神話などでの英雄は皆、剣士タイプの英雄が多いと思います。
槍は馬上でしか使っていなかったなど、色々な理由があると思いますが、それでも槍使いの英雄もいたと思うんです。

例えばケルト神話で著名な、クー・フーリンやその父、太陽神ルーだと思います。
彼等はそれぞれゲイボルグ、ブリューナクという槍を持っていたと思うんですが、それ以外に槍(有名な槍)使いの英雄はいますかね?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (16件中1~10件)

ゲオルギウス、ベレロポーン、アテナの槍の名前、わからないです。

神々の武器に名前を授けている、北欧やケルトの感覚の方が特殊なのかな…。

あと、思い出したので追加します。

ポセイドン(ギリシア神話)……三叉戟(トライデント)を持った姿で描かれます。神話では三叉戟で大地を突いて、泉を湧き出させたりしています。

シヴァ(ヒンドゥー教)……トリシューラという三叉戟を持っています。

ドゥルガー(ヒンドゥー教の女神)……神々から様々な武器を受け取り、マヒシャという魔族と戦いますが、最後、シヴァ神から授かった三叉戟でとどめを刺します。その場面は人気があってよく絵画などで描かれます。

毘沙門天(仏教)……別名を多聞天。四天王を代表する武神。鉾(三叉戟)を持った姿で描かれます。原形はヒンドゥー教のクベーラ神。

その他、仏教系は散脂大将、大威徳明王、伊舎那天(いわゆるシヴァ神)など多くの神仏が鉾を持った姿で描かれます。

大国主命(日本神話)……別名を八千矛神。槍使いかどうかは謎だけど、多くの武器を所持していたらしいことがうかがえます。播磨国(現在の兵庫県)では新羅国王子の天日槍(あめのひぼこ)と軍事衝突しています。

呂布(中国)……『三国志演義』では方天画戟という種類の槍を愛用します。

宝蔵院胤栄(日本)……宝蔵院槍術の創始者。マンガ『バカボンド』にも登場する人です。

巴御前(日本)って、薙刀の名人だったんじゃないかなー。ふと思ったけど日本の薙刀って盲点かも。武家の子女のたしなみ。

英雄じゃないけど…。
イザナギ・イザナミ(日本神話)……国生みのとき、天の沼矛でかき回して最初の島を造りました。

ロンギヌス……イエスを槍で刺して死を確認したローマ兵。そのときの槍は聖槍ロンギヌスとして知られる。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

なるほど。とても詳しく表記していただいて、とてもありがとうございました。

お礼日時:2007/10/03 20:23

 ロムルス、アキレウス共に槍の名前(記述)はありません。


 ロムルスの槍は当時の兵士が使っていた槍と大差が無かったようです。先陣を切って戦っていた、という記述がありますので、恐らく重い長槍だったのではないかと推測されています。
 アキレウスの槍は、元々鎧、盾、剣とセットになっているもので、鍛治の神ヘパイストスが鍛えたと伝えられていますが、名称はありません。ただ、美術品としても素晴らしい、というような記述はありました(ヘパイストスの妻、アフロディーテへの愛が武具を美しくしたのだそうです)。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

そうなのですか。判りました。ありがとうございました。

お礼日時:2007/10/03 08:29

「蜻蛉切」という名の槍使い、本多忠勝……

    • good
    • 4
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2007/10/03 08:30

 槍使いであることはあまり有名ではありませんが、天武天皇は有名な英雄天皇ですね。



 もっとも、総大将ですし、名手かどうかは不明。
 酔っ払って槍を振り回したというエピソードはありますが。
    • good
    • 7
この回答へのお礼

それは知りませんでした。どうもありがとうございました。

お礼日時:2007/10/03 08:30

アテナ(ギリシア神話の女神)……たいてい槍を持った姿で描かれるけど、槍を使って戦ったかどうかはっきりしない。

オーディンもだけど。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

そういえばアテナもでしたね。ありがとうございました。

お礼日時:2007/10/03 08:30

聖ジョージ(聖ゲオルギウス)……カッパドキアの聖人です。

ドラゴンを倒した聖人として知られ、ドラゴンの口に槍を突き刺して倒す姿が好んで絵画に描かれました。

ベレロポン(ギリシア神話)……ペガサスに乗ってキマイラを退治した英雄です。記憶が曖昧だけど、ベレロポンは槍の穂先に鉛をつけ、それをキマイラの口の中に突き入れた。すると、キマイラは自分の吐いた炎で鉛がとけて流れ込み、内臓を焼かれたため死んだ、という話があったよーな無かったよーな。普通は矢で射殺すんだけど。

