨によって、そこに含まれている金/銀/銅の量が変わっているので、金貨:銀貨:銅貨の交換比率は変動しています。

質問者さんが思い描いているほど簡単な制度ではないでしょうが、ヨーロッパも近代になるまでは、基本的に金貨・銀貨・銅貨の3種類で事足りたのでしょう。日本でも、わりと経済が発達していた江戸時代でやはり「金貨・銀貨・銅貨の3種類」というのがおおまかな区分ですし。

以下のURLに非常に詳しく載っていますので、参考までに。


ではなぜ童話では、具体的な貨幣単位ではなく「金貨・銀貨・銅貨」という表現なのか?
[理由1]
「○○の仕事の1日の賃金は銀貨○枚」というように、銀貨や銅貨の枚数から容易に価格や価値が思い浮かぶ時代だったので、そちらの表現で十分だった
[理由2]
他の国の童話を話したり聞いたりする場合、他国の聞き慣れない単位を話の中で表記するよりも、「金貨・銀貨・銅貨」で表記したほうが(特に長距離の旅をしない人間が話を聞く場合に)わかりやすい。
[理由3]
「複数の国にわたる民話の情報が集まって、ある特定の童話ができた」という場合、各国で異なる単位をまとめて「金貨・銀貨・銅貨」という表記に統一した(童話なので、銀貨の交換レートがそんなに異なっていなければおおまかな価値が表現できる)

質問者さんが求めている回答なのかどうかについては微妙ですが、そんなところじゃないでしょうかね。

参考URL:http://www1.u-netsurf.ne.jp/~sirakawa/

こんばんは。

童話の世界が現実のヨーロッパ世界にのっとった度量衡が存在するとして考えます。そうすると、だいたい中世~近代のヨーロッパの貨幣制度をみてみれば、答えがでますかね?

ヨーロッパ各国での通貨は、金貨・銀貨・銅貨の3種類で作られているのが共通しています(銀や銅のなかでも劣化銀などが作られた時代があり、細分化はあったようです)。しかし国ごと年代ごとに単位はバラバラです。さらに、国ごと、そして同じ国でも発行される通貨によって、そこに含まれている金/銀/銅の量が変わっ...続きを読む

Q江戸時代の「関東の金通貨」「関西の銀通貨」について

なぜ、関東圏関西圏で流通貨幣が違っていたのでしょうか(もちろん互換性はありますが)

Aベストアンサー

金や銀の産出量に由来します。
 
関東圏には、『佐渡金山』や『甲斐金山』など金の産地が多いため金建て、
関西圏では、『石見銀山』など銀の産地が多いため銀建てになったと思います。
 

Q銀貨の小粒

江戸時代の銀貨の小粒は5・6匁は大きい方で小さいのも結構多かったのですか?1匁ないのもありますよね。

Aベストアンサー

江戸時代の定位銀貨(金額を明示した銀貨)は1765年を始めとする、明和5匁銀や2朱銀のような判銀ですが、それ以前も以後も秤で目方を計って使う丁銀や小粒銀(豆板銀)が使われました。     小粒銀の目方は 造幣局泉友会編の「日本のコイン」に拠ると、10匁前後から1,2匁くらいのものまで作られているとの事ですが、別な本では1、2匁が標準で、露銀と呼ばれる0,3匁以下のものも使われていたといいます。     当然ながらすべて検印つきです。

Qドイツの貴族(近世以前。できれば神聖ローマ帝国時代)について教えて下さい。

小説を書いたりしているのですが、いろいろとこだわってしまうため気になることが多くて困ってます。


1.伯爵の息子は子爵だそうですが、公爵などの息子はどうなるのか(長男と次男以下の違い)
2.領地の分割相続は行われていたのか
3.上記の場合、およそ何歳で継ぐのか
4.爵位のない貴族の扱い
5.辺境伯、方伯、宮廷伯などの上下(どのような序列か)
6.主な宮廷内の役職と相応の爵位
7.辺境伯と侯爵の違い
8.イギリスにおける準男爵的地位はあるのか
9.イギリスでは騎士は一代限りだが、ドイツでそのような一代限りの称号はあるのか


以上の9つです。
それなりに自分で調べたつもりなのですが、他のヨーロッパの国々と混ざって余計にわからなくなってしまいました…。

一つでもわかる方がいらっしゃいましたら、回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 すいません。いきなり間違えてました。m(_ _)m

