私は2年ほど前の内視鏡検査で「胃に良性だが多数のポリープがある」と言われました。
今回、胃の不調から総合病院にかかったのですが、
そこで医師に「ピロリ菌の検査をしたい」と申し出たところ、
「検査はできるが、陽性であったとしてもこの病名では除菌が保険適応外になる。保険外診療になるとうちではできない」
と言われました。
これについては胃潰瘍と十二指腸潰瘍しか保険適応にはならないということで納得しました。

そこで、ピロリ菌治療を行っている個人の消化器内科病院に問い合わせたところ、
「ウチの病院では検査して菌がいれば除菌治療を行っています。保険外診療という意味がよくわかりません。」
と言われました。

ということで今、頭の中が混乱しているのですが・・・

1 医師からは「ピロリ菌検査をするならした方がいい」と言われ    て検査の日程を組まれました。
  「陽性とわかっても治療できないのならやめます。」
   と言ったのですが
  「受けたほうがいい、治療は保険外診療をやっている個人病院    病に相談すればよい」
  とおっしゃいます。
  ただ、看護師さんが検査にかかる時間を把握していないところか   ら、受ける患者さんはあまり多くないようで不安です。
  先生の機嫌を損ねずに何とか断る方法はないものでしょうか。 
  この場合、検査そのものも保険外料金になりますよね?
 
2 検査をして除菌治療を行っている個人病院で治療を受けてもいいも  のでしょうか・・・
  その病院では積極的にピロリ菌の検査を勧めているので、検査も頻  繁に行っているようです。
  保険点数のカラクリはよくわかりませんが、治療できないと言う病  院の方が特殊なのでしょうか? 
 
3 ピロリ菌の除菌はした方が良いのでしょうか。

経験者の方、専門家の方、宜しくお願いします。

  
 

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

 その医師は、内視鏡検査で見つけた胃のポリープの発生原因を特定するためとしてピロリ菌の検査をすれば、保険適用になると考えているのでしょう。



 「検査はできるが、陽性であったとしてもこの病名では除菌が保険適応外になる。」ここまではわかりますが、「保険外診療になると、うちではできない。」というのはどうかなぁ。
 やる、やらないは病院の方針なので強制は出来ないとは思いますが。

 ピロリ菌検査をやって、陽性なら除菌を行いたいということであれば、「ピロリ菌の除菌をしてくれる病院で検査をして、その結果で除菌を考えているから、検査はそちらの病院でやりたい。」と言えばいいのではないでしょうか。
 どういった検査を受けるかは、患者に選択権があります。費用がかかる問題ですからね。その病院で検査をしても、除菌治療を行う病院でも同じように検査をされることでしょう。(いくら情報提供しますからと言われても、今の病院には検査費用と医療情報提供料が入ってきますから、どれもお金になります。そのうえ除菌治療を行う病院では、よその病院で行われた検査をもとに処置はしたくないでしょうから、たぶん検査をやり直すことになるでしょう。)

 ピロリ菌がいるかどうかの検査のみですと、自費になるでしょう。胃潰瘍や十二指腸潰瘍など、ピロリ菌が直接原因であると断定されているわけではありませんから、保険適用できないの可能性があります。
 積極的にピロリ菌の検査を勧めている病院では、自由診療で検査を頻繁に行っているのかな?保険適用でないなら、高めの金額設定もできます。マスコミでは、胃潰瘍や胃がんの原因があたかもピロリ菌のように言われていますが、医学界では原因(可能性)の一つに過ぎないということです。

 今の病院は、治療できないと言っているのでしょうか。治療していませんという理由を説明されたのではないでしょうか。
 日本人のかなりの人がピロリ菌を保有しているようです。ピロリ菌の除菌は、自由診療とすればリスクや費用などの説明を充分に受けてから検討してみて、有用であるとお考えなら除菌治療もいいでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速の回答、ありがとうございます。
>やる、やらないは病院の方針なので強制は出来ないとは思いますが

まったくその通りです。
「総合病院の方針として治療を認めていないから治療そのものが不可能」
なのだそうです。
医者は「ピロリ菌を除去すればポリープがなくなるかもしれない。
やってみる価値はある。」
と言います。
ただ、ウチの病院では許可されてないので胃潰瘍が認められない限り薬は出せないので、
「自分で直接電話して個人病院をあたってください。」
と言われました。

>どういった検査を受けるかは、患・・・

というのは、まさにおっしゃるとおりです。
参考になりました。

お礼日時:2007/09/29 11:23

予防目的は健康保健適用できません。

一部除外あり

病気には保険は効きます。
胃が痛いはずです。
胃の痛みを訴え、開業医に行ってください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
胃が痛くて総合病院に行ったのにピロリ菌除去に関しては保険外と言われて驚いたのです。
ネットでもいろいろと調べたので
まずは内視鏡検査を受けて、その結果次第でピロリ菌のことは考えようと思います。

お礼日時:2007/09/29 17:49

No.3の回答は無視してください。


 平成12年11月1日以降に保険適用になるという文面でした。

 保険適用の対象となるのは、
1 胃潰瘍、または十二指腸潰瘍の診断が確定していること。
2 ピロリ菌感染が疑われる患者であること。
が条件のようです。
 文面からすると、あなたの場合はポリープですので保険適用対象にはならないのかもしれませんね。

 除菌治療自体は、飲み薬を2週間ほど飲むだけだったと思います。詳しくは、薬剤名でネット検索してみてください。お薬のホームページなどで、医薬品の添付書類もヒットしますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

いえ、私も判りにくい質問内容だったのですいません。
回答をいただきありがとうございます。
ちょっとネットで検索してみますね。

お礼日時:2007/09/29 11:28

 どうも、11月1日以降に保険適用になる動きがあるようです。



 保険適用されれば、自己負担が軽減されますよね。今は検査を断っておいて、検査と除菌治療をしているという病院のほうで11月1日以降にピロリ検査をしてみて、陽性であれば除菌治療を行えば良いと思います。

 そのうえでポリープ除去をする必要があるのであれば、検討してみてはどうでしょう。
 胃のポリープ除去は、腸のポリープ除去に比べると出血が止まりにくいと聞きます。除去した部位が潰瘍になることもあるようです。
 医師と充分に納得できるまで相談されることをお勧めします。


 こんなこと、かんぐってはいけないかもしれませんが・・・

 今のお医者さんは、11月から保険診療になることを知っているのではないでしょうか?保険は点数が決まっていますから、自由診療のように高いお金が取れませんからね。

参考URL:http://www.khosp.or.jp/whatsnew/issue00027.html
    • good
    • 0

健康保険の適応/非適応は分かりにくいですね、ピロリ菌が原因で現在胃潰瘍か十二指腸潰瘍の人は適応という意味です。


つまり現在病気では無い人(ポリープ程度)は保険は使えないという意味です、ですから自由診療でやってもらうのが正しいです。
ポリープ=胃潰瘍だと認める医師は多分治療を行ってくれるでしょう、しかし、後でばれたらどうなるのでしょうか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど。
自由診療ならやっても良いのですね。
ちょっと説明不足ですいません。
積極的に除菌している病院もポリープ=胃潰瘍というわけではなく、HPで確認したところ、「保険外になる」と書いてありました。
すいません。

お礼日時:2007/09/29 11:26

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q保険の比較サイトを教えてください

生命保険の見直しを考えています。
保険の比較サイトが数多くありますが、偏りを感じずにいられません。
まずは比較サイトを比較するところから始めたいと思うので、
皆さんがご存知の比較サイトを教えていただきたいです。
またこのようなサイトを使った場合のデメリットも教えてください。

Aベストアンサー

保険の資料を請求すると電話やDMがウザかったり(^^;
単なる資料請求サイトは避けたいですよね。

http://www.hoken-erabi.net/
http://www.bang.co.jp/
http://www.insweb.co.jp/
http://www.hokende.com/

Qピロリ菌有無の検査の安全性について

私は神経質な上、パニック障害で心療内科で薬を貰って飲んでます。
なので病院行くのは嫌いでなくむしろ健康管理のために積極的に病院に行ってます。けれども神経質&パニック障害ゆえに時々非常に恐怖に震えるときがあります。

ピロリ菌がいるかどうかの検査で、私はてっきり息を吹き込むだけでいいのかと思っていたら、途中で錠剤を水で飲んで、しばらく左を下にして横になってまた呼気検査をするみたいでした。何故か突然、その錠剤について怖くなり、胸が苦しくなるのではないか?とか死んでしまうのではないか?とか思ってしまい(その日は朝から胸の苦しさや心臓の締付けられる感じがありました。)結局検査を延期してしまいました。

この錠剤は心配するほどのものではないのでしょうか?また前日の夜とか検査終った昼に、普段飲んでいる薬も飲んでいいものでしょうか?

もちろん病院の先生にも聞きましたが、念のためgooでも聞いてみようと思いました。さらに言うと、病院では外来が混んでいるのと、こんな質問恥ずかしいとか、失礼かな?と思い納得するまで十分聞けなかったので。

Aベストアンサー

私は あなたはどこも変では無いと思いますよ。
むしろ自分の体に関する事なのに、医者がすることは絶対みたいな感じで信用しきっていることの方が危険です。なんにでも
疑ってかかることは絶対必要なことです。 私も医者にかかるときは
何からなにまで聞き 薬についても調べます。おかしいと思った事は遠慮なく言います。そのおかげで 「神経質な人・心が病んでる」とか言われますが まったくそんなことはありあません いちいち心配する人に対し面倒くさがって説明を怠る医者が多いのも事実だし 医者だって知らないこともたくさんあるというのが私の実感です。(薬の飲み合わせやアレルギーなど 使用してはいけない薬が処方されていることはよくあります)
ピロリ菌の薬については何の錠剤をつかったか 問い合わせてみましょう。それによりまたより確実な答えに繋がります。しかし私の見解からすると一回飲んだ位で発がんしたりはないと思いますよ。とにかく自分が神経質ということはぜんぜん恥じる事では無いのできちんと聞いてみましょう。とことんこだわっていいと思います。

Q住宅保険の比較できるサイト

現在火災保険しか入っていませんが、
自然災害もカバーできる保険に入ろうと思います。
各保険会社の保険の内容や掛け金を比較できるサイトはありますでしょうか。

Aベストアンサー

火災保険で補償されるのは火災だけではありませんよ。
住宅火災保険であれば、火災・落雷・破裂(爆発)の他、風・雪・ひょう災もセットされています。
住宅総合保険ではさらに、水災、外来物との衝突、盗難、水漏れ、騒じょうによる損害も補償されます。
住宅火災保険や住宅総合保険は昔からある火災保険で、今となっては少し時代遅れです。
新しいタイプの火災保険は補償を自由に設定できますので、おすすすめです。

火災保険は非常にややこしい保険ですので、一般の方がサイトで比較するのは無理があります。
損保数社に見積りを依頼したほうが確かです。

Qピロリ菌除菌失敗

タイトル通り初回の除菌失敗しました!
何がいけなかったのでしょうか?
まだ薬はあるとの事でしたがどのような薬でしょうか?
2回目で除菌成功率はどのくらいでしょうか?

Aベストアンサー

クラリスロマイシンに耐性がある場合は、
PPI(オメプラールとか)+アモキシシリン(サワシリン)+メトロニダゾール(フラジール)
という手もある。 (保険適応はなかったと思う)
こちらは80%以上の除菌率といわれている。

Q積立貯金と比較したいので学資保険の金利を導き出したい

皆さん、宜しくお願いします。

現在、学資保険の見直しを考えており、乗り換えの対象に積立貯金を考えております。
ただ、学資保険の年金利が分からず比較ができません。

そこで学資保険の年金利の導き方を教えて頂ければと思います。
学資保険で分かっているのは「年払いの金額」「支払期間」「支払総額」「受取総額」です。
これらからの計算方法を教えてください。

また、年金利以外でも比較できる方法があればそちらも教えて頂けるとありがたいです。

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

「学資保険と積立貯金と比較したい」ならば、
「学資保険の金利」を計算するのではなく、
いくら払って、いくらもらえるかという
受け取りの率で比較されてはいかがですか?

金利は単純な加減乗除の計算では算出できません。
さらには、税金が異なるなど、金利が高ければ良いという
単純な問題ではありません。

さらには、学資保険の場合、中途解約の時期によって、戻り率が
ことなるという問題もあります。

税金
積立預金=利息に20%課税。
学資保険=一時所得として計算。
(受取金額)-(支払金額)-50万円がプラスならば、
その2分の1を他の所得と合算して課税。

ご参考になれば、幸いです。

Qピロリ菌の除菌薬で副作用あった方。

タイトルどおりなんですが、ピロリ菌の除菌で抗生物質を何週間か服用すると聞きました。

その薬とは、強い薬なんでしょうか?
副作用があった方、どんな症状がでましたか?

Aベストアンサー

私の場合は一週間朝・夕食後に7個の薬を飲み続けました。
最初からお医者さんから聞いてはいましたが、
軽い下痢、軽い嘔吐感を覚えました。
3日目くらいからは慣れます。それ程生活に支障をきたすほどではありませんでした。
投薬の結果、ピロリ菌が原因の潰瘍は治りました。
あくまで「私の場合は」です。

Q保険商品の比較検討ってどうやっていますか?

保険に入ろうと思っていますが、膨大な商品の中から比較検討する必要がありますよね。

複数保険会社と契約している代理店の営業マン等にプラン計画を練ってもらうのもありかと思いますが、個人的にはもっと保険商品についての知識を得た上でならその方法もありかと思うのです。

皆様はどのようにして保険商品を比較検討・決定されたのでしょう?

また、保険商品に関して詳しくなる方法はありますか?
書籍等オススメあれば教えてください。

Aベストアンサー

外資の保険会社で働いてるものです。うちに限らず、外資はオーダーメイドという所が多いと思いますが、
うちの場合はオーダーメイドで設計する前に、保険に詳しくなってもらいます。オーダーメイドでオーダーしてもらう為です。

その時話す話として・・・
生命保険はシンプルに考えてもらいます。

・定期保険(掛け捨て)・・・小さな負担で大きな保証 でも期限付き
・養老保険(貯蓄保険)・・・貯金機能付き定期保険 (老後を養う)
・終身保険(色々便利)・・・保証は一生涯 キャッシュバリュー(貯蓄機能あり)

ちょっと雑な言い方ですが、生命保険は上記3種類しかありません。
この3つを色々組み合わせて設計します。

文章にすると長くなるので割愛しますが、要するに上記3つをまず知るところから始めてみては如何でしょうか?

保険商品個別でみたら、会社毎に多少の違いはあれほとんど変わりません。
一番の違いはその保険のセールスマンです。

保険は基本的に一生の付き合いになるものですから、本当に信頼できると思える人から入るのが一番なのは間違いないです。もしその保険を使う時が来てしまった時を考えてください。本当に困った時に力になってくれる、と思う人から入るべきだと思います。

外資の保険会社で働いてるものです。うちに限らず、外資はオーダーメイドという所が多いと思いますが、
うちの場合はオーダーメイドで設計する前に、保険に詳しくなってもらいます。オーダーメイドでオーダーしてもらう為です。

その時話す話として・・・
生命保険はシンプルに考えてもらいます。

・定期保険(掛け捨て)・・・小さな負担で大きな保証 でも期限付き
・養老保険(貯蓄保険)・・・貯金機能付き定期保険 (老後を養う)
・終身保険(色々便利)・・・保証は一生涯 キャッシュバリュー(貯蓄機...続きを読む

Qピロリ菌について

20年間十二指腸潰瘍を患っています。最近胃カメラを飲み、適する薬をもらい潰瘍の痛みは治まっています。その際ピロリ菌の検査をしてもらうと、菌があるということでピロリ菌を除去する薬をもらって飲むかどうか迷っています。医者によると副作用として人によりますが「吐き気」、「頭痛」、「下痢」等あるとのことです。薬の名前がまだもらってないのでわからないのですが、ピロリ菌に対して効果があるのかどうか飲むのかどうか迷っています。このことについて何かよいアドバイスがある人は教えてくださいよろしくお願いします。

Aベストアンサー

わたしは27歳の女性ですが、今夏、胃カメラ検査をし『ピロリ菌』に感染していることがわかったので、胃潰瘍・十二指腸潰瘍はないけれど慢性胃炎ということで、ピロリ菌除菌しました。

慢性胃炎は保険適用外ですが、胃潰瘍・十二指腸潰瘍は除菌が保険適用です。

また、質問者様がどのくらいの十二指腸潰瘍の程度なのかはわかりませんが、ピロリ菌除菌した場合、また今度十二指腸潰瘍に罹患する確率は5%前後(一般的に)くらいになり、再発率が低くなります。

胃潰瘍・十二指腸潰瘍は、昔は『ストレス』『暴飲暴食』が原因と言われていたらしいですが、現在わかっていることは、胃潰瘍・十二指腸潰瘍を持っている人はほとんどがピロリ菌を保持しているということです。胃潰瘍患者では7割、十二指腸潰瘍患者では9割がピロリ菌を保持しています。(中にはピロリ菌保持でない人もいますが、ピロリ菌保持している人よりは圧倒的に少ないです)

質問者様は、何十年も十二指腸潰瘍の再発を繰り返していませんか?再発の面だけで言っても除菌をしたほうが良いと思います。

わたしの除菌した薬は、『ランサップ』と呼ばれる一般的にピロリ菌除菌薬として使われる3剤併用と言われる薬(アモキシシリン・クラリスロマイシン・タケプロン)+フラジールで、合計4剤併用です。

(注:クラリスロマイシンは耐性があるといわれており、「ピロリ菌除菌が失敗する」といった場合、このクラリスロマイシンに耐性菌を持っていると考えます。=「ピロリ菌除菌に失敗した」場合、2次除菌としてアモキシシリン・タケプロン・フラジールが使用されたりします。これは医療機関によってことなります。フラジールはほとんど耐性菌を持ちません)

除菌の薬による副作用を心配されているようですが、副作用が出る出ない・重い軽いは個人差があるので容易なことは言えませんが、わたしは除菌してよかったと思いますし、副作用は下痢だけでした。

吐き気や頭痛や発疹などはほんのごく一部の人がなるようです。というか、『クラリスロマイシンに耐性を持っている人は除菌に失敗する』と先にも書きましたが、このクラリスロマイシンという抗生剤は風邪を引いた時などに、多くの人が簡単に処方されています。そしてクラリスロマイシンという抗生剤に慣れてしまって、いざ除菌というときに効かなくなるのですが。

ということで、抗生剤を飲んだことが、生まれてから一度も無い成人を私は知りませんし、友人の医師や看護師もそう言います。

副作用を心配される気持ちもわかりますが、言ってしまえば抗生剤よりピロリ菌残したまま胃がん発生率を上げてしまうほうがわたしには怖いです。

わたしは27歳の女性ですが、今夏、胃カメラ検査をし『ピロリ菌』に感染していることがわかったので、胃潰瘍・十二指腸潰瘍はないけれど慢性胃炎ということで、ピロリ菌除菌しました。

慢性胃炎は保険適用外ですが、胃潰瘍・十二指腸潰瘍は除菌が保険適用です。

また、質問者様がどのくらいの十二指腸潰瘍の程度なのかはわかりませんが、ピロリ菌除菌した場合、また今度十二指腸潰瘍に罹患する確率は5%前後(一般的に)くらいになり、再発率が低くなります。

胃潰瘍・十二指腸潰瘍は、昔は『ストレス...続きを読む

Q保険を比較したい

各社の保険を比較したいのですが、
全各社からパンフレットを請求したり、
全社の営業に設計書を作成してもらう以外に、
一目瞭然に比較検討できるものはないのでしょうか。

みなさんはどのように比較検討されているのでしょうか。

生命保険は住宅の次に大きな買い物といわれています。
そう簡単には決めたくはありませんが、
何ヶ月もかけて決めたくもありません。
生保の外交員の方でさえ自分の社の商品すら満足に理解していないという方もみえるとか…。

どうかよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

前回の質問にお答えするのが遅くなり申し訳有りません 信頼できるライフプランナーの探し方ですがこればかりはアドバイスのしようが有りません 私自身が設計するもしくは私の知人の代理店の人間を紹介することなら出来ますがまったく面識の無い代理店をこの人は信頼できますよとお勧めする訳にもいきませんし前にも言いました通り会社に所属するライフプランナーは当たり前ですが自社商品を強く押してきます 単純に商品比較でしたら下に載せたサイトに現在販売されているほとんどのものが載っていますから参考にして下さい ただ一般の方の保険比較というとどうしても値段の比較になってしまいがちです 最近週刊誌に良く載っている保険診断や比較も明らかに素人が書いたと思われる極めてお粗末なものが多いです seihoさんがおっしゃられているように保険というのは大変大きな買い物です 保険料の安いものには安い理由が高いものには高い理由が必ず有りますのでそれも考慮した上でじっくりと比較検討なさって下さい

参考URL:http://www.hoken-de.com/products.htm

Q大腸内視鏡を初めて受けます 質問多数

今度大腸内視鏡を受ける事になってます。
前日の夜に錠剤の下剤を飲み、あとは病院で2リットルの下剤を飲んで全て出す流れになっているのですが、前日夜の錠剤の下剤は絶対に飲まないといけないのでしょうか。
と言うのも、ここの所ずっと下痢続きで下剤なしでも出るんです。

もう1つの質問です。
検査は麻酔を使うし、時間は10分程度で痛みはないと医師から説明を受けました。
ポリープなどが見つかれば検査に出して後日その結果の説明を受けると思いますが、もし何も見つから無かった場合、検査当日に説明はあるのでしょうか。
麻酔で意識朦朧の中、説明を聞くことになるのかと心配です。

何分初めての検査なので、全てにおいて分からないし緊張しています。
当日は付き添いなしで1人でも大丈夫ですよね?(付きそう人もいませんが)
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

そう言うケースは下剤は飲まなくて良いかもしれませんね。
また、翌日2リットル飲むのは下剤でなくて洗浄剤です。
腸を刺激して排出を促進するのではなくて浸透圧の関係で腸壁から吸収されないようになっており、腸の中を洗い流すようになっています。

自分が行った病院では何もなかった場合、当日に写真を見せていただいて説明がありました。
自分の場合は点滴後の内視鏡挿入の前に点滴のチューブから麻酔を入れて、そこからすぐに記憶がありません。
なので検査中は痛くも痒くもありませんし、検査後も本当にやったのかと思うほど何も違和感はありませんでした。
内視鏡検査後に一旦起こされて部屋に戻ります。
それから一時してから説明がありました。
付き添いは必要ありません。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報