カイネウス(ギリシア神話)……もともと女だったが、ポセイドンに願って男に変えてもらったといいます。槍使いだったかどうか知りませんが、槍を神として崇拝し、それを人民にも強要したそうです。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

ゲオルギウス、ベレロポン、共に槍の名称はありますかね?

お礼日時:2007/10/03 08:31

ク・フリンに対抗する訳ではありませんが、ゲルマンのオーディンはグングニルという槍を携えます。



賤ヶ岳の戦いでは後に「賤ヶ岳七本槍」と呼ばれる武将が出ました。
福島正則、加藤清正、加藤嘉明、脇坂安治、平野長泰、糟屋武則、片桐且元です。

また、サリッサによるファランクス戦術やスイスのパイク歩兵、戦国時代(日本)の槍足軽など、「歩兵槍」の例は洋の東西を問わず枚挙にいとまがありません。
中国では「槍は長兵の王」といいまして、槍術を重視します。清朝末期には「神槍」の二つ名を持つ武術家、李書文がでました。壁にたかった蠅を壁に傷を付けずに突き落とすという離れ業を行ったことが史書に残されています。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

オーディンは有名ですね。
李書文は初めて知りました。早速調べてみたいと思います。
ありがとうございました。

お礼日時:2007/10/02 06:07

山中鹿之助が真っ先に思い浮かびました。

    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございました。早速調べてみます。

お礼日時:2007/10/02 06:06

 有名な槍、では無いですが、一応英雄(槍使い)と呼ばれています。



ロムルス(ローマ/プルターク英雄伝)
 彼は弟のレムスと協力し、ローマ帝国の礎であるローマ市を造ったと言われています。また、彼の槍はパラティウムという丘の上に突き刺した際、樹木になったそうです。

アキレウス(ギリシャ、ローマ/ギリシャ神話)
 トロイ戦争の英雄です。この槍で受けた傷は普通の治療で治らず、この槍の穂先を削った粉末を掛けることでしか治らなかったそうです。また、彼が終生手放さなかったとも言われています。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ロムルス、アキレウス共に槍の名前は判りませんかね?
槍の名前も知りたいのですが・・・

お礼日時:2007/10/02 06:06

 戦国時代の合戦はほとんど槍を主な武器としていましたから、当時の名だたる武将は大抵槍使いでもあります。


 あえて有名な武将を挙げるとすれば、前田利家でしょうか。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%89%8D%E7%94%B0% …
    • good
    • 1
この回答へのお礼

槍の又左は有名ですね。ありがとうございました。

お礼日時:2007/10/02 06:05

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q帰ってきたウルトラマンの歌詞

帰ってきたウルトラマン主題歌(ボツ版)の歌詞ナンですが

「街が危ない~○がせま~る~」

の○部分が聞き取れません。

どなたか歌詞をご存じの方はいらっしゃいませんでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

手元のCDのリーフレットを見ると
「火がせまる」となっています。
でも、どうしても「シがせまる」って聞こえちゃいます。
江戸っ子かい!?

Qギリシャ神話と日本神話は、なぜ似ているのでしょうか?