>確か息子が用いる称号は父親が持っている爵位のうち、日頃使わない物を拝借していたと思うのですが。
 これイギリス方式ですね。ドイツ系では子供は全員両親と同じ階級の待遇を受けるようです。(女性の方が上位の爵位を持っている場合も有るので…。)
 イギリス方式も厳密に言うと、長子のみが親から譲られた儀礼称号を名乗れるようです。(次男以降は爵位を名乗れない)
 例 当主が A伯爵 B子爵 C男爵 を持っている場合…。
   当主 A伯爵○○閣下
   長男 B子爵□□閣下
   孫  C男爵△△閣下

  http://blogs.dion.ne.jp/duke/archives/89855.html

 ちなみに抜かした質問は、前回の回答時にも判断つかなかった者なので

>3.上記の場合、およそ何歳で継ぐのか
 基本、寿命が来るまで勤める事になると思うのですが…。
 バイエルン王国だと寿命まで勤めた方、途中で退位した方、廃位させられた方など色々いらっしゃいます。

 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%90%E3%82%A4%E3%82%A8%E3%83%AB%E3%83%B3%E7%8E%8B%E5%9B%BD

>4.爵位のない貴族の扱い
 爵位を持っている方を貴族と呼称するのだと思うのですが…。
 イギリスのジェントリー階級の事でしょうか?

 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%82%A7%E3%83%B3%E3%83%88%E3%83%AA%E3%83%BC

>1.単独相続の場合、次男以下は修道院や騎士になって奉公、という形がやはり一般的なのか。それともどこぞに婿入り?
 男爵家などの下級貴族は基本的に、当主が貴族としての最低限の品格を守るのすら難しいのが普通なので、次男以下は自活できる職を目指すのが一般的かと…。(修道士や学者や文化人、運が良ければ廃嫡された家に入れたり…。)
 ただ、辺境伯クラスになると、領邦と称される半独立国家状態に成りますので、とうぜん次男以下の息子にも、相応の職務を与える事が出来るようになります。(長男が社長なら、次男は支社長と言った感じかと)
  http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%A0%98%E9%82%A6

 日本で言う所の陪臣と言うやつですね。(将軍家から見た場合の、各大名の家臣)神聖ローマ帝国には帝国等族身分と呼ばれる、300あまりの世俗諸侯、数百の帝国騎士、数十の聖界諸侯と帝国都市が存在しており、それらに仕える領邦等族と呼ばれる人達が存在しておりました。

>2.イギリスは騎士は次代からその称号が使えないだけで、その家格は失われないと聞き及びました。…ドイツの騎士に当たる階級の人々と、イギリスの騎士の違いって何なんでしょう。
 イギリスのナイト(勲爵士)の事を指しているのだと思いますが、中世の騎士とは全く別物です。中世の騎士団の故事をまねて、功績が有った人や主君のお気に入りを集めたものですから家格の上下には影響(本人に直接帰属する物です)は…。ちなみに、入団を許された証明としての記章が所謂「勲章」です。イギリスのガーター勲爵士(Knights of the Garter)に今上陛下が最高位の勲章騎士として序せられているくらいですし…。
  http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8A%E3%82%A4%E3%83%88

 ちなみに、中世のヨーロッパの騎士を出来るだけ広範囲で包括しようとすると、騎士の従者など規定の訓練を受け、馬に乗って戦う者という事になってしまいます。騎士と呼ばれる身分のうち、その四分の三が不自由身分の家臣「ミニステリアーレ」だったりするくらいですから…。(主君がいない騎士だっています)

 http://www.h3.dion.ne.jp/~hiryu19/history/knight.html

 また、ドイツの騎士というと「ドイツ人の聖母マリア騎士修道会(チュートン騎士団)」は、外せません。(平時は修道士で、必要なら武器を取って戦う騎士でもある)
 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%89%E3%82%A4%E3%83%84%E9%A8%8E%E5%A3%AB%E5%9B%A3

 ドイツ騎士修道会の有名なFLASHが有りますので宜しければ。
http://www.geocities.jp/napowhis01/grunwaldver2.html (鉄十字の騎士)

 なお、彼ら騎士たちや修道会は神聖ローマ帝国内では、爵位を持った貴族たちと並列に存在しており、帝国代表者会議主要決議までは対等の立場でした。(世俗化と陪臣化)

 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B8%9D%E5%9B%BD%E4%BB%A3%E8%A1%A8%E8%80%85%E4%BC%9A%E8%AD%B0%E4%B8%BB%E8%A6%81%E6%B1%BA%E8%AD%B0

 すいません。いきなり間違えてました。m(_ _)m

>確か息子が用いる称号は父親が持っている爵位のうち、日頃使わない物を拝借していたと思うのですが。
 これイギリス方式ですね。ドイツ系では子供は全員両親と同じ階級の待遇を受けるようです。(女性の方が上位の爵位を持っている場合も有るので…。)
 イギリス方式も厳密に言うと、長子のみが親から譲られた儀礼称号を名乗れるようです。(次男以降は爵位を名乗れない)
 例 当主が A伯爵 B子爵 C男爵 を持っている場合…。
   当主 A伯爵○○閣下
...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報