タイへ行くと寝ている釈迦像、涅槃像が多くみられます。
しかし日本では、涅槃絵でしか見たことはありません。
寝釈迦を立体の仏像として作るのにさしさわりがあったのでしょうか?
それとも中国の影響を受けているのでしょうか。

よろしくお願いします。

A 回答 (4件)

日本の仏像は「毘盧遮那仏」でゴータマ・シッダッタとは別人。



国家仏教としては威厳のある姿の方が・・・。

http://wpedia.search.goo.ne.jp/search/%C8%FB%E2% …
    • good
    • 2

日本にはお釈迦様の像自体が少ないのです。



日本で仏像と呼ばれているものは、
そのほとんどが釈迦以外の如来です。

お釈迦様はあまりに人間的過ぎて、
日本では預言者みたいな扱いになってしまいました。

もともと阿弥陀如来のような強力な存在が宇宙にあって、
お釈迦さまが覚りを開かれたのも仏教を広めたのも、
すべてそんな宇宙の如来たちの力なのだと。

涅槃像は「仏も死を免れない」ことを意味するので、
衆生を救うという人間を超えた力に縋りたい日本の仏教には
きっと受け入れられなかったのでしょう。
    • good
    • 1

法隆寺五重塔には涅槃像がありますね。


他は思いつきません。あまり好まれなかったのでしょうか。
    • good
    • 1

私は宗教学には全くの素人ですが、それでも「元々お釈迦様(釈尊)一人からはじまった仏教なのに、なぜ日本には阿弥陀様や観音様など多様な仏様がいるのか」が不思議で仏教関連の本を何冊か読みました。



今資料が手元にないので正確ではないかもしれませんが、紀元前5世紀にインドで生まれた仏教は1世紀に中国に伝わり、更に538年に日本へ伝わるまでに大きく変貌してしまい、そのため仏像の建立の目的(仏像が指し示す意味)が異なるのだと思います

元々釈尊の仏教では悟りを得ること(輪廻からの解脱)を目的としていました。涅槃は悟りを得た状態ですから、解脱を目的とする小乗仏教では涅槃像は今でも大切な象徴といえます(南方アジアは今でも小乗仏教が主流だったと思います)

でも日本に伝わった仏教は大乗仏教に密教が加わったものです。
大乗仏教は解脱よりも救済を目的としています。また仏陀(本来の意味は悟りを開いた者)は過去~未来、また世界中の色々なところにいると考えますから阿弥陀如来や釈迦如来、大日如来、薬師如来などたくさんの仏様がいらっしゃいます。

これらの仏様は衆生に救済を与えてくれるので、仏像はどうしてもこれらの仏様の姿で建立されるのではないでしょうか。言い換えると日本では解脱を意味する涅槃の考え方は重視されなかったということでしょう。

なお日本では大乗/小乗という分け方をしますが、その表現は適切ではないという意見もありますので、「一応日本式の表現にした」とお断りをしておきます。

なお、私は素人ですので、正確な解説は専門家の方にお任せします。
    • good
    • 3

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q仏像、観音像に詳しい方!!教えてください。

お世話になります。
小学校の頃から気になったいた事なのですが、
修学旅行で京都に行った時にお土産屋さんで私はなぜか仏像?観音像?(黒塗りの陶器製で出来た小さいサイズのレプリカ)を買いました。子供心に顔立ちが優しそうだなと思い買ったのだと思います。
なぜに自分のお土産に仏像なのか?仏像の名前も分からず買ったのか?自分でも小学校時代の自分に理解に苦しむところなのですが、数年前に鎌倉に行った時に同じ仏像が置いてあり店の方に像の名前を聞きましたが店の方も良く分っていないらしく京都のものではないかとの話しでした。店にはいろいろな種類の同じような黒塗りの像がありましたが何故に鎌倉の店にあるのかも疑問です。
像の特徴としては言葉で説明しにくいのですが、立ち姿で両手を合わせており髪型の一般的な頭の上にお団子ヘアとでもいいますか・・説明しにくいのですが。
その他に特に特徴的なポーズ等もありません。
レプリカが作られるぐらいだから有名な像だと思うのですがご存知でしたら教えてください。

Aベストアンサー

仏像といってもたくさんありますが、東大寺の月光菩薩像がそれに該当するかもしれません。
http://www.narahaku.go.jp/exhib/2002toku/todaiji/todaiji-1-2.htm

Q神社の男神像・女神像とは

そもそも男神像や女神像は、誰が何の目的で作ったのですか。
仏像は信仰の対象物ですが、神像もそうですか。
信仰の対象物として初めから意図して作られたのですか。
それにしては、神像は人の姿をしており、衣装から想像すると誰か特定の人(例えば神社のスポンサー)を表しているような気がします。
菅原道真を祀る神社の道真像は分かりますが、この像以外の神像について教えて下さい。
よろしくお願いします。

神像の例
「国宝 大神社展」神々の姿 
http://www.tnm.jp/uploads/r_press/52.pdf 

國學院大学蔵
http://www.kokugakuin.ac.jp/oard/4_m1634.html

小浜市神宮寺
http://www.city.obama.fukui.jp/section/sec_sekaiisan/Japanese/data/102.htm

Aベストアンサー

> 仏像は信仰の対象物ですが、神像もそうですか。

貼っていただいたサイトに次のように書いてありました。


本来、日本の神は姿形を持たず、仏教の影響で神像も作られるようになったと考えられている
(http://www.city.obama.fukui.jp/section/sec_sekaiisan/Japanese/data/102.htmより引用)

神社には鏡は置いてありますが、神像はないことが多いです。
もともと日本の神道は偶像崇拝をしない宗教だったようですね。

仏教が日本に伝来すると、仏教は神道と結びつくようになります。(神仏習合)

日本古来の神々は、仏教の神々が衆生を救うために仮にこの世に姿を現したものであるとする考え方が
神仏習合の考え方のベースとなりました。
このような考え方を本地垂迹説といいます。
また日本古来の神々のことを権現、仏教の神々のことを本地仏といいます。

菅原道真の本地仏は十一面観音であるとか、天照大神の本地仏は大日如来であるとか
そんな風に考えられていました。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9C%AC%E5%9C%B0%E5%9E%82%E8%BF%B9

京都の北野天満宮の神宮寺で東向観音寺という寺があって次のように記した石碑がありました。
「天満宮御本地仏・十一面観世音菩薩」
天満宮というのは菅原道真のことです。
なので、「天満宮御本地仏・十一面観世音菩薩」とは、「菅原道真の本地仏である十一面観音をおまつりしています。」というような意味です。

北野天満宮には道真の神像はないと思いますが、その神宮寺には十一面観音があり、
その十一面観音は菅原道真そのものだとして信仰されていたのではないかと思います。

ですから、神像というのもまた信仰の対象だといえるでしょう。

>それにしては、神像は人の姿をしており、衣装から想像すると誰か特定の人(例えば神社のスポンサー)を表しているような気がします。

たしかに、仏像は腕が6本あったり、頭が11個あったり異形の姿をしているのに対し、神像はふつうの人間の姿をしていますネ。

日本の神は、人間そのものであったケースも多いです。

私が知っている人間の神をあげておきます。

菅原道真、早良親王、崇徳院、井上内親王、他戸親王、藤原広嗣 、天智天皇、平将門、柿本人麻呂、小野小町、 藤原吉子、橘逸勢、文屋宮田麿、吉備真備、春日王、志貴皇子など。

時代はばらばらです。すいません。
このうち柿本人麻呂や小野小町は神像が作られているようです。他にもあるかもしれません。

上にあげた人物は実在した人物で、死後、神として祀られた人物です。
それで神像は人間の姿をしているのかもしれませんね。

記紀の神代に登場する神々(スサノオや天照大神、大国主命など)も実在する人間であったのかも?

なぜ彼らは神になったのか。
彼らは全員政治的陰謀によって不幸な死を迎えた人々です。
このような人々は死後怨霊となり、天災や疫病の流行は怨霊の祟りで引き起こされると考えられていました。
それで祟らないように神として祀ったのです。

> 仏像は信仰の対象物ですが、神像もそうですか。

貼っていただいたサイトに次のように書いてありました。


本来、日本の神は姿形を持たず、仏教の影響で神像も作られるようになったと考えられている
(http://www.city.obama.fukui.jp/section/sec_sekaiisan/Japanese/data/102.htmより引用)

神社には鏡は置いてありますが、神像はないことが多いです。
もともと日本の神道は偶像崇拝をしない宗教だったようですね。

仏教が日本に伝来すると、仏教は神道と結びつくようになります。(神仏習合)

日本古来...続きを読む

Q釈迦が菩提樹の下で瞑想したときのこと

釈迦が菩提樹の下で瞑想したとき、いろんな誘惑があったそうですが、その中で、家族が言い寄ってきて(うろ覚えですが、お金がないとか病気で苦しいとか)、それも拒絶して瞑想を続けたそうですが、それってアリなんですか?

それは、弱いものを無視した感があって・・・正当性があるのかなぁと疑問に思いまして。
どう捉えれば、プラスにかんがえられるか教えてください。

Aベストアンサー

この場合は情に絆されないというこではないのでしょうか

そもそも弱者を助けられるという考えが烏滸がましいと思います。
お金がないと言われてできることは、
お金をあげることか仕事を探してやることぐらいです。
病気で苦しんでいる人にできることは、
看病することか医者に診せることぐらいです。
大抵のことは手助けはあるものの自力でなんとかなるものです。
つまり自分なら何とか出来るという慢心(という名の誘惑)を拒絶したと考えるのはどうでしょう

Qお釈迦様

お釈迦様が若い頃相撲が得意だったって本当ですか?その相撲が原因で人を傷つけてしまい(死なせた?)、出家する決意をしたとか・・・。
詳しく教えてください。

Aベストアンサー

 こんにちは。

 お釈迦さんは29才で出家しましたが。その原因は、釈迦国のお城の三つの門から出ると、赤ちゃんの誕生、年寄り、病人、死人に会ったからだそうです。人が永遠の命と栄華を楽しむことが出来ず、老い、病気になり、死んでいくということを見て、お釈迦さんは家を捨てて出家したという説です。

 これに対して、お釈迦さんの出家は別の動機で成されたという人もいます。シャカ族と隣国との争いの中で、戦闘派と、反戦派に分かれ、その反戦派の旗手であったお釈迦さんは、協議の結果、少数派となり、その責任をとって、自ら家を出るという道を選んだという説です。

 確かに、弟及び提案達多(ダイバダッタ)と相撲を取り、この2人を次々と倒して美姫を嫁に得た争婚の記録が釈迦伝説の「本行経」の「第十三桷術争婚品」というお経にあるそうですが、出家とは関係ないみたいですね。

Q釈迦の八苦

今日、祖母のお通夜に行きました。

そこでお坊様が「釈迦の教えには人生において八つの苦しみがある」みたいなことを仰っていました。
一つは大切な人との別れで『○○離苦』だったと思います。

あまり聞き取れなかったのですが、他の残りの苦しみとその呼び方?を教えてください。

Aベストアンサー

愛別ですね。
その他は↓を参照してください。

参考URL:http://www5b.biglobe.ne.jp/~tyosyo/new_page_40.htm


人気Q&Aランキング

おすすめ情報