ここから質問投稿すると、最大4000ポイント当たる!!!! >>

MT車を乗り始めたのですがシフトチェンジの時に、少しガタガタとなってしまいます。(特に、発進の時とローからセカンドにシフトする時)
発進のときはアクセル+半クラでやっているのですが、どうもうまく出来ません(エンストする事は無いんですが、ガタつきます)。
もっと素早くAT車のように滑らかに発進するにはどうすればいいのでしょうか?MT車をAT車のようになめらかに操れるプロドライバーの方、ご教示下さい!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (9件)

>MT車を乗り始めたのですがシフトチェンジの時に、少しガタガタとなってしまいます。



これは、どういったご質問なのでしょうかね。というか、ご質問者様の、運転のレベルというか、経験というか、どの辺りなのでしょうか?
最初は、免許取得中の、教習所通いのかたかな?とか感じましたが、お礼欄記入されたのを見ますと、そのようでもないようですし、
運転免許は持っているのですね?
MT車は、買ったのですか? まだ買っていないのですよね?
AT車はお持ちで、しかも、それなりの期間運転経験はお有りで。ということになりますでしょうか?

>MT車は毎日乗るわけではなく、月に数回しか乗らず慣れないもので。

ちょっと分らないですが、
ディーラーかどこかにお勤めで、たまにマニュアル車を動かさなくてはならない事情があるということでしょうか?


運転レベルが分りませんと、回答するのも少しむずかしいのですが、、
まあ、回答書いてみますね。
もし、当方、ご質問者様の今のレベルに対して、とんちんかんな回答を書いてしまっていましたら、お許し下さい。



まず、この手の疑問がご質問者様に生まれるということは、

・「クラッチ」というものの存在意味(機械的な構造)が全く分っていない。 または、
・単純に、練習不足。(慣れれば上手になるといった類)


‥どちらでしょうね。



一応、クラッチについて短く書きます。

クラッチは、

エンジン → トランスミッション(ギアー) → タイヤ

という流れがあるとしますと、その中の、エンジン と トランスミッション との間にクラッチはあり、その力の流れを切ったり繋いだりしています。

つまり、

エンジン →(クラッチ)→ トランスミッション → タイヤ

というふうになっています。
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa3313027.html)の ANo.10 (←言葉の意味だけ)



自転車で例に取ると、

エンジンは、人間の足です。

トランスミッションは、自転車のペダル以降と考えて下さい。タイヤは、タイヤです。


車のエンジンの場合、人間の足のように、不必要な場合は止めておくことができないのです。
アイドリング状態でも、1分間に1000回転程度(1秒で 16回転も)、常にぐるぐる回り続けているのです。
足で例えると、常にぐるぐると足を動かし続けるしかない状態です。
これでは、自転車が「ゆっくり~停止時」などは、ペダルに足を載せ続けることはできないので、「足をペダルから離す」しますね。これが、「“クラッチを切る”」ということになります。
切る時は、急激に足をペダルから離しても全く問題ありませんが、載せる時はいきなりドンと載せるわけにもいきません。

半クラッチを自転車で例えるのは非常に難しい というか それはできないのですが、
ぐるぐる動き続ける足は止めずに、むしろそのまま または それ以上の回転数にしてから、足をペダルに載せなければいけません。
ですので、「“半クラッチ”」といって、足を滑らすような形で 「ペダルと半分繋がった」ような形でしばらく置くのが、半クラッチです。

http://static.howstuffworks.com/flash/clutch-fig …)の図で、

左側のディスクが人間の足 (車のエンジン)

右側のディスクが自転車のペダル (車のトランスミッション側)

という感じです。

半クラッチで繋げば、左側は高速回転、右側は停止状態からでも、繋いでやることができるのです。

図中の 赤矢印Play を押してみて下さい。


{自転車での例えの、ギアーも含めたものはこちら(http://oshiete1.goo.ne.jp/qa2457020.html)の ANo.7 をご覧下さい。}



まあ、運転時のイメージだけなら、「まさにクラッチとは上記URL先の図のもの」と考えて良いですね。あれを、運転席の足元のクラッチペダルでコントロールしているのです。
あのような構造のものが、マニュアル車には付いていて、あれでエンジンからの力を切ったり繋いだりしているわけです。




もうご理解できたかと思います。

クラッチは、切る時はどんなに素早くスパッと切っても良いわけです。

しかし、
繋ぐ時は、「とにかくゆっくり」繋ぐ必要があります。
また、いくらゆっくりといっても、図中の右側と左側のディスクが触れ合うまでは、もたもたゆっくり近付ける必要は全くない(むしろ無駄)ので、触れるところまではスッと持ってきて、触れた瞬間に「半クラッチ」にし、半クラッチの期間はしばらく続け、左右のディスクの回転数が完全に一致してから、しっかりと繋いでやる必要があります。
また、 クラッチが触れ合う直前は、エンジン側は少なくとも1000回転以上にする必要があります。
つまり、
図中左側のディスクは1000回転していて、半クラッチで繋いでやって右側のディスクが500回転位になった時には車速がすでに4km/h(人間の歩行速度程度)にはなります。この時に、「車が動き出した」からといって、スッパリクラッチを繋ぐようなことは決してしてはいけません。右側のディスクも1000回転近くになるまでは半クラッチ状態で待ち続け、車速も8km/h程度になってからクラッチを完全に繋ぎます。
実際は、8割がた(右側が800回転程度)同じ回転数になった頃から、少し強制的に繋いでいくような感じのイメージでも良いですが、決して急ぐ必要もありません。無駄に半クラッチの時間が長引くことはよくないですが、だからといって、半クラッチの時間を短縮させることに神経をすり減らす必要もありません。半クラッチが時間が数秒伸びても、それでクラッチ版が磨り減るようなことはありません(無視できる範囲です)。
*[クラッチ切らない時は、必ず足はクラッチペダルからいちいち離して下さい。こちらは非常に重要です。]


>単純明快な答えで分かり易さNo.1ですな。

これには注意も必要です。

上にも書きましたが、
まだ左右のディスクに回転差がある時に、
左側ディスク回転数1000、 右側ディスク回転数500、 車速4km/h、
こういうときに、“ 車が動き出した ” からといって、スッパリクラッチを繋いでしまいますと、車はいきなり急発進して8km/h近くになります。いきなりです。

左右のディスクの回転差がなくなる付近までは、半クラッチを維持して下さい。

半クラッチ中は、プレッシャーは一定というよりは、さらにジワリとクラッチは繋げながら、アクセルもさらに踏んでいくイメージではありますが、

人によっては「あせり過ぎ」て、すぐ繋ごうとするかたもいますので、そのようなかたには、むしろ、「ゆっくり、そのまま、あせらずに半クラッチを続けて。」といったアドバイスがふさわしくなります。※a
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa3313027.html)の ANo.10 の(http://72.14.235.104/search?q=cache:gqnAht8DkJQJ …

また、
エンストするかしないかの違いは、車のトルクや、パワーの違いで たまたまエンストしないだけの話でして、
「エンストしない」イコール「正しい運転方法」というわけではありません。
エンストしなくても、間違った運転は、間違っています。

正しい運転方法は、

・図中の、右側のディスク回転数が (ほぼ)完全に 左側のディスクと同じ回転数になるまでは、半クラッチ状態を維持し、クラッチは完全には繋げない。(両者の回転数が同じになった瞬間に、完全にクラッチは繋ぐ。)
・左側のディスクは、半クラッチでディスク同士が触れる直前までに、回転数を1000回転以上に上げておく。(1000回転以下のエンジン回転数でクラッチミートさせて負荷を掛けてはいけない。これは、4サイクルガソリンエンジンであれば全てに当てはまることです。)

ということです。




あとは、発進時は、ハンドブレーキ(サイドブレーキ)は必ず使ったほうが良いでしょうね。

これでかなり、クラッチも(もちろん「エンジン」やトランスミッションも)守ります。車もスムースに発進できますし。

http://oshiete1.goo.ne.jp/qa2051819.html)の ANo.4 と ANo.12
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa1664742.html)の ANo.8 ←こっちの書きかたのほうが良いかな

人によっては、上り坂以外でまでサイドブレーキ引くのは 無駄では?

というかたもいますが、まあ、私の経験では、いつでも引いちゃったほうが、混乱が一切なく、安心で楽ですね。

ですので、実行するなら「いつでも、停止したらサイドブレーキを引いておいて。発進時は必ず外す。」 を、実行して頂きたいですね。

100%引いておけば、100%外す習慣が付きますので、その後に、サイドブレーキを引きずりながら走ってしまうような失敗は決して起きません。



>発進時の半クラは大体1秒~2秒ぐらいしていると思います。教習所では、そう教えられました。これは長いのでしょうか?

「時間」じゃない ですね。例の、図の左右のディスクの回転数が一致した時が、半クラッチをやめるタイミングです。

まあ、1~2秒で良いですよ。普通は。

ただし、急発進(強めの加速発進)をするような場合は、半クラッチの時間はもっと長くなることもありますし、(それでも2秒位かな)

逆に、前も詰まってのんびり加速の時は、クラッチも早く繋げることができたりしますし、(それでも、のんびり加速になるから時間的には1~秒かかるかな)

ですので、1~2秒ですね。時間を目標にする必要はありませんが、まあ、もし、いつもこれより長い場合は、いつか見直してみて下さい。

「場内を8km/h以下で走る場合」などは、クラッチは切ったり、一時的に繋いだり(半クラッチ)、の繰り返しの運転操作になりますよね。

(運転に慣れたら、エンジンが暖まったアイドリング700回転で、車速 定速6km/h時にアクセルは踏まずにクラッチは完全に繋いでしまって6km/hで一定速度走行するとかいう方法もありますが、そこから加速する場合は一旦クラッチは完全に切ってからアクセルを先に踏んで‥とかいう話になりますので、今はまだ、ここまでの話はどっちでもいいでしょう。)



どうなんですか?これから、マニュアル車にどの程度乗る(乗れる)のでしょうか?
マニュアル車は、充分に乗れないと、上手くもなりませんよ。
例えば、ディーラーかなんかで受付かなんかおやりになっていて、月に数回程度、ランサーEvo.か日産GT-Rかなんかを駐車場まで動かす程度のことを何度か繰り返しても、たぶん、1年経っても大して上手くもならないでしょう。
逆に、マニュアルのレンタカーでも借りてみて、1~2日乗り回せば、それなりのことは全て身に付くでしょう。一度身に付いたものは決して忘れません。
とっかえひっかえ別の車に慣れもしない状態のまま乗ったり降りたりしなければならないのでしたら、どうなのでしょうかね。その個体に慣れるだけで精一杯で終わっているのではないでしょうか。
1年位、マイカーをマニュアル車にしてみると一番良いかもしれませんね。



>素人で恥ずかしい話なのですが、半クラの位置は車によって違いますよね。それで、車を発進させる前に半クラの位置を知るにはどうすればいいのでしょうか?

平地でしたら、サイドブレーキも外してフットブレーキも外してみて、それで車が全く動かないことを確認してから、1速に入れてクラッチを繋いでいき、車が動きだそうとしだす位置が、半クラッチの始まりの位置(左右のディスク同士が触れる位置)ですよね。

実践では、
サイドブレーキを引いてあれば、半クラッチの位置なんて、どこでもいいじゃないですか。

坂道で、サイドブレーキ引かずに発進しようとしてませんか?

そのようなことを考えない限り、半クラッチの位置がどこにあろうと、大した問題ではありません。走り始めて1分以内に、足が把握してくれます。


と言っても、
クラッチミートが極端に早いところ(ペダル奥側)にある車両の場合、乗って一番目の時に、急に繋がってあせることはありますよね。
よって、念のためにチェックしたい場合は、まだサイズブレーキもかかっている時にフットブレーキをしっかり踏んで、アクセルは踏まず(なぜならフットブレーキ踏んでいるので物理的に無理)、1速にでも入れてクラッチを繋いでいけば、タコメーターやエンジン音などで把握できますよね。

これを、発進時の最初のサイドブレーキを使った発進時に、やってしまえば良いというわけですね。

右足はアクセルもブレーキも踏まずに、サイドブレーキだけはしっかりかけ、ギアーを入れてクラッチを軽く繋いでみるのです。タコメーターやエンジン音をみながら、「ああ、ここか。」と把握してから、走り出せば良いですね。



>少しガタガタとなってしまいます。(特に、発進の時とローからセカンドにシフトする時)

http://oshiete1.goo.ne.jp/qa2047554.html)の ANo.6
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa3001198.html)の ANo.1
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa3235616.html)の ANo.8 の(http://72.14.235.104/search?q=cache:_ks2y9zC6jIJ …


>もっと素早くAT車のように滑らかに発進するにはどうすればいいのでしょうか?

http://oshiete1.goo.ne.jp/qa1988100.html)の ANo.9
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa3262935.html)の ANo.8



その他、続きは、
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa2849121.html)の ANo.19 の下のほうのURL群。&続き(http://oshiete.goo.ne.jp/search/search.php?statu …)などもありますので、もしよかったらご覧下さい。
難しい(というか、公道では不要なモータースポーツ話など)も一部含まれてありますが、不要な部分のみ読み飛ばして下さい。





なお、先々の話にはなりますが、

3速、4速、5速でクラッチを繋ぐ場合は、ほとんど半クラッチではなくクラッチを繋ぐことができるようになってきます。この位のレベルまでは、一般のマニュアル乗りのかたのほとんどは自然にできるようになっている運転技術です。

原理は、簡単。先ほどのクラッチの図で、右側のディスクは、トランスミッション側、すなわち、タイヤ側からの回転力ですよね。ギアーチェンジしてから、右側のディスクの回転数と同じ回転数になるように、アクセルで左側のディスクの回転数を合わせるのです。左右の回転数が合えば、半クラッチにする必要もありませんね。スッと丁寧に繋いでやることができます。

ただ、2速時は、左右の回転数を合わせるのが難しいですので、多少半クラッチ気味でもよいでしょう。
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa3235616.html)の ANo.8 の(http://72.14.235.104/search?q=cache:_ks2y9zC6jIJ …


http://static.howstuffworks.com/flash/transmissi …)の図なども使ってマニュアルトランスミッションの構造を説明したものもありますので、
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa2798305.html)の ANo.8 もご覧下さい。(ヒール&トゥ の話は、無視して読んで下さい。マニュアルトランスミッションの構造の話は、とても参考になると思います。)

まあ、これは先々、疑問になってから読めばよい話ですが。




----------------------------------------------------------------------

注:(http://static.howstuffworks.com/flash/clutch-fig …)図中、
「左側のディスク」は、エンジン側であり、厳密には、「フライホイール&クラッチカバー」のことです。
「右側のディスク」は、タイヤやトランスミッション側であり、厳密には、「クラッチディスク」のことです。


※a
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa3196399.html)の ANo.9 の(http://72.14.235.104/search?q=cache:ILZerPu3PGoJ …
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa3151568.html)の ANo.6 の(http://72.14.235.104/search?q=cache:x__EbgwVyuIJ …

この回答への補足

回答ありがとうございました。
営業で、時たまMT車に乗る機会があるので質問したのです。
_____________________________________________________________________________

もう一つ質問なんですが、信号が青になってMT車で発進すると、いつも
横のAT車の方が速くて悔しい思いをします(別にレースではないのでいいんですが・・・)。AT車より速く発進するのは可能なのでしょうか?

補足日時:2007/09/11 23:09
    • good
    • 0

ANo.8 です。




>営業で、時たまMT車に乗る機会があるので質問したのです。

なるほどなるほど、ということは、「お客さんの車」とかいうものではなく、「会社の車」ですね? つまり、「社員のための車」というか、ある程度自由に、ガチャガチャ練習みたいな感じで乗っちゃっても大丈夫なわけですね?(お客さんから預かっているような車ですと、練習など到底無理ですよね。)

ということは、
乗っていればそのうちすぐに上達するでしょうね。



>もう一つ質問なんですが、信号が青になってMT車で発進すると、いつも
>横のAT車の方が速くて悔しい思いをします(別にレースではないのでいいんですが・・・)。AT車より速く発進するのは可能なのでしょうか?

