出産前後の痔にはご注意!

新聞や広報誌、パンフレットなどの作成で、
本文や見出しに通し番号を付け、
割付用紙内のレイアウトと対応させていくと思いますが、
その番号のことを何と言いますか?
私はずっと「合帳(あいちょう)」と言ってきたのですが…。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

 質問の内容は面付け作業のことではなく、レイアウト上の


本文や見出しのそれぞれに番号を振って、元の原稿と付け合わ
せる作業のことですよね。それなら「 合番 」(あいばん)が
一般的でしょう。相番 とも書きます。

 ただ、完全に汎用性がある用語ではないようです。私の場合、
知り合いで別の出版社の人とも「 合番 」で通じていますが、
もしかしたら使用頻度の高い方言なのかもしれません。
    • good
    • 0

私も下の方と同じく丁合をとる・丁合するでしたが、取引先などで聞きなれない符丁を聞く度に会社独自の呼称もあるものだと思いました。



当時は先輩に尋ねるとそういうものだとの答えでしたから、私はそんなものだと思っております。
    • good
    • 0

聞いたこと無いですね。


面付けして印刷したものを折ったものを折丁といい、あるいはその裏表の面付け位置関係や上下関係の確認用に、メモ紙などを実際に面付け予定数に折ってみてページ番号を書き込んで開いたものも折丁と呼ぶことがあります。
これとは別に企画編集段階でページ順に2ページ見開きごとに、記事や特集の割り振りや総ページ数の確認をすることを台割と呼びます。
製本作業で折丁をページ順に集めることを丁合をとる・丁合するなんて言いますが、合帳というのは初めて聞きました。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q『合帳』って言葉、ありますか?

『合帳』と書いて『あいちょう』と読みます。
意味は、「帳簿など、数字が合っているか確かめる」
のような感じです。
私は聞いたことがない言葉なので周りで「合帳する」とか
言ってるとむずがゆいのですが、
結構、世間一般ではよく使う言葉なのでしょうか?

Aベストアンサー

帳合ではないですか?
意味は

(1)現金や在庫商品と帳簿を照らし合わせ、計算を確かめること。「―をとる」
(2)収支を帳簿に記入すること。
(3)計算すること。「五十年の月日を寝て消すさかひ、―して見ると二十五年にはかならんはい/滑稽本・浮世風呂 4」
(4)(「帖合」とも)帳簿による取引。また、その取引先。

です。でも世間一般ではあまり使わない言葉っだとおもいますね。


人気Q&Aランキング