エスエス製薬のエクラーローションについて、効用や使用用途等、詳しいことを教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

プロピオン酸デプロドン(deprodone propionate)製剤で、非ハロゲン合成副腎皮質ホルモンに分類されます。


ステロイドの強さはstrongタイプに属します。

効能効果
湿疹・皮膚炎群(進行性指掌角皮症 、ビダール苔癬、日光皮膚炎、皮脂欠乏性湿疹、脂漏性皮膚炎を含む、 薬疹・中毒疹、虫さされ)、痒疹群 (じんま疹様苔癬、ストロフルス、結節性痒疹 (固定じんま疹)を含む、 乾癬、紅皮症、紅斑症 (多形浸出性紅斑、ダリエ遠心性環状紅斑)、ジベルばら色粃糠疹、掌蹠膿疱症、特発性色素性紫斑 (マヨッキー紫斑、ジャンバーグ病)、円形脱毛症、乾癬、掌蹠膿疱症、肥厚性瘢痕・ケロイド、扁平紅色苔癬、慢性円板状エリテマトーデス、 環状肉芽腫

用法用量は1日1~数回塗布

禁忌 (1)皮膚結核、単純疱疹、水痘、帯状疱疹(症状悪化の恐れ)
(2)本剤の成分に対して過敏症の既往歴のある患者
(3)鼓膜に穿孔のある湿疹性外耳道炎(穿孔部位の治癒の遅延及び感染の恐れ)
(4)潰瘍 (ベーチェット病は除く)、第2度深在性以上の熱傷・凍傷(皮膚の再生が抑制され、治癒遅延の恐れ)

副作用例
緑内障,後のう白内障:眼瞼皮膚への使用に際しては眼圧高進、緑内障を起こすことがあるので注意する。
大量又は長期にわたる広範囲の使用,密封法 (ODT)により後のう白内障,緑内障等が現れることがある

薬効薬理
(1)血管収縮作用:0.3%軟膏・クリームはヒト健常皮膚で0.12%吉草酸ベタメタゾンより強い。
(2)抗炎症作用:0.3%軟膏・クリームはラットのカラゲニン足底浮腫,ペーパー・ディスク肉芽腫、 アジュバント関節炎に対し0.12%吉草酸ベタメタゾンとほぼ同等。

こんなところで宜しいでしょうか?
以上kawakawaでした
    • good
    • 0
この回答へのお礼

非常に詳しい内容で助かります。
参考にさせていただきます。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/02/01 13:10

皮膚疾患のステロイド剤の1つです。


「エクラー」と言う薬のローションタイプの物です。
他には、軟膏タイプとクリームタイプがあります。
非ハロゲン外用合成副腎皮質ホルモン剤の1種です。
成分はプロピオン酸デプロドンです。
薬効はと言うと、強めだとされています。
但し、その上には、かなり強い・極めて強い・最も強いと上があります。
通常のアトピーなどの皮膚疾患に処方されている物です。
知っているのはこの位です。
詳細は専門のkawakawa教授に委ねたいと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

素早い回答、分かり易い表現で助かります。
参考にさせていただきます。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/02/01 12:01

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qアトピーと副腎皮質ホルモンの分泌について

ステロイドを長期使用していた場合やアトピーの人は、副腎皮質ホルモンの分泌が低下しているとよく聞きます。
副腎皮質ホルモンの分泌調節をしたいのですが、どのような方法がありますか?(分泌過剰もまた他の病気を招くらしいですが・・・)
摂取したらよい食品や、生活改善、特にサプリメントがあれば教えて下さい。

Aベストアンサー

追加します。
(1)国内文献から1つ⇒最も強力なステロイド外用剤を10g使用すると、プレドニゾロンを5mg内服したのと同等の全身作用があると報告されています。
(2)外国文献から1つ⇒強力なステロイド外用剤を1週間の総投与量として、成人で30g、小さな小児で10gまでの使用なら、全身作用は現れない。1週間の総投与量が50g(成人との記載はありませんが、成人でしょう)を超えると、内分泌系への影響を考慮すべきとの報告があります。

