地球の火山活動による最近の地表における金やウランの量は、増えているのでしょうか?それとも減っているのでしょうか?ご存じの方、教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

お望みの答かどうかわかりません.


地学関係は専門じゃないし...

地球表面という意味がよくわかりませんが,
岩石などがあるような部分,ということでしょうか?
それなら,地殻と言われている部分で,
モホロビチッチ不連続面の地表側ですね.
厚さは厚いところで 60 km 位ですから,地球の半径のせいぜい 1/100 です.

地殻中の元素の存在度は推定値があって
(深いところはよくわからないから,かなりのばらつきがありますが),
金の存在度は 0.001 ppm 程度と思われています.
地殻の質量は 2×10^22 kg 程度.
したがって,金は地殻中に 2×10^13 kg くらいあることになります.
人間がこれまでに掘り出した金の量は5万トンから10万トン
(5×10^7 ~ 10^8 kg)と言われていますから,
人間の掘り出した量は全体に比べて微々たるものです.
なお,2×10^13 kg は採掘可能な量とは全く違います.
採掘可能な量はあと数万トンから10万トンなどと言われているようです.
なお,金5万トンは体積にすると 2500 m^3 くらいで(金の比重は 19.3)
50×25×2 m^3 のプールの体積ですね.

火山活動→熱水鉱床→金(が増える),というような図式も考えられますが,
短期間火山活動が盛んになっても,全体の金の量にはほとんど関係ないでしょう.
地質的時間スケールは何十万年ですから.

ウランの方は,存在度が 2.4 ppm 程度と推定されています.
金よりはるかに多い!
銀でも 0.07 ppm.
どういうわけか,ウランは地球の表面近くに多く分布しているらしく,
中心部の方にはほとんどないようです.
内部の方にウランがあったら,
ウランの放射能でもっと地球の温度が上昇し続けるはずですが,
そういうことは観測されていない,ということです.
内部の方にウランがあまりないのだと,火山活動云々はあまり関係なさそうです.
もちろん,金の場合と同じく時間スケールの問題もあります.
stomachman さんの言われるとおり,
人間が掘った量はほとんど関係ないでしょう.

結論は,全体量に対してほとんど変化はないでしょう.
    • good
    • 0

知りません。

知りませんが...

人が採掘して減るのと、熱水鉱床で沸き出して固定されるのとどっちが速いか?というご質問でしょうか? 
地表ったって、露天掘りできる鉱床など限られてます。

ちなみに廃棄物処分場を鉱床に含めるなら、確実に増えているでしょうね。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング

おすすめ情報