『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜ人々を魅了したのか >>

宗教が扱われているジャンルなのでここでよいでしょうね。

ヨセフアイデルバーグ氏は、古事記や日本書紀が形を変えた旧約聖書であるといっておれれるようです。ついては、神道とユダヤ教ということになりますが、両者はどのように似ているのでしょうか。出来るだけ詳しく教えて下さい。
http://inri.client.jp/hexagon/floorA3F_hb/a3fhb4 …

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

一番簡単なのは、天皇や禰宜の遺伝子を調べてみれば、いいのですが、、、、



古事記の天地創造と、旧約聖書の天地創造は確かに似ています。
古事記も日本書紀も日本各地のある伝承をまとめたということになっています。
では、実際古事記や日本書記に書かれている出来が本当に古代日本で起こったのかというと、疑問があります。
ある勢力が自分側に有利になるため、編纂した可能性もある。

良く調べると中国にある話とそっくりな話がある。


で、古事記や日本書記からではなく、仕来たりの面からの日本とユダヤ民族の類似性はというと、まず、映画マトリックスの冒頭に流れる緑の文字。
古ヘブル文字だそうですが、カタカタに形が似ている。

神道の神官の衣装と古代ユダヤ教の祭司の衣装が似ている。

山伏が額に乗せている箱、ユダヤ教では祭司が額に箱を乗せており、世界でこういう箱を額に載せているのは、山伏か古代ユダヤ教の祭司だけだそうです。
(ちなに今は祭司はいません。神殿をローマによって壊されたので、神社無いんです。)


で、天狗のトラの巻き、空耳だとトーラの巻物に、、、、

言葉に関しても、日本は数字を数えるとき ひーふーみーよ と数えていた。
ヘブル語だと、ヒァファ ミ ヨツィア マ ナーネ・・・となり、意訳すれば「誰がその美しいかた(女神)を連れ出すでしょう、彼女が出てくるために、誘いにいかなる言葉をかけるでしょう」とひーふーみーよー・・・がそういう意味になるらしい。

天の岩戸の一件のことですね。
となると数ではなく呪文だったってことになる。 あら。

古代では移動民族だったイスラエル人は、幕屋を担いで移動していた。
日本の神輿と同じ形ですが、ただ、違いはケルビムが2体上ののっかっている。
日本だと4つですが、イスラエル人の伝承に、神は人間をエデンにちかづけさせないために、ケルビムに4つの角を守らせたとあるので、4つの角に日本の神輿は何かを設置しているのも、あら エデン?ってなりうる。

神社の手水舎で、しゃくしで水をすくって手を清める風習が日本にありますが、ユダヤ教にもある。
ただ、他の宗教もこの風習はあると思います。

私が不思議に思ったのは、境内で餅かあられを投げる儀式が正月にあったと思うんですけど、無理やりこじつければ、天からマナが降っている描写になる。

清めるために塩を使うのも、ユダヤ人の清めとして塩を使う。
でも他の民族も恐らく塩を清めとして使っているんじゃないかと。

そう考えると、独自性はないんですが、ただ、先日もすっぽんぽんの儀式がわいせつ物陳列罪になるとニュースで問題になっていた、蘇民祭りの蘇民将来の物語。
あの内容は、過ぎ越しの祭りの起こりと同じ内容なのが不思議です。
中国大陸で同じ内容があれば、伝承を日本がパクったか、その民族が日本に来て住み着いたと考えられます。

眞名井神社は、ダビデの星を描いているといわれますが、ユダヤ教じゃなく、恐らく他の宗教 インドの宗教の概念からそうなっているんじゃないかと。

あとは、、、天皇陵。
これ マナの壷とそっくりなのだそうです。
確かによくみると 取っ手 ついてますね。

でも、ユダヤ人だって元は天地創造の部分は別れる前に所属していた集団が持っていたものとそっくりで、分かれた後、つぎつぎ別の民族と交配していけば、もう別の家系ってなってもいいんじゃないかと思います。

確かに天皇や皇太子の鼻は中近東の人の鼻のようですし、皇后様も雅子様もその系統の鼻してますが、、、、
聖婚で、血を守っているからそうなるのか??
遺伝子検査すればわかると思いますが、それ できないですよね。

もし やって その系統だったってなったら、大変なことになるし。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
遺伝子検査については古代ユダヤ人の方々及び古代日本人の方々について行うのが現実的かと思いますが、その部分はジャンル違いなので。
神話ないし物語はどれも似通っているともいわれますが、この両者がどのように似通っているのかを知りたいと思いました。

お礼日時:2008/02/15 22:49

質問文にあるURL先の文書を読んだ上での回答です。



神道とユダヤ教で似ている、というか共通する点は唯一「宣教しない事」のみと思われます。両方とも、そのグループに生まれた者で構成されています。(外国人で神道に改宗した数は微々たるものです・・・そもそも神道には入信の儀式がありませんが、これは信者を日本人以外に増やす意図が無い証拠でもあります)
↑ここまでが、直接の回答になります。

後は、全てが異なると思っても良いでしょう。
ユダヤ教は戒律の宗教でタブーが沢山あり明文化されていますが、神道のタブーは言い伝えだし、数も多くありません。
創世神話もまったく異なります。(古事記と旧約聖書の創世記を似てる、と思う人は両方とも読んだ事が無くて想像で語っているか、絶望的に読解力や理解力が足らない人としか思えません)
そもそも、イスラエルの失われた10支族は、バビロン捕囚以前にアッシリア帝国に連行された人々です。今のユダヤ教は、その100年以上経過後にバビロニアに連行された人々が帰国後に確立した物です。
だから、今のユダヤ教の祭司の装束と神道の神主の装束が似ている=10支族の姿では無い可能性の方が圧倒的に高い、のです。(ユダヤ教確立以前に分かれたグループがどうして今のユダヤ教と同じ姿をしているのでしょうか?ユダヤ人が各地の神話を換骨奪胎した、と主張する人が日ユ同祖論を主張するほど滑稽な事は無いと思いますがね。バビロン捕囚の時に旧約聖書の原型がほぼ確立したと考えられているのに、バビロン捕囚以前に失われた支族がどうやって知るのよ?)

単語が似ている事を主張していますが、文法がまったく異なる以上、声帯の形が同じ人類では、短い音節の語で似た発音の語があるのは偶然と考える方が普通です。しかも意味が全く異なるのでは、関連があると考える方が変です。
(アイデルバーグ氏は日本が一度も征服された事が無いと語っているが太平洋戦争で日本が負けた事を知らないのだろうか・・・?その程度の知識で日本語には3000ものヘブライ語源で「しか」説明できない語があるって主張されてもなぁ・・・ヘブライ語で罠の事を「モーケシュ」って言うけど、日本語でも罠を仕掛けると「もうけ」がある、っていうレベルの主張では説得力が・・・)

遺伝的特徴も、ユダヤ人には蒙古班が発現しない、事を知るだけで十分な反証になると思います。

更に、古事記や日本書紀が大事な旧約聖書の変形版だと主張するのなら何故古事記をカタカナで書かなかったのかな?日本書紀をヘブライ語由来だとするカタカナで書かなかったのは何故かな?
古事記編纂の時にはカタカナが発明されていなかったから、の方がスッキリ説明できると思うのですが?
大体、カナの成り立ちは漢字由来の方が素直な説明でしょう。特に万葉仮名は、「あ」なら「安」、「い」なら「以」、「う」なら「宇」と形と発音が酷似しています。
それに、ヘブル文字だと字数が足りません。ヘブル文字に無い文字はどうやって作ったのでしょうか?
(ただ、公平に書いておくと昔の日本語も今のヘブライ語も右から左に書きます、横書きの場合はね。でも日本語は縦書きです)

といった理由で、10支族が日本人の先祖である可能性は限りなく低いと思われます。
これは、感情的な反論ではない、と自負しておりますが・・・参考になれば幸いです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2008/02/21 09:38

No.2です。



>遺伝子検査については古代ユダヤ人の方々及び古代日本人の方々について行うのが現実的かと思いますが、その部分はジャンル違いなので。

いえ、現代人でもわかるそうです。

例えば、ユダヤ教は世襲制です。
遺伝子関連の学者が、一つは白人で青い目のイスラエル人の遺伝子を調べました。
彼らはエルサレム神殿が崩壊したずっと後になってからユダヤ教を国教にしたハザール帝国の末裔と言われています。
従って、彼らはユダヤ人じゃない と言われています。
明らかにアラブ人とは外見が違う彼ら。
外見は白人ですが、遺伝子はアラブ独特の遺伝子を持っている。


もう一つは、アフリカの辺境のシナゴーク。
エルサレム神殿は2千年ほど前に壊されたので、それ以降いません。
が、コーヘン コハイム など名前から辿って その名前を持つアフリカンの返球の地にあるシナゴークで、その名前の人の遺伝子を調べました。
すごいことに、遺伝子を調べた結果、彼らは何千年後の今でも神のいいつけを守り、世襲していたということがわかりました。
ちなみにコーヘンなどの名前は大祭司の家系です。


アメリカの名前は失念しましたが、とても平和的な主義を主張した大統領の子孫だという黒人の人がいまして、そんなはずはないと、元大統領の子孫が否定したんですが、その黒人の家系を調べたら、大統領の男性の特徴を持つ遺伝子を保持していました。
つまり外見じゃなく、遺伝子でわかるんです。

で、何故禰宜を調べたら といったかというと、禰宜は神道の神官ですよね。
ユダヤ教が元なら、確実に世襲制を守っているはずです。
だから、天皇は調べられなくても、禰宜を調べればわかるかも って思ったのですが、神官に遺伝子を提供してもらえるか?
無理・・・って思うんですね。

髪の毛だけで、分析ができればいいですが、髪の毛も落としそうにないですよね・・・。

面白い書籍 見つけました。
怪しいですが、、、、

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4334004 …

聖書の天地創造も他の神話からコピーしている。
そういうのはあっちこっちで行われた と作者は主張しているわけです。
そういうことであれば、古事記と聖書の天地創造が一致するのもうなずけます。


そうだ。
 ↓
http://judea.naritacity.com/journal_japan_060215 …

言葉だけでいけば、そういうリンクもできますが、、、、
そら耳ともいえなくもない。

カタカナについては、漢字が由来とどうしてなってしまったのか という内容を読んだことがあります。
無理やりにすれば、漢字から とできなくもないですが、(そら耳と同じようにやれば)、そう無理やり 力技を必要としないのが、ヘブル語起源説なんですね。

日本語はどこからきたのか。
まだ、わからないんですね。
一体どこから日本語来たんでしょうね。
古代の話し言葉がわからないので、これはどうしようもないですね。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2008/02/21 09:36

物事の似ている点だけを選び出して、共通だとか、同祖だとか言っても、似ている点だけを選び出しているので、当然似てきます。


異なる点を選び出した場合、全く別物という結論になります。
たとえ何らかの関係があっても、別物として断定する場合もあります。
(日本書紀と古事記の記載内容の異なる点だけを選び出せば、全く別物と思えます。)

特定の意図の下に書かれた文章や主張を鵜呑みにする事なく、ご自分で判断する事をお勧めします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
良薬とするも毒とするも本人しだいということですね。

お礼日時:2008/02/15 23:28

天孫降臨の話でニニギの命が日向国に降りた後 笠沙の岬で木花之開耶姫と会って求婚するという話があります。


木花之開耶姫には姉の岩長比売がいて 話を聞いた父親の大山津見神は姉と妹の二人を差し出しましたが
姉の岩長比売が醜かったため送り返すというものですが この話がヤコブに嫁いだレアとラケル姉妹に似ているという説があるようです。

共通点としては姉妹の父親が姉の方を嫁がせようとする、しかしニニギもヤコブも妹の方を気にいっているという部分ですが
その部分以外では結構似ていないところもあるようですね。
例えばニニギの場合姉の岩長比売を送り返しますが ヤコブはだまされて姉のレアと結婚してしまいます。
その後ラケルとも結婚しますが 岩長比売がニニギに送り返されたのに対してレアは男の子を六人も産んでいます。
ただこの話だけではなくて他にもいろいろ共通点があると言われているようですね。

ご参考までに。
http://homepage2.nifty.com/greatnoon/110.htm

 
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
また御紹介いただいたサイトも参考になります。

お礼日時:2008/02/15 23:06

 似ていないという見方でもよろしいでしょうか。


★ ヨセフ・アイデルバーグはヘブライ語と日本語(カタカナ)の類似性を指摘している。
☆ これを批判します。

 英語の文字アルファベットは A B のことで ギリシャ語の文字 アルファΑ ベータΒ から来ています。これらは フェニキア文字からだとされます。フェニキア文字は エジプトの絵文字から発展した文字からだと言います。フェニキア文字の発展と同じように セム語族のヘブル文字やアラビア文字が出てきています。
 アルファは アーレフという《牛》を意味する語です。ベータは ベートという《家》という意味の語です。現代のヘブル語やアラブ語のアーレフは 変形してきていますが もとは α ないし A のかたちでした。これは 牛の頭の部分を 横から見て 象ったものです。ちなみに 漢字の《牛》は 頭部を正面の前から見て描いています。右側にも 角を生やしてください。
 ベータは もともと B のかたちで 家の間仕切りをかたどったものです。ベツレヘムとは 《パン(レヘム)の家(ベツ)》という名の町です。
 片仮名の ア は もちろん漢字《阿》の偏から出来たものであり イ は 《伊》からです。平仮名も むろん 漢字の草書体から来ています。安→あ 以→い・・・。というように言い切れると思います。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

お礼日時:2008/02/15 22:55

 そもそも日ユ同祖論は、日露戦争のときにユダヤ人が資金提供をした点に阿って作られたトンデモです。



 つまり、「古事記や日本書紀が形を変えた旧約聖書である」という前提が間違いです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

お礼日時:2008/02/15 22:29

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q宮内庁はなぜ日本史の解明に非協力的なのか

よく宮内庁は皇室の歴史が明かされるのを嫌う傾向にあると聞きます。
仁徳天皇陵は全く調査をすることが許可されてないのでしょうか。
(社会科の先生からはこう聞きました)

日本は今や世界屈指の近代国家です。
しかし、日本の天皇の由来は全く混沌としています。

ならば、なおさら古代日本史の解明は国家の義務なのではないでしょうか。
その機関たる宮内庁が非協力的というのはどういう態度なのでしょう。
その理由が宗教上にあるというのなら、次に繋がるかどうかは別として
今回は一応納得します。

Aベストアンサー

皇室関連の質問をここでしたりすると、「皇室は千年の歴史があり、最も由緒ある皇帝でありそれは世界的に認められていて世界で唯一イギリス王室と並立する歴史的権威が云々・・・」という人たちが必ず現れます。そういう保守的な人たちはもちろん、現皇室は基本的にそういう立場というかそういう建前があって成立しているのですね。これは明治維新以降の皇室の歴史的かつ政治的な立場です。そして宮内庁はそれを「守る」立場にいるわけであります。それを否定してしまったら皇室の存在意義そのものが問われてしまいます。

で、そういう立場からすると、過去の「作られた歴史」が暴かれてしまうことは権威の根拠に関わってしまいます。例えば、天皇家というのは実は朝鮮半島から渡ってきた騎馬民族の末裔ではないかという話があります。倭国(日本)は百済の支援をして当時の倭国としては大軍事力を半島に派遣して白村江の戦いで敗れてしまいます。なぜ倭国が百済に過大なまでの支援をしたのか、単なる同盟関係であっただけではなく、実は百済が天皇家からみると「本家」で、倭国は百済の分家ではないのかという話があります。
日本ではその後いわゆる壬申の乱が起きて天武天皇が即位するんですが、大友皇子と大海人皇子の関係とかどうも日本書紀を読んだだけではよくわからんことが多いのです。そのへんについて日本書紀が改竄というか捏造というかそういうことをしたことは間違いないのですが、どのへんを歴史を書き換えたのかはよくわかりません。
もし仮に「皇室はかつて朝鮮半島からやってきた渡来一族の末裔である」ということが明らかになってしまったらどうなるでしょうか。嫌韓のネット右翼がなんと言い出すかどうか考えただけでも恐ろしいですね。今のところ皇室半島渡来説は荒唐無稽で根拠のない話ということになっています。なぜなら、日本書紀にも古事記にもそんなことは書いていないからです。しかし、日本書紀も古事記も時の権力者にとっての「大本営発表」なので歴史の削除、捏造、針小棒大などは当然あるわけです。あるけど、ないことになっている。それが我が国の古代史に対する学会の立場です。古代史は天皇家についてはアンタッチャブルの領域なのです。

また、皇室は一応ずーっと続いているということになっていますが、南北朝で相当ヤバいことになっています。血統の正当性という立場からいえば、南朝が正当です。しかし、北朝は時の権力者足利尊氏によって成立しており、最終的に南朝が北朝に吸収される形で再統一されています。このときの北朝系の血筋がね、どうなんだよってところなんです。私もその時代はそんなに詳しくないのですけれど。
で、戦後すぐに「我こそは南朝の末裔であり、正当な皇室の血筋である」と名乗り出た人がいたのです。世間でいわれるところの熊沢天皇事件というものなんですけどね。単なる気が狂ったおっさんが「わしは天皇である」といっただけならこんな歴史には残らないです。熊沢天皇事件が戦後事件史のひとつとして残っているのは「そういわれると、そうかもしれない」というのがあったからなのです。熊沢天皇は「北朝(現皇室)は南朝から帝位を簒奪し不法に即位している」と訴えたのですが、「そういわれりゃあ、そうだよな」ってところはあるんですよ。熊沢天皇は結局のところ南朝の末裔であることを証明することができなかったので最終的には「自称南朝の末裔」ということになったのですけどね。一時的であれ宮内庁は頭を抱えたのですよ。GHQは熊沢天皇に興味を持っていて、場合によっては昭和天皇を退位させて熊沢天皇を(GHQの手先として)即位させるんじゃないかと警戒したのですね。

宮内庁の仕事は、現在の皇室の伝統を次代に繋げることです。皇室にはなんとかの儀、かんとかの儀、と年がら年中しきたりだらけなのですが、それを続けることが最も重要なんですね。伝統の継続というものの頂点にある存在といってもいいでしょう。「歴史的に見て正しい」かどうかはむしろ邪魔なんですよ。まあ宮内庁関連の人といったら公家の末裔とか松平家の末裔とか父は貴族院議員とかそんな人たちばっかりですからね。しもじもの者が入りたいといっても入れてはくれません。

皇室関連の質問をここでしたりすると、「皇室は千年の歴史があり、最も由緒ある皇帝でありそれは世界的に認められていて世界で唯一イギリス王室と並立する歴史的権威が云々・・・」という人たちが必ず現れます。そういう保守的な人たちはもちろん、現皇室は基本的にそういう立場というかそういう建前があって成立しているのですね。これは明治維新以降の皇室の歴史的かつ政治的な立場です。そして宮内庁はそれを「守る」立場にいるわけであります。それを否定してしまったら皇室の存在意義そのものが問われてしま...続きを読む

Q聖書はいつできたのでしょうか?

聖書が書かれた時期について教えてください。

質問1:旧約聖書は、いつ頃からいつ頃までの間に書かれたのでしょうか?

質問2:新約聖書は、いつ頃からいつ頃までの間に書かれたのでしょうか?

Aベストアンサー

旧約についてはよく知りませんので、
質問2について。
原本は1~2世紀だといわれています。いろんな説があるのですが福音書で最も早いのがマルコ福音書。40年代末~70年までの間なのですが(下限は確実)それ以上確実な証拠は特になく(心情的にはともかく、確定できないので)このあたり、としか言えないようです。
パウロの書簡のうち真作のものが50~60年。これとマルコとどちらが早いかが神学的には重要らしいですが特に証拠はありません。どちらが先でもおかしくないです。(少々別の流れだったような形跡があるので)
他の福音書がマルコより後なのは確かで、大体70~90年あたりか?
その他の文書もいろいろな時期ですが遅くとも2世紀のうちには書かれていたようです。
ただし注意するとこの時期、新約聖書なる文書は存在しません。
別々の人によって書かれた内容的にもばらばらの文書があり、また教会・地域によってはこれらの文書のうちいくつかは認めない、逆にこれら以外の文書を認める、といった状態が続き徐々に整理され、結局27の文書をひとつのものとして、正典ということにしたのは4世紀ごろ、アタナシウスあたりから、ということになります。(文書で確認できる限り)
その後写本の段階でも修正されたりして、印刷の時代まで書かれ続ける、ともいえるのですがとりあえず元の文書は1~2世紀ということです。

旧約についてはよく知りませんので、
質問2について。
原本は1~2世紀だといわれています。いろんな説があるのですが福音書で最も早いのがマルコ福音書。40年代末~70年までの間なのですが(下限は確実)それ以上確実な証拠は特になく(心情的にはともかく、確定できないので)このあたり、としか言えないようです。
パウロの書簡のうち真作のものが50~60年。これとマルコとどちらが早いかが神学的には重要らしいですが特に証拠はありません。どちらが先でもおかしくないです。(少々別の流れだったような形...続きを読む

Qイエスキリストって、何人?

イエスキリストは、人種で言うと、
白人、黄色人種、黒人のいずれですか。
また、ヨーロッパ人、アジア人、アフリカ人のいずれでしょうか。

Aベストアンサー

キリストは、住んでいた土地、ユダヤ人であることから、コーカソイドと推定されます。

コーカソイドは、ヨーロッパ系、アラビア系、イラン系、インド系の人達をさします。

鼻が高く、背が高いのが特徴です。

現在の人類は、コーカソイド、モンゴロイド、アウストラロイド(ポリネシア人やアボリジニ、マオリ、ニューギニア人)、コンゴイド(サハラ以南のアフリカ人)に、大きく分類されます。

白人という概念は、ヨーロッパ人とするならば、キリストは、ヨーロッパ人ではありません。
モンゴロイドを、アジア人とするならば、アジア人ではありません。
アラビア系、イラン系の人と、モンゴロイド(中国人や日本人)と、一緒にして人種を述べるのは、人類学的にムリです。

ですから、コーカソイドか、西アジア人などの呼び方が良いと思います。

Qキリスト教の「父と子と精霊」とは何でしょうか?

キリスト教のお祈りで、「父と子と精霊の御名において」という文言があります。
これの意味を教えてください。
父=神、子=イエスでしょうか?
それなら「神とイエス」といえばいいですよね。
これはキリスト教以前のユダヤ教に根ざしているのでしょうか。
また精霊はマリアと交わったので、イエスの父でしょうか?
三位一体などともいわれますが、その意味もよくわかりません。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

もともと原始キリスト教では三位一体はありませんでした。
後世にカトリックの司祭たちがその概念を生み出したものです。

その元となるものが、処女ー聖母ー破壊者の概念を持つ女神です。
神は三相だと古代は思われていました。
女性原理の時代から男性原理の時代に変化して、紀元前300年頃は、男性原理にあの地域一体となり、神は女から男に代わり、キリスト教は女性を憎んでいますので、教父たちは神は男だとして、三位一体 父ー息子ー聖霊 という概念を作り上げていきました。

イエスの考えではなく、後世の人の考えが現在の三位一体になっただけです。

何故聖霊になったかというとキリスト教は「男が罪を犯したのは女のせいだ」と決定したからでした。
それで両親と子供という聖家族の中から女性を排除して、聖霊をとってつけたわけです。
父親と息子と聖霊が神の豊穣をもららすと考えたのでしょうか。

今の科学でしても、父親と息子が交わっても子孫はできませんが、キリスト教は精神世界でそれは可能であると考えたようです。
永遠の命を与えられる人は子孫はいらない という考えだったのかもしれません。
それで、男性オンリーの修道会など作り、男性だけで暮らしたようです。

もし、イエスが実在の人物だったとしても、イエスは天から突然降って沸いたものではなく、ちゃんと人間の父親がいたようです。
司祭で<神の父>と呼ばれる人物の一人がイエスの本当の父親だったようです。

それで神殿で「父の家」とイエスが言ったわけです。
司祭ですから神殿が住居でもおかしくないですね。

もともと原始キリスト教では三位一体はありませんでした。
後世にカトリックの司祭たちがその概念を生み出したものです。

その元となるものが、処女ー聖母ー破壊者の概念を持つ女神です。
神は三相だと古代は思われていました。
女性原理の時代から男性原理の時代に変化して、紀元前300年頃は、男性原理にあの地域一体となり、神は女から男に代わり、キリスト教は女性を憎んでいますので、教父たちは神は男だとして、三位一体 父ー息子ー聖霊 という概念を作り上げていきました。

イエスの考えではなく...続きを読む

Qギリシャ神話と日本神話は、なぜ似ているのでしょうか?

映画「トロイ」を見ましたが、これは紀元前800年頃の話で、トロイ国は太陽神アポロを崇拝していたようです。なんだか日本と似てますね、日本の天皇の皇祖神アマテラスも太陽神ですから。そして、神話によれば日本の建国は紀元前600年頃だそうですから時代的にもそう違わないわけです。(2800年昔も2600年昔も、現代から見れば、似たようなもんです)

監督のウォルフガング・ペーターゼンも、日本とのアナロジーを感じたのではありますまいか?ギリシャ軍がトロイに攻めてきた時、日本のお寺の鐘みたいなのを、つかせています。ウォルフガング・ペーターゼンはドイツ人なんですよね、だから、ギリシャ「連合軍」が上陸するシーンは第二次世界大戦で連合軍がノルマンディーに上陸するイメージにダブらせたのではないでしょうか?もちろんアメリカ海兵隊が太平洋の島々に上陸するイメージでもあります。いずれにしろ、敗北するトロイ側に監督の心は有るようです。

日本とのアナロジーでは、他にも、トロイ王プリアモスの座る玉座には「菊の紋章」が付いていました。菊の紋章はその放射状のデザインから太陽をイメージする事ができます。従って、太陽神を崇拝するトロイ王プリアモスの玉座に、菊の紋章が付いていても不思議ではありません。いずれにせよ菊の紋章自体は、古代ギリシャやローマの遺跡からも出土する、ありふれたデザインですから、時代考証的にも合っているわけです。

映画では、王子パリスに助けられた、王女プリュセイスが、落城するトロイから逃げるシーンで終わっています。この時、プリュセイスは、アキレスの子を身ごもっていたのでしょう。そして、神々の助けを借りて、はるばる日本まで逃げて来て、「アマテラス」と呼ばれるようになり、その結果、ギリシャ神話と日本神話は似た話になったのではないでしょうか?

映画「トロイ」を見ましたが、これは紀元前800年頃の話で、トロイ国は太陽神アポロを崇拝していたようです。なんだか日本と似てますね、日本の天皇の皇祖神アマテラスも太陽神ですから。そして、神話によれば日本の建国は紀元前600年頃だそうですから時代的にもそう違わないわけです。(2800年昔も2600年昔も、現代から見れば、似たようなもんです)

監督のウォルフガング・ペーターゼンも、日本とのアナロジーを感じたのではありますまいか?ギリシャ軍がトロイに攻めてきた時、日本のお寺の鐘みたいなのを、...続きを読む

Aベストアンサー

比較神話学については、本を2~3冊読んだぐらいですが、日本神話は、スキタイ→(北東アジア→)朝鮮半島→日本のルートで、インドヨーロッパ語族の神話の影響を受けている、という説はあります。参考URLをご覧下さい。
分析手法としては、紋といった個別の類似ではなく、神話の「構造」に専ら注目するもので、1930年代ぐらいにフランスの学者デュメジルが始めたものです。(参考URLは、デュメジルの唯一の弟子と言われている日本の学者吉田敦彦の講演です。)
デュメジルは、インドヨーロッパ語族の様々な神話(インド神話、ローマ神話等々)に見られる「祭司・戦士・生産者」という三つの『構造』に注目しましたが、このような分析手法自体は、レヴィ・ストロース、フーコーなどに多大な影響を与え、デュメジルは「構造主義の父」などとも言われています。
しかし、神話を恣意的に解釈して共通点を見つけだす事も可能(かつNo.5の方が言うように相違点は無視されがち)なので、そうやって導き出された結論に対しては、色々批判があるのも事実です。

冒頭に述べたように比較神話学はあまり勉強していないので軽々しい事は言えませんが、日本神話の(一部)インドヨーロッパ起源説は、「定説」は勿論「有力な仮説」ともいえない一方、「トンデモ」説という扱いでもない、と私は理解しています。

参考URL:http://www.wako.ac.jp/souken/touzai02/tz0203.html

比較神話学については、本を2~3冊読んだぐらいですが、日本神話は、スキタイ→(北東アジア→)朝鮮半島→日本のルートで、インドヨーロッパ語族の神話の影響を受けている、という説はあります。参考URLをご覧下さい。
分析手法としては、紋といった個別の類似ではなく、神話の「構造」に専ら注目するもので、1930年代ぐらいにフランスの学者デュメジルが始めたものです。(参考URLは、デュメジルの唯一の弟子と言われている日本の学者吉田敦彦の講演です。)
デュメジルは、インドヨーロッパ語族の様々な神話(イ...続きを読む

Q天皇家の三種の神器とユダヤのつながりについて。

 こんにちは、今回は日本と他民族の繋がりについて御意見をいただきたく思います。
 わたしは大学に通っているのですが、先日、日本文学の教授と「厩戸皇子」についての話になりました。そこで、「彼の侍従は秦氏であり、秦河勝と皇子の母もかなり親しかった。もしかしたら、厩戸皇子が景教の影響を受けていたかもしれない」という話をわたしがしますと、教授が、「伊勢神宮の八咫之鏡には、ヘブライ語が書いてあり、ユダヤの星が刻まれているらしいよ」と、情報を提供してくれました。これについて詳しく知っておられる方はおられませんでしょうか? 秦氏と厩戸皇子との関係についても、広くご意見戴きたく存じます。
 よろしくお願いします。

Aベストアンサー

> わたしの質問欄の書き込みは「景教の影響を受けてい
> るかもしれない、という話を聞いたことがあるのです
> けれど、先生は何かご存知ですか?」という話の流れ
> を割愛したものでした。

 分かりました。

No.7
> 聖徳太子と厩戸、という使い分けは必ずしも思想的なもの
> とは限りません。

 まあ、その通りはその通りです。

> 今更聖徳太子をおとしめて喜ぶ幼稚な左翼、ってのは左翼
> に対する偏見でしょう。

 ただ、これはそうでもありません。実際私も以前はそれほど幼稚というのはなかろうと考えていました。しかし、いろいろ調べるにつれ左翼(サヨクかもしれませんが)のレベルの低さは想像を絶するものと知り、考えを改めました。

Q江戸時代、藩がどう分布していたかがわかりやすい日本地図を探しています。

たとえば、
今の山口県のあたりには長州藩があり、藩主は毛利家
ということが見てわかりやすい日本地図を探しています。
そのような地図がおいてあるサイトをご存知の方はいらっしゃいますか?

Aベストアンサー

江戸時代初期は大名の取り潰しが多かったので、いつの時代が必要なのか難しいですが、一応300藩と言うことで参考URLをご覧ください。
地方ごとに分かれています。

参考URL:http://www.asahi-net.or.jp/~me4k-skri/han/hantop.html

Q自分が在日かどうか調べる方法

今年で21才になりますが、自分の起源がどこにあるのかわかりません。

今まで運転免許を取ったり、引っ越ししたり、分籍をしましたが、特に苦労したことはありませんでした。
それに親からも在日外国人の家系である、というような事を言われたことはありません。

しかし確実に、ここ数世代のうちに、外国人が混じってはいない、という確証がありません。


ということで自分が在日外国人の流れをくんでいるか調べたいです。
この場合、どのような手段を取ればいいのでしょうか?

自分の本籍地で戸籍謄本(全部証明)を取れば両親のこともわかるのですか?
母親の祖母が在日で帰化していた場合、その事はどの世代まで表記されるのでしょう?

ちなみに私は両親の戸籍から分籍(転籍)しており、本籍は東京ですが、出身および両親の本籍は大阪です。


在日か調べたい→戸籍を取れ、という解答はよく見るのですが、
具体的な方法が見つからず困っています。


また在日がどうのという質問に非難が集中している様子を見ることがありますが、
まぁ私のアイデンティティを明確化させたいだけですので、今回はご容赦ください。
日本生まれの日本育ち、ここ数世代の直系は全員日本人の日本人!と、
日本生まれの日本立ち、でも曾祖母は朝鮮人だから87.5%はチョッパリニダ!では、
やはりちょっと心持ちが変わるので、はっきりさせたいのです…。

今年で21才になりますが、自分の起源がどこにあるのかわかりません。

今まで運転免許を取ったり、引っ越ししたり、分籍をしましたが、特に苦労したことはありませんでした。
それに親からも在日外国人の家系である、というような事を言われたことはありません。

しかし確実に、ここ数世代のうちに、外国人が混じってはいない、という確証がありません。


ということで自分が在日外国人の流れをくんでいるか調べたいです。
この場合、どのような手段を取ればいいのでしょうか?

自分の本籍地で戸籍謄本(全部証...続きを読む

Aベストアンサー

・コリア系の帰化人には
『沢=澤・浜=濱・斎、斉=齋、齊・辺=邊、邉・薮=籔、藪・塩=[旧字、パソコンでは出てこない…]など』の旧字体漢字が使用できません。
『渕、蔦 、[旧字体](高)など』も使用できません。
※ただし、在日外国人なら、日本の戸籍規則に縛られないので通名としてなら上記の漢字は使用できます。


朝鮮人の方々が日本に渡って来だしたのは明治43年頃の韓国併合のときから(鎖国解除後の42年までの間はせいぜい年に0~20人程度)。
明治43年から太平洋戦争が終わるまで韓国併合政策により在日朝鮮人はもとより、朝鮮半島にいる朝鮮人まですべて大日本帝国臣民扱いで法律上、外国籍ではなかった(両者とも本籍は半島にある)。
昭和20年の終戦を迎え在日の多くは半島に帰国しましたが、日本に残ったり、また朝鮮から戻ってくる人達もおりました。
明治時代から昭和26年までの間に朝鮮より日本へ渡って来た朝鮮人達は昭和27年にそれまであった日本の国籍を失って正式に外国籍となる。そして、在日朝鮮人の日本国への帰化が始まったのも昭和27年。

古来からの日本人家系なら苗字漢字に制限なく明治時代からの苗字漢字を継続できます。
在日朝鮮人の帰化が昭和27年に始まり、名前の漢字制限(上記)は昭和23年に始まってますから、朝鮮籍、韓国籍から日本に帰化した者は旧字体漢字で帰化するチャンスがなかったんです。

簡単な調べ方としては『住民票』での苗字名前漢字が旧字体で表記されてるなら明治時代からの日本人家系。
新字体ならば、
「戦前の家系状況が分かる戸籍みせて」と役所に言ってみること。
戦前の家系状況が記されていて朝鮮人を思わせる記述がなければ日本人。
戦前の家系状況が分かる戸籍を見せてくれない場合や戦前の戸籍が日本以外にある場合は帰化人だと判断できます。

戸籍取得方法は先に回答されてる方法をやるといいでしょう。

ただ、例え純粋な日本人でなかったとしても質問者さんが日本が大好きで在日の方々のように反日感情を露わにされるのが不快に感じるなら、心はちゃんと日本人ですよ。

…私も可能性はあるかもしれないんで経済的に余裕が出来れば戸籍を追ってみたいです。


以上、参考程度に

・コリア系の帰化人には
『沢=澤・浜=濱・斎、斉=齋、齊・辺=邊、邉・薮=籔、藪・塩=[旧字、パソコンでは出てこない…]など』の旧字体漢字が使用できません。
『渕、蔦 、[旧字体](高)など』も使用できません。
※ただし、在日外国人なら、日本の戸籍規則に縛られないので通名としてなら上記の漢字は使用できます。


朝鮮人の方々が日本に渡って来だしたのは明治43年頃の韓国併合のときから(鎖国解除後の42年までの間はせいぜい年に0~20人程度)。
明治43年から太平洋戦争が終わるまで...続きを読む

Qエルサレムに、なぜ3宗教の聖地が在るのですか?

エルサレムでは、紛争が延々続いていますね。
あんなに狭い所に、ユダヤ教・キリスト教・イスラム教という3宗教が聖地を持っているから、トラブルが起きるのは当たり前だとは、とは思います。その3つの宗教は、ユダヤ教、それから発生したキリスト教、そしてそれらと影響のあるイスラム教、という関連のある宗教ですね。
世俗的には、エレサレムの街自体は、たとえば交通の要所とかではなく、たいして重要な街とは思えません。
それなのに、、なぜ3宗教は、エルサレムに聖地を持っているのですか?
たまたまエルサレムに3聖地が混在するだけなのですか? あるいは、歴史上や宗教上で、何か慨依性を持っているのですか?

Aベストアンサー

まずですね、一神教ってのが興るんです。「世の中に神様と呼ばれるお方はおひとりだけ」という考え方です。
この一神教の神様は、ユダヤ教が呼ぶヤハウェ、キリスト教が呼ぶゴッド、イスラム教が呼ぶアッラー、全て日本語に訳せば同じ「神様」です。
この神様はモーゼさんの前にそのお姿を現したときに、「俺以外の神扱いされてるやつは全部ニセモノのまがいもののファック野郎だ!」とおっしゃいました。そこを起源にしてユダヤ教が始まりました。
ま、いろいろ経緯はありましたが、ユダヤ人一行は今のパレスチナ(イスラエル)の地にやってきて、神様は「よーしお前ら、ここをお前たちに与える」と畏れ多くもありがたくおっしゃいました。しかしそこは当然先住民がおりまして、「なんか、先に住んでる人がいますけどこれはどうすればいいですか?」と伺いましたところ、「お前たちに与えたから殺しちゃってオッケーよ」とおっしゃいました(本当)。かくして彼らはそこにユダヤ人国家を作りました。ユダヤ人がイスラエルを「約束の地」と呼ぶのはそういうことです。
そんなこんなの経緯は旧約聖書に書かれています。

さて、ユダヤ教徒はエルサレムに神様を祭る壮大な神殿を作りました。その頃がユダヤ教とユダヤ王国の絶頂だったといえるでしょう。その後神殿は破壊されてしまい、その一部が残るのみとなりました。その遺跡が「嘆きの壁」と呼ばれるところで、そこでは常に敬虔なユダヤ教徒が祈りをささげていますが、そのお祈りの内容は、「神様、あの栄光の日々がまた訪れますように」というものです。その「また訪れてほしい栄光の日々」とは3000年くらい前の話なんですけどね。

ユダヤ人の国は、あんなこんながイロイロとありまして分裂したりして、やがてローマ帝国の属州となりました。ローマ帝国ってところは実は非常に寛大な帝国で、帝国に従うなら信教の自由も認められていました。日本人レベルでいえば、「それならいいじゃん」というものですが、「この世で神様とお呼びしていいのはおひとりだけ」と信じる彼らにとって異教徒がウロウロしているのが非常に気に障って障ってしょうがないのです。イスラエルでは、ローマ帝国に対するテロ活動が盛んでした。
ユダヤ教徒の歴史では、そういう「ユダヤ人受難のとき」にはエリヤとか神様の言葉を預かる「預言者」が登場して人々を導きました。ユダヤ教徒たちは、そういう「救世主」が出てくることを待ち望んでいたのです。

そういったタイミングに登場したのが、ナザレ生まれのイエスでした。イエスはユダヤ教史上、というか宗教史上において革命的な言葉を発しました。「ベイベー、愛だぜ」と。彼は、あの神様のことを「父ちゃん(アバ)」と呼びました。後になんだかんだでイエスは神の子となりました。マリア様が処女のまま神の子を受胎したお話はご存知でしょ?
それがどれだけ革命的であったのはまた別の機会に譲るとして、「憎みあうより、愛し合おうぜ」と言い出したイエスは人々からローマ帝国を排除する指導者となることを熱望されましたが、「だから俺は憎みあうのは嫌なんだよ。愛し合おうぜ」といって人々を失望させ、エルサレムからすぐ外に出たところのゴルゴタの丘で十字架にかけられてしまいました。
その後、実は一度もイエスと会ったことがないパウロが「イエスは救世主(キリスト)だったー!」と言い出してキリスト教が誕生します。なお、旧約聖書では「救世主はベツレヘムに生まれるよ」と書いてあったので、イエスはベツレヘムで生まれたことになりました。
当然のことながら、キリスト教にとってエルサレムは「イエスが十字架にかけられた場所」ですので極めて重要な聖地であります。

そのイエスが十字架にかけられて50年くらい経ったとき、「もう我慢ならねえ、ローマ人は出ていけ!」とユダヤ人は反乱を起こしました。それ以上にブチ切れたのはローマ人です。「人が下手にでてりゃあ属州のくせにでけえ態度をしやがって。ローマ帝国の恐ろしさを骨の髄まで教えたるわ」と本気で怒り、反乱を鎮めただけではなく、何かとややこしい神殿を破壊し、「ややこしい神を信じてるお前らはこの辺りに住むんじゃねえ」とユダヤ人をパレスチナから追放しました。
これがディアスポラです。以来約2000年、ユダヤ人はイスラエルの地に再びユダヤ人の国を再興することを願いながら世界中でお金を稼ぐこととなります。

時代はずーっと下りまして、メッカの洞窟で、青年ムハンマド(マホメット)の前に大天使ガブリエルが現れて「君が預言者だよーん」と告げました。イスラム教の誕生です。ムハンマドの元にガブリエルを派遣したのはあの、例の、何かとややこしい「神様」でいらっしゃいます。そういや、マリア様の前に「あなたは神様の子を宿したよ。おめでとう」と告げに来たのもガブリエルでした。ガブリエルさんはどうもややこしいお仕事を何度もされているようです。
ムハンマドのあまりに偉大な足跡に関していちゃもんをつけると冗談抜きでアルカイダから死刑宣告されてしまいますので、それについては割愛します。
イスラム教にとって最も重要な聖地は、ムハンマドが神の啓示をうけたメッカです。しかしムハンマドは一神教教徒なわけですから、「死ぬまでに偉大な神殿があったエルサレムで死にたいなあ」と当然といえば当然で、ややっこしくなることを願います。
そして、そのエルサレムの地で天に旅立ってしまったのです。エルサレムはイスラム教にとっても「教祖様が入滅された場所」となってしまったのです。

かくして、エルサレムの地はユダヤ教徒、キリスト教徒、イスラム教徒が俺の場所だ、いいや俺の場所だと大変にややこしい場所となってしまいました。

まずですね、一神教ってのが興るんです。「世の中に神様と呼ばれるお方はおひとりだけ」という考え方です。
この一神教の神様は、ユダヤ教が呼ぶヤハウェ、キリスト教が呼ぶゴッド、イスラム教が呼ぶアッラー、全て日本語に訳せば同じ「神様」です。
この神様はモーゼさんの前にそのお姿を現したときに、「俺以外の神扱いされてるやつは全部ニセモノのまがいもののファック野郎だ!」とおっしゃいました。そこを起源にしてユダヤ教が始まりました。
ま、いろいろ経緯はありましたが、ユダヤ人一行は今のパレスチナ...続きを読む

Q人間の3大欲とはなに?

この質問は このジャンルでふさわしいのかどうかちょっと迷ったのですが・・・。

人間の 3大欲といわれるものがありましたよね。
あれは 食欲と 後はなんでしたでしょう?

また その「人間の3大欲」という言葉は
誰が 言い出したのでしょうか?

Aベストアンサー

人間の三大欲望は
食欲 睡眠欲 性欲 です。
食欲は,物を食べ,エネルギーにする事。
睡眠欲は,睡眠をとり,脳を休ませること。
性欲は,トイレで用をたしたり,エッチをしたり,する事
この3つはある程度は我慢が出来ますが,人間が生きていくためには必ず必要なことです。欲望というより,必要不可欠なことです。
でも、このことを言った人はわかりません。昔からの言い伝えではないでしょうか?

似たような語で,「衣・食・住」これは、生活の上のことです。


人気Q&Aランキング

価格.com 格安SIM 料金比較