ここからは、私見です⇒弱~中程度のステロイド剤ならば、大量を長期連用するなどの不適切な使用をしないかぎり、通常、内分泌に影響は及ぼさないのではないでしょうか。
※生体内でホルモン類は、常時、何らかの ON,OFF の調整因子により制御されています。一般食品や健康○△の摂取で、そのバランスが変わるとは思いがたいです。ただ、漢方薬の中には、ステロイド類似様の作用を有する成分を含有することがありますので、乱用はなさらないように・・・・

Q稀血S−と赤十字から封書が、届きました。疾患や病気等ではない事は、有りましたが、妊娠中の輸血には、S

稀血S−と赤十字から封書が、届きました。疾患や病気等ではない事は、有りましたが、妊娠中の輸血には、S−の血液が必要との事ですが、S−の血液について、詳しい内容が知りたいので、教えて下さい。
私には娘がおり、特に遺伝について、詳しく教えて下さい。

Aベストアンサー

http://byoutaieiyou.e840.net/20080301.html

中から少し引用
MNSs式血液型
S・s因子はまれに免疫抗体産生などがみられるので、輸血の副作用、新生児溶血性疾患の原因として考慮する必要があります。

ということで輸血と妊娠出産時に注意が必要です。
あなたが娘さんを産む時に問題はなかったですか?
娘さんに溶血や黄疸などの問題がなかった場合、あなたの娘さんもS-の可能性が有ります。

遺伝についてですが、サイトに優劣のない遺伝子と書かれているので生まれて検査してみなければわからないものです。

もしもの時のために一度検査しておければいいと思います。

https://www.tokyo.bc.jrc.or.jp/tmpfile/yougo/detail155.html

Q【副腎皮質ホルモン】アトピー性皮膚炎の治療に使われているステロイドの主成分が副腎皮質ホルモンですか?

【副腎皮質ホルモン】アトピー性皮膚炎の治療に使われているステロイドの主成分が副腎皮質ホルモンですか?

それともステロイドが副腎皮質ホルモンを抑えるのでしょうか?

副腎皮質ホルモンって何ですか?と聞くとwikipediaの副腎皮質ホルモンの項目のURLだけ貼っていく。

wikipediaの副腎皮質ホルモンを読んでも副腎皮質ホルモンがどういったものなのかどういう働きがあってアトピー性皮膚炎とどのように関わり合いがあるのか分かりませんでした。

副腎皮質ホルモンを簡単に分かりやすく説明してください。

副腎皮質ホルモンって何ですか?

Aベストアンサー

ステロイド=副腎皮質ホルモン

>副腎皮質ホルモンって何ですか?
●そんなの一言は説明できない
ググってみればいろいろ説明があります。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%89%AF%E8%85%8E%E7%9A%AE%E8%B3%AA%E3%83%9B%E3%83%AB%E3%83%A2%E3%83%B3

Qイタイイタイ病等の公害病やガンや結核などの病気と

イタイイタイ病等の公害病やガンや結核などの病気などは、血液検査で分かるものなんでしょうか?
普通の血液検査では、HIVなどが分からないと聞きました。
分かる病気のほうが圧倒的に少ないのでしょうか?
長生きのコツとしては、血液検査以外にどんな診断を受ければいいのでしょうか?
また、海産物が好きでよく食べていますし、するめが大好物で幼少より毎日食べていますが、水銀などの汚染は浄化されるものなんでしょうか? それは血液検査で分かるものなんでしょうか?
分かる方、いらっしゃったら、教えてください。
おねがいします。

Aベストアンサー

何を心配されているのでしょうか?
何か病気にかかったときに定期健診などで見つけることが出来ないのではないかということでしょうか?
単に長生きするために、どの様にして健康を維持すればいいのか知りたいのでしょうか?

あれこれ週刊誌情報やバラエティー番組の無責任情報に振り回されるのではなく、なるべく科学的な情報を提供している本や番組を見れば、より健康に生活が出来るかと思いますよ。

下記番組などは最適だと思いますよ。
とりあえず過去記事全部読んでみてください。
http://www9.nhk.or.jp/gatten/

Q副腎皮質ホルモンって簡単に言うとどういう薬ですか?

