新・ゴーマニズム宣言のような中立的なものでこれまでの日本では敢えて避けられてきた歴史上の事実を分析する歴史書を教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (10件)

昭和史 1926-1945


半藤一利/著
平凡社
http://www.7andy.jp/books/detail?accd=31334473

を推薦します。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました

お礼日時:2008/01/16 01:22

歴史「書」ではないのですが・・・


中立的、ということであれば、歴史記述の大本になる資料を管理する機関(国立公文書館など)がいろいろと展示などをしているので、見てみるのもいいかもしれません。

たとえば、第二次世界大戦あたりの歴史に興味をお持ちなら、アジア歴史資料センターのデジタル展示「日米交渉~開戦への経緯」がおすすめです。
http://www.jacar.go.jp/nichibei/index2.html
ビジュアルも豊富、解説も詳細です。

アジア歴史資料センターには明治以降の膨大な資料が残っており、
中には論争の火種になりそうなもの(南京事件に関わるものとか)もあります。
センター自体が企画する展示で、特に第二次大戦に関わる内容ですと
「中立的でない」という苦情が左右両方からくるそうです。
したがってインターネット展示などはきわめて慎重な扱いをしていますので、限りなく中立に近いと思います。

しかし、みなさん書いておられるように、一番お勧めは多読です。図書館をフル活用してください。いい本にめぐりあえますように!
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました

お礼日時:2008/01/16 01:22

私はマンガが好きで、小林よしのり氏のマンガ本も数冊持っていますが氏の本は右寄りと考えていいと思います。



ただ、この本の良いところは、読めば右寄りだとすぐわかることです。
小林氏本人も、本の中で自分は極右だと言っていることもあり、ある意味わかりやすく、そういう点では親切な本だと思います。

[光る風]山上たつひこ[ダビデの星]佐藤まさあき等の本は、左寄りのマンガといわれ、旧日本軍を残虐に描写しています。

あと[国が燃える]本宮ひろ志は、[南京事件]をめぐって右翼の人にかなり怒られたらしいのですが、私は5巻までしか持ってなく、5巻までの本の内容は、とても良く出来ていて勉強になります。

以上すべてマンガなのですが、上記の本等は左寄りと書いてくれていなければ、左寄りの本とはわかりずらいです。

今は[虹色のトロツキー]を読んでいる最中ですが、左か右かはよくわかりません。トロツキーだから左寄りなのかな?
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございました

お礼日時:2008/01/16 01:22

まず、小林よしのり氏は漫画家であり思想家であって、歴史学者ではありません。


また、彼は中立ではなくて「保守主義・国家主義・民族主義」的思想の持ち主です。
良いことも言いますが、自分に都合の良いように事実を「誇張・偽造・捏造・無視・etc,,,」とかなり偏向しています。

また、歴史に中立とういのはありません。
多くの歴史記述は記述した人の「価値観・思想・イデオロギー」などが意識的・無意識的を問わず入り込んでいます。(これは歴史学者も同じ)
よって、それを読む側は著者の立場をしっかりと認識する必要があります。
そうした事が、歴史を「客観性」に近づかせます。
・・・と前置きをしつつ。

粟屋憲太郎・著『東京裁判論』(大月書店, 1989年)

伊藤隆 ・著『昭和史をさぐる(上・下)』(光村図書出版, 1984年)
      『昭和史の史料を探る』(青史出版, 2000年)

藤原彰・著『日本帝国主義』(日本評論社、1968年)
      『太平洋戦争史論』(青木書店、1982年)

いずれも、鍛錬を積んだ歴史学者です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました

お礼日時:2008/01/16 01:22

小林氏はかなり偏っています。

中立ではありません。ある種の的を得ているような記述もあったりしますが、かなり誇張したり拡大解釈したりしているような記述もあります。私も色んな本をとにかく読んで、自分で情報を選んでいくのがよいと思います。ゴーマニズム宣言を中立と捉えて本を選んでいくと、たぶんあなた自身の考え方がどんどん右よりに傾いていくでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました

お礼日時:2008/01/16 01:22

日本の政治思想には右派・左派・中立などありません。



小林よしのりは反米主義であって中立ではありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました

お礼日時:2008/01/16 01:22

小林は右派だと思いますが、これまでの日本ではあえて避けられてきた事実を紹介するものとして、以下が思いつきます。



●中立的で優れているもの:小学館の漫画 日本の歴史
もう何年も読んでないので、現在はどのような記載になっているか分かりませんが、中立的という意味では非常に優れています。私は子供のころ、20年くらい前に読みましたが、今でも同じスタンスであれば、非常に喜ばしいことだと思います。日本の皇族の「万世一系」というイデオロギーがウソで、継体天皇の時点で家系が入れ替わっている可能性が高いことなど、何の説明もなくしらっと描いてあります。また、戦前の教科書では「後醍醐天皇に従って最後まで戦った楠正成が英雄で、それにたてついた足利尊氏は逆賊だ」と教えていたわけですが、南北朝時代の巻では、冒頭の両親向けの説明文章の中に、「足利尊氏と楠正成のどちらがえらいのかという議論には意味がない。足利尊氏は、新しく成長してきた武士や庶民のリーダーとして期待され、歴史を生き抜いた英雄ではなかったのかという説も戦後には出てきた」という趣旨のことが明記されています。現在でも右派には楠正成万歳の人が多い中で、この指摘は重要です。また、江戸時代の解説では、世間では収賄政治家というイメージの強い田沼意次を、商業の発展という新しい状況を理解し、商業の振興策をうつとともに商人からも税金をとるという近代的な思想に達していた人物として描いているのも見所です。

●まったく中立的ではないが優れているもの:カムイ伝
これも漫画で、第1部は完全に左翼であり中立性はありませんが、日本でタブー視されていた被差別部落問題を正面から取り上げた業績は大きいといえましょう。第1部は左派作品として終了しますが、その後、時代は変化し、作者自身が、当初の構想のままではストーリーを続けることは困難だと判断し、第2部スタートまで、ずいぶんと時間をあけることになります。第2部では、左翼的な思想はほとんど見られなくなり、主人公はもはや農民・エタ・非人ではなく、武家社会が中心の物語になっています。武士の大人たちが戦国時代から引きずる戦士としての素質を維持しているのに対し、平和な時代に生まれた子供が、武士が官僚として働く時代になったという時代の変化に適応できず、ぐれたり不安定な精神状態で育ったりするという世代間意識の差がテーマになっています。それを、かつて学生運動を経験した世代の人が大人になって抱いている、豊かになりすぎてしまった現代社会で子供をどう育てたらよいのか、という問題に重ね合わせて描いてあるわけです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました

お礼日時:2008/01/16 01:22

 まず「中立的」というのは幻想に過ぎません。

何らかの立場に依拠して記されています。
 その前提の上で、 井沢 元彦氏の逆説の日本史シリーズを通読されるのはいかがでしょう?
 まぁ、少ない読書量で得た知識は偏ったものにならざるをえません。ですので、興味をもった分野を片っ端から読んでください。

 質問者さんは「戦争論」や「新・ゴーマニズム宣言」を「中立」であったり「真面目」とお感じになっているようですが、ここに質問されるような読書量の状況では「中立」や「真面目」とは判断できませんよね?これが多読を勧める理由です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました

お礼日時:2008/01/16 01:22

>歴史上の事実を分析する歴史書



小室直樹著 「痛快!憲法学」
おもに西洋史をタイトルのように痛快に読めます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました

お礼日時:2008/01/16 01:22

戦争論は中立的ではなく右寄りだと思います。


語学春秋社の青木世界史B講義の実況中継(4)を
読んでください。この本は戦争論のように右寄りでなく、
また小中学校の歴史教科書のように左寄りでもありません。
AMAZON.COMで検索してみてください。URLが長くて貼れませんでした。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました

お礼日時:2008/01/16 01:23

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q昭和天皇陛下がいなかったら、朝鮮戦争に於いて米軍は核使用していたろう事は歴史的事実です。

という書き込みを見かけました。

寡聞にして知りませんでした。
ソースはありますか?

Aベストアンサー

> 昭和天皇陛下がいなかったら、朝鮮戦争に於いて
> 米軍は核使用していたろう事は歴史的事実です。

ガセネタです。したがって、ソースは存在しません。
昭和天皇とマッカーサーの会見録に、「朝鮮国はかつてのわが臣民なり、もし貴国が朝鮮動乱にて核兵器使用が有れば、貴国はかつて対峙した中で最も強力な敵が再び貴国の前に、立ちはだかる事を覚悟せよ」などという台詞はありません。
それどころか、天皇はリッジウェーとの会見で次のように発言しています。1951年4月にマッカーサーはトルーマン大統領に解任されて、その後任がリッジウェー中将でした。

昭和天皇とマッカーサー元帥 占領期の会見詳細判明(朝日新聞2002年8月5日付をネットジャーナル「Q」が転載)
http://www2u.biglobe.ne.jp/~akiyama/no17.htm
(引用開始)
 朝鮮戦争さなかの51年5月に始まるリッジウェー会見で天皇は「(国連軍の)士気は」「制空権は」など一貫して戦況について質問。「仮に(共産側が)大攻勢に転じた場合、米軍は原子兵器を使用されるお考えはあるか?」とも尋ねていた。
 リッジウェー司令官は「原子兵器の使用の権限は米国大統領にしかない。野戦軍司令官としては何も申し上げられない」と答えながらも、地図を前に詳細に戦況を説明した。
(引用終り)

滴水録2002年8月5日
http://www.asahi-net.or.jp/~MI6M-FRYM/diary/2002_3q.htm
(引用開始)
 朝日朝刊に昭和天皇とマッカーサー、リッジウェー(マッカーサーの後任)との全18回(マッカーサー11回:1945年9月27日~1951年4月15日、リッジウェー7回:1951年5月2日~1952年5月10日)に及ぶ会見の内容を伝える通訳の手記が見つかったこととその概要が報ぜられている。手記は松井明。清浦奎吾内閣で外相を務めた松井慶四郎の長男、1908年生まれ1994年没、一貫して外務省に勤め、1949年7月から1953年3月まで昭和天皇の通訳を務めたという。
 松井の手記は天皇とGHQ最高首脳との会談の内容を後日のためにまとめることを意図したものらしく、自分が直接通訳に当たらなかった第一回から第七回(1949年1月10日)までについても記載がある。第八回(1949年7月8日)については具体的な記述はほとんどなくマッカーサーとの第九回(1949年11月26日)から後について全体で400字詰め原稿用紙で246枚ほどのボリューム。
 内容的に驚天動地の新事実というほどのものはない。しかし、職業軍人でありながらある種の「哲学」を持っていたマッカーサーと、所領を安堵してくれたアメリカに対する天皇の一種の忠勤ぶりが仄見える。さらに朝鮮戦争が勃発しマッカーサーが解任され元帥ではなく中将が相手になると、裕仁は根っからの「軍事オタク」らしいやり取りを交していたことも窺える。とくに「目下、共産側は大攻勢に転ずる兆候はないとのことであるが、仮に大攻勢に転じた場合、米軍は原子兵器を使用されるお考えはあるか? この問題に対してはおそらく貴司令官も答弁する立場にないと言われるかもしれないが?」などと質問しているくだりなどは、もしかするとマッカーサー解任のことを頭に置いていたのかもしれないが、どちらかといえば素人っぽい床屋談義に限りなく近くて嗤わせられる。
 記事に対して朝日は「著作権者の許諾が得られないため、引用は著作権法上の『正当な範囲』にとどめた」と書いている。いずれにしても貴重な史料であることは間違いなく、著作権相続者にはなるべく早い全面公開が望まれる。
(引用終り)

yasaikko(noname#103524) <- omanuke5 <- ……
また1カ月くらいでnonameになるサイクルなのかも知れません。特技は脳内で朝日新聞を発行することです。

> 昭和天皇陛下がいなかったら、朝鮮戦争に於いて
> 米軍は核使用していたろう事は歴史的事実です。

ガセネタです。したがって、ソースは存在しません。
昭和天皇とマッカーサーの会見録に、「朝鮮国はかつてのわが臣民なり、もし貴国が朝鮮動乱にて核兵器使用が有れば、貴国はかつて対峙した中で最も強力な敵が再び貴国の前に、立ちはだかる事を覚悟せよ」などという台詞はありません。
それどころか、天皇はリッジウェーとの会見で次のように発言しています。1951年4月にマッカーサーはトルーマン大統領に...続きを読む

Qなぜ、中国と韓国の歴史観だけが世界で通用するのはなぜですか?(明治以降の歴史観についてです)

日本の歴史観って世界でまったく通用してない。
だが、中国と韓国の歴史観だけが世界で浸透して通用している。
中国と韓国は被害者で日本は加害者という認識は変わっていない。
中国人や韓国人への批判や悪口などはあまり存在していないのに対し、日本人に対してだけは
批判や悪口などが多い。
それは歴史観以外でも表れ出してきている。
政治や歴史が娯楽分野にまで及んでいること。
私は欧米人など中国と韓国と関係ない国が歴史が絡まないと相互にやっていけると思っていたが、
違っていることに最近気づいた。
歴史関連で日本を嫌っている人は日本へは行かないし、日本の作品も観ないし、日本関連の物を批判して過小評価するだけで終わる。それに日本良く思ってない国は日本をあまり良い目で見ていない人が多いことに衝撃を受けた。
そういう人間が世界中にいることを初めて知ったからだ。
その人たちが決して中国系韓国系じゃなくちゃんとした欧米人であることだ。
(人種差別的な部分や容姿を重要視する欧米観が関係していないとも言えないので、
歴史観だけの問題ではない部分もあること事実だろう。
歴史観以前に日本人を容姿で判断し醜いと思っている方がいることも関連しているだろう。
戦時中の欧米の日本人観がサル人間だ。完璧な人間と思っていない。
猿と人間のハーフという日本人に対しての懸念がある。
中国と韓国の歴史観に引き込まれるのは欧米人が日本人にそう思っていた時のような感情が潜在的 にあるのも関係しているのだろう。
それ以外に当時の白人たちは日本人を見ただけで根絶やしにしたくなるし腹立つくらいムカつくと いうことを言ったくらいですからね。
日本人に対して何か歯がゆい感情が潜在的にあるのです。
それも関係していないとも言えないでしょう。
日本人が正しいことを言おうとも無駄だと思います。
言ったとしても一部の人にしか通じないであろう。)
ただ、歴史関連で日本を不快に感じてるが日本を好意的に見たりと日本文化などが好きな人が多い
ことも事実だ。だから、多分、中国や韓国と同じような人もいれば、政治問題や歴史問題と切り離
している人もいるってことだね。
中国と韓国のロビー活動は成果と上げいるとともに色々と歴史面では日本に勝つことを成功しているのだ。
今度の標的は起源説でしょうかね・・・
そこで疑問に思ったのです。
なぜ・・・日本の歴史観だけは世界で通用しないのであろうか・・・
否定すればするほど日本のイメージが下がっていくだけで印象悪化していくだけなのです。
論理的に言っても正確に言ってもです。
英語ペラペラで相手に言えたらいいのにそれは日本人にはできない。
日本の歴史観だけが1人歩きして孤立していく様が凄まじい。

そこで質問です。
なぜ、日本の歴史観は世界では通用せず、中国と韓国の歴史観は世界で通用するのでしょうか?
この歴史観には欧米の歴史観も関係しているのでしょうか?
(日本が悪者でないと欧米も困ると聞いたことあり、コメントでも見たことがあります。
欧米の罪が日本に押し付けられているとも・・・。
だから、中国と韓国の歴史観が見逃されいると・・・。)




この頃、質問ばかりですいませんが質問させていただきました。
同じこと言いますが、質問下手なのでご了承ください。
あと、間違った認識面や意味不明であれば指摘してください。

日本の歴史観って世界でまったく通用してない。
だが、中国と韓国の歴史観だけが世界で浸透して通用している。
中国と韓国は被害者で日本は加害者という認識は変わっていない。
中国人や韓国人への批判や悪口などはあまり存在していないのに対し、日本人に対してだけは
批判や悪口などが多い。
それは歴史観以外でも表れ出してきている。
政治や歴史が娯楽分野にまで及んでいること。
私は欧米人など中国と韓国と関係ない国が歴史が絡まないと相互にやっていけると思っていたが、
違っていることに最近気...続きを読む

Aベストアンサー

実際に世界を見てないんじゃないですかね?
私の率直な感想を言うと、たとえば欧米人にとっては、「アジアの歴史など、余り興味はない」が正解かと。

別の観点で言うと、アジア諸国にとって、領土的野心を露わにする中国は脅威でしょ?
しかし欧州とかアメリカでも東側(大西洋側)にとっては、中国はそんなに悪い国ではなく、むしろ脅威はロシアです。
従い、「ロシアの歴史」「ロシアと欧州の関わり」とかには関心はあるのですが、「中国などどうでも良い」です。

同じアジアの目線で、世界を考えない方が良いですよ。

Qアメリカとイギリスは歴史上戦争に負けた事は無いんですか?

大抵どこの国も戦争に勝った事も有れば、戦争に負けた事もあるのが普通ですが、アメリカとイギリスは戦争に負けた事は無いんですか?
歴史に余り詳しく無いので分りませんが、ずっと勝ち続けている国ってあるのでしょうか?
それとどうして元々資本主義と社会主義の国に分かれているのでしょう?資本主義と社会主義の違いは分りますが、どちらがいいんでしょうね?
どなたか回答の方宜しくお願いします。

Aベストアンサー

 こんばんは。

 イギリスは、12世紀にジョン王が対仏戦争に敗北して、領土を失っていますね。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%83%B3_%28%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%89%E7%8E%8B%29

>資本主義と社会主義の違いは分りますが、どちらがいいんでしょうね?

 どちらにもいい面、悪い面はあると思いますが、社会主義の国が減ってきている事を勘案すれば、人民が望んでいる事が分かると思います。

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%83%B3_%28%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%89%E7%8E

Q六年生歴史新聞

宿題で社会の歴史新聞【戦争と人々の生活】と言う勉強テーマの歴史新聞作らなきゃいけないのですが、全然思い浮かばなくて写したいので誰か参考にさせてください明日までなので即おねがいします!

Aベストアンサー

■戦争と暮らし

 戦争中は、どのように生活が辛かったのか、体験を中心に戦争中の生活について調べて考たことをまとめました。

 

1.食べるもの 

 戦争中の食事は、食料がなくて、人々はまともな食事はしていあせんでした。

戦争中は、食べ物がなくて、人々の体には、栄養がいきわたらず、国民が栄養失調で、人々がたおれたり、あるいは、死んでいく人もいました。その中でみかんの皮・キャベツのしん・かぼちゃ・すいかの種・さなぎのかいこ・イナゴなどこのような物を食べて生活していました。 

2.子供のおかし

 戦争中は、子供たちのおかしも量が決められていました。絶対に敵国のおかしは食べては、いけなかった。途中から食料がなくなってきたりしたのでほとんどの物が券で配給されるものになりました。
味噌パンなどは、その名残です。

 

3.畑の仕事は子供の仕事

 戦争中は、食べ物がなく体もボロボロになり,イナゴ貴重な栄養源でした。なぜこのような食べ物になったかと言うと,田畑を耕してくれていた男の人達が軍隊にいって畑仕事をする人がいなくなり,おまけに食料は優先的に軍隊へと回されて行くから,国民に食料がまわってこなかったからです。あるお爺さんは、「食べ物は、さつまいもの干した物やかぼちゃの種などしかなかった。このような生活が毎日つづいていたと話しています。
お米よりも稗や粟が主食でした。
そういったものに、栗や豆を一緒に「煮込んで」お粥のようにして食べていたということです。

 

4.家庭道具回収

 戦争がはげしくなったころ資源の貧しい日本は金属不足になりました。家庭道具まで回収された。どんどん回収されていくので、おたまが貝がらのおたまになりました。



5.女性の服

 戦争中は、女性の服装も、決められていました。女性は、着物でつくった服しか、着ては、いけなかった。明るい服を着ると警察に、とめられたりしました。それに、髪形も決められたりしました。特にパーマは禁止でした。

 

6.軍事優先

 戦争中は、生活のすべてが、軍事優先で、食料の他、衣類・燃料など、あらゆる物が不足していたので、配給制になりました。少ない食料を補うために、わずかな土地を利用し、食べ物を育てていました。お年寄りに聞いてみると、「建仁寺でトウモロコシ・さつまいもを育てて芋ずるの食べ方を教わった」と話してくれました。

 

7.訓練

 戦争中の学校は、なにより体をきたえる訓練をしていました。兵士にさせるため、色々な訓練をさせていました。だから、ふつうの勉強は一日二時間ほどしかできませんた。一日二時間ほど勉強をした後、畑・たんぼの手伝いをしました。訓練は、できるまでやって、体ボロボロになるまでやっていました。お年寄りの方は、「空襲の火を消すために、バケツ体操をやりました。戦争中の子供たちは厳しい訓練をやったと思う。」と言ってられました。やりたいことは、すべて決められ子供たちの自由が無くなっていました。


8 まとめ
 このように、戦争により物が不足すると、生活が大変になるので、戦争にならないように努め、他国と仲良くして、争いの無い世界に貢献できる大人になりたいです。


こんなんでどうでしょう?

 

8.本土決戦

 戦争中は、小学校や中学校で本土決戦にそなえて、軍事訓練が行われていました。子供たちの勉強までほっておいて、訓練させるなんて、この時の日本は、次の時代の日本を考えていなかったし、戦争のことしか頭にありませんでした。そのころ子供たちだったお年寄りは、「中学校の時に英語の時間を楽しみにしていたけど、先生に覚えなくていいと言われた。」とおっしゃっていました。戦争中の子供たちは勉強をしたかったと思います。

■戦争と暮らし

 戦争中は、どのように生活が辛かったのか、体験を中心に戦争中の生活について調べて考たことをまとめました。

 

1.食べるもの 

 戦争中の食事は、食料がなくて、人々はまともな食事はしていあせんでした。

戦争中は、食べ物がなくて、人々の体には、栄養がいきわたらず、国民が栄養失調で、人々がたおれたり、あるいは、死んでいく人もいました。その中でみかんの皮・キャベツのしん・かぼちゃ・すいかの種・さなぎのかいこ・イナゴなどこのような物を食べて生活していました。 

2....続きを読む

Q歴史が分かりません。

歴史が分かりません。

こんにちは、僕は26歳の男性です。

世界各地の戦争や日本の歴史などがまったく分かりません。

何かイイ教材、イイ方法は無いでしょうか?よろしくお願いします。

Aベストアンサー

小説とかマンガから入ってみたらどうでしょう?
近頃だと池上彰さんの新書なんかも、世界情勢についていろいろ分かりやすく出てるみたいですね。

あんまり難しく考えず、有名な人物やら出来事やら、あるいは国について読んでみて、
そこから周りに広げていくといいかもしれません。

古くから順に読んでいくのでなく、さかのぼるのもしばしば勧められる方法ですよ。
たとえば、第二次大戦の終戦→戦争中の話→開戦前後の状況→開戦前の情勢とか。

マンガや小説はフィクションなので全部を真実だと鵜呑みにしたらいけませんが、前後関係とか横のつながりとか、「流れ」を掴みやすいんです。
それから年表だとかきちんとした教材を見ると、もっと正確なことが分かるでしょう。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報