その回答は、これ↓に書いてあります。
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa1988100.html)の ANo.9

国産車のものでしたら、
エンジンRPM値とギアーの関係は、こちら↓のほうを参考にして頂くほうが良いでしょう。
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa3262935.html)の ANo.8

ANo.8 では、そこの回答文中に記載したURL先までお読み頂きまして、はじめて理解できるようになっています。(つまり、URL先の内容と重複している内容は、ANo.8回答文中には書いてありません。)

当方の回答の記載のしかたが、「“分りやすい”」ように、一部、「“ 誤解を恐れずに書いてしまいます ”」 といった書きかたになっていたりしますが、
それでも
最も、ご質問者様に親身になって とても参考になる回答になるようにめざして記載しておりますので、1度は目を通して頂けますと非常にうれしいです。

多少難しい点は、車の運転をしていくうちに、また読み返して頂けますと、理解できるようなこともあるかと思います。




>なるほどエンジンの回転数を1000~1200回転ぐらいにするんですね。

そうです。
4サイクルのガソリンエンジンというものは、気筒数に関係なく、どのエンジンも、1000回転以下で、クラッチを繋げて負荷をかけてアクセルを踏んではいけません。
(半クラッチで、極軽い負荷を掛けて、極軽いアクセルを開くことはあります。つまり、スムースな平地で、わずかに前に出したりするような場合ですね。平らな駐車場で、多少の位置修正したり程度。もちろん、傾斜上りでこれをやるなんていうのは論外です。)

時々居るのですよね。「ゆるい上り坂発進なら、サイドブレーキ使わなくても、先にクラッチを軽く繋いでしまって、そのあとアクセル踏めばいい。」なんて言い出す人。

つまり、アイドリング回転数の600~800rpm程度で先にクラッチを繋いでしまい、エンストしないようにサッといきなりアクセルを踏むのだそうです。

はっきりいって、そういった運転方法は、完全に間違っています。

ゆるい上り坂発進の時のように、わずかでも、多少の負荷がかかることが分っているようなオペレーション時は、必ず、先に、アクセルでエンジン回転数を少なくとも1000回転以上にしておいてから、クラッチを半クラッチで繋いで、エンジン回転数が1000回転以下に落ちないように気を付けながら調整するべきです。

例えば、この図(http://www.mitsubishi-motors.co.jp/galant_fortis …){またはこれ(http://www.honda.co.jp/factbook/auto/ACCORD/1985 …)}。

1000回転付近以下は、何の記載もないですね。記載のない部分は、負荷をかけて、エンジンとして使ってはいけないのです。




>コツは1速でのエンジン回転数を少し高めにしておくという事ですね。

もし、2速に入れてクラッチを繋いだ瞬間の時に、車速で 15km/h~18km/h以下、エンジン回転数で 1000~1200rpm以下にまでなってしまうようでしたら、それは低過ぎですので、少なくとも、車速で 15km/h以上、エンジン回転数で 1000rpm以上での「 2速 クラッチ繋ぎ」ができるように、1速での最後のエンジン回転数を上げるべきです。
そのためには、1速での最後は、少なくとも、車速で 18km/h以上、エンジン回転数で 2045rpm以上、にはしておくと良いでしょう。

例えば、ごく普通の加速な感じでは、2速には1000~1200rpm位で繋ぎたいですよね。としますと、1速では、1704~2045rpmにまで上げたほうが良いでしょう。ということですね。
http://www.honda.co.jp/factbook/auto/ACCORD/1985 …)←サンプル車はこれ

日本の今の道路状況ですと、信号からの発進は、普通は皆さん静かですよね。このような静かな場合の時のことを例にしていますが、2速でクラッチを繋ぐ時は、エンジン回転数は少なくとも 1000~1200rpmにはしたいものです。としますと、1速で、少なくとも1704~2045rpmにまでは上げて走行してから、ギアーチェンジして下さい。

(この、上記数値は、「例」のサンプル車両の、3代目アコードSiの話ですので、車両によっては数値が多少ずれます。)

上記数値は、車が、最も静かにゆっくりと加速する時の“最低限の回転数”。ということになりますので、もっと元気に(無駄に)急発進させたい場合は、
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa1988100.html)の ANo.9
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa3262935.html)の ANo.8
または、もっと過激な
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa3151568.html)の ANo.6 の「ロケットスタート」でも読んでみて下さい。


(話を元に戻しまして)、
まだ運転に慣れていない時に、やはり、つい、もたついてしまい、2速に入れたときに車速が遅くなってしまうような場合は、1速時に引っぱり気味にしてあげることは、初心者様には有効な運転方法の一つではあります。
ただし、
慣れて上手になった場合には、
例えば、「3速、4速、5速、と比べた場合、1速のほうがエンジン回転数を高めにするべき。」というわけではありません。(すみません、回答者様ANo.7様が、どういう意味で記載されたかは当方分りません。)


普通の運転では、上記のように、発進で1速から2速にギアーチェンジした場合の1速最後時のエンジン回転数よりも、2速から3速にギアーチェンジする場合の2速最後でのエンジンの回転数が、普通はさらに上げていますし、3速最後ではさらにもっと上げるべきです。(当然ですが、法定速度に達した時点で加速はやめて下さい。)

※「1速は、2045回転以上にはしない」とお勧めしているのではないですよ。(http://oshiete1.goo.ne.jp/qa3262935.html)の ANo.8 にも書きました通り、「3000回転とかまで引っ張ってしまっても良いですね」とありますね。(そのすぐ後「たぶん引っ張り過ぎですが」ともありますが)

「たぶん引っ張り過ぎですが」のすぐあとに、2速は3000回転まで引っ張れ、3速も3000回転まで引っ張れとありますね

そして終(しま)いには、「一般的に、ギアーが高くなるとエンジン回転数は若干上げ気味にしますね。」とまであります。「1速では本当は3000回転まで引っ張りませんが、4速では逆に、4000回転まで引っ張るとか。」で締めくくっています。

つまり、一定の雰囲気の加速状態(一貫して同じような乗り心地の加速状態)では、1速より2速、2速より3速、と、ギアーが上がるほどに、エンジン回転数も上げてから、次のギアーにチェンジするような感じになります。

つまり、「1速から2速へのギアーチェンジ時の1速時最後のエンジン回転数は、どちらかというと、他の時と比べてむしろ低め。」ということになります。


なぜ、そうなるかといいますと、エンジンは、回転数が上に行くほど、エンジンの力が「もりもり」してくるのです。こんな(http://www.mitsubishi-motors.co.jp/galant_fortis …)(http://www.honda.co.jp/factbook/auto/ACCORD/1985 …)感じにです。

2速以上(特に3速以上)ならエンジンパワーが強くてもいいのですが、1速の場合、この強烈なエンジントルク&パワーでは、車速が遅いのにエンジン音はうなりますし、アクセルも絞ってやらないと一気に加速して50km/hになってしまいます(レッドゾーン)。そこまでいかないようにするにしても、アクセルでコントロールするにはガクガク/ワンワンしてしまいますので、適当なところでクラッチは切って2速にギアーチェンジしたほうが良いですね。


逆に、“中間加速”といわれる領域では、パワーのある車でないと、中間加速の良い車は、ありません。

普通の車でそこそこの強い中間加速を得ようとすると、それこそエンジンをレッドゾーン近くまで回せるような低いギアーを選択しませんと全くダメですし、そのようなギアーを選んでやることが「正しい運転方法」になります。


つまり、例えば、高速道路で、5速で2800rpm位で 96km/h程度で走行中、ちょっと軽い上り坂になった所にさしかかったりして速度がさらに落ち始めたような時に、「あっ、100km/hに戻さなきゃ。」と、5速のままアクセルを床まで踏んでも、車はほとんど反応してくれない場合もあります(上り坂の傾斜や、車のパワーによります。)。
このような場合、5速のままアクセルを踏み続ける運転方法は間違っています。
4速にして、エンジン回転数を 3394rpmにしたいですね。
エンジンパワーの少ないそのような車でも、街中で1速で3000回転付近でアクセルを結構踏んだら、車は非常に速くて驚くと思いますよ。



最初のうちは、
1速から2速へのギアーチェンジに手間取っている間に車速が 15km/h~18km/h以下にまで落ちてしまう失敗があるようでしたら、1速で 1704~2045回転よりもはるかに高い回転まで引っぱっておいても良い考えですが、その回転数が「上手な目標」ではありません。

1速は、(豪快に加速する場合は 3000回転をはるかに上回る運転方法もありますが。)、

通常のスムース&エコな加速でしたら、1速に限り、3000回転を上回らないことが普通です。

(他のギアーでは、3000回転を上回ることはしょっちゅうです。)(といっても、法定速度がありますので、5速は 3000回転辺りで 100km/hの上限になりますね。「4速で 100km/hにまで持っていって、5速でクルージング。」といった感じです。)




お乗りになるお車の、こういう(http://www.honda.co.jp/factbook/auto/ACCORD/1985 …)図があると、実は分りやすいのですよね。
作りかたは、(http://oshiete1.goo.ne.jp/qa2673853.html)の ANo.9 と ANo.12 をご覧下さい。