映画「トロイ」を見ましたが、これは紀元前800年頃の話で、トロイ国は太陽神アポロを崇拝していたようです。なんだか日本と似てますね、日本の天皇の皇祖神アマテラスも太陽神ですから。そして、神話によれば日本の建国は紀元前600年頃だそうですから時代的にもそう違わないわけです。(2800年昔も2600年昔も、現代から見れば、似たようなもんです)

監督のウォルフガング・ペーターゼンも、日本とのアナロジーを感じたのではありますまいか?ギリシャ軍がトロイに攻めてきた時、日本のお寺の鐘みたいなのを、つかせています。ウォルフガング・ペーターゼンはドイツ人なんですよね、だから、ギリシャ「連合軍」が上陸するシーンは第二次世界大戦で連合軍がノルマンディーに上陸するイメージにダブらせたのではないでしょうか?もちろんアメリカ海兵隊が太平洋の島々に上陸するイメージでもあります。いずれにしろ、敗北するトロイ側に監督の心は有るようです。

日本とのアナロジーでは、他にも、トロイ王プリアモスの座る玉座には「菊の紋章」が付いていました。菊の紋章はその放射状のデザインから太陽をイメージする事ができます。従って、太陽神を崇拝するトロイ王プリアモスの玉座に、菊の紋章が付いていても不思議ではありません。いずれにせよ菊の紋章自体は、古代ギリシャやローマの遺跡からも出土する、ありふれたデザインですから、時代考証的にも合っているわけです。

映画では、王子パリスに助けられた、王女プリュセイスが、落城するトロイから逃げるシーンで終わっています。この時、プリュセイスは、アキレスの子を身ごもっていたのでしょう。そして、神々の助けを借りて、はるばる日本まで逃げて来て、「アマテラス」と呼ばれるようになり、その結果、ギリシャ神話と日本神話は似た話になったのではないでしょうか?

映画「トロイ」を見ましたが、これは紀元前800年頃の話で、トロイ国は太陽神アポロを崇拝していたようです。なんだか日本と似てますね、日本の天皇の皇祖神アマテラスも太陽神ですから。そして、神話によれば日本の建国は紀元前600年頃だそうですから時代的にもそう違わないわけです。(2800年昔も2600年昔も、現代から見れば、似たようなもんです)

監督のウォルフガング・ペーターゼンも、日本とのアナロジーを感じたのではありますまいか?ギリシャ軍がトロイに攻めてきた時、日本のお寺の鐘みたいなのを、...続きを読む

Aベストアンサー

比較神話学については、本を2~3冊読んだぐらいですが、日本神話は、スキタイ→(北東アジア→)朝鮮半島→日本のルートで、インドヨーロッパ語族の神話の影響を受けている、という説はあります。参考URLをご覧下さい。
分析手法としては、紋といった個別の類似ではなく、神話の「構造」に専ら注目するもので、1930年代ぐらいにフランスの学者デュメジルが始めたものです。(参考URLは、デュメジルの唯一の弟子と言われている日本の学者吉田敦彦の講演です。)
デュメジルは、インドヨーロッパ語族の様々な神話(インド神話、ローマ神話等々)に見られる「祭司・戦士・生産者」という三つの『構造』に注目しましたが、このような分析手法自体は、レヴィ・ストロース、フーコーなどに多大な影響を与え、デュメジルは「構造主義の父」などとも言われています。
しかし、神話を恣意的に解釈して共通点を見つけだす事も可能(かつNo.5の方が言うように相違点は無視されがち)なので、そうやって導き出された結論に対しては、色々批判があるのも事実です。

冒頭に述べたように比較神話学はあまり勉強していないので軽々しい事は言えませんが、日本神話の(一部)インドヨーロッパ起源説は、「定説」は勿論「有力な仮説」ともいえない一方、「トンデモ」説という扱いでもない、と私は理解しています。

参考URL:http://www.wako.ac.jp/souken/touzai02/tz0203.html

比較神話学については、本を2~3冊読んだぐらいですが、日本神話は、スキタイ→(北東アジア→)朝鮮半島→日本のルートで、インドヨーロッパ語族の神話の影響を受けている、という説はあります。参考URLをご覧下さい。
分析手法としては、紋といった個別の類似ではなく、神話の「構造」に専ら注目するもので、1930年代ぐらいにフランスの学者デュメジルが始めたものです。(参考URLは、デュメジルの唯一の弟子と言われている日本の学者吉田敦彦の講演です。)
デュメジルは、インドヨーロッパ語族の様々な神話(イ...続きを読む

Qウルトラマンの歌詞。現代の科学で・・・

初めまして!初めての投稿です。

初代ウルトラマンの歌詞ってhttp://www.kcc.zaq.ne.jp/gaia/s%20um01.htm

「自慢のジェットで----」ってあるじゃないですか。
でも最近、中学の理科の本でロケットと同じ原理でわないかと思いました。

だとしたら、ウルトラマンは自分も吹っ飛んでしまうんじゃないでしょうか??

URLはすみませんがコピーして検索してください・・・

Aベストアンサー

 この歌詞の「自慢のジェットで----」の部分はウルトラマンではなく、科学特捜隊のビートルを指しているいると思います。
 自慢のビートルで攻撃するぞ・・・って事かな。
 
 ジェットエンジンとロケットエンジンは原理は全く違いますし・・・。
 ちなみに、科学特捜隊のビートルは通常ジェットエンジンで飛行していますが、大気圏外に行く時はロケットブースターを装着します。

 イマイチ、質問内容が解りにくいのですが・・・?

 

Q日本神話とギリシア神話

 日本神話とギリシア神話の共通点についてわかる方いたら教えてください。
 できれば、有名なエピソードとかで比較してくださるとわかりやすくて嬉しいです。

 レポートで取り上げようとインターネットで調べたのですが、難しくって頭が混乱してきちゃって…。
 おねがいします。

Aベストアンサー

地獄に誘拐されたペルセポネーは、帰る前に地獄の食べ物を食べますが、それで完全に地上に戻ることができなくなり、半分は地獄で過ごすことになります。これは、イザナギが迎えに来たときに、イザナミが「黄泉の食べ物を食べてしまったので帰れない」という話と似ていますね。

スサノオは高天原で乱暴を働いて追放されるわけですが、乱暴者のヘラクレスの話と似ているかもしれません。

オオクニヌシは、スサノオにも難題を課されますが、
それを助けたのは娘のスセリ姫でした。ギリシア神話の金の羊の皮を取りに行く話も、テセウスが王の娘の助力を得て、難題を解決して金の羊の皮をもらうのじゃなかったでしょうか。

インターネットなどで調べるよりも、双方の神話をじっくり読めば、類似点はいくらでも出てくると思いますよ。古事記などを読むのは大変なので、子ども向けの日本神話やギリシア神話の本を読んでめぼしをつけたところを、あとから詳細に調べればいいと思います。

Q村田英雄の歌「王将」の歌詞に阪田三吉は?

昔聞いた村田英雄の「王将」は「阪田三吉勝負にゃ泣かぬ」という歌詞があったと思いますが、you tubeで聞いてもこの歌詞がありません。別の歌だったのでしょうか?

Aベストアンサー

そのフレーズは村田秀雄の「王将」ではなくて,
石原裕次郎が唄った「王将・夫婦駒」の一節です。

参考URL:http://music.goo.ne.jp/lyric/LYRUTND41825/index.html

Qローマ神話とギリシャ神話の神々

ローマ神話とギリシャ神話の神々はそれぞれ対応する神がいます。これはなぜでしょうか?例えば、ジュピターとゼウス、ケレスとデメテル等々。以前から気になっていました。どうぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

古代ローマに支配されるまえのギリシャを古代ギリシャとよび、そこには既にギリシャ神話の神々がありました。 オリンピックの起源であるオリンピアなどもそうですね。 オリンポス トロイ などは現在の トルコ にあります。(古代ギリシャはもっと広く、現在のトルコのあたりにもあった訳です。)
なんと聖母マリアの生誕地もトルコにあるのですね。

古代ギリシャを占領した古代ローマは同時にギリシャの神々も形を変えて崇拝したようです。
基本的にローマ市民は占領したギリシャ人を 尊敬する部分があり、「家庭教師」 として雇ったりしたところもあったようです。(下記のURLには無いかもしれませんが)

参考
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8F%A4%E4%BB%A3%E3%82%AE%E3%83%AA%E3%82%B7%E3%82%A2
http://pedia.mapion.co.jp/art/%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%9E%E7%A5%9E%E8%A9%B1

Qウルトラマンエースの主題歌の歌詞

 そろそろ2歳になる息子が図書館で、「ウルトラ兄弟全員集合(仮)」みたいなタイトルのビデオを見ました。なぜかウルトラマンエースが彼にヒットし、主題歌がかかると「うーうー」と興奮して踊り始めます。
 家に戻ってきて、暫くすると、歌え歌え!と催促するのでいつもの歌(常々は「お母さんといっしょ」の歌が主)を歌っても満足しません。「エース?」と聞くと「フーフー」と頷くので、歌うのですが

 ♪ほくととみなみ~
  たたかえ~たたかえ~
  ウルトラマンエース
  ふふふふ(鼻歌)エース♪

 彼はワンフレーズに満足しません。暫くリピートが続きます。間をもたす為にもおおまかで結構なので大体こんな歌詞だよって知っている方見えたら教えてください。

Aベストアンサー

↓をごらんください。

参考URL:http://www.utamap.com/showkasi.php?surl=38033&title=%A5%A6%A5%EB%A5%C8%A5%E9%A5%DE%A5%F3A&artist=%A5%CF%A5%CB%A1%BC%8E%A

Q騎馬鉄砲は馬上から発砲していたのか?

朝鮮出兵の加藤清正隊や関ヶ原の島津隊では、騎馬隊のほとんどが銃を装備しており、藩によっては騎馬隊が鉄砲を持つことを定めているものもあるようです。
騎馬鉄砲という独立部隊というよりも、騎馬隊の装備の一つとして用いられていたように思います。現在見られる砲術団体はホルスターのようなものに馬上筒を入れていました。

しかし、当時の騎馬隊はどのような用法で馬上筒を使っていたのでしょうか?下馬して撃っていたのでしょうか?それとも馬上から射撃していたんでしょうか?
当時の図では、馬上から鉄砲を構えたものがあります。西洋の重騎兵のように近距離で射撃してから乗崩しをしたのかな・・・?

Aベストアンサー

騎馬侍が銃を装備していたとしても、後年の騎兵隊のような統一行動はとらなかったと思います。
当時の騎馬侍は士分であり、1騎につき数名の取り巻きがいました。それは馬の口取りであったり鎧持ちだったり槍持ちだったり鉄砲持ちだったり中間だったりします。彼らは戦闘中は主人の護衛を勤めて戦闘の補助役を務めていますから、彼らを置き去りにして騎馬侍だけが突っ走るという事も基本的にはありえません。彼らを置き去りにしたら銃や槍なしで戦う事になってしまいますから。戦国時代の戦闘が下馬して行われたかは別にして、いずれにせよ一般的には徒歩の速度で従者を従えたまま騎馬侍は戦闘します。
従って馬上筒は槍と同様に従者が持って、必要に応じて装填済みの銃を渡し、撃ち終わったら従者に渡して槍を受け取り、従者はその間に装填作業をするといった形が一般的であったのではないかと思います。なので騎馬侍が統一行動をとって一斉射撃するとかいう事はありえず、各自が状況に応じてバラバラに銃を使用していたのではないでしょうか。
伊達の騎馬鉄砲については、司馬氏の小説でしか読んだ事がないのでよくわかりません。そのようなものがあったとしてもごく特殊な例であって他家にそれに類する物があったとは思えません。
実際の射撃が馬上から行われたかについてもわかりませんが、停止した馬上から射撃したり下馬した状態で射撃するのが一般的であったと聞いた事がありますが、それが妥当だと思います。当時の馬上筒は拳銃のように小型の物ではなく騎兵銃のような普通の小銃の短縮型ですから、馬上での扱いは難しかったろうと思います。また命中を期待できる近距離では、連射ができない当時の銃では一発撃ったら槍に持ち替える事もできず戦闘力を失ってしまいます。
ただし、馬で走りながら射撃する例が皆無だったとも思えません。もともと東洋では騎射が伝統的な戦闘法ですから、弓の代わりに鉄砲を使うという発想はごく自然です。

騎馬侍が銃を装備していたとしても、後年の騎兵隊のような統一行動はとらなかったと思います。
当時の騎馬侍は士分であり、1騎につき数名の取り巻きがいました。それは馬の口取りであったり鎧持ちだったり槍持ちだったり鉄砲持ちだったり中間だったりします。彼らは戦闘中は主人の護衛を勤めて戦闘の補助役を務めていますから、彼らを置き去りにして騎馬侍だけが突っ走るという事も基本的にはありえません。彼らを置き去りにしたら銃や槍なしで戦う事になってしまいますから。戦国時代の戦闘が下馬して行われた...続きを読む

Qウルトラマンの主題歌の歌詞で

自慢のケートで、というところのケートってなんでしょうか?

Aベストアンサー

自慢のジェットです。面白いことに、M78星雲からきたウルトラマンの物語なのに、歌詞は3番までほとんどが、科学特捜隊を歌ったものです。
2番の「手にしたカプセル」とはベータカプセルのことで、これはハヤタ隊員が変身する瞬間のことを指していますが、それ以外の「胸に付けてるマーク」とは科学特捜隊の流星マークのこと。「ジェット」とは、ビートルのこと。(岩本博士の設計した戦闘機、正式名称はジェットビートル)「手にしたガン」はスーパーガン、「怪獣退治の専門家」は科特隊のこと。
「ウルトラマン」は、当初、ウルトラQの1シリーズに過ぎなかったわけですから、歌詞もやっつけ仕事で作ったのではないでしょうか。

Qギリシア神話で父・子殺しが多いのはどうして

ギリシア神話では、父殺し、子殺し、そして妻の嫉妬による夫の愛人及び愛人の子への虐待が繰り返されます。
どうしてそういう神話になってしまったのでしょうか?
生活環境が苛烈で家族といえども生きていくのが大変だったのかと思ったのですが、
そういった風では内容です。
気候は温暖でうし、奴隷や貿易である程度の生活はできていたようです。
家族で平安に生きるのをさまたげるような要素が何かあったのでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

古代ギリシアが豊かだったかと聞かれれば、山がちでお世辞にも豊かな土地柄ではないでしょう。もし耕作に適した肥沃な土地だったらヘシオドスも『労働と日』なんて詩を残さなかったと思います。ここでは神話的な黄金時代がどんどん悪くなり、今にいたる様が語られていますが、実際に古典期よりずっと以前にはひどい貧困に見まわれた時代があったと考える研究者もいるようです。

ギリシア神話がこの苦しい時代を経て生き残った物語であると考えることは可能でしょう。質問者さんの指摘以外では、子を捨てる母もかなりの多さですね。

いくつかの古典作品には古代ギリシアと富にあふれた東方とを対比する箇所が見出せます。たとえばエウリーピデースの『トロイアの女』991行以下。パリスに誘惑されてトロイアにやって来たヘレネーに対し、プリアモスの妻ヘカベーが言うセリフには貧しいギリシア(スパルタ)と黄金に満ち溢れたトロイアが対比されています。

またトゥーキュディデース(『戦史』1・9・2)は、異国の王子ペロプスがギリシアに大きな権力を築きえたのは、彼の莫大な財産のおかげであり、当時貧しかったギリシアに大きな影響を与えたと述べています。

古代ギリシアが豊かだったかと聞かれれば、山がちでお世辞にも豊かな土地柄ではないでしょう。もし耕作に適した肥沃な土地だったらヘシオドスも『労働と日』なんて詩を残さなかったと思います。ここでは神話的な黄金時代がどんどん悪くなり、今にいたる様が語られていますが、実際に古典期よりずっと以前にはひどい貧困に見まわれた時代があったと考える研究者もいるようです。

ギリシア神話がこの苦しい時代を経て生き残った物語であると考えることは可能でしょう。質問者さんの指摘以外では、子を捨てる母もか...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング