【復活求む!】惜しくも解散してしまったバンド|J-ROCK編 >>

音質についての知識が全くありません。できるだけ良い環境で音を楽しみたいと思っています。
我が家の構成
テレビ  日立     W55P-H8000
アンプ  DENON  AVC-3920
スピーカーDENON  55XGシリーズ 5.1CH
ゲーム機 SONY   PS3

(1) 音&映像 PS3→HDMI→アンプ→HDMI→テレビ
(2) 音    PS3→光デジタル出力端子→アンプ
  映像   PS3→HDMI→テレビ

(1)と(2)の接続を比べて、どちらが音質が良いか教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

(1)でいいと思いますよ。



http://denon.jp/products2/avc3920.html

AVC-3920は、2年前の製品で、仕様を見ると、HDMIはVer.1.1の様です。 Ver.1.1では、SACDの入力は不可能ですが(PS3は対応しているが)リニアPCM(マルチチャンネル)には対応しているバージョンのモノです。  この仕様であれば、BD(Blu-ray Dick)の再生時には、次世代サラウンドフォーマットに対応が可能になります。  従来の「Dolby-Digital」や「dts」に対し、圧倒的に有利(高音質)に働きます。 リニアPCMに変換されていても、その恩恵は大です。  AVC-3920も基本性能が高いアンプ(スピーカーの駆動力もシッカリしているという意味)ですから、上位フォーマットはその違いを引き出してくれるでしょう。

PS3には、細かい出力設定が色々と有りますから、説明書を見ながらシッカリと設定してください。 アンプ側にも設定が有ると思います。 HDMI接続では、アンプ側のスピーカーと、TVのスピーカーの両方からは音が出せないケースも有ります。 どちらかの選択になると思いますので、取説に目を通して見て下さい。

** 光デジタル接続では、次世代サラウンドフォーマットの伝送は出来ません。  ただし、BDにはDVD以上のレートで従来サラウンドフォーマット(D.D/dts)が記録されていますので、DVDに比べ、音質が上がる事も確かです。 (^_-)-☆
    • good
    • 0
この回答へのお礼

とても参考になる回答ありがとうございます。
さっそくHDMI端子を買い足して、設定してみました。
アンプ側の設定はかなり複雑でしたが、なんとかできました。
かなり満足しています。

お礼日時:2007/10/28 21:13

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q光デジタルで本当に音質が変わる?

光デジタルで本当に音質が変わる?
GX-D90持ってるのですが光デジタルとアナログとで音質比べました。
あまり変わらないと思うのですけど。
これって本当に音質変わるのですか?
教えてください。

Aベストアンサー

音質を決める要素として端子は確かに重要ですが、ある意味では必ず最優先で重要な要素ではありません。

まず、音質とは何かというと音がどれだけ忠実に聞こえるか、もしくは綺麗に聞こえるか、心地よく聞こえるかを表す物で、人によって感じ方に差がある物です。忠実という点で音質を考えると音の質を決めるのはアンプの性能に対して十分なスピーカーの性能があるかどうかが音質を最大限決める要素となります。

どういう意味かというと、デジタルで繋げば当然ですがD90と繋いでいるパソコンやオーディオ機器から出てくるのはD/Dコンバータ(サンプリングレートコンバータ)を介していたとしても、基本的には音の生データが転送されます。それを、D90内のコンバータとメインアンプが音情報に変換し出力するのです。そのため、D90のアンプおよびコンバータの性能がそのまま使われます。

それに対して、デジタルの音をパソコン(またはその他のオーディオ機器)からアナログで出力した場合は、まず外部の機器(パソコンやオーディオ)でデジタルデータをアナログに変換する作業が生じます。音の基本はそこで生まれるのです。この精度がD90の回路より高く高品質なら後は、その他の回路やケーブルを経由する間に受けるノイズが少なければ、音質はD90内で処理するよりよく感じるかもしれません。あまり、変わらなければ差がないでしょう。

後は人の耳の感性の違いもあるでしょう。
光デジタルだから音が良くなるのではない。確かに届くものに劣化が生じにくいのがデジタル転送ですが、それをいかに料理するかが音を決めます。
結局そこの精度の違いで外部であろうが関係なく音質は変わります。

その上で、端子の重要性を述べると特にアナログ接続では僅かでも高音質にするには、純度が高くノイズを受けにくいケーブルを使うことで音質が向上します。そのため、大きな意味があります。デジタルやアナログといった別の要素になるとそれは、処理する機器の性能がどちらが優れているかに依存すると言えます。

音質を決める要素として端子は確かに重要ですが、ある意味では必ず最優先で重要な要素ではありません。

まず、音質とは何かというと音がどれだけ忠実に聞こえるか、もしくは綺麗に聞こえるか、心地よく聞こえるかを表す物で、人によって感じ方に差がある物です。忠実という点で音質を考えると音の質を決めるのはアンプの性能に対して十分なスピーカーの性能があるかどうかが音質を最大限決める要素となります。

どういう意味かというと、デジタルで繋げば当然ですがD90と繋いでいるパソコンやオーディオ機器...続きを読む

QPS4の音声出力設定について

PS4 → HT-SS380 → KDL-46HX720

で接続しているのですが、PS4の音声出力設定の音声フォーマット(優先)をどれにすれば一番高音質で再生することが出来ますか。

項目は3つあって
Linear PCM
ビットストリーム(Dolby)
ビットストリーム(DTS)
とあります。

ご教授の方、よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

音質だけで考えれば、非圧縮であるリニアPCMだということになりますが、リニアPCMはマルチチャンネルに対応しておらず、ステレオ2chのみの再生になります。なのでサラウンド再生と言った音場効果まで考えた場合、何をもってベストとするかは一概に言えなくなってきそうだし、もともとマルチチャンネルで録音されているタイトルだと、リニアPCM再生のためにPS4でミックスダウンしてから出力されるわけなので、ますます判断に困ることに…

QHDMIケーブル?光デジタルケーブル?

題名通り、
HDMIケーブルと光デジタルケーブルのどちらかを
 コンポに繋げて
TVから発せられる音声を聞こうと思いますが
どちらがいい音が得られますでしょうか?

Aベストアンサー

再生機器が対応しているならどちらも同じと考えていいと思います。

ところでデジタルにおいて電気→光→電気に変換すると音が劣化するというトンデモ理論を回答されている方がいますが、それが本当ならCDは劣化のかたまりです。
HDDの音楽再生でも電気→磁気→電気ですから同様に劣化する理論になります。

光デジタルより同軸デジタルをお勧めする人を見かけます。
しかしそれは全く別の理由ですし、その効果でさえ本当のところは判っていません。
http://ja.wikipedia.org/wiki/S/PDIF

Qスピーカーのインピーダンスをどう判断すれば良いのですか?

高級オーディオをかじり始めた者です。スピーカーのインピーダンスの数値は大きい方が良いのか、小さい方が良いのか、どちらでしょうか?(どうも、その大小の問題でも無いような気もするのですが・・・)
それと、アンプとの関係で注意が必要だとものの本に書いてありますが、どうもよく理解出来ません。数値が合わないと、アンプの故障につながるようですが、具体的にどこに注意すれば、良いのでしょうか?ご教示願います。

Aベストアンサー

私も文系で詳しくはないのですが、勉強した限りでは以下の通りです。

スピーカーのインピーダンスと音質の関係は、ほぼないといわれています。かつては12オームとか16オームといったものもあったようですが、現代のスピーカーは4~8オームが普通で、ごくごく稀に12オームくらいのものがあります。

インピーダンスとは交流電流に対する抵抗ですが、これが低いということは、同じ電圧をかけたときにより多くの電流を要求されるということになります。(交流にもオームの法則が使えるんでしたっけ....? I=E/Rですね)
現代のアンプの大半は電圧出力ですから、4オームのスピーカーでも8オームのスピーカーでも、1Vの出力で得られる音量に変わりはありませんが、抵抗値が半分ですので、実際に流れる電流が2倍になり、すなわち出力電力も2倍になります。
このとき、トランジスタや電源の性能などによって、許容量以上の電流が流れると、アンプが以上発熱したりトランジスタが破壊されたりするわけです。(もっとも、普通は保護回路やヒューズによって出力が遮断されます)

(つまり、8オームのスピーカーに10W出力するのと、4オームのスピーカーに20W出力するのは、スピーカーの仕事量は同じですが、アンプの負担が倍になっています。)

なお、インピーダンスは直流抵抗と異なり、周波数によって抵抗値が変化します。つまり、公称8オームのスピーカーでも、特定の周波数対では3オームくらいまで落ち込むこともあり得ます。(最近は落ち込みが大きいものは表示されるものもあります)

蛇足ながら、真空管アンプなどに多いトランス出力式のアンプの場合、4オーム端子に6オームのスピーカーを繋ぐのはアンプにとって定格より仕事が楽になり、8オームの端子に繋ぐと若干つらくなります。
この際にはダンピングファクターが変化するため、音色にも若干の違いがあるといわれています。

私も文系で詳しくはないのですが、勉強した限りでは以下の通りです。

スピーカーのインピーダンスと音質の関係は、ほぼないといわれています。かつては12オームとか16オームといったものもあったようですが、現代のスピーカーは4~8オームが普通で、ごくごく稀に12オームくらいのものがあります。

インピーダンスとは交流電流に対する抵抗ですが、これが低いということは、同じ電圧をかけたときにより多くの電流を要求されるということになります。(交流にもオームの法則が使えるんでしたっけ....? I=E/R...続きを読む

Qデジタル音声出力について

こんにちは

デジタル音声出力についてお聞きしたい事があります。

テレビのメニューでPCMとAACとありますが、いまいち良く分かりません。PCMとAACはそれぞれどういう意味があるのでしょうか。

よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

Q/PCMとAACはそれぞれどういう意味があるのでしょうか。

A/PCMはPulse Code Modulationの略で、アナログの音をデジタルの一定の情報量で変換されたデジタル音声のことです。まあ、分かりやすく言えば、デジタルで加工・圧縮のない生な音(RAW)のデータをPCMと言います。
この音声は、加工も圧縮もないためどんなオーディオ機器でも、データ量(サンプリングレート)及びビット量さえ満たせば再生できます。

AACはAdvanced Audio Condingの略です。
DVDやデジタル放送でお馴染みの映像圧縮技術であるMPEG2におけるオーディオ拡張方式の一つです。これに属する音声として有名なものとしてMP3がありますが、それの上位に当たる規格です。
日本のデジタル放送では音声方式にAACが用いられており、この方式ではDVD映画と同等の迫力ある5,1chサラウンド(映画並のサラウンド)での収録が可能です。
尚、AACを再生するにはAACデコーダーと呼ばれる専用のサラウンドデコードアンプが必要になります。(別名で言えばAAC対応のシアターセットやサラウンドヘッドホンになります)

ということで、AACは本来の迫力あるオーディオを収録したものを出力するモードですが、この音を再生するには専用装置が必要になる。
PCMは、AAC再生機器を持っていない場合に、AACをステレオ(モノラル)音声の生データに変換して出力するためのモードです。

Q/PCMとAACはそれぞれどういう意味があるのでしょうか。

A/PCMはPulse Code Modulationの略で、アナログの音をデジタルの一定の情報量で変換されたデジタル音声のことです。まあ、分かりやすく言えば、デジタルで加工・圧縮のない生な音(RAW)のデータをPCMと言います。
この音声は、加工も圧縮もないためどんなオーディオ機器でも、データ量(サンプリングレート)及びビット量さえ満たせば再生できます。

AACはAdvanced Audio Condingの略です。
DVDやデジタル放送でお馴染みの映像圧縮技術...続きを読む

Q安価で効果のある、スピーカー台になるもの

ちゃんとしたスピーカー台は高いです。
高価なものはきっととても良いんでしょう。

しかし、そんなにお金かけたくないのです。
そのスピーカーはそろそろ引退するかもしれないので・・

安くて、手に入り易くて、見た目もまぁまぁで
それなりに音質向上するような
そんな夢のようなスピーカー台になるものって
何かないでしょうか?

スピーカーの大きさは幅約35センチ・奥行き約30センチ
高さ約60センチです。床はフローリングです。
今は厚さ1センチ弱のゴム板4個を角に敷いてます。

もう少し高さが欲しいので10~15センチくらいで
なにかないでしょうか?

ブロックとかレンガはダメです。いらなくなったときに
処分が困ります。

Aベストアンサー

スピーカー台になるものということですが
重量があって、硬くて、振動をある程度吸収するものが良いと思います。
また安価で廃棄の事や入手性という条件で考えてみました。

合板とブチルゴムテープのサンドイッチ構造はいかがでしょうか?
基本材料は、できればシナ合板です。
それをブチルゴムテープで貼り合わせていく要領です。

合板で重量と剛性・硬さを確保して、ブチルゴムテープで振動や合板の共振を抑え込みます。
15ミリ合板6層と1ミリのブチルゴムテープ5層で95ミリになります。
18ミリ合板5層と1ミリのブチルゴムテープ4層で94ミリになります。
仕上げに木目が残る塗料で塗れば見た目も良くなると思います。
インシュレーターっぽく10センチ角のものでも、スピーカーベースっぽくスピーカーの底面サイズや2まわりくらい大きいサイズ作ってもいいと思います。
下記でお話するソルボセインをそれらとスピーカーの間に挿入してみるのも手です。

それから
今ゴム板を4個を角に敷いているとの事ですが、ソルボセイン等試された事おありでしょうか?
ホームセンターのゴムコーナーにも売っています。
一度試されて、音の変化に気付くかと思います。
恐らくゴム板よりクリアな音になると思います。

音質への貢献を考えると、冒頭の要素を取り入れると音質的にベターな方向に向かうと思います。
試行錯誤とトライ&トライです。

スピーカー台になるものということですが
重量があって、硬くて、振動をある程度吸収するものが良いと思います。
また安価で廃棄の事や入手性という条件で考えてみました。

合板とブチルゴムテープのサンドイッチ構造はいかがでしょうか?
基本材料は、できればシナ合板です。
それをブチルゴムテープで貼り合わせていく要領です。

合板で重量と剛性・硬さを確保して、ブチルゴムテープで振動や合板の共振を抑え込みます。
15ミリ合板6層と1ミリのブチルゴムテープ5層で95ミリになります。
18ミリ合板...続きを読む

Q【PS3】映像はHDMIでモニタから、音声はPS3本体からスピーカーに直接繋げたいです。

こんにちは。

先日、PS3専用としてモニタを購入しました。(acerのH243Hbmid)

映像には大満足なのですが、音質に関してはやはりイマイチでした。
このモニタには音声外部出力もないので、諦めていたところ、
PS3からスピーカーに直接出力する方法があるということを知りました。

しかし、こういった知識はあまり無いためにどういったスピーカー(アンプ付き?)を買って、どうやって接続すればいいのかわからずという状態です。

そこで、みなさんがオススメするスピーカーと、そのスピーカーとの推奨する接続方法を参考にしたいと質問したところであります。

音質に関しては、各大手メーカーの地デジテレビにHDMIで接続したときくらいあれば満足できる感じです。
(このモニタを購入する前はシャープのテレビでゲームしてました。)
予算は1万円程度と考えています。

アドバイスよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

予算、希望音質で言うと、PC用として売られてるアンプ内蔵スピーカあたりでしょうか。(#1さんの回答と同じです)

PS3背面のAV MULTI OUTから
本体同梱のAVケーブルで
音声(赤・白)をスピーカのRCA端子に繋げ(*)、
PS3のXMBから音声出力の設定をします。
http://manuals.playstation.net/document/jp/ps3/current/settings/audiooutput.html

具体的な製品はちょっと・・うちは安物使ってるもので。
http://kakaku.com/pc/pc-speaker/
こちらで評判を見てみるのもいいかも。

(*) スピーカ側がミニステレオジャックの場合は
RCA→ミニプラグ への変換ケーブルが必要です。
(スピーカに付属してる事もある)

Qウーハーの位相について

ウーハーの位相について

こんにちは.22歳の男子です.

お聞きしたいのはウーハーの位相の設定についてです.
先日,車のオーディオを取り換えましてスピーカーも一式取り換えました.

そこで,オーディオの設定を変更しているときにウーハーのPHASEという項があり
"Normal"と"Reverse"が選択できるようになっていました.
おそらく"正相"と"逆相"だと思うのですが,"逆相"にする意味というのはあるのでしょうか?

説明書にもその詳しい説明は載っていませんでした.
ウーハーを逆相にしてしまうと他のスピーカーの位相と打ち消しあって
音が小さくなるのでは?と思うのですが.

一応,ウーハー以外のスピーカーはHI-PASSを通しているので
打ち消すということはないと思いますが
ウーハーの位相を変更することでどういった"メリット・デメリット"があるのか
教えていただけたら幸いです.

Aベストアンサー

はじめまして♪

家庭用のオーディオとちょっとだけ違うのがカーオーディオです。

環境として、家庭内ならスピーカの向きや位置を、音を聞きながら最適な音に鳴る様に移動ができますね。

カーオーディオは、スピーカーの向きを変えたり、聞く人との距離を微調整出来ないのが前提と成ります。

このため、微妙な位相調整は出来ないのですが、位相を反転出来る部分を設けてある高級カーオーディオ製品が有るのです。

実際に、ノーマルとリバースでいろいろ聞いてみて、心地よいサウンドと感じた方法で良いですよ。

設置の自由度が少ない分、位相切り替えで好みの音に調整出来る様に設けられた設定で、切り替えてみて音の違いが感じられない場合、又は音が違うけれど良否が判らない、なんていう状況の場合は文字通りノーマルで良いでしょう。

音に慣れた半年とか1年とか、そういう時期に切り替えてみて音の好みと合う方が有るか確認すると、さらに良いでしょうね。

自分の聴力、感性を信じて決めましょう。(いろんな経験が積み重なって経験値アップ♪ がんばって下さい。)

QリニアPCMとドルビーやDTSの比較

宜しくお願いします。

家でPS3(古い機種)とパイオニアのホームシアターHTP-LX70を繋いでいます。

PS3の設定でリニアPCMとドルビーやDTSを切替えられますが、
以前、この3つのうちどれがいいのかと調べたところ、リニアPCMは無圧縮なので
圧縮音声であるドルビーやDTSよりリニアPCMの方がよいと読んだ気がします。
そのため、ずっとリニアPCMに設定してきました。

ところが家のPS3のゲームにリニアPCMとドルビーやDTSの選択ができるものがあって、
試しにドルビーに変えてみたところ、映画館のように非常に臨場感があって好感が持てました。
それに比べてリニアPCMはただCDを再生したときのようで素直で偏屈ない音質です。
これはどのように解釈すればよいのでしょうか?

(1)ドルビーやDTSは圧縮音声であるがエフェクト付きでリニアPCMは無圧縮だがエフェクト無し?
(2)HTP-LX70がリニアPCMに対応していない又は私の設定がおかしい?
(3)私の耳がおかしい?

せっかくなので出来るだけよい音質で聴きたいです。アドバイスをお願いします。

宜しくお願いします。

家でPS3(古い機種)とパイオニアのホームシアターHTP-LX70を繋いでいます。

PS3の設定でリニアPCMとドルビーやDTSを切替えられますが、
以前、この3つのうちどれがいいのかと調べたところ、リニアPCMは無圧縮なので
圧縮音声であるドルビーやDTSよりリニアPCMの方がよいと読んだ気がします。
そのため、ずっとリニアPCMに設定してきました。

ところが家のPS3のゲームにリニアPCMとドルビーやDTSの選択ができるものがあって、
試しにドルビーに変えてみたところ、映画館のように非常に臨場...続きを読む

Aベストアンサー

リニアPCM:無圧縮ですが、通常、モノラルかステレオのみで立体音響には対応していません。

ドルビー、DTS:圧縮されていますが、5.1chなど立体音響に対応しています。

音源が5.1chなのに、リニアPCMにしてしまうと、単なる2chステレオ音響、つまり、CDみたいな音響、になります。

音源が5.1chの場合は、ドルビー、DTSを選び、5.1ch対応のホームシアターシステムに入力すれば、5.1chの臨場感のある立体音響が楽しめます。

使用しているオーディオシステムが「単なる2chステレオシステム」の場合は、5.1chで出しても意味が無いので、無圧縮のリニアPCMの方が劣化が少ないので、リニアPCMを選んだ方が良いでしょう。

Q光デジタルケーブルの値段による音質の差はある?

光デジタルケーブルの値段による音質の差はありますか?
オーディオテクニカやプラネックス、エレコムなどメーカーによって値段が全然違いますが。
値段によって音質や耐久性に違いはありますか?

Aベストアンサー

高価な製品は、一般に光ケーブル故に折ることはできませんが、曲げる(湾曲させる)ときにその耐久性が高いものが存在します。ケーブルの外側に補助用の多層シールドがされているケースがあり、折れ難く、形状記憶するような仕組みがしっかりしているものもあります。

音質への影響については、基本的にはさほどないです。よほど粗悪なら別ですけど。
ちなみに、如何にデジタルデータであってもある程度の距離を通信すれば減衰は発生します。それを補うためにエラー訂正(前後のパリティビットからデータ符号を訂正したり補正する)が登載されています。まあ、S/PDIFは送り専用なので、エラーの訂正は最小限となります。
S/PDIFでのエラー発生時の対応では、音声や映像のロストの場合、ミリ秒単位なら同じ音、映像を引き延ばし残すことで、対応します。

それに対して、持続的にエラーが生じる場合は、再生不能となります。要は、音声なら音飛び(または信号途絶が発生)します。
内部のファイバー線が断線したり、粗悪なケーブルや、接合部の処理が不完全(特に抜き差しが多いなら3番目は大きいかもしれません)はなものなら、この傾向があります。ただし、高安が必ず影響するわけではありません。初期不良によるケースが多いです。

高価な製品は、一般に光ケーブル故に折ることはできませんが、曲げる(湾曲させる)ときにその耐久性が高いものが存在します。ケーブルの外側に補助用の多層シールドがされているケースがあり、折れ難く、形状記憶するような仕組みがしっかりしているものもあります。

音質への影響については、基本的にはさほどないです。よほど粗悪なら別ですけど。
ちなみに、如何にデジタルデータであってもある程度の距離を通信すれば減衰は発生します。それを補うためにエラー訂正(前後のパリティビットからデータ符号を訂...続きを読む


人気Q&Aランキング