ダイエットのためインシュリンを勉強中です。

コンビニなどで20円くらいで売っているチョコ一片を食べた場合、大体でいいので(1)インシュリン分泌開始は食後どれくらいで始まるか(2)またそれは何時間くらい続くか ご存知のかたおしえてください

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

私の意見だけ長々と書いてもアレなので、元のご質問に戻って、ご参考までに、食品とインスリン反応に関する研究を2つリンクします。



SH Holt, JC Miller, and P Petocz. An insulin index of foods: the insulin demand generated by 1000-kJ portions of common foods, Am J Clin Nutr 1997 66: 1264-1276
http://www.ajcn.org/cgi/content/abstract/66/5/1264

上記は38種類の食品についてインスリンインデックス(II)を調べたものです。全文はPDFのみですが、ネットで検索すると、HTMLでリストが出てきます。
高炭水化物な食品では、GIとIIに相関関係が認められますが、脂質やタンパク質を含む食品では例外が出てきます。例えば、クッキーや牛乳は、白米よりもIIが高いです。

Brand-Miller J, Holt SH, de Jong V, Petocz P. Cocoa powder increases postprandial insulinemia in lean young adults. J Nutr. 2003 Oct;133(10):3149-52.
http://jn.nutrition.org/cgi/content/full/133/10/ …

健康な若い成人において、チョコレートやチョコ味の食品が、非チョコ味の食品と比較して大きなインスリン反応を示すことを調べた研究です。

ちなみにどちらの研究にも、インスリンと肥満との関係については特に言及はありません。
「ダイエットに詳しい人」はインスリンと肥満とを結びつけて考えがちですが、研究者でそのような考えを持っている人はたぶんいないと思います。

ご参考までに。。。
    • good
    • 0

こんばんは。

お返事ありがとうございます。

脂肪の燃焼と蓄積を左右する最も大きな要因は、カロリーバランスです。インスリン/グルカゴンではありません。

また、インスリン/グルカゴンは単に脂肪分解の抑制・促進を制御する以外にも様々な働きを持っています。

インスリン
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A4%E3%83%B3% …
グルカゴン
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B0%E3%83%AB% …

・脂肪の蓄積に関わる主要な因子はインスリンではありません。Acylation Stimulating Protein (ASP)という物質です。脂肪はインスリンがなくても増えていくことができます。
・インスリンは脂肪分解を抑制するという以上の働きを持っています。減量中では、インスリンはアナボリック/アンチカタボリックな作用を持つ物質として、筋肉を保持しながら脂肪を落とすのに重要な役割を果たします。

ちなみに減量中に最も重要な栄養素であるタンパク質やタンパク質を豊富に含む食品は、大きなインスリン反応を示す傾向があります。インスリン反応に影響がない、あるいは反応を低下させる食品は、オリーブオイルなどの不飽和脂肪酸くらいしかありません。
「インスリン分泌を抑える→効果的に脂肪燃焼が行われる」という考えを忠実に実行しようとすると、まともな栄養が摂取できず、ダイエットが破綻します。

インスリンをコントロールすることでダイエットがうまくいく!みたいな主張の書籍やウェブサイトはちらほらあるかと思いますが、必ずインスリンや脂肪代謝に関わる重要な事は隠されたままです。というか著者自身に語るだけの知識がないんでしょうけど。

インスリンのことは恐れなくて良いです。様々な食品を栄養バランスよく摂って、ネガティブなカロリーバランスで食生活を続ければ、脂肪は落ちます(^^)
    • good
    • 0

こんにちは。

趣味でボディビルをやっている者です。

ちょっと日数が経過していますが、気になったので回答いたします。

なぜチョコレートなんでしょう?何かの感でしょうか?鋭いです。
事実として、チョコレートやチョコレート味の食品は、他の同等のGIの食品と比較すると、大きなインスリン反応を示します。

> ダイエットのためインシュリンを勉強中です。

勉強してどの辺りまで分かりましたか?
ダイエットとインスリンは関係がないというところまでは辿り着きましたか(^^;?

この回答への補足

ダイエットにはグルカゴンを勉強しなければならないことはわかりました。
そこでインスリンが分泌するということは血糖値がさがるということだから
セットとしてグルカゴンが分泌するというこです。しかし、いったんインスリンが分泌すると3-4時間は続く。これがインスリンにきをつかわなければならない理由です。ならばチョコ一片のように極めて少量で糖分の強いものならばインスリン分泌時間がすくなくてすむ=グルカゴン発動をうながせるのではないかという仮説です。

補足日時:2007/09/18 15:25
    • good
    • 0

こんばんは



人それぞれですよ
体質も体格もありますので
糖尿病の検査をするときに糖水を言うものを飲みます
で、血液検査をしてインシュリンの出方を計るわけですが
家族に聞きましたら
最大値が
50代女性、1時間30分から2時間後
30代女性 2時間後です
そして出はじめと言うのは食後すぐから最大値を迎える時間まで
出て行き
最大値を迎えた後徐々に落ちていきます

そして検査の場合はその2時間後にも採血します
それは血液の状態が空腹時と同じ数値になっているかどうか(インスリンが)と言うことになります

なので、体質でインスリンを出す力が高ければ
早く大量に出ますし
体質的に、インスリン自体が少ない人もいます
なので、簡単に何分から出て
何分後にはでなくなるとはいえないんですね

それと、インスリンダイエットですが
私もしましたが
体質的に合わない人もいます、反対に体質的に負担をかけることもありますので

栄養のバランスの取れた食事を
良くかんで食べる
腹八分目がいいようですよ

ご参考までに
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q大さじ一杯 小さじ一杯って・・・

それぞれ何グラムぐらいなんですか?困っています教えてください。私はさじを持っていないので測れないのです

Aベストアンサー

重さは量るものによって違いますが、
大さじ一杯=15cc
こさじ一杯=5cc
です。

Q血糖値の変動について

今年春に糖尿病と診断され現在治療中です。
当初はヘモグロビンA1Cが12あり入院しましたが、8月中旬の検査では4.9でした。

しばらく休職して自宅療養をしていたせいもあり食事療法は良好で、自宅では空腹時75~95、昼食後2時間後の血糖も120前後、時に150位のこともありましたが比較的いい状態だったと思うのですが、最近復職してからは昼食後の血糖値が2時間経っても160~170と高めです。

気になったので血糖値の変動を観察してみたところ、1時間後で160~170となり2時間後もあまり変わらない数字なのですが、3時間ほどすると一気に100前後まで下がっており、空腹時は相変わらず75~95位まで下がっています。(昼食はお弁当を持参して自宅と同じような物を食べています)

自宅にいた時と違いオフィスではデスクワークでなかなか動くことができないし、糖尿病なので仕方ないとは思ってはいるのですが・・・。

それで参考にお伺いしたいのですが、正常の方の場合では、血糖値は食後最高どれくらいまで上昇するのでしょうか?又、上昇した血糖値が正常に戻るまではどれくらいの時間がかかるのでしょうか?

糖尿の判断基準は理解しているつもりですが、サイトによっては「正常でも200近くまで血糖値があがることがある」、「正常では140以上はあがらない」、「血糖値は2~3時間くらいかけて下がる」等々、色々違ったことがかいてあるので、実際のところはどうなんだろう?と気になりました。

また2時間は血糖が高めですが3時間後に一気に下がることや、今後のヘモグロビンA1Cの数字がやはり上がってしまうのかと気になっています。

どうぞよろしくお願いします。

今年春に糖尿病と診断され現在治療中です。
当初はヘモグロビンA1Cが12あり入院しましたが、8月中旬の検査では4.9でした。

しばらく休職して自宅療養をしていたせいもあり食事療法は良好で、自宅では空腹時75~95、昼食後2時間後の血糖も120前後、時に150位のこともありましたが比較的いい状態だったと思うのですが、最近復職してからは昼食後の血糖値が2時間経っても160~170と高めです。

気になったので血糖値の変動を観察してみたところ、1時間後で160~170となり2時間後もあまり変わらない数字なので...続きを読む

Aベストアンサー

食後二時間後に血糖値がピーク(最高値)になることはごく普通のことです。なぜ二時間後なのかといいますと、食物中の栄養素が消化され血液中に吸収される時間がちょうど二時間後くらいであるためです。ですので、糖だけではなくトリグリセライドなども影響を受けます。
よく検診などでは絶食して採血をすると思いますがそれら食事に影響される検査項目があるためです。
もちろん、影響されない項目もあります。ヘモグロビンA1c(以下HBA1c)などです。HBA1cについてはあとで記載します。
食後三時間後ほどで血糖値が一気に下がることもいたって普通のことです。
上がりすぎた血糖値を下げようとするためです。
インスリンという言葉を聞いたことがありますか?膵臓から分泌されるホルモンの一種です。このホルモンが上がりすぎた血糖値を下げようとして実際に正常値ほどに下がるのが三時間後くらいであるためです。
血糖値が170~180以上になると腎臓から糖があふれだし尿中に排出されます。糖尿がでるということで糖尿病といわれます。ですので正常者では血糖値が170~180以上は上がらないということになります。
ただご質問の通り、いろいろなみかたがあるようです。
「正常でも200近くまで血糖値があがることがある」とはストレスなどで特に異常がない方でも一時的に上昇する場合があるということではないでしょうか?
「正常では140以上はあがらない」とは尿糖がでる血糖値が170以上ですので140以上は上がらないとの見方からだと思います。140以上では糖尿病予備軍ともいうことがあるためです。
血糖値にこだわっているようですが同じ人でも採決する時間によって値が異なります。空腹時なのか、食事中なのか、食後なのか、食後一時間?二時間?三時間?・・・きりがありません。
ではどのようにして血糖値を総合的に判断したらよいのでしょうか?
HBA1cのことを前にかきましたよね?実はこの項目が非常に大事なのです。
簡単に説明すると過去1~2ヶ月間の平均血糖値を知る指標となるということです。
おそらく1ヶ月に一回ほどこの検査をしていると思います。絶対しているはずです。Drはまずこの値が知りたいからです。血糖値は変動幅が大きいためあてにならないからです。
最初のHBA1c値が12とかいてあったのでびっくりしました。ですが今は4.9とのことなので正常値ですね。先月はどうでしたか?おそらく5.0前後だと思います。来月も5.0前後だと思います。もし、来月6や7に上がっていたとすると一概にはいえませんが血糖コントロールがうまくいっていないことが考えられます。
もちろん空腹時血糖を毎回確認することも大事ですが、それと同じようにHBA1c値も同じように管理していくことが大事だと思います。
現在の医療では糖尿病を完全に治すことができません。しかし血糖コントロールをすることによって糖尿病の進行を防ぐことはできます。
風邪は万病の元といいますが、糖尿病も風邪と同じでいろいろな病気を併発してしまいます。毎日大変だとは思いますがこれからもがんばってください。

食後二時間後に血糖値がピーク(最高値)になることはごく普通のことです。なぜ二時間後なのかといいますと、食物中の栄養素が消化され血液中に吸収される時間がちょうど二時間後くらいであるためです。ですので、糖だけではなくトリグリセライドなども影響を受けます。
よく検診などでは絶食して採血をすると思いますがそれら食事に影響される検査項目があるためです。
もちろん、影響されない項目もあります。ヘモグロビンA1c(以下HBA1c)などです。HBA1cについてはあとで記載します。
食後三時間後ほど...続きを読む

Q脂質と炭水化物どっちを減らすほうがダイエットにはいい??

テレビで「脂質は1g9kcalで炭水化物が1g4kcalであり、脂質を控えることはダイエットにもっともいい。」というようなことを言っていました。

しかし炭水化物を控えるほうが有用なのではないかと思いました。理由としては以下のことを考えております。

・確かに脂質はエネルギーが高いと思うのですが、日本人の場合炭水化物に比べると摂取量は圧倒的に少なく炭水化物を控える方が有用なのではないか
・炭水化物(主に日本人の場合、お米)は単糖に分解しやすく吸収しやすいのではないか?

実際はどうなのでしょうか?もしわかりましたら教えて頂けたら幸いです。(ちなみに食生活は主食がお米の平均的な日本人の食生活をイメージしています。)

Aベストアンサー

ダイエットで重要なのは蛋白質、資質、炭水化物の三大栄養素です。
ビタミン、ミネラル、食物繊維も大切な栄養ですが、
それらは熱量が微量なのでダイエットでは考慮しません。

いろいろなサイトで栄養バランスについて書かれていますが、
それらは栄養バランスの簡便法にしかすぎません。
もしも、効果的なダイエット法を構築したいのでしたら、
その基本になっている栄養必要量を知っておく必要があると思います。

まず、蛋白質については、医学的に体重1Kgあたり0.64gが基本的な必要量です。
厚労省の栄養基準では、この基本量にアミノ酸スコアや吸収率と安全率を加算して
いますが、この安全率をはずして、ぎりぎりのダイエット法を考える場合は、
たとえば、仮に、あなたの体重が60Kgとすると、
60 * 0.64 = 38.4g が蛋白質の最小必要量です。

次に、脂質については、標準体重における基礎代謝の25%を摂るのが良いと思います。
すなわち、一般的な男性の基礎代謝を1600Kcalとすると、
脂質の最低必要量は、1600 * 0.25 / 9 = 44g となります。

次に炭水化物ですが、
脳のエネルギーはブドウ糖で1時間あたり6g消費します。
また、全身の細胞が1時間あたり1.5gのブドウ糖を消費します。
これらを合わせると、人体は1日に180gのブドウ糖を消費します。
炭水化物というのは、ブドウ糖と食物繊維の合計で、食物繊維の必要量が約20gですから、
結局、炭水化物の最小必要量はに200gということになります。

これらの栄養が1日の最小必要量です。
これらをカロリー比で表すと、1・3・6になります。

脂質と炭水化物のどちらが減らしやすいかということですが、
カロリー制限のテクニックについていえば、
脂身の多い肉やマーガリン、サラダ油など脂質を減らすのが最も簡単です。

もうすでに、脂質を減らした食事をしているのであれば、あとは炭水化物を減らすしかありません。
人体の炭水化物の必要量は200gですから、1日の摂取量が200gを切ると、
不足した炭水化物は体脂肪の消費で補われます。
たとえば、炭水化物の摂取量を200gから100gに減らすと、
不足分の400Kcalを補うために、1日あたり44gの体脂肪が減少します。

それでは、炭水化物をどんどん減らせば良いかというとそうではありません。
たとえば、今、若い女性の間で炭水化物抜きダイエットが流行っています。
炭水化物を減らすと、空腹感が働きにくくなるので、急激な体重減少も可能です。
そして、ダイエットが楽しくなり、どんどん体重を減らしていって最後には
拒食症になってしまいます。

炭水化物の制限すると、身体は体脂肪を燃やして不足分を補いますが、
摂取量が100gを切ると、身体は今度は筋肉をつぶして脳のエネルギー不足を補います。
そのような栄養状態を飢餓といいますが、飢餓を放置すると、身体は生命維持のために、
今度は過食をはじめます。

このように、無理なダイエットで摂食障害に陥る危険性がありますが、
身体に必要な最小限度の必要量を知っていれば、摂食障害になることなく、最大限の効果があげることができます。

ダイエットで重要なのは蛋白質、資質、炭水化物の三大栄養素です。
ビタミン、ミネラル、食物繊維も大切な栄養ですが、
それらは熱量が微量なのでダイエットでは考慮しません。

いろいろなサイトで栄養バランスについて書かれていますが、
それらは栄養バランスの簡便法にしかすぎません。
もしも、効果的なダイエット法を構築したいのでしたら、
その基本になっている栄養必要量を知っておく必要があると思います。

まず、蛋白質については、医学的に体重1Kgあたり0.64gが基本的な必要量です。
厚労...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報