4年に一度のスポーツの祭典 全競技速報中

お友達に柿を頂きました。今回が柿を頂くのは、今年になって3回目。
一度目は少し時期が早くてカリカリとしたあまり甘くない柿で種が沢山入っていた。

二度目は同じ木に生った柿なんだけど、キレイなオレンジ色に色づいていて、良い頃合いに甘くなっていた。
その柿を毎晩二~三個づつ剥いて夫と二人で食べていたんですが、日を追う毎に種の数が減っているように思えるのですよ。
(最初の頃は6~7個くらいあって、包丁を入れると必ず種を切ってたのに、終わり頃は3個くらいしかなかった)

そういえば、昨年頂いた時も下の方に置いていた柿が、うっかりズクズクに熟していたことがあったけど、種がなくなっていたように思うし。。。

それに子供の頃に食べていた柿も、完熟してトローンとなった柿には種が無く、ここには種があったのでは?と思われる場所にツルンとした軟らかいグミかゼリーのような物体があり、あれを口の中で転がしてから噛む歯触りが好きだったじゃないか~!?
と思い出したのです。

んーーー。もしかして・・・
柿の種って、熟す度に消失する
実に吸収されるかなんかして、無くなるのか?!
品種によって何か違いがあるのですか? 疑問だ~!

しかし、あんなに固い物が消えて無くなるなんて、私にはどうしても信じられない
けれど、種は減っていってるのは確かなように思います。

柿の種はいったいどうなっているんですか?

gooドクター

A 回答 (1件)

はじめから無かったんでしょうね。

    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング