私は2年ほど前の内視鏡検査で「胃に良性だが多数のポリープがある」と言われました。
今回、胃の不調から総合病院にかかったのですが、
そこで医師に「ピロリ菌の検査をしたい」と申し出たところ、
「検査はできるが、陽性であったとしてもこの病名では除菌が保険適応外になる。保険外診療になるとうちではできない」
と言われました。
これについては胃潰瘍と十二指腸潰瘍しか保険適応にはならないということで納得しました。

そこで、ピロリ菌治療を行っている個人の消化器内科病院に問い合わせたところ、
「ウチの病院では検査して菌がいれば除菌治療を行っています。保険外診療という意味がよくわかりません。」
と言われました。

ということで今、頭の中が混乱しているのですが・・・

1 医師からは「ピロリ菌検査をするならした方がいい」と言われ    て検査の日程を組まれました。
  「陽性とわかっても治療できないのならやめます。」
   と言ったのですが
  「受けたほうがいい、治療は保険外診療をやっている個人病院    病に相談すればよい」
  とおっしゃいます。
  ただ、看護師さんが検査にかかる時間を把握していないところか   ら、受ける患者さんはあまり多くないようで不安です。
  先生の機嫌を損ねずに何とか断る方法はないものでしょうか。 
  この場合、検査そのものも保険外料金になりますよね?
 
2 検査をして除菌治療を行っている個人病院で治療を受けてもいいも  のでしょうか・・・
  その病院では積極的にピロリ菌の検査を勧めているので、検査も頻  繁に行っているようです。
  保険点数のカラクリはよくわかりませんが、治療できないと言う病  院の方が特殊なのでしょうか? 
 
3 ピロリ菌の除菌はした方が良いのでしょうか。

経験者の方、専門家の方、宜しくお願いします。

  
 

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

 その医師は、内視鏡検査で見つけた胃のポリープの発生原因を特定するためとしてピロリ菌の検査をすれば、保険適用になると考えているのでしょう。



 「検査はできるが、陽性であったとしてもこの病名では除菌が保険適応外になる。」ここまではわかりますが、「保険外診療になると、うちではできない。」というのはどうかなぁ。
 やる、やらないは病院の方針なので強制は出来ないとは思いますが。

 ピロリ菌検査をやって、陽性なら除菌を行いたいということであれば、「ピロリ菌の除菌をしてくれる病院で検査をして、その結果で除菌を考えているから、検査はそちらの病院でやりたい。」と言えばいいのではないでしょうか。
 どういった検査を受けるかは、患者に選択権があります。費用がかかる問題ですからね。その病院で検査をしても、除菌治療を行う病院でも同じように検査をされることでしょう。(いくら情報提供しますからと言われても、今の病院には検査費用と医療情報提供料が入ってきますから、どれもお金になります。そのうえ除菌治療を行う病院では、よその病院で行われた検査をもとに処置はしたくないでしょうから、たぶん検査をやり直すことになるでしょう。)

 ピロリ菌がいるかどうかの検査のみですと、自費になるでしょう。胃潰瘍や十二指腸潰瘍など、ピロリ菌が直接原因であると断定されているわけではありませんから、保険適用できないの可能性があります。
 積極的にピロリ菌の検査を勧めている病院では、自由診療で検査を頻繁に行っているのかな?保険適用でないなら、高めの金額設定もできます。マスコミでは、胃潰瘍や胃がんの原因があたかもピロリ菌のように言われていますが、医学界では原因(可能性)の一つに過ぎないということです。

 今の病院は、治療できないと言っているのでしょうか。治療していませんという理由を説明されたのではないでしょうか。
 日本人のかなりの人がピロリ菌を保有しているようです。ピロリ菌の除菌は、自由診療とすればリスクや費用などの説明を充分に受けてから検討してみて、有用であるとお考えなら除菌治療もいいでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速の回答、ありがとうございます。
>やる、やらないは病院の方針なので強制は出来ないとは思いますが

まったくその通りです。
「総合病院の方針として治療を認めていないから治療そのものが不可能」
なのだそうです。
医者は「ピロリ菌を除去すればポリープがなくなるかもしれない。
やってみる価値はある。」
と言います。
ただ、ウチの病院では許可されてないので胃潰瘍が認められない限り薬は出せないので、
「自分で直接電話して個人病院をあたってください。」
と言われました。

>どういった検査を受けるかは、患・・・

というのは、まさにおっしゃるとおりです。
参考になりました。

お礼日時:2007/09/29 11:23

予防目的は健康保健適用できません。

一部除外あり

病気には保険は効きます。
胃が痛いはずです。
胃の痛みを訴え、開業医に行ってください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
胃が痛くて総合病院に行ったのにピロリ菌除去に関しては保険外と言われて驚いたのです。
ネットでもいろいろと調べたので
まずは内視鏡検査を受けて、その結果次第でピロリ菌のことは考えようと思います。

お礼日時:2007/09/29 17:49

No.3の回答は無視してください。


 平成12年11月1日以降に保険適用になるという文面でした。

 保険適用の対象となるのは、
1 胃潰瘍、または十二指腸潰瘍の診断が確定していること。
2 ピロリ菌感染が疑われる患者であること。
が条件のようです。
 文面からすると、あなたの場合はポリープですので保険適用対象にはならないのかもしれませんね。

 除菌治療自体は、飲み薬を2週間ほど飲むだけだったと思います。詳しくは、薬剤名でネット検索してみてください。お薬のホームページなどで、医薬品の添付書類もヒットしますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

いえ、私も判りにくい質問内容だったのですいません。
回答をいただきありがとうございます。
ちょっとネットで検索してみますね。

お礼日時:2007/09/29 11:28

 どうも、11月1日以降に保険適用になる動きがあるようです。



 保険適用されれば、自己負担が軽減されますよね。今は検査を断っておいて、検査と除菌治療をしているという病院のほうで11月1日以降にピロリ検査をしてみて、陽性であれば除菌治療を行えば良いと思います。

 そのうえでポリープ除去をする必要があるのであれば、検討してみてはどうでしょう。
 胃のポリープ除去は、腸のポリープ除去に比べると出血が止まりにくいと聞きます。除去した部位が潰瘍になることもあるようです。
 医師と充分に納得できるまで相談されることをお勧めします。


 こんなこと、かんぐってはいけないかもしれませんが・・・

 今のお医者さんは、11月から保険診療になることを知っているのではないでしょうか?保険は点数が決まっていますから、自由診療のように高いお金が取れませんからね。

参考URL:http://www.khosp.or.jp/whatsnew/issue00027.html
    • good
    • 0

健康保険の適応/非適応は分かりにくいですね、ピロリ菌が原因で現在胃潰瘍か十二指腸潰瘍の人は適応という意味です。


つまり現在病気では無い人(ポリープ程度)は保険は使えないという意味です、ですから自由診療でやってもらうのが正しいです。
ポリープ=胃潰瘍だと認める医師は多分治療を行ってくれるでしょう、しかし、後でばれたらどうなるのでしょうか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど。
自由診療ならやっても良いのですね。
ちょっと説明不足ですいません。
積極的に除菌している病院もポリープ=胃潰瘍というわけではなく、HPで確認したところ、「保険外になる」と書いてありました。
すいません。

お礼日時:2007/09/29 11:26

このQ&Aに関連する人気のQ&A

  • ヘリコバクター・ピロリ(ピロリ菌)<食道・胃・腸の病気>の症状や原因・診断と治療方法

    どんな細菌か  胃のなかには0・1規定の塩酸が存在するため、口から胃内へ入ってきた細菌は塩酸により殺菌されてしまいます。このように、胃の内部は細菌の生育には適さない環境がつくりあげられていることから、胃には細菌は生息できないと長い間考えられてきました。  このような概念を根本からくつがえしたのは、オーストラリアの若い消化器病医のマーシャルでした。1982年、彼によって初めてヒトの胃粘膜から、らせ...続きを読む

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qピロリ菌除去成功された方 除菌後どうでしたか?

現在、ピロリ菌除去中です。

医師から処方していただいた除菌薬を
処方通り飲み終えて1週間ほどたちました。

除菌後に胸やけがある時に飲むお薬を14日分処方してくださったのですが、
胸やけはほとんどないので、飲んでおりません。

除菌前は、食べてもすぐお腹がすいて
食べ過ぎの胃もたれや、胸やけ、胃痛がありましたが、
除菌後は快調です。

胸やけがないので、除菌に失敗してしまったのでは・・と心配になってしまいました。

胸やけはあったほうが良いのでしょうか?
除菌成功された方の、除菌薬を飲み切った後の様子はいかがでしたか?

Aベストアンサー

私自信もピロリの除菌をしました。

質問内容から除菌は成功した症状です。
医師が、胸やけへの心配としての処方した理由としては
除菌には2種類の抗生物質を投薬します
その結果、腸内菌のバランスが崩れる事があるからです。
それを危惧した医師が念のため、整腸剤(と思われる)を処方したのだと思われます。
つまり、胸やけが無い状態では飲む必要はありません。
勿論、胸やけ症状無く除菌に成功する患者も沢山います。

多分、1~2カ月後に除菌が成功したかの
再診(呼吸検査)があるかと思います。

質問者様の症状から、先ず除菌成功と思って良いと思います。

万が一、再検査の時に除菌が失敗しても大丈夫です。
通常のピロリ除菌方法に失敗した時(耐性菌ピロリだった場合)に使用できる
メトロニダゾールとゆう薬があります。

ちなみに、私は通常の除菌(薬品名:ランサップ)に失敗し
メトロニダゾールで除菌に成功しました。

安心して下さい。

Qピロリの除菌費用(保険適用外)

こんにちは。お世話になります。

健康診断でペプシノゲンが陽性になり、胃カメラで検査したところ、慢性萎縮性胃炎と診断されました。
萎縮性胃炎の場合はピロリの除菌は保険適用にならないそうですが、萎縮性胃炎とピロリの因果関係も示唆されていることから、保険適用外でも除菌をしたいと考えております。
標準で1週間程度治療薬を服用し、呼気検査等で確認、と聞いておりますが、保険がきかない場合、前後の検査まで含めてどれくらいの費用負担になるのでしょうか?

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

#4です。
非侵襲的で最も信頼出来る方法はやはり呼気法が
へストと思われます。
検査費用が高い「検査に使用する錠剤が3200円位します」
のが気になりますけど、除菌後の
判定等を考慮しますと同じ方法で実施した方が
良いのではと思います。

Q萎縮性胃炎は治らないのですか?

胃内視鏡検査で、2年前から「萎縮性胃炎」と診断されています。担当医にも聞きましたし、ネットでいろいろと調べましたが、萎縮性胃炎は治らないとのことです。しかし、何か方法はないのでしょうか?健康雑誌に出ていた「ガジュツ」「フコイダン」「LG21]も飲んでますが、効果ありません。このままでは、胃ガンの道まっしぐらか、と思うと気持ちが沈んでいきます。治らないまでも、せめて進行をストップする方法はないのでしょうか?わらをもすがる思いです。どうか、何か参考になることをおしえてください。お願いします。

Aベストアンサー

萎縮性胃炎は基本的に治りません。長年慢性胃炎を起こした状態から移行することが多いようです。

萎縮性胃炎との関係としてピロリ菌との関係が指摘されています。ピロリ菌の検査はなさいましたか?ピロリ菌がいると,胃炎を起こし萎縮性胃炎になってしまいます。以前は胃の老化現象としてとらえられて来ましたが昨今ではピロリ菌との関係が注目されています。

なお萎縮性胃炎が必ず胃ガンになるわけではありません。そうでない人に対して確率は高くなりますが,それは確率的な問題です。言ってみればタバコを吸う人だって何かしらの癌になる確率を上げているわけで,
寝不足の人も仕事でストレスをためている人も同様に確率を上げているわけです。そういう意味で,確率的な問題ですから過度な心配はしないほうがよろしいと思います。

しかし,1年に1回~2回程度の内視鏡検査をおすすめします。

Qピロリ菌検査、正確にわかる検査は?

毎年、夫婦で健康診断(人間ドッグ)を受けてます。
夫婦で医師から検査結果の所見を聞けるのですが、
夫のピロリ菌の有り無しがわからず、3年越しで治療に踏み切れていません。

一年目、血液検査にて夫婦でピロリ菌の検査を受けました。
夫も私も陽性でした。

二年目は、胃カメラ検査で、
私は、慢性胃炎や逆流性食道炎、食堂裂肛ヘルニア等もあったので、
ピロリ菌除去の治療を受けて除去に成功しました。

夫は、胃は綺麗でピロリ菌はいないのではないかという所見でした。
夫も逆流性食道炎はありますが、胃カメラ検査で検査した医師からは
いないとの事でしたが、
検査後の全体の結果を説明してくれる医師からは
画像を診て、いると思うから除菌したほうがいいと言われました。

三年目、別の病院でピロリ菌の検査を積極的に行っている病院で診てもらったところ
胃カメラ検査をした医師から
私は陰性、夫は「いますね~。いると思う。」
と胃の中を見た医師からは、「いる。」
という所見でしたが、その後、全部の検査結果を別の医師が説明してくれた時には
夫のピロリ菌は陰性でした。

カメラで診てくれた医師からは「いる。」と言われた事を
その医師につたえると
「いませんね。」
とその胃カメラ画像を見ながら言われました。
血液検査でも陰性でした。

血液検査では正しい検査結果は得られないとの事で
胃カメラ検査を受けてピロリ菌検査の有りなしをはっきりさせたかったのですが、
胃カメラ検査でも、
陰性、陽性と、医師によって違いました。

全体の検査結果を説明してくれる医師も、
画像を見ながら所見を聞かせてくれますが、
陰性、陽性と医師によって違いました。

次回は
口から息を吐いてピロリ菌がいるか調べる検査を受けてみる事にしましたが、
この検査は、陰性・陽性は、正確にわかるのでしょうか?

毎年、夫婦で健康診断(人間ドッグ)を受けてます。
夫婦で医師から検査結果の所見を聞けるのですが、
夫のピロリ菌の有り無しがわからず、3年越しで治療に踏み切れていません。

一年目、血液検査にて夫婦でピロリ菌の検査を受けました。
夫も私も陽性でした。

二年目は、胃カメラ検査で、
私は、慢性胃炎や逆流性食道炎、食堂裂肛ヘルニア等もあったので、
ピロリ菌除去の治療を受けて除去に成功しました。

夫は、胃は綺麗でピロリ菌はいないのではないかという所見でした。
夫も逆流性食道炎はありますが、胃カ...続きを読む

Aベストアンサー

ここにはとんでもない素人がいて、しょうもない事を書いていますが、
正確には下記のようなデータがあります。

感度は菌がいる場合に菌がいるという結果がでる確率です
特異度は菌がいない場合に菌がいないという結果がでる確率です。

尿素呼気検査  感度 95%  特異度 95%
血液検査(抗体)感度 91~100% 特異度 50~91%
糞便検査(抗原)感度 96%  特異度 97%

尿検査は抗体法なので血液検査と変わりません。

血液検査の感度は十分高いので、血液検査で菌がいないという診断なら
ばほぼ菌はいません。
が、特異度が低いので、血液検査で菌があるという診断でも菌はいない
可能性があります。これが抗体検査の弱点で除菌に成功してもすぐには
さがらないので、除菌判定には使えません。

Q慢性胃炎、ただし自覚症状なし、原因見当たらずです。

40歳の主婦(私の妻)です。ほかの回答も参照させていただいたのですが、少し状況が違うようなので、新たな質問をさせていただきます。

先日区の健康診断において、ペプシノーゲン法で要精密検査と言われ、胃カメラを飲んだところ「慢性胃炎」との診断。しかし、投薬はありませんでした。老化現象の一種で治ることはなく、治療法も特にないとのこと。胃がんのリスクも通常よりは若干大きくなると言われてビビっているようです。

彼女の場合、まったく自覚症状がなく、また大きなストレスとなる原因もなく、アルコールやコーヒーのとり過ぎということもありません。

このようなタイプの慢性胃炎は、「治療」をした方がよいのでしょうか?放置しておいても良いものなのでしょうか?

Aベストアンサー

こんばんは。
私も貴方様とまったく同じ状況です。
毎年の健康診断でペプシーノーゲンの値で引っかかります。
そして、胃カメラを飲みます。
診断は「慢性胃炎」簡単に言えば、胃の老化なんですって(汗)お医者さんが言ってました。
潰瘍等はまったくありません。慢性胃炎の症状以外はきれいな胃だそうです(変な表現ですよねw)

直す方法は難しいかも。
ただ、日々の生活でのストレスを上手く解消していない。あと、食事で早食いではないですか?私はまったくもって反省なのですが、早食いです。なかなか直せてません。きっと、胃の負担が大きいんじゃないかと思ってます。

最近の医学で研究段階ですが、胃の中に「ピロリ菌」があると、ピロリ菌を持っていない人より、胃炎や胃潰瘍、胃がんになる確率が高いそうです。高齢者ほどこのピロリ菌がいる確率が高いそうです。最近の衛生的な生活がこのピロリ菌の保有率を下げているそうで、若年層は少ないそうです。
40代の方も、多くの人がピロリ菌を持っているそうですよ。私は30代半ばですが、診断をしてもらい、ピロリ菌は陽性反応がでました。

ピロリ菌を退治する為には、潰瘍などがないとその薬を投与できないそうです。ただ、これは副作用が高いので身体への負担がかかるとの事。
民間で効果があると最近売り出されているのが、「LG21」入りのヨーグルトです。
コンビニやスーパーに売ってます。私もこれを食べていると、結構胃が軽くなった感じです。これを続けていれば、もしやペプシーノーゲンも引っかからなくなるのでは…と思いつつ、続けられない私です。説得力無いなー。

ただ、毎年胃カメラを飲むことで、お医者さんと御自分の身体を相談できると思うと、安心と考えるのも手ですよ。
放置とは違いますが、「経過を見守る」ということがいいと思います。

こんばんは。
私も貴方様とまったく同じ状況です。
毎年の健康診断でペプシーノーゲンの値で引っかかります。
そして、胃カメラを飲みます。
診断は「慢性胃炎」簡単に言えば、胃の老化なんですって(汗)お医者さんが言ってました。
潰瘍等はまったくありません。慢性胃炎の症状以外はきれいな胃だそうです(変な表現ですよねw)

直す方法は難しいかも。
ただ、日々の生活でのストレスを上手く解消していない。あと、食事で早食いではないですか?私はまったくもって反省なのですが、早食いです。なか...続きを読む

Qピロリ菌治療の抗生物質を飲む時間帯の意味について

ピロリ菌治療では抗生物質を飲むらしいのですが、これは胃、腸内のピロリ菌を直接殺菌するという意味で、空腹時に飲んだ方が効き目があるのでしょうか?もっとも
服用するときは医師の指示に従うのは当然で、例えばホームページ等で調べてみると「朝、夕の2回」など書かれていたりするのですが、その根拠が分かりません。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

抗生物質が血中に入り,その菌を殺す時間が12時間あるので(有効血中濃度)1日2回でいいという事になります.3回飲むと血中濃度が高くなり過ぎてしまいます.
多分抗生物質ですから食後となると思います.食べ物がないと胃を荒らすとかは食後に,食前の方が吸収がよいとなると食前とか用法が決まります.

Q胃カメラの検査前の感染症の検査について教えてください

胃カメラの検査を受ける前に、肝炎の検査を
受ける決まりになっているので検査を受けて
来ました。そこで、なぜ胃カメラの検査前に
肝炎の検査を受けなくてはいけないのかが
わかりません。
なぜ決まりでうけなくてはいけないのでしょう?
ご存知の方教えてください。

Aベストアンサー

No.2です。
内視鏡の洗浄装置には、1回の洗浄で滅菌レベルまで出来る装置が有ります。
感染症の検査を行うと、少なくても30分位は結果が出るのに必要と成ります。
患者さんの時間を短縮などを考慮されている病院では、滅菌レベルで洗浄出来れば、検査は必要が無くなります。
それと検査を行うと、検査料金が別途患者さんに負担と成ります。
このような理由より、感染症の検査を行わない病院も多々有ります。
現在は、患者が病院を選ぶ時代ですので、目に見えない患者サービスを心掛けている事もご理解下さい。
内視鏡の洗浄には、これ以外にも様々な問題も指摘されています。
例えば、殺菌・滅菌に使用する薬剤の影響も有ります。
洗浄する時、薬剤を使用致しますが、水洗いが弱いと内視鏡の中に薬剤が残る場合も有ります。
この薬剤により、別の問題も起こって来ます。
現在はかなりこの問題は解決されつつ有りますが、機械を使わない施設では起こりうる危険性は有ります。

内視鏡の問題点を上げるときりが有りません。
医師の上手・下手なども実際は有ります。
最近は、患者さんの苦痛を無くす為、口から入れるのでは無く、鼻から入れる鼻腔用の内視鏡も有ります。
これだと苦痛も無く、検査を受けながら話も出来ます。
専門医から見ると視野が狭いので敬遠される医師もお見えです。
検診などには最適と思います。
以上ご参考に成れば幸いです。

No.2です。
内視鏡の洗浄装置には、1回の洗浄で滅菌レベルまで出来る装置が有ります。
感染症の検査を行うと、少なくても30分位は結果が出るのに必要と成ります。
患者さんの時間を短縮などを考慮されている病院では、滅菌レベルで洗浄出来れば、検査は必要が無くなります。
それと検査を行うと、検査料金が別途患者さんに負担と成ります。
このような理由より、感染症の検査を行わない病院も多々有ります。
現在は、患者が病院を選ぶ時代ですので、目に見えない患者サービスを心掛けている事もご理解下さ...続きを読む

Q萎縮性胃炎の診断での胃癌検診

お願い致します。
私は1年前に胃カメラ検査を行い幽門部に萎縮性胃炎が見受けられると診断されました。(胃の全体の20~25パーセントくらいだそうです)ピロリ菌は2年前に除菌していましたので今回も陰性でした。
先生からは年1回の検査をしていけば良いといわれおわりました。そこで質問です。

(1)人によれば胃癌(ここではスキルスを除く)は進行が早いので半年に1回のカメラ検査が必要というかたもいらっしゃるし、胃癌はゆっくり大きくなるので年に1回くらい良いという方もいらっしゃいます。
大概、年に1回の意見が多いようですが、胃癌のできていく速さはどのくらいなんでしょうか?また半年の検査は必要なのか教えてください。

(2)上記のことに関係していますが、現在私は会社の健康診断のバリウム検査と病院での胃カメラ検査を半年間隔で交互に受けています。この方法でも良いのでしょうか?

(3)萎縮性胃炎はピロリ菌除去をすると改善されるものなのでしょうか?胃の膜の細胞が燃え尽きてしまった状態で再生されないとも聞きますし、ある先生によると改善されるとも聞きます。いかがでしょうか?

そろそろ、検査が近くなって来ましたのでどうしようかと迷っています。

以上回答いただければ助かります。よろしくお願い致します。 44歳 男性

お願い致します。
私は1年前に胃カメラ検査を行い幽門部に萎縮性胃炎が見受けられると診断されました。(胃の全体の20~25パーセントくらいだそうです)ピロリ菌は2年前に除菌していましたので今回も陰性でした。
先生からは年1回の検査をしていけば良いといわれおわりました。そこで質問です。

(1)人によれば胃癌(ここではスキルスを除く)は進行が早いので半年に1回のカメラ検査が必要というかたもいらっしゃるし、胃癌はゆっくり大きくなるので年に1回くらい良いという方もいらっしゃいます。
大概、...続きを読む

Aベストアンサー

ピロリ菌除菌してれれば胃ガンのリスクは大幅に減少しています。
年一回胃カメラやるなら健康診断でのバリウム検査は無駄だと思いますよ

Qピロリ菌以外の要因でも萎縮性胃炎はおこりますか。

36歳女性です。
胃カメラ検査で萎縮性胃炎と診断され、萎縮の程度は軽めとのことでしたが
念のためにピロリ菌の血液検査をしました。
結果は10未満が正常値であるところ、私の数値は3とのことで陰性の診断でした。
さらに呼気の検査もしまして、そちらも陰性だったのですが、
先生が「ほとんどの萎縮性胃炎がピロリ菌が原因です。」といわれ、
以前ネットで、萎縮がものすごく進行した場合、ピロリ菌は住めなくなり
どこかへいってしまう。と書いてあったのを思い出し、私の萎縮の程度は
先生は軽めといってくれたけど、「ほとんどの萎縮性胃炎はピロリ菌が原因」
イコール「わたしの胃にもピロリ菌がいた」イコール「私の胃はものすごく萎縮している??」
と考え心配しています。先生は軽いと言ってくれたから信じたいのですが。。。
そこで質問なのですが、ピロリ菌以外の原因でも萎縮性胃炎はおこりますか?
萎縮が軽くても、ピロリ菌がいなくなることもありますか?
私の萎縮性胃炎の程度が重くないとすこしでも思えたらなあと思って質問しました。

Aベストアンサー

そんな心配してるとますます胃が悪くなりますよ。心配や悩み事をかかえたり不安が押し寄せると食欲が落ちたり胃が痛くなったり重くなったり不快感を感じると思いますがどうでしょうか。胃がやられるのはは食べ過ぎか心因性のストレスが原因です。
ピロリ菌に感染していなくても胃炎にも罹りますし潰瘍にもなります。また除菌してもトラブルを繰り返すこともあります。これらはいわばありふれた常在菌であるピロリ菌が病気に二次的に関与することはあっても病気の直接の原因ではないことを物語っています。
委縮性胃炎も原因は同じです。ピロリ菌は二次的に関与するとしても、いてもいなくても罹ります。皮下の胃壁細胞が心因性のストレスによって粘膜の血流障害や顆粒球増多を招いて破壊される事が直接の原因です。この細胞が抗原となると委縮が始まったりビタミンB12の結合タンパクに対して自己抗体できて貧血になったりします。貧血の症状が強くでると委縮性胃炎ではなく悪性貧血といわれます。

もともと心配、不安、悩みなどが原因ですのでピロリ菌の心配をすると余計にストレスが増えます。ストレスが原因だと分かればいままでよりは余裕もうまれ多少なりとも安心できるのではないでしょうか。性格もあって難しいとは思いますが「なるようになるさ」ぐらいに思ってできるだけくよくよせずに過ごすことが治療となります。これはピロリ菌がいるとしてピロリ菌を暴れさせない、おとなしくさせておく方法でもあるのです。心や体のストレス、あるいは制酸剤の使い過ぎで胃の内部環境のバランスを悪くしなければピロリ菌を飼っていてもいつまでもおとなしくしています。

そんな心配してるとますます胃が悪くなりますよ。心配や悩み事をかかえたり不安が押し寄せると食欲が落ちたり胃が痛くなったり重くなったり不快感を感じると思いますがどうでしょうか。胃がやられるのはは食べ過ぎか心因性のストレスが原因です。
ピロリ菌に感染していなくても胃炎にも罹りますし潰瘍にもなります。また除菌してもトラブルを繰り返すこともあります。これらはいわばありふれた常在菌であるピロリ菌が病気に二次的に関与することはあっても病気の直接の原因ではないことを物語っています。
委縮性...続きを読む

Qピロリ菌は健康な大人でも感染しますか

50歳男性です。
15年程前に胃部不快感と腹痛でかかった病院で胃カメラとピロリ菌の検査をしました、ピロリ菌には感染していませんでした。
胃カメラでも異常は認められませんでした。
10年前に職場に近いところで(隣県)家を購入し引っ越しました。
先日、市からがん検診の案内が届き胃がん検診が無料だったので受けてきました。
胃カメラとピロリ菌の検査でした、その時に15年程前にピロリ菌の検査したことがあり感染してなかったと伝えましたが、検査したところの結果持ってきたらピロリ菌に関しては検査しなくてすむらしいのですが、他県の上15年も前なのでうけました。
職場で休憩中にピロリ菌の話しが出たので自分は2回も受けたといったところ。

ピロリ菌は胃酸の分泌が安定していない乳幼児期に不衛生な井戸水を生で飲んだり、ピロリ菌に感染している大人より口移しで食べたりしたときに感染するので大人は感染しない。

と言う意見と

ピロリ菌は感染症なので大人でも感染する。

と言う意見に別れてしまいました。

どちらが合っているのでしょうか?

市のがん検診の解説で胃がんの項目は、初回だけピロリ菌の検査があり概にピロリ菌の検査をして感染していないのであれば検査結果を持ってきたらピロリ菌の検査は不要と書いてありました。
このことから、私は先の意見が正しいと思いますがよろしくお願いします。

50歳男性です。
15年程前に胃部不快感と腹痛でかかった病院で胃カメラとピロリ菌の検査をしました、ピロリ菌には感染していませんでした。
胃カメラでも異常は認められませんでした。
10年前に職場に近いところで(隣県)家を購入し引っ越しました。
先日、市からがん検診の案内が届き胃がん検診が無料だったので受けてきました。
胃カメラとピロリ菌の検査でした、その時に15年程前にピロリ菌の検査したことがあり感染してなかったと伝えましたが、検査したところの結果持ってきたらピロリ菌に関しては検査し...続きを読む

Aベストアンサー

>このことから、私は先の意見が正しいと思いますがよろしくお願いし
>ます。

ピロリ菌は胃酸の分泌が安定していない乳幼児期に不衛生な井戸水を生で飲んだり、ピロリ菌に感染している大人より口移しで食べたりしたときに感染するので大人は感染しない。

乳幼児期に感染したのであれば、(完全に除菌されていない場合)大人になっても感染していることになります。(ピロリ菌は小児期までに感染しそれが持続感染しているということでしょう。)
※持続感染⇒一人の患者がある特定のウイルスに慢性的に感染していること。

>大人は感染しない。
大人へ感染することはほとんどないと考えられています。
(成人になって初感染はまれで、感染したとしても一時的で、持続感染はしないことが多いとされている。)

50歳代以上の日本人は70%がピロリ菌に感染していると言われています。
このようなデーターがあります。貴方が前に受けた検査結果が陰性だったとは素晴らしいです。

市は国の指示に従い職務を果たしています。
データーをもとにした貴方の意見は合っていると思います。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報