鼻をかみすぎて鼻がひりひりするのでなんか薬下さい、と風邪を引いたときに言ってみたら副腎皮質ホルモンのチューブをくれました。
とてもよく効きました。

口内炎ができて薬局に行ったらケナログ(という名前だったかな?)という副腎皮質ホルモンの入った薬をくれました。

美肌の為に美容外科にいって光療法を受けたら「もしうちに帰ってからひりひりしたり赤みが出るようでしたらコレを塗ってください」とデルモゾールという副腎皮質ホルモンをもらいました。

このような経験から、副腎皮質ホルモンとは私のイメージでは「新しい肌を早く出してくれる薬」というイメージなのですが、そういう判断でいいのでしょうか。ということは、一時的に肌が乾燥したりする場所にも塗っておけば早く治るのですか?
皮膚の薄いところにぬると丈夫になるのでしょうか。

わかりやすい説明をいただけるとうれしいです。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

副腎皮質ホルモン=ステロイドです
私はアトピーで、ステロイドを使う事がよくあります。皮膚科の先生に聞きかじった事ですが、参考になれば・・・
ステロイドは、免疫の過剰反応による炎症やアレルギーの抑制に強力に効果を発揮します。イメージ的には、そのまんま「炎症を抑える薬」です。
ステロイドに関して、よく副作用とセットなっているのをご存知ありませんか?ステロイドはとてもよく効きますが、乱用すると副作用があらわれることがあります。ふつう肌が健康になると薬は深く浸透しませんが、ステロイドはとても粒子が細かく、炎症が収まった後も使用し続けると健康な肌にも浸透して逆に組織を痛めてしまうそうです。そうなるとさらに強いステロイドを使わなくてはならなくなり、悪循環に陥ります。ステロイド依存症を脱するにはかなり辛い思いをしなければならないそうです・・・
また身体の部分によって浸透率が変わります。顔や粘膜等は皮膚が薄く、注意が必要です。
基本的には継続的に使い続けるものではなく、短期集中治療を思ってください。

といっても、お医者さんの指導の元で上手に使えばとても有効な薬ですし、必要以上に恐れるものでもありません。塗り薬だけでは深刻な依存症に陥る事は少ないそうです。ステロイドにも効果が弱いものから強力なものまで様々ですので、処方してくれた先生に聞いてみるといいと思います。というかステロイドは訊かなくても説明する必要がある薬なんですが・・・
インターネットでもどんな薬か調べられるので見てみてはいかがでしょう?

副腎皮質ホルモン=ステロイドです
私はアトピーで、ステロイドを使う事がよくあります。皮膚科の先生に聞きかじった事ですが、参考になれば・・・
ステロイドは、免疫の過剰反応による炎症やアレルギーの抑制に強力に効果を発揮します。イメージ的には、そのまんま「炎症を抑える薬」です。
ステロイドに関して、よく副作用とセットなっているのをご存知ありませんか?ステロイドはとてもよく効きますが、乱用すると副作用があらわれることがあります。ふつう肌が健康になると薬は深く浸透しませんが、ステロ...続きを読む

Q中国製薬品の危険性について教えてください。

とある中国製の薬品について、出来るだけ具体的な情報を探しています。
薬品名は「王氏?方壮骨??炎??」「WANGSHIFUFANGZHUANGGUGUAN JIEYANJIAONANG」です。
「河南省台前?清水河?王庄」と書いてあるので、河南省で作られている薬でしょうか。
成分表示ぽいところには、次のように書いてあります。

国家?利申請号:971037020
???准字(1998)DJ-09
規格:400mg×100粒/瓶
効能 ?風除湿、温経散寒、活血通絡、消炎鎮痛
主治 ??炎、風疹、腰痛、腿痛、骨?増生、神経性?痛等
用法与容量 1日2次、毎次3粒。
禁忌 ??説明?
貯蔵 密閉、干??存放。
?系人:王亮
手机:013561298987
??:457632

作りの粗末なプラスチック製で、中身は白と青のカプセルと説明書らしきものが入っています。
また、カプセルの中身が漏れ出しているのか、ほこりのような白い粉がカプセルの周りに付着しています。

以上、どなたかご存知の方がいれば御一報ください。

Aベストアンサー

@薬剤師です

 危険性をと言うご質問でしたので、当方で判る事を数点指摘させていただきます。

 1)日本国内で医薬品として販売するには日本語にて表記する必要があります、それが無い場合は正式な輸入ルートで国内に持ち込まれた物ではない事。

 2)日本国内で医薬品販売出来るのは薬局、薬店の販売店舗を持つ所と、置き薬などの無店舗業者にしか許可されていません。

 3)日本国内では品質を保つために薬事法と言う法律で内容成分を吟味出来る法律がありますが、中国にはありませんで、省毎の縛りに成っております。

 4)日本国内では禁止されている物であっても中国では使用可能であること。

 以上の点を考えると危ないとしか申しあげられません。
 中国で有名な処方であっても、日本国内のどの業者も手を出していない物を沢山あります。ちゃんと許可を取り販売できる様になっている物は国内の薬事法に照らし合わせて、日本語の表記をしてあります。

Q副腎皮質ホルモンについて

私はアレルギー体質で副腎皮質ホルモンをひどい時だけ
服用しています。
ちょっと知人に聞いたのですがこの薬は炎症なら何にでも
よく効くと聞きました。
そこで質問なのですが、副腎皮質ホルモンは風邪による
喉や鼻の炎症にも効くのでしょうか?
今、風邪で鼻が苦しくて困っています。
ご存知の方がいらっしゃればぜひ教えて下さい。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 飲んでいるお薬はセレスタミンあたりでしょうか?もしそうであれば医者の好みで風邪の症状を抑える為に使われることもあります。しかし必ず抗生剤と一緒に使います。もし単独で使用した場合は下記の通りです。
 アレルギーは体の免疫の自分自身に対する攻撃で、それを抑える為に副腎皮質ホルモンを使います。風邪を引いたときは免疫が風邪の菌やウイルスに対して働いています。もしここで副腎皮質ホルモンを使うと免疫を抑えてしまうので悪い菌が繁殖し放題、風邪は悪化し症状はさらにひどくなってしまいます。なので自己判断で使用するのは絶対にやめましょう。 
 医者にもらう薬は使い方を間違えればとんでもないことになります。だからこそ医者でないと出せないのですから。必ず医師、薬剤師に相談してください。

Q「うつ」ってのは製薬会社がビジネスのために作った?

うつ病は製薬会社が、自分の薬を「抗うつ剤」として、
売り出すために作った病気という説があります。

ほんとうですか?

なんか実体験や専門的なことをご存知の方は
お願いします。

Aベストアンサー

薬会社と学会の共同作業です。

私たちが昔、ポリクリで習ったうつ病というのは、単なる抑うつ気分だけでなく、そこから、一歩、壁を越えてしまった感がある疾患でした。私はこんな役にたたない人間だ..と言ってる側から、私がいないと会社が困るといった発言があり、どっちやねんと突っ込みを入れたくなるような、"いっちゃった感"がある疾患だったのです。

ところが、アメリカ精神科協会からDSM-IIIが発表され、そういう"いっちゃった感"があろうがなかろうが、一定の基準をみたせばうつ病という診断になってしまったのです。これで"うつ"病患者がどんと増えました。流石にこれはいかん、なんでもかんでもうつ病になってしまうという批判がでて、改訂版のDSM-IV作成時には、なんとかしようという動きもあったようですが、うまい汁を吸ってしまった薬会社がそういう動きを塞ぎ込んでしまい、20年間で注意欠陥障害と診断された人は3倍、双極性障害は2倍、自閉症関連は20倍を超すようになりました。

ですから、薬会社と学会が結果的にはうつ病の概念を変えて、適応範囲を広げてしまったと考えていいかと思います。今は日本の精神科医も過当競争時代で患者が欲しいので、遊ぶのはいくらでも遊べるが仕事になると頭が痛くなる..なんて人まで新型うつ病と名前をつけて、患者にしたてています。

薬会社と学会の共同作業です。

私たちが昔、ポリクリで習ったうつ病というのは、単なる抑うつ気分だけでなく、そこから、一歩、壁を越えてしまった感がある疾患でした。私はこんな役にたたない人間だ..と言ってる側から、私がいないと会社が困るといった発言があり、どっちやねんと突っ込みを入れたくなるような、"いっちゃった感"がある疾患だったのです。

ところが、アメリカ精神科協会からDSM-IIIが発表され、そういう"いっちゃった感"があろうがなかろうが、一定の基準をみたせばうつ病という診断になって...続きを読む

Q副腎皮質ホルモン剤の副作用について

去年の夏、脱毛をしたら足がかゆくなり、掻いていたらあしがただれるほどになってしまいました。それで、皮膚科の病院にいってアンテベートという副腎皮質ホルモンの入った薬と、もうひとつ副腎皮質ホルモンのはいった保湿剤を処方されました。それらの薬を使い始めてから、特に足に、発疹のようなものができるようになり、とてもかゆくなりました。冬になり乾燥するとよけい症状がひどくなるようです。最近は2.3日に2.3箇所発疹ができるようになってしまいました。
もう副腎皮質ホルモン剤は使っていないのにできます。
ほんとにどうしたらいいのかわかりません。どなたか治療法をご存知の方、回答お願いします。

Aベストアンサー

No.2です。なかなかうまく説明しているサイトがないのですが、簡単に言うと、紫外線の影響を強くこうむることになるということです。結果、皮膚のしみや黒ずみができたり、将来的にはより皮膚がんにつながりやすいからです。下記のサイトと併せて参考にしてください。特に顔は要注意ですが、足だからそれほどでもないですか?

http://www.harenet.ne.jp/senohpc/drug/steroido.html

http://www9.ocn.ne.jp/~akira21/atopy_steroid.htm

参考URL:http://www.harenet.ne.jp/senohpc/drug/steroido.html,http://www9.ocn.ne.jp/~akira21/atopy_steroid.htm

Qテラマイシン軟膏という薬の用途

我が家の薬箱にファイザー製薬のテラマイシン軟膏(ポリミキシンB含有)というチューブ入りの塗り薬が入っていました。「使用に際しては添付文書をよくお読みください」と記されてますが、箱も説明書も紛失してしまい、何の薬かわかりません。どなたか、この薬の試用用途を教えてください。

Aベストアンサー

 一応薬に関係するものですが,薬は化学物質で保存中に悪くなっていくものです。また,同じ様な症状でも使うべき薬は異なる事もあります。

 『箱も説明書も紛失してしまい、何の薬かわかりません』と言う様なものであり,ここで質問する程度の知識しかないのであれば,使わないのが無難です。必要なら薬局で買い直せますし,そんなに高く無いはずです。

 参考までに,関連ありそうな事を「医薬品添付文書情報」の記載を元に書くと。

【薬効分類名】複合抗生物質製剤(つまり,抗生物質)

【貯法】室温保存

【有効期間】5年

【重要な基本的注意】 感作されるおそれがある。観察を十分に行い,感作されたことを示す兆候(そう痒,発赤,腫脹,丘疹,小水疱等)があらわれた場合,投与を中止すること。

【その他の副作用】 皮膚(頻度不明;発疹,接触性皮膚炎),菌交代症(頻度不明;塩酸オキシテトラサイクリン及び硫酸ポリミキシンB非感性菌による感染症)の様な副作用が認められた場合,投与を中止すること。

 どうですか。もう一度いいますが,良く解らないものは捨ててしまうのが無難です。

 なお,ネット検索等すれば「添付文書情報」を見る事も可能ですが,これらは医者や薬剤師などを対称にしたものであり,一般の方が読んで解る様には書かれていません。したがって,一般の方が上辺だけ読んで判断するのは止めておいた方が良いと思います。

 一応薬に関係するものですが,薬は化学物質で保存中に悪くなっていくものです。また,同じ様な症状でも使うべき薬は異なる事もあります。

 『箱も説明書も紛失してしまい、何の薬かわかりません』と言う様なものであり,ここで質問する程度の知識しかないのであれば,使わないのが無難です。必要なら薬局で買い直せますし,そんなに高く無いはずです。

 参考までに,関連ありそうな事を「医薬品添付文書情報」の記載を元に書くと。

【薬効分類名】複合抗生物質製剤(つまり,抗生物質)

【貯法】...続きを読む


人気Q&Aランキング