親子におすすめの新型プラネタリウムとは?

はと麦を植えて 実がなりましたが、この脱穀はどうすればいいのでしょうか?
大げさな機械は導入できません。ビンに入れて、棒でつついてみましたが、砕けるのがほとんどで、それでも 時間がものすごくかかります。他に これから、陸稲も出来上がるのですが、こちらも、効果的な脱穀の方法はありませんか?米のほうが量は20kgもあり、考えています。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

米については都道府県の農業関係の機関に相談してみるしかないでしょう。

試験用の籾摺り機等ありますから個人の方でも今年だけなら使わせてくれるかもしれません。学校の体験等であればまた対応も異なるかも知れませんが。

ハトムギについては私の手元の資料では籾摺りは「衝撃式籾摺機」を使う(しかも1回とおして取れなかったものは選別してまたかける)となっています。現在はロール式なのでどうなんでしょうね?

ちなみに問いの中の「脱穀」は「籾摺」と解釈しました。

こうした作業の必要な作物は家庭菜園的には作らないのが正解だと思いますよ。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。
籾摺でいいのですが、機械でやることを 想定していません。碾き臼や杵搗きで やっていた 原型に戻って、この方法の コツが知りたいのです。大量生産 大量消費を前提の 機械による処理には あまり 興味がありません。

お礼日時:2007/09/07 08:06

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qはと麦(ヨクイニン)って、普通に食べられるものですか?

イボを治すかもしれない、はと麦について調べています。

気になっているのは、薬効効果のある食材って副作用的なものが大丈夫かという事です。

はと麦茶というのがありますが、普通の番茶やウーロン茶のようなノリで日常的な飲料としても大丈夫ですか?

はと麦を脱穀するとヨクイニンと名前が変わるようですが、それを粉にしたものが薬として売られていて、摂取量は1回2gを1日3度の摂取を限度とし、用量を厳守してくださいと書いていました。

ヨクイニン末って小麦に例えれば、小麦粉な訳でしょう?

1日に6gが摂取の限界だと、食品として成立しないですよね?

でも、はと麦を食材として食する事を紹介したサイトもあります。

はと麦は小麦のような感覚で食べるには危険な食材なのですか?

例えば、小麦の場合、粉にして、うどんやお好み焼きにして食べますが、はと麦、ヨクイニン末でうどんやお好み焼きを作ったりしたら、6gどころではないので、人体に悪影響がでるようなものになるのでしょうか?

Aベストアンサー

ハト麦は体質によって胃の不快感、下痢、飲み始めに身体にかゆみが出たりすることが有るそうです。
また身体を冷やす作用があるので冷え性の人は注意する、ということの量の制限だと思います。
ハト麦だけで作るお好み焼きやうどんではなく(少し苦みがあるのでこれだけでは不味いと思います)小麦粉に混ぜて使う物です。
わたしは同量の水を混ぜてレンジで温めお餅風にして黄粉とか蜂蜜で味付けをして食べてます。
温かい飲み物に入れてとろみを楽しんだりしてます。
毎日少量でも薬効は感じられますよ。


人気Q&Aランキング