計算から作ることもできますが、そのためには、(http://www.honda.co.jp/factbook/auto/ACCORD/1985 …)のような資料が必要です。特に、「変速比」と「減速比」が必要ですので、お車が新車当時に印刷された 『新車カタログ』でもなければ、計算からは図は作れません。この、「ギアー比」は、車のマイナーチェンジ時以外でも簡単に変更されたりしますし、同じ車でも時期が違えばカタログのデータも違う場合もありますし、同じ時期の同一グレードでもオプショナルでギアー比の違うものの存在がある場合もあります。よって、計算から図(表)を作るより、お乗りの実車のメーター読みから図を作ったほうが良いでしょう。簡単ですし、タイヤやスピードメーターなど自体が抱える誤差などもばっちり反映されたベストな表が作れるでしょう。作るといっても、各ギアーの、エンジン回転数と車速の正比例の直線図しか書けませんが、それ以外は要らないでしょう。
(メーター読みは、同乗者に読んで記録してもらって下さい。運転者がお一人で運転しながらメーターを直視することは、外の安全確認がおろそかになり非常に危険です。)


まあ、もしお車が、ガソリン車で、2リッターで、セダンクラスでしたら、この3代目アコードの図でも結構使えますよね(使えるかもしれませんよ)。

つい最近出た、ギャラン フォルティス SPORT(http://www.mitsubishi-motors.co.jp/galant_fortis …)の5MT車の速度と、そっくりです。



アコードSi 185/70R13 590mm
http://www.honda.co.jp/factbook/auto/ACCORD/1985 …)(http://www.honda.co.jp/factbook/auto/ACCORD/1985 …
円周率 3.1415926535897932384626433
タイヤ外周 1853.539665617978010692959547mm

1 3.166
2 1.857
3 1.259
4 0.967
5 0.794
F 4.066

タイヤが1回転する時のエンジンの回転数
1 12.872956
2 7.550562
3 5.119094
4 3.931822
5 3.228404

エンジンが6000回転時のタイヤの回転数(1分間)
1 466.0934131989575665449334247705
2 794.64283585778118238086118622693
3 1172.0824036440823317563615749193
4 1526.0100787879003678192959905103
5 1858.5034586749365940570015400799

エンジンが6000回転時の車速(km/h)
1 51.83535775485227199172167114686
2 88.374120975693211160899736591793
3 130.35007359163009779649786405954
4 169.71121266997134759647446830502
5 206.68859276053185532215467361582



ギャラン フォルティス SPORT 215/45R18 651mm
http://www.mitsubishi-motors.co.jp/galant_fortis …)(http://www.mitsubishi-motors.co.jp/galant_fortis …
円周率 3.1415926535897932384626433
タイヤ外周 2045.1768174869553982391807883mm

1 3.538
2 1.913
3 1.333
4 1.028
5 0.820
F 4.235

タイヤが1回転する時のエンジンの回転数
1 14.98343
2 8.101555
3 5.645255
4 4.35358
5 3.4727

エンジンが6000回転時のタイヤの回転数(1分間)
1 400.44235532184553203105030023166
2 740.59856410281729865439412557219
3 1062.8394997214474811146706393245
4 1378.1761217205150703558910138323
5 1727.7622599130359662510438563654

エンジンが6000回転時の車速(km/h)
1 49.13852531064675734235118952603
2 90.879300862032528738755101172553
3 130.42168233238426667459753079002
4 169.11683127341267264322812115087
5 212.01475920618076521614452261353



どこがそっくりかといいますと、「エンジンが6000回転時の車速(km/h)」の部分ですね。
1速 50km/h
2速 90km/h
3速 130km/h
4速 169km/h
5速 209km/h

といった部分ですね。ここまで近いと、上記アコードの図は、現在の車でも全く問題なく通用する、とても参考になる使える図ですね。

(両車とも、レッドゾーンも 6500rpm辺りのようです。)


なぜ、当方が、「エンジンが6000回転時の車速」というものを計算上の重要視するかといいますと、

例えば、3000rpmの時の車速が知りたい時は、半分にすればよいわけですし、

3333rpmの時の車速が知りたい場合は、6000で割って 3333をかければよいわけです。

ぜひ、参考にしてみて下さい。
 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。

お礼日時:2007/09/13 18:54

普通の(競技用ではない)車は1速と2速では2倍近い減速比が設定されています。

これはどういう事かというと、例えば1速で3000回転までエンジンを回しても、そのまま2速に繋ぐと1500回転近くまで落ちてしまうという事です。(実際の車だと60%弱位の物が多いので1600~1700位)

#2速以降は70%位

なので、特に1速から2速にシフトする際は、1速での回転数を少し高めにする必要があります。(他のギアより引っ張る必要がある)

#半クラッチ1~2秒は一般的には長過ぎだと思います。(1秒未満)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
コツは1速でのエンジン回転数を少し高めにしておくという事ですね。
なるほど。

お礼日時:2007/09/11 22:31

まず基本から教えましょう。


サイドブレーキは引いたままで、エンジンを掛けて、ギアをローに入れる。
そして少しづつクラッチを戻していきます。
すると、ある時点で回転計の針が落ち始めますね。そこがローギアが繋がる場所です。
クラッチの足をどの位戻せばローギアに繋がるか、これを感覚的にマスターしてください。この場所が半クラッチの場所でもあります。

次に、基本的な発進ですが、ガタガタとなるのは、クラッチの戻しが早すぎて、かつアイドリングに近い状態、即ちエンジンの回転を上げないでそのまま繋いでいる時に起きます。
エンジンの回転が上がっていてもクラッチの戻しが早いと、ガクガクとなり、最悪はすっ飛んでいきます。
ですから、エンジンの回転を1000回転から1200回転くらい上げてから、クラッチをゆるりと繋げばガタガタしないで発進できるはずです。

ローからセカンドへの繋ぎですが、コツはローからセカンドの際に、アクセルを戻してしまうのではなくて、気持ち踏んだまま、即ち、回転を少し保ったままセカンドに入れると、スムーズに入ります。
クラッチも素早く戻すのではなく、ゆるりと戻す感じでいきましょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
なるほどエンジンの回転数を1000~1200回転ぐらいにするんですね。
今度、MT車に乗る機会があれば確認して試してみます。

お礼日時:2007/09/11 22:26

車が動き出したら、スッパリと繋いで、アクセルを踏み込みます。


それだけです。
細かいことは足が勝手にやってくれます。
慣れるだけです。細かいことは気にしない。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
ちょっと難しく考えていたのかもしれませんね。
>車が動き出したら、スッパリと繋いで、アクセルを踏み込みます。
単純明快な答えで分かり易さNo.1ですな。

お礼日時:2007/09/09 17:07

※シフトチェンジ時の話


焦りすぎ。早くしないと!と思ってエンジンの回転数が足りてないのにシフトチェンジしようとしている可能性。
orのんびりし過ぎ。エンジンの回転数が適正だったのに、半クラとかクラッチは静かに!とか考えすぎて回転数が落ち過ぎてる可能性。
がたがた鳴るならばアクセルを少し踏み込めば問題ない。

※発進時の話
教習車はガスを使用してるので馬力がない。
その関係でアクセルを多少は強めに踏み込まないと…。
アクセルを多少強めに踏んでも、半クラが正確ならばエンストしない。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。

お礼日時:2007/09/09 17:05

発進時は半クラが長いのではないでしょうか。


半クラ自体そもそも一瞬なのですがこれより早く繋げてください。
ローからセカンドは速度をもっと出してください。

トラブルの原因は早いか遅いかですので加減して試してください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。
発進時の半クラは大体1秒~2秒ぐらいしていると思います。教習所では、そう教えられました。これは長いのでしょうか?

お礼日時:2007/09/09 17:04

「プロ」ではないですが、しょっちゅう古い軽トラに乗っているので自信があります。

(運転暦4年だったでしょうか・・・)

たしかにローからセカンドに入れるときはプルプルとがたつきますよね。最初は。
今は自転車に乗るようなもので、感覚です。

■ローからセカンドに入れるときに少し発進と同じように回転数を上げて(少し吹かして)半クラのように入れてみてください。最初はローからセカンドに、をプロのレーシングドライバーのような感じでスムーズには行かないですが。プルプル感は軽減されると思います。続けているうちにローからセカンドに入れるスピードが速くなってきてスムーズにいくはずです。最後は慣れですね。コツはこんなところでしょうか。
■難しいですが、半クラの位置で一瞬にシフトチェンジするときもちよくきまります。あなたの車の半クラの位置を探してそこでシフトチェンジすると完璧に入ります。

補足(予想):エンジンの回転数が低い状態で次のギアに入るとどうしてもそうなると思います。トルクの高い車などはあまりそのようなことは起きないですが。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。

お礼日時:2007/09/09 17:01

 プロではないのですが、一昔前のMTが当たり前だった時代の経験者として回答します。


 簡単に言えば、シフトチェンジの時アクセルでエンジンの回転数をコントロールしてクラッチをつなげてください。
 シフトチェンジの時エンジンの回転数が合っていない、あるいは、トルクが薄いポイントでつなげている可能性があるからです。
 それが難しければ、シフトチェンジの時も半クラを経由してクラッチをつなげてください。半クラといっても形式的にクラッチペダルのストロークの半分だけというのではなく、エンジン音とタイヤへのトルクのかかりかたでコントロールしてください。

 ならうより慣れろで、運転していればそのうちできるでしょう。
 教習車と同じ特性の車の方が世の中では珍しいと思うぐらいの気持ちで。

この回答への補足

早速、回答ありがとうございました。
素人で恥ずかしい話なのですが、半クラの位置は車によって違いますよね。それで、車を発進させる前に半クラの位置を知るにはどうすればいいのでしょうか?MT車は毎日乗るわけではなく、月に数回しか乗らず慣れないもので。

補足日時:2007/09/09 16:55
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q公道でのMT車の速い発進、それからのシフトアップについての相談です

公道でのMT車の速い発進それからのシフトアップの方法はありますか?
なるべく週に3~4回は車に乗っているのですが(おもに夜です)、信号発進などに後ろのミニバンとかに煽られることがよくあります・・・・

発進の時なんですが、僕は2~3秒ほど滑らせて1600~1700回転位でやっているのですが、これ以上早く、そして低回転で発進するとガクガクしたりエンジンがカラカラ鳴ってしまいます・・・
半クラッチは何秒くらい、回転数はどのくらいがベストでスムーズかつ速いのでしょうか???

また発進してからの1から2のシフトアップなんですが、1速はどれくらい回したほうがベストでしょうか??
そしてシフトアップの際の回転合わせやアクセルやクラッチ操作はどのようにするのがベストで速くてスムーズでしょうか??
あと1→2のシフトアップの時、アクセルは全部戻さずに、クラッチを滑らせながらつなぐというやり方があるのを聞いたのですが、そのような方法は良いのでしょうか??

以上です、よろしくお願いします!

Aベストアンサー

昔、国内A級ライセンスを持ってたものです。
半クラッチはクラッチの寿命を減らします。
レーシングカーのクラッチは強化クラッチで半クラは絶対にしてはいけないものです。
公道でも半クラッチの多用は何においてもよくありません。
2~3秒はあきらかに長いと思います。1~1.5秒でしょう。
もしかするとその2~3秒の間に駆動力がスムーズに伝わらないのであおられるのかも知れません。

あおられて気にしていても危険なだけです。

スタートは2000回転ぐらいまであげてみてもいいでしょう。これはメーターを見ながらやるというより、感覚で身に着けるものです。視線は基本的には前方です。
シフトアップは一速で4000回転ぐらいで十分でしょう。公道ではタクシーの運転手さんの走りが参考になります。回転メータに視線をあまり置き過ぎないよいうにしましょいう。危険ですので。

トランスミッションとクラッチに負担をかけないために、
シフトアップ時はアクセル全て戻し、半クラ厳禁と覚えてください。

QMT車の方がスタートが速い?

AT車よりもMT車の方が加速が速いってどういう事なんでしょうか?ここのサイトでもそのような発言を時々見かけます。

でも私の運転はMTの方が遅いです。
ギアチェンジにかかる時間(つながっていない時間)が長いからなんでしょうか?

ATが自動でやってくれるシフトアップより、MTで人間がやる方が速くなるって考えられないのですが・・・

それとも各ギアで引っ張る時間が関係あるんでしょうか?速く加速するにはどうしたら良いのでしょうか。

*公道をサーキットと勘違いしているわけではありません。流れに乗る為、信号待ち&スタートで後ろに迷惑をかけないようにしたいと思っています。

Aベストアンサー

なれればMT車のほうが早くシフトチェンジできますよ
ただし、街中で普通に走っているときはAT車よりもギヤチェンジは遅くなるのが一般的ではないでしょうか

AT車は速度、アクセルの踏込み量、エンジン回転数を基にコンピュータ制御でチェンジタイミングが決まっています
ですので、なれていない人でもアクセルさえ多めに踏めば加速がよくなります


MTはその名の通り手動です
アクセルを多く踏んでも、エンジン回転数が低くても高くても、速度が遅くても速くても 人間がチェンジするタイミングを決めなくてはいけません
エンジン性能曲線や走行性能曲線というグラフから一番効率の良いチェンジタイミングを割り出すことが出来るのですが、車に詳しくないとどこをどう見ていいか分からないと思います
http://www.jaf.or.jp/qa/answer/base/image/b.gif
こういうグラフです(JAFのサイトより引用)


そこで大体の目安として、レットゾーンの少し手前くらいまでエンジン回転を上げてからギヤチェンジをすると、加速が良くなります
一般道ではそこまで引っ張る必要はありませんが、高速道路での合流などではレットゾーン手前くらいまでしっかりと各ギヤを引っ張ってください

なれればMT車のほうが早くシフトチェンジできますよ
ただし、街中で普通に走っているときはAT車よりもギヤチェンジは遅くなるのが一般的ではないでしょうか

AT車は速度、アクセルの踏込み量、エンジン回転数を基にコンピュータ制御でチェンジタイミングが決まっています
ですので、なれていない人でもアクセルさえ多めに踏めば加速がよくなります


MTはその名の通り手動です
アクセルを多く踏んでも、エンジン回転数が低くても高くても、速度が遅くても速くても 人間がチェンジするタイミングを決めなく...続きを読む

QMTでガクってなります

18歳の女です。
MT車を運転していて、加速チェンジをするときにローからセカンドに入れるときと、セカンドからサードに入れるときに車がガクってなります。
エンストしたりはないのですが、何が原因ですか?どうやったらガクっていかなくなりますか?

Aベストアンサー

程度はあれど、多少はガクッとしますよ、しないのはかなりうまい人です。
するしないの違いは
1.車の違い
セダンとかセダンベースのクーペとかはパワーがないので、クラッチのつながりはルーズです。そのため初心者でも結構楽です。
スポーツタイプとかになると大きなパワーを受け止めるためクラッチがタイトになりエンストしやすかったりガクッとなったりします。

2.つなぎ方
簡単に言えば半クラがきちんとできていないときや、エンジンの回転数が適切でない場合はがくっときます。

3.回転数
逆に回転数に応じた適切なギアに入れていないのにチェンジするとガクッときます。

半クラになる位置とか把握されていますか?

Q2・3・4速で変速ショックを無くすために(半クラッチ?)クラッチを痛めますか?

こんにちは
今度レンタカーで久しぶりにMT車に乗ります。

タイトルの通りなのですが、クラッチは一気に繋ぐのが良いらしいと言うのは聞いたことがあります。っが、2・3速あたりで繋ぐと隣に乗っている人が前後に揺れてしまうので、ほとんど無意識のうちに半クラッチ(というより1速→2速の半クラッチとは違い、2速→3速のときに急に0から100繋ぐのではなく0~100まで0.5秒くらいで繋ぐ感じです。その時アクセルも連動してじんわりと)をしてしまいます。

さすがに高速道路など高速域ではショックも少ないので、一気に繋ぎますが、低速域の加速中にこういうクラッチの繋ぎ方をするのはダメでしょうか


個人的に、極端なクラッチの磨耗がなければ、何年かごとに交換すればいいかと思っています。
心配なのは、急に繋がらなくなったり、発熱などの問題がおこらないか?と言うことです。

よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

もちろんクラッチはなるべく滑らせない方が減りは少ないです。
但し、良く「スパッと繋ぐ」とは書かれているが、勘違いしているヤツのに乗ると「ガツン」と来て甚だ乗り心地悪し。
物理的に一番負担が掛かっているのは停止-1速、次に1-2速であるから、
バランスから言ってここを0.3secぐらいで繋げばBestだと思っています。
それ以上はそんなに気にしなくてもショック無しで変速できるはず。
コツはクラッチを切る1秒ぐらい前に(同乗者に気付かれない程度に)アクセルを抜いてやるコト。
下のギヤのバックラッシュだけでカウンターギヤも抜けるし、エンジンrpmが下がったところに上のギヤ突っ込むから変速ショックは皆無。(但し、車によってrevの下がり方とギヤ比は違うので慣れは必要です。)
ちょんってきるだけで変速できるから基本的に切っている時間も最短、更にショックがないってことはクラッチの負担が無いって事。慣れた車だとクラッチ切らずにシフトアップ/ダウンができるはずです。(←一番クラッチは減らない ^^)
競技で加速し続ける必要がある時には当てはまらないけど、質問者様はそうでないと思いますから。
シフトアップで変速ショックが無い運転は上手だと感じます。
あと、よっぽど半クラ使う人でも滅多にクラッチのすべりは発生しないので、質問者様の意識レベルでレンタカーならば全く問題なしのはずです。クラッチ磨耗は前兆がありますから、急に繋がらなくなる事はありません。
敬語、言い切り表現混在で失礼しました。仕事中なもので -_-;

もちろんクラッチはなるべく滑らせない方が減りは少ないです。
但し、良く「スパッと繋ぐ」とは書かれているが、勘違いしているヤツのに乗ると「ガツン」と来て甚だ乗り心地悪し。
物理的に一番負担が掛かっているのは停止-1速、次に1-2速であるから、
バランスから言ってここを0.3secぐらいで繋げばBestだと思っています。
それ以上はそんなに気にしなくてもショック無しで変速できるはず。
コツはクラッチを切る1秒ぐらい前に(同乗者に気付かれない程度に)アクセルを抜いてやるコト。
下のギヤのバ...続きを読む

QMT車で、上り坂でジリジリと前進するコツ

RX-7(FD)に乗り始めて4ヶ月ほどの者です。マニュアル車の運転は初めてです。
最初の頃に比べるとシフトチェンジやクラッチ操作も徐々に慣れてきましたが、緩やかな上り坂で、ジリジリと少しずつ前進しないといけないような所での操作が苦手です。例えば、見通しの悪い十字路で、左右から車が来ないか少しずつ前進しながら確認しないといけないときなどです。ミラーがあっても、交差している道がカーブしてるので非常に確認しづらいのです。平地でもジリジリと前進するのは苦手ですが、これが上り坂となるとさらに・・・。何かコツはありますか?やっぱり半クラにしておくのですよね?
もう一つ質問があって、特に半クラを多用したときに、焦げる臭いがします。ロータリーは仕方ないことだと言われましたが、問題ないのでしょうか?

Aベストアンサー

半クラッチです。

半クラッチ使用が必ず正しいのですが、

1つだけ注意点は、「クラッチが熱くなり過ぎるほどにやってはダメ!」です。


イメージとしては、フロントブレーキと全く同じです。走行直後は、触れないほどに熱くなっていますよね。
もし、あの熱さを超えるようでは、フロントブレーキも効かなくなりますし(フェード)、そこまでの長時間のフットブレーキ使用は、間違っています。

クラッチも全く同じなのですが、

逆の言い方をすると、「あの程度(普段のフットブレーキのフロントブレーキ)の時間の連続使用なら、問題が無い。」とも言えます。
(厳密には、クラッチのほうは、密閉された中で起きることですし、クラッチ版自体がブレーキパッドより薄いので、フットブレーキ比でもう少し繊細に考えてやる必要はありますが。)

(http://oshiete1.goo.ne.jp/qa3151568.html)の ANo.6



☆【 緩やかな上り坂を、静々と進んでみる方法。】

・アクセルペダルを踏む右足は、必ずかかとを床に付けっぱなしにして下さい。

・クラッチペダルを踏む左足は、必ずかかとは上げたままにして下さい。


クラッチ切って1速に入れて、ハンドブレーキで車を止めたまま右手はハンドブレーキを引いたままの状態(リリースボタンは押したまま)。から始めますね。

1. アクセルペダルを踏んで、アイドリング回転数の 1.5倍程度の回転数にして、右足は固定します。

2. 右足は固定したまま、クラッチペダルを半クラッチに付けたと同時に、ハンドブレーキは解除して、

3. クラッチペダルのみで車速をコントロールします。


この時、エンジン回転数は、アイドリング回転数の1.2~1.4倍程度でキープできていると良いですね。

目安は、平地では1.2倍。 緩い(わずかな)上り坂は、1.3倍~。 急な上り坂になれば、1.4倍は超えて、それこそもっと高い回転数が必要な場合もよく出てきます。


半クラッチは、軽く繋がっている程度で良いと思います。車が下がってしまわないギリギリのところで繋いで、ペダルを0.5ミリ手前に戻せば(繋げば)前進してくれる程度。(坂が急なら、アクセルはもっと踏み込んで、クラッチはもっと繋ぐ必要が出てきます。)


半クラッチは、実は、熱くならないように、5~7秒ごとに、完全に切ってクラッチペダルを床までいっぱいに踏んでやって、冷ましてやる必要があります。

切るのは素早くやります。

この時、もし車が速度ゼロになったら、ハンドブレーキかフットブレーキか、どちらかやり易いほうで止めて下がることを防ぐことは忘れないようにして下さい。

止まる必要が無い場合は、普通は、車速が落ちる前に再び半クラッチで繋いで(弱く薄く繋ぐ)、上記の3.を繰り返しながら進みます。


つまり、冷ますためにクラッチを切る場合も、可能な限り素早く一気に切り、1秒冷まして、再び繋ぐ時も、半クラッチの始まるところの手前までは、一気にクラッチペダルを戻す必要があります。

クラッチペダルの、半クラッチが始まるところの手前の位置は、左足に覚えこませておく必要はあります。

7秒-1秒-7秒-1秒-7秒 では、完全に、冷ます時間が足りな過ぎますので、断続クラッチをする場合は、3~4秒-1秒-3~4秒-1秒-3~4秒-1秒-3~4秒 といった配分にしてやる必要があります。

上記の5~7秒というのは、「その後、クラッチは完全に繋いで発進できるような場合。」や、「坂自体が相当緩やか、しかも、断続は2回程度で済みそう。」な場合のみ。です。



まずは何よりも先に、平地での練習ですね。

(http://oshiete1.goo.ne.jp/qa3691782.html)の ANo.9


平地でこれができるようになっていれば、あとは、上り坂での操作は、この延長上の操作でしかありません。発進のときにハンドブレーキを使い、必要な時(止まってしまい 下がってしまいそうな時)にはハンドブレーキで止める。これだけです。


「焦ったら必ずクラッチは完全に切る」 これだけを自分に言い聞かせておけば、急発進で失敗することも無いでしょう。


クラッチは、焼いてしまうほど長々繋いではいけませんが、だからといって、「早く完全に繋いで半クラッチ状態を脱しないと」と不要に焦ってしまう必要は無いです。



ロータリーエンジンゆえに、エンジン回転数の低い時にはエンストしてしまいそうな場合は、
上記より、気持ちエンジン回転数は高めに設定し、クラッチを気持ち弱く薄く繋げば (この場合の繋いでおく時間は、気持ち短めに。)、
スムースにできるかと思います。


 

半クラッチです。

半クラッチ使用が必ず正しいのですが、

1つだけ注意点は、「クラッチが熱くなり過ぎるほどにやってはダメ!」です。


イメージとしては、フロントブレーキと全く同じです。走行直後は、触れないほどに熱くなっていますよね。
もし、あの熱さを超えるようでは、フロントブレーキも効かなくなりますし(フェード)、そこまでの長時間のフットブレーキ使用は、間違っています。

クラッチも全く同じなのですが、

逆の言い方をすると、「あの程度(普段のフットブレーキのフロント...続きを読む

QMT車でAT並みの発進の仕方をする方法

MT免許持ってますが、普段はAT乗りです。

信号待ちの後、信号が青になった時に発進しますがこの時ATならアクセルペダルを踏んでいくだけですいすい加速していけます。
MT車はATと比べて遅れてくるだろうなぁと思ってみていると、全然遅れないで同じように進んできます。
MT車が苦手な私は、毎回すごいなぁと思っています。

皆さんはMT車の時の発進はどのようにしてすいすい加速していますか?
ローから半クラッチで進んだらすぐさまセカンドにして、20キロぐらいになったらすぐさまサードにして、またちょっと加速したら4速という感じでしょうか?
こういうやり方でAT並みに進んでいけますか?

Aベストアンサー

半クラを意識する間はATにかないません。
理屈ですが、いったん動き出せば慣性エネルギーがたまります、また走行に対する抵抗は動き出す直前が最も大きくなります、動き出せば抵抗は小さくなります(滑り摩擦では最大静止摩擦といわれます)。
エンジンブレーキは慣性エネルギーがエンジンを回します。
つまり、いったん動き出したら、本来は簡単には止まりません。
動きはじまる一瞬だけ、あとは速やかにクラッチをつなぎ、同時にアクセル踏み込むだけ。
>ローから半クラッチで進んだらすぐさま
半クラは不要というより加速をロスしているだけで邪道、クラッチそのものの構造がいきなりつながらないようになっています、半クラなんて意識する必要ありません(いきなりつなぐか、それなりの時間かけてつなぐかの相違はあります)半クラを意識すると、途中で止めよう(調整しよう)とします、これが失敗の原因です。
排気量にもよります、3LクラスだとATですが時速80Kmからでも躊躇せずセカンドでエンジンブレーキ使用できます、裏を返せばセカンドのまま時速80Kmまで引っ張れます。

Q卒業検定に落ちた人!

卒業検定に落ちた人!
(ペーパー試験じゃなくて、実技の方)

どの理由で落ちたか教えてください。
あと10日程で、卒業検定です。
参考にさせてください。

Aベストアンサー

一般的なことは,皆様が書かれている通りです
自分は一発合格でしたが
私の卒業した学校であった,変わったエピソードがあります
参考まで

交差点手前でで一台のトラックが止まっていたのですが
検定車5台の内,先頭の運転手が信号待ちと判断
トラックの後ろに停止,残り4台も同様に停止しました
ところが,トラックは信号待ちではなく
交差点近くの電話ボックスで電話する為に停車していただけだった
検定者は誰も気付かず教官に指摘された
ところが,車間距離が近すぎて,免許所持者なら切り返しで
抜けられるところ,未熟なため列から抜け出せず
全員が100点原点で不合格になった(実話ですよ)

ポイントは状況判断ミスと走行不能による検定中断になったため
一般的なことは皆様書かれているようなことで
おそらく,質問者様もある程度予測できていることも
あると思います
上のような,予測不可能な事態に巻き込まれたとき
如何に判断して抜け出せるかだと思います

運とか,こういう場面に出くわす確立とか
ありますが,平常,冷静を保つことが大事です!!

一般的なことは,皆様が書かれている通りです
自分は一発合格でしたが
私の卒業した学校であった,変わったエピソードがあります
参考まで

交差点手前でで一台のトラックが止まっていたのですが
検定車5台の内,先頭の運転手が信号待ちと判断
トラックの後ろに停止,残り4台も同様に停止しました
ところが,トラックは信号待ちではなく
交差点近くの電話ボックスで電話する為に停車していただけだった
検定者は誰も気付かず教官に指摘された
ところが,車間距離が近すぎて,免許所持者なら切り返し...続きを読む

QMT車 発進時の半クラ時間に関して

こんにちは。25歳 男です。
初めて投稿致します。宜しくお願い致します。

タイトルの件ですが、現在私はアコードSir-T(CF4)に乗っています。
2ヶ月程前に乗り始めたのですが、
運転操作に関して変な癖を付けたくない為、
正しいクラッチ操作をご教授頂ければと存じます。
最近はMT乗りが少なく、身近に聞ける人がいませんので、
恐れ入りますが、下記宜しくお願い致します。

発進時の半クラに関して、本サイト様の他質問を拝見していると、
半クラ時間は約0.5秒から1秒程度で充分との回答が多く、
車が動き出せばすぐにクラッチを繋いで大丈夫とのお話です。
(私は2~3秒程度 半クラ状態を維持しています。)

しかし、アクセルを踏み込んだ際のエンジン回転数以下の車速で
クラッチを完全に繋ぐと、エンストや車体の揺れが生じますよね?

例えば、1400rpm(停止状態)から半クラ状態を作り、
クラッチの抵抗で1000rpm(半クラ状態)まで回転数が下がった状態で発進していく場合、
1000rpmに見合った車速が出る前にクラッチを完全に繋ぐと揺れ等が
生じるのでは無いかという意味です。

これは逆に言えば、0.5秒から1秒の間に1000rpm時の車速まで達する様な加速をすれば良いという解釈で宜しいのでしょうか?

今までAT歴が長く、クリープ現象→ゆっくり加速の流れが
身に付いていますので、加速は遅い方だと思います。

以上、恐れ入りますがご教授頂ければ幸いに存じます。

こんにちは。25歳 男です。
初めて投稿致します。宜しくお願い致します。

タイトルの件ですが、現在私はアコードSir-T(CF4)に乗っています。
2ヶ月程前に乗り始めたのですが、
運転操作に関して変な癖を付けたくない為、
正しいクラッチ操作をご教授頂ければと存じます。
最近はMT乗りが少なく、身近に聞ける人がいませんので、
恐れ入りますが、下記宜しくお願い致します。

発進時の半クラに関して、本サイト様の他質問を拝見していると、
半クラ時間は約0.5秒から1秒程度で充分との回答が多く、
...続きを読む

Aベストアンサー

>現在私はアコードSir-T(CF4)に乗っています。

ホンダのマニュアル車って、最高ですよね。
私も今、メインユースの車はホンダのマニュアル車ですね。2リッターのMT車。
{(http://oshiete1.goo.ne.jp/qa4763679.html)←これは雑談なので 今見なくてもよいですが、、}



>発進時の半クラに関して、本サイト様の他質問を拝見していると、
>半クラ時間は約0.5秒から1秒程度で充分との回答が多く、
>車が動き出せばすぐにクラッチを繋いで大丈夫とのお話です。

私の回答ではないですね。



>しかし、アクセルを踏み込んだ際のエンジン回転数以下の車速で
>クラッチを完全に繋ぐと、エンストや車体の揺れが生じますよね?

(http://oshiete1.goo.ne.jp/qa5581214.html)の No.5



>例えば、1400rpm(停止状態)から半クラ状態を作り、
>クラッチの抵抗で1000rpm(半クラ状態)まで回転数が下がった状態で発進していく場合、
>1000rpmに見合った車速が出る前にクラッチを完全に繋ぐと揺れ等が
>生じるのでは無いかという意味です。

1000r.p.m.に見合った車速(例えば8.3km/h)が出るまでは、半クラッチを維持させます。

ただし、1速の場合は、そのままグワ~ッと加速させるわけでもないのなら、アイドリング回転数程度でクラッチを繋いでしまっても問題がない(通常行う操作)シチュエーションがあります。

ジワリと加速させるのなら、そのままクラッチを完全に繋いだまま アクセルだけで絶妙にゆっくり加速させていくことだって出来ます。

もちろん、例えば仮に6km/hで1速で完全にクラッチ繋いでいたとしても、そこから強めの加速をさせる場合は、一旦クラッチを切ってエンジン回転数を1000r.p.m.以上にし、そこから半クラッチで繋いでいきながらアクセルも踏んでいって加速させるものです。

例えばその場合、クラッチ切って アクセルで2000r.p.m.まで上げてから半クラッチで繋ぎ、そのままアクセルで2000r.p.m.を維持しながらクラッチをグゥッと更に繋いでいき、クラッチが完全に繋がるのなんてのは「16km/h」なんてのも普通の操作(強めの加速の場合)です。そのまま1速で3000~4000r.p.m.へ回してから、2速へシフトアップですね。



>これは逆に言えば、0.5秒から1秒の間に1000rpm時の車速まで達する様な加速をすれば良いという解釈で宜しいのでしょうか?

0.5秒って数字は、ちょっと無い数字でしょう。
1秒、これも、気にする必要も無い言葉だと思います。
言葉のあやで、1秒と言うのなら問題ないですが、その程度の時間だと、繋いだ時はアイドリング回転数を割り込んでしまうのではないでしょうか。

考え方としては、1000r.p.m.以下ではクラッチは完全には繋がない。という基本的考え方で良いかと思います。
(ただし、上でも書きましたが、1速や2速まででしたら、1000r.p.m.以下でクラッチを完全に繋げてしまうこともあります。1速で6~7km/hで走り続けたい場合や、2速で11~12km/hで走り続けたい場合。)



>今までAT歴が長く、クリープ現象→ゆっくり加速の流れが
>身に付いていますので、加速は遅い方だと思います。

でしたら、

1. アクセル踏んで1000r.p.m.
2. 半クラッチで繋ぎ始め、
3. 1000r.p.m.を下回らないようにアクセルをコントロールしながら、
4. 8.3km/hまでのスピードコントロールは全てクラッチペダルで。(半クラッチ操作)
5. 8.3km/hに達した時点で、クラッチは完全に繋げる。
6. その後の加速の続きは、アクセル加減で。

こんな感じでベストでしょう。


また、多少慣れて上手になってきたら、上の 2. とか 3. とか 4. とかのところで、

2. 半クラッチで繋ぎ始めながら、
3. 車はゆっくり加速させつつ、エンジン回転数は1000r.p.m.→800r.p.m.へゆっくり移行させつつ、
4. 6.6km/hまでのスピードコントロールは全てクラッチペダル。(6.6km/h・800r.p.m.でクラッチは完全に繋げられる。)

こんな操作が出来るようになるかもしれません。



>以上、恐れ入りますがご教授頂ければ幸いに存じます。

当方が最近、教習中のかたへ書いた回答がありますので、一応載せておきます。
(http://oshiete1.goo.ne.jp/qa5511396.html)の No.6
(http://oshiete1.goo.ne.jp/qa5520770.html)の No.4
(http://oshiete1.goo.ne.jp/qa5531844.html)の No.3
(http://oshiete1.goo.ne.jp/qa5580620.html)の No.5
(http://oshiete1.goo.ne.jp/qa5581214.html)の No.5
ご質問者さんが別のかた(http://oshiete1.goo.ne.jp/qa5553886.html)の No.10

あとは、、、
こんなのも、参考には なるかな。
(http://oshiete1.goo.ne.jp/qa4156798.html)の No.3




アコードのマニュアル車って、凄く良い車ですよね。
ホンダの車って、日本の狭い道路でも、なぜか快適に乗りこなせますよね。
不思議な車です、とっても良い車ですよね、ホンダのマニュアル車!
 

>現在私はアコードSir-T(CF4)に乗っています。

ホンダのマニュアル車って、最高ですよね。
私も今、メインユースの車はホンダのマニュアル車ですね。2リッターのMT車。
{(http://oshiete1.goo.ne.jp/qa4763679.html)←これは雑談なので 今見なくてもよいですが、、}



>発進時の半クラに関して、本サイト様の他質問を拝見していると、
>半クラ時間は約0.5秒から1秒程度で充分との回答が多く、
>車が動き出せばすぐにクラッチを繋いで大丈夫とのお話です。

私の回答ではないですね。



...続きを読む

Q1→2速へのシフトショックが無くせない。

はじめまして。

去年の5月に免許を取り、
ミラの4ナンバー車(10ヶ月運転)→デミオスポルト(1ヶ月弱運転)
と乗り継いできました。共にMT車です。

2→3・3→4・4→5のシフトチェンジの時は大分ショックが和らぐようになりましたが、
1→2速にシフトチェンジの時はどうしてもガクッとなってしまいます。

回転数はだいたい2800~3200ぐらいで1→2にシフトアップしています。
ショックを無くすには、どのような工夫をしたら良いでしょうか?

Aベストアンサー

ゆっくりクラッチを繋ぐことですね。

たしかに、「半クラッチを長くするのはよくない」ということはご存知かと思いますが、

だからといって、ショックが強く出るほどすばやくクラッチを繋ぐということは 間違っています。

よって、早過ぎないように、丁寧にクラッチを繋ぎます。


ところで、軽自動車でしたら、ある意味 上達も早いはずなのですが、10ヶ月プラス、それと、デミオで1ヶ月ですね?

ショックは、どのようなものなのでしょうか?

前にのめるような、ブレーキがかかったようなショックですか?

それとも、急加速するような、背中がドンとなる雰囲気なショックでしょうか?


前にのめるような、ブレーキがかかったようなショックでしたら、アクセルの踏む量が足りないのですね。(繋ぐ時のエンジン回転数が低い)

逆に、急加速するような、背中がドンとなる雰囲気なショックでしたら、アクセルを踏んでいる量が多いのです。(繋ぐ時のエンジン回転数が高過ぎる)


まずは、クラッチの繋ぎかたを多少ゆっくり目に丁寧に行い、

と同時に、アクセルの量も調整するとよいでしょう。

(http://oshiete1.goo.ne.jp/qa2047554.html)の ANo.6
(http://oshiete1.goo.ne.jp/qa1988100.html)の ANo.9

などが参考になるでしょうか。

2コ目のURLは、力強い加速のしかたの説明でもありますので、逆に、普通に発進~加速したいような場合は、1速で1000~1500回転頃にはすでにクラッチを切って2速にしてしまうような運転方法もありますし、慣れてくればむしろ普通はこんな感じですね。1速の場合のみの話ですね。
(3~5速で1000~1500回転域での運転はしません。するとしても、平地での惰性走行から減速に入るような頃だけ。アクセルは踏まない。)


他にも、いくつかURLがありますので、(http://oshiete1.goo.ne.jp/qa2849121.html)の ANo.19 の中から、気になるのをご覧下さい。かなり参考になるかと思います。


例えば、人が車を後ろから押してくれれば、2速発進が可能ですよね?

または、(同じ話ですが)、若干の下り坂道でしたら、2速発進可ですよね?

つまり、わざわざ1速に入れなくとも、発進しますね?


つまり、2速発進が可能な速度って、だいたい、自転車が普通にリラックスして走っているような速度ではないでしょうか?時速にして、4km/h~8km/h位。

この位の速度が出ていれば、街乗りに必要な普通の加速程度なら、2速発進が良いのです。


つまり、停止状態からの1速発進時も、 4km/h~8km/h位出れば、クラッチを切って2速にして良い訳ですね。


この場合、1速半クラッチ発進のイメージで、2速に繋ぐ時にも若干半クラッチ気味で繋いで良いでしょう。(練習初めの頃)

そしてだんだんと、半クラッチ気味の時間を短めにしていけばよいでしょう。


デミオも、練習にはもってこいの、とても良いお車だと思いますよね。(1500DOHCですと。ちょっと良過ぎる位に良いかな?)
練習にも良し~上手になっても申し分ない良い車。 といったところでしょうか。
練習車として見ても良いお車をお持ちですので、道具は揃っているようですね。

ゆっくりクラッチを繋ぐことですね。

たしかに、「半クラッチを長くするのはよくない」ということはご存知かと思いますが、

だからといって、ショックが強く出るほどすばやくクラッチを繋ぐということは 間違っています。

よって、早過ぎないように、丁寧にクラッチを繋ぎます。


ところで、軽自動車でしたら、ある意味 上達も早いはずなのですが、10ヶ月プラス、それと、デミオで1ヶ月ですね?

ショックは、どのようなものなのでしょうか?

前にのめるような、ブレーキがかかったようなシ...続きを読む

QMT車の発進時のクラッチ操作

路上にて、MT車で発進をする際、アクセルを少し踏んで、クラッチを徐々に離しますが、時々エンストしてしまいます。
発進時、もっとアクセルを踏み、エンジンの回転数を上げれば、多少クラッチを上げるのが早くても、エンストせずに発進するのでしょうか?

Aベストアンサー

1つだけ、ワンポイントアドバイス。


アクセルを少し踏んで、クラッチを半クラッチに繋ぐ時、「クラッチペダルは、半クラッチ状態でそのまま少し止めておく。」のです。

(いつまでも半クラッチのままにするのはよくないので、車が無事動き出したら、ゆっくりまたクラッチを繋いで下さい。)



なお、

言葉の話 ですが、



「クラッチを繋ぐ」=クラッチペダルを床から離して、やがてペダルから足を離す事を言う。(動きの方向としては、ペダルを手前に引く方向。)

「クラッチを切る」=クラッチペダルを踏み込む事を言う。



クラッチを離す というと、床から離すという意味で分かりますが、「切る」も離すに近い言葉上の意味合いがあり、クラッチ操作では真逆の操作になってしまいますので混同しやすくなってしまいます。

「切る」・「半クラッチで繋ぐ」・「繋ぐ」 という言い方でこれから統一されるほうが、教官などとの話も簡単に理解し合えると思います。



(http://oshiete1.goo.ne.jp/qa3235616.html)の ANo.8
(http://oshiete1.goo.ne.jp/qa3277931.html)の ANo.6
 

1つだけ、ワンポイントアドバイス。


アクセルを少し踏んで、クラッチを半クラッチに繋ぐ時、「クラッチペダルは、半クラッチ状態でそのまま少し止めておく。」のです。

(いつまでも半クラッチのままにするのはよくないので、車が無事動き出したら、ゆっくりまたクラッチを繋いで下さい。)



なお、

言葉の話 ですが、



「クラッチを繋ぐ」=クラッチペダルを床から離して、やがてペダルから足を離す事を言う。(動きの方向としては、ペダルを手前に引く方向。)

「クラッチを切